searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

つっかーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こんな話は面白い?
ブログURL
https://ameblo.jp/zuckerpi/
ブログ紹介文
こんな話は面白い? 最近は小説を書くことにハマってまして、連載してます。テーマごとに小説を分けています。また、身近にあったことも、たまに載せてますので、興味があれば、どうぞよろしくお願いします。 興味がなくても・・・よろしくね。
更新頻度(1年)

265回 / 365日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2019/02/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、つっかーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
つっかーさん
ブログタイトル
こんな話は面白い?
更新頻度
265回 / 365日(平均5.1回/週)
フォロー
こんな話は面白い?

つっかーさんの新着記事

1件〜30件

  • アイドリングストップを動作停止すると、どうなる??

    今朝、ムーブのアイドリングストップ機能を停止しました。 ボンネットを開けて、ボンネットが開いてるよ!状態にすれば、OK!! って、実際にどうするのか? 言葉で…

  • 3週間ぶりの帰省です!

    今朝、3週間ぶりの帰省をしました。 朝5時過ぎにアパートをでたんですが、まだ、真っ暗&雨降りで視界が悪い中、出発しました。 6時くらいにはだいぶ明るくなってき…

  • アパートでの生活費は・・・

    なんか、一人暮らしもあっという間に4か月になろうかとしてます。 まあ、自分なりにちゃんと家計簿をつけていますが、かなり少なくすんでいるようです。 家まで帰るガ…

  • ユリは種から育てられる?!

    最近、あちこちで鉄砲ユリが咲いているのを見かけます。もう、秋が近づいているんでしょうね。 ところで、ユリは種から育てられるって、知ってましたか? 鉄砲ユリは、…

  • 病院の受付順番は・・・

    今日は血圧の薬をもらいに、かかりつけの病院に行きました。最近はネットで受付の順番をとれるのですが、朝7時からなんです。 で、7時ちょうどに順番を取ったら、それ…

  • 79キロから減らないorz

    毎週、家に帰ってきてます。やっぱり、家はくつろげます。 で、一人暮らしを始めて、おおよそ3か月になりますが、体重は79キロ前後で落ち着いてしまっています。まあ…

  • 二度目のワクチン接種に行ってきました。

     昨日、コロナのワクチン接種2回目を受けてきました。会社の同僚が2回目の接種で熱が出て、1日休んでたんで、多少不安を感じながら行くと、まず、注射を刺す時が痛い…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第28話(最終回)

     しばらくして、オレたちは新居にいた。ここは空気がいい。まわりの自然も豊かだし、庭先で農園だって作れる。「さあ、越してきたし、まわり近所への挨拶も終わった。ペ…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第27話

     翌日、オレはマリアに両親に会いにいくことを話し、実家へと向かった。「ただいま。」「あれ?ワタルか。どうした?」「どうしたもなにも、1人息子の帰還だろうが。」…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第26話

     オレたちは早速、K市へ向かった。マリアは日本の電車も初めてだったし、タクシーも初めて、何もかも初めてづくしで、とても楽しかったみたいだ。K市の駅からレンタカ…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第25話

     しばらく、ここオレんちにマリアも同居することになった。マリアの国はペルーということだけど、どんだけ遠いんだ。「テレビ電話あるけど?」「そっか。」向こうの時間…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第24話

     もう何度目なんだろうか。こうして病院で目覚めるのは。横に座ったマリアが寝てる。長いこと、そばにおってくれたんだろうな。「よう、マリア。朝だよ。」「えっ、ワタ…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第23話

    「ところで、マリアは何歳なん?」「私?29歳だよ。ワタルは?」「オレ、32歳。」「私の方が下なんだ。」でも、身長は上だけどな。どうみても、180近いと思う。オ…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第22話

     そんなこんなで、オレはしっかり、報道されることになった。偶然居合わせたということなんだけどね。「ワタルは本当にトラブルに出会うね。」「だから言ったろ。危ない…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第21話

    「あの人たち、手が痛そうだった。」「そうだね。」「なんでかしら。」「オレにもさっぱり。」でも、マリアはオレに何かを感じ取っているようだった。「ワタル、何かした…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第20話

     さてと今日はどこへ行こうかな。とにかく、駅に向かった。気分的にオーストリアがいいと直感で思ったので、その方向の切符を買った。ホームで列車を待っていると、いき…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第19話

    「じゃ、晩御飯、行こうか?」「はい。」しかし、この子、こんなオレと本当に旅するつもりかな?「今日は、ありがとうございました。」「大した事してないよ。」「いえい…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第18話

     声を殺して泣くって、こんなに辛いものなのか。今さっきまで、オレのそばで笑っていた、かおりちゃんにもう二度と会えないのだ。霊安室で、オレはかおりちゃんのそばに…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第17話

    「ヒュ~、ヒュ~、見せつけるね、お2人さん。」「邪魔せんといてくれるかな。」「出すもん出したら、消えてやるよ。」「残念ながら、さっき全部使っちゃったよ。」「じ…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第16話

    前田刑事か。ふと思い出した、彼に連絡を取ってみよう。「もしもし、前田刑事ですか?」「はい、あ、その声は、小林クンかな。」「はい、お願いがあります。」「どうした…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第15話

    「手荒なまねはしなかっただろうな。」「オレはされなかったぜ。」子分が言うより先に、オレが答えてやった。「あんた、いい度胸だ。」「オレになんの用だ?」「あんた、…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第14話

    「おはよう。」「よく眠れたわ。」「そりゃ、よかった。」「起きようか、コーヒーいれるよ。」「まだこうしてたい。」かおりちゃんはオレに抱き着いて離れない。まあ、い…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第13話

     2人で、のんびり歩いていると、やっぱり、トラブルはやってきた。「よう、お2人さん、いいムードだね。」3人連れの、どう見てもヤンチャな若者が、絡んできた。「ほ…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第12話

     オレがスーパーで買い物をしていると、いきなり話しかけられた。「小林さん、お久しぶり、元気そうね。」「お、金子さんか。」「キズの具合はもう大丈夫?」「なんとも…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第11話

     また、前田刑事がやってきた。「どうだい、調子は?」「まだ退院できていないんですから、調子もくそもないですよ。」「まあ、そんなに敵意むき出しになるなよ。」「あ…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第10話

     今回の入院はかなり長引きそうだ。完全に内臓が治るまで、退院できそうにない。オレ担当の看護師さんは、若くて可愛い。でも、この病院を出れば、関係なくなるし、あん…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第9話

     翌日、あの顧客が見舞いにやってきた。「すまん、私が原因なのに。」「まあ、死ななかったんで問題ないですよ。」「あの連中はみんな足が吹き飛んだとか・・・」「なん…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第8話

    「どうないしてくれんねん。」先ほど、トイレにいった顧客が誰かに文句を言われている。「すみません。」「おいおい、それでは済まんぜ。」「申し訳ありません。」「ちょ…

  • 短編小説 「トラブル・アトラクター」 第7話

    「ちょっと待てよ。」振り向くと、いきなり殴られた。いてぇ~。見ると、あの若造と2人の男がいた。「さっきはよくもやってくれたな。」「オレは何もしてないぜ。」「う…

  • ワクチン接種、1回目、行ってきました。

    みんな、痛くなかったと言ってたけど、注射嫌いな私は、その恐怖に慄いていましたが、やっぱり、全然痛くなかったです。 最初にちょっとした問診があって、注射をして、…

カテゴリー一覧
商用