searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ふらんすでおばちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
おばちゃんのふらんす日記
ブログURL
https://francedeobachan.hatenablog.com
ブログ紹介文
フランスに10年暮らせどマダムになれず。冴えないおばちゃんがフランス生活についてぼやきます。
ブログ村参加
2019/05/16
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ふらんすでおばちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ふらんすでおばちゃんさん
ブログタイトル
おばちゃんのふらんす日記
フォロー
おばちゃんのふらんす日記

ふらんすでおばちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 自分に優しく

    おばちゃんは器が小さい。だからすぐに一杯一杯になって、アップアップしてしまう。その上疲れてイライラして周りにあたるってんだから、本当に迷惑な話です。 そんなおばちゃんにはきっと理想があって、そこに追いつけずギチギチ一杯な毎日に疲れ果て...ボキッと折れてしまったのかな、と思ったりします。そんなおばちゃんが念仏のように繰り返していたのが「もっと大変な人は沢山いる。自分も頑張らねば!」。いや、これもこれで正しいです。厳しい海外生活+過酷な状況で日々生きてる方々をおばちゃん自身、知っていますしね。 ただ、自分がその論法で頑張り抜けるほど強くない事が、この歳になって分かって来た訳です。そう、おばちゃん…

  • おばちゃん、コロナ抗体獲得!

    という事で2度の感染を得てよーやくコロナ抗体を獲得しました、おばちゃん。やったどー! 1度目の感染で抗体出来なかったので(確認済み)2度も罹った訳ですが、運の悪いおばちゃんはその悪運故に「抗体出来ずに3度も4度もかかるんじゃあ...?」と怯えていた訳です。お医者さんは「2回罹る人は結構いるけど、そこまで繰り返し罹っている人はさすがにいないわよー!」と笑っておりましたが...。 ほんで過労の原因を一応確認するべく血液検査をするついでに、ラボで「もう1度抗体検査してもらえますか?」と聞いた訳です。そしたら「30ユーロかかるけど今すぐokよ」ってな事でついでにやっちゃった次第です。 おばちゃん、PC…

  • コロナウィルスのなぞ

    いわゆる「バーンアウト」で休職中のおばちゃんですが、数日ゴロゴロする中で少しずつ体も動くようになって来ました。 おばちゃんの職場では2週間前に、コロナのクラスター爆弾が炸裂しました。現在も同じグループの他施設で炸裂中であります。その威力と言ったら、我が職場では利用者6分の5+職員1人除き全員陽性という過激っぷり(爆)。これだけド派手なクラスターだから、日本だったら全国ネットのニュースになるだろうなあ、うん(こちらではクラスター何千件なので全く話題にならない)。 事の発端は「体調の優れない利用者さんがいたらPCR検査連れて行ってね」って事で、10月からほぼ週2人ペースで連れて行ってたのですが。1…

  • おばちゃんの職場、崩壊DEATH!!

    という事で陽性隔離を終え、職場復帰して1週間。おばちゃん、再び病欠してます(爆)。理由は単純に過労...ってどーいうこっちゃね。 いや、復帰前に負け戦と言いましたが、実際は負ける事を前提に開戦した「大阪夏の陣」状態でした。クラスターがあっちゃこっちゃで発生しているので、利用者は勿論職員も陽性+過労でほぼ全滅。なので職員全滅の施設のヘルプに行くも1人きりで全利用者(10人、コロナ陽性含)をみる事9時間×3日というきつーいシフトから復帰しました。 その後自分の職場に戻っても人がいないので、派遣会社から送られて来る人と2人で18人の利用者さんをケアするのだけど、これまた派遣さんが来なくて1人で18人…

  • おばちゃん、コロナにかかる

    ご無沙汰しています。 フランス始め世界中でコロナウィルスが猛威をふるっていますが、皆様お元気にしていますか? というか皆様の健康を祈るばかりです。 ところで運の悪いおばちゃんは、まんまとコロナに罹ってしまいました。それも2回(爆)!!世の中広しと言え、2回も罹る日本人は多くはおるまい...という事で現在絶賛隔離中です。 1回目は夏のバカンス中、(極めて気をつけていたのですが)どこで拾ったかもわからず。症状もどえらい疲労感を始め下痢や吐き気、息苦しい感じが2週間ほど続き結構きつかったです。 で2回目はまんまとお仕事でして、まあおばちゃんは感染リスクの高い職種なので仕方ないです。同僚達も一緒に陽性…

  • 恋愛大国の大統領

    ふらんすは恋愛大国、アムールの国らしい。 いわく、男女問わず情熱的 / 恋愛感情が大事なので、好きでなくなったら離婚する / ふらんすマダムはいつでも恋してるから魅力的....などらしい。 もっともパッとしないおばちゃんにはビタ一文縁がない話題なので、「らしい」としか言えない。こうした話はおばちゃんの周りではとんと聞きません。 そしてそんなアムール至上主義、自由恋愛万歳な国においても現大統領のドラマチックな恋愛は一目置かれる物語だ。その凄さといったら、90年代のドラマ2本を同時進行させてしまう勢いである。 つまり教師と生徒が禁断の恋に落ちる「魔女の条件」と、友人の親と惹かれあってしまい家庭を壊…

  • ロスジェネでも凄い人は凄い

    おばちゃんはどん詰まりロスジェネ世代の1人です。だから人生ショボくれてても仕方ないと思うし、寧ろ我が世代の大多数がそうであろうという安心感があります。そしてこの安心感に浸りきりって努力しないので、人生3流のままなんでしょうね。 ところが世の中を見渡せば、ロスジェネ世代にも極めてビッグな方々がいます。ちなみにおばちゃんと同い年では 芸能界: 安室奈美恵さん スポーツ界: 中田英寿さん 政治界: エマニュエル•マクロンさん という中々なメンツで、それぞれもの凄く成功されています。20代で大仕事を成し遂げ、現在40代にして引退生活なんて方もいて、優秀な方は若い頃から違っていたんだなと今更ながら思った…

  • 鉄筋ふらんすエリートはどのように作られるのか?

    すぐ前にふらんすの政治家は鉄筋コンクリートだと言ったが、彼らは本当にタフだ。お隣イギリスの首相は「ちょっとユルいおっさん」な外見そのままにコロナで入院→陣頭指揮脱落となったが、ここふらんすでは数人の閣僚が感染した位で、大統領はじめ主だったメンツは日々馬車馬のように働いている。 日本では大阪府の吉村知事が「頼むから寝てくれ」と言われているが、こちらの閣僚も日々政策を練り、連日テレビにも出て、かつ強気な戦闘モードを崩さないまま1ヶ月。いつ寝てるのだろう...疲れて死んでしまわないのだろうか。 果たして、こうした「鉄筋ふらんすエリート」はどのように作られるのか。元々西洋人は東洋人に比べ屈強なイメージ…

  • 政治と国民性

    近頃日本の誰と話しても、メディアを見ても、政治批判で溢れている。実際外から見ても日本の政治はふにゃふにゃだ。 ふにゃふにゃでもコンニャクのように弾力があれば良いが、日本政治(というか政治家)はお味噌汁に浸った「お麩」のようなふにゃふにゃさで、かつ存在感もない。 「うーん財源ないからつらいけどー、欲しい人には10万円あげちゃおうっかなー。本当は30万の方がいいけどお、それはキツイしい。あーでも取りあえず移らないようにマスクが必要かあ。っつーか、なるべく外に出ないでね。でも、経済は止まったら困るかも...どうしよ」ってな感じで、味も半端でどうしたいのか分からないお麩。 それに引き換えふらんすの政治…

  • ロックダウン生活は大変なのか?

    時間が沢山あるので、沸き上がってくる考えをちょくちょく書ける...おばちゃんには今、とても贅沢な時間が流れています。 果たしてyahoo日本の記事を開くと、時々「在外日本人、ロックアウト下の生活を語る」というのが出て来て、ふむふむと読みます。そうすると「大変」や「ストレス」という言葉が出て来るのですね。はて....そんなに大変だろうか、ロックダウン生活。 これはもう、各人の性質(性格)によりけりなんでしょうね。あと経済状況も大きいなあ。やっぱり経済不安を抱えて籠りっぱなしは詰まる(経験済み)!! 人によりけりと言えば私の同僚なんて「仕事休みで家に籠って狂いそうだったー、ちょっと走りに行ってスッ…

  • 心臓に悪い!!

    先ほどまたネットサーフィンをしながらぐうたらしてると、突然非通知で電話が掛かって来ました。 《これは嫌な予感...》とビビりつつ電話を取ると、件の検査時お医者さん。《わざわざ土曜日にかけて来るなんて、陽性だったんだ、どんでん返しだーー!!!どーしよーーー!!》とアタアタしてると「おばちゃんさんですか、covidの検査結果お知らせしますね。良かったですね、ネガティブです。それでは良い週末をー!」との事。 まぎらわしーんじゃーーーっっ!!!! 陽性の時は電話する、それ以外はラボのサイトの個人アカウントに結果入れますって2回も繰り返したじゃろーがーーー!! なんで陰性で週末に電話かけて来るんじゃああ…

  • 災い転じて福となす

    件のPCR検査結果は、48時間経っても分からず。しびれを切らしてラボに連絡したところ「他地方に検体を送るので結果が遅れることがままあります。確認しますね。あー、まだ結果出てませんね。週明けには分かると思いますよ」との事。まあ、そうだよね。ふらんすだもの、うん。 でも検査時、「陽性の場合は検査してくれたお医者さんから48時間内に電話がかかって来ます」と2度繰り返され、まだかかって来ていないので...きっと大丈夫と思い込んでいます。 で、こう振り返ると何がどう転ぶか分からないなあ...と思ったりします。 思えばコロナ騒ぎが始まった1月から、緊張しながら働いていました。中国も日本も韓国も見分けがつか…

  • サロモン教授と江頭2:50さん

    今まで仕事で疲れ果て、家ではもぬけのカラだったおばちゃんも、2週間の病欠によって急に家の事が出来るようになりました。ああ、こんなにゆったりするのはいつ以来だろう。 といってもテスト結果待ちでソワソワですが、ガストロも落ちつき今のところ熱や症状もないため、家族に近付き過ぎない範囲で家の事をガサゴソやっています。 で、そんなおばちゃん的に習慣となりつつあるのが「サロモン教授詣で」であります。毎晩19時15分にニュースチャンネルで流す 政府医療機関トップのジェローム•サロモン教授が開く定例会見は、毎日のICU入院患者数や3月からの推移を分かり易く説明してくれてとっても的確。 その上サロモン教授、どん…

  • おばちゃん、PCRテストを受ける

    前述の通り、おばちゃんは在宅で出来ない仕事のため外出制限下も働き続けて来ました。心身共にヨロヨロです。外出制限が始まって1ヶ月。緊張感も強まって限界だったのかなあ。 で、ついに日曜日に体調崩した訳であります。 もっとも呼吸器系ではなく消化器系で、いわゆるガストロの症状なのですが。取りあえず仕事休んで、ビデオ診察なるものを初めて受けてみました。本当に便利な時代になったものです。この非常時のせいか、日曜日でも祭日でも受け付けてくれるお医者さんがオンライン上に結構いて驚きました。それに処方箋や arrêt de maladie も登録したメアドにPDFファイルでサクッと届く。スバラシイ。 で、結論は…

  • 先見の明があるのかないのか

    長らくサボっていた間におばちゃんの生活は大分変わりました。 まずは転職してパート主婦からフルタイム主婦となった事。これは貧乏暇なしという事で仕方なし。 で、この転職によって現在の軟禁(横文字で言えばロックダウン)生活が変わってしまいました。つまり、転職で職種変更したばかりに「家で出来ない仕事」となり、このロックダウン下に外に出て働いております。前職であれば心おきなく家にいられたというのに...。 いつもそうだが、おばちゃんは重要なところでめっぽうタイミングが悪い。 よりによってコロナの件前に転職してしまったんですよ、はい。どうして自分、そんな間の悪い事したんだろう...。 しかしながらコロナの…

  • ご無沙汰しております

    おばちゃん、約1年ぶりに帰って参りました。長いことサボってすみません。お陰様で元気に過ごしています、はい。 世の中コロナの件で、すっかり様変わりしました。 おばちゃんの生活はコロナの件が起きる前に変わり、そしてコロナの件でまた変わりました。 ブログが吹っ飛ぶ感じの日々だったのですが、少しずつ書いて行こうと思います。 これから世の中がどう変わるか不透明ですが、どうぞ皆様心身共に大事にお過ごし下さい。

  • 「男と女」から50年後

    本日空き時間があったので、「les plus belles années d'une vie」という映画を見て来ました。この映画は「un homme et une femme(日本語タイトルは「男と女」)」の50年後(正確には制作時から53年)を描いています。 そもそもこの「男と女」は例の「ダバダバダ~ダバダバダ〜」が余りに有名な恋愛映画で、ふらんす国内外で大ヒットを収めました。オトナでシック、そしてスタイリッシュな映像•音楽は正に「theおふらんす映画」の王道であります。実際この映画が作られた60年代後半は、ふらんす映画のまばゆい「ヌーベルバーグ」時代。ゴダールやトリュフォー、ルイ•マルとい…

  • いちいち腹立ててられんわ

    昨日、オッサンと共に書類関係で公共機関(役所っぽいところ)に行って来ました。オッサン曰く、担当者が「この日(6月5日)は在席しているので、自分がきちんと処理します」とかなんとか言ってたらしいのですが。着いてみればアシスタントのような人が対応してくれて、肝心の担当者は自分の部屋に籠っていた(らしい)。 そこでオッサン、「これは非礼極まりない。自分から対応すると言っておいて、会う気も何もないじゃあないかッ!これは文句を言うレベルだ」なんて怒ってる訳です。 ところがちっさいアジア移民のおばちゃんは、無視(される)はおろか、約束すっぽかし(される)が日常茶飯事な訳です。なので今日なんか「担当者なんてど…

  • 歯科矯正で5000ユーロ支出

    おばちゃんは出っ歯です。酔ったいとこから「っていうかビーバー..?」と言われたほど出てるらしい。 そして我が子供も可哀想な事に、母方の遺伝子をついでかなり出っ歯気味です。しかも歯並びも壊滅的に悪かったので、結構小さい頃から歯科矯正を始めました。ちなみにこちらでは歯科矯正率結構高い気がするのですが、やっぱりルックス大事って事なんすかね?? で、2年前に矯正が終わってからは1年に1度経過観察で受診していて、1年ぶりに昨日出向いた訳であります。去年は「問題無いですねー、また来年ね!」で終わったので今年もその程度で終わるとすっかり信じ込んでいたのですが...そうそう人生甘くはないッ!! レントゲンを取…

  • おばちゃん、食べ歩く

    花の都おパリはグルメ都市としても名高い。 しかし食いしん坊のおばちゃん的にはパラダイス...とはならないッッ!!何故ならおばちゃんはビンボーだから、すぐ近くに美味しいものがありながら寄り付けないのであります。こういうのを蛇の生殺しというのかしら、とほほ。 そんなおばちゃんのようなビンボー庶民は flunch(日本で云うガスト的ファミレスチェーン)やLéon(ムール貝レストランチェーン)が行きつけというショボさ。まあ日本でも行きつけはガストや松屋だったので、そういう意味で妥当とも言えますが...。 でもたまには自分を労うために美味しいものを食べてみたい!!しかしながら美味しいレストランなんて行っ…

  • ごみだらけの駅

    最近朝、職場近くのメトロ駅がゴミだらけです。 外にも中にもゴミがぶちまけてあります。誰か怒ってぶちまけたのかな。それにしても派手にやりおるなあ。 ただでさえ朝から電車の遅延•欠便で疲れるのに、駅に着いたら足の踏み場もなくてゲッソリ。明日は月曜朝だからただでさえテンション低いのに、遅延だゴミだらけだって...もう本当に勘弁して下さいよ、ふらんすの皆さん。

  • 橋をかける

    ふらんすはバカンスの国だから、休みが多い。学校ではもうすぐ始まる2ヶ月の夏休みの他に、偶数月(10月、12月、2月、4月)に2週間ずつの休みがあると聞いて、はじめは冗談かと思ってました。1か月おきに2週間って..いくらなんでも休みすぎなんじゃあないの!? そしてその隔月2週間の休みに飽き足らず、更に休みを増やしてしまえ!!という無茶苦茶な制度がこの「橋かけ」というものであります。例えば今週の木曜日(昨日)は ascension という祝日だったわけですが、今日金曜日も休みにすれば土日週末合わせて4日(木•金•土•日曜日)連休となる訳です。4日あれば色々出かけられる。 よって「金曜日も休みにして…

  • 運転したくないなあ

    昨日、近くのショッピングセンターへ子供と車で行って来ました。すると家から10分という短い距離にも関わらず、まあ色んな出来事が転がっています。 1.前の車が左折して違う道に入るなり突如減速(時速10キロ代)。後ろの車が早く行けってクラクソン鳴らすんだけど、私じゃあないんです!!っつーか後ろつまるわ信号かわるわであぶないっちゅーねん!! 2.これまた直線道路で突然一台の車がハザードランプ付けて止まってる!!幸い2車線だったので隣車線に逃げたけど、あれ玉突き事故起きるわよ、本当。 3.狭い坂道ですれ違うのにギリギリなので対向車が通るのを待ってたら、後ろの車がすっごい勢いでクラクソンならすし、その後煽…

  • ふらんすの娯楽番組を見て思う事

    おばちゃんは時間のある時、テレビでいわゆる娯楽番組を見ます。チャンネルはTF1、M6あたりで視聴者参加型競争番組が多いです。 4 mariages pour 1 lune de miel (4人の花嫁さんがお互いの結婚式に参加し得点を付けあう。一番点数が高かった結婚式のカップルが賞品の新婚旅行をゲットする)や Bienvenu chez nous(4組の民宿経営者がお互いの施設に宿泊して点を付け合う。点数の高かった経営者が賞金3000ユーロをゲット)などなど、なぜかこの手の競争番組が沢山あります。 勿論自分が勝って賞品(賞金)を得るためには、他の参加者に低い点を付けて貶しまくれば確実だけど、そ…

  • パリのハマムは良いところ~

    先日から「疲れた疲れた」と限界超え気味だったので、今日はハマムに行って参りました。ハマムというのは所謂スチームサウナで、ハーブ蒸気が満ちた空間で座ったり寝転んだりします。サウナより温度が低いしお肌にも優しいから女性に人気なのであります。 おばちゃんは食う•寝るの次にお風呂が好きで、日本にいた頃はやれスーパー銭湯だ、日帰り温泉だとスキを見ては1人で出掛けておりました。これこそがストレス解消&疲労回復の切り札だったのですが...ふらんすで銭湯だ温泉だは難しいので、手っ取り早くハマムに出かけて疲れを癒しております。でも勿論費用がかかるので、たまの贅沢であります。 以前は町の公営プールにあった esp…

  • 家族と遠く離れて

    最近日本の家族によく電話します。手術のため入院した家族の術後経過を聞くためです。幸い経過良好で、今週中に退院出来るとの事でひと安心。 年老いて行く両親と遠く離れ、すぐに助けに行けない事実にいざ直面すると、分かっていても侘しい気持ちになります。 出来る事と言ったら電話で話を聞く事位だから、何度でも相手がすっきりするまで話を聞こうと決めています。勿論必要な時はいつでも帰る心づもりでいるけれど...。 今日は仕事やらなんやらで自分がふがいなくて、本当にガッカリして帰宅しました。でもその後電話で家族の話を聞いてたら「聞いてくれてありがとう。すっきりした」と言ってくれて、こんな自分でも少しでも家族の役に…

  • 欧州議会選挙の結果

    まさかというか、やっぱりというべきか..Rassemblement Nationale (RN 極右政党)が1位となった欧州議会選挙。52%の投票率でこの結果なので、ふらんす国内の保守化や反EU傾向の高まりがくっきり見えた感じですね。勿論多国籍から成り、かつ各政党が獲得票に比例した議席を得る欧州議会は、国内政治とは全く別物ですが...。それでもふらんす国民の多くがRNの政治方針に賛同した事に変わりはない訳です。 そのRNですが、ルペン父が党首の頃は「ガチ極右」という感じでしたが、現党首である娘さんが指揮を取るようになってから随分イメージがソフト化された気がします。失言の多かったお父さんを追放し…

  • 選挙と国籍

    おばちゃんはふらんす国民じゃあないから、明日の欧州議会選挙も勿論投票できません。だからカンヌ国際映画祭、全仏オープン同様に全く関係なし!! そもそも欧州議会がどんな役割を果たしているのかさっぱりわからんのですが....おばちゃんの周囲でも「EUはヨーロッパ平和•共存の象徴だから、これからもヨーロッパ共同体として結束して行かねば(EU賛成派)」から「EUのせいで自分達の国の事を自分達で決められなくなった!大体こんなに多くの国が共存なんて幻想に過ぎない(EU反対派)」まで、色々な意見を聞きます。最終的な民意は明日分かるのですね。 ちなみに候補者32人(32政党)のぽすたーが街頭に貼り出されるのです…

  • 疲れたなあ

    周囲から「40過ぎるとやっぱりきつくなるよ」「45を過ぎるとガクッと来るから」「50過ぎると身体のあちこちにガタが来る」と諸説言われますが..とにかくおばちゃんは最近疲れています。原因はなんだろう??2重マル人生だけど、やっぱり不満な点がそこここに転がっていて、ストレス溜まっているのかなあ。不完全燃焼のモヤモヤ疲れ。 毎朝起きて、身繕いして、仕事出かけて働いて。帰ったら洗濯にご飯作ってシャワー浴びて寝る。その単純な繰り返しがこんなに疲れようとは..。 せめてお風呂に入れたら大分癒されるのかな。我が家は残念ながら小さなシャワー室があるだけで浴槽がないのです...貧乏庶民の辛いところよ。それにこっ…

  • 人生二重マル

    おばちゃんは小さな頃、オトナになったら大活躍して、みんなから必要とされる人になるんだと信じていました。そしてつまらないサラリーマンやパート主婦なんて絶対ならない、能力開花してバリバリ世の中に貢献するのだ!と思い込んでいました。 随分と生意気で自信があったものです。 でも実際オトナになったおばちゃんは全く活躍もしてないし、職場でも全然必要とされないパート主婦になった訳です。これはもうおばちゃんの能力だからどうにも仕方無い。でもおばちゃんの小さな頃の夢は、独身でひたすらバリバリ世の中で活躍する事だったので、家庭を持つ事は想定外だったなあ。 で、時々心身共に疲れてがっくりしてしまう時は...「悪くな…

カテゴリー一覧
商用