searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ちぴゅぅささんのプロフィール

住所
東区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ちっちゃい庭とおっきい空と。
ブログURL
https://www.shiz1.work
ブログ紹介文
手抜き園芸と季節ごとの花や草木の話、空と星と小さな庭の再生を少しずつ…ちょっとでもほっこりしていただければうれしいです。
更新頻度(1年)

138回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2019/01/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ちぴゅぅささんの読者になりませんか?

ハンドル名
ちぴゅぅささん
ブログタイトル
ちっちゃい庭とおっきい空と。
更新頻度
138回 / 365日(平均2.6回/週)
読者になる
ちっちゃい庭とおっきい空と。

ちぴゅぅささんの新着記事

1件〜30件

  • 咲き進む秋の花々と。

    この頃は秋の空、とてもきれいですね。 雲間の中を飛んでいく筋斗雲。 こちらは他の方にも差し上げた大きな窓から見た空なのですが、どうしても愛嬌のある龍が笑っているように見えてしまいます。 最初はどうかなと思ったのですが、今年も、先週くらいから次々とタマスダレ(玉簾)が咲いてくれました。 離れた場所には一輪だけ、こちらは咲いてから三日目くらいの玉簾でしょうか。 次の日はもっと咲いていました。 今年は咲かないと思ったこぼれ種からのポーチュラカ、今頃になって咲きはじめました。 サルビアレウカンサ・フェアリーピンクもピンク色の花が咲きはじめたようです。 この次の日はまとまった雨の日となり、さらにその次の…

  • 昨日の月、今日の秋の空

    昨日の夕方の空を見上げていたら、雲間にまた細い月をみつけました。 この日は月齢2.7の月、先月見た二日月からもう一月経ったのですね。また、昨日の細い細い月を見逃してしまいました☺ 夕方の空はどんどん変わって行きます。 月が光りはじめました。 立ち止まって撮っていると、周りの方々が何人か、つられてスマホを向けています。 この連休は久し振りにあちらこちらで、たくさんの人出が戻ってきているように見受けられます。 今朝も気持ちの良い青空が広がりました。一足早くお墓参りにも行きました。 道沿いのアベリアの花も勢いづいています。 空は高い高い秋の空です。 またしても、空高く、何か飛んでいるような。。。 タ…

  • 今年も咲いた玉簾

    書きかけの記事もそのままに、すこしご無沙汰してしまいました。 めまぐるしく過ぎていく日々…というのは言い訳ですね。 そんな中で、昨日の朝、ふと見るとちっちゃい庭のすみっこあたりに、白いものを見つけました。 今年は、葉っぱがほとんど枯れてしまったタマスダレ(玉簾)、一輪だけ咲いていました。 出かける頃には、ここまで開いていました。 調べてみると、昨年は、9月1日に一番花をみつけたようです。 www.shiz1.work 昨年の花の写真を見比べてみても、どうも上の一番花は、昨日から咲いてたみたい。なので、今年のちっちゃい庭の玉簾日記!?は9月16日がはじまりのような…、そんな気がしています。(…一…

  • 尾道の美味しいものをすこしだけ。

    見えにくいかもしませんが、カメラに気付いてか、すずめさん飛び立ちました。 朝早くに、尾道に移動して合流しました。乗り換えるとあまり変わらない時間なので、山陽本線での移動です。 糸崎と尾道の間は、ちょっとの合間ですが、瀬戸内海のビューポイントです。 窓が開けれるので、撮ってみるとうっすらと光の筋が写っていました。 走っている車内からもこれくらいきれいに撮ることができました。 海がよく見えるのはこのあたりまでです。(上りの場合ですね。) 久し振りの尾道駅です。 日照り続きであちこちの植栽も枯れ始めています。 駅前のアガパンサスでさえも、あまり元気がありませんね。 その横にはオステオスペルマムでしょ…

  • 夏の終わりのもくもく雲

    ここ数日のもくもく雲をいっぱいお届けいたします。 移動途中に立ち止まり、ふと見かけたものばかり…、さてさてどんな空と出会えたのでしょうか。 よかったらご覧ください。 おっと、こちらはあまりもくもくではありませんね。 でも、この向こうにまたもくもく雲が現れました。 何せ暑い熱い日ですから。 この真上の空は…、もくもく雲ではありません。 あ、西の空に何かが飛び出してきたような。 どうも、吐き出しているのは、どうしても巨大な生きものに見えてしまいます。 川には、白い鳥がいっぱい、チュウサギか、コサギでしょうか。 黒い鳥もいるのがわかりますか。 またも、もくもく雲、発見しました。 瀬戸内海の西の空にも…

  • 赤い星、黄色い星、白い星、白い月

    暑い日々、まだまだ続きますね。 台風も心配ですけれど。 キバナコスモスもまた咲きました。 さて、このところはだんだんに月がふくらんでいくのを、時間帯はいろいろですが、ちゃんと確認できていて、ちょっとだけうれしかったりしています。 この間はさそり座の心臓、赤星のアンタレスの上あたりに、その次の日は、さそりのしっぽの二つ星の上あたりにいらっしゃいました。 そうして、その次の日は、東の空に、いて座あたりに、左下から土星、木星、月齢8.9の月が並んでいました。 雲一つない夜と思っていたら、夜半にはいっぱいの薄雲となり、西の空に沈みゆく月は虹色に、合間から土星と木星もすこし見れました。 次の日、咲き進む…

  • この酷暑に、種から咲いた黄花コスモス

    たとえ真夜中になったとしても、なんとかほぼ毎日、水遣りを欠かしていませんが、ちっちゃい庭の植物もだんだん枯れてきたりしています。 ついに、ジューンベリーの葉がこんなになってしまいました。 でも、去年の夏も、葉を全部落としても、また再生したので、きっとまた復活するでしょう。それよりも、エゴノキの方が心配です。 そんな中で、半分以上ガウラを抜いたヨーカンレンガエリア(と勝手に呼んでいる)一角に何か黄色いものが見えました。 まさかと思いましたが、キバナコスモスが咲いていました。 あまり、ちゃんと覚えていないのですが、そういえば、どこだったか、種を確保して、ぱらっと蒔いたような、蒔いていないような…。…

  • 二日月の日に

    それは先週末のことです。急ぎの郵送物があったので、広島駅前のポストなら19時の回収があったなと思って、落としに行きました。 余談ですが…2019年の9月から広島東郵便局は建替え工事となり、現在は福屋広島駅前店7階で営業中、仮店舗とはいえかなり不便になりました。 しかも、この9月から、広島駅南口の再整備計画のため、南口駅前のロータリーは一般車の降車場と駐車場を閉鎖するとの表示がありました。全く知りませんでした。当面は、北側の新幹線口を利用しないといけませんね。 広島東郵便局の跡地は、2022年秋には地上20階建ての「JPタワー広島」及び「KITTE広島」(いずれも仮称)開業予定なのだそうです。(…

  • 露草が咲いたら

    やっとぱらっと雨が降ったりもしましたが、こんなにじりじりと暑い日が続くと、毎日水遣りしていても、植物たちもどんどん枯れて行きそうになっています。そんな中で、半日陰の庭には、水遣りもしていないのに、ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)がまだ咲いていました。 そうして、草抜きした時に、抜かずにそのままにして置いた露草もやっと咲いていました。 お世話になっている方が昨年だったか、「つゆくさは、草抜きの時にもついつい抜けずにおいてるんですよ」と、聞いた言葉が耳に残っていて、私も真似してしまったのでしょうか。葉っぱは小さなバッタたちに食べられてしまっていますけれどね。 同じツユクサ科でも、こちらは紫露草(ムラサキツ…

  • 野のユリと、野のハナトラノオ

    八月はじめに、伸び放題のガウラ(白蝶草)をかなり片付けた時に、昨年から、勝手に生えてきて、目の高さまで伸びていたテッポウユリをちょっと申し訳ないと思いつつ抜いてしまいました。 せっかくつぼみもできていたので、思い直して、ガラス瓶に挿してみました。 まだ固い蕾だったので、どうかなと思っていたのですが、二週間経って、小さな花ながら咲きはじめました。やはり、野生のテッポウユリの生きる力はすごいですね。 今日の移動の道すがら、山に近い道沿いには、草むらの中ですが、ずうーっと数えきれないほどたくさん咲いていました。 帰りに、道を逸れたところにもすこしだけ咲いているのをみつけたので、炎天下のもと車を停めて…

  • また、きぼうをみよう。

    あんまり暑いし、雲もひとつもなかったので、かんかん照りを利用しない手はないと思って、トマトを干してみました。 でもね、この間、何年か振りにエノキを干してみた時に、しっかり失敗をしでかしておりました。 竹ザルに黒い点々がぁーーー、エノキさんを取り込むときに、ちょっと嫌な予感はしていたのですが、竹ザルにかなり張り付いていたのを一生懸命とって、水洗いして室内干ししていたのが、取り切れていなかったようなのです。 なので、トマトはすこしだけにしてステンレスのざるの上に、そうして、その横にタワシで磨き上げた竹ザルを干すことにしました。思うに、次回、エノキを干すときは、ほったらかしにせず、張り付く前に動かし…

  • ハマユウと、ランタナと。

    昨年はなかなか良い写真が撮れた自転車置き場近くのハマユウ(浜木綿)さん、今年も近くを通り抜ける度に、いつか撮れたらと思っていましたが、こちらは七月末の写真です。 昨年は七月半ばの雨上がりの夕暮れに、ちょっとばかり綺麗に撮れていました。 www.shiz1.work 7月末の朝は残念ながら、あまり美しい花がありませんでした。でも、つぼみはまだまだいっぱいありますね。 すぐそばのタチアオイ(立葵)、日陰のせいかひょろひょろと弱々しく小さめの背丈ですが、二輪だけ、こんなにきれいな花が咲いていました。 やはり、同じアオイ科、オクラの花とも形はよく似ていますね。ある意味、アオイ科の花たちは真夏の象徴です…

  • 夏の終わりの星の降る日に

    「夏の終わりに星がたくさん降る夜がある」 ずっと遠い昔に、この一節に釘付けにされたのを覚えています。 マンガだったかと思うのですが、その記憶はもう定かではありません。 まだまだ暑い日がつづいて夏本番の装いではありますが、今夜はペルセウス座流星群の極大日、毎年、この日のことよねと思ってちょっとわくわくしたりしています。 極大日一日前の昨晩は、ふと思いついて2時過ぎくらいに東の空をしばらくながめてみたのですが、雲も少しあったのと、空が明るい為か、ひとつも見ることはできませんでした。ざんねーん☺ 今日はあちらこちらで、不安定な空でしたが、きれいな空もいっぱい見えましたね。 朝方には何か羽ばたいていま…

  • 道の駅 舞ロードIC千代田、夏の花たち

    七月後半のある日のことです。 雲は多めでしたが、梅雨の合間の晴れた日でした。 久し振りに、北広島町のお客様のところへついて行きました。 トイレ休憩で、ほんとうに久し振りに「道の駅 舞ロードIC千代田」にちょっとだけ寄りました。 以前にも紹介したお買い得!?な植物たちがたくさんあるところですね。 昨年は初夏の頃にも紹介していました。 www.shiz1.work この日はじめて見た植物、ふしぎな形の葉っぱです。 ひこうき草の名前です。調べてみると、寒さに少し弱いので観葉植物として室内で育てるとよいらしい「飛行機草」「ヒコウキソウ」の名前です。…おもしろいなぁと思ったけれど、時間もなかったので連れ…

  • 毎年たくさん咲く、白蝶草はガウラ

    梅雨もやっと明けたかと思ったら、もう八月になりました。 七月末に締め切りが延長されたのに、未だに完了していなかった三件と、今週のイベント!?二件がなんとかかんとか完了し、課題満載でなかなか動かなかった件がやっと動き出して、ちょっとだけほーっと一人和んだところです。 そんなわけで、またまた言い訳ですが、この記事は二週間以上前から下書きに残したままでした。 七月のおしまいの夜は久し振りに雲一つなく、射手座付近でぴかっと目立って光っている木星とすぐ近くにいる土星に、月齢10.4の月が近づいていました。 昨晩はもっと近づくだろうと思っていたら、あいにくの曇り空、雲の合間に、少しだけ見えた月齢11.4の…

  • 梅雨間の、とても空がきれいな日を

    この間の土用の丑の日は美味しいうなぎを食べましたでしょうか。 私はすこし早く先週の日曜日に美味しいうなぎ弁当をいただきました。 あちらこちらで色々な色のランタナが真っ盛りですね。 今週訪れたお店の近くに、オレンジのランタナがいっぱい咲いていました。 色の変化が様々で、こんなに面白いのですね。 車がびゅんびゅん行き交う幹線道路沿いでも、ランタナは元気いっぱいですね。 先日、あらためて教えていただいたのですが、「土用」とは季節の変わり目の18日間を指し、春夏秋冬のそれぞれの季節の変わり目なので、1年間に4回ある…というのは何となく知っており、うなぎも「江戸時代のうなぎ屋の戦略の賜物だった…」という…

  • 久し振りの高坂パーキング

    久し振りに、高坂パーキングエリアを利用させていただきました。 トイレ前の花壇の花も、夏の花に植え替えられていました。 大雨のあとなので、いっぱい泥はねしていますが、ベゴニアと、 三色のトレニアですね。 お待たせしました!! トイレに飾ってあったのは、梅雨時の素晴らしい作品でした。 雨粒も笑顔です。 でもね、ものすごく丁寧にお掃除をされている係の方に伺ったのですが、とてもとても残念なことに、以前飾られていたお地蔵さんたちを持って行ってしまう人がいるらしいのです。しかも、必ず夜中に…なんてこった!!!!です。 一方、コロナ禍になってからは、定期的に男性トイレに消毒液を設置する殊勝な方もおられるらし…

  • マンネングサも咲きはじめました。

    大雨に打たれて、倒れてしまったギボウシの花ですが、立ち上がろうとしています。 とても力強いですね。 久し振りの青空に白い雲、ほんとうにぽっかりと浮かんでいました。 半日陰で、どんどん勢力を広げているマンネングサに、いつのまにか小さな小さな黄色い花が咲きはじめていました。 もうすこし陽当たりのよいところは、もう少し咲き進んでいました。 こちらは物置の横に発生??した一団です。 葉っぱは、みどりの金平糖に見えたりしませんかね。 すっかり花がなくなっていたヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)もまた咲きはじめていましたよ。 そうそう日陰に置いていたオキザリスの放置鉢をのぞいてみると、やはり、咲いていました。今頃に…

  • ブロガーバトン、ちょこっとだけちゃれんじしてみました。

    こんなにもずっとずっと雨が降るものなのでしょうか。まるで、空が大河のようです。どうか一刻も早く、事態が少しでもよくなりますように。 梅雨の晴れ間の青空が愛おしいような。。。そんな気がしています。 さて、前回お伝えしましたように、 ねずみリーダー さんからブロガーバトンをいただきました。 nezumileader.hatenablog.com あんまり、きちんとお伝え出来ない気もしていますが、ちょっとだけチャレンジしてみますよ。 こちらが、みなさまがリレーをされている 「ブロガーバトン(自己紹介シート)」ですね。(ねずみリーダーさんからのものをコピーさせていただきました。) パワポに張り付けて、…

  • 囚われの胡瓜姫

    先週もいろいろあり過ぎて!!、ちっちゃい庭も野菜たちも見守ることが出来ず、夜中にふとみると、太めのキュウリが柵の中にはまってしまっていました。 暗い中で、ちょっと引っ張ってみても、動かなかったので、明るくなって対処しようとあきらめました。 キュウリは日にもよりますが、一日で巨大化して、ぶっとくなることがあります。 次の日の朝、恐る恐る見に行くと、こんな感じになっていました。 胡瓜姫が囚われていました。 後から植えたキュウリのプランター、邪魔にならない設置場所として、柵に沿わせてみたのですが、いけんかったですね。 追肥を忘れて放っておいたせいか、下の葉は黄色くなってしまいました。 でも意外にも、…

  • 梅雨の晴れ間に花たちを

    草むらにネジバナを見つけました。 ここは広島の中心部、紙屋町交差点です。 見つけさえすれば、どこでもお花と会えますね。 帰りの空は、青が溶けたような青空でした。 ちっちゃい庭のネジバナは六月の終わりの週にはまもなく頂上に至るかなというところでした。 その二日後には到達しましたかね。 そうして、こたらがその次の日です。ちょっとずつ咲いていくネジバナを今年はちゃんとお届け出来ましたでしょうか。 スカシタゴボウ(透田牛蒡)がまた伸びてきています。 ほとんど抜いてしまいましたが、梅雨時にビオラの勢いがすこしだけ増しています。 いえいえ、放っていただけですね。 伸び放題の白蝶草(ガウラ)もすこしご紹介し…

  • 夾竹桃と月桂樹と

    街のあちらこちらで、ずいぶんと夾竹桃が花盛りとなりました。広島市の花でもありますね。 今年は撮れる機会がなかなかなかったのですが、この間、平和公園前を通りかかった時に少しだけ撮ることができました。 去年は違う場所でたくさんの種類のものを撮っていましたね。 www.shiz1.work この木は日陰のせいか、まだまだ咲き揃うのは先のようです。 かなり背高のっぽのクスノキの下です。 陽が西に傾きはじめていますが、この日は夏至より少し前、ずいぶんと遅くまで明るい日でした。 通りの向こうには立派な白の夾竹桃、もう満開ですね。残念ながら時間に余裕がなかったので、撮りに行くことはできませんでした。 さて、…

  • 螺旋に咲くネジバナの頃に

    人生にはまさかの坂が何度かあるとは言うけれど、主人が突然に病気の発覚→入院→手術→退院→そして、仕事に復帰しました。わずか一週間余りの出来事です。 ほんとうに初期の初期の段階だったので、お医者様には奇跡的と言われました。神様、ご先祖さま、みなさまほんとうにありがとうございます。 そんなこんなで、これはきっとねじりばなとも呼ぶネジバナが、芝生の上にすくっと伸びてきていたのも、放っておいたままでした。 今日見ると、螺旋の花が上の方まで色がついてきていましたよ。 でもね、こんな時でも病院の出入りの時や、病院の窓から見た空はとてもきれいだったので、ついついいろいろと撮ってしまいました。 ヒペリカムがた…

  • 一面のノハラツメクサ

    今週になって、延期となっていた面談もやっとやっと再開されました。 二か月近く訪れないままに過ぎてしまうと、季節は一気に変わっていました。 稲穂も伸びていますが、ちょっとお水が足りない感じです。この日の次の日から梅雨入りとなったので、来週はもっと勢いづいているかもしれませんね。 昨年みつけたオオキンケイギクいっぱいの斜面の近くを通りました。残念ながら、もう花のピークは終わっていました。「特定外来生物」に指定されて、栽培が禁止になっているけれど、大きな花はやはり見ごたえがありますね。 よろしければ、昨年の記事をどうぞ。 www.shiz1.work オオキンケイギクの見頃は逃したけれど、ニワゼキシ…

  • 五月終わりのヤグルマソウと。

    ヤグルマソウ(矢車菊)の花ももうおしまいの頃となりました。 この前、いちばん美しいヤグルマソウのお話をしましたが、少し前にまたそこを通った時に、ついにその主(あるじ)の方にお会いすることができました。 花の時期が長いヤグルマソウはこれくらい、五月のおしまいの頃のことです。 広大な畑の作業をされていて、ちょうどこちらに向かって歩いて来られました。 たいへん申し訳ないのですが、この時はじめて花を撮らせていただく許可をいただきました。(これまで勝手に撮っててごめんなさいっ) そうして、お迎えが来るまでのほんの数分の間でしたが、すこしお話することができました。 なんと、ご自宅のお庭はもっともっとお花で…

  • センダンの花咲く頃に

    ついこの前まで、広島市内のあちらこちらの通りでこの木の花が満開でした。 あまりにあちらこちらで見かけるので、これは何の花かと思いきや、はたと思いあたりました。 センダンの花です。 以前も何度か、冬の実を記事にしていました。こんなにたくさんの花がお数珠のような実になるのかと合点が行きました。樹木もまだまだ知識不足ですが、判明すると嬉しいですね。 www.shiz1.work このあと打合せが終わってから、飲食店さんに資料を取りに伺いました。珍しくお昼のお弁当が結構残っていたので、主人のお母さんに電話したら「助かるし、嬉しいけど、忙しいんじゃけぇ、途中まででも取りに行こうか!!」…と。いえいえ高速…

  • オクラの花はクリーム色にビロード細工

    オクラの花が咲きました。 久し振りにに見るオクラの花、ハイビスカスや芙蓉などと一緒のアオイ科ということもあり、意外とゴージャスで美しいのです。特にこの雌蕊(めしべ)の色合いはなかなか魅力的だといつも思ってしまいます。 この上にオクラの実がある…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 でも、こちらは実ではなく、オクラの蕾です。まるでもう実のようですが、これから花が咲き、終わってから実となる…はずですね。 今年は久し振りに、苗を購入して、夜が冷え込む日は簡易ビニール温室にして、やっと花が咲いたのです。 でも、今年はアブラムシが多いようで、途中から、くしゅくしゅっとしたアルミホイルを敷いて、アブ…

  • 虹色に輝く太陽と

    それは先週の日曜日の朝のことです。 今日もとびきり空がきれいだなと思っていたら、お空に穴が空いていました。(ちょっとだけハートの形に見えなくもないような…☺) …いえ、穴があきそうになるくらい薄く淡いあわい水面のような雲なのです。 そうして、淡い雲はお日様を虹色に変えておりました。 日暈でもなく、虹色の太陽なのです。 ガウラ(白蝶草)もどんどん咲いています。 この日はイチゴも一番の収穫となりました。 今年も胡蝶蘭の一番花が…と報告しようと思っていたら、ここ数週間の業務の立て込みの中で、いつの間にか三輪もひらいていました。 葉っぱも枯らしてしまい、もう二枚しか残っていないのに、よくぞ咲いてくれま…

  • 一番美しいヤグルマソウの花びら

    いやあーいろいろあり過ぎてなかなかブログに辿り着けません。 それはさておき、前回、四月のスノーフレーク(鈴蘭水仙)の写真を探していたら、未掲載の四月の写真がいっぱいあり過ぎて…、もう季節は過ぎてしまったけれど、すこしだけお届けしてしまいますね。(…途中まで書いて放置していた記事です。。。) 四月半ばにはもうこれくらい、コバルトブルー色のヤグルマソウ(矢車菊)が咲いていました。 前にも触れたことがあるかと思うのですが、この花を見ると、どうしても人魚姫のことを思わずにはいられません。 今日も引用させていただきます。前回は新潮文庫さんの矢崎源九郎さんの訳を引用させていただきましたが、いろいろと調べて…

  • 不如帰啼き、ほんとうに初夏の頃

    昨日の夜中に、今年はじめてホトトギス(不如帰)の声が聞こえたような気がしました。すぐに聞こえなくなったので、空耳かと思ったら、今朝、ちゃんと近くで啼いていました。ほんとうにもう初夏の頃ですね。 昨夕、白いアマリリスもひらきました。 よく考えると三つ前くらいの引越し先からいるので、ものすごい長い長い付き合いですね。最初の何年かは家の中に置いていて、年中葉っぱが出ていて、たまにしか咲かなかったのですが、外に放置しておくと、冬は葉っぱが枯れてなくなり、毎年花ひらくようになりました。株も少しずつですが増えて行っています。ぬくぬくと暮らすだけでは花ひらくことはないのかもしれませんね。 風車のようなハツユ…

カテゴリー一覧
商用