searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Cheeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Saltbox
ブログURL
https://saltboxcomic.blog.jp/
ブログ紹介文
米国東海岸で自由に生きる変なおばちゃんです!
更新頻度(1年)

171回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2019/04/19

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Cheeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Cheeさん
ブログタイトル
Saltbox
更新頻度
171回 / 365日(平均3.3回/週)
フォロー
Saltbox

Cheeさんの新着記事

1件〜30件

  • 話せない自閉症児に教えるシリーズ!2

    前回、Visual Immersion System (VIS)というのがあるという話をしました。(Visual Immersion Programって前回は書きましたが、今はVISが正式名称のようです。)さっそくその本を取り寄せましたよ。まだ読み始めたばかりですが、もうこれこそ、喋れない自閉症はそういう事だ

  • 話せない自閉症児に教えるシリーズ!1

    さ~て。こんだけファシリテイテッド・コミュニケーション(FC)に文句言ったからには、じゃあ何やればいいの?の話をしていこうじゃありませんか!もちろん幼少期であればABAセラピーやスピーチセラピーが効果的です。しかし知的障害や自閉度が重めの子は、それでもなかなか

  • No FCにご協力ください。

    先日、ファシリテイテッド・コミュニケーション(Facilitated Communication, FC)への懸念を書きました。この記事では文部科学省への問い合わせを含めました。その後、私は米国のFC反対活動団体にこのブログを紹介し、何ができるか相談いたしました。こちらがその団体のサイ

  • FC肯定映画が教育に悪い理由

    今朝、ビックリしました。文部科学省 MEXT@mextjapan📽️映像作品等選定一覧「令和3年3月」を掲載しました。映画「旅立つ息子へ」,映像作品「僕が跳びはねる理由」を特別選定しました。教育上価値が高く,🏫#学校教育 又は社会教育への利用が適当と認められる #映画,その

  • 障害者の権利交渉は簡単じゃないけどさ

    日本でもこの辺が話題になっているようですね。私は起きた事柄自体は何も知りませんので、ここで聞かれても答えませんが、ADA(Americans with Disabilities Act/アメリカ障害者法)に合わせた工事は20年前に仕事でいくつかやったな~なんて思い出しました。日本のバリアフリ

  • 「僕が跳びはねる理由」で迷惑している件!

    「僕が跳びはねる理由」映画が公開されたみたいですね。全く…自閉症啓発デーに、思いっきり、自閉症者の人権脅かす疑似科学、FC(ファシリテイテッド・コミュニケーション)ネタ出してくるとか…、さすがだぜ。日本!マスコミは平気で肯定記事書いちゃうし。専門家の皆さん

  • 帰ってきた「ややき」!

    最近、10年前のボビー(3歳直前)がABCの歌をギターの弦を叩きながら歌う動画を観ました。音程も発音も完璧。ホントにね…この頃はもう「自閉症疑い」ということで療育始まっていて、正式な診断もすぐにつくだろうとは思っていましたが…。全部やったのよ。声掛けから、各種

  • ボビーのヘアスタイル!

    イラストではヘアスタイルが一本線のボビー。実物は…ほぼこれです!笑まず、こういう子だとヘアスタイル難しいですからね。自宅で生活している時は、基本的には私がバスタブの中でバリカンで羊みたいに全部1インチに刈ってから、ちょいちょい機嫌がいい時をみて、数日に渡っ

  • アジア系アメリカ人になってみて思う事

    いやあ。とんでもない事件が発生してしまいましたね。私は2000年頃から日米行ったり来たりはしたものの、今は米国籍です。色んな思いがありました。団塊ジュニアなので、日本ではもちろん女性蔑視(重度)が当たり前の世代。渡米してからも、まだ女性蔑視(軽度)はありまし

  • ABAのセラピー犬が誘拐された話

    前回の話の後、ラベルメーカーで家中にラベル貼りをしました。見づらいですが、手洗い手順に矢印も描きました。手摺りまで。ボビーはラベルを指すと読んでくれます。そのうち身についてくれるといいです。こういう自宅での努力の話を伝えたら、学校のスピーチセラピストがボ

  • マイキーのセオリー

    先日、ボビーと筆談を2週に渡ってやりました。そして私はこの内容を写真付きで学校に報告しました。ペアトレの先生は「面白い!」と担任、寮の指導者、言語の先生とシェアしてくれました。近いうちにプロの意見が聞けるといいです。ただいつも思うのですが、こういう「気づき

  • 自閉症児の激ムズ連想ゲーム!

    前回、ボビーとの会話で謎が増えてしまいました。朝ごはんは何食べたの?の質問の答えが、BLNOもしくはBLOOLと書いて発音は「バルーン」プラムの間違いかバルーン的な絵のシリアルかなと思って買ってきましたよ。プラムは2種類、ブラックプラムと黄色いバルーンっぽいやつ。

  • ボビーと筆談してみたよ!

    例の東田直樹さんの謎に迫る投稿。みなさんのコメントが面白かったです!凄い濃い内容になりました。私は、記事やコメントに書いた以外にも、FCに関してさらに情報を集めました。例えば、社会心理学者によると、社会サービスが足りない地域では、みんながやってるから的な集

  • 「ニューロ・ダイバーシティ」ってどこ向かってんの?

    前回はボビーの聴覚過敏について書きました。自閉症の方は過敏や鈍麻がありますが、この対応の仕方って大まかに分けると、1.そういう問題を本人と周りが避ける。対策する。2.周りが理解し、配慮したり取り除いたり、他の方法を用意する。になると思うんですよ。でもさ。

  • バスルームのアレが原因だった!

    先日、折角久々にボビーが家に帰ってきて文字盤試したりして楽しかったけれど、途中でバスルームで暴れて大変だった話を書きました。何でいつもはリラックスするバスルームで暴れたんだろう?リラックスするボビー氏 ↑その数日後、早朝の静かな時間にシャワーを浴びてる時

  • 東田直樹さんの謎が気になってしょうがない

    東田さんに関してもうちょっと書くことにしました。どう考えても超人なんでね。気になるんです。そしてやっと母親が隣にいる時にタイピングしている映像も観ました。4月に上映される映画「僕が跳びはねる理由」を作った英国人のJerry Rothwellさんのサイトに英語ナレーション

  • 東田直樹さんは凄い!

    たぶん日本の皆さんには、文字盤会話と言えば東田直樹さんでしょう。凄いですよね。先日、講演会の動画を観察したティトさんと並び、この道の頂点にいらっしゃいます。個人的には、お母さんが右側でじっと見つめるだけでできる、漢字も書けるというのは更に凄いと思っていま

  • FC(ファシリテイテッド・コミュニケーション)を見破ろうシリーズ!レベル3

    レベル1、レベル2でも何が起きているのかがわからないレベルですが、とうとうレベル3まで来ました。そうソマさんとティトさんです。まずお断りしておきますが、私はソマさんの本も買っていますし、テレビでやったティトさんの動画を観て感動しました。とにかく凄いなと。

  • FC(ファシリテイテッド・コミュニケーション)を見破ろうシリーズ!レベル 2

    来ましたよ。レベル2!今回は有名な方です。イド・ケダーさん。私はブログも読み、本も2冊とも買いました。完全に信じていま…ま、まあまずは見てください。どうでしょうか?お母さんはタイピングが始まると同時に、斜めのお決まりの体勢になり、目をそらさず画面を見つめま

  • FC(ファシリテイテッド・コミュニケーション)を見破ろうシリーズ!レベル0

    さて超上級者の検証をする前に、今日はよくあるFCのパターンを見て行きましょう。まずこれがひと昔前に良くやられていた思いっきり手を持つパターンのやつです。キーボードを見ていなくても打てる不思議。そしてこれが高レベルバージョン。肩や背中を触るパターン。TEDまで、

  • FC(ファシリテイテッド・コミュニケーション)を見破ろうシリーズ!レベル1

    この前、元ファシリテーターのプレゼンの話をしました。このビデオの4分くらいのところで、音、視覚、動きなどでヒントを与え、20年30年やっているファシリテイターは、部屋の反対側の壁からでも影響を与えられると言っています。そして、どうやらこの講演にはマジシャンやメ

  • FCにここまで執着している理由

    私が知っている中で今までFC(Facilitated Communication)から入って自分の意思を触られずにタイプできるようになり、出版やブログで「自閉症はこうなんだ」的な事を書いて有名な方は、RPM創始者のソマ・ムコパディエイさんの息子のティトさん。これがその講演会ね。1時間10

  • 元ファシリテーターの話が面白過ぎる!

    ファシリテイテッド・コミュニケーション(FC)について、ここまで来たら徹底的に調査したい私。凄いの見つけました。FC問題で90年代に大議論になったニューヨーク州にあるシラキュース大学、ダグラス・ビクレン(ググるのおススメ)の元でやっていた元ファシリテーター、ジ

  • ボビーに文字盤使ってみたら!

    ファシリテイテッド・コミュニケーション(最近の文字盤を指すのも含む)の信憑性問題について、できるだけフェアな視点で考察するシリーズ。とうとうやってみましたよ。ボビーに文字盤。やってみずに批判はしたくないんでね。実は以前にも多少は試したことはあるんですが、

  • 更にファシリテイテッド・コミュニケーションを観察してみた。

    近年のファシリテイテッド・コミュニケーション(FC)、つまりRPMやS2C(Spelling to Communicate)に関して、あの後も調べまくりました。残念ながら、日本でこの事に関して、ちゃんと議論をしているサイトは物凄く少ないです。これは危険です。日本の専門家のみなさん、お願い

  • それでもボビーのコミュニケーションの可能性を考察してみる

    さて。ファシリテイテッド・コミュニケーション(FC)考察シリーズで、私がかなり厳しい目で見ている話を致しました。コメントにもちょっと書きましたが、小学校高学年くらいの頃かな。こっくりさんやった時に、あんまり知らない男の子が好きな設定にされたんですよ。特にそ

  • ファシリテイテッド・コミュニケーション問題を母親視点で考察する。その3

    前回の続きです。さあ、私のFCに対する疑問点を書きましょう。1.なぜ急に高度な会話を始めるのは、ほぼノンバーバルの子なのか?色んなケースを見ているのですが、大人もビックリするような会話を始めるのは、発語がほとんど無く、自閉症の症状や動きが顕著な子ばかりです

  • ファシリテイテッド・コミュニケーション問題を母親視点で考察する。その2

    前回、なぜこれを再考察するかの背景をザックリ書きました。ホントこれは、難しい問題でしてね。信じている側の人の多くも、最初っから信じ込んでいるわけではなくて、さんざん王道をやってどうにもならなくて、そこに至るわけです。だから痛いほど気持ちがわかる。しかし「

  • ファシリテイテッド・コミュニケーション問題を母親視点で考察する。その1

    フウウ~。会話ができない重度自閉症の息子が少しでも楽になるように、何らかの意思疎通方法を見つけたい母親としては、なかなか勇気のいる話なのですが、自分の気持ちの整理のためにも思い切って書いてみる事にしました。というのも…先日書いた「スピ系」の人が「トラウマ

  • ボビー、また隔離。

    えらくやらかしてしまった私。しかし学校は優しくてね。こんなしょうもない人なのに、個別のペアレント・トレーニングは続けてもらえることになりました。今は学校もコロナの蔓延によるスタッフ不足でそれどころじゃないのに、有り難いなんてもんじゃありません。(学区が親

カテゴリー一覧
商用