住所
出身
ハンドル名
ongaku_somurieさん
ブログタイトル
音楽ソムリエ
ブログURL
https://www.ongaku-somurie.com
ブログ紹介文
おすすめの楽曲を紹介しています!
自由文
-
更新頻度(1年)

46回 / 108日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2019/03/09

ongaku_somurieさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 06/20 全参加数
総合ランキング(IN) 33,503位 33,776位 33,862位 33,879位 33,889位 33,957位 36,845位 964,736サイト
INポイント 10 10 0 0 10 0 10 40/週
OUTポイント 10 10 0 0 10 0 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 303位 303位 308位 314位 313位 309位 378位 28,422サイト
音楽のある暮らし 18位 19位 18位 18位 17位 16位 19位 650サイト
好きな曲・好きなアルバム 27位 28位 27位 28位 26位 27位 33位 1,895サイト
今日 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 06/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 59,679位 60,191位 60,327位 60,509位 60,345位 60,563位 65,363位 964,736サイト
INポイント 10 10 0 0 10 0 10 40/週
OUTポイント 10 10 0 0 10 0 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 499位 496位 505位 497位 499位 503位 595位 28,422サイト
音楽のある暮らし 30位 31位 33位 32位 31位 29位 36位 650サイト
好きな曲・好きなアルバム 29位 30位 30位 30位 31位 32位 33位 1,895サイト
今日 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 06/20 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 964,736サイト
INポイント 10 10 0 0 10 0 10 40/週
OUTポイント 10 10 0 0 10 0 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,422サイト
音楽のある暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 650サイト
好きな曲・好きなアルバム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,895サイト

ongaku_somurieさんのブログ記事

  • N.O. (1993年, 電気グルーヴ)

    電気グルーヴっていう音楽はなくしちゃいけないんだ! 電気グルーヴの名曲「N.O. (エヌオー)」です。 電気グルーヴ(でんきグルーヴ)は、1989年に結成されたテクノ・エレクトロを中心とした音楽ユニットです。 破天荒なパフォーマンスがフューチャーされがちですが、音楽自体がすごく良いです! 「N.O. (エヌオー)」は1994年にリリースされた彼らの3枚目のシングルです。この楽曲では石野卓球さんが歌っております。 メンバー 石野卓球(ボーカル・サンプリング)ピエール瀧(ボーカル・サンプリング) 砂原良徳(キーボード・プログラミング)(1991年 - 1999年) 電気グルーヴの名前には「グルーヴ…

  • JOINT (2003年, RIP SLYME)

    この疾走感溢れるサウンドは走りたくなる! はしるぞ~~! 🏃 ジョギングがチマタで流行っていますね。走っているランナーを見かける今日このごろ! 何かしなきゃと焦る自分がいます。 実は私、昨年度に地元のマラソン大会にて、ハーフマラソンという種目に初エントリーし、どうにか完走できたのですが・・・。 う~ん、20km以上になると、みっちり練習しないと、勢いだけではどうにもならんもんです。(>_<) 【結果】 足指の負傷と胸にゼッケンを付けるための安全ピンが、乳首と擦れて、まさかの大事なとこから流血という事件が起こり、今年はエントリーするか対策を検討中でございます。 ( ̄▽ ̄;) ダメージでかし。 走…

  • 奏逢 (2009年, Bank Band)

    これぞ作り手の想いがつまった曲だ! 音楽作るって本当にカッコいいと思える曲 Bank Bandの奏逢(そうあい)です。 Bank Bandは音楽プロデューサーの小林武史さんとMr.Childrenの桜井和寿さんを中心として結成されたバンドです。 小林さん、桜井さん、そして坂本龍一さんによって設立された「ap bank」という社団法人、環境保護や自然エネルギー促進事業、省エネルギーなど様々な環境保全のためのプロジェクトを進める個人や団体への支援をしています。 近年は災害ボランティア活動も行われているようです。 Bank Bandは名前の通り、イベントやフェスといったライブ活動やCDやDVDなどパ…

  • Til I Hear It From You (1996年, Gin Blossoms)

    ノスタルジックな音と、哀愁漂う不思議な魅力があるのだー! この楽曲を聴いていた時期、「洋楽しか聴かない病」という謎のやまいを発症し、1年間くらい、洋楽ばかりを聴いていた時期があったのを思い出しました。 皆様はそんな経験はありますでしょうか? 今思えば、あの頃の自分は何だったんだろう???と思いますが、おかげで洋楽をたくさん聴けるチャンスを貰いました。 さて、Gin Blossom(ジンブロッサムズ)は1987年にアメリカで結成された5人組ロックバンドです。 当時のUSランキングで上位にランクされたこともあるのですが、日本ではあまり知名度はないと思います。 この機会に調べてみると、日本語でも紹介…

  • 望遠のマーチ (2018年, BUMP OF CHICKEN)

    さわやかなサウンドが躍動感と共に押し寄せてくる! こっ・・・このバンド・・・ 底が知れん!! イントロのキラキラ感、AメロとBメロの躍動感、サビの「いこうよ」のリフレイン、バックで流れる音、さわやかと華やかさが押し寄せる映像、そして絶妙のスピード感・・・ハァ、ハァ・・・、すべて最高だぁー! バンプオブチキンと出会った頃を思い出すような "懐かし新しいサウンド" に仕上がっております。未だに進化が止まらない、すごい! 作詞作曲はもちろんボーカルの藤原基央さん 曲の出足の声で全部持っていかれました。 何を言おうとしたの その目の奥に何を隠したの 秒針はそこを示して止まっている 渇いた喉が震えて 聞…

  • 爆裂パニエさん (2011年, tricot)

    巧みなギターサウンドとトリッキーなリズムに病みつきだ! tricot(トリコ)は2010年に結成された女性3人、男性1人のメンバー編成のロックバンドです。 メンバー中嶋イッキュウ(ボーカル・ギター)キダ モティフォ(ギター・コーラス)ヒロミ・ヒロヒロ(ベース・コーラス)吉田雄介(ドラムス) 旧メンバーkomaki♂(ドラムス) ※『爆裂パニエさん』のドラムスはkomakiさん ボーカルの中嶋イッキュウさんは、川谷絵音さんがプロデュースするジェニーハイでもボーカルとして活躍されています。 ちなみに本名は中嶋いくみ (193) でイッキュウサンとのこと。 いいあだ名ですね。 tricotといえば、…

  • 青春の影 (1974年, チューリップ)

    名曲はいつまでも色褪せない! ただただ、かっこよい。 今の方が、昔の声よりも好きだーー! チューリップは1971年に結成された音楽グループ、この『青春の影』は今聴いても、なぜか古さを感じない。 フォークや歌謡曲が主流だった音楽シーンにポップス(&ロック)という新風を吹き込んだバンドとのこと。 まさに日本の音楽シーンの一時代を築いたグループなのだと思います。1989年に一度解散してしまったようですが、1997年以降、度々再結成しており、コンサートツアーなど活動を続けられています。 ボーカルはチューリップのリーダーであり、音楽プロデューサーや俳優、物書きとしても多才に活躍される財津和夫さん。 昔の…

  • 悲しみの果て (1996年, エレファントカシマシ)

    悲しみの果てには、素晴らしい日々があるんだ! エレファントカシマシは1981年に結成されたロックバンドです。通称エレカシ。 まだまだ現役、エレカシが最前線で活躍していることは本当に素晴らしい。それだけ深い魅力を持ったロックバンドだと思います。 今回紹介する『悲しみの果て』ライブで聴くと鳥肌が立ちそうな楽曲、この曲はライブ感がピッタリですね。 ズシンとひびく太い声、叫び、メロディアスなメロディー、まさに名曲です。 そして、" oh yeah…"、"oh Baby! " など曲中に出る叫びにも似た声が、音楽の熱さ・迫力がものすごく出ていて、ロックバンドっていいなぁ~!と再認識させてくれます。 作詞…

  • BYE BYE (2009年, PUFFY)

    この曲を聴いていると自然と涙が溢れてくるんだ PUFFY(パフィー)のBYE BYEという曲を知っておられますでしょうか? 少し切ない、ラブソング この楽曲はフジファブリックの志村正彦さんによって手掛けられたものです。 映像は2010年7月に行われたフジファブリックの『フジフジ富士Q』というライブのワンシーンになります。 この公演の開催を発表した直後、2009年12月24日にフジファブリックのボーカルであり、フロントマンであった志村正彦さんが急逝されています。 公演の開催は危ぶまれたのですが、フジファブリックと縁の深い15組がゲストボーカルとして2曲ずつ歌唱・演奏するという方式をとり、予定通り…

  • I Don't Care (2019年, Ed Sheeran & Justin Bieber)

    スペシャルなコラボとはこういうことかぁーー❗ この2人のコラボはやはり凄かった。 いい曲をありがとう! 聴く前はエドシーランとジャスティンビーバーのコラボと聞いて、かなりハードル上げていたのですが、その上をいく完成度でした。 現在の洋楽トレンドをまさに体現・表現したかのような楽曲に仕上っております。 音数が少ない、少ない。 メロディーも楽器ではほとんど鳴らさず、リズムのリフレインの連続です。 それでも、このお二方にかかればこんなに素晴らしい曲に早変わりする。なんともくやしいかぎりです。 そして、エドシーランとジャスティンビーバーの声の質って、けっこう似ているのですね。聴き比べたことなかったので…

  • にんげんっていいな (2008年, ガガガSP)

    哀愁漂うパンクロックに脱帽だぁーー❗ そう、皆様ご存知のまんが日本昔話の名曲、 「にんげんっていいな」です。 えっ、なにっ知らない!? 学校で習わなかった! あのヒト、ウサギ、クマ、キツネ、モグラたちのにぎやかで楽しい映像、そして素晴らしいエンディングソングのハーモニー、今も耳に残りますよ。 日本昔話は名作アニメーション、今見ると、 ヒトが一番ワイルドで、ひときわシュールな映像なんだ! そしてあの「にんげんっていいな」、ガガガSPによって秀逸なロック調にアレンジされたのが、この曲です! いや~、映像、音楽とも楽しく仕上がっており、バッチリです。 ガガガSPは1997年に神戸で結成されたパンクロ…

  • Emerald Music (2014年, SAKEROCK)

    インストバンドはなんてカッコいいんだ! インストゥルメンタル(instrumental)、 その意味は歌のない楽器のみで構成された音楽のことです。 バンドの主役のボーカルがいないのに・・・。 やはり音楽は歌ありき、と思う人も多いのではないでしょうか! しかし、インストバンドにはインストバンドにしかない魅力があります。 1. 楽器の音が良く聴こえる!楽器の自体の音色や構成、展開などに集中できます。 2. 演奏技術がすごい!インストバンドは演奏が勝負、演奏技術が素晴らしいバンドが多いです。 3. 聴けば聴くほど気付きがある。(個人的には小説とマンガの違いに似ている気がしており、想像できる楽しみがあ…

  • 青と夏 (2018年, Mrs. GREEN APPLE)

    少年少女各位、最後の夏は自分に勝て! "青と夏" あつい夏がくる前の 初夏にオススメの楽曲 🍉 学生時代が懐かしい! そして今しかないその時を大切に! Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)は、2013年結成された男女5人組ロックバンドです。 メンバー大森元貴(ボーカル・ギター)若井滉斗(ギター)山中綾華(ドラムス)藤澤涼架(キーボード)髙野清宗(ベース) バンド名の「グリーンアップル」には、リンゴが赤くなる前、すなわち熟す前の「今」(初心)の気持ちを持ち続けていたいという意味も込められているそうです。 作詞作曲はボーカルを務める大森さんが担当されています。 ポップです…

  • Moon River (1961年, Audrey Hepburn)

    まるで映画の世界に引き込まれれそうだ! オードリー・ヘプバーンさん (Audrey Hepburn、1929年 - 1993年) ハリウッド黄金時代?に活躍されていたイギリス人の女優さんです。 オードリー・ヘプバーンといえば、いまだに映画界、ならびにファッション界のアイコンして、存在し続けています。1989年に女優業を引退した後は、ユニセフ親善大使に就任し、国際的にユニセフの活動にも尽力されました。 この "Moon River (ムーン・リバー)" は1961年公開の映画『ティファニーで朝食を』で、主演を務めたヘプバーンさんが劇中で歌った曲です。 メロディーが美しくすごくよい! まるで196…

  • Lucky (1997年, Supercar)

    この楽曲に出会えればラッキーなのにね! SUPERCAR(スーパーカー)は、1997年にデビューし、2005年まで活動していた4人組ロックバンドです。 1997年の音楽シーンは小室サウンドの全盛期、Globe、安室奈美恵さんの『CAN YOU CELEBRATE?』、ミスチルでは『Everything (It's you)』、Glayの『However』など、CDが売れた時代のヒット曲が並びます。 また、フジロックが初めて開催されたのも1997年だそうです。今では大人気のフェスも、この頃から始まったのですね。 そんな時代に、今聞いても新しいサウンド、SUPERCARがこの "Lucky" をリ…

  • Forever (2015年, Ykiki Beat)

    若さほとばしる完成形ミュージック! 若さあふれ出る音楽なのに、こんなに完成されていいのだろうか!? Ykiki Beatの ”Forever” です。 Ykiki Beatは明治学院大学在学中に2012年に結成された5人組ロック・バンドです。 メンバー Nobuki Akiyama (ボーカル、ギター)Kohei Kamoto (ギター)Koki Nozue (シンセサイザー)Yotaro Kachi (ベース)Mizuki Sekiguchi (ドラム) yikki Beat Official HPより 残念ながら2016年に彼らは解散しています。 現在、中心メンバーだった秋山さん、加地さん…

  • 黄昏 '95~太陽の季節 (1995年, TOKYO No.1 SOUL SET)

    新感覚のラップと文学的歌詞がすごい! ライ ラライ ライライライ ライライ ライラライライライ🎵 「ライ」の数、 本当に合ってますか・・・? 口では言えるのに 書いていると分からなくなる~~❗ いつの間にかライライが イライラになってる~~ (>_<) さて、冗談はさておき TOKYO No.1 SOUL SETの名曲、 「黄昏'95〜太陽の季節」です。 このサウンド感、センス大好きだぁ🙌 TOKYO No.1 SOUL SET(トーキョーナンバーワンソウルセット)は、1990年代初めに結成されたヒップホップバンドです。 メンバー川辺ヒロシ(DJ)BIKKE(ボーカル)渡辺俊美(ギター・ボーカ…

  • How You Like Me Now? (2000年, m-flo)

    近未来フォーエバー! m-flo(エム-フロウ)です。 "How You Like Me Now?" この曲は擦りきれるぼど聴いています。 それぐらい好きな曲。 いまだに古くならないサウンド、約20年前の音楽とは思えない。そして聴き飽きない。 当時からそれを思わせるような未来感、新しさ、夢中にさせる音楽性がありました。歌詞、掛け合い、フロウとリズム、ずば抜けてい素晴らしい。 メンバーはVERBAL(MC)(1998年 - )☆Taku(DJ)(1998年 - )LISA(ボーカル)(1998年 - 2002年・2017年 - ) ボーカルのLisaさんが脱退し、2003年~2016年の間、m-…

  • Do Well (2018年, SIRUP)

    グルーヴィーなサウンドとSingがグレイト! すげーこの曲、メロディーが少ししかない。 リズム、ビート、ラップでこんな音作りできるなんて、実力派シンガーである証拠だぁ~! 今回はSIRUP(シラップ)さんの「Do wel」です。 HondaのVEZEL (ヴィゼル🚘)のCM にも使われており、聴いたことのある人もいるのではないでしょうか!? ちなみにサーアップではなく、"シラップ" と読みますので、ご注意を! SIRUPは、Sing & Rapからなる造語とのこと、合い相応しいお名前です。 R&B/ソウル、HIPHOPなどのブラックミュージックをベースにその変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺…

  • The New Pollution (1996年, Beck)

    アバンギャルドな音楽と映像がすごい! いま見ても、アバンギャルド 耳に残るぞ この音楽と映像わ~~! ちなみにアバンギャルドとは日本語に訳すと前衛的、時代に先駆けているという意味です。 Beckと言えば日本ではハロルド作石さんのバンド漫画『BECK』をイメージされる方も多いかもしれませんが、今回はBeck Hansenさんのご紹介です。 ベック・ハンセン(Beck Hansen、1970年-)は、アメリカ合衆国のミュージシャン。1990年代から活躍を続けるアメリカを代表するソロ・アーティストです。 1996年にはサンプリングを巧みに活用したアルバム『odelay (オディレイ)』をリリースして…

  • RADWIMPS (2006年, 有心論)

    この楽曲は究極のエキサイトメントソングだ! RADWIMPS(ラッドウィンプス)は2001年に結成された4人組ロックバンドです。 バンド名はradicalのスラングで「すごい」「いかした」などの意味を持つ「rad」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「wimp」を組み合わせた造語で、「いかした弱虫」のような意味になります。 メンバー野田洋次郎(ボーカル・ギター・ピアノ)桑原彰(ギター・コーラス)武田祐介(ベース・コーラス)山口智史(ドラムス・コーラス) 2015年にドラムスの山口さんが持病であるフォーカル・ジストニアと呼ばれる神経症が悪化したため無期限休養中とのことで、現在は3名 + サポー…

  • ギリ昭和 (2019年, キュウソネコカミ)

    改元! いや~明るい、明るい✨ 元気がでる! そして 明治っ、大正っ、昭和っ、平成っ、Jump! めちゃくちゃ語呂よしです。 いよいよ令和(レイワ)の時代が始まりました! キュウソネコカミらしい音楽で、ギリギリ昭和に産まれた人(ギリ昭和世代)のあるあるをテーマにしたメッセージソングです。 いや~面白いですこの曲! 現在(イマ)にピッタリというか、紹介するならこのタイミングかと (^o^) キュウソネコカミは2009年に結成された男性5人組ロックバンドです。 元々、関西学院大学軽音楽部で就職活動などで所属バンドが解散していく中、就活を諦め音楽活動に専念したいというメンバーで結成されました。 メン…

  • エイプリル (2016年, mol-74)

    春の情景に淡々と流れるメロディーが切ない! mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)は、2010年に結成された4人組ロックバンドです。 名前が難しい(>_<) 単純にmol-74 (モル74)で、いいんじゃないのっと思ってしまったのは私だけか! その由来は化学の世界でよく使用する単位のモルかと思いましたが、そうではないらしいです。 このバンド名はmolecule(分子)の略称で、74はメンバーが通う高校の住所の『1-15-60』=-74、マイナス74だそうです。 そのような意味があったとは、ハイスクール時代、初心忘れるべからずとの想いがあるのかもしれません。 バンド名はさておき、彼らの音…

  • 誰かの願いが叶うころ (2004年, 宇多田ヒカル)

    この楽曲は他に代わりがきかない! いいスピーカー いいヘッドホン いい音で聴いて欲しい。 そうすれば、魅力は倍増。 宇多田ヒカルさんの名曲、"誰かの願いが叶うころ" です。情緒的な歌詞、美しいメロディー、歌声、全て素晴らしい、パーフェクトです。 イントロのピアノの物悲しい和音、響く声、吸い込まれます。宇多田さんの低音は本当に響きます。 一番のサビ終わりまで、音はピアノのみ、それでも宇多田さんの声が楽器のように響くので何の問題もありません。深い深い音楽に聴こえます。 小さなことで大事なものを失った 冷たい指輪が私に光ってみせた「今さえあればいい」と言ったけど そうじゃなかった あなたへ続くドアが…

  • LEMONADE (2018年, I Don't Like Mondays. )

    スタイリッシュで、甘酸っぱい! ジメジメしそうなので、 つい夏を先取り 軽快な音楽がいいですね~! たまにはこういう音楽も聴きたい! I Don't Like Mondays.はバンド名の通り、月曜日の憂鬱を吹き飛ばすスタイリッシュ・ロックバンドです。通称アイドラ。 SOUL、R&B、FUNKなどブラックミュージックを含む様々なテイストを取り入れた洗練された音楽が特徴的です。 メンバーは悠(ボーカル)兆志(ギター)謙二(ベース)秋気(ドラムス) I Don't Like Mondays. official HPより 全員ファーストネーム、清々しく、皆さんスタイリッシュ。そして作詞、作曲、プロデ…

  • 風をあつめて(1971年, はっぴいえんど)

    文学的な歌詞と響く豊かな低音ボーカル! はっぴいえんど(HAPPY END)は、1969年から1972年まで活動していたバンドです。 メンバーは細野晴臣(ボーカル・ベース・ギター・キーボード)大瀧詠一(ボーカル・ギター)松本隆(ドラムス・パーカッション)鈴木茂(ギター・ボーカル) このバンド、すごく著名な方々がメンバーなんです。個々の説明を詳しくすると切りがないのでしません。いさぎよし。 この "風をあつめて" は作詞は松本隆さん、作曲は細野晴臣さんです。歌詞、曲ともに現代でも全く古さがありません。約半世紀前の音楽とはとても思えません。 多くのアーティストにカバーされているのも分かります。まさ…

  • bye-bye 999 (2014年, ゲスの極み乙女。)

    美しいメロディーとのギャップが恐ろしい! この世界観、 メロディーの美しさ、 語り、 歌詞、 好き嫌いあるが、それでも印象強く心に残るのは確か、そんな曲です。 今回は、ゲスの極み乙女。 "bye-bye 999" です。 メンバー川谷絵音(ボーカル・ギター)休日課長(ベース)ちゃんMARI(キーボード)ほな・いこか(ドラムス) もう麻痺してきて普通に感じる人も多いかもしれませんが、メンバー、バンド名共に変わった名前です。 しかし、音楽は素晴らしい。 2012年にボーカル川谷さんを中心に結成された4人組バンド。プロフィールにはプログレ、ヒップホップを基調とし、独自のポップメロディを奏でるとありま…

  • bad guy (2019年, Billie Eilish)

    音楽はイマも進化を続けている! ヘヴィーな低音ベースと絶妙にかすれたつぶやきボイスが、あー頭の中で🌀ぐるぐるまわるぞ~(@_@) いや~すごいすごい! まいった、まいった。 ミュージックビデオがインパクトありすぎて最初は音楽が頭に入ってこなかったんですわ。しかし、3回聴くと鳴り止まない。そして血がこわ~い! Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)さんはアメリカの女性シンガーソングライターです。2016年にデビューしたばかり、年齢も現在17歳、世界で最も注目されている若手女性シンガーです。 Billie Eilish twitterより デビュー曲はどちらかというと美しい声の透明感あ…

  • DJDJ [for RADIO](2003年, KICK THE CAN CREW)

    この曲にはRADIOの良いところがにじみ出てるんだ! ラジオが好きなんで、この一曲。 小さい頃、ラジオは唯一の音楽情報源でした。 私はあまりメッセージを送ったことはなかったのですが、ラジオネームでの投稿など、DJとリスナーとのやり取りが面白いです。 「おもしろラジオネーム」で検索すると、 ・ドナルド脱臼 ・ボーイフレンドはカブトムシ ・イケメンは事故に会え などなどセンスのよい面白ラジオネーム並びます。 ラジオには独特の空気感があります。テレビやメディアにはあまり登場しないミュージシャンでも、何故かラジオでは気さくに話をしてくれたりしますね。ラジオの魅力です✨ KICK THA CAN CRE…

  • デイ・ドリーム・ビリーバー(1989年, 忌野清志郎) 

    ブルース、ロック、グレイトソング! 清志郎 師匠です。 忌野 清志郎さん(いまわの きよしろう、1951年4月2日 - 2009年5月2日)は偉大なブルースロックミュージシャンです。生き方そのものがロックでした。亡くなられてから、もうすぐ10年が経とうとしています。 このデイドリームビリーバーは、今でもコンビニチェーンのCMソングにもなっているので聴いたことがある人が多いのではないかと思います。 原曲はアメリカのロックバンドであるモンキーズが1967年に発表したシングル "Daydream Believer" で、アメリカでも4週連続全米1位を記録し、ヒットしています。 忌野清志郎さんの代表曲…