searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

栗マロンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
メンタル病んでるマイライフ〜ときめき、自分GATARI〜
ブログURL
http://kurimaron.com/
ブログ紹介文
場面緘黙や統合失調症との戦い、復活、そして、MIRAIへ...全私がむせび泣いた、魂の記録。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、栗マロンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
栗マロンさん
ブログタイトル
メンタル病んでるマイライフ〜ときめき、自分GATARI〜
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
メンタル病んでるマイライフ〜ときめき、自分GATARI〜

栗マロンさんの新着記事

1件〜30件

  • 私の人生のときめきハイライト☆前編

    こちらのブログは当初、きちんと時系列に沿って書いていこうと思っていたのですが気まぐれに書きたいことから書いていくわけのわけらない回想記になってしまいました。私の中では「特に強烈に記憶に残っていること」「人生への影響が大きかった出来事」などを優先して書い

  • 空想の世界に救われた。

    主に、中学時代が人生で一番辛かったです。統合失調症の闘病時代もかなり辛かったし発達障害児育児中の現在もかなり辛いですが、中学時代を振り返ると「なんて平和で幸せな毎日なんだろう!」と本気で思います。当時、何が辛かったかというと、家庭環境です。

  • #MeTooやフラワーデモで感じていたこと。

    ここ数年の、#MeTooとかフラワーデモの流れを遠目に見ながら、私も声を上げたい、でも思い出してぶり返すのも辛いし無かったことにしたい、でも無かったことにしてたまるか、みたいなモヤモヤの中にいました。勇気を出して過去の性被害を訴える人たちに対して「勇気を出

  • 前の記事のこと

    前の記事書いた時、私ちょっとおかしくなってました。たまにそういう時がある。後から消そうかと思ったけどそのままにしておきます。全部事実だし、全部本音なので。何がいちばん辛かったかって、とても気軽には人に話せないってこと。勇気出

  • 前の記事のこと

    前の記事書いた時、私ちょっとおかしくなってました。たまにそういう時がある。後から消そうかと思ったけどそのままにしておきます。全部事実だし、全部本音なので。何がいちばん辛かったかって、とても気軽には人に話せないってこと。勇気出して打ち明けても

  • 母ヘ

    兄からの日常的な強制わいせつ、暴力、窃盗、脅迫、支配、監視、奴隷のように扱われ、殴られたくなければ、強制性行為のエスカレートを避けたければ、黙って従うしかない。大人に助けを求めても、誰も助けてくれない。まともに感情を機能させればおかしくなってしまうか

  • 母ヘ

    兄からの日常的な強制わいせつ、暴力、窃盗、脅迫、支配、監視、奴隷のように扱われ、殴られたくなければ、強制性行為のエスカレートを避けたければ、黙って従うしかない。大人に助けを求めても、誰も助けてくれない。まともに感情を機能させればおかしくなってしま

  • 子供の頃からの夢

    子供の頃からの密かな願い事。無人島でひとりで暮らすこと。小学生くらいからずっと思ってた。夫と出会って、そんな夢は忘れた。でもここ数年、また同じことを願っている。わざわざオンラインでまで飲み会するなんて、理解できない。でもそういうことを心から望

  • 子供の頃からの夢

    子供の頃からの密かな願い事。無人島でひとりで暮らすこと。小学生くらいからずっと思ってた。夫と出会って、そんな夢は忘れた。でもここ数年、また同じことを願っている。わざわざオンラインでまで飲み会するなんて、理解できない。でもそういうこ

  • いちばん古い記憶。

    私の中で、おそらくいちばん若かった時の記憶を書き残しておきます。脳内の「小さい頃の記憶ファイル」の中でいちばん最初に置いてあるやつです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー場所は、父方の祖父母の家。少し前に、両親と兄と私の4人で

  • 子供の頃触り心地が大嫌いだったもの。触覚過敏?

    お久しぶりぶり、ぶりぶりぶりっこ。このブログの方向性と時系列が予想以上にカオスになってしまい収集がつかなくなり、なんかめんどくさくなって放置してました。もう開き直って、思い付いたことから順に書きまくっていこうと思います。(後でちゃんとカテゴリに

  • 親のお節介でいたたまれない気持ちを味わったあの日。(ローラースケート続編)

    とはいえ、運動神経ゼロの私が生まれて初めてのローラースケートを乗りこなせるわけなどなく、転ばずに立っているだけで精一杯です。無言&無表情でただただ棒立ち(たまに小刻みに1cmほど前進)の私と、「がんばれー」とか言いながらそれを見守る女児2人。ビミョーな

  • 【場面緘黙症】近所の子とローラースケート。無言で。

    学校で全く喋らない私は、当然クラスで浮いていました。「栗山さんって暗いよね~」という陰口が毎日のように聞こえる学校生活。もはや陰口ですら無いですね。そんな私にも、時々遊んだり声かけてくれる女子はいました。純粋な善意というか「仲間はずれは良くな

  • 実母「今日は学校で20文字以上喋ってくること!!わかった?!」

    こちらのブログなかなか更新できなくてすみま千昌夫。飲酒しながらグフフフフ!!久々の更新death☆(メンタル薬飲んでるのでずっと禁酒してましたが我慢できずに解禁しちゃいましたアハハハハ!)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー小3の転校を期

  • 「左手切り落としたい衝動」を紛らわせるためにやっていたクレイジーな行為。

    統合失調症と診断される少し前に、ある日突然、「何かしらねーけど無性に己の左手切り落としたくてたまらねー」衝動に支配されてどうしようもなくなった…という話は最初の頃にしましたよね。しかし幸いにも、私は非常に痛がり&怖がり人間のため、自分で自分

  • 統合失調症の時、母の勧めで飲まされた謎のドリンク。

    こちらのブログは長らく放置プレイでしたが、突然過去の記憶を思い出しちゃったので書きます。この画像見たら思い出しちゃったんですよ...リアルタイムでは子供が児相に一時保護されてかなり凹んでいます。見事に心身の調子を崩し、ほぼ寝込んでいるよう

  • 言葉も表情も、学校では封印される。

    学校で喋れなくなった私。転校してすぐの「無口でおとなしいけれど喋れる」状態から「全く喋れない」の状態になるまでは、ある日突然ガクンと喋れなくなったわけではなく、少しずーつグラデーション状に進行していきました。言葉を発しないだけではなく、表情

  • 小3の転校がきっかけで場面緘黙になりました【場面緘黙症体験談】

    11月になったので、突然「場面カン黙編」をスタートします。統合失調症編は12月から再開します。書きたいことだらけで頭の中がとっ散らかっているため申し訳ありません。どうかお許し下さい。このブログの最終目的は「私の息の根のあるうちに(そし

  • 献血って気持ちいい!!学生時代の私の、密かな願望…

    最近、献血ポスターの炎上とか血液クレンジングとかの話題に触れて、ふと思い出したことがあります。それは、10代後半から20代前半にかけて密かに抱き続けた自分の血液を体内から抜き取ってしまいたいという謎の願望でした。こういう願望が病的なものかどうかはわ

  • 妄想以外に困っていた症状。

    「左手切り落としたい」から始まって「アメリカの最新型の殺人ウイルスが(以下省略)」の辺りは、今考えると典型的な統合失調症の症状(妄想)だったんだな~と思います。ただ、その少し前に精神科を受診して「神経衰弱」と診断された頃や、妄想が始まった頃に同時進行

  • 【統合失調症 体験談】「統合失調症」という診断〜そして、休職へ〜

    ちょっと脱線しましたが、統合失調症の話に戻しますね。1. 統合失調症と診断される「アメリカの最新型の殺人ウイルスが頭に埋め込まれている」という衝撃の事実()に気付いてしまった私は、当然ながらまともに仕事していられるような状態では無くなってしまいました

  • 父が送ってきた昭和のパソコン。

    仕事の話を書いていたらパソコン絡みの思い出フォルダが脳内でOPENしまい、どうしようもないので放出します。(話が脱線しまくりですみません。たぶんこんな感じで脱線を繰り返しながら続いていくブログです。遺書か何かの類だと思って気長にお付き合い下さい。)

  • 統合失調症の発症時、勤めていた会社。

    ここでちょっと、当時の仕事の話をさせて下さい。20歳の新卒で入社したその会社は、いわゆる「PCカチャカチャ系」です。だいたい一日中座ってプログラミングっぽいことしたり、時々通信機器をガチャガチャやったりする仕事です。こう書くと、「実はお前さんそっ

  • はじめまして。

    ※このページは初めて訪問された方向けにトップページに固定し、随時必要に応じて情報の追加と更新を行う予定です。当ブログにお越しくださいまして、ありがとうございます。「このブログはこれから一体何を伝えていくのか?」について、簡単に説明させていただきます

  • 【統合失調症 体験談】初期の妄想 その2

    ある日突然身体の底からわき上がってきた「自分の左手を切り落としたい」という謎の欲求に頭が支配されていた私(ガクブル)でも、ちゃんと頭の中に残っているんですよ。「そんなこと考えている自分はおかしい!!」というマトモな部分が。だって、左手

  • 【統合失調症 体験談】初期の妄想。

    私は社会人2年目あたりで統合失調症と診断され、その後7〜8年の闘病生活を送りました。マジで辛かったです(´;ω;`)統合失調症というと幻覚&幻聴のイメージが強いですが、私ははっきりとした幻覚や幻聴の症状はなかったんですよ。その代わり、

カテゴリー一覧
商用