searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ハゲ太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

AGAの治療は各種外用薬や内服薬の使用を基本とし、自家植毛や医薬部外品などの使用も検討されることがあります。AGAで使用されている治療薬の成分はフィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルの3種類あります。

ブログタイトル
ハゲ治療AGA
ブログURL
https://participantlink.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療
更新頻度(1年)

94回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2019/04/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ハゲ太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ハゲ太郎さん
ブログタイトル
ハゲ治療AGA
更新頻度
94回 / 365日(平均1.8回/週)
読者になる
ハゲ治療AGA

ハゲ太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • プロペシアとミノキシジルタブレットの併用効果

    AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシアは、発毛効果はそれほど期待できません。なぜなら、プロペシアはあくまでも薄毛を食い止める治療薬になるからです。そのため、劇的に髪の毛…

  • AGA治療で効果抜群なディタステリド

    日本人男性の薄毛の原因と言えば「AGA(男性型脱毛症)」がほとんどで、その治療薬で有名なのが「プロペシア=フィナステリド」になります。プロペシアの有効成分である「フィナステリド」がAGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制し、薄毛を改善へと導いてくれます。しかし、中にはプロペシア(フィナステリド)が効かない人も存在し、その様な方のために開発されたのが「デュタステリド」になります。そこで今回は、デュタステリドの効果と副作用について見ていきます。 デュタステリドとは? デュタステリドが誕生した経緯について デュタステリドが国内で正式に認可された日 デュタステリドのAGA改善…

  • ハゲの救世主オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレット

    ハゲの見方オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレットについて解説していきます。 オオサカ堂でミノタブを買うと1ヶ月700円と激安です。 AGAクリニックでミノタブを処方してもらうと1ヶ月1万円以上かかってしまします。 つまり、オオサカ堂はAGAクリニックより1ヶ月9,300円安く買えます。1年間だと11万円安くなります。 oneclck.net ミノキシジルタブレット通販 ミノキシジルタブレットはAmazonで購入不可 ミノキシジルタブレットは個人輸入で激安購入 ミノキシジルタブレット偽物 ミノキシジルタブレットの口コミ ミノキシジルタブレットとは ミノキシジルタブレットの成分 ミノキシジルタブレ…

  • 育毛剤と発毛剤のAGA効果の比較

    AGAに育毛剤の効果は薄いが、試してみる価値はあります。発毛剤に関しては効果が見込めるが、副作用に注意してください。というのが結論です。 AGAというものを誤解している方が多く、実際AGAだと思っていたけど違うという方も多くいます。そのような方であれば、育毛剤で十分です。自分の髪がAGAかどうかは、検査をすることでわかります。 クリニックに行けば、遺伝子を調べてもらい、検査を受けることができます。自宅でも、検査キットを購入して、郵送すれば1か月ほどで検査結果がわかります。育毛剤や発毛剤のどちらを使おうと迷っている方は、まずは検査することをおすすめします。 AGAとは AGAとは、Androge…

  • 発毛剤のフィナステリドは3年の服用で78%の人に効果あり

    フィナステリドは3年の服用で78%の人に効果を発揮してます。 フィナステリドとは、AGA(男性型脱毛症)に有効な治療薬として、日本を始め米国食品医薬局(FDA)の認可を受けている、世界60ヶ国以上で売られている「最強の発毛剤」のことです。 国内の臨床試験で、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%もの対象者が髪が増えたと実感しているという研究結果が出ています。 日本では2005年にプロペシアという名称で販売が開始されました。 世界中で使用されているのがプロペシアです。 プロペシア 世界60か国以上で承認 A評価成分 前頭部と側頭部に効果的 78%の効果 フィナステリドの副作用 …

  • ハゲが治る発毛剤のザガーロとプロペシアはどう違うの?

    プロペシアと同様にAGA(男性型脱毛症)治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。 ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気であるBPH(前立腺肥大症)の治療薬としても効果を発揮する薬です。 BPH(前立腺肥大症)の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。 AGA(男性型脱毛症)治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)としてBPH(前立腺肥大症)の治療用に研究・開発されていました。 日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。 5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテスト…

  • 髪の毛が薄くなる食べ物ワースト10

    髪の毛が薄くなる食べ物があります。今回は、髪の毛や頭皮に悪い影響を与えてしまう食べ物を見ていきます。下記がハゲる食べ物ワースト10 になります。 1位 ラーメン 2位 スナック菓子 3位 コンビニの食品 4位 ファーストフード 5位 インスタント食品 6位 お酒 7位 肉の脂身 8位 コーラ 9位 甘い食べ物 10位 コーヒー 髪に良い食べ物 1位 ラーメン 大量の脂肪分が1番の原因です。脂質だけでなく塩分やカロリーも非常に高い食べ物になります。血行を鈍らせ皮脂を過剰分泌させるラーメンはハゲる食べ物ナンバー1です。 2位 スナック菓子 塩分の高い食べ物は、血中塩分濃度を下げるために心臓へ負担が…

  • 生え際の発毛させる発毛剤はミノタブが効果的

    自分の顔は毎日鏡で見ているので、ちょっとした変化には気づきづらいです。 生え際の後退にはできるだけ早い対処が重要ですので、生え際の変化にいち早く気づくことが必要なのです。 頭皮からのSOS!生え際後退のサイン ・髪を洗うときの抜け毛が増える ・前髪から見えるおでこの面積が広くなった ・髪のボリュームがなくなり、髪が細くなってきた ・生え際の産毛が増えた 生え際の後退は、髪が完全に育たなかったり、髪が弱くなったりしてしまうことによって起こります。 ヤバい生え際のサインに気がつかず、他人の視線で気がつくようではもはや手遅れになります。 何だか前髪に元気がないと感じたり、前髪が少ないと感じたときは、…

  • ザガーロのジェネリックであるアボダートで薄毛治療する方法

    ザガーロのジェネリックであるアボダートで薄毛治療する方法について見ていきます。 アボダートの効果 アボダートの成分 アボダートとプロペシアとの違い アボダートの歴史 アボダートの期待される発毛の変化 アボダートの効果 アボダートの有効成分デュタステリドが生え際や前頭部頭頂部の抜け毛を予防し手、薄毛の進行を食い止めてくれます。アボダートは「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素(リダクターゼ)を阻害することができるため、「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害するプロペシア(フィナステリド)以上の脱毛抑制・発毛効果があると期待されています。 男性型脱毛症(AGA)は、思春期以降に発症し徐々に進行する男性に多く見ら…

  • AGAクリニックの費用は治療内容で変わる

    薄毛が病院の治療で治ると知って、通院してみようと思っているけど、実際に必要な料金や期間が分からず、一歩踏み出せない男性って意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、AGAの治療法ごとの費用、薬価格や施術料金を徹底解説!さらにAGAを治療してくれるおすすめ専門クリニックもご紹介するので、最後まで要チェックです。 AGAの費用は治療内容で変わる AGAクリニックでできる治療方法とその費用1. 投薬治療(内服薬) 投薬治療の期間は「4ヶ月〜1年」が一般的 AGAクリニックでできる治療方法とその費用2. 頭皮への塗布治療(外用薬) AGAクリニックでできる治療方法とその費用3. 注入治療 AGAク…

  • ミノキシジルタブレットの効果と期間

    ミノキシジルタブレットの効果を実感できるまでには最低4~6ヶ月ほどかかるといわれています。 早い方では2~3ヶ月で効果を実感する方もいますが、 髪の毛にはヘアサイクルがあるため最低でも半年間は服用するよう推奨されています。 ミノキシジルタブレットとは ミノキシジルタブレットの服用方法 ミノキシジルタブレットの効果 ミノキシジルタブレットと生え際・頭頂部・前頭部 プロペシア、ザガーロとミノキシジルの併用 ミノキシジルタブレットの副作用 ミノキシジルタブレット服用の注意点 ミノキシジルタブレットの初期脱毛 ミノキシジルタブレットの個人輸入 ミノキシジルタブレットとは ミノキシジルは高い発毛効果を有…

  • ハゲの見方オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレット

    ハゲの見方オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレットについて解説していきます。 オオサカ堂でミノタブを買うと1ヶ月700円と激安です。 AGAクリニックでミノタブを処方してもらうと1ヶ月1万円以上かかってしまします。 つまり、オオサカ堂はAGAクリニックより1ヶ月9,300円安く買えます。1年間だと11万円安くなります。 oneclck.net ミノキシジルタブレット通販 ミノキシジルタブレットはAmazonで購入不可 ミノキシジルタブレットは個人輸入で激安購入 ミノキシジルタブレット偽物 ミノキシジルタブレットの口コミ ミノキシジルタブレットとは ミノキシジルタブレットの成分 ミノキシジルタブレ…

  • ミノキシジル5%で効果がない場合は16%まで上げてみよう

    ミノキシジル16%のフォリックスFR16を使用した半年後のレポートをします。 oneclck.net 学生時代、ハゲだけは絶対になりたくないと思っていました。しかし、その強い意志も、遺伝と加齢にあっけなく負けました。髪は徐々に抜け落ち、頭頂部は地肌が露出してきました。いわゆるフランシスコ・ザビエルタイプであり、カッパ頭です。かっこいいハゲ方ではありません。ちょうど芸人のフットボールアワー岩尾のような感じです。岩尾はハゲで笑いを取れますが、私はそんな笑いを取りたくありません。 相方後藤の「ハゲとるやないか!」という突っ込みに心を痛くしていました。 この状況から抜け出したいと常々思っていました。し…

  • AGA治療の初期脱毛の期間

    AGAの治療薬には、プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)とミノキシジルがあります。 どれも初期脱毛の症状が起こり得ます。 しかし、初期脱毛が発生するのには、きちんとした理由が存在するのです。発毛剤を使い始めてしばらくすると、髪が抜ける症状が出てきます。 初期脱毛 洗髪の際は優しく 最低でも4カ月以上発毛剤を使い続ける 睡眠をしっかりとる 初期脱毛 どうして初期脱毛が起こるのかというと、発毛剤の使い始めに起こる初期脱毛は、使用開始後の約1~2週間に発生して一か月前後ほど続くことが多いです。 特に、髪を洗った後は排水口に抜けた髪が詰まるほど、大量の抜け毛が起こります。 髪にはそ…

  • 生活習慣を改善してハゲを克服

    発毛の力が弱ってしまってからの回復は焦らず時間をかけてやっていく気持ちが大事になります。 生活習慣からの脱毛・抜け毛、発毛への悪影響からの回復には生活習慣の改善を大きく見直すなど基本的に時間がかかります。 そして、個人差がありますので焦って間違った方法で発毛対策などやってしまうと、むしろ逆効果、さらに状態が悪化する恐れもあるのです。 生活習慣の改善 食生活 睡眠 ストレス 頭皮改善 発毛を促す 生活習慣の改善 生活習慣の影響はかなり大きいものがあります。 まずは、自身の生活習慣に悪影響を与えているようなことが無いか確認をして、食事・睡眠で不規則な生活をされているようでしたら、見なおすことが大切…

  • 日本ではAGAの悩みを持つ男性が1260万人

    AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略語で男性型脱毛症のことです。 AGAはここ最近はテレビCMなどから一般の方にも広く知れ渡りました。 AGAは成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。男性ホルモンの影響や遺伝などを主な原因として、生え際(M字部分)や頭頂部の髪がどんどん薄くなっていきます。 AGAは生え際から後退したり、頭頂部から薄くなり始めたり、その両方であったりと様々な進行のパターンがあるというのが特徴です。 現在、日本ではAGAの悩みを持つ男性が1260万人もいるといわれており、その数がどんどん増えていっている状態です。 AGAの大きな原因は、テストステ…

  • ミノキシジル5%の最安値ロゲインのジェネリックであるカークランド

    カークランドは、ロゲインのジェネリックでミノキシジル最安値の商品です。ロゲインと同成分で、ミノキシジル5%を含有してます。ミノキシジルは日本で有名な商品ではリアップという商品に含まれてます。ロゲイン5%はそれ以前から米国などで販売されてきていて、抜け毛に育毛効果の実績のある商品になります。 ジェネリック医薬品とは、厚生労働省が先発医薬品と同等と認めた医薬品で、先発医薬品の特許満了後に、有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として新たに申請され、製造・販売される安価な医薬品になります。つまり特許切れの製品と同じものをを他社が安価に製造販売できるというものになります。 カークランド製…

  • 頭がハゲる理由

    今や成人男性の3人に1人が薄毛に悩んでおります。いわゆるハゲです。今回は、ハゲやすい人の特徴やその対策についてご紹介していきます。 遺伝 神経質な性格 睡眠不足 過度の飲酒や喫煙 脂っこい食べ物が好き ヒゲ・体毛が濃い 髪を洗いすぎる・あまり洗わない 生活習慣の見直し 頭皮環境の見直し ストレスの緩和 パーマ・ヘアカラー 帽子・ヘルメットを被る スマホ・パソコンのやり過ぎ 遺伝 薄毛の遺伝子、アンドロゲンレセプターはX染色体にあります。 男性のX染色体は母親から受け継でいるため、薄毛の遺伝子は母方からということが言えます。ただ、当然ですが母親は女性であるために薄毛であるかどうかの判別がしにくい…

  • ザガーロのジェネリックの海外版アボダート

    アボダートとは、ザガーロと同じくデュタステリドを主成分としている医薬品で製造販売元もザガーロと同じく英国に本社を置くグラクソ・スミスクライン|GSK(GlaxoSmithKline plc)です。世界102カ国以上で前立腺肥大症(BPH)の治療薬として承認を受けていますが唯一、韓国でのみAGA治療薬としても承認されています。 デュタステリド アボダートの製品 国内でのアボダート入手の方法 アボダードを販売しているオオサカ堂 アボダート服用方法 デュタステリド デュタステリドの含有量が0.5mgでGSKが製造したものであれば商品名が違うだけでアボダートとザガーロは中身は全く同じ薬ではあります。よ…

  • ザガーロのジェネリック

    ザガーロのジェネリック医薬品とは、「ザガーロ」と同じ有効成分「デュタステリド」が配合され、厚労省に「ザガーロ」と同等の効果の薬であると認められた医薬品のことを言います。「デュタステリド」が "AGA治療に有効である" という物質・用途特許の満了を迎え、開発した製薬会社が独占的に販売する期間を過ぎた後、厚労省にジェネリック医薬品として認可されると販売開始されるようになります。ザガーロの特許権は発売元であるグラクソ・スミスクライン社(GSK)が所有しており、現在は特許が有効なため、国内の正規ザガーロジェネリック医薬品は発売されておりません。ザガーロのジェネリック医薬品とは、「ザガーロ」と同じ有効成…

  • 発毛効果のあるミノタブとは

    ミノキシジルは高い発毛効果を有しておりミノキシジルタブレット(ミノタブ)はミノキシジルの内服薬です。ミノキシジルはロゲインなど外用剤、内服薬、注射があります。元々ミノキシジルは高血圧の処方薬として現在のファイザー社により開発された成分ですが治療中の患者に多毛症が認められたことから、医療用の発毛剤として改めて開発されました。日本ではミノキシジルを高血圧に処方することはありません。ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)を比較するとAGAの原因物質である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制するプロペシア、ザガーロと作用機序が違い、ミノキシジルは主に血…

  • プロペシアとミノキシジルの併用で髪が生える

    プロペシアとミノキシジルは、薄毛の治療薬としては一緒ですが成分が違うため、治療の効果は全く異なります。 ミノキシジルは、毛細血管の血流を促進し、毛母細胞を活性化させる効果があります。 むしろ、プロペシアとミノキシジルの併用治療は、積極的な発毛を目的にしたAGA治療では、スタンダードな選択肢になりつつあります。 プロペシアとミノキシジルを併用することで薄毛の進行を止めると同時に毛髪の増加が期待できるのです。 併用して、さらに発毛効果を実感しましょう。 また、併用することで副作用が強くなることはありませんので安心してください。 プロペシアに期待できる効果 ミノキシジルに期待できる効果 プロペシアの…

  • フィナステリドより発毛が期待できるデュタステリドの効果がでるまでの期間

    デュタステリドとは、AGAに効果があるとされる有効成分の一つになります。 デュタステリドを主成分として作られたAGAの治療薬のザガーロは、イギリスに本社を置く製薬会社グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)で開発されました。 日本でも2015年9月に厚生労働省から認可され、2016年6月から販売が開始されています。 デュタステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。 5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害する作用があることから、5α還元酵素阻害剤とも呼ばれることもあります。 デュタステリドはⅠ型及びⅡ型の5α還元酵素リダクターゼを阻害することができるため、Ⅱ型の5α還元酵…

  • ミノキシジルとフィナステリドの最安値AGA治療

    フィナステリドとミノキシジルは、ともに日本皮膚科学会が発表した薄毛治療のガイドラインで、クラスAの評価です。それぞれ単体として使用しても治療に用いられますが、2種類を併用して治療を行うこともあります。 フィナステリドは、酵素である5α-リダクターゼが男性ホルモンのテストステロンに働きかけ、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまうのを防ぐ効果があります。 DHTはAGAにおける抜け毛の原因のひとつであるため、DHTの生成そのものを阻害することにより、抜け毛の原因に働きかけます。フィナステリドは日本国内ではプロペシアの名で製造・販売されています。 ミノキシジルは、血流を増やす作用があります…

  • 発毛に効くミノキシジル内服薬のミノキシジルタブレットの効果と副作用

    薄毛やハゲに悩む人が多く利用している育毛剤には、様々な種類があります。 成分や特徴も様々な育毛剤ですが、その中でも特に効果が高いとされ注目されているのがミノキシジル内服薬のミノキシジルタブレットになります。 このタブレットは愛用者の間ではミノタブと略され、ミノタブは効果が高いと繰り返し使用するリピーターがとても多いです。 ミノキシジルタブレットは、ミノタブと検索すればインターネットで簡単に買うことができるので便利です。 oneclck.net 高額な育毛サロンに比べるととてもお手ごろな価格で、しかも高い効果を得ることができるのですから試してみる価値はあります。 タブレットタイプであるミノタブは…

  • 発毛剤ミノキシジルで髪を生やす

    AGA治療薬に使われるミノキシジルですが、髪の毛を生やす効果があるとは聞くものの、 どれだけ毛が生えるのかについて解説していきます。 AGA対策のミノキシジル ミノキシジルの効果 ミノキシジルの種類 ミノキシジルの副作用 ミノキシジルの入手方法 AGA対策のミノキシジル ミノキシジルは、もともとは血圧降下剤として高血圧患者に処方されていた経口薬でした。血管拡張剤の一種で、体内の血管を拡張し、血流を促進してくれる薬です。 投薬された患者の多くに多毛症が見られたことから、後に正式に育毛成分として研究が行われ、1980年代、米国「アップジョン社(現ファイザー社)」から発毛用の外用薬「ロゲイン」の販売…

  • 髪を増やす方法 (発毛 育毛 植毛 増毛)

    日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています。 背景には、ホルモンの影響、遺伝的要素、食生活、ストレスなどの理由が考えられています。 薄毛とは、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態です。 本数は変わらないまま毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。髪の本数を平均約10万本として計算すると、1日に50本から100本は自然に脱毛していると考えられますが、150本以上の状態が続くようなら、病的な抜け毛(異常脱毛)といえるでしょう。 薄毛の原因としては、以下の4つの説があると一般的に言われています。 1. 血液循環不良説髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄…

  • プロペシアとミノキシジルの併用効果

    現在、発毛に有効性が認められている薬は、ふたつあります。 ご存じの人も多いかもしれませんが、プロペシアとミノキシジルです。 プロペシアは抜け毛にブレーキをかける薬、ミノキシジルのほうは発毛を促進する薬という役割分担になります。 プロペシアは飲む薬だけですが、ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがあります。 こういう実際に効く薬を処方できるところが、サロンにはないクリニックの強みと言っていいでしょう。 プロペシアのほうから説明すると、その有効成分はフィナステリド。 では、「その成分、そもそも何なの?」というと、男性ホルモンを抑える薬です。中年を過ぎた男性には、よく前立腺肥大という病気が起こりま…

  • AGA治療薬の効果と副作用

    日本人男性の多くが悩むAGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症であり、自然治癒することはありませんが、AGA治療薬を利用することで数か月で薄毛を改善することができます。 AGA治療薬は「守り」「攻め」2タイプ フィナステリド製剤・作用 フィナステリド製剤・特徴 フィナステリド製剤・用法 デュタステリド製剤・作用 デュタステリド製剤・特徴 デュタステリド製剤・用法 デュタステリド製剤・副作用 ミノキシジル製剤・作用 ミノキシジル製剤・特徴 ミノキシジル製剤・用法 ミノキシジル製剤・副作用 AGA治療薬は「守り」「攻め」2タイプ 抜け毛を止める作用を持つフィナステリド製剤とデュタステリド製剤、発毛を…

  • 育毛剤と発毛剤の違い

    一般的な薬局で誰でも購入することのできる発毛効果のあるトニックやシャンプーなどは、「発毛剤」ではなく、「育毛剤」と表記されていることがほとんどです。 これには理由があり、発毛剤と表記するには、発毛成分が確認されている「ミノキシジル」や「フィナステリド」といった成分が含まれている必要があります。 これらは医薬品として認可されている成分で、これらが含まれているものは医薬品となり、発毛剤と表現することがほとんどです。 それ以外の成分で作られているものは、育毛剤という表記に留まることが多くなります。 正確には厳密にそのような区別がある訳ではありませんが、医薬品である発毛剤の方がより効果が高いと考えて間…

カテゴリー一覧
商用