青春を取り戻したチョイ悪オヤジの”バラ色の日々”
読者になる
住所
出身
ハンドル名
橘一葉さん
ブログタイトル
青春を取り戻したチョイ悪オヤジの”バラ色の日々”
ブログURL
http://hitoha-tachibana.com/
ブログ紹介文
旅行、グルメ、ゴルフ、スキー、スノボ、ガーデニング、ヨガ、サーフィン、不動産を通じて人生を楽しむオヤジのブログ
自由文
-
更新頻度(1年)

40回 / 204日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2019/03/26

橘一葉さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,975サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 10 20 10 0 10 10 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,055サイト
タイムシェア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23サイト
マリンスポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,965サイト
サーフィン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,006サイト
投資ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,798サイト
投資でセミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 351サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 39,731位 49,816位 53,430位 53,452位 57,859位 47,211位 44,630位 974,975サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 10 20 10 0 10 10 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,707位 2,150位 2,375位 2,361位 2,573位 2,031位 1,954位 43,055サイト
タイムシェア 3位 4位 4位 5位 5位 5位 5位 23サイト
マリンスポーツブログ 197位 226位 242位 248位 265位 205位 194位 2,965サイト
サーフィン 51位 61位 61位 63位 71位 56位 53位 1,006サイト
投資ブログ 450位 546位 593位 572位 628位 507位 479位 4,798サイト
投資でセミリタイア生活 59位 73位 78位 75位 81位 71位 70位 351サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,975サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 10 20 10 0 10 10 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,055サイト
タイムシェア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23サイト
マリンスポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,965サイト
サーフィン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,006サイト
投資ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,798サイト
投資でセミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 351サイト

橘一葉さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、橘一葉さんの読者になりませんか?

ハンドル名
橘一葉さん
ブログタイトル
青春を取り戻したチョイ悪オヤジの”バラ色の日々”
更新頻度
40回 / 204日(平均1.4回/週)
読者になる
青春を取り戻したチョイ悪オヤジの”バラ色の日々”
  • SFC修行2019 エアターミナルホテル新千歳空港

    エアターミナルホテル新千歳空港は、南側到着ロビーの一番端っこにある。従ってレンタカーの送迎場所からは非常に近い。各レンタカー会社の共同運行バスから降りて建物内に入ると直ぐにホテル入口があった。

  • SFC修行2019 支笏湖

    支笏湖は、本当に美しい湖である。支笏湖温泉の公園も素晴らしい。しかし、何故かこの時はハエが多かった。お店の中で食べている時は、常にハエを追い払うために手を動かしながら食べなければならなかったし、支笏湖ビジターセンターの前のテラス席に腰かけた時もハエが寄って来た。

  • SFC修行2019 ヒルトン・ニセコヴィレッジ

    ヒルトン・ニセコヴィレッジはこれだけの大きさのホテルであるにもかかわらず、エグゼクティブルームの設定が無い事と、建物に年季を感じるので、元々はヒルトンでは無かった事は明白である。

  • SFC修行2019 小樽アンワインドホテル

    小樽での宿泊は、ホテルズドットコムを通して、アンワインドホテルを予約した。部屋が狭いという評価が多かったのであるが1泊だけなので、まあ大丈夫だと妥協した。街の規模が大きくないので選択肢は少ない。運河に近い立地を重視した。ホテルの敷地内をある駐車場の台数が少ないので先着順になり、漏れた場合は外部駐車場を紹介するとの事であった

  • SFC修行2019 積丹半島~小樽

    島武意海岸の駐車場に到着すると、そこから海岸は見えず、目の前の小高い山を越えた向こうが海岸であるらしかった。そちらの方向へ歩いていくと「熊出没注意」という看板がある。人がいない時間帯には来ない方が良い場所のようだ。

  • SFC修行2019 札幌市内観光

    1階で資料に見入っているとボランティアの人が声を掛けてくれ、非常に丁寧に説明をしてくれた。やはり観光地ではガイドさんの説明を聞くとより一層理解が深まる。

  • SFC修行2019 ANAクラウンプラザホテル札幌

    ところが、周辺ホテルのレートもチェックしてみようと思い、ホテルズドットコムのアプリを立ち上げると、ANAクラウンプラザホテル札幌もリストに現れて、その宿泊価格は、公式ホームページより2割以上安く出ていたのである。

  • SFC修行2019 沖縄⇒関空⇒新千歳

    沖縄から札幌までは、当然直行便があるのだが、予定した日程の前後の日は、既にプレミアムクラスが満席となっており、空席待ちという状態であった。空席待ちをしても未だステイタスの無い私としては順番を飛ばされる危険性もあると思い、直ぐに予約のとれる乗継便を選択するしか方法が無かった。それでも乗り継ぎ時間は1時間程度なので、大きな

  • SFC修行2019 ブロンズ達成フライト

    事前サービスを受ける為のステイタス変更手続きをしなければと思い、コールセンター(0120-029-062)に電話をしてみたが、アプリの背景色がブロンズに変わらないと手続きが出来ない様で、

  • SFC修行2019 後半戦の予約

    ANA便の予約を終えた後、PP単価を確認してみたが、成田⇔沖縄⇔千歳が、PP単価12.4円、成田⇔沖縄⇔福岡が、PP単価10.4円と、意外にも悪くない結果となった。

  • SFC修行2019 福岡空港プレミアムチェックイン&ANAラウンジ

    ANAラウンジは空いていた。ドリンクなど、メニューは羽田とほぼ同じである。つまり、大したものはない。しかし青汁があるのは良い。持ち込みのサンドイッチを食べる前に野菜ファーストとしていただいた。

  • SFC修行2019 ヒルトン福岡 朝食ブッフェ

    今回はエグゼクティブラウンジが利用できない為、朝食は4Fのレストラン・シアラでいただく事になる。朝食ブッフェの営業時間は6:30からなので、ピッタリその時間に4Fに降りた。こんなに朝早くからレストランに来る人は少ないだろうと油断していたのだが、到着してみると入り口前に長蛇の列が出来ていた。いつもはヒルトンオーナーズ専用の入り口が別途エレベーターから一番近い角にあるのだが、この時間は未だ開けていない。レストラン入口に向かって右側に並ぶ列が団体用受付で、左側が個人向け受付である。仕方がないので個人向け受付の最高時についた。

  • SFC修行2019 ヒルトン福岡シーホークにチェックイン

    ヒルトンオーナーズのカウンターを目指して歩き始めたが、カウンターに人がいないので、一般カウンターの方に向きを変えると、そちらの中から女性が走り出てきて、ヒルトンオーナーズカウンターに誘導してくれた。

  • SFC修行2019 HND→HUKプレミアムクラス搭乗

    プレミアムクラスに搭乗して、嬉しいことは、担当のCAさんがわざわざ席まで挨拶に来てくれて、何かと世話を妬いてくれることである。上着を預けたり、お絞りを貰ったり、ウェルカムドリンクをいただいたりしてくつろぐ事が出来る。

  • SFC修行2019HND→FUK当日アップグレード

    スーツケースを縦に入れるとエラーが出るので、横に倒して入れなおしたり、係りの人が手伝ってくれた。この時間は空いているので、係員も丁寧である。ついでにプレミアムクラスの座席変更が可能かどうか、空き状況を尋ねるとそれも確認してくれた。

  • 診療予約のキャンセルで、キャンセル料発生???

    鎌倉にドクタードルフィンという診療所がある。治療法は、薬や手術などではなく、この先生が患部を手で触ることにより、患者自身が修復する能力を最大限発揮させるというものである。診療所のHPを読んでみたのであるが、よく理解が出来ない。やはり、キャンセルさせて貰おうと思ったが、HPにはキャンセル料が発生すると書かれている。

  • SFC修行2019エアチャイナ・ビジネスクラス

    チャンギ国際空港では、搭乗ゲート前で2度目のセキュリティチェックがある。その列には優先レーンが無く、ビジネスクラスであっても列のショートカットが出来なかったので、少々がっかりした。

  • SFC修行2019シルバークリス・ラウンジ

    satsプレミアムラウンジはターミナル1にあるので、近くて便利であるが、シルバークリスラウンジはターミナル2にある。ターミナル間を移動するにはシャトルトレインに乗る必要がある。シャトルトレインの乗場も横に長いターミナル1の端にあるので、歩くのも時間がかかる。帰りは時間の余裕を見ておかなければならない。

  • SFC修行2019Jewel

    館内に入ると正面に天井から降り注ぐ滝が見える。天井の穴から降り注ぐ大量の水は、館内に水飛沫を撒き散らしながら、下階のガラスの受け口となる滝壷に落ちていく。

  • SFC修行2019ランチ~マーライオン

    NamNamのシステムは、各自のスマホでオーダーから支払いまで済ませる事が出来るので画期的であり、店側のシステム負担も安上がりなのではないだろうか。来店客が全員スマホオーダーのスマホ決済になれば従業員の負担が激減してバイト人数も減らすことが出来る。客層から考えれば、まもなくそうなるだろう。日本の方が随分遅れている気がする。シンガポールは食事代が高いので、朝はホテルのブッフェでたくさん食べ、

  • SFC修行2019シンガポール街歩き&大戸屋

    「ハジ・レーン」という狭い通りが、お洒落スポットになっていて、シンガポールの若者に人気があるようだ。雰囲気は、キャットストリートの様な感じだろうか。

  • 陸マイル活動 マイル変換

    マイル活動を始めて、途中いろいろとトラブルがあり、面倒になっていたが、やっと初めてマイルに変換が完了した。 これで、やる気が出てきたので、今後は案件を選びながらマイペースで、やって行こうと思う。 ▼ 簡単1分 モッピー無料会員登録 ▼

  • SFC修行2019ヒルトン・シンガポール

    部屋の広さ的にも余裕があり、バスルームもバスタブがあるタイプだ。最近のホテルはシャワーブースが別途しつらえてあるタイプが多いが、このヒルトンは古いタイプなので、浴槽の中で体を洗わなければならないのが残念なポイントであった。しかし浴槽は、ゆったり寝転ぶことが出来て、シャワーの出力も良かったので快適だった。

  • SFC修行2019シンガポール2回目

    プレミアムエコノミークラスのシートの配列は、2-3-2の3列であった。ビジネスクラスとの境の壁までは足を伸ばしても届かない十分な距離と広さがある。もともと昼間のフライトで寝るつもりはないので、ビジネスクラスではなくプレミアムエコノミークラスでも十分快適であった。

  • 東横イン名古屋丸の内

    4月のある土曜日に名古屋で1泊する必要があったので、ネットでホテルを検索した。ヒルトン名古屋は、34,000円台となっており、1日ずれると14,000円台という大きな差があったので、予約する気にならず、9,000円台で予約できる東横イン名古屋丸の内に予約を入れた。

  • SFC修行2019沖縄⇒成田

    配列は、2-1-2の2列、計10席であるが、我々の他には乗客は3人であった。プレミアムクラスの搭乗率は50%である。エコノミークラスはほぼ満席の様だった。

  • SFC修行2019斎場御嶽(せーふぁうたき)

    世界遺産となっているのだから当然である。その昔、那覇の首里城からここまで祈りの為に山を越えて歩いてきたというのだから、この場所に対する特別な思いがあるのだろう。

  • SFC修行2019やんばる

    妻がかつて訪れた時代とは、様子がかなり違っているようである。まずは防波堤の手前に車を停めて砂浜に出てみた。砂浜はサンゴの死骸のかけらで出来ている為なのか、真っ白で美しい。しかし、常に清掃されているわけでは無いので、ゴミなどの漂着物はそれなりに転がっている。常に清掃されているワイキキの浜辺の様なわけにはいかない様だ。これが自然に近いとも言える。

  • SFC修行2019ヒルトン北谷

    WEBの事前チェックイン画面を確認した時は、2階の部屋から選択するようになっていたので、WEBチェックインはせずにそのままにしていた。実際にフロントでのチェックイン時にどこまでアップグレードされるかを楽しみにしていたのであるが、残念ながらエグゼクティブルームまでは到達しなかった。

  • SFC修行2019沖縄

    シートの大きさは国際線のプレミアムエコノミークラスと同等であるが、ホールド感はより高い。リクライニングの角度とスライド感はまあまあであるが、フットレストがもう少し上げられるともっと足が楽になるのに残念である。

カテゴリー一覧
商用