プロフィールPROFILE

まゆねーぜさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
抗がんライフー臆病な胆管がん患者の独り言
ブログURL
https://kouganlife.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
胆管がん、ステージ4、リンパ節転移あり。 患者目線で抗がん的な内容を提言、日常、病状、それに心理学。
更新頻度(1年)

56回 / 251日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2019/04/01

まゆねーぜさんのプロフィール
読者になる

まゆねーぜさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 9,976位 9,334位 8,115位 7,192位 6,826位 7,873位 8,127位 980,062サイト
INポイント 0 0 0 50 50 40 40 180/週
OUTポイント 10 100 150 80 110 80 190 720/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 649位 616位 587位 538位 527位 571位 571位 13,141サイト
キリスト教 54位 51位 47位 36位 35位 37位 32位 817サイト
病気ブログ 182位 181位 161位 142位 139位 162位 168位 21,704サイト
胆管がん 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 17サイト
がん 24位 22位 19位 19位 18位 20位 21位 958サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 11,432位 10,797位 10,206位 10,661位 10,724位 11,222位 10,734位 980,062サイト
INポイント 0 0 0 50 50 40 40 180/週
OUTポイント 10 100 150 80 110 80 190 720/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 460位 456位 425位 432位 436位 456位 430位 13,141サイト
キリスト教 50位 46位 43位 44位 44位 43位 37位 817サイト
病気ブログ 371位 353位 330位 343位 345位 365位 345位 21,704サイト
胆管がん 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 17サイト
がん 28位 26位 24位 27位 26位 27位 27位 958サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,062サイト
INポイント 0 0 0 50 50 40 40 180/週
OUTポイント 10 100 150 80 110 80 190 720/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,141サイト
キリスト教 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 817サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,704サイト
胆管がん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17サイト
がん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 958サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まゆねーぜさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まゆねーぜさん
ブログタイトル
抗がんライフー臆病な胆管がん患者の独り言
更新頻度
56回 / 251日(平均1.6回/週)
読者になる
抗がんライフー臆病な胆管がん患者の独り言

まゆねーぜさんの新着記事

31件〜60件

  • 支えるとは

    「がん患者や家族の不安、どう支える?気休めは逆効果」(下方にも記事を転載します。)がん患者で、支えられる者の一人として申します。本質的に支え合うということが大切です。でも、癌ともなればパワーバランス上、支えていただくことが多いのです。決して依存しているわけではありません。そして、経験して思うことは、相手に「支える」気持ちが発生するかどうかでかなり異なります。これは「癌になっちゃって」というカミング...

  • 愛着のかけかえで予期不安を低減

    癌だと、予期不安が多いです。この先の命の不安、再発の不安。生活の不安、経済の不安・・などなど。予期不安という言葉は主に「パニック障害」といった精神医療や心理臨床の領域で強調されて使われるのですが、実際に日常のいろいろな場面で「予期不安」は発生します。ただし、その「予期不安」が急激で強いものであったり、頻繁に起こるものは、それはやはり精神医療や心理臨床にお願いすると良いです。今ここの不安や恐怖は、わ...

  • 没頭する!

    何か悩み事にとらわれている時。「とらわれ」とはまさに反復的思考をしている時です。反復思考をしていると、うつになりやすいんですよね。癌の方はうつ病になりやすいです。「解決策がない」(かのような)恐怖があるからです。心理学では、人間は良好なことよりも、リスクの方に注目しやすい性質があるのがわかってます。不安にあるとき、とくにその傾向が高まります。うつはほんとうに、癌の治療に良くないんですよね。予後も悪...

  • 生き急いだから

    食生活を見直したら、今までかなり抗癌的な食生活でした。それでもステージ4の癌・・。発症原因は他の要因が強いのでしょうね。ま、とりあえず、少しでも抗がん的な食生活寄りにしよう!と決心。例えば、カレー。市販のルーは脂と塩が強くて、もともとあまり好きではありませんでした。カレーは本来、薬膳的要素が強くて、抗がん作用のあるターメリックも多量に入っています。では、香辛料をブレンドして手作りしちゃおう!豆カレ...

  • 笑う!

    長かった連休あけから、抗がん剤が始まりました。体がダルイですね。鬱々としてしまいます。鬱は予後に良くないと明らかになってます。なので、早めに鬱のお手当をしちゃいましょう!それは、簡単なことです。笑うこと!笑いと癌に関する研究も様々行われていて、さすがに笑っただけで癌がぴゅーうっと消失するといった直接の例はないようですが、ジワジワと効き、予後が上昇するようです。なぜなら、笑うと免疫細胞が活性化された...

  • 退院評価

    今日は入院中の回想。術後の経過として傷の回復、合併症無し、日常のことができるとなるといよいよ退院。私は幸いに傷の回復も順調で、合併症もなかったです。あんなに大きな手術だったのに、ありがたかったです。それでも自分から見上げる時間軸は、永遠に癌で死に続けるような際限のない苦しさで、身体の様子も環境も地獄と思ってました。だから逃れたい気分が、退院、帰宅というシンボルになっていたんですね。でも、よく考えれ...

  • 安全な適応で良いことが起こる

    連休中に特段の計画もなく家にいて、本を読んでいました。癌になってから、なんとなく買い求めた癌関連の本たち。実は買ってからずっと数ヶ月も積読中になっておりました。なぜ手に取れなかったかというと、自分を癌だと認識してしまうといった防衛機制なんですよね。明らかに回避です。でも積読本を見渡せば、「こうすれば癌を治せる」といった本ばかり。標準療法以外の本ばかりです。回避的な本を買っておき、それを回避するって...

  • コミュニティが救う!

    私の卒論の指導教官は医師で、死生学にご興味のある方でした。医療現場のお話から、「患者さんが死ぬことは、医師だってみんな怖いんですよ。防衛機制が働きますよ。逃げがありますよ。」と、素直に告白される気さくな方です。私が尊敬している師匠の一人です。その先生が、ゼミの中である専門家の提言を参考として紹介されてました。それは助産師ならぬ助死師という役割です。助死師とは患者さんの死を助ける専門職のことらしいで...

  • ストックデールの逆説から

    ビジネス書でも有名な「ストックデールの逆説」。ご存知の方も多いと思います。そしてがん患者さんの生き方にも役立ちそうです。彼はベトナム戦争で捕虜となったアメリカ人。過酷な条件の中で死と隣り合わせのまま、絶対に屈服せず、生き残った人です。開放されたときは骨折で身体はボロボロだったそうで、一人では立って歩けないほどだったとか。たぶん拷問での内臓損傷による後遺症もあったことでしょう。彼は自分が生き残れた理...

  • 「臨床的には変わらない」

    私のお世話になってる病院は、連休中はケモはすべてお休み。ちょっと不安です。がん細胞の分裂は、連休も年末年始もありませんから。ところで、今までお会いした医師たちの「臨床的には変わりない」といった言、それ信じてきましたけど、「ちょっとそれどうなの?」と思うこのごろ。だいたい、”その患者さん”の臨床の、いったい何を言い当てられるのか?と詰めれば、たぶん何も回答のしようがないでしょう。だから「臨床的には変わ...

  • シンクロ

    部活や団体競技のスポーツ選手たちが合宿を重視します。あれは寝食を共にすると、集団の凝集性が高まるとことを当てにしてるのですよね。いわゆる「同じ釜の飯を食う」です。職場の飲み会も、学会や国際会議の後の懇親会も似たような効果があります。でも、やはり「寝食」という面では弱いです。入院期間が長いと、強めにこの効果があるものだ、とわかります。同じ時間にご飯を食べ、同じ時間に消灯し、同じリズムで生活させられる...

  • 全ての「自分」とともに生きる!

    ”命の重さに年齢差はありません。”10歳の女の子の命も、100歳のおじいさんの命も同じです。当然、と頭ではわかっています。でも私達の頭にはバイアスがあるんです。救助場面の優先性で明らかになったりします。私は入院中に、ご高齢の方の能動的な「死の受容」の過程と、外の合理性からの受動的な「死の受容」の過程とを目の当たりにして、このバイアスを思いました。そして、がん患者となって、私自身が死を意識する身となっ...

  • 癌が消滅する食し方@TED byウイリアム・リー

    TEDより。「血管新生抑制療法は癌への血管を遮断することで、治癒に大きな効果があると動物実験で実証。ただし、今のところ一部の癌のみ。最終的な治癒までに至らないのは、進行度の高さが原因と考える。ただし諦めるものではない。逆の切り口で、血管新生を抑制する食べ物を探したところ、思う以上の抑制効果があった。なので、癌の治癒や予防的な観点から食事を検討していくのがよい。」全文翻訳はこちらから。ウイリアム・リー...

  • 1クール目の副作用が主な副作用になるらしい

    術後補助化学療法の2クール目です。今の所、幸い自覚できる強い副作用がなくて助かってます。食事も美味しく食べてるし、食欲もあります。私は「皮膚」にくるようです。手足のひらが真っ赤っ赤で、ジワリます。太ももや腕にも紅斑があって、かゆいです。それと倦怠感、軽い口内炎。その出方は、わりとスポッティで急激に強くなったり弱くなったり、消えたり出たりという感じです。前回は休薬中にでましたね。手のひらが赤くジワっ...

  • 有毒な過去をデトックス

    有毒な過去について考えます。やっぱり、自分のがんの原因について考えて、原因を低減していくことで、今後、癌が悪化しない、再発しないといったことを期待します。しかし、個々人の科学的な原因の特定は難しいです。おそらく原因とは、多々たくさんの原因(要因)たちが固まった粟おこしのようなもので、一つひとつを切り離すと小さい粒かもしれません。お互いが関連しているかもしれません。できるだけ原因の”大きな粒”を特定し...

  • 言葉にできない身体のツラさ@術後

    今回は術後の回想を。熱もさほどなく、痛みもよくコントロールされていて、そこはありがたかったのですが、言葉にできない辛さがありました。「うを~!」という感じのもの。めまい、体温の上がり下がりの激しさ?体が奈落の底まで萎えていく感じ?疲労?わなわなと震える感じ?体が落ち着かない感じ?体がフワフワ、ムワーっとする感じ?ムズムズ症候群が全身に及ぶ感じ?細胞の一つひとつが助けて~苦しい~!と叫んでいるような...

  • 「ばケモの部屋」なんかじゃない

    「僕は妻の化学療法に付き合わない。健康な僕が気の毒な患者さんには迷惑だからだ。」という記事を目にしました。肌が悪かったり、かつらをつけてる人には、健康な自分が疎ましいだろう、というのです。私は全くそんな「疎ましい」気持ちになんかなりません。と申しますか、ケモは良くなることを期待してやるのです。副作用に苦しんだりしても、「良くなる」ことをして、その様相に一点の恥も情けなさもありません。銭湯やサウナ、...

  • イケイケの微笑み

    やっとお腹の管が抜けました。さっぱりしました。胆汁のドレナージ管も腸瘻も、するっと抜けて、痛くもなんともありませんでした。そして看護師さんから「今日はシャワーにしてくださいね。明日からお風呂OKです。」うえ、えー?!あ、明日からお風呂大丈夫なの?!って思いましたね。だって、お腹、まだ穴開いてるし、腸とかに管ブチ込んでたんですよ?ねぇ?でも、なんだかイケイケな微笑みを浮かべている看護師さんの顔を見て、...

  • サクセスフル・ビーイング !

    高齢者の心理学の研究で、「サクセスフル・エイジング」というテーマがあります。これらの研究は、がん患者さんの良い助けになりそう、と私は思うのですよね。ご高齢の方は、喪失体験が多いです。病気、身体機能の喪失、社会的地位や役割の喪失、主だった収入の喪失、友人や伴侶の死・・施設入居に伴う家屋や馴染みのコミュニティの喪失・・などなど。そして「平均寿命」といった世の概念が自分のスケールになってます。こういった...

  • 死なない人

    ERCPで入院した時のことです。同室には同じ胆管がんの患者さんがいました。87歳の女性です。ご高齢のために手術不適合となって、抗がん剤治療もしましたが、副作用が強くてすぐに中止。今回はステント交換の入院とのことでした。年齢を伺ってびっくりしました。とってもお若い!70代前半かと思いました。姿勢もよく、髪の毛もふっさふさ!お肌も色艶がよく。何より美人さんです。80歳になってからバイオリンを始められたそう...

  • 術後の痛み 

    今回は痛みについて。幸いに良くペインコントロールされていたので、手術による痛みはMAXレベル3程度の痛み。お陰様でした。ですが、頭痛のほうがひどかったですね。MAX、5程度。もともと頭痛持ちでして、ロキソニンが常備薬の人間です。なのでこの頭痛が、どれだけ手術に関係してたかわかりませぬ。それと放散痛のような肩甲骨の下の痛み。背中の痛みは医師に伝えても、首をひねるばかりで、整形の分野かな?という回答。放散痛...

  • カミングアウトをどうするか

    癌を告知されて治療に入る時、どの程度の範囲の人に、どの程度の情報を知らせるか、考える必要があります。職場の場合、話すべき上司は決まっていて、その人の人間的な質、会社の制度、社風など予めわかっているし、何を交渉するか、何を引き出したいか、目標が立っていれば対策は立てやすいかもしれません。一方、プライベートな関係に知らせる場合は、注意が必要です。むしろ、精神的な支えとなるプライベートの人たちなのですが...

  • 生贄感の払拭

    癌を患ってる方のSNS上の発信を拝見すると、主観的な発症の原因に「ストレス」を挙げてる方が実に多いと気が付きます。そのストレスが何かと言えば過労といった人間のこしらえたシステム上のものや人間関係を挙げています。この2つは別々の要因でなく、強く関連しています。そのストレスは一過性のものではなく、患者さんは、問題のある環境下に継続して長くいたと実感しています。と申しますか、環境下に長く身を置きざるを得な...

  • お値段以上!の安全確保

    心理学に有名な「アカゲザルの赤ちゃん」の実験があります。アカゲザルの赤ちゃんを母親から引き離し、2体の母人形に放ちます。1体は針金で粗雑に作られた母人形。そのオッパイのあたりに哺乳瓶があります。もう1体は、毛皮が張ってあるだけの、やはり粗雑に作られた母人形。さて、赤ちゃん猿はどちらを選ぶでしょう?赤ちゃん猿にしてみれば、母親から引き離されることは”死”を意味します。まさに死の恐怖に包まれながら、死の...

  • 桜と小学生

    午前中にリハビリを兼ねて、ご近所をお散歩。小さな公園の桜が満開できれいでした。青空に桜。穏やかに暖かくて。近くに、小学生の男の子が一人でボールを蹴りながら遊んでいて、スマホで撮影している私に寄ってきました。知らない子です。その子が、白い歯を見せてにっこり。「こんにちは!」と挨拶されて、めっちゃ嬉しかったです。純真な子。知らない子。なんて幸せだろう!って思いました。うふふ。素敵な世界。テンション、上...

  • 未来世界を構成をせよ

    がんを患ったこともない人の書いた、がん患者向けのエッセイなどを読むと、ちょっと引きます。正直引きます。健康な人の勝手な主観が織り混じっていると思うのです。親切で慈愛に満ちた言葉であっても、「優れてやるべきことをやって、穏やかに、死になさい」といったメッセージがそこかしこにあって・・。たぶん、健康で死から遠い人が読むには、ご自分の死生観を養うに参考になるとは思います。ですが、こういったエッセイは、著...

  • 休薬中に副作用が出た

    術後の補助化学療法をやってます。ゲムシタビンとTS1で、2週間やって1週休みのサイクル。1クールが終了し、現在休薬期間です。お陰様で、1クールの投薬中はたいした副作用もでませんでした。休薬中に副作用がどっとでるとは思いもよらず。投与中はせいぜい、ちょっとキモい、時々かる~い口内炎、でもすぐに治っちゃう。ゲムシュタビンの1回めの投与2日後に、ぼんやりと前太もも(足の付根)に紅斑。ちょっと、かゆいな~と...

  • 病識からの可能性

    癌の病識について、医師と患者さんとでは、大きく違うことに気が付きました。医師から見れば、患者さんの病識とは、知識が乏しく、経験も浅く、わかりやすい言葉で、伝えないといけないほど、脆弱なものという感覚でしょうか。ところが、そうではありません。医師の病識は医療として深いのであって、患者さんの病識は、生活や人間関係、人生、死生観といった領域までに幅広いのです。この広さに、一点攻略型の医療の限界を超える可...

カテゴリー一覧
商用