H2ブログ
住所
出身
ハンドル名
H2さん
ブログタイトル
H2ブログ
ブログURL
https://www.h2travels.com/newslist/
ブログ紹介文
神奈川県に拠点を置くインドと南部アフリカ専門の旅行会社です。現地の旅行に関する記事をアップしています。
自由文
-
更新頻度(1年)

16回 / 21日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2019/08/29

H2さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 09/14 全参加数
総合ランキング(IN) 15,839位 19,791位 26,689位 29,501位 29,569位 34,946位 38,465位 972,509サイト
INポイント 30 40 10 10 20 10 0 120/週
OUTポイント 20 10 30 10 30 0 0 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 835位 995位 1,196位 1,302位 1,305位 1,676位 1,927位 42,812サイト
インド旅行 2位 3位 5位 5位 6位 7位 7位 205サイト
海外生活ブログ 930位 1,113位 1,292位 1,362位 1,357位 1,638位 1,830位 35,014サイト
アフリカ情報 4位 5位 6位 6位 6位 6位 6位 270サイト
今日 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 09/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 38,748位 43,472位 43,883位 49,017位 51,919位 56,356位 49,666位 972,509サイト
INポイント 30 40 10 10 20 10 0 120/週
OUTポイント 20 10 30 10 30 0 0 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,861位 2,089位 2,101位 2,361位 2,543位 2,734位 2,386位 42,812サイト
インド旅行 6位 9位 9位 10位 10位 10位 8位 205サイト
海外生活ブログ 2,426位 2,611位 2,604位 2,825位 2,997位 3,144位 2,844位 35,014サイト
アフリカ情報 6位 6位 6位 7位 7位 8位 7位 270サイト
今日 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 09/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,509サイト
INポイント 30 40 10 10 20 10 0 120/週
OUTポイント 20 10 30 10 30 0 0 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,812サイト
インド旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 205サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,014サイト
アフリカ情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 270サイト

H2さんのブログ記事

1件〜30件

  • ルール好きのシッキム

    ネパール、ブータン、チベット(中国)に挟まれた小さなヒマラヤ山脈沿いのシッキム州。山奥のイメージがありながら、実はインドで最も発展し、マナー違反には厳しく対処する州の一つなのです。 以前、シッキム料理を紹介した際、この州 …

  • 関西よりさらばエアインディア

    インドと関空を結ぶ唯一の直行便が今週9月17日で廃線となりました。 大阪路線は関空開港からはるか以前、伊丹空港がまだ国際空港だった時代、既に70年代には定期便が運航し続けていたので、非常に歴史のある路線です。 廃線理由 …

  • 北東インドの飯はうまい!その④~ナガランド編

    北東インドの中で一番「食」に対しての制限が無いナガランド。生き物は何でも食べます(笑)。だから、市場に行くと様々な動物が食用に販売されている。我々に馴染み深いワンちゃんだって売っているので、ちょっと勇気が居るかもしれませ …

  • ウッドストック:隠れたケープタウンの壁アート地区

    ケープタウン中心部に近いウッドストック地区。数年前までは治安の悪い地域として知られていましたが、最近になってオシャレに成りつつあります。壁アートを始め、土曜日だけに開催されるファーマーズマーケット等ちょっと庶民的で奥の深 …

  • インドのEビザ緩和:最長5年有効・年間の滞在が通算179日までOK!

    近年、インドの電子ビザことEビザ(通称ETA)がかなり緩和されてきています。 Eビザが最初に導入された2010年頃、当時は多くの制約があり、例えば申請はインド到着30日以内から可能、滞在期間は最高シングルエントリーで30 …

  • レディー・リビングストン号で遊覧するザンベジ川のサンセットクルーズ

    ビクトリアの滝周辺の代表的なアクティビティーとして人気を集めているのが、ザンベジ川のサンセットクルーズ。各社様々なボートが運行し、サービス内容も異なります。 その中でも、最も充実した内容が含まれているボートが、ザンビア川 …

  • 北東インドの飯はうまい!その3~マニプール編

    その1:アッサム編その2:シッキム・ダージリン編 インドの極東、マニプール。ここまで来ると雰囲気が東南アジアっぽくなります。 マニプール料理の特徴は「魚」。 海には面していないが、豊富な水源を有し、ロクタク湖からは新鮮な …

  • 飛行機の窓際からテーブルマウンテンを望むならどちら側?

    ケープタウンの観光名所と言えばテーブルマウンテン。この壮大な台形の山は、市内のシンボルでもあり、空から眺めるとまた違う姿を現します。ケープタウン国際空港はテーブルマウンテンから20㎞程の位置にあり、天気が良ければ必ず飛行 …

  • インド最北の村トゥルトクは独特の文化圏

    2010年まで外国人観光客の立ち入りを一切制限していた、トゥルトク村。場所はどこかというと。。。 カラコルム山脈に位置し、北緯34.8度は殆ど神戸と同じ緯度。インドで唯一、バルティスタンの文化圏です。バルティスタンとは、 …

  • ハリーズパンケーキ:パノラマルートの名物レストラン

    クルーガー国立公園に近い、パノラマルート。ここには、世界で三番目に大きな渓谷である、ブライデ・リバー・キャニオンがあります。こんな絶景。 そのブライデ・リバー・キャニオン観光の拠点となるのはフラスコップ。場所はココ。クル …

  • 北東インドの飯はうまい!~シッキム・ダージリン編

    チベットとネパールの影響を強く受けるシッキムとダージリン。また、豊富な雨の恵みよって様々な野菜や果物が収穫できます。 完全オーガニックのシッキム シッキムは、2016年にインドで初めての「完全オーガニック」の州に認定され …

  • 日本から南部アフリカへのアクセス方法

    日本から南部アフリカまではとても遠い!現在直行便は無く、最速でも乗継時間含めて20時間前後は掛かってしまいます。 数多くある現地への行き方で最もお勧めの航空会社は、以下です。 〇キャセイパシフィック航空〇シンガポール航空 …

  • カシミールで今何が起こっているの?背景と現状

    「地上の楽園」とも呼ばれているカシミール。近年はH2トラベルズがこの地域への日本人旅行者増加に力を入れて来ましたが、生憎現在のヒンドゥー至上主義政党が与党となって政権を握ってからインドへ対してのデモやストライキが多発し、 …

  • サファリロッジの24時間@チョベ・マリーナロッジ(ボツワナ)

    サファリをするための専門のロッジでは、大抵どこも決まったスケジュールパターンです。基本的に宿泊料金には: 〇客室〇朝、昼、夕の3食(場所によっては朝、夕のみの2食付きもあり)〇早朝と午後の2回のサファリ が含まれています …

  • ル・コルビュジェが設計した大都市チャンディーガルの建造物

    2016年、世界各地のル・コルビュジェ関連の建造物が、UNESCOの世界遺産に登録されました。東京都心にある国立西洋美術館を始め、この遺産リストに含まれているのが、ゼロの状態から計画された新都市、チャンディーガルにあるル …

  • 南アフリカでワインテイスティング:新鮮なヤギのチーズや自家製チョコレートとペアリング!?

    ワイン通ではありませんが、南アフリカのワインはかなりクオリティーが高いと思います(はい、あくまで個人的な感想です)。 ケープタウンから車で1時間も車で走ればそこは広大なワイン農場。時間が限られている場合は、ケープタウンの …

  • タージマハルを見学するベストシーズンと時間帯は?

    インドを代表する観光スポットである、世界遺産タージマハル。人気が絶えないため近年値上げが何度もされ、外国人入場料は2019年8月時点でRs. 1,100(現金)/Rs. 1,050(キャッシュレス)。ちなみにインド人はR …

  • 砂漠の中に現れるビンテージカーの墓場ソリティア

    ナミビアの首都ウィントフックもしくは大西洋沿いのワルビスベイ方面からナミブ砂漠のソッススフレイへ陸路で向かう際、 大抵がドライブインの中継地として立ち寄る、ナミブ砂漠の東端に位置するソリティア。周辺は民家一軒無いまるで月 …

  • 南アフリカのエネルギーを体験するならタウンシップへ行け!

    世界で最も貧富の格差が激しい国の一つ、南アフリカ。一方でプール付きの広い家が並ぶ豪邸の住居地から道路を少し隔てるだけで、低所得層が暮らす「タウンシップ」と呼ばれる住居地が現れる場合があります。 タウンシップでは失業者が多 …

  • 北東インドの飯はうまい!~アッサム料理編

    日本の国土の9倍あるインドは多民族国家の国。そのため、食文化が地域によって異なります。 一般的に日本人がイメージするタンドリーチキンやバターチキン、ナーン等は北西インドの料理で、イスラーム系王朝時代の影響が料理に強く反映 …

  • 広いアフリカの中で南部アフリカの魅力とは?

    広大なアフリカの大地。現在アフリカ大陸内で一番長いフライトは、南アフリカのヨハネスブルグからセネガルのダカールを結ぶ路線ですが、なんとノンストップ便で8時間~8時間半もかかる距離です。これは、日本からハワイへ行く距離より …

  • 自己紹介

    初めまして、H2トラベルズジャパンの代表、須田と申します。2019年7月2日に開業し、当ホームページの「会社案内」の延長としてまずは会社の自己紹介をさせて頂きます。 元々H2トラベルズはインドのニューデリーにて現地法人と …

  • H2トラベルズのホームページが生まれ変わりました。

    今までインド法人だったH2 Travels Private Limitedのホームページが、日本法人の(株)H2トラベルズジャパンのホームページとして当サイトは生まれ変わりました。引き続き、インド旅行手配を承ると共に新た …