searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

パパさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自閉症のけんと家族の日常
ブログURL
https://hotnews8.net/autism-blog/
ブログ紹介文
我が家の長男けんは自閉症です。私たち家族の日常を通して、自閉症や療育について、また夫婦や親子について綴り、ポジティブな要素を発信するブログです。
更新頻度(1年)

3回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2019/02/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、パパさんの読者になりませんか?

ハンドル名
パパさん
ブログタイトル
自閉症のけんと家族の日常
更新頻度
3回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
自閉症のけんと家族の日常

パパさんの新着記事

1件〜30件

  • 「せ、生命力に溢れとる!」

    おはようございます。 最近、末っ子のせいちゃん(けんの弟、1歳2か月)がよちよち歩きを始めました。 歩くのが楽しくて仕方がないせいちゃん。 一番上のあーちゃんに手を引かれて、家の中でも歩き回っています。 昨日、そんなせいちゃんをママが近くのイオンモールに連れて行った話。(パパは聴いただけです) 家の玄関を出て、10m先の車まで歩くのが楽しくて仕方がないせいちゃん。 ニコニコしながら、何か「ダー、ダ

  • 療育と多様性

    朝起きたら、部屋が寒い~~。 おはようございます。 寒いけれどもまだ暖房を使うには早いということで、 電子レンジでチンして使える湯たんぽを抱きしめてパソコンに向かっているけんのパパです。 療育に関する記事を検索していて、 とても共感できる記事に出会いましたので、紹介します。 「療育」はその子の多様性を否定するのか?私が願うニューロダイバーシティの未来 この記事の筆者は "「障害」というも

  • 9歳の誕生日

    おはようございます。 数日前に、けんの誕生日会をしました。 満9歳。 けんはケーキよりもアイスが好きなので、 サーティーワン・アイスクリームでアイスを準備。 みんなでお祝いです。 今ではけんも自分でハッピーバースデーの歌を歌えますし、 好きな食べ物がいくつかあって、それらを楽しむこともできます。 そういえば2歳の誕生日は・・・。 けんが誕生日プレゼントの包装紙を破っているのを見ながら思い出したのは

  • やっぱり自然の中が良い

    おはようございます。 先日、家族で夏の終わりの海に行ってきました。 弟夫婦が港町に住んでいるので、誘ってもらって、誰もいない砂浜で、ファミリーだけでバーベキュー。 のんびりしていて、なかなか良いものです。 子ども達も、波打ち際ではしゃいだり、砂浜に穴を掘ったり、 飽きずに延々と遊んでいました。 ちなみに人工の遊具がある室内施設(かなり大きい)に行ったとしても、うちの子ども達は2時間も遊べば飽きてし

  • 「パパ」

    おはようございます。 だいぶ涼しくなって今日から長袖ワイシャツで通勤です。 私は晴れの日は自転車通勤をしています。 夜、仕事が終わって会社を出ると、自転車をこぎつつママに電話します。 え?道路交通法違反? 大丈夫。ジャケットの胸ポケットにiPhoneを逆さまに入れて、 スピーカーフォンでしゃべってます。(これならいいよね?) 時々、二度見されますけどね~。笑 まぁ、もうオッサンなので、多少の恥ずか

  • けんの首

    おはようございます。台風が過ぎていき、今日から晴れのようです。 今日の話題は、けんの首についてです。 前回も少し書きましたが、けんは首の後ろの付け根あたりをマッサージすると、とてもくすぐったがります。 放デイの先生によると、これは多くの自閉症児に共通の傾向だそうです。 しかしどうしてそうなのかは まだまだ謎であり、自閉症という障害の解明が進まなければならない部分だと思います。 首といえば、「のど」

  • けんの足②

    おはようございます。 昨日は家族で釣り公園に行ってきました。 残念ながら、今回はあまり釣れず。。。 家族が釣りをしている時間帯、けんはと言えば、釣り公園の中で高いところに登ったり、ウロウロしたりと、 あまり面白くはないのでしょうけれども、何とか時間をつぶしていました。 最終的には「早く帰ろうよ~」という感じで、少し泣き顔。 家に帰ってくるとストレスが溜まってしまっているようでした。 そんな時は、

  • けんの「足」

    おはようございます。 朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。 一昨日、放デイの先生に面談をしていただいた折、けんの「足」の話題になりました。 けんがストレスを溜めてイライラしている時、先生はけんのマッサージをして下さるそうですが、 手よりも足が効果てき面とおっしゃっていました。 我が家でマッサージをする時にも、足の裏をマッサージすると痛がって、感覚が過敏だと感じていました。 思い出してみると、以前か

  • 「迷惑行為」の奥にある欲求

    けんは(というか、全ての子どもは)「かまって欲しい」という欲求が強いです。 17:00頃、放デイから帰ってきた後、ママにかまって欲しいけん。 でも、ママはその時間帯、夕飯づくりに追われています。 かまって欲しいけんは、ママのお尻をパンパン叩いてアピール。 普通、ある程度頑張っても応えてもらえなかったらあきらめると思いますが、 けんは愚直にお尻パンパンを続けます。 明らかな迷惑行為。笑 「今、ご飯作

  • 『アンガーマネジメント』

    近頃、アンガーマネジメントという言葉を聞くようになりました。 私も一冊、読みました。 『はじめてのアンガーマネジメント実践ブック』(安藤俊介著) 私は比較的温厚な方だと思うのですが、 けんに関しては、思わずメラメラ来ることがあります。 この本を読んで私が感じたのは、 「相手が自分を怒らせているのではなく、自分が勝手に怒っている」 ということです。 怒りは二次感情 怒りと言うのは「二次感情」で、突然

  • 『ストレングスモデル』を読んで

    おはようございます。 上司から紹介された『ストレングスモデル』(チャールズ・A・ラップ)という本を読みました。 この本自体は精神障害の方々がリカバリーして社会復帰していくために、どのように支援していくのか?についての考え方や観点などが書いてあります。 読みながら、けんについても考えさせられる部分があり、書いてみようと思います。 「自立した一人の人間」として 私もまだ一読しただけで、とても整理して語

  • 発達障害と精神障害

    おはようございます。 昨日から小学校の授業が始まり、子ども達はまた学校に通い始めました。 けんは夏休み中、平日はずっと放デイに通所。 療育に力を入れて下さる放デイなので、夏休みは長時間利用になり、気合を入れてみてくださったようです。 連絡帳を見ると、先生だけではなく、周りのお友達との関わりも出てきたということで、感謝、感謝です。 二次障害としての精神障害 さて、今日は少し真面目なテーマです。 発達

  • 障害児を授かって変化した視点

    おはようございます。今朝も涼しい朝です。 ドライブしていると、GWくらいに農家の方々が田植えをしていた田んぼの稲がだいぶ伸びていました。 もう少ししたら稲穂が垂れてきて、徐々に刈り入れの時期が近づいてきますね。 昔、営業で外回りをしていた経験があり、当時はよく田んぼの変化を見ながら、 「もうそんな季節かぁ~、夏も終わりが近いな~」 などと考えていたので、今でもそうやって季節を感じる習慣が残っていま

  • 「こだわり」は過ぎ去っていく?その➁

    おはようございます。少し涼しくなってきましたね。 以前、東田直樹さんの本を引用しながら、自閉症児が持っている「こだわり」がある日突然、過ぎ去っていくという話題について書きました。 その時は、けんが妹のきーちゃんを押して倒してしまうという「こだわり」が消えたことについてでした。 (「こだわり」は過ぎ去っていく?) そして最近また一つ、けんの中でけっこう強かった「こだわり」が過ぎ去りました。 それはそ

  • 平仮名なぞり

    おはようございます。 お盆休み最終日の昨日、とある海辺の街まで家族でドライブに行ってきました。 昼過ぎからの出発でしたが、子ども達は途中の公園でアスレチックを満喫。 夕食は美味しいつけ麺でした。 (初めて入ったラーメン屋さんでしたが、コッテリ系でベリーグッド。) 満足、満足♬ 自然の中のアスレチック。登っているのはけんです。 山の斜面に沿ってアスレチックが続きます。けっこう大規模。 ところでけんは

  • 滑る滑る!

    おはようございます。 お盆は家族で一泊二日旅行に行ってきました。 我が家がよく使うのは、国立の青少年交流の家です。 なんと言ってもリーズナブル。 我が家は大人二人、小学生二人、未就学児二人の6人家族。 普通のホテルに泊まったら、お財布がけっこう大変です。 だけど国立の青少年交流の家だと、 一泊二日二食付きで、なんと約6500円!!! や、安い!(*^^)v 以前、車中泊での旅行をブログで報告したこ

  • お風呂が嫌い?

    おはようございます。 自閉症児は切り替えが苦手な傾向があるそうですが、 けんも切り替えがうまく出来ない時があります。 最近はお風呂の時間になっても、なかなかその前の行動がやめられず、切り替えられないということがあります。 我が家の生活パターンはだいたい、 夕食→テレビなどのんびり→お風呂 ・・・という感じ。 夕食後ののんびりタイムでは、けんはだいたいタブレットを使ってAmazonプライムの好きな動

  • 「万引き家族」…!?

    おはようございます。 昨日、パパ(私)は娘二人を連れて、カラオケに行ってきました。 そのお店は小学生以下は無料なので、大人一人分の料金で、子ども二人もダーツし放題、カラオケし放題、ドリンクバー飲み放題、そしてソフトクリーム食べ放題。 イエ~イ✌ (参考までに、オレンジ色がイメージカラーの、あのお店です。子だくさん家庭には◎) でもこのお店、けんにとってはソフトクリームくらいしか楽しいことがなく、3

  • ひとりギャング?

    おはようございます。 お盆の天気予報が雨マークから曇りマークに変わりました。 台風の進路と関係するのか、日々変わりますね。 うーん、お盆どうしよう。。。 ギャングエイジ期 昨日、ママが放デイの連絡帳に「けんが最近、目を離すと高いところに登ります」と書いたところ、 「ギャングエイジ期に入ってきましたね」 と先生が返信をくださいました。 「ギャング」っていうあたりが、何かけんにピッタリな感じですが、深

  • 怒られる理由の説明

    おはようございます。 お盆の天気予報が雨マークばっかりですね。。。 子ども達をどこに連れて行こうか、ママと悩んでいます。 表情を見ているけん けんは、親の表情を良く見ています。 特に悪いことをしようとしている時は、表情を見ながら「そ~」っと手を伸ばしていって、、、 「けん!」 と言われるとパッと手を引っ込める。笑 基本的にはやってみたい でも、怒られそうなことって、楽しそうなんですよね。 例えば、

  • パパです。転職しました。就労支援を始めます。

    おはようございます。 最近、時々しかブログを更新できなかったのですが、 かなり忙しかったんです。 タイトルにも書きましたが、この歳(40歳)で転職活動をしていまして。。。 人生は本当に分からないもんですね~。 このブログを書き始めた時点では想像もつかない職に就くことになりました。 障害を持った方々の就労を支援するお仕事です。 今年に入り、「けんの将来ってどうなるのかな~」と想像することが多くなりま

  • けんの歯が黄色くなる理由

    おはようございます。 けんは一カ月に一回、大学病院の歯科にお世話になっています。 元はと言えば、自閉症と知的障害ゆえに、コトバでの説明が通じなかったり、音が苦手だったりなどの理由で、歯の治療をしようとすると暴れやすいということで、大学病院にお世話になることになりました。 最初の頃は、それこそ治療する椅子に巨大なマジックテープのバンドで手足を固定して歯の治療を受けるような感じでした。 今は慣れてきた

  • 「3・2・1、こちょこちょ~!」

    おはようございます。 少し前に、けんはくすぐられるのが好きで、「こちょこちょ」を要求してくると書きました。 私(パパ)は人からくすぐられるのが苦手なので、とても信じられないのですが、けんは自分から「くすぐってくれ~」とやってきます。 最近はニヤニヤして近づいてきたかと思うと、くすぐる手つきを真似しながら「こちょこちょ」と要求。 けんが悪いことをした時、お仕置きで 「3・2・1、こちょこちょ~!」

  • けんとせいちゃん

    おはようございます。 我が家の赤ちゃん(四番目・次男)が9カ月になりました。なまえは「せいちゃん」。 せいちゃんは4人の子ども達の中で一番マイペース。 上の子は4カ月で寝返りしたのに、せいちゃんは6カ月で寝返り。 寝返りしてもうつ伏せ状態から戻ってこれない期間がしばらく続き、最近ようやくハイハイの準備段階くらいになりました。 でも、ママがスーパーに買い物に行くと、必ずおじいちゃんおばあちゃんに声を

  • 【注意引き行動】お盆を落とす!?

    おはようございます。 けんの支援学校の先生からの連絡帳に、びっくりなことが書いてありました。 けんは給食後に(食べ終わった)お皿の載ったお盆を「ばたーん」と床に落としているそうです。 「家でもありますか?」 と先生から聞かれましたが、家ではそういうことはありません。 家の顔と学校の顔、放デイでの顔・・・。 けんのことを分かっているようでも、場所によって色々な顔を持っています。 けんの場合、そういうことをするのはだいたい、「注意引き行動」です。 コミュニケーションの手段が乏しい発達障害児の場合、 こうした問題を起こすことで注意を引こうとすることがあるそうです。 対応としては、敢えてそっけない対応をして、それでは目的が達成されないことを示す必要があります。 でも、こうした行動を通して感じるのは、 「僕にもっと関心を持って」 というけんの心です。こういう欲求は普通の子と同じです。 脳や身体の機能に障害があることで生じる問題もありますが、 自己肯定感を育てられずに生じる心の問題もあると思います。 いつまでも向上心を持ってイキイキと生きていくためにも、 「自分は価値ある存在なんだ」という自己肯定感が必要です。 コミュニケーションの方法が限られている分、普通の子よりも、親や先生とのコミュニケーションの中で、自己肯定感が育ちにくい側面もあるかも知れません。 では、優しくすればよいのかと言えば、そうとも言えません。 「それくらい自分で出来るよ、なめんなよ」 みたいな気持ちもあるからです。 行き過ぎた優しさは、本人の誇りを損なうこともあります。 ややストイック(?)な療育を通して、できることを増やしてあげて、自分に誇りを持たせてあげることも大切ですよね。 健常児を育てる場合もそうだと思いますが、療育には優しさと厳しさの両方が、バランスよく必要だなと思います。

  • 久しぶりのストライダーで発散!

    おはようございます。 ここ数カ月、パパ(私)の仕事が忙しくて、土日もあまり子ども達と遊んであげられていませんでした。 けんの場合、平日は学校や放デイで発散できるし、毎日のリズムが一定なのでいいのですが、問題は週末です。 土日に家を出られなかったり、スケジュールに対する見通しが立たなかったりすると、ストレスになって調子を崩しがちです。 昨日は久しぶりに、近くの公園に連れて行ってストライダーで遊ばせました。 ストライダーとは、ペダルなしの足こぎ自転車のことで、けんはこれが大好き。 公園と言っても、この公園は沼の周りを一周する遊歩道がメイン。特に遊具はありません。 公園のすぐ近くには小学校がありますが、危ないから保護者同伴でなければ児童は遊びに来ることはできないルールです。 何しろ沼がありますし、特にけんの場合、こんな風にのぞき込んだり水面を手で触ってみたりするので、危ないですね。 ただ、上の写真のように沼をのぞき込んだりしても、私の場合はあまり「危ないよ」などと声をかけ過ぎないように気をつけています。 水面をのぞくのは好きです。キラキラしてるからかな?けんにとっては上の写真のような場面はちょっと大事な時間。 ただでさえ行動を干渉されることの多いけんですから、自由にさせてあげる時間も大切だと思っています。 「自分は自閉症でダメな子だからパパの言うことを逐一聞かないといけない」 そんな風に思ってもらいたくはありません。 けんは久しぶりの散歩が嬉しくて、どんどん行ってしまいます。早歩きでも置いて行かれます。気が付いたらもう橋の向こうに。。。スピード感が楽しそう。 ちょっとした上り坂も、ストライダーでグイグイ。 階段も平気で登ったり下ったりします。 それにしてもストライダーがだいぶ小さくなってしまったけん。 もう小3だからな。。。普通は幼稚園児用です。 でも、ネットで探してもこれ以上の大きさは出てこないんですよね~。 かと言ってペダル付きの普通の自転車だと、完全にどこかに行ってしまうでしょうし。。。 「でかいストライダー」探してます。求む情報。 今度は急な下り坂です。 シューっとフリーフォール状態で降りて行って、脚でザザァーっとストップ。

  • 「こちょこちょ」が大好き

    おはようございます。 けんはスキンシップが大好きです。 コトバでのコミュニケーションが苦手な分、皮膚感覚でコミュニケーションしようとするのか、少しイライラした時などは抱っこを要求してほっぺたをくっつけてきます。 そうすると少し満足して機嫌が直り、ごはんを食べ始めたり、自分の遊びに戻っていったり。 ところが「ちょっとまずいかな」ということもあります。 唇や舌の刺激も欲しいのか、ほっぺたをくっつけるだけでなく、ほっぺにチューしたり、ペロペロしたりすることも。。。(汗) これは年齢が上がる前に、早めにやめさせたい習慣です。 ある療育の本には、「お仕置きには、くすぐるのが良い!」みたいなことが書いてあり(恐らく、叩くよりは良いということなのでしょう)、チューやペロペロがあった時には、「くすぐり地獄」をお見舞いすることにしていました。 でもこれはけんには逆効果。 けんの場合はくすぐられる感覚が他の子より鈍いのか、くすぐるとゲラゲラ笑って逃げるものの、「もっとくすぐって」という感じ。 しまいには、くすぐって欲しくてわざとにチューやペロペロをする始末。 これは誤学習です。 でも「くすぐって欲しい」と要求すること自体は悪くはありません。 それでそういう時には「こちょこちょして欲しいの?」と聞くことに。 そうするとけんもニヤニヤしながら「こちょこちょ」。 「くすぐり地獄」ならぬ「くすぐり天国」。。。 コミュニケーションの乏しいけんにとって、「かまってもらっている」ということ自体が嬉しいのかも知れません。 障害があってもなくても、心の奥にある気持ちはシンプルで、親の愛情を求めています。 表現の仕方が不器用なだけだと感じます。

  • 発語や偏食克服のために硬いものを食べる

    おはようございます。 昨日、けんがびっくりするような大声で「エイ、エイ、オー!」が言えたというエピソードについて書きました。 ついでに偏食について、「味の好き嫌いだけでなく、硬いものを食べるのが苦手で偏食になっていることがある」と書いたところ、読んでくださった方から反響がありましたので、もう少し書きます。 支援学校では細かく切って、とにかく食べさせる 支援学校では、偏食は健康にも悪いですし、とにかく色々な物を食べられるようにということで、 給食のメニューを包丁でさらに細かく切って出すということをして下さっています。 児童によって切る細かさも調節するという親切さ! そのような配慮のお陰で、けんは学校の給食のメニューは今ではほとんど残さずに食べることができるようになりました。 連絡帳には「ほぼ完食してます」と書いてあり、私たち夫婦はただただびっくりしたものです。 放デイでは硬いものを食べさせる 一方、放デイではまた違った方針で、逆に「硬いもの」を食べさせてくれます。 たとえば「あたりめ」とか、九州のどこかでしか作られていないという「堅パン」など。 (堅パンはホントに硬い!!) どうして硬いものを食べさせるのかと言うと、発語や偏食の克服のために、口やのどの使い方を鍛えるためです。 そう言えば、けんは年齢の割にほっぺたがぽちゃっとしていて、筋肉のつき方が2~3歳児みたいに見えます。 実際に「あいうえお」は言えても「さしすせそ」は言えなかったり、風船を膨らませるような口と息の使い方はできなかったり、口やのどが不器用であることは明らかです。 地道なようでも、放デイで「あたりめ」を食べたり、家ではめっちゃ硬い「グミ」を食べさせたり、そういう積み重ねで変わってくるそうです。 支援学校と放デイの方針の調整 けんに対して、学校では給食のメニューを細かく切って、色々な栄養を摂取できるように努力してくださっていて、 放デイでは、大きいものや硬いものでも自分で噛んで食べられるように、硬いものを食べる訓練をして下さっています。 放デイではけんが食べない場合、長時間 向き合って食べるまで付き合ってくださることもあります。(なんと、最長90分!家では無理です。ありがたい限り)

  • 「エイ、エイ、オー!」と叫んだ【のどの機能】

    おはようございます。久しぶりの投稿です。 超大忙しの期間だったのですが、落ち着いてきたので、またぼちぼち再開したいと思います。 しゃべらないのは「のどの機能」の問題もある 自閉症は「脳の働き」だけでなく「全身の疾患」という側面があるらしいです。 なので、「しゃべるのが苦手」ということ一つをとっても原因は色々とあります。 脳の機能の問題で「しゃべる」ことで人に働きかけること、そのものに関心が弱い、ということもあるかも知れません。 でも、発声するための「のどの機能」が未発達で、声を出すことが辛いとか疲れる、億劫だ、ということもあるようなのです。 けんも発声する時、妙に甲高い声を出したりするのですが、恐らく声帯の使い方が不器用であることも関係していると思います。 そんな大声出せたんだ!? ところで、我が家では朝と夜の挨拶があります。 朝は「今日も元気に!」「エイ、エイ、オー!」とみんなでやっています。 夜、寝る前も布団の上で「明日も元気に!」「エイ、エイ、オー!」。 (寝る直前5分間の気持ちは、睡眠にも影響を与えるようで、その日一日、どんなことがあっても、嬉しい気持ちで眠りにつくことが大切なようです。) けんはいつも、あまり声を出さないので、「エイ、エイ、オー!」のタイミングに合わせて手を上に上げる、ということを、その時の気分によってやったりやらなかったりです。 でも先日、みんながビックリするくらいの大声を出したことがありました。 気分が良かったのか、ありったけの声で「エイ、エイ、オー!」と叫び、 表情も「全力投球」そのものの表情。 「な、なぜそんなに本気!?」 みんなで大笑いしてしまいました。 そしてこの時は、「妙に甲高い声」ではなく、「普通の地声」でした。 けんの地声を、こんなに大きな声で聴いたのは、みんな初めてだったかも知れません。(泣き声以外では) のどの機能が未発達だと、発声だけでなく、食べ物を飲み込んだりすることも苦手で、硬い食べ物を避けて偏食になることもあるそうです。 だからけんの放デイでは一生懸命に硬い食べ物を食べさせてくれます。 いや~、色んな事がつながっていますね。 発語が遅れている子、偏食の子は、口やのどを鍛えてあげましょう!

カテゴリー一覧
商用