searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ハゲ太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

AGAの治療は各種外用薬や内服薬の使用を基本とし、自家植毛や医薬部外品などの使用も検討されることがあります。AGAで使用されている治療薬の成分はフィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルの3種類あります。

ブログタイトル
ハゲ治療AGA
ブログURL
https://participantlink.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/04/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ハゲ太郎さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ハゲ太郎さん
ブログタイトル
ハゲ治療AGA
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
ハゲ治療AGA

ハゲ太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • AGA対策のミノキシジルの効果

    AGA治療薬に使われるミノキシジルですが、髪の毛を生やす効果があるとは聞くものの、 どれだけ毛が生えるのかについて解説していきます。 AGA対策のミノキシジル ミノキシジルの効果 ミノキシジルの種類 ミノキシジルの副作用 ミノキシジルの入手方法 AGA対策のミノキシジル ミノキシジルは、もともとは血圧降下剤として高血圧患者に処方されていた経口薬でした。血管拡張剤の一種で、体内の血管を拡張し、血流を促進してくれる薬です。 投薬された患者の多くに多毛症が見られたことから、後に正式に育毛成分として研究が行われ、1980年代、米国「アップジョン社(現ファイザー社)」から発毛用の外用薬「ロゲイン」の販売…

  • プロペシアとミノキシジルタブレットの併用効果

    AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシア(フィナステリド)単品だけでの発毛効果はそれほど期待できません。なぜなら、プロペシアは(フィナステリド)あくまでも薄毛を食い止める…

  • ハゲの救世主オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレット

    ハゲの見方オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレットについて解説していきます。 オオサカ堂でミノタブを買うと1ヶ月700円と激安です。 AGAクリニックでミノタブを処方してもらうと1ヶ月1万円以上かかってしまします。 つまり、オオサカ堂はAGAクリニックより1ヶ月9,300円安く買えます。1年間だと11万円安くなります。 oneclck.net ミノキシジルタブレット通販 ミノキシジルタブレットはAmazonで購入不可 ミノキシジルタブレットは個人輸入で激安購入 ミノキシジルタブレット偽物 ミノキシジルタブレットの口コミ ミノキシジルタブレットとは ミノキシジルタブレットの成分 ミノキシジルタブレ…

  • 攻めのミノキシジルと守りのプロペシアで相乗効果

    AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシアは、発毛効果はそれほど期待できません。なぜなら、プロペシアはあくまでも薄毛を食い止める治療薬になるからです。そのため、劇的に髪の毛…

  • プロペシアとミノキシジルの併用効果

    現在、発毛に有効性が認められている発毛剤は、2つあります。 ご存じの人も多いかもしれませんが、プロペシアとミノキシジルです。 プロペシアは抜け毛にブレーキをかける薬、ミノキシジルのほうは発毛を促進する薬という役割分担になります。 プロペシアは飲む薬だけですが、ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがあります。 こういう実際に効く薬を処方できるところが、サロンにはないクリニックの強みと言っていいでしょう。 プロペシアのほうから説明すると、その有効成分はフィナステリド。 では、「その成分、そもそも何なの?」というと、男性ホルモンを抑える薬です。中年を過ぎた男性には、よく前立腺肥大という病気が起こり…

  • 発毛剤のザガーロとプロペシアのどう違い

    プロペシアと同様にAGA(男性型脱毛症)治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。 ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気であるBPH(前立腺肥大症)の治療薬としても効果を発揮する薬です。 BPH(前立腺肥大症)の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。 AGA(男性型脱毛症)治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)としてBPH(前立腺肥大症)の治療用に研究・開発されていました。 日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。 5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテスト…

  •  プロペシアの効果が出るまでの期間

    プロペシアとは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。 日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年10月11日に製造販売承認を取得し2005年12月14日より国内にて「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1mg」の2種類が発売開始されておりますが、ED治療薬と同様に薬価の無い薬価基準未収載薬であるため、どこの医療機関に行っても健康保険適用外となり治療費は全額自費と…

  • ミノキシジルの効果が出る期間

    ミノキシジルの魅力は、発毛と脱毛の予防を同時に行ってくれる点です。基本的には発毛や育毛に関する対策は脱毛作用と別々に分けて考えなければいけません。発毛や育毛を促す薬と、脱毛作用を抑える薬を併用して頭皮の状況を改善していくことが普通だからになります。一方で、ミノキシジルに関しては一つの成分で二つの作用を同時に発揮してくれるため、面倒な対策を行わなくてもいいのです。ミノキシジルは、既に世界各国の約90以上もの国で認められている効果の高い成分になります。誤解をしてはならないのは、ミノキシジルは製品の名前ではなく成分の名前であるということです。この成分が含まれている医薬品を利用すれば、頭皮に対する発毛…

  • ミノキシジルとダーマローラーで行う育毛メソセラピー

    脱毛の原因は、性ホルモンの影響やストレス、栄養不足と様々ですが、いずれも成長因子が不足し、毛髪の成長シグナルが止まってしまい、ヘアサイクルが正常に稼動していない状況です。 この原因を食い止めるためには、薄毛の原因となる「発毛成長因子」を補完し、止まってしまった成長シグナルを正常に戻すことが必要です。 育毛メソセラピーの手順 ダーマローラー AGA治療とは 遺伝 現代病(ストレス・生活習慣・栄養不足など) AGAの対策 フィナステリド フィナステリドの効果 フィナステリドの副作用 初期脱毛について 育毛メソセラピーの手順 ・発毛成長因子の有効成分が浸透しやすいように頭皮に穴をあける 頭皮内へ直接…

  • 攻めのミノキシジルと守りのフィナステリドの併用効果

    薄毛は人によって頭頂部であったり、生え際であったりと場所が全然変わってきますが、ミノキシジルとフィナステリドを併用することでその多数の薄毛タイプをカバーすることができます。 例えば、頭頂部の薄毛。これは血管の詰まりによる血流不足が原因のことが多いと言われていますが、頭頂部は最も血管が集まる場所です。 そんな時はミノキシジルが効果的です。血管を拡張することで、血流不足を改善することができるからです。元々血管が多い場所ですから、その作用が一番期待できます。 では、前頭部の薄毛はどうなのかというと、これは原因がわかりにくいんです。 血流不足になりがちな場所ではあるのですが、DHTも発生しやすい場所な…

  • 毛生え薬のミノキシジルを処方箋なしで個人輸入する方法

    ミノキシジルの個人輸入は、厚生労働省のルールを守って行わなければなりません。 そのルールの1つが、一度に輸入する量の上限です。 本来なら、外用剤や処方せん薬という分類により、輸入の上限が決まります。 しかし、ミノキシジルには、成分自体に特別な決まりがあるのです。 以下、引用文より詳しく解説します。 ミノキシジルの含有量が5%を超えるもの(劇薬)は用法・用量からみて1か 月分以内、また、含有量が5%以下のものは用法・用量からみて2か月分以内であれば、税関限りの確認で通関可能です。この範囲を超える場合は、薬監証明の取得が必要です。出典:医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)について ミノキシジル外用…

  • プロペシアとザガーロの効果の比較

    プロペシアと同様にAGA治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気である前立腺肥大症の治療薬としても効果を発揮する薬です。 前立腺肥大症の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。 AGA治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)として前立腺肥大症の治療用に研究・開発されていました。日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。 5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。 DHTの生成を抑制する…

  • 生え際を早期に生やすにはミノタブが効果的

    自分の顔は毎日鏡で見ているので、ちょっとした変化には気づきづらいです。 生え際の後退にはできるだけ早い対処が重要ですので、生え際の変化にいち早く気づくことが必要なのです。 頭皮からのSOS!生え際後退のサイン 生活習慣見直しでハゲるのを止める方法 生え際の後退を食い止めるための生活習慣 頭皮ケアで髪が育つ素地を作る方法 シャンプー前にできる頭皮ケア 入浴後に実践!発毛を促すツボ押し方法 育毛剤の力を借りて髪に喝を入れる方法 育毛剤選 頭皮からのSOS!生え際後退のサイン ・髪を洗うときの抜け毛が増える ・前髪から見えるおでこの面積が広くなった ・髪のボリュームがなくなり、髪が細くなってきた ・…

  • ミノキシジル5%の最安値ロゲインのジェネリックであるカークランド

    カークランドは、ロゲインのジェネリックでミノキシジル最安値の商品です。ロゲインと同成分で、ミノキシジル5%を含有してます。ミノキシジルは日本で有名な商品ではリアップという商品に含まれてます。ロゲイン5%はそれ以前から米国などで販売されてきていて、抜け毛に育毛効果の実績のある商品になります。 ジェネリック医薬品とは、厚生労働省が先発医薬品と同等と認めた医薬品で、先発医薬品の特許満了後に、有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として新たに申請され、製造・販売される安価な医薬品になります。つまり特許切れの製品と同じものをを他社が安価に製造販売できるというものになります。 カークランド製…

  • ザガーロのジェネリックであるディタステリドAGA治療薬アボダート

    アボダートとは、ザガーロと同じくデュタステリドを主成分としている医薬品で製造販売元もザガーロと同じく英国に本社を置くグラクソ・スミスクライン|GSK(GlaxoSmithKline plc)です。世界102カ国以上で前立腺肥大症(BPH)の治療薬として承認を受けていますが唯一、韓国でのみAGA治療薬としても承認されています。 デュタステリド アボダートの製品 国内でのアボダート入手の方法 アボダードを販売しているオオサカ堂 アボダート服用方法 デュタステリド デュタステリドの含有量が0.5mgでGSKが製造したものであれば商品名が違うだけでアボダートとザガーロは中身は全く同じ薬ではあります。よ…

  • 毛生え薬のアボダートとザガーロの違い

    アボダートとは、ザガーロと同じくデュタステリドを主成分としている医薬品で製造販売元もザガーロと同じく英国に本社を置くグラクソ・スミスクライン|GSK(GlaxoSmithKline plc)です。 世界102カ国以上で前立腺肥大症(BPH)の治療薬として承認を受けていますが唯一、韓国でのみAGA治療薬としても承認されています。 デュタステリドの含有量が0.5mgでGSKが製造したものであれば商品名が違うだけでアボダートとザガーロは中身は全く同じ薬ではあります。よってデュタステリドを主成分とする医薬品でAGA治療の適応が認められているのは日本(ザガーロ)と韓国(アボダート)の2カ国のみということ…

  • フィナステリドの効果を出せる期間

    世界60カ国以上に承認されるフィナステリドです。日本でも臨床試験を行い、AGA治療薬の成分として厚生労働省の認可を受けてる薬です。日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでも、男性のAGA治療の内服療法として強く推薦されてます。AGA(男性型脱毛症)の有効成分として、プロペシアなどのAGA治療薬に配合されるのがフィナステリドです。ハゲ克服できる理由は、AGAの原因物質を抑制する働きにあります。それでは、詳しく解説していきます。 ハゲの原因はジヒドロテストロンの生成が関係している フィナステリドはジヒドロテストロンの生成を抑えてくれる フィナステリドは1日1錠(1mg)服用 フィナステリドを…

  •  ミノキシジルタブレットの効果と副作用の最新情報

    今回は毛細血管の改善が見込めるミノキシジルタブレット(ミノタブ)のについて見ていきます。 ミノタブには脱毛を減少させる効果がありますが、多毛症や血圧降下などの副作用があります。また、国内未承認ということでミノキシジル外用ほどは信頼性が担保されていません。購入する場合は、ミノタブの効果や副作用、購入方法、服用する際の注意点などを確認する必要があります。それでは、ミノキシジルタブレットの効果や副作用、購入方法を見ていきます。 ミノキシジルタブレット(ミノタブ) ミノタブの効果 ミノタブとプロペシアとの違い ミノタブの副作用 ミノタブの購入方法と値段 ミノタブ服用の注意点 ミノタブとプロペシアの併用…

  • 発毛剤最強のデュタステリドの効果がでるまでの期間

    デュタステリドとは、AGAに効果があるとされる有効成分の一つになります。 デュタステリドを主成分として作られたAGAの治療薬のザガーロは、イギリスに本社を置く製薬会社グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)で開発されました。 日本でも2015年9月に厚生労働省から認可され、2016年6月から販売が開始されています。 デュタステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。 5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害する作用があることから、5α還元酵素阻害剤とも呼ばれることもあります。 デュタステリドはⅠ型及びⅡ型の5α還元酵素リダクターゼを阻害することができるため、Ⅱ型の5α還元酵…

  • ザガーロとプロペシアの効果の違い

    ザガーロ(デュタステリド)は従来のプロペシア(フィナステリド)の男性型脱毛症用薬と比較して、 発毛効果・育毛効果が1.6倍程度に改善しています。 (発毛効果は毛髪数の増加量を、育毛効果は毛髪の太さの増加率をそれぞれ計測しています。) プロペシア1㎎に比較して、 ザガーロ0.5㎎の副作用発現率はプロペシアと 同程度と報告されています。 つまりザガーロ0.5㎎はプロペシア1㎎ よりもAGAの改善効果が上昇しているにも関わらず、 副作用発現率は同じくらいに抑えられていると言う事です。 ザガーロの効果 ザガーロの副作用 ザガーロの重要な基本的注意 ザガーロ・プロペシアの比較 どんな場合にザガーロが効果…

  • ミノタブの絶大なる発毛効果

    ミノキシジルは高い発毛効果を有しておりミノキシジルタブレット(ミノタブ)はミノキシジルの内服薬です。ミノキシジルはロゲインなど外用剤、内服薬、注射があります。元々ミノキシジルは高血圧の処方薬として現在のファイザー社により開発された成分ですが治療中の患者に多毛症が認められたことから、医療用の発毛剤として改めて開発されました。日本ではミノキシジルを高血圧に処方することはありません。ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)を比較するとAGAの原因物質である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制するプロペシア、ザガーロと作用機序が違い、ミノキシジルは主に血…

  • ハゲを治すHARG治療法とダーマローラー

    ハゲを治す HARG療法は毛根の成長に必要なタンパク質やビタミンなどの栄養素を頭皮に注射し、発毛サイクルを正常化するという治療法です。 今回はHARG療法の中でも即効性の高い「注射式(パピューレ法)」と広範囲に施術でき痛みが少ない「ダーマローラー」ついてご紹介します。 注射式(パミューレ法)は一般的なHARG治療法 注射式(パミューレ法)でHARG治療法を行う時の注意点 ダーマローラーは痛みが少ないHARG治療法 注射式(パミューレ法)は一般的なHARG治療法 薄毛は毛髪の成長サイクルの乱れから引き起こされます。HARG療法は、幹細胞由来の「成長因子」を含んだ栄養分を直接頭皮に注入し、毛根の成…

  • ハゲが治る発毛剤ザガーロの効果は凄い

    ハゲが治る発毛剤ザガーロ自体をもっとよく知りたい! このように思う方もいるのではないのでしょうか。ここからは、ザガーロの効果や飲み方などについて詳しく紹介していきたいと思います。 ザガーロの効果 ザガーロの飲み方 ザガーロの副作用 ザガーロを飲めない人 ザガーロの併用禁忌・注意薬 ザガーロの詳細について まとめ ザガーロの効果 ザガーロはどのタイプのAGAでも効果を発揮する薬です。 有効成分にはデュタステリドが含まれており、AGAの原因となる酵素を阻害することで抜け毛を防ぎます。 AGAの原因となる酵素は5αリダクターゼと呼ばれるものですが、これにはⅠ型とⅡ型があります。プロペシアはこのⅡ型に…

  • AGAハゲが治る発毛剤

    日本皮膚科学会薄毛AGA治療のガイドラインで最も推奨されるAGA発毛治療はフィナステリド=プロペシアとミノキシジルです。 さらに近年本邦で薄毛AGAに対して追加承認されたフィナステリド=プロペシアの進化版とも言うべきデュタステリド=ザガーロがあります。 それぞれ効果を及ぼす因子(薄毛の原因)が異なっていますので、薄毛の原因や体質によって使い分けが必要です。 プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの違いとは プロペシアとザガーロの違いは? プロペシアとミノキシジルは併用できる? ザガーロとミノキシジルは併用できる? AGA治療薬の種類や特徴 プロペシア(フィナステリド)の効果・特徴 プロペシア(フィ…

  • ハゲの原因の90%以上を占めるAGA

    ハゲの原因の90%以上を占めるAGAですが、そのAGAの予防には、まずはAGAの原因を理解することが重要になります。 自分の置かれている状態を正しく把握した上で、自分にあった正しい対策を講じることが重要になります。 AGAの仕組みからもわかるようにAGAの発症は男性ホルモンが大きく関係しており、遺伝とも密接に関係していると考えられています。 但し、AGAは、遺伝が全てではなく、生活環境や食習慣など後天的な要素からも発症するケースもあります。 男性ホルモン 遺伝 生活習慣 DHTの生成を抑制 血管を拡張し、頭皮の血行を促進 男性ホルモン 男性ホルモンとは、主に睾丸から分泌されるホルモンで、テスト…

  • 生え際がハゲてくるM字ハゲの理由と対策

    生え際は、頭頂部よりもハゲが目につきやすいため、ハゲに気づきやすく薄毛が目立つ場所です。では、生え際の薄毛トラブルはどうしたら改善できるかを見ていきます。 生え際の薄毛の基準 生え際が薄くなる理由 血行不良 脂漏性皮膚炎 男性ホルモン由来物質 紫外線 AGAとは 生活習慣の悪化 頭皮環境の悪化 生え際ハゲに効く食べ物 生え際の薄毛の基準 最近、前髪が決まらないなと思ったら、実は生え際がハゲて来た・・・なんてことはありませんか。生え際は人それぞれなので、若い頃はそこまで気にならなかったという人も、いつの間にかハゲの仲間入りする方が多いです。生え際ハゲとされる基準は生え際と頭頂線の長さが2cm以内…

  • 薄毛の原因と対策

    成人男性の3人に1人が悩む薄毛の原因と対策について、見ていきます。 効果的な薄毛治療を行うためにも、まずは原因を把握することが大切です。そこで、代表的な薄毛の原因についてみていきます。 男性ホルモンによるもの 遺伝 ストレス 食事・生活習慣 外的要因 髪の役割とヘアサイクル ヘアサイクル 成長期 移行期 休止期 薄毛の主な原因 男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia:AGA) 男性型脱毛症/壮年性脱毛症の原因 男性ホルモンによるもの AGAは男性ホルモンを起因とする脱毛症の一種です。しかしながら、男性ホルモンそのものが直接的に薄毛を引き起こすわけではありません。今一度、その発…

  • ザガーロのジェネリック

    ザガーロは海外名をアボダートといいます。ザガーロ同様、男性型脱毛症(AGA)による抜け毛を抑えることができる最新の薄毛治療薬です。アボダートは名前は違えど、効果・効能はザガーロと同等です。ザガーロより安く購入することができるので、国内外で愛用者がとても多い薄毛治療薬です。頭頂部だけでなく、側頭部・後頭部の抜け毛を防止することが期待できます。また、発毛にも効果があるため、より確実に薄毛を改善することができます。アボダートは通販でのみ購入することが可能で、ザガーロの半額以下で購入できます。 ザガーロは通販で販売されている ザガーロに向いている人 ザガーロとプロペシアの違い 有効成分のデュタステリド…

  • ミノキシジルとフィナステリドの最安値AGA治療

    フィナステリドとミノキシジルは、ともに日本皮膚科学会が発表した薄毛治療のガイドラインで、クラスAの評価です。それぞれ単体として使用しても治療に用いられますが、2種類を併用して治療を行うこともあります。 フィナステリドは、酵素である5α-リダクターゼが男性ホルモンのテストステロンに働きかけ、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまうのを防ぐ効果があります。 DHTはAGAにおける抜け毛の原因のひとつであるため、DHTの生成そのものを阻害することにより、抜け毛の原因に働きかけます。フィナステリドは日本国内ではプロペシアの名で製造・販売されています。 ミノキシジルは、血流を増やす作用があります…

  • ハゲ頭には攻めのミノキシジルと守りのフィナステリドの併用で発毛効果倍増

    AGA治療において、まず第一に選択すべきは、現在のAGA治療の最先端医療において最も高い成果をあげている二大成分のフィナステリドとミノキシジルの投与です。 これら以外にも有効と考えられる成分はありますが、フィナステリドとミノキシジル 以外は実際の治療現場ではあまり信用性が無いというのが実情です。 フィナステリドとミノキシジルを併用することによって、改善スピードを上げる事が可能です。 フィナステリドが守でミノキシジルは攻めの作用を担います。 フィナステリド ミノキシジル 髪の毛に良いとされる栄養素 タンパク質 亜鉛 ビタミン ビタミンA ビタミンB群 ビタミンC ビタミンE フィナステリド AG…

カテゴリー一覧
商用