未来の学び 〜これからの時代を生き残るための学習・思考〜
住所
出身
ハンドル名
hamaさん
ブログタイトル
未来の学び 〜これからの時代を生き残るための学習・思考〜
ブログURL
https://mirai-strategy.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ソーシャルデザイン・リカレント学習・子どもの学び・テクノロジーについて書いています。
自由文
-
更新頻度(1年)

6回 / 7日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2019/09/11

hamaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(IN) 49,533位 49,533位 49,600位 49,587位 49,725位 49,805位 49,847位 972,243サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 325位 325位 317位 322位 327位 325位 315位 9,592サイト
コーチ 13位 13位 13位 11位 11位 11位 11位 248サイト
教育ブログ 412位 412位 402位 408位 420位 427位 434位 9,221サイト
社会教育 2位 2位 2位 2位 1位 1位 1位 126サイト
教育コーチング 5位 5位 5位 3位 3位 3位 3位 103サイト
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 80,872位 68,171位 68,130位 67,890位 68,173位 68,291位 79,868位 972,243サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 508位 417位 412位 420位 417位 425位 499位 9,592サイト
コーチ 22位 19位 18位 18位 16位 18位 18位 248サイト
教育ブログ 699位 505位 519位 525位 525位 543位 758位 9,221サイト
社会教育 5位 4位 4位 4位 4位 3位 5位 126サイト
教育コーチング 9位 4位 4位 4位 3位 3位 5位 103サイト
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,243サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,592サイト
コーチ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 248サイト
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,221サイト
社会教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 126サイト
教育コーチング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 103サイト

hamaさんのブログ記事

1件〜30件

  • 今こそ大人は学びなおす時

    Daniel AgreloによるPixabayからの画像 プログラミング教育が来年小学校でも必修化になります。 導入が近づいてることもあり、毎日のようにニュースなどで取り上げられています。 しかし、学校ごとに対策がまばらで準備が整っているところもあれば、なかなか進んでいないところもあるようです。 指導者の不足も今後問題として出てくるでしょう。 私も子どもたちにプログラミングが学べる教室を開いていますが、一年前に比べ必修化の話が保護者からされるようになりました。 ただ、小学校ではプログラミング言語を学ぶのではなく、プログラミング的な思考力を身につけることを学びます。 学校でどのような学びをするの…

  • 起業のタネになる?

    Gerd AltmannによるPixabayからの画像 SDGsから考えるビジネスアイデアの見つけ方 このブログでも何度か触れているように、最近SDGsへの関心が高まっています。 企業での取り組み事例も増えており、ますます動きが活発になってきました。 私は本来、ビジネスとは社会の”困りごと”(ニーズ)を解決していくことだと思っています。 この困りごとの見つけ出し、その解決策をビジネスとして捉えてみるといろいろなアイデアが湧いてきます。 ただ、そうは言っても、どこにニーズがあるのかを探し出すのは簡単ではないですね。 簡単に見つかれば苦労しないよという声も聞こえてきそうです。 たしかに何もないとこ…

  • ひらめきは、リラックスした時にやってくる

    StockSnapによるPixabayからの画像 誰でもアイデアが出てこないと頭を抱えることがあると思います。 いくら考えても出てこない。 目の前の課題とにらめっこしたまま時間だけが過ぎていく。 締め切りがあるならなおさらです。 でもそのままアイデア出しに集中していても、良いイデアは湧いかもしれません。 脳には集中モードと拡散モードがある ビジネスを考える、企画を考えるなどアイデアが必要な時は、静かなところで集中してというのが定番です。 でもひらめきは集中状態よりも意識が他に向いている拡散的に思考している時に湧きやすいです。 これは脳の使う領域に関係するらしく、集中状態では前頭前野が使われてい…

  • 高い集中力を保って生産性をあげる3つの方法

    klimkinによるPixabayからの画像 集中して仕事に取り組みたいのに、なかなか集中が持続しないことがありますよね。 最近では集中力が途切れて、再度集中するのに時間がかかるようになっていました。 このままではダメだと思い、いくつかの方法を試しているうちに効果が期待できる方法がわかってきたので紹介します。 とは言っても特別珍しい方法ではなく、当たり前に言われてる集中法です。 ①ノイズキャンセリングヘッドホン&自然音又はピンクノイズ。 ノイズキャンセリングなのにピンクノイズを流すと意味がないのではと思いますが、完全な無音状態では、なかなか集中状態には入れません。 集中状態に入ってしまえば無音…

  • AIは仕事を奪うのか

    Free-PhotosによるPixabayからの画像 昨日の続きです。 AIは仕事を奪うのか? まずはじめに、仕事を奪うとか、奪われるとかの表現を使っている記事などを見るたびに思うのですが、そもそもAIが取って代わる仕事に就き続けたいのでしょうか? テクノロジーの進歩で社会が変わり、仕事が変わるなんてことも今まで何度もありました。 AIやロボットができることは、任せてしまった方がいいと思うのですが。 すでにどの分野の、どの職種がAI化されることは予想されているので、今から準備すればいいだけではないのでしょうか。 昨日の記事にも書きましたが、汎用的で万能なAIの出現にはまだまだ時間がかかります。…

  • AI化が進んだ世界で何が起こるのか

    Gerd AltmannによるPixabayからの画像 AIによる人類支配や破滅は起こるのか? AIで話題に上がるのは、AI化で仕事を奪われるということと、将来AIが人類を支配しディストピアが来るということでしょうか。 2045年ごろにシンギュラリティ(技術的特異点)に到達し、人の知性を大きく超えてくると言われています。 ホーキング博士やイーロンマスクもこのことに言及し警告を出しているので今にも起こりそうですね。 私自身はこの意見には懐疑的で、AIが自らを学習し意思を獲得して人類を支配する世の中は数十年では来ないと思っています。 もしそんな時代が来るとしたら、今の子どもたちが働き盛りの大人にな…

  • 論語と算盤

    bukejiuyaoによるPixabayからの画像 2021年の大河ドラマは渋沢栄一がモデルのようですね。 渋沢栄一といえば「日本資本主義の父」と言われたり、 新しい一万円札の顔でもあります。 その名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。 「現代経営学の父」と言われるドラッカーも賞賛している人物です。 私が渋沢栄一と聞いて真っ先に思い浮かぶのが「論語と算盤」です。 「商売の本質は?」と聞かれれば、やはり利益の追求と答えるでしょう。 それは当然企業活動として必要なことです。 しかし、利益の追求も行き過ぎると、環境問題や格差社会など様々な社会的な問題も起こります。 今の日本は経済的に豊…

  • 個人の目標達成にも使えるバックキャスティング

    目標達成 昨日はバックキャスティングについて書きました。 ある時点でのあるべき姿を考え、未来視点で逆算的に考える達成していく方法です。 反対に、過去や現状から未来を予測する方法をフォアキャスティングと言います。 現在視点に立って改善を重ねていく方法ですね。 mirai-strategy.hatenablog.com 昨日の記事ではSDGsのゴールについてのことだっだのですが、これは個人の目標達成にも使えます。 あなたは目標を持っていますか。 自分のなりたい姿を持っていますか? そのなりたい姿は、今の延長線上ではないですか? 今までやってきたことや、積み上げたことから将来を決めていくフォアキャス…

  • フォアキャスティングとバックキャスティング

    昨日はSDGsウォッシュの話を書いたのですが、今日まさにこのような事例に当たりました。 SDGsに関連のない事案にSDGsロゴで関連付けてる事例です。 街づくりに関することなのでこれもSDGsと言いたいのでしょう。 なぜそうなるかと考えていたのですが、発想の仕方の違いなんじゃないかと思いました。 内容については置いといて、今日は考え方の話を書いてみます。 フォアキャスティング フォアキャスティングとは過去のデータや、実績などから実現可能なことを積み上げていき目標達成に近づける方法です。 今がこうだから、ここを改善すればこうなるよねという順番で考えます。 改善思考ですね。 バックキャスティング …

  • SDGsウォッシングと言われない為に

    CSRを置き去りにしたSDGs 企業でもSDGsに取り組んでいるところが増えてきてました。 社会の課題解決に向けて活動することは良いことなのですが、うわべだけの活動や、やっていることと言っていることが違う「SDGsウオッシュ」になっていないかをチェックすることが大事です。 よくスーツにバッジをつけてSDGsを意識してますという人もいるのですが、よくよく話を聞いてみると中身がなかったりします。 SDGsを認知してもらうことも一つの活動としてはありだと思いますが、SDGsを知っているだけで何もしなかったり、最近のトレンドとしてSDGsを語っても何も変わらないのではないかと思います。 企業がうわべだ…

  • AI社会の到来待った無し

    テレ東の未来世紀ジパングの「ここまできた!世界のAI&ロボット] を見ました。 video.tv-tokyo.co.jp 中国などはテクノロジーの取り入れが早く、ここまで実用化されていることに驚いた方も多いのではないでしょうか。 これから無くなる職業として、調理や配膳の仕事がトップにきてました。AI&ロボットのレストランが人気のようですが今後この流れは広がっていくでしょう。 特に日本では飲食業の人手不足は深刻な問題です。 今後AI&ロボットに置き換わっていくのは自然の流れですし、 社会課題が山積みの日本ではもっとAI&ロボット化で解決を進めていかねければならないことも出てくるでしょう。 AI&…

  • SDGsを知っていますか?

    SDGsってよく聞くけど何? という質問を受けます。 SDGsは持続可能な開発目標といって、2030年を期限として社会課題解決を目標に17のゴール169のターゲットから構成されています。 このようなロゴを見たことがある人も多いと思います。 SDGs 近頃はゲーム形式でSDGsを知ってもらう取り組みなども活発に行われているようなので、随分と認知は進んできたように思います。 ただ、やはりまだまだみんなが知るということにもなっていませんし、実行しているのは一部の大きな会社だけという現実もあり、 ヨーロッパなどから比べたら周回遅れの様子です。 SDGsのゴールは途上国などに当てはまることが多く日本人に…

  • セルフ・エフィカシーを高める

    コーチングの一番の目的はセルフ・エフィカシー自己効力感を高めることです。 私はスクールでも基本的には教えない教育というものを実施しています。 ヒントだけを出して、あとは自分で答えを導きだせるようにサポートします。 教えてもらったほうが答えはすぐに見つかるかもしれませんが、算数の答えと違ってものごとの答えは一つではないですし、その答えが必ず正解というわけでもありません。 自分の内側から答えを出す方が記憶にも残りやすいし身になります。 自分で解決できる力があるということに、自分で気づくことが重要です。 そうして成功体験を積むことで<自信がつきます。これはコーチングの考え方と同じです。 コーチングで…

  • セミナーに参加しても変われない理由

    あなたはセミナーに参加したことはありますか? 世の中にはたくさんの種類のセミナーが開催されています。 低額なセミナーから超高額セミナーまで様々ですが、 みんな変わりたい新しい方法を学びたいと思って参加していることとおもいます。 でも、なかなか変われない、教えてもらったことが続かないという人も多いのではないでしょうか? セミナーで話を聞いても、それを実行する人はわずか数パーセントらしいです。 セミナーでいい話を聞いて自分でもやれそうな気になる。 でも2〜3日するといつも通りの生活に戻っている。 なんて意志が弱いんだと落ち込む人もいるでしょう。 でも、それはあなたの意志が弱いからではありません。人…

  • 強みを知ることの大切さ

    あなたは自分の得意なことを知っていますか? あまり考えたことがないかもしれません。 私達は子供の頃から苦手なものを克服するために勉強してきました。 得意なことをもっと伸ばすのではなく、苦手なことをうまくできるように習慣付けてきました。 勉強で言えば基礎知識を入れるは大切なので仕方がないかもしれません。 ただ、それが習慣になっていて苦手を改善することに時間をかけてしまのは非常にもったいないと思います。 それよりもあなたが得意なこと”強み”を伸ばす方がいい。 最近自分の好きなことや得意なこと、やりたいことで成果を出す人が増えています。 これからはこの傾向がもっと進むでしょう。 集団より個が注目され…