searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Jorgeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あたりまえブログ
ブログURL
https://www.atarimaeblog.work/
ブログ紹介文
中小企業の後継者 兼 ベンチャー経営者が「凡事徹底」をテーマに人生を切り拓くブログ
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2019/05/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Jorgeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Jorgeさん
ブログタイトル
あたりまえブログ
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
あたりまえブログ

Jorgeさんの新着記事

1件〜30件

  • 【2019】創業1年目のベンチャー役員が選ぶ「おもしろかった本 BEST10」

    昨日に引き続き、今年おもしろかった本のまとめ。 <昨日の記事> www.atarimaeblog.work 今日は「創業1年目のベンチャー役員」という目線から今年の10冊を選んだ。 偉そうなことを書ける実績は残せていませんが、今年の振り返りとして書いておきたい。 1位:渋谷ではたらく社長の告白 2位:超集中ハック! 3位:THE MODEL 4位:決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる 5位:MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣 6位:amazon 世界最先端の戦略がわかる 7位:運は創るもの 8位:不格好経営 9位:テクノロジーの地政学 10位:サブスクリプション まとめ 1位:渋…

  • 【2019】20代・中小企業の後継者が選ぶ「おもしろかった本 BEST10」

    今年は例年にも増して本を読めなかったのだが、読んだ本の中からおすすめ本を紹介したい。 今回は「中小企業の後継者」の目線から見て、おもしろかった本を10冊紹介する。 1位:両利きの経営 2位:情熱・熱意・執念の経営 3位:リーダーの現場力 4位:稲盛和夫の実学 5位:最軽量のマネジメント 6位:会社を潰す社長の財務! 勘違い 7位:サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ 8位:儲かる組織に作り変える 9位:アメーバ経営 10位:タニタの働き方革命 まとめ 1. 組織はミニマムに 2. 情報はオープンに 3. 時代は過渡期、先手必勝 1位:両利きの経営 両利きの経営…

  • 中小企業の後継者は「牧師」だ

    noteを試しに書いてみました。 note.mu

  • 6/6 ダイエット④(~31日目)

    31日目を突破。ついに30日チャレンジをクリア。 今週もつらかった。 前回との比較。 体重:70.6kg→69.1kg 体脂肪率:23.8%→22.7% 体脂肪量:16.8kg→15.7kg 成果が出るまで、時間かかりますね! まだまだこれから。

  • さよなら、インスタ

    プライベートで使っているインスタグラムのアカウントを削除した。 一番最初の投稿が2012年だったので、およそ7年使っていたということになる。 今でも大好きなアプリだし、7年間で注いだ時間はとてつもないと思う。 やめる理由はシンプルだ。 ①他人の人生への興味を失い、 ②自分の人生を他人に見せたいと思わなくなった からだ。 もう自分には「人生を懸けて熱中したいモノ」ができてしまった。 他人の人生が羨ましいとは思わなくなったし、変な引け目を感じることもなくなった。 見栄を張りたい、大きく見せたい、そんな小さな自分も少しずつ消えてきている。 そう思いつつも、7年かけてできた癖というのは恐ろしい。興味が…

  • 日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”

    岐阜県に未来工業という上場企業があります。 未来工業が「日本一社員がしあわせな会社」と言われる所以は、何でしょうか? そこには、休日数日本一、ホウレンソウ禁止、命令禁止、70歳定年などの創業者・故山田昭男氏が定めた特徴的な"きまり"があります。 今回は山田氏の言葉から未来工業の経営哲学を見ていきます。 [目次] 餅を与える 常に考える! 社員に任せる ホウレンソウは禁止 休みを増やす 山田昭男氏を知る2冊 日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり" 私の評価 日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり"2 私の評価 餅を与える 未来工業では徹底的なコスト削減を行い、浮いた利益を社員に還元して…

  • コメダ珈琲で飲み比べ!金のアイスコーヒー VS. アイスコーヒー

    私はコメダ珈琲によく行くのですが、長く疑問だったことがあります。 金のアイスコーヒーと普通のアイスコーヒーの違いって何だろう? 来る度にそう思っては、安いので「普通のアイスコーヒー」を頼んでしまうのですが、今日は思い切って飲み比べてみました。 いざ注文! すると、店員さんから一言 「飲み物2つ頼まれてますけど、押し間違いですかね??」 ・・・ 「いえ、飲み比べして見たかったんです~!(汗)」 ・・・ 少し恥ずかしかった・・・。 そんな恥を乗り越えて、到着した2つのコーヒー。 左が「金のアイスコーヒー」で700円、右が普通の「アイスコーヒー」で600円です。 上から見た図。 内容量はそこまで変わ…

  • 1ヶ月毎日ブログを書いた中で気合を入れた記事ベスト3

    先日書いた通り、5月は「30日チャレンジ」として毎日ブログを書きました。 その中で私が気合を入れて書いた記事をご紹介。 [目次] 3位:MOROHAが『MOROHA Ⅳ』で確かめた真相は「果てなき矛盾」 2位:今後5年の目標 - あたりまえブログ 1位:1代で保有資産10兆円!世界第3位の大富豪が徹底する「ブランド・ポートフォリオ」とは? 3位:MOROHAが『MOROHA Ⅳ』で確かめた真相は「果てなき矛盾」 www.atarimaeblog.work 好きなアーティスト、MOROHAの新作に関する記事。リリース当日に聴いた上で記事を書いたので、そこが大変でした。書いている間に文章量も中々の…

  • 6/2 ダイエット③(~26日目)

    これまでの経緯。 ダイエット始めました(~11日目) - あたりまえブログ ダイエット②(〜19日目) - あたりまえブログ 今週はけっこう苦しみました。とにかく炭水化物が食べたい。 耐えかねて、プロテインバーを何回か食べてしまいました。 inバー プロテイン ベイクドチョコ (14本入×1箱) プロテインチョコバー 手で溶けないしっとり焼きチョコタイプ 高タンパク10g 出版社/メーカー: 森永製菓 発売日: 2016/04/05 メディア: ヘルスケア&ケア用品 この商品を含むブログを見る アサヒグループ食品 1本満足バープロテインチョコ 1本×9本 出版社/メーカー: アサヒグループ食品…

  • 私の「30日チャレンジ」

    「30日チャレンジ」という有名なTEDトークがあります。 www.ted.com 講演者のマット・カッツ氏は、自身の体験から新しい習慣(何かをはじめる・やめる)を身に付けるためには、「30日間」続けてみることが効果的だと語ります。毎日続けられる小さなことから手をつけるという考え方がとても参考になります。 私も彼に習い、今月は2つの30日間チャレンジを行いました。 ブログを毎日書く(32日目) 糖質を制限する(26日目) どちらも何とか続けることができましたが、とにかく30日が長かった! 1. ブログを毎日書く 自分でも興味深かったのは、ブログを書くネタをひねり出している内に、「ブログに書けるよ…

  • 日本マイクロソフトの元社長が語る「アマゾンが成長する理由」

    今年の頭に、離婚騒動や「裸の写真」脅迫問題で世間を賑わせたアマゾンの創業者、ジェフ・ベゾス氏。 元奥様が離婚によって得た資産の大半を寄付することでも話題になりました。 jp.techcrunch.com 何かと話題のアマゾンとジェフ・ベゾス氏の経営戦略を、日本マイクロソフトの社長を務めた成毛 眞(なるけ・まこと)氏が解説した書籍。 [目次] アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスの哲学 全ては顧客のために 赤字覚悟の投資 本業の横展開 キャッシュフロー(CF)経営 投資家に対しても強気に長期的な視点を示す キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC) 私の評価 アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスの哲…

  • MOROHAが『MOROHA Ⅳ』で確かめた真相は「果てなき矛盾」

    「MOROHAの登場は事件だ」と曽我部恵一が評してから10年が経った。 当時はじめて聴いたときの衝撃を今も鮮明に覚えている。 当時の私が想像したよりも緩やかだが、着実にMOROHAの存在感は増している。曽我部のROSE RECORDSを離れ、メジャーへ行き、今やTV番組やCMにも見る日も増えた。 昨年の1月、アフロは次のように語っていた。 我々はユニバーサル・シグマと二年で二枚のアルバムをリリースをする契約をしました。誰かが言ったようにメジャーはクソなのか、真相を確かめて来ます。 そして違う結論を掴んで来ます。矢面だけが人生だ。火中にいる事が使命だ。 根こそぎいく、一択。 pic.twitte…

  • 何もない自分に小さなイチを足していく。

    「元ライブドアの~」なんて説明もいらないでしょう。堀江貴文氏の自叙伝。 『社長の告白』の時にも書きましたが、私の世代はかなり堀江氏の影響を受けてきました。特に私は数ヶ月、氏のメルマガを登録してたほどの堀江ファンです。 事件や過激な言動から誤解を受けている方も未だに多いですが、この本を読むとイメージもだいぶ変わってくるのではないでしょうか。 [目次] 小さなイチを足していく 能動的なプロセスが「仕事をつくる」 没頭したから、好きになる 私の評価 小さなイチを足していく 冒頭、堀江氏は次のように述べます。 みんな「掛け算の答え」を求めている。もっとわかりやすい言葉を使うなら、成功へのショートカット…

  • 生きる意味を自問自答する最年少上場社長の半生

    最年少上場で有名な村上太一さんに対するインタビューをまとめた一冊。ライターの上坂氏が執筆しているため、シンプルで読みやすい構成になっています。 本書で最も感じたのは、村上さんであっても「特別な方法論がある訳ではない」ということです。各エピソードから村上さんの凡事徹底ぶり、当たり前のことを人一倍積み重ねている姿勢がとても伝わってきます。SEOにしろ、テレアポにしろ、目の前の地道な作業を徹底的に行ってきたからこそ、最年少上場を果たしたのだと感じます。 また、最近の起業家のようにVCの出資を受けずに(出資の提案も断っている)、自己資金でコツコツやってきたところも個人的には好感が持てます。派手さはない…

  • 年収1,000万円のブラック企業と年収600万円のホワイト企業、どちらが幸せか?

    数年前に父親が経営する会社に入社する前に、私はある上場企業に勤めていました。 前職は全国年収ランキングでも上位に入る会社で、5年目時点での年収が850万以上ありました。国内の平均年収(2017年度)が432万ですので、今考えると5年目社員としては「貰い過ぎ」だったのかもしれません。当時はそれが当たり前だったので、疑問さえ持っていませんでした。 もちろん、年収の分だけ仕事はハードでした。終電で帰れずに会社で朝を迎えたり、土日も仕事をするような日も何度もありました。私自身は就職活動の時点で「厳しい会社に入り、どこに行っても通用する人間になりたい」と思い、門を叩いたのでブラック企業とは思いませんでし…

  • ダイエット②(〜19日目)

    前回から1週間が経ちました。 www.atarimaeblog.work 19日目の結果がこちら。 前回との比較。 体重:71.3kg→70.5kg 体脂肪率:23.5%→25.5% 体重は減ったものの、体脂肪量が増えてしまってます。 今週は運動ができなかったので、来週は運動をしっかり行いたいと思います。

  • 『進撃の巨人』の1~3巻がKindleで無料だったので読んでみたら、最新刊まで読んでしまった・・・

    今日はブログを書けていませんでした・・・。 というのも、昨日から『進撃の巨人』を最新刊までずっと読んでいました。 今まで読まず嫌いだったけど、読んでみてよかった。 進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス) 作者: 諫山創 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 購入: 3人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (21件) を見る 進撃の巨人(2) (週刊少年マガジンコミックス) 作者: 諫山創 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 購入: 2人 クリック: 2回 この商品を含むブログを…

  • 赤字会社を「必ず」再建する日本電産流の意識改革

    日本電産の永守氏シリーズ。前回は永守氏本人の著作を取り上げましたが、今回はベストセラーになっていた『日本電産永守重信社長からのファクス42枚』を纏めていきたいと思います。 本書は、著者の川勝氏が日本電産に在籍していた時代に永守氏から送られてきたファックスを基に、日本電産がなぜ全てのM&Aを成功させてきたかを紐解いています。 [目次] 一番以外は、皆ビリや 当たり前のことを当たり前にやれる会社にせよ 結果報告は○△×でいい 私の評価 一番以外は、皆ビリや 日本電産は買収した会社の役員から従業員に至るまで全員を引き継ぐことを特徴としています。そのため、永守流の経営を根づかせる上で重要な役割を果たす…

  • 現場と経営の三角形をひっくり返す!

    29歳でミスターミニットの社長となった迫 俊亮(@SS_Sako)氏の著作。私は10年前の学生時代の頃から彼のブログを読んでおり、留学生活やマザーハウスでのストイックな日々に憧れを抱いておりました。 彼のブログを読みながら、「この人はいつか経営者として有名になるんだろうな」と思っていましたが、想像を遥かに超えるスピードで進んでいらっしゃいます。 本書では、彼のミスターミニットに入社してからの4年間(社長就任から3年間)の修羅場と再生の日々が明快に描かれています。ピカピカの会社の成功物語も読んでて楽しいですが、普通の会社を作り直す物語に非常に感銘を受けました。 2年前の著作ではありますが、今年入…

  • 大手コンビニのポイント還元で話題の「食品ロス」問題とは?

    ここ数日、食品廃棄に対するコンビニの対応が話題となっていました。 www.nikkei.com 今回は、食品廃棄に関する直近のニュースの整理と今後の展望を考えて参りたいと思います。 [目次] 食品ロスの問題とは? 食品ロスの問題とは? 食の不均衡 食品ロスの削減は「環境対策」にも繋がる 国内における食品ロスの現状 食品ロス削減推進法案 小売への影響 食品メーカーへの影響 賞味期限の年月表示化 食品メーカーには苦しい話? 食品ロスの問題とは? 食品ロスの問題とは? 「食べられるのに廃棄される食品」のことを食品ロスといい、世界的にこの食品ロスが問題となっています。 食の不均衡 国連によると、全世界…

  • M&Aの専門家が教える企業の「価値の本質」の見抜き方

    バフェット・コード(@buffett_code)氏が推薦していたので、読んでみました。 本書は、M&Aの専門家である山口揚平氏が、「会社の本質的価値を見抜く方法」を9つの事例を基に説明しています。なので、財務・会計や企業分析に疎い方でもシンプルな図表と文章で入り易いと思います。 私もこれまで自信がなかった財務に関する知識がクリアになりました。 [目次] 企業の本質を見抜く2つの武器 因果のマトリクス 企業を分析する9つの視点 投資・財務のプロはC/F、B/S、P/Lの順に見る C/Fの見方 B/Sの見方 P/Lの見方 図解でわかる分析・洞察 私の評価 企業の本質を見抜く2つの武器 山口氏は新米…

  • 製造業の自動化はどこまで進んでいる?

    先日、このような記事を目にしました。 www.nikkei.com 内容としては、以下の三点。 ダイフクは物流の自動化設備で世界首位。M&Aを活用することで他社を先行している 強みは(1)自動化技術を有していること、(2)自社で物流システム全体の設計をできること トヨタの生産ライン自動化システムやユニクロの倉庫の自動化を手掛けている 実際のところ、現時点でどこまで自動化が進んでいるのでしょうか?今回はその実態を見ていきましょう。 [目次] 各社の倉庫ロボット(動画) ダイフク ファーストリテイリング(ユニクロ) ロッテ製菓(韓国) Amazon 製造業における自動化のメリット 無人化工場をつく…

  • 松本晃氏の言葉から考える「組織の最適なリソース配分」

    松本晃という経営者がいます。 松本氏は、ジョンソン&ジョンソンやカルビーの社長を務め、増収増益の企業体質を創り上げた「プロ経営者」です。カルビーの会長を退任後、RIZAPのCOOとなったことも話題となりました。 RIZAPでは他の経営陣との意見が合わず、6月をもって取締役を退任することとなりました。今後は自身で会社を興す道を選んだようです。 business.nikkei.com [目次] 経営者の視野は「20:50:30」 最適な組織設計 私自身の視野 経営者の視野は「20:50:30」 松本氏は、J&J時代から本質を突く考え方と言葉が有名です。松本氏の数ある名言の中で、私が非常に感銘を受け…

  • ダイエット始めました(~11日目)

    Twitterでも投稿していますが、ダイエットを始めています。当分、週ごとに結果を纏めていきます。 そもそもきっかけは、共同創業者の友人と年明けから、揚げ物・ラーメン・カレーを1年間やめようという話になったことで、この習慣は現在も続いています(会食の場合、揚げ物は許可)。 同様に二人でお酒も基本的には控えているのですが、私の場合、意志が弱くて完全に断ててはいません(そのうち断ちます)。 そして、5月7日から個人的に糖質制限ダイエットも追加で始めました! スタート時点での体重が73.0kg、体脂肪率が25.9%とかなりやば~い状況。なので、目標体重を65.0kgと設定しました。 昨日で11日間、…

  • 中小企業の社長は、会社を潰さないために「銀行のしくみ」を学べ!

    中小企業の経営者の間で有名な経営コンサルタントと言えば、誰がいるでしょうか? 故人でいえば、 ・田辺 昇一氏(タナベ経営・創業者) ・渥美 俊一氏(ペガサスクラブ主催) ・ 一倉 定氏 が有名です。 存命のコンサルタントでいえば、これまでご紹介した2人。 ・牟田 學氏(日本経営合理化協会・創設者)→牟田氏の著作の感想(①、②) ・井上 和弘氏(ICOコンサルティング・創業者)→著作の感想はこちら そして、今回ご紹介するこの方も有名です。 ・小山 昇氏(武蔵野・代表取締役) 今回は小山氏の「銀行交渉」に関する2冊のエッセンスを纏めていきたいと思います。 [目次] 貸す側のしくみを知る 無借金経営…

  • 投資のプロが解き明かす「直感」と「信念」の正体

    Forbesの表紙を飾ったり、先日は日経でも取り上げられて話題の慎 泰俊(しん・てじゅん)氏の2013年に出版した著作。 Forbes JAPAN(フォーブスジャパン) 2018年 08 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2018/06/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る →Kindle版 慎氏は、新興国で零細企業や個人向けのマイクロファイナンス(小口融資)を手がける五常・アンド・カンパニーを創業し、現在は「民間の世界銀行を目指す」とアジア各国を飛び回っているとのこと。 私は面識ありませんが、実際に彼の会社に投資をしているVCの知り合いから、彼の徳の…

  • キングダムから考えた「家業」と「後継者として自分」の在り方

    先日、キングダムの好きな場面をパラパラと読み返していると、自分の家業や後継者としての自分について考えさせられるシーンが多々ありました。 ここ数年、やたらとキングダム関連のビジネス書が出版されています。何でも流行に乗せるもんだなあ、と半ば呆れていたのですが、改めて読むと、確かにビジネスの世界と通ずるものがあると感じました。 キングダム 最強のチームと自分をつくる (神ビジ) 作者: 伊藤羊一 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2017/06/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る →Kindle版 キングダムには、私が大好きなキャラクターが沢山います。ですが…

  • 起業家の歓喜も憂鬱も全てが書かれた一冊

    この本が出版された2005年、私は中学生でした。父や家業の存在もあり、「将来は経営者になるものだ」と思いながら日々を送っていました。 私の世代は、「起業家」という存在に強い憧れを抱いた世代です。多感な時期にソフトバンクの孫社長、楽天の三木谷社長、ライブドアの堀江社長、そして本書の著者であるサイバーエージェントの藤田社長が日々メディアを賑わせているのを見てきました。同世代の人と話していると、彼らのような「起業家」への憧れを抱いている人たちは多く、この世代特有のものかもしれません。 私もご多分に漏れず、彼らに憧れました。当時の自分を振り返ると、”中小企業の経営者”である父よりも”起業家”である彼ら…

  • はじめて『iPhoneを探す』を使ってみた!その精度は?

    週末の情けない話です。 先週の金曜日、昔からお世話になっている方々と飲んでいました。懐かしい方々と飲んだことで調子に乗ってしまい、帰り道に戻してしまうほど酔っ払ってしまいました。 二日酔いの中、目が覚めると、 「あ!!!」 「iPhoneがない!!」 皆様もこのような経験はないでしょうか? 今回はAppleが提供している『iPhoneを探す』というアプリの精度がどれくらいか、実体験を基に書いていきます。 凄かった!『iPhoneを探す』の精度! 結論としては、『iPhoneを探す』 に搭載されているGPSの精度は非常に正確でした。 今回幸いだったのが、 ・iPhoneの充電自体が残っていたこと…

カテゴリー一覧
商用