searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ローズさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ローズのアメリカBlog
ブログURL
https://www.rosendreamusa.com/
ブログ紹介文
アメリカ、西海岸在住の税理士です。 大学留学、就職、転職、結婚。私の実体験をリアルに綴っています。 自由を手に入れる人生を目指す!
更新頻度(1年)

20回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/04/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ローズさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ローズさん
ブログタイトル
ローズのアメリカBlog
更新頻度
20回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
ローズのアメリカBlog

ローズさんの新着記事

1件〜30件

  • コロナに負けない!自分と向き合って有効な時間を過ごそう

    こんにちは、ローズです。 毎日暑い日が続きますが、皆さんお元気ですか。 ロサンゼルスは3月中旬から自粛生活に入りましたが、来春頃まではこの生活が続くのではないかなと個人的に予想しています。 カリフォルニアは日本と比べコロナの被害がかなり深刻なこともあり、我が家はずっとストイックに自粛しています。 仕事がリモートになった以外でも私生活は激変しました。 例えば、これまでは毎日のようにスタバやカフェに通っていましたが、自粛が始まってからはコーヒーは家以外で飲んでいません。 もちろんレストランでの外食も一切なし。 週末に美味しいご飯と美味しいお酒でリフレッシュしていましたが、今はたまのテイクアウトかド…

  • 合わない仕事でも何とかなる【持ってないスキルは環境に入って身につければ良い】

    こんにちは、ローズです。 自分が心から楽しめる好きな仕事と、性格的に向いている仕事と言うのは、必ずしも一緒とは限りません。 一緒であればとても幸せなことですが、違うことの方が多いのではないでしょうか。 私の場合もそうで、もともと私には税理士に必要と言われているスキルは一切ありませんでした。 税理士と言うと真面目で几帳面なイメージを持たれることもありますが、私はどちらかと言えば大雑把な方で、電化製品や家具は説明書も読まずに感覚で組み立て始めるような子供でした(笑) しっかりしているようで、とてもおっちょこちょいでぬけている所もたくさんあります。 会計事務所・税理士事務所の仕事と言うのは、数字やお…

  • 転職氷河期真っ只中

    こんにちは、ローズです。 今でも日々コロナが悪化していっているアメリカでは、転職市場にも当然のことながら影響が出ています。 それもそのはず、アメリカの失業率は2020年4月の段階で過去最高の14.7%を記録しました。 参考までに日本の失業率は3%以下。 私の働く税理士法人でも平年と比べると離職率は比べ物にならないほど低い状態が続いています。 税理士法人は一般的に年に2回繁忙期があるのですが、過酷な労働状況が原因で離職率はもともと高い方。 繁忙期が終わる毎に何人も辞めていき、繁忙期中でも構わず辞める人は結構います。 しかしここ4ヶ月間で、私が知る限り部署を問わずに辞めた人はたったの2人だけ!! …

  • 快適な在宅勤務に必要なアイテム5選

    こんにちは、ローズです。 皆様如何お過ごしですか。 日本は出勤が始まった方も結構いるようで、少しずつ戻りつつあるのでしょうか。 こちらは残念ながら感染者は日々増加し続けており、まだまだ気が抜けない毎日です。 在宅勤務ももうすぐで4ケ月目に入ろうとしています。あっという間だった気もしますが、大して変わり映えないの無い日々だったのでやっぱり長かったかな。 実は、在宅勤務が始まってからかなり酷い肩こりと腰痛を患っていました。 ストレッチやマッサージを入念にしても、湿布を貼っても全く効かず。 日に日に悪化する一方だったので、これは姿勢に問題があるのだと仕事環境を徹底的に見直しました。 私の肩こりの大き…

  • 時間の大切さと心の余裕

    こんにちは、ローズです。 在宅生活に入り5週目になりました。 ロサンゼルスは外出時のマスク着用が義務付けられ、不要な外出禁止令も5月15日まで延長されました。 長引くこの生活が退屈で辛いと友人からもよく聞きますが、私は前向きに平穏な毎日を過ごしています。 心身ともにとても健康になりました。 この数年繰り返し家族や友達に言われてきて、ストレスが溜まっているのは分かっていたけれど、自覚していた以上に消耗しきっていたようでした。 早朝出社し、遅くに帰る生活を続けて4年。 1日3時間の通勤がなくなり、社内の人付き合いが減った今、私のストレスは激減しました。 仕事量、仕事時間は全く変わっていないので、こ…

  • コロナ救済手当てと税務申告期限の延長

    こんにちは、ローズです。 皆様如何お過ごしでしょうか。 在宅生活も3週目に入りこの生活にも慣れてきましたが、さすがに運動不足が気になってきました。 生活をする上で歩く量がかなり減ったので、家の中でも意識して動くようにしなくてはいけないですね。 先日アメリカではコロナの影響を受け、約2兆ドルの経済対策法案、Coronavirus Aid, Relief, Economic Security (CARES) Actが通りました。 CARESは失業手当、給与税などなど様々な救済案がカバーされています。 その中でコロナ救済手当てが出されることも発表されました。 給付額はいくら? 基本は1人当たり1,2…

  • コロナウイルスによる生活の変化

    こんにちは、ローズです。 繁忙期のためなかなか更新できず少し時間が空いてしまいました。 前回の更新から、コロナウイルスの影響で私たちの生活は一変しました。 今日はカリフォルニア州に住む私が現在経験している実際の変化を、自分への記録の意味も込め共有しようと思います。 1.リモートワークへの切り替え: 勤め先では3月13日から在宅勤務に変わり、3月17日から全米でオフィスが閉鎖されました。 他支社では感染者も出ており当たり前の結論だったと思いますが、早期から積極的に取り組んでいた他の会社と比べると、ちょっと出遅れた印象がありました。 税理士法人・監査法人にとって2月から4月は繁忙期なので、決断に時…

  • アメリカ就職&転職で絶対に使うべきサイト3選

    こんにちは、ローズです。 アメリカでの就職・転職を成功させるために、絶対に利用すべきお薦めのサイト3つをご紹介します。 私も実際転職活動をしている時だけでなく、普段から頻繁に利用して求人の相場やトレンドを確認していてかなりのヘビーユーザーです。 1.LinkedIn(リンクトイン) 2.Glassdoor (グラスドア) 3. Indeed (インディード) 1.LinkedIn(リンクトイン) www.linkedin.com LinkedInは一言で言うとオンライン版のあなたの履歴書、そしてプロフェッショナルなネットワーキングサイトです。 LinkedInの人気が出始めた頃はフェースブック…

  • 年収250万円から1000万円へ - 年収アップのためにやるべき3つのこと

    こんにちは、ローズです。 今日は大学を卒業してからの私のお給料の変化を振り返えりつつ、お給料を伸ばしていくための秘訣をお話しようと思います。 私は在学中から大学卒業後はアメリカで働いてみたいと思っていました。 それには色々な理由があるのですが、大きな理由はまだ日本に帰るには十分アメリカを知り尽くせていないと思ったから。 学生時代から早く働きたかった私に迷いはありませんでした。 大学の授業で出会った保険業界でファイナンシャルプランナーをしている先生の話がとても面白く、成果報酬でやりがいのある仕事内容に魅了された私は、卒業後はファイナンシャルプランナーの道を目指そう就職先のターゲットを絞りました。…

  • アメリカでも快適なトイレ生活を - 超お薦めウォシュレットの代用品

    こんにちは、ローズです。 今日は我が家で愛用しているお薦めのウォシュレット代用商品を紹介します。 海外に行った際、ウォシュレットが恋しくなるという話は多々聞きます。 アメリカでもウォシュレット付きのトイレは本当に稀なので、日本のようにウォシュレットが日常化しているのは本当に贅沢で素晴らしいなとしみじみ思います。 旅行中ならまだ我慢できても、海外在住となると長期的な生活になり、毎日のことなので快適で清潔なおトイレ生活を送りたいですよね。 日本の大手メーカーもアメリカに進出していてウォシュレットを付けることは可能ですが、安くはないし、もしくは賃貸だし、と色々な理由でつけられない場合も多いと思います…

  • 留学から就職、結婚まで - アメリカで必要なビザ

    こんにちは、ローズです。 アメリカ在住の方なら、ビザ関係の問題に直面したことのある方は少なくないと思います。 年々ビザの審査が厳しくなり、アメリカに残りたくてもビザが取れずに帰っていった友人をたくさん見てきました。 今日は私が今まで持ったビザに関してお話します。 アメリカには留学生として渡米したので、まずは学生ビザ、F1ビザを渡米前に取得してから来ました。 F1ビザを申し込むにはまず行く大学を決めなくてはなりません。 大学を決め、ビザを取得し、無事に渡米しても、F1ビザを保持し続けるには在学中はしっかり学校に行き、ちゃんと単位を取って、F1ビザを保持するのに必要なI-20を切らさないようにしな…

  • クレジットヒストリーの大切さ - スコア向上の秘訣

    こんにちは、ローズです。 クレジットスコアと言う言葉は、アメリカ在住の方なら聞いたことがある方がほとんどだと思います。 アメリカで生活する上で、クレジットスコア/クレジットヒストリーはとても大切です。 その人の信用を数値化したもので、ローンを組む際、クレジットカードを申し込む際等に判断基準として使われます。 留学生として渡米した私は、ソーシャルセキュリティーナンバーは持っていませんでした。 大学でアルバイトをしたことでソーシャルセキュリティーナンバーを申し込むことができました。 クレジットヒストリーゼロからの出発でした。 クレジットヒストリーが無いということは、支払い能力が実証されておらず信用…

  • Twitter始めました

    こんにちは、ローズです。 遅ればせながらTwitterを始めました。 遅ればせながらTwitter始めました。宜しくお願いします☆仕事は繁忙期に突入。アメリカは休日だったので、交通渋滞も無く通勤時間が半分以下👍私の次のお休みは4月でしょうか。今から旅行の計画を立てなくちゃ✨ — Rose@カリフォルニア (@rosendreamusa) January 21, 2020 税理士としてのキャリアや働き方に対する考え方、自分らしい生き方を中心に発信しています。 ブログよりも頻繁に発信していますので、是非遊びに来てください。 ちなみにインスタはこちらです。 View this post on Ins…

  • 新年のご挨拶

    遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。 年末年始は日本の実家に戻りゆっくりしてきました。 仕事の方は早速繁忙期に突入し、日本で過ごした時間が既に夢のようです…。 帰国の度に実感しますが、日本の食べ物の美味しさとお風呂、温泉は本当に最高ですね!! アメリカでもいつか広いバスルーム付きの家に引っ越して、日本式のお風呂にリフォームするのが夢だったりします。 一昨年の年末年始にも感じた事ですが、温暖化のせいなのか、もしくは私の贅肉が年々増えているせいなのか、東京の冬があまり寒く感じられませんでした。 室内は、特にダウンを着ていたら暑く感じることも多かった。 本格的な寒さは私が日本を発っ…

  • 250万円の価値は人それぞれ

    ご無沙汰しております。 気づけば3ヶ月以上もあいしまいました(^_^;) 先日アメリカではThanksgivingと呼ばれる感謝祭があり、4連休で久々のお休みを楽しみました。 大きなセールも立て続いていたので、お買い物を堪能した方も多いのではないかな。 ブログから遠ざかっていた間、とあることから転職の機会が舞い降りてきました。 小さな事務所ですが、通勤時間はかなり短縮され、年収は250万以上上がる好条件。 2度の面接後、内定を頂きました。 社長さんの経験も人柄も素晴らしくて、将来性もある会社だとは思えたのですが、どうしても決めきれなかった…。 年収アップはとても魅力的だし、悩みに悩んだけれど、…

  • お薦めハンバーガーベスト3!ファストフード編

    こんにちは、ローズです。 アメリカと言えばハンバーガー大国! 私は色々と具が盛りだくさんのハンバーガーよりも、シンプルなチーズバーガーが大好きです。 今日は私がお薦めするハンバーガーのファストフードベスト3をご紹介します。 *判断基準はチーズバーガーです* 1. Habit Burger カリフォルニア州、サンタバーバラ発祥のハビットバーガー。 ここのお勧めは何といってもそのジューシーなお肉。 ちまたのファストフードの中では一番ここのお肉が好きです。 炭で焼かれた香ばしさがまた一段と美味しさを増します。 シンプルなんだけどファストフードにしては上質。 ポテトも好みの大きさ、揚げ方で、文句なし!…

  • アメリカ人は働かない?人生における価値観とは

    こんにちは、ローズです。 以前もお話ししましたが、税理士法人は残業して当たり前の業界なので、もちろんその中でも個人差はありますが、基本的に私の会社の人達は良く働きます。 アメリカでも弁護士、コンサルタント、証券、会計士等はプレッシャーの中で長時間の労働が余儀なくされる仕事として一般的に知られています。 仕事の話になると、日本にいる友人には、アメリカでもそんなに働くの?とか、アメリカ人は残業しないんじゃないの?と度々聞かれることがあります。 アメリカ人は働かない、と昔誰かが言っていたのを聞いたこともあったっけ。 アメリカの企業で働いてみて思うのは、アメリカ人は家族との時間をとても大切にしていると…

  • お好み通りに注文をカスタマイズできる習慣

    こんにちは、ローズです。 アメリカでは飲食店で注文をする際、たいていのお店では自分の好きなようにカスタマイズすることができます。 日本では経験したことのない習慣だったので、渡米当初は注文の仕方に慣れるまで結構時間がかかりました。 ステーキを注文する時に好みの焼き加減を伝える感覚で。 もっともっとややこしい、お店としては面倒としか言いようのない注文もできちゃいます。 例えば、マクドナルドでセットを頼む際、チーズバーガーのセット、玉ねぎは抜きで、ピクルスは多めにとか。 タピオカを頼む際、タピオカ少な目、甘さは控えめでとか。 サラダを頼む際に、ケール多めにしてドレッシングはかけずにサイドで、など。 …

  • 留学生のアルバイト体験 - 人生は一歩踏み出したもの勝ち

    こんにちは、ローズです。 海外生活を夢見る人は多いと思います。 文化も言葉も異なる国で暮らすことは、素晴らしい経験ができる一方、言うまでもなく様々な苦労はつきものです。 特に言葉の問題は大きく、日常生活で問題なく意思疎通ができるまでには、ある程度の時間と慣れ、度胸が必要となります。 私は親に留学費を払ってもらっていたため、少しでも負担を減らしたいと、留学半年ちょっとでアルバイトを始めました。 当時は大学のキャンパス内でなら留学生の就労も許可されていました。 今考えると本当に怖いもの知らずで、やっぱり若かったんだなぁとしみじみ思います。 校内には主にオフィス業務、図書館、ブックストア、カフェテリ…

  • ホームステイの現実 - 私の体験談

    仕事が忙しく少し時間が空いてしまいました。 ご無沙汰しております、ローズです。 私は渡米当初、大学のESL経由で紹介されたホストファミリーの家でホームステイを一年弱経験しました。 留学前に色々な体験談からその利点に触れることができ、なるべく早く現地の生活になじむためにはホームステイが良いだろうと迷いはありませんでした。 私が一緒に住むことになったのは大学の近くに住む白人一家。 ご両親と高校生の一人娘の三人家族でした。 お父さんは新聞記者でお母さんは専業主婦でした。 結論から言うと、ホストファミリーとの相性によってホームステイの経験はかなり変わってきます。 他人の家族と一緒に住むことは、全く別の…

  • アメリカで転職を成功させるのに最も重要な3つのポイント

    こんにちは、ローズです。 今日はこれまでアメリカで3回転職した私の実体験を基に、アメリカで転職活動を成功させるのに最も重要な3つのポイントをお話ししたいと思います。 ちなみに1回目はアメリカにある日系企業へキャリアチェンジの為、2、3回目は米系企業への転職でした。 特に2回目のアメリカ企業への転職は、英語での面接慣れをしていなかったこともありかなり苦労しました。 その経験を踏まえ、私の考える転職を成功させるのに最も大切なポイントは以下の3つです。 ①職務経験値 ②あなたと働きたいと思ってもらえるか ③働く意欲 ①職務経験値 一年未満で職を転々としているとさすがに良く見られないかもしれませんが、…

  • 税理士法人の一日

    こんにちは、ローズです。 今日は税理士法人で働く私の平均的な一日のスケジュールを紹介したいと思います。 長時間労働で知られる税理士法人の仕事ですが、どのようなスケジュールになるかは担当するクライアントによりかなり変わってきます。 一般的には1月から4月、7月から9月が繁忙期と言われていますが、私の場合、年間を通して常に仕事があるクライアントを担当しているため、唯一のオフシーズンと言えるオフシーズンは12月のみです。 私の働く税理士法人は決められた勤務時間がないので、前日何時に仕事が終わったか、またその日片づけなくてはならない緊急案件の量によってもスケジュールは日々異なります。 平均的には 8:…

  • 大学の専攻を迷った時に考えるべきこと

    こんにちは、ローズです。 アメリカの大学では、大学入学時に専攻を決める必要がないので、一般教養の授業を取っているはじめの2年間で自分のやりたいこと、方向性を考える時間が与えられます。 やりたいことがはっきり決まっている場合は問題ありませんが、将来の方向性が見えていない学生にはこの時間はかなり有益だと思います。 総合的に仕事ができる人材を育てるため、日本では、特定の業種を除いては大学の学部はそこまで就職先に影響しないという話を聞きますが、アメリカでは専攻する学部により就職先はかなり絞られると思います。 例えば、証券会社に就職する人は、たいていFinance、Economics、Accountin…

  • あなたのアメリカ生活は住む場所によって決まる

    こんにちは、ローズです。 アメリカの国土はとても広いです。 ニューヨークからロサンゼルスまでは飛行機で約6時間もかかります。 各州それぞれにその文化や特徴があり、住む州、街によってアメリカ生活と言っても、その内容は全くと言って良いほどに変わってきます。 例えば、ニューヨークやサンフランシスコ等の大都市は、一般的に人種のるつぼと呼ばれていて、多国籍なスーパーマーケットやレストランがたくさんあり、比較的住みやすいと言われています。(高額な生活費を除いてですが…。) 逆に人口よりも牛や馬の方が多い田舎の町では、アジア人すら皆無の地域も多くあります。 私のシカゴに住んでいる友人の彼は、彼女と付き合うま…

  • 一番苦労している悩み…人前で話すことが苦手です

    こんにちは、ローズです。 もともと自分に自信がなく、人前で話すことは日本にいる頃から苦手でした。 国語や英語の授業で一人ずつ教科書を読んでいくことが度々あったのですが、自分の番がくるだいぶん前から緊張で心臓がバクバクしていました。 大人数の前で大声でしっかり話すことが苦手な上、ちゃんと読めるかな、間違えないかなと気が気でなかったのを覚えています。 と言うか、今でもそうなのですが…。 アメリカの大学、職場では、人前で話すことは当たり前に行われます。 先生が生徒を指名して発言させるよりも、生徒が自主的に先生の問いかけにバンバン答えていくのが常です。 大学の授業では個人、もしくはグループでプレゼンを…

  • アメリカで就職した理由

    こんにちは、ローズです。 大学を卒業した後、日本に帰るのか、アメリカに残るのか、もしくは別の国で就職をするのかはとても大きな進路選択になります。 なるべく早い段階で卒業後の進路を考え、事前に準備、行動することをお薦めします。 私はアメリカに残り就職することを選びましたが、その理由は以下のものでした。 1. 卒業時の年齢が新卒の年齢を上回っていたので、年齢を理由に日本での就職が困難になる状況を避けたかったから。 2. アメリカで一度働いてみたかったから。 3. アメリカの方が頑張れば頑張るだけもっと稼げる気がしたから。 卒業後はOPTでビザのスポンサーをしてくれる会社を見つけH1Bを取得。H1B…

  • 留学費用を抑える方法

    こんにちは、ローズです。 今日は留学費用の話をします。 アメリカの大学の学費はとても高いです。 学費だけではなく生活費も思った以上にかかるので、多めに見積もりどうやってやりくりをしていくか、留学前に細かくプランを立てることは必須です。 学費が安い順: 1.Community College 2.州立大学 3.私立大学 4年制の大学を卒業することを目標としている場合、留学費を抑える一番のお薦めはCommunity Collegeで一般教養を取得してから州立大学に大学3年生として編入する方法です。 初めから4年制の大学に入るよりかなり学費を抑えることができます。 生活費: 生活費を抑えるには家賃と…

  • 確実にリスニング力を上げるお薦めの方法

    こんにちは、ローズです。 今日はリスニング力の大切さと、リスニング力をつけるお薦めの方法を話したいと思います。 会話のキャッチボールはまず相手の言っている事を理解することから始まります。 相手の言っていること、質問がきちんと理解できれば、それに対する返答はつたない英語でも何とかなります。 しかし相手の言っている事が理解できないと、全く見当違いの回答をしてしまったり、沈黙するか笑って時が経つのを待つと言う気まずい状況になってしまうかもしれません。 私も数え切れない程そのような体験をしてきて、相手の質問が聞き取れず、聞き返したけれどまだ聞き取れないと言う苦しい経験も何度もありました。 まずは聞き取…

  • ひとりで留学。不安を克服するには

    こんにちは、ローズです。 高いお金を払わずとも留学はひとりでできます、と言う記事を前回書きました。 ただ言語も異なり、知り合いも誰一人いない異国へ一人ぼっちで行くのはかなり不安が多いと思います。 周りの留学生によると留学斡旋業者を利用した主な理由は以下でした。 1.知らない土地、しかも海外に子供を一人でおくる親の心配を軽減するため 2.高校在学中、卒業後にTOEFLの学習サポートをしてくれるから 3.困ったことがあったら業者のカウンセラーが助けてくれるから (1.との関連性は高め) 4. 留学後の個々のサポート(ホームシック、学校の成績などなど) 1.親の心配 私が渡米したばかりの頃はスマホな…

  • 留学はひとりでできます!留学斡旋業者は本当に必要?

    こんにちは、ローズです。 今日は私の実体験を基に、留学斡旋業者は不要、留学はひとりでもできると言うお話をしたいと思います。 私の周りには大学留学をした友人がいなかったので、アメリカ留学を考え始めた頃、留学や海外生活に関して何の知識もありませんでした。 なのでまずは基本的な知識をつけるため、当たり前のように自分で一からリサーチを始めました。 基本的に口出しをあまりしない両親は、私にお任せと言うか、ほったらかしだったので、特に役立つアドバイスは何ももらえませんでした(苦笑) 基本的に何でも自分で、安くすませたい私は業者に頼って留学をすると言うアイディアはその時は全くなかったのですが、留学斡旋業者に…

カテゴリー一覧
商用