searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

opeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
パンとワンの部屋
ブログURL
https://ope.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
買ったパン、習ったパン、作ったパンの記録 時々飼っているいるワン(ope)のお話
更新頻度(1年)

131回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2019/06/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、opeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
opeさん
ブログタイトル
パンとワンの部屋
更新頻度
131回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
パンとワンの部屋

opeさんの新着記事

1件〜30件

  • 耳まで柔らか食パンを目指す、ゴールデンヨットで

    矯正を初めて4週間近く経った。 いまだに前歯を合わせると多少の痛みはあるものの、大分食べられるものが増えた。 しかし、思いのほかパンの表面、クラストがかみ切りにくいとわかり、パン好きとしてはなかなかつらい日々を送っている。 昨夜は少し時間があったので耳までやわらかい角食パンを目指してみた。 まずはフワフワに仕上がる粉を仕入れて 低温で焼いてみた、つもりが 過発酵になり、焼成途中でふたを外した。 ゴールデンヨットは最強力粉に属し、ふわふわ度が高い粉に、富澤商店では分類されていた。 予熱210℃ 焼成200℃15分→140℃15分 低温で焼く事により、耳の部分が柔らかくなると思ったが、焼きたてはパ…

  • シンプルプリンを作った

    先日購入した熱海プリンの原材料は 牛乳、たまご、乳製品、砂糖、バニラ香料 だった。 乳製品が何を指すか不明だが、乳脂肪分35%のクリームに置き替えて、材料表記の順番から察するに、本物よりクリーム多めのプリンを作った。 牛乳150㏄ 全卵1個 卵黄1個 クリーム100㏄ バニラオイル1滴 いつもはカラメルを下に敷いて蒸すが今回は熱海プリン風に後かけにしてみた。 カラメルソースを作るか、だいだいソースの様に柑橘類でソースを作るか考え中。 蒸しすぎで表面が気になるので早くソースで覆いたい。 こちらは寛ぎすぎでブランケットで覆いたい。

  • 熱海「ほていや」の蒸しパンを食べた

    ネットで熱海のお土産を検索していたらこちらも人気らしいので、唯一購入できるとされるマックスバリュ熱海店に行った。 時間によってはかなり品薄になるようだが、午後の早い時間に行ったせいか、沢山陳列されていた。 人気一位と二位を購入。 見た目から想像するに、パン生地は二層になっていて、下の生地に栗の刻んだものや、メープルシロップが巻き込まれている。そして上の生地は薄めのものが被されている感じだ。 温めずに頂いたので、フワフワというよりもっちり感の強い蒸しパンだった。 一つが大きいので食べ応えがある。 蒸しパンの生地は柔らかいので何かをクルクル巻き込むのは難しいと思われるが、機械で回転させながら生地と…

  • 熱海プリンを食べた(これも矯正中に超おすすめ)

    雨の中、熱海銀座通りに人だかりを見つけた。「熱海プリンカフェ2nd」とあり、店構えがとてもかわいい。そういえば似たような看板を駅の近くで見たような気がした。 イートインはスイーツタイムを楽しんでいる女子でにぎわっていた。 いくつか種類があるプリンの中で、橙の果汁と塩で食べるものが珍しかったのでこちらにした。 昭和の温泉感を全身からあふれ出している外観。 牛乳瓶の蓋、懐かしい!と思ったあなたは同世代。 と思ったら紙蓋ではなく、キャップにシールが貼ってあるものだった。 プリンはとても柔らかく、優しい味がした。 個人的にはだいだいのみで塩はトッピングしなくても良いかなあと思ったが、 プリンに塩を振る…

  • 焼き過ぎた白パンは皮が硬かった

    蒸しパン以外のパンが食べたくて、白パンを作ってみるはずが、焼成温度が高かったのか少し色がついてしまった。そのせいで皮がかたい。熱いうちにラップで包めばこもった水分がまわってやわやわパンになるのだろうか。160℃16分色が付く前にアルミホイルで覆ってしまえば白く儚げなパンになるのだろうか。opeちゃんの方が白い。矯正を始めて3週間。だいぶ噛めるようになった。装置に挟まる不快感には未だ慣れないが。来週には1回目の調整があるので今週1週間は食べ溜めしておこう。みじん切りにしてしまうより、小さな角切りの方が食べやすい事に気付いた。

  • だいぶ大人になっておでんが好き(そして矯正中に超オススメ)

    一昨年の夏に小田原おでんを食べ、そのおいしさに驚いた。 私の中でおでんは、そんなに好きでもないしご飯がすすむおかずではないけれど冬に一度は作るという位置づけで、お外ご飯でおでんを頂いた記憶がそれまではほとんど無かった。 しかし、小田原でおでんを食べて以来、全国各地にご当地の「○○おでん」がある事を知り、小伝馬町駅近くで静岡おでんを食べたり、福岡に行って博多おでんを食べた。 子供の頃は大人が大絶賛しているおでんの大根は好きでなかったし、練り物もあまり好きではなかった。味がはっきりしていないからだろうか。それともどれも似たような味に感じるからだろうか。 今日も機会に恵まれ、小田原でおでんを頂いた。…

  • 歯列矯正ビギナー、食べやすいと思ったら間違いだったもの①

    ブラケット&ワイヤーの矯正を初めてやっと2週間が経過。 少しは痛みが薄くなったが、上下の歯を合わせるとまだ痛みがあり、ブラケットが常に当たっている頬っぺたの内側は炎症が起きている。 今日のランチは水分が多めで軟らかく、食べやすいかと思いこちらを購入してみた。 ふたを開けるとなかなか手ごわい野菜がたくさん入っていたので 会社に持参しているキッチンバサミで細かく裁断した。 鶏肉が硬ければアウトかと思っていたが非常に柔らかく問題は無かった。 ワイヤーに絡みやすい小松菜と葱は、奥歯で噛めるようになってきたので大きな障害になることは無かった。 しかし、予想外に難関だったのが、干しシイタケ。細かく切っても…

  • 卵を少なくしてココア蒸しパン

    先週から3回蒸しパンを作ったが、より柔らかい食感がほしかった。 そこで卵を半量にしてその分牛乳を増量してみた。 小麦粉100gに対して卵は2個→1個。 今までのモチモチ感が少なくなり、フワフワの蒸しパンになった。 歯列矯正スタート地点の私にはこちらの方が具合が良い。 蒸し器は持っていないし、圧力鍋を出すのは少し手間で、代わりに毎晩炊飯に使っていてガス台に放置しているルクルーゼで蒸している。 材料の計量から蒸しあがるまで20分かからないので非常に手軽だ。 opeちゃんのムシューっとした寝顔。

  • 全粒粉入り山形食パンを焼いた

    「春よ恋」の全粒粉を見かけたので購入し、同じ「春よ恋プレミアム」と合わせて食パンを焼いた。 目指すは耳が薄めでフワフワの、くちどけの良い食パン。 イーストの量を控えたせいかあまり膨らまず、当たり前だが全粒粉独特の重さのあるパンになってしまった。 歯列矯正初心者はトーストせず、耳を取り除いて食べる方が具合が良いと思った。 opeちゃんは歯磨きガムをたっぷり食べて昼寝中。

  • 蒸しパンにトライ

    歯列矯正を初めて一週間。やっと一週間という感じだ。 今まで作ったのは 麻婆豆腐 イワシのつみれ ホタテとグレープフルーツのマリネ ぶりしゃぶ 卵豆腐 季節感ゼロだが家族と別メニューにする時間の無い時はこれらで乗り切った。 今朝は噛まなくても口の中でとろけてくれそうな蒸しパンを作ってみた。 残念ながらヨーグルトを入れたレシピのせいか、モチモチ感が強く、とろける食感には仕上がらなかった。 しかし、なかなか面白い食感でパンより短時間でできるので急いでいる時には重宝しそうだ。 opeちゃん、エアコンが効いた部屋でブランケット愛用中。

  • アンジュの白パン@BOUL ANGE

    数日前より歯列矯正を始め、食べやすいメニューかつ家族も喜ぶを探して作ると言うまさに『新しい生活様式』を取り入れている。 圧力鍋で牛スネ肉をトロトロに煮込むメニューを思い付き、家族にはバゲットを購入。自分用には店頭に並ぶパンの中で一番柔らかそうな、アンジュの白パン三個入りを買った。 食パン生地を小さく丸めて焼いたもので、焼き色をつけないよう低温焼成したと思われる。 以前食べたアンジュ生地の食パンの耳より皮はかなり薄く柔らかかった。 食事パンとして非常に美味しかった。 しかし、今の私には口の中で簡単に溶けてくれるようなパンがありがたい。 蒸しパンやシフォンケーキのような食感のパンを探す事にしよう。…

  • サクサクの塩バターロールを焼いた

    またしても春よ恋プレミアムでロールパン。今回は成形時に巻き込むスティック状のバターが流れ出さない様に、両端を少し織り込んでみた。外はサクサク、中はしっとりのロールパンが焼けた。粉に対してバターを16%入れるレシピなのでそもそもバターが多めの生地だと思う。生地のバターが少なめで巻き込むバターを多くするレシピもあるが、私は生地のバターが多い方が美味しくできる気がする。練乳を入れ、砂糖も多めなので焼いている時にお菓子に近い香りが出るのも好きだ。今日もopeちゃんには暑いね。

  • サクサクの塩バターロールを焼いた

    またしても春よ恋プレミアムでロールパン。今回は成形時に巻き込むスティック状のバターが流れ出さない様に、両端を少し織り込んでみた。外はサクサク、中はしっとりのロールパンが焼けた。粉に対してバターを16%入れるレシピなのでそもそもバターが多めの生地だと思う。生地のバターが少なめで巻き込むバターを多くするレシピもあるが、私は生地のバターが多い方が美味しくできる気がする。練乳を入れ、砂糖も多めなので焼いている時にお菓子に近い香りが出るのも好きだ。今日もopeちゃんには暑いね。

  • 春よ恋プレミアムでロールパンを焼いた

    キタノカオリの黄みがかった色に見慣れているせいか、ホームベーカリーから出した生地がかなり白くてびっくりした。 粉のせいだけではなく、卵を使っていないせいもある 。 上4つは塩バターロール、下3つはウインナーロール、右2つはプレーンなロールパンにした。 春よ恋より春よ恋プレミアムの方が歯切れのよいパンになった気がする。薄力粉・ドルチェも混ぜたが、なんだかこの粉、かなり期待できる気がした。 数年前まではあまり粉の違いについて興味を持っていなかったが、色々試すと明らかに違いがあり、面白い。 opeちゃんも2年前よりだいぶ白くなった。

  • 朝にブルーベリーマフィンを焼き、昼に牛だしそうめんを作った

    朝の早い時間にマフィンを焼いた。 生のいちごをマフィンに入れるとトロっとジャムの様になるので、ブルーベリーでも同じようになるのではないかと入れてみた。 ブルーベリーの方が食感がホクホクしている部分も残った気がする。 爽やかな休日の朝食となった。 お昼ご飯は昨夜テレビで観た「牛だしそうめん」を作ってみた。 卵白を入れて加熱したスープはキレイに済んで臭みの無い美味しいものだった。 もう少し肉の臭みが出るのではないかと思っていたが、卵白がからめとってしまったのだろう。これだけで飲んでも熱中症予防に良いかもしれない。 テレビで観た通り三つ葉→すだち→焼肉のたれ&カレー粉で味付けした牛そぼろで味変し、美…

  • 久しぶりのクロワッサンだが、夏場はお休みした方が良いかもしれない

    ここ数か月はデニッシュ食パンを作る頻度が高く、バターの折り込み作業はしていたが、クロワッサンは3か月近く作っていなかった。 そこで久しぶりに仕込んでみた。が、成形にかかる時間と気温と湿度を考えると夏の間はどうしてもバターがダレやすくなるため、デニッシュ食パンの方が向いていると痛感した。デニッシュ食パンの成形にかかる時間はほんの1-2分。対してクロワッサンは一つ一つ切って巻いていくために時間もかかるし、手の温かさが伝わる表面積も多い。 インスタントドライイースト使用。やはり自家製天然酵母とは食感が違う。 opeちゃんもダレ気味。

  • opeちゃん、カットモデルになる

    トリマーさん養成校にカットモデル犬募集の紙が貼ってあったのを見かけて、今日はopeちゃんを連れて行った。 普段は好きな場所で好きなおもちゃやブランケットに囲まれて昼寝をする時間に、ずっと他のワンちゃんや知らない大人に囲まれて疲れたのかな〜。 帰宅するなりソファで布団をひっかぶって寝てしまった。 足バリカン初挑戦。 カットモデル経験が長いワンちゃんはカット中に昼寝する子もいるらしい。 opeちゃんはビビりだから大丈夫か。

  • 山型食パン チャレンジ3回目 原材料は国産でもイギリスパンと呼ぶ

    前回は自家製天然酵母を使い、二次発酵を3時間とって焼いた。 その手前の一次発酵は、ほぼ放置とは言え5-6時間かかり、計画的に時間と他の用事をやりくりしなければならず、しばらくご無沙汰していた。 1斤型で粉は270g、そのうちの1割をゆめちから全粒粉にしてみた。残りはキタノカオリで。 一次発酵、二次発酵共に50分ほど。 副材料の塩は沖縄からヨネマース、砂糖は鹿児島のキビ糖、そして白神こだま酵母ドライ、よつ葉発酵バターに利根川の水と、国産材料北から南にこだわったようなパンになった。 しかし、このような山型食パンは時にイギリスパンと呼ばれる。 山高帽をかぶる英国紳士に見えることからその名称になったと…

  • 冷蔵庫に入れても白玉団子が固くならない方法

    実家でマンゴーの他に京はやしやの抹茶葛ねりをもらった。美味しかったがもっと食べたいと思い、自作することにした。 表示されている原材料を見るとトレハロース以外は家にあった。手軽に作るために和三盆とわらび粉は使わずに、水を使うと思われたところを牛乳に置き替えて、更にこしあんと白玉団子を投入し、おうちスイーツならではの好きなモノてんこ盛りにしてみた。 白玉団子はこのように冷蔵庫で冷やすとどうしても固くなってしまう。 しかし、10年前、駐妻友達にNYで白玉粉は水で練らずに豆腐を握りつぶしたものでお団子を作ると固くならないと教わった。乾物で輸送の手間はかからないはずなのに思いのほか高額だったと記憶してい…

  • デニッシュ食パン5回目(白神こだま酵母ドライ) 溶けだすバター無しの理由は

    久しぶりにまとまった在宅時間が取れたのでデニッシュ食パンを焼いた。 この2週間ほど、自家製天然酵母の状態があまり良さそうではなく、パンは焼けても発酵が弱めだった。イチゴ酵母もさくらんぼ酵母も嫌な臭いはしないが元種は元気ハツラツのチカラが見られない。 デニッシュ食パンは冷蔵庫で休ませる時間が長く、またこれまでは焼成時に溶け出すバターが多量ではないとは言え気になっていた。 そこで今回は特に二次発酵の時間を短くするために、白神こだま酵母Gを使ってみた。 成形後、二次発酵 スチームあり30度70分(オーブンの発酵機能使用) 焼成中、180℃に温度を下げた際、ついでにクッキーとパウンドケーキを投入。 き…

  • フォカッチャ生地をフライパンで焼いた

    フォカッチャの小さなブームが再来して今週は2回焼いた。 焼き立てが美味しいのでさらにもう1回分を一次発酵済みの生地を分割して冷蔵庫に入れておいたが、昨日は3回目を焼く時間がなく、結局冷蔵庫で2泊となった。 朝の出勤前にオーブンを使うのはちょっと手間だったので、諦めようかと思ったが、以前フライパンでナンを焼いたことを思い出した。 ハムとチーズを挟んでフライパンで片面5分ずつ焼いた。処分することが頭をよぎった為、また今朝食べる分のパンは他にもあったため、かなりいい加減に作った。 フォカッチャとも、オーブンでイングリッシュマフィンの様に型に入れて天板で上からおさえて焼く平焼きパンとも食感が違う。 で…

  • 初夏のクラフティとチェリーピットに感激した思い出

    NY郊外に住んでいた時は独立記念日近くになると街が星条旗カラーに染まるので、お菓子作りもその影響を受けてブルーベリーとラズベリーやアメリカンチェリーを使ったものを良く作った。 日本に戻ってからは、美味しい佐藤錦を大切に食べる時期と重なるのでアメリカンチェリーを買う機会が無かったように思う。 ましてや赤いラズベリーを線状に置いて独立当時の13州を、左上に青いブルーベリーを並べて下の白地が現在の50州を形作るAmerican Flag Cakeは思い出す事さえなかった。 知人から、近所のスーパーで売っているアメリカンチェリーはアメリカで食べていたものより格段においしいと聞き、それならばと買ってみた…

  • 「白神こだま酵母」 x 「ゆめかおり」 でフォカッチャを焼いた

    パッケージに「パン・ピザ用」と書いてある「ゆめかおり」はあと2-3回使える分が残っている。 「ふんわりとしたボリューム感のあるパン」が焼けるとも書いてあるので、ピザは生地が分厚いものを想定しているのだろうか。 それならば、フォカッチャがフカフカに焼き上がるのではないかと期待して、更に国産同士の組み合わせで白神こだま酵母を合わせて素材を味わうシンプルパンを作った。 いつもはめんたいマヨネーズやベーコンなど、大きく広げた生地に色々な味が楽しめるようにトッピングして焼くが、今日はシンプルに 岩塩とローズマリー オリーブと新玉ねぎ の二本立てにして昨夜の残り、牛肉とジャガイモの赤ワイン煮込みと合わせて…

  • タイガーブレッド3回目 古いお餅を焼いたようだ

    まだ賞味期限は来ていないがいつ買ったのか思い出せない「魚沼産こしひかり100%上新粉」を見つけた。きっと寒い時期にお団子でも作ろうと購入したのだろう。 せっかくなのでタイガーブレットを。流石に蒸し暑いこの頃ではお団子を作る気になれない。 タイガーブレッドを作るのはものすごく久しぶりだ。うっかりしてしまい、パン生地でチーズを包み忘れてしまった。ピザ用チーズをパン生地の上に散らし、その上から上新粉のタイガー生地を落とした。せっかく…という割にずいぶんと投げやりな作り方だ。お団子もさることながら、パンを焼く気力もなかったのではと後になって思う。 チーズが原因かはわからないが見た目が悪くなった。表面が…

  • 「ゆめかおり」で食パンを焼いた 

    栃木県産の小麦粉「ゆめかおり」はパン専用強力小麦と表記されている。品種改良をして、自然環境に強い、そして使用した際のパン生地が強く伸びが出るようにしているそうだ。 小麦ブランド名鑑によると灰分0.41%タンパク12%との事。 「ふんわりとしたボリューム感のあるパン」が焼けるとパッケージに書いてあったので山形食パンを焼いてみたかったが、家族の好みを考慮して角食にするつもりでいた。 そこで、発酵の見極めを間違えると型いっぱいの、目つきが厳しく耳は固いパンの仕上がりを回避するために、今回は生地量を控えめにしてみた。そして時短作業のため、インスタントドライイーストを使用。 一次発酵60分、ベンチタイム…

  • ブリオッシュ食パン5回目

    もう10回くらい作っているような気がするが、発酵の記録をこちらでつけているのは今回で5回目。 今回はバターを織り込んでから一晩寝かせた生地を使用。新しく起こしたレーズン酵母と準強力粉トラディショナルで。 室温で3時間更に1時間。外出の予定があったため、ここで終了。あと40-50分発酵させたかった。案の定、高さが出なかった。あと、焼き上がり後は底面を下にして網の上に長時間放置してしまった為、下の方がつぶれ気味になってしまった。網にのせて冷ます時は側面を下にした方がいいのだろうか。つぶれ気味になるのは発酵不足の時起きるように思う。

  • さくらんぼ酵母をおこす

    頂き物のさくらんぼを少しだけ使って酵母を起こしてみた。とても甘く、追加の糖分は不要かと思われたが、蜂蜜を垂らしておいた。気温が高い日が多く、2日目と3日目はかなりの勢いで泡立った。5日目の今日、エキス完了。香りは控えめで、甘すぎない。明日から元種作りをしよう。

  • サブレのふちを立てるには

    相変わらず大きく口を開けることが難しいので夕食にシェパーズパイを焼いた。 暑い中冷房の設定温度を低くしてオーブンを使うので、シンプルなサブレと余った卵白で抹茶のラングドシャを作った。 サブレは 卵黄、粉糖、バター、薄力粉のみで型を抜いたりデコレーションをしたりしないので素朴な仕上がりだが実は結構難しい。 見た目が美しくキリっと生地が立ち上がっているものを見るとつい買ってしまう。 ふちが立ち上がって焼けたものは高さも出ていてダレていない。 そんな仕上がりのためには バターをやわらかくしすぎないこと 小麦粉を入れたら練らないこと らしい。 色々なレシピがあってバターを電子レンジで軟らかくするものか…

  • 三色パン インスタントドライイーストは速い❗️

    カリフォルニアレーズンエキスといちごエキスの状態は今のところ良く保たれているが、元種の準備が出来ていない。 今朝はインスタントドライイーストを使って角食を作り、自家製天然酵母との膨らみの違いを比較してみようと思った。 HBで15分ほどこねて3分割した後、それぞれを蓋付き容器に入れて台所に放置したら1時間も経たないうちに2倍強に膨らんだ。 白:プレーンな生地に控えめのバター折り込み 緑:お湯溶き抹茶練りこみ 茶:ココアを練ったものを入れ、チョコチップを混ぜ込み デニッシュ食パンのように三つ編みにして型に入れたが、それぞれが太かったので編むのが難しかった。 白生地はバターの力で高く盛り上がってしま…

  • エシレバターでそば粉のガレットを食べた

    親不知を抜いてから70時間近く経ったが、まだ左顎のあたりがパンパンに腫れていて口が思うように開けられない。 やわらかい麵類なら楽勝かと思ったが、この状態ではすする時に力をかけるのが難しいことが分かった。 そこで今日のランチはそば粉でガレットを焼いた。お粥が嫌いなわけではないが、この数日で鶏そぼろ入りお粥、豆乳スープご飯、トマトリゾットとあの手この手で米+多量の水分を食していて少し見た目を変えみたかった。 ラッキーなことにそば粉を始め、必要な材料はすべて家にあったので暑い中買い物に行かずにササっとランチができた。 自分用にはできるだけ口を開けずに食べられるよう、厚みを最小限で。 具はバターとトッ…

カテゴリー一覧
商用