searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Fumisayaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Fumi’s travel diary
ブログURL
https://www.fumisaya.com
ブログ紹介文
旅と旅で出会った風景、食べ物、ワイン、ホテル、関連する映画などを紹介します
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/05/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Fumisayaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Fumisayaさん
ブログタイトル
Fumi’s travel diary
更新頻度
集計中
読者になる
Fumi’s travel diary

Fumisayaさんの新着記事

1件〜30件

  • 5つ星ホテル「マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル」のなんだかかわいい朝食 at 1860 Tradición

    旅先のホテルでは、朝食の良し悪しでテンションが変わります。フランク・ゲイリーデザインのスタイリッシュな5つ星のホテル、「マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル」の朝食はビュッフェではなくサーブタイプなのですが、なんだかとても可愛らしくて気に入ってしまったので紹介します。

  • ギラギラした5つ星ホテル「マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル」のミシュラン1つ星ディナー

    2019年夏のバスク旅行の初めの滞在となったスタイリッシュな5つ星のホテル、マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル(Maruques de rascal hotel)。このホテルには、バスク伝統料理を現代風にアレンジした料理を提供するミシュラン一つ星の「リストランテ マルケス・デ・リスカル」(Restaurante Marqués De Riscal)があります。 口コミなどを見ると評価が別れるところだったので、どうしようかと思いましたが、現地に来たら近くにレストランもなさそうだし折角だからと初日はここでDinnerを取ることにしました。あまり期待はしていなかったのですが、日が暮れる風景を…

  • ミーハー感はあるけれど盛りだくさんで楽しいホテル「マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル」

    初めてのバスク旅行の記念すべき初ホテルはスタイリッシュな5つ星のホテル、マルケス・デ・リスカル・ワイナリー・ホテル(Maruques de rascal hotel)。最近、バスク特集の雑誌などにもよく出ているスタイリッシュなホテルになります。ワインで有名なリオハ地方にあり、ミシュラン一つ星のレストランや有名なワイナリーを有するということもあって、ゆったり2泊して、満喫しました。少しミーハーな感じもあるけれどとても素敵なホテルなので紹介させていただきます。

  • 衝撃的にかわいくて楽しいフランス映画「タイピスト」

    先週はお仕事でなかなか思い通りにいかなくて、ぐったりと週末を迎えました。土曜日は大雨だったこともあり、何にも考えずにぼーっと観られる映画を探していたところ、Amazon Primeで以前観たおしゃれなフランス映画を発見しました。その名は「タイピスト」(原題: Populaire)。 一言で言うと、1950年代を舞台に、タイプ早打ちに命をかける上司(男)と秘書(女)のポップでキュートなスポ根風味のロマンチック映画です。フランスで2012年公開と少し古いですが、ファッション、インテリア、小物、そしてストーリーまで全てがかわいくて、改めてほっこりしたのでここで紹介させていただきます。 ちなみに父の日…

  • 絶対イタリアに行きたくなる映画「ジュリエットからの手紙」

    綺麗な景色にほっこりした気分になるため何度も観ている映画があります。その名は「ジュリエットからの手紙」(Letter to Juliet)。映画にはイタリアのヴェローナの街角やシエナを含むトスカーナ地方の素晴らしい風景が登場します。ストーリー自体は王道の恋愛ムービーで、最後までこうなってほしいという形でストーリーは進んでいくため単純な私は毎回見終わった後に幸せな気分になる作品です。映画を観るたびにロケ地を訪れたいと思っており、ついにその願いが実現(その割にはかなり駆け足でしたが)しましたので映画と共にレポートしたい思います。 (このブログはネタバレも含みます)

  • リアルな描写が魅力な海外ドラマ「NYガールズ・ダイアリー大胆不敵な私たち」

    今週のお題「家で飲む」 大好きな海外ドラマで新しい作品を探していたところ、Huluで素敵でおしゃれなドラマに出会いました。米女性誌コスモポリタンの元編集長ジョアンナ・コールズの半生をもとにしたドラマ、「NYガールズ・ダイアリー大胆不敵な私たち」、原題は「The Bold Type」です。人気女性誌「スカーレット」の編集部を舞台にそこで働く3人の仲良し女子3人組がキャリアや恋に奮闘しながら成長していく物語です。アメリカではSeason3の放送中でSeason4の放送も決まっています。Season2まで見終わってどんどんはまってきたのでこのドラマについて書きたいと思います。 写真はすべてInsta…

  • ザ・パロッツ(The Parrots)演奏のビートルズを六本木のアビーロードで

    子供の頃から両親の影響でビートルズを聴いて育ちました。そんな私の大好きな場所は、ビートルズのを心置きなく楽しめるお店、六本木のアビーロード。ここでポール・マッカートニーも認めたビートルズトリュビュートバンド「ザ・パロッツ」が演奏しています。2018年の9月に初めて行って以来、この「ザ・パロッツ」の大ファンになり1か月に1回くらいのペースで来ています。お酒とお食事を食べながらビートルズの生演奏を楽しめる最高の場所、そして「ザ・パロッツ」をご紹介します。 写真はアビーロードHPより。

  • ENEKO Tokyo (エネコ東京) 伝統的かつ独創的なバスク料理を肩肘はらずに楽しめるレストラン

    7月に初めてスペイン・バスク&フランス・バスクを訪問するためリサーチをしていますが、折角なので旅の前もしばらくバスクの気分に浸りたいと思っています。ちょうど結婚記念日だったのでレストランを探しておりバスク料理に行こうと決めました。 東京にあるバスク料理としてはENEKO Tokyo (エネコ東京)、アバスク イチャスエタメンディ、ローブリュー(LAUBURU)などの名前が思い浮かびます。その中で、スペインで最年少にてミシュラン三つ星となった「アスルメンディ」のエネコ・アチャ氏の海外2店舗目ENEKO Tokyo (エネコ東京)に行ってきましたので、レポートしたいと思います。

  • とても素晴らしくてお勧めできるホテル ローズウッド ロンドン(ブログ)

    5月3日放送の「アナザースカイII」でAKB48の横山由依さんがロンドンへ訪問されていました。そこで紹介していたホテル ローズウッド ロンドン、幸運なことに出張で泊まらせていただいたことがありとても素晴らしかったので、紹介させていただきます。 写真はRosewood HPより 番組を見て、懐かしい!と感動。というのは前職でグローバルセミナーをこのホテルで開催したため、ラッキーなことに2015年、2016年の2回泊まることが出来ました。番組でも「ジャスティン・ビーバーを始めセレブが定宿とする5つ星ホテル」と紹介されていました。このホテル、建物は素敵だし、お食事もとても美味しく、家具や置いてある小…

  • 【南欧旅行】イタリア原産のフレッシュチーズ、ブラータについて語りたい

    以前ニースで食したブラータ 今回の南欧の旅で、レストランにあれば必ず注文していたのが「ブラータ」です。もうご存知の方も多いと思うのですが、ブラータは私の大好きなイタリア原産のチーズです。フランスでも広く食べられていました。 少し前までは日本ではイタリアンレストランでたまに置いてあるだけで、なかなか自分では入手が難しかったのですが、最近は日本でもよく見かけるようになりました。 ブラータはモナコでも食べました。 【南欧旅行】コートダジュール編 モナコグランプリのヘアピンカーブを求めてモナコへ - fumisaya41’s diary

  • 【南欧旅行】コートダジュール編 モナコグランプリのヘアピンカーブを求めてモナコへ

    後ろ髪をひかれながらエズを出発。モナコへ向かいます。 旦那さんは車好きということで、市街地コースを走ることで有名なF1モナコグランプリの地を見に行きました。モナコはエズから地中海沿いをドライブするとすぐに到着です。

  • 【南欧旅行】コートダジュール編 エズのシャトーホテルに泊まる

    エズ村って聞いたことありますか?私は全く知らなかったのですが、南仏に行くならここにも是非立ち寄ってみて!(日本人も多いけど)。と同僚に勧めてもらったエズ村へ行くことにしました。 事前に調べてみるとそんなに情報はないけれど、なんだかラピュタのような場所でとても綺麗そう! Topの写真はシャトーエザの公式HPより

  • 【南欧旅行】コートダジュール編 サン・ジャン・カップ・フェラから旅はスタート

    南欧旅行について、簡単な旅行記を書いてみたいと思います。 ミラノ入りして、ニース、サン・ジャン・カップ・フェラ、エズ、カンヌ、モナコ、バルセロナと回りました。 南仏初めの都市は、サン・ジャン・カップ・フェラ(Saint-Jean-Cap-Ferrat)。 この旅までこの都市の名前さえも知らなかったが、夫がロスチャイルドゆかりの地があるから行きたいということで、この地へ。ロスチャイルドと言えば、ヨーロッパの財閥ということで、そのお屋敷を見てみたかったみたい。 とても綺麗な街

カテゴリー一覧
商用