searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

サールさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
新興国・発展途上国への日本企業による海外展開を応援するブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/otatomoyuki
ブログ紹介文
国際協力の「知識」や「経験」を基に効果的な海外展開の方法を考えます
更新頻度(1年)

899回 / 365日(平均17.2回/週)

ブログ村参加:2019/04/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、サールさんの読者になりませんか?

ハンドル名
サールさん
ブログタイトル
新興国・発展途上国への日本企業による海外展開を応援するブログ
更新頻度
899回 / 365日(平均17.2回/週)
読者になる
新興国・発展途上国への日本企業による海外展開を応援するブログ

サールさんの新着記事

1件〜30件

  • 【現地報道に見るケニア市場の状況】花卉農家に70億シリング(約70億円)の税金還付:2020年8月6日付けStar紙

    (記事要約)ケニア歳入局は花卉農家に対し70億シリング(約70億円)の税金還付を行った。業界関係者は「花卉農家の80%が再開し、解雇された労働者を再雇用した。」と語った。4月下旬には20万人の労働者が(職場をおわれ)家に帰っていた。当時、新型コロナウイルスにより花卉業界では1日あたり約30万ドルの損失が発生していると推定された。現在、労働者は農場に戻ってきており、社会的距離を確保する為、農場では1haあたり18名が勤務している。花卉生産者の60〜70%が女性だ。関係者は「失業は何千名もの女性労働者を苦境に陥れ、不安と精神的苦痛を与えた。」と述べた。切り花輸出では2018年に1,130億シリング(約1,130億円)の外貨を獲得した。(記事に一言!)今回の記事は、花卉農家に対し税金還付が行われたことを伝えています。...【現地報道に見るケニア市場の状況】花卉農家に70億シリング(約70億円)の税金還付:2020年8月6日付けStar紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】新型コロナウイルス感染者数の急増を受け、都市封鎖が続出:2020年8月6日付けKathmandu Post紙

    (記事要約)国内の多くの地方都市では、新型コロナウイルス感染者数の急増を受け、封鎖措置を再開し始めた。全国封鎖が7月21日から解除されて以後、感染者は急増を見せている。Dharan、Itahari、DuhabiやInaruwaでは水曜日(8月5日)から少なくとも1週間の都市封鎖を宣言した。Dharan市役所は「この措置に違反した場合、罰金が科せられる。」と述べた。一方、このような封鎖措置では、地元経済への影響が懸念される。Bara郡で軽食屋を営む地元住民は、4か月間にわたる全国封鎖から約2週間前に営業を再開したところだ。彼は「私たちはどうにか全国封鎖を生き延びた。この数週間はあまり販売できなかたが、少なくとも家族を養うのに十分だった。しかし現在ではそれさえできない。」と述べた。日曜日(8月2日)にBara郡開発...【現地報道に見るネパール市場の状況】新型コロナウイルス感染者数の急増を受け、都市封鎖が続出:2020年8月6日付けKathmanduPost紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】カトマンズ盆地では新型コロナウイルス患者により医療施設が逼迫:2020年8月6日付けRepublica紙

    (記事要約)新型コロナウイルス治療に指定されたカトマンズ盆地内の病院は、隔離病棟がすでに患者で埋まったことから、無症状患者を自宅療養に切り替え始めた。最近、新型コロナウイルス感染者数が急増したことを受け、病院関係者は「隔離病棟はすでに満床となっており、新しい患者を受け入れる余地はない。」と述べた。Patan病院では新型コロナウイルス治療に60床を割り当てているが、現在66名の新型コロナウイルス感染者を受け入れている。同病院は「すべての隔離ベッドは新型コロナウイルス患者によって占められた。」と語った。カトマンズ盆地における新型コロナウイルス感染者数は500名に近付いている。政府関係者は「現在カトマンズ盆地で感染者向けベッドを確保することは困難だ。この為、政府は新たに2か所に新しい病棟を設置する予定だ。」と述べた。...【現地報道に見るネパール市場の状況】カトマンズ盆地では新型コロナウイルス患者により医療施設が逼迫:2020年8月6日付けRepublica紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】全ての政府職員に職場復帰の命令: 2020年8月6日付けFinancial Express紙

    (記事要約)バングラデシュ政府は全ての政府職員に職場に復帰するよう命じた。新型コロナウイルスの流行を受け、政府職員の75%は在宅勤務をしていた。内閣府は勤務時間を通常通り午前9:00から午後5:00に戻すよう各省庁に指示した。一方、高齢者や妊娠中の職員は引き続き出勤制限の対象となる。(記事に一言!)今回の記事は、バングラデシュ政府が職員に対し職場に復帰するよう指示したことを伝えています。政府の様々な施策が前に進むことが期待できる一方、更なる感染拡大が懸念されます。(出典)FinancialExpress紙■記事URLhttps://thefinancialexpress.com.bd/national/bangladesh-orders-all-govt-employees-back-to-work-15967...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】全ての政府職員に職場復帰の命令:2020年8月6日付けFinancialExpress紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】バングラデシュにおける新型コロナウイルス感染者数が世界第15位に躍り出る:2020年8月6日付けDaily Star紙

    (記事要約)バングラデシュでは新たに2,977名の新型コロナウイルス感染者が確認され、感染者数は249,651名に達した。感染者数でバングラデシュはイタリアを上回り世界第15位となった。一方、過去24時間で39名が新型コロナウイルス感染により死亡した。これにより死亡者数は3,306人に達した。(記事に一言!)今回の記事は、バングラデシュにおける新型コロナウイルス感染者数が世界第15位となったことを伝えています。感染者数も25万人に迫っており、依然として感染拡大が続いています。(出典)DailyStar紙■記事URLhttps://www.thedailystar.net/coronavirus-deadly-new-threat/news/covid-19-total-cases-almost-25-lakh-...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】バングラデシュにおける新型コロナウイルス感染者数が世界第15位に躍り出る:2020年8月6日付けDailyStar紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】カトマンズ盆地やその他地域で車両の奇偶ルールを再開:2020年8月5日付けKathmandu Post紙

    (記事要約)ネパール政府は新型コロナウイルス感染者の急増を受け、木曜日(8月6日)より再び車両の移動規制を実施することを決定した。新型コロナウイルスの患者数が200名を超えるカトマンズ盆地やその他地域では、奇偶ルールが適用される。また午後9時から午前5時までの車両移動も禁止されている。内務省は「緊急車両を除くすべての車両が従う必要がある。」と述べた。7月21日に4か月間にわたった全国封鎖が解除となって以後、カトマンズ盆地では新型コロナウイルス感染者数が急増している。カトマンズでは現在482名の患者が治療をうけている。内務省は「全国封鎖が解除されたこと受け、車両と経済活動が活発になったことが、主に都市部における感染者数の増加に繋がった。」と述べた。(記事に一言!)今回の記事は、感染者の急増を受け、車両の奇遇ルール...【現地報道に見るネパール市場の状況】カトマンズ盆地やその他地域で車両の奇偶ルールを再開:2020年8月5日付けKathmanduPost紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】いくつかの大都市で新型コロナウイルス感染者が急増: 2020年8月6日付けDaily Star紙

    (記事要約)いくつかの大都市で新型コロナウイルス感染者数が急増している。人口100万人あたりの感染者数が最も高いのがDhakaで14,824名に上る他、2番目はChattogramで1,609名だ。8月4日朝から24時間で新たに2,654名の感染が判明し、感染者数は246,674名に達した。また死亡者数は3,267名である。現在までの感染率は20.35%に上っている。(記事に一言!)今回の記事は、大都市で新型コロナウイルス感染者数が急増していることを伝えています。特に首都Dhakaに感染者が集中しています。(出典)DailyStar紙■記事URLhttps://www.thedailystar.net/frontpage/news/several-cities-large-towns-see-spike-cov...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】いくつかの大都市で新型コロナウイルス感染者が急増:2020年8月6日付けDailyStar紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】Hasina首相が日本による更なる投資を求める:2020年8月6日付けDaily Star紙

    (記事要約)SheikhHasina首相は昨日(8月5日)、日本の安倍晋三首相と電話会談を行った。午後1時5分頃から始まった約25分間の会談の中で、両首脳は、新型コロナウイルスのパンデミック、二国間の経済協力および日本による開発援助プロジェクトにおける諸問題について話し合いを行った。日本は新型コロナウイルス対策として、バングラデシュに対し3億2,900万ドル(350億円相当)の融資を提供することを約束した。Hasina首相は、日本による個人用防護服、マスク、ゴーグルの提供に対し謝意を表明した。また同首相はロヒンギャ難民の現状について言及したのに対し、安倍首相は早期解決に向けミャンマー指導者と話をする意向を示した。Hasina首相は、経済関係の強化に向け日本からの更なる投資を求めた。(記事に一言!)今回の記事は、...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】Hasina首相が日本による更なる投資を求める:2020年8月6日付けDailyStar紙

  • 【現地報道に見るケニア市場の状況】ケニア航空が国際便を再開:2020年8月1日付けStar紙

    (記事要約)ケニア航空は、移動規制の緩和を受けて、土曜日(8月1日)に国際旅客サービスを再開した。再開後の最初の便はロンドンに向けて出発する。同社は「このロンドン便は最も重要で万感の思いがこもった便となる。」と述べた。同社は機内に消毒ステーションを設置し、搭乗員は手洗いが励行される。さらに、航空機には高効率粒子状空気(HEPA)フィルターが装備され、機内の空気をクリーンに保つことが出来る。ケニアの観光産業は、新型コロナウイルスにより、これまでに800億シリング(約800億円)の損失を被った。(記事に一言!)今回の記事は、ケニア航空が国際便を再開することを伝えています。ケニアでは感染者数は急速に増加している一方、経済活動の再開に向けた動きは続いています。(出典)Star紙■記事URLhttps://www.the...【現地報道に見るケニア市場の状況】ケニア航空が国際便を再開:2020年8月1日付けStar紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】新型コロナウイルス感染者数の増加を受け、第2州が禁止措置を強化:2020年8月4日付けKathmandu Post紙

    (記事要約)新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第2州の6つの主要都市で外出禁止令が課された。Parsa郡のBirgunjでは外出禁止令が10日以上続いている他、JaleshworやKalaiyaでも数日前から課されている。またSaptari郡のRajbirajでは外出禁止令が発令されて2週間が経過した。Janakpurでは昨日から5日間の予定で外出禁止令が出された。(記事に一言!)今回の記事は、インド国境付近の多くの都市で外出禁止令が発令されていることを伝えています。ネパールでは全国封鎖が解除されましたが、感染者の急増をうけ、都市単位で封鎖措置が継続しています。(出典)KathmanduPost■記事URLhttps://kathmandupost.com/province-no-2/2020/08/04/p...【現地報道に見るネパール市場の状況】新型コロナウイルス感染者数の増加を受け、第2州が禁止措置を強化:2020年8月4日付けKathmanduPost紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】新型コロナウイルスの感染リスクにもかかわらず、ガイジャトラ祭に大勢の人々が参加:2020年8月4日付けRepublica紙

    (記事要約)新型コロナウイルスの感染拡大にもかかわらず、Bhaktapurで実施されたガイジャトラ祭に多くの人々が繰り出すのが目撃された。地元の自治体は、大勢の人が集まることなく祭りを祝うよう地元住民に呼びかけていたが、数百名がダルバール広場に見られた。ガイジャトラ祭は、古くから伝統があり、この1年間で亡くなった人々を弔う。言い伝えによると、この祭りの名前は、故人が天国に行く途中、牛の尻尾をつかんで川を渡るという信仰に由来しているとのこと。(記事に一言!)今回の記事は、新型コロナウイルスの感染が広がる中、伝統的な祭りに多くの人々が参集したことを伝えています。Bhaktapurには地元のワネール族が多く住んでおり、祭りを大切にする民族として知られています。(出典)Republica■記事URLhttps://my...【現地報道に見るネパール市場の状況】新型コロナウイルスの感染リスクにもかかわらず、ガイジャトラ祭に大勢の人々が参加:2020年8月4日付けRepublica紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】7月の輸出額は前年同月比で0.59%増にとどまる: 2020年8月4日付けFinancial Express紙

    (記事要約)2020年7月単月の輸出額は前年同月比0.59%増の39億1,000万ドル(約4,100億円)に留まった。主要な輸出産品である縫製品は前年同月比で約2.0%減少した。ニット製品の輸出額は同4.3%増の17億5,000万ドルに達した一方、織物製品は同8.43%減少して14億9,000万ドルに留まった。(記事に一言!)今回の記事は、7月の輸出額が前年同月比で微増したことを伝えています。グローバル経済の落ち込みによりバングラデシュの輸出は大きな影響を受けていました。今般の記事から、その影響が和らいできていることが伺えます。(出典)FinancialExpress紙■記事URLhttps://thefinancialexpress.com.bd/trade/july-exports-post-only-05...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】7月の輸出額は前年同月比で0.59%増にとどまる:2020年8月4日付けFinancialExpress紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】清掃会社による消毒サービスが活況:2020年7月31日付けDaily Star紙

    (記事要約)バングラデシュで3月8日に新型コロナウイルス感染者が確認されて以後、清掃会社のHandyMama社は、サービスに消毒と抗ウイルス清掃作業を組み込んだ。感染の急速な拡大を受け、この新しいサービスは最も求められるサービスとなった。同社は世界ブランドの消毒用化学製品を使用し、5つのステップにより構成されたクリーニング作業を行う。作業従事者マスク、ハンドグローブ、防護服を身にまとい、清掃をする施設に入る前に作業者自身を消毒する。同社は現在までにDhakaで数十を超える建物やクリニックを消毒しており、今後5年間で10,000名の雇用を見据えている。塗料メーカーのBergerPaintsBangladesh社は最近、輸入した消毒剤による消毒サービスの提供を開始した。同社の関係者によると、この消毒剤は布地を含むす...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】清掃会社による消毒サービスが活況:2020年7月31日付けDailyStar紙

  • 【現地報道に見るケニア市場の状況】中央銀行は公定歩合を7%で維持:2020年7月29日付けStar紙

    (記事要約)金融政策委員会は、新型コロナウイルスによる経済への影響を踏まえ、公定歩合を7%で維持した。中央銀行総裁は「観光と航空業の弱さを反映して2020年上半期のサービス輸出額は20%下落した。現在の緩和的な金融政策は依然として適切であると考えられることから公定歩合を7%で維持することを決定した」と述べた。2020年の経常収支赤字はGDPの約5.1%まで上昇すると予測される。公定歩合は今年4月に7.25%から引き下げられていた。同総裁は「これまでの政策効果ならびに国内外の経済動向を注意深く監視し、必要に応じて追加措置を講じる用意がある。」と述べた。金融政策委員会は次回9月に召集される予定。(記事に一言!)今回の記事は、中央銀行が公定歩合を7%で維持したことを伝えています。これは新型コロナウイルスによる経済的影...【現地報道に見るケニア市場の状況】中央銀行は公定歩合を7%で維持:2020年7月29日付けStar紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】感染拡大によりBanke郡では外出禁止令が発令:2020年8月3日付けRepublica紙

    (記事要約)日曜日(8月2日)、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Banke郡では外出禁止令が発令された。外出禁止令は3日間を期限としているが、感染状況が悪化した場合はさらに延長する予定。外出禁止令の初日に、NepalgunjやKohalpurなどの主要都市では、商業活動は停止し、車両は道路から姿を消した。一方、多数の警察官が配備された。(記事に一言!)今回の記事はBanke郡で外出禁止令が発令されたことを伝えています。ネパールでは新型コロナウイルスの感染者数が20,000万人を超えました。Banke郡はインド国境に位置しており、引き続きこの地域で感染拡大が続いていることが伺えます。(出典)Republica■記事URLhttps://myrepublica.nagariknetwork.com/news/c...【現地報道に見るネパール市場の状況】感染拡大によりBanke郡では外出禁止令が発令:2020年8月3日付けRepublica紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】ネパールの新型コロナウイルス感染者数は20,000名を超えた:2020年8月1日付けKathmandu Post紙

    (記事要約)土曜日(8月1日)、新たに315名の新型コロナウイルス感染者が確認され、感染者数は20,086名に達した。これまでに14,492名の感染者が回復に成功した一方、56名が死亡した。(記事に一言!)今回の記事は、ネパールにおける新型コロナウイルス感染者数が20,000名を超えたことを伝えています。経済活動を再開させる為に全国封鎖を緩和したことが、感染者数の増加に拍車をかけています。(出典)KathmanduPost■記事URLhttps://kathmandupost.com/health/2020/08/01/with-315-new-cases-nepal-s-covid-19-tally-crosses-20-000-mark【現地報道に見るネパール市場の状況】ネパールの新型コロナウイルス感染者数は20,000名を超えた:2020年8月1日付けKathmanduPost紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】海外送金は過去最高値を記録し、更に伸び続けている: 2020年8月3日付けDaily Star紙

    (記事要約)昨年度(2019/20年度)の海外送金流入額は182億ドル(約1兆9,110億円)に達した後、2020年7月も前年同月比38.5%増の26億ドルを記録した。これは単月の海外送金流入額としては史上最高額だ。また、このような海外送金の力強い流入により、外貨準備高も史上初めて370億ドルを突破した。アジア開発銀行は、今週初めに発表した報告書の中で、バングラデシュの今年度の海外送金流入額は、最悪のシナリオで2018年から27.8%減少すると予想した。このシナリオでは経済活動の再開には1年間かかると想定している。Pubali銀行も「多くの海外出来稼ぎ労働者が帰国した一方、新規の出稼ぎ労働者は派遣されていないので、今後の海外送金流入額の見通しは、それほど楽観的ではない。」と述べた。(記事に一言!)今回の記事は、...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】海外送金は過去最高値を記録し、更に伸び続けている:2020年8月3日付けDailyStar紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】新型コロナウイルスに対する措置を8月31日まで延長:2020年8月3日付けDaily Star紙

    (記事要約)バングラデシュ政府は本日(8月3日)、事実上の全国封鎖を8月31日まで延長することを決定した。市場、店舗、ショッピングモールは午後8時までに閉店する必要がある他、入口で体温チェックや消毒液を設置することが求められる。また社会的距離を確保する必要もある。また緊急性の高い用事(埋葬、医薬品、医療サービス、職場への移動を含む)以外は午後10時から午前5時まで外出禁止となる。全ての人々は、家外ではマスクを着用し、健康ガイドラインに従う必要がある。この期間中、教育機関およびコーチングセンターは閉鎖となり、あらゆる種類の集会、会議は開催することが出来ない。感染が深刻な地域では、保健サービス総局が策定したゾーン規制に従うことが求められる。(記事に一言!)今回の記事は、封鎖措置が8月31日まで延長されたことを伝えて...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】新型コロナウイルスに対する措置を8月31日まで延長:2020年8月3日付けDailyStar紙

  • 【現地報道に見るケニア市場の状況】Safaricom社が1日20シリング(約20円)のスマホ・プランを発表:2020年7月27日付けStar紙

    (記事要約)Safaricom社はGoogle社と提携して、4Gネットワークでさらに100万人の顧客に焦点を当てている。同社は1日当たり20シリング(約20円)の低価格で4G対応スマートフォンを提供する。このプランでは、顧客は1,000シリングのデポジットを支払った後、20シリングを毎日支払うことにより、5,500シリングで販売される4GAndroidであるNeonRayProを取得することが出来る。このプランは、現在2Gを使用している顧客が、高速インターネット接続にアップグレードする需要を取り込むことを意図している。同社は「スピーディーなインターネット接続が生活を変革する。」と述べた。ほとんどの携帯電話ユーザーはまだ4Gを利用していない。30,000人を超えるユーザーのうち、4Gを使用しているのは6,000人...【現地報道に見るケニア市場の状況】Safaricom社が1日20シリング(約20円)のスマホ・プランを発表:2020年7月27日付けStar紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】乗用車は午後7時から午前7時までカトマンズ盆地内への流入禁止:2020年7月30日付けKathmandu Post紙

    (記事要約)内務省は木曜日(7月30日)よりカトマンズ盆地に入る車両を規制することを決定した。これに伴い木曜日から追加の通知があるまで、午後7時から午前7時の間、カトマンズ盆地への車両の進入は許可されない。ただし、この規則は必要不可欠のサービスや商品を運搬する車両には適用されない。カトマンズ盆地への入り口では新型コロナウイルス検査が実施されており、3,473名の検体から24名の陽性反応が確認された。内務省は、関係する郡事務所にカトマンズ盆地へ入る人々の検査を強化するよう指示した。(記事に一言!)今回の記事は、カトマンズ盆地への夜間の車両の出入りが規制されたことを伝えています。これはカトマンズ盆地内で感染者数が増加していることを受けた措置です。全国封鎖が解除になり経済活動が再開されましたが、感染拡大の懸念も高まっ...【現地報道に見るネパール市場の状況】乗用車は午後7時から午前7時までカトマンズ盆地内への流入禁止:2020年7月30日付けKathmanduPost紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】カトマンズ盆地で45名の新型コロナウイルス感染者を確認:2020年7月27日付けRepublica紙

    (記事要約)木曜日(7月30日)、カトマンズ盆地内で新たに45名の新型コロナウイルス感染者が確認された。この内、カトマンズ郡が41名、バクタプル郡とラリトプル郡がそれぞれ2名だった。(記事に一言!)今回の記事は、カトマンズ盆地で新たに45名の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを伝えています。全国封鎖が解除されて以降、経済活動が再開されています。一方、健康ガイドラインが守られていないとの報道もあり、カトマンズを中心に感染の拡大が懸念されています。(出典)Republica■記事URLhttps://myrepublica.nagariknetwork.com/news/kathmandu-valley-records-45-new-cases-of-covid-19-on-thursday/【現地報道に見るネパール市場の状況】カトマンズ盆地で45名の新型コロナウイルス感染者を確認:2020年7月27日付けRepublica紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】オンラインでの買い物が増加したが、苦情も山積している: 2020年7月30日付けFinancial Express紙

    (記事要約)Mirpur在住のEhsanAleemAveeは4月28日に幾つかの製品をオンラインで購入した。一部の製品は段階的に到着したが、残りの製品は3か月が経過した現在でも到着していない。Aveeはeコマース企業のカスタマー・ケア・デスクに苦情を述べ、未配達製品の1,900タカ(約2,400円)の払い戻しを待っている。新型コロナウイルスの流行は顧客の消費行動に大きな変化をもたらした。顧客はオンラインでの買い物を強いられているが、低品質の製品、配達の遅れ、複雑な払い戻し手続きなど苦情が山積している。またAminAlRasheedは電子商取引サイトからテレビを購入したとき「だまされた」と感じた。彼は「オンラインショップDarazでクレジットカードEMIシステムを使用して40インチのLGテレビを購入した。昨夜製品...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】オンラインでの買い物が増加したが、苦情も山積している:2020年7月30日付けFinancialExpress紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】行き詰まったバングラデシュ経済:2020年7月31日付けDaily Star紙

    (記事要約)バングラデシュ経済は一種の行き詰まりの様相を呈している。5月30日に事実上の全国封鎖が一部緩和されて以降、電力やガスの消費量は急激に増加した一方、その他の指標、特に小売業の売上高は完全な回復にほど遠い。ダッカ商工会議所のShamsMahmud会頭は「買い物客もまばらだ。」と述べた。経済と雇用創出に大きな役割を果たしている中小・零細企業は依然として苦境に立たされている。縫製産業の業界団体は「3月から5月頃に比べれば経済活動は回復の兆しを示している。輸出は好転し始めており、7月には更なる回復が見られる可能性がある。」と語った。一方、民間のシンクタンクは「縫製産業の動向は注意深く観察する必要がある。」と指摘した。電力とガスの使用量は、殆どの産業で昨年を下回ったままだ。(記事に一言!)今回の記事は、バングラ...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】行き詰まったバングラデシュ経済:2020年7月31日付けDailyStar紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】輸入総額は減少しているが農産の輸入は拡大を続けている:2020年7月28日付けKathmandu Post紙

    (記事要約)2019/20年度(2019年7月中旬から2020年7月中旬)の農産物輸入額は、史上最高の2,500億ルピー(約2,500億円)に達した。一方、輸入総額は前年度比15.63%減少して1兆1,900億ルピーに留まった。この為、輸入総額に占める農産物の割合は21%に膨らんだ。また2009/10年度の農産物輸入額は444億ルピーだったことから、過去10年間で約6倍に増加した格好。政府当局によると農産物輸入のかなりの部分は、南アジア自由貿易地域(SAFTA)を利用して輸入されるパーム油によって占められている。SAFTA協定を利用しネパールの貿易業は、パーム油を最低関税で輸入し、その後、完成品をゼロ関税でインドに輸出している。一方、業界関係者は「ネパールは農産物の生産コストが高いため、インドから購入するほうが...【現地報道に見るネパール市場の状況】輸入総額は減少しているが農産の輸入は拡大を続けている:2020年7月28日付けKathmanduPost紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】感染が増大する中、Biratnagarでは封鎖措置を実施:2020年7月27日付けKathmandu Post紙

    (記事要約)Biratnagar市は月曜日(7月27日)から必要不可欠な分野を除くすべてのサービスを閉鎖することを決定した。この決定は、新型コロナウイルスの流行地域への渡航歴のない14名が、過去数日間に新型コロナウイルスの感染が確認されたこと受けて行われた。市役所の保健部門は「地域におけるウイルス蔓延を抑制するために厳格な措置をとることを決定した。」と語った。Biratnagar市当局はまた「州政府に対し検査範囲を広げるよう要請した。以前は1日当たり50個の検体を収集していたが、現在は少なくとも150〜200名の検体を収集することを目指している」と語った。(記事に一言!)今回の記事は、Biratnagar市が封鎖措置を実施したことを伝えています。ネパールでは先日、全国封鎖が解除されたばかりです。一方、Birat...【現地報道に見るネパール市場の状況】感染が増大する中、Biratnagarでは封鎖措置を実施:2020年7月27日付けKathmanduPost紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】外国準備高が初めて370億ドル(約3兆8,850億円)を超える: 2020年7月28日付けFinancial Express紙

    (記事要約)外貨準備高は、新型コロナウイルスの危機の中、371億ドル(約3兆8,850億円)という新記録に達した。海外送金の流入が外貨準高を押し上げるのに重要な役割を果たした。バングラデシュは2020年7月の27日間で約22億4,200万ドルの海外送金を受け取っており、これは単月の海外送金額では過去最高額である。(記事に一言!)今回の記事は、外貨準備高が過去最高を更新したことを伝えています。外貨準備高は、輸入代金の支払いや外国借入の返済に使われる為、重要なマクロ経済指標の一つです。高水準の外貨準備高はバングラデシュ経済が安定していることを意味しています。(出典)FinancialExpress紙■記事URLhttps://thefinancialexpress.com.bd/economy/bangladesh...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】外国準備高が初めて370億ドル(約3兆8,850億円)を超える:2020年7月28日付けFinancialExpress紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】新型コロナウイルスによる死亡者が3,000名を超える:2020年7月29日付けDaily Star紙

    (記事要約)昨日(7月28日)、新型コロナウイルスにより新たに35名が死亡し、死亡者数は3,000人を超えた。また新規に2,960名の感染者が確認され、感染者数は226,225名に達した。最初の感染者が確認されて以降、現在までの20週間で、死亡者の内、50歳以上は2,243名だった。現在、死亡率は感染者数の1.31%だ。(記事に一言!)今回の記事は、新型コロナウイルスによる死亡者数が3,000名を超えたことを伝えています。高齢者を中心に死亡者数が増加を続けています。(出典)DailyStar紙■記事URLhttps://www.thedailystar.net/frontpage/news/3000-dead-and-counting-1937889【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】新型コロナウイルスによる死亡者が3,000名を超える:2020年7月29日付けDailyStar紙

  • 【現地報道に見るケニア市場の状況】Kenyatta大統領が新型コロナウイルスに関し10回目の国民向け演説を実施:2020年7月27日付けDaily Nation紙

    (記事要約)Kenyatta大統領が新型コロナウイルスに関する10回目の国民向け演説を実施した。この演説の要旨は次の通り。(前回の演説から)過去21日間で新型コロナウイルスの感染は急増しており、44郡で感染が確認されている。現在、全国で17,603名の感染が判明し、若年層から高齢者に感染が拡大することを最も懸念している。封鎖措置の解除を拡大解釈し、保健当局が策定した健康ガイダンスに従わない人々が存在する。彼らの無謀な行動は、周囲の人々、そして国全体を危険にさらしている。本日以下を含む措置を発表する。1、夜間外出禁止令をえさらに30日延長する。2、全国の飲食店やレストランでは今日から30日間、アルコール類および飲料水の販売を禁止する。3、レストランの閉店時間は、今後30日間(現在の)午後8時から午後7時に変更する...【現地報道に見るケニア市場の状況】Kenyatta大統領が新型コロナウイルスに関し10回目の国民向け演説を実施:2020年7月27日付けDailyNation紙

  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】Bhatbhateniスーパーマーケットが期限切れ飲料水を販売したことで30万ルピー(約30万円)の罰金:2020年7月25日付けKathmandu Post紙

    (記事要約)金曜日(7月24日)、BhatBhateniスーパーマーケットは、消費者保護規制に違反したとして、消費者保護局から30万ルピー(約30万円)の罰金を科された。同スーパーでは有効期限を過ぎた飲料水を販売していた。同局は「不正な商業活動を行ったため2018年の消費者保護法に従って罰金を科した。」と述べた。また7月16日以降、15の飲料水工場が検査され、この中で、4つの工場が消費者保護規制の違反により罰金が科された。VibhutiWaterBeverage社では、請求書を発行せずに水を販売したとして20万ルピーの罰金が科された。ネパール国内には約550の飲料水工場があり、この内150の工場はカトマンズ盆地に拠点を置いている。業界関係者は「飲料水工場は品質を改善し、これまでよりもはるかに規制を順守している。...【現地報道に見るネパール市場の状況】Bhatbhateniスーパーマーケットが期限切れ飲料水を販売したことで30万ルピー(約30万円)の罰金:2020年7月25日付けKathmanduPost紙

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】新型コロナウイルスの検査数が継続的に減少:2020年7月27日付けDaily Star紙

    (記事要約)過去3週間にわたって日々の新型コロナウイルスの検査数は減少を続けている。最近では1日当たりの平均検査数は約13,000にまで減少した。6月15日から30日間、連日15,000件以上の検体が検査されたが、7月20日には14,031件の検体が検査された。保健サービス総局は、検査数の減少について、公立の検査施設による検査料の徴収、回復者の検査対象からの除外、感染率の低下、洪水の影響などを指摘した。7月2日、政府は検査を有料にする決定を下したことにより、翌日の検査数は約4,000件減少した。一方、専門家は異なる見解を示している。彼らは、検査結果を受け取るまでに時間がかかること、検査結果の正確性に対する不信感が高まっていること、偽造証明書の発行が横行していることが、検査数の減少の背景と指摘した。専門家は新型コ...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】新型コロナウイルスの検査数が継続的に減少:2020年7月27日付けDailyStar紙

カテゴリー一覧
商用