searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ちぴゅぅささんのプロフィール

住所
東区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ちっちゃい庭とおっきい空と。
ブログURL
https://www.shiz1.work
ブログ紹介文
手抜き園芸と季節ごとの花や草木の話、空と星と小さな庭の再生を少しずつ…ちょっとでもほっこりしていただければうれしいです。
更新頻度(1年)

59回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2019/01/28

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ちぴゅぅささんをフォローしませんか?

ハンドル名
ちぴゅぅささん
ブログタイトル
ちっちゃい庭とおっきい空と。
更新頻度
59回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
ちっちゃい庭とおっきい空と。

ちぴゅぅささんの新着記事

1件〜30件

  • ちっちゃい虹をつくってみよう!!

    大雨続きのあと、毎日の水遣りをついつい怠っておりました。 すると、すぐにエゴノキの葉がカリカリになって、散って行きました。 あんなに大雨、早く止まないかと言っていたのに、また雨降らないかと、ついつい思ってしまう…なんて身勝手なんでしょうねー。 もう九月になってしまいましたが、まだまだ水遣りは気が抜けませんね。(…いっぱい気を抜き過ぎて、毎年いっぱい枯らしてますけれどね。) もちろん、炎天下での水遣りはタブーですし、出来れば朝と晩に、さらに晩には日が暮れ始めてすぐの頃、早めに根元だけではなくて、葉っぱにもたっぷり水をかけてやると、かなり元気になるような気がしています。 でも、毎日の水遣りはほんと…

  • ちいさいカエルの大冒険

    ちいさいカエルは空を見上げて思いました。 あんまりたくさんの大水が落ちてきたので、そろそろ空っぽになりはしないのだろうかと。どっちにしても、明日くらいから、晴れるかもなとも。 なので、この夜はいつもよりもう少し遠くに行ってみようと決めていました。 お母さんのお母さんのそのまたお母さんの頃、このあたりはずうっと田んぼが広がっていたそうです。今は待宵草や、まだ花のないセイタカアワダチソウや、葉っぱだけのススキやらがいっぱいです。 そこをぴょーん、ぴょーんと飛び抜けていきます。 土はぬかるんで、あっちにもこっちにも大きな水たまりがいっぱいいっぱいありました。そこをもっと高く、もっと強くびょーん、びょ…

  • 雨間の二日月と

    広島は大雨続きです。いえ、全国どこでもですね。 でも、今回、痛感したのは、2014年の災害、2018年の災害を経て、整備された砂防ダムがぎりぎりではあったし、崩れたところもたくさんあったのですが、かなりがんばってくれたことと、以前と違ってどんどん情報が入ってくるように変化したことです。ほんとうに危なくなったところの避難はかなり積極的にされていますね。 …警戒レベル5になっても、まったく避難しなかった人が言うのもダメダメですけれど…。 ご無沙汰したままで申し訳ありません。みなさまお変わりございませんか。 昨日、モデルナ二回目で、39度以上発熱したのですが、解熱剤二回飲んで、かなりすっきりしたので…

  • かぶとむしに遇う

    このあいだ今夏はじめて、ひぐらしの声を聞きました。 もうずいぶんと長く暑い日が続いているのと、連休もあったりしてなんだかお盆過ぎの頃のような気分に一瞬錯覚してしまいました。 まだ立秋にもなっていませんでした。 七月中に終えないといけないものもいっぱいでしたが何とか何とかぎりぎり切り抜けることが出来ました。先日の試験もなんとか受かったようで一安心です。 そうは言ってもこの一瞬の解放感はいくつになってもいいですね(相変わらず試験は苦手ですけれど。。。) (…等々という記事を書いていて、連日・連夜のいろいろな舞い込み!?で、またも、そのまま置いてたのですが、このまま行くと、ブログを止めてしまいそうな…

  • ニワゼキショウの考察を少し

    大雨のあとの訪問先の駐車場で、ふと足元を見ると、白線横のアスファルトの裂け目の草むらに、オオニワゼキショウが咲いていました。 周りを見渡しても、この一輪だけだったので、もうそろそろ今年は見納めかもしれませんね。 そのすぐ近くの草むらには、シロツメクサに混じって一本だけネジバナもみつけました。 こちらはこの頃がピークでしたかね。 それからもう一週間以上とうに経ってしまい、ニワゼキショウのことはまた来年書こうかなと思っていたのですが、書きかけたままにした記事がいくつもあることを反省して、一つ仕上げてしまおうと思いつきました。 ちっちゃい庭のニワゼキショウはもう種も飛んで行ったものも多いですね。 酷…

  • なつぞらつづいて

    早朝から少し遠くのお客様のところへ移動しました。 移動途中も、雲が湧き上がって行くのが見えたのですけれど、着いた先でももこもこの真夏の雲ですね。 今週はこちらでもやっとやっと梅雨が明けましたが、土砂降りや雷鳴響く日々も多く、不安定なお天気が続いています。 でも、合間に見たいくつかの夏空の、ほんの一部をお届けいたしましょうかね。 こちらは急激に背高のっぽになってきた近くの向日葵、夕暮れ時もいいですね。 未だに落ち着くことが出来ないままですが、たまに確認しているはらぺこあおむしさんの動向は今のうちに報告しておきましょう。 でもね、実は七夕の日にはもう一匹のみしかみつけられませんでした。 次の日は雨…

  • 半夏生の頃

    先週末にやっとやっとたくさんの締め切りに何とかかんとか間に合って、ほっとしたのも束の間、このいろいろと追われている間に、疎かになってしまったことが山積みで、いかんなぁ~と思いつつ、無理したせいかやる気もなかなか出来ず終いの週末…でした。なんてこった!!(…でも、昨日も草取りと芝刈りはがんばりましたよ。。。) そんなわけで、水遣りも思うようには出来ずの日々、いろいろと枯れ枯れになったり、草ぼうぼうとなったりしていますが、何とか少しずつでも取り戻せねばなりません。 炎天下が続く中で放置していたにも拘らず、ありがたいことに檸檬の木は元気です。 アゲハ蝶が何度か生み落としにやってきていて、ちっちゃいお…

  • 空がきれいな日に

    夏至の前の数日は、雨が降らない日が続きましたが、大気は水蒸気をたくさん含んで、空がとてもきれいな日が続きました。 なのでちょっとだけお届けいたしましょう。 おっとその前に、リムナンテスの開花も少し前のことですが、お知らせしておきましょうね。 思った以上に鮮やかな黄色でした。 でも、思った以上に早く終わってしまいました。 雨が降ったあとに、空に穴があきはじめたところです。 どんどん広がっていきます。 昨年もお届けした防草シートにノイバラの勢力が増しているところは、今年はもっと増し増しになっています。 こちらもわずか一週間も咲いていないので、また来年、きらきらの晴れた日に撮りに行ければいいなぁと密…

  • 紫陽花、ヒペリカム、七変化の頃

    先週のはじめ、暑い日が続いていた頃に、銀行に行く途中、黄色い花びらがいっぱい散っているところに出会いました。 昨年も撮ったヒペリカムの種類の一つ、ビョウヤナギですね。 …雨が降らないので、いっぱい引っかかったままですけど。 ちょっと遠くから見るとこんな感じですが、 近くに寄ると、ヒペリカムの中でも、一番長いくるりんまつ毛、いえシベ(蕊)がやはり美しいですね。 でもね、ヒペリカムは雨降りの後の方が、さらに美しさを増すような気がしています。 こちらは少し前、五月の終わりころの西洋キンシバイ、こちらも長くてゴージャスなしべですが、くるりんとはなっていません。 梅雨時の花というと、まず紫陽花を思い浮か…

  • 雨の日の花たちを

    今日も真夏を思わせる暑い日となりました。 雨が降らない日が続くので、先週以前の雨の日のしずくいっぱいの写真をお届けいたします。 レモンの葉っぱもずいぶんと大きくなってきましたよ。 ずっと並ぶ雫たちです。 ジューンベリーはもっときらきらしています。 大きめしずくもいますね。 枝豆はこんな感じ、葉っぱによってかなり違います。 こちらはブルーベリーです。 あらあら、花たちをお届けしようと思っていたのですが、葉っぱばかりでしたね。 ちょっとだけ場所を移動したヤマアジサイも何とか今年も咲きそうになっています。 雨の日の南天の花もいかがでしょうか。 こちらは紫露草、実は五月に撮ったものなのですが、うちの近…

  • 梅雨間に空燃ゆる

    ミニトマトはまだ色づきませんね。 でも、だんだん重くなりはじめて、しなってきています。 下の葉が黄色くなりはじめたので、少しだけ追肥して、早々に取ってしまいました。 いよいよ枝豆の鞘も膨らんできました。 オレガノの花も咲きました。 いろいろとお伝えしたいことがあるのですが、昨日も今日も梅雨間夕焼けがとても美しかったので、取り急ぎお伝えいたします。 6月5日の夕暮れは、最初は南南西の空が中紅色と紅碧色のとても淡い色合いになりました。 まもなく高い支柱に変えたトマトの向こうでも、ガウラの鉢のむこうでもです。 そのあと、西の空が燃え始めました。 あんまり燃え続けるので、すぐ近くのもっと山の端が見える…

  • 不如帰と、芽吹く木々と

    先週末に、今年お初のホトトギスの声を聞きました。その日から時々ですが、夜中にも遠くで啼いています。 もうすっかり初夏ですね。 ホトトギスの声がわからない方がいたらいけませんので、たまには、数少ない動画も入れ込みましょう。 www.youtube.com 残念ながら、昨年は撮れずで一昨年のものですし、動画編集というものに手出しをしていないので、ありのままで申し訳ありません。でも、こちらを放っておいたら、再生回数が千回を超えててちょっとびっくりしました。 さてさて、トマトの一番花が黄緑の小さな実になりはじめていたことをお伝えしようとしていたのですけれど、またも、いろいろと立て込んでいるうちに、、、…

  • ミニトマトのお引越し!?と、虹の架け橋

    先週末もいろいろとありまして、本日必要な資料作成までも、なかなか到達出来ずで、かなり焦ってしまいましたが、移動途中も含めて修正して、何とかかんとか乗り切れました?…かな。ふぅーっ。 そんなわけで、かなり遅くなりましたが、先日の夕暮れ時に、空好き仲間からいただいた美しい夕暮れの写真をやっとこさ載せますね。 ずっと続く細かーいさざなみがとても芸術的ですね。 たいへんありがとうございます。また、いつでも、お待ちしております。 実は、ちゃんと解き放った課題もあるのですが、まだまだいくつかの宿題が完了しておりません。なんてこった!!!! そんな中、ふと見ると、ミニトマトの一番花が咲いておりました。 先週…

  • 難を転じる!?南天の寄せ植えも

    昨日から上がってきた梅雨前線の影響で、まとまった雨が降りました。 夕方、戻ってくると、エスコルチアのところに、クリーム色が見えたので、暗くなる前に急いでのぞいてみました。 おおーっ、なんだか明日には一番花が咲きそうではありませんか。 い・いつのまに。。。 しかも、蕾もいくつかありますね。 リムナンテスはまだですかね。 葉っぱだけだと、なんだかどうしても野菜のように見えてしまいます。 冬を越したイングリッシュラベンダーが上手く根付いたようです。 一つ前に住んでいた一軒家の賃貸に、ほんとうに猫の額ほどの庭があって、急斜面だし、水はけ良すぎるしで、色々植えては失敗を繰り返していたのですが、レースラベ…

  • 初夏の園芸作業をすこしだけ

    たまには庭仕事の、いえ、園芸活動のお話をいたしましょう。実は、ヨーカンエリアはちっとは整ってきているんですよ。 何回か、場所をシャッフルもしましたし、少しですが、新入りもお迎えしたのです。 それは四月半ばのお話です。 ちょっと重めのお仕事が終わったこともあって、帰り際に、みつけてしまった産直市場についつい寄り道をしてしまいました。 ぱっぱっと野菜も仕入れましたが、もう一回戻って、入口付近の植物たちをじーっとみつめて買ってしまったのですね。 あれま、今年は手を出さないでおこうと思っていた野菜苗たちですが、枝豆も入れてしまいましたねー。 これだけ買って1,010円(税込み)でした。 あんまり、レイ…

  • 日暈と、環水平アークと

    キュウリ草やタチイヌノフグリやタチカタバミなどの勢いが増し増し過ぎて、たまの草取りでは全く追いつきません。 でも、ついついニワゼキショウは残してしまいます。 ふと空を見上げると、お日様にものすごいくっきりとした日暈がかかっていました。 5月4日のお昼前のことです。 ちょっと眩しいけれど、伸び過ぎの青もみじと一緒に撮りました。 直接視ないようにしながらも、次々と撮りましたよ。 クロガネモチともみじです。 アオダモとコナラと。 この少し前に、アオダモの枯れてしまった枝を高切り枝ハサミで切ることにチャレンジしていたのですが、どうしても、上の方が届かず…、助っ人さんに依頼をしたら、頂上の枝も僅か1セン…

  • 初夏の愉しみ、ちっちゃい実を

    今週は移動が多いし、次から次へと力量超えのお仕事続きでバテてしまいました。 もう肩も首も限界を超えたので、ひさーしぶりにりらくるさんの90分コースを受けて、担当の方に「うっ、これは…」と言われながらも、ちょっとふっかーつ!!、ありがたいことです。 桜も果樹の花々もほとんど終わってしまいましたが、よく見ると、あちらこちらで赤い実などがいっぱいなっているのですよね。 走り去りながらなのでちゃんと撮れていないのですが、桜並木の中にも、こんな木がいっぱい!!、美味しそうでいいなぁとついつい思ってしまいました。 なので、来年かなと考えていた、いつか植えたいと思っていたユスラウメを楽天の期間限定ポイントを…

  • ハナミズキを植えるなら

    今年は、早々と四月の初め頃から咲きはじめていたハナミズキと藤の花のところへちょっとだけ立ち寄ってきました。 紫の藤の花と、 真っ白い藤の花が、 両方咲いているところです。 近づくと、たくさんの蜂さんたちがブンブン飛んでいます。 背丈が足りないのでこれくらいまで…、ブンブンブン、わかりますでしょうか? もっと下側まで垂れ下がっているところです、幸いにもこのあたりは蜂はいないみたいですね。 ほぼ真下から見るとこんな感じです。 一番、垂れ下がっているところは真近で撮ることが出来ました。 ここはかなり時を経た藤棚のようです。 こんなにきれいな空の日でしたので、 ハナミズキもお空に映えますね。 陽の光を…

  • 月下美人のその後

    なんだかんだとあり過ぎて、なかなかブログに辿り着けません。 日曜日の夜はちょっと時間が出来たのに、疲れ果てて意識を失って、気がつけば、丑三つ時、やっと立ち上がって、最低限のお片付けですねー。 今週もぼちぼちぐわぁんばりましょー。 さて、今年も胡蝶蘭が咲きました。 あんなにほったらかしでも咲いてくれるなんて、有難いですねー。 この二日前には、まだ蕾だったのにね。 でもね、よくご覧ください。 今年はなんと蕾が三個だけ、やはり、葉っぱも三枚になって増えなかったのも原因でしょうか。咲いてくれただけでも、良しといたしましょう。 そうして、ずっと前にちょこっとだけご紹介した月下美人にさらにさらに変化があり…

  • 紫じゅうたんのサギゴケ

    今年の花だよりは、ほんとうに早めですね。 四月はじめあたりから、あちらこちらでハナミズキがもう満開です。 いつもは五月の連休あたりくらいなのですけれどね。そうして藤の花が咲いているのもみつけました。 早くもレンゲの花が咲いているのも見たのですが、停まるところもみつからず、仕事が終わってそのまま帰ろうと思ったのですが、「…こんなにみんな早いのなら、昨年、ノハラツメクサがいっぱいだったところを覗いてみよう」と思いつきました。 確認してみると、昨年は6月に一面に咲いていたようです。 www.shiz1.work レンゲいっぱい咲いていましたよ。 …というのは、もう一週間も前のことですけれど、ちょっと…

  • ちっちゃい葉っぱたち

    一月の何度かの寒波の到来で、挿し芽にたくさんの蕾がついていたキララは、そのほとんど枯れてしまいました。 でもわずかに残ったものがやっとやっと復活して、咲いていました。 すごい復活力です。 ここはほんとうに放置鉢なので、何度か抜いたスカシタゴボウも、大群のトキワハゼもそのままですね。 ついこの間まで、カリカリの葉っぱがたくさん残っていたと思っていたコナラの葉っぱはつやつやのベルベット生地みたいです。 その向こうには、久し振りに、アオダモの花がたくさん咲いていました。 これからもっと白くなるはずですね。 ジューンベリーのつぼみはまだこれくらい。 ジューンベリーの足元には、毎年、抜いても必ず生えてく…

  • さくら、桜、春まっさかり

    先週末あたりから、帰り道の坂のずっと上あたりが、いつもより白く光って見えていました。 一昨日の夜は、かなり遅くなってしまったのですが、右に曲がらず、白い場所を確認しに行きました。 小さな公園の古い桜の木が街灯に照らされていました。 でも、夜中の住宅街でちょっと不審人物になってしまうかなと不安がよぎったところに、車を停めた横のお家の方が帰って来られました。 ちょっと慌てたのか、こんな写真も撮れてしまいました。 あんまり長居してもいけませんので、遠目にもう一枚だけであきらめて帰りました。 来年はもっと早い時間に、そして昼間にも来ることといたしましょう。 * * * 今朝は時たまですが、風が強めに吹…

  • 土佐水木のお引越し

    おかげさまで、昨年、土佐水木だと判明した数年前に種から育った木、今年も芽吹きました。そうして、ふと気がつくと、私の背丈をとうに越してもう2メートル近くになっていました。 このまま狭い壁際のこの場所で、いつも水撒きのホースが絡まって下枝が折れたりするよりは、もう芽も出てしまった春先といえどもお引越しをせざるを得ませんね。 ちっちゃい庭は、実は半分以上車庫の上なので、樹木を地植えする場所がとても限られているのです。 なので、大きな鉢に植えることも検討しましたが、少し掘り起こしてみると、根の深さは30㎝ほどなのに、拡がりは左右それぞれに1メートルを超えていたので、鉢植えはすぐに断念しました。 考え抜…

  • 今日の桜たち

    今日は明るいうちに移動しました。 向こうの雲が流れていく間に、同じような形に変身していくのが面白いなぁとぽけーっとしながら見ていると、行く時は疲れ果てていて意識を失っていたのですが、帰りは車窓の桜を堪能しようと、ふと心に誓ったのでした。。。 なかなか美しい桜を次から次へと見ていると、ついつい撮ってみたくなりました。 窓が開かないので写り込むし、流れてしまいますが、ちょっとお届けしてみましょう。 写り込みが激しくて申し訳ないのですが、桜、満開です。 見頃は終わりの大きな木瓜の花でしょうか、…ボケていますけれど。 菜の花畑が続いています。 たまに上手く撮れます。 徐々に流れて行く、駅の桜はいかがで…

  • クリスマスローズに想うこと

    少し前の雨の朝にひらいた水仙です。 同じ日の白いイベリスの花は、 二日後はこれくらいひらきました。 その三日後にはこれくらいに、 その二日後の夕暮れには、やっとイベリスの花らしくなってきました。ほんとうにちょっとずつですね。 野ばらの下のオキザリスは鉢を逆向きにして、こちら側の勢力をのばしてもらおうかと思っていたら、先日、まんまと!?もう片方に伸びて咲いていました。 こちらはびっしりはびこり!?ました。こぼれ種からの忘れな草もみんなみんな一緒に咲けばいいのですけれど、ちょっと季節がズレますかね。 この間咲いた白い水仙は、 昨年も咲いたこちらのつぼみと、 一緒の花でした。 …と思っていたのですが…

  • 花海棠の開花宣言 2021

    広島の染井吉野の開花宣言から、もう一週間となりました。 でも、通りがかりにあちこちのソメイヨシノの木をみつめるのですが、どこも固いつぼみです。標準木はいたずら小人が温めたのではと、密かに疑い始めた日のことです。 近くの古木もまもなく咲くかなと見上げました。 コーヒーを買ったコニビニ横の濃い目の桜は、何という種類でしょうか。 もうかなり散っていますね。 また調べてみないといけませんね。 途中の枝垂れ桜は、ちょっと遠いのですが、これくらいでした。 さらに移動して、いつも早く咲く幟町小学校の一番西側の古木を見上げてみると、 今年はじめての染井吉野の開花をみつけました。 夕方通ると、この間の河津桜はも…

  • 春進む畑の傍らで

    広島では昨日、ソメイヨシノの開花宣言がありました。 平年より16日、昨年よりも11日早く、広島では1953年の統計開始以来、最も早い開花宣言なのだそうです。そりゃあ、ここ数日は春まっさかりの陽気でしたからね。 ほんとうにすっかり春めいて、あちらこちらで花々がひらいています。 通りかかった畑の傍の空き地で、ホトケノザたちの勢いがすごいので、ちょっと撮らせていただきました。 まるで、カタツムリの角のようです。でも、みっつもよっつも、つの出してますけれど。 でも、このあたりのオオイヌフグリはまばらですね。 ナズナもね。 なので、ちょっと移動してみました。 ここはなかなか素敵に咲いていますが、他の草も…

  • 啓蟄の日は雨

    今春はじめてのウグイスの声を聞きました。まだあまり上手には啼いていませんでしたけれどね。 まだ冷たい雨でも、早春の雨が降った次の日は植物の成長がめざましいですね。 こちらの水仙もひらきました。 今年は見逃すかと思っていた広島の中央通りのハクモクレン、お雛祭りも過ぎた啓蟄の日の3月5日に、お客様のところに行く用が出来て、見ることが出来ました。 東側の影が多めの通り側はこれくらいでした。 でも、先っぽの方はひらきはじめていますね。 西側の陽射しが多い方は、もうだいぶひらいていましたよ。 まだ雨がしょぼ降っていましたが、近くでもちょっとだけ撮ってみました。 去年よりもちょうど一週間遅れといったところ…

  • 早咲きの桜、河津桜たより

    暖かった日の夜にまとまった雨が降って、昼間は強めの風が吹くと、次の夜はまた急に冷え込みました。これからは菜種梅雨の日々もあるのでしょうか。 お雛祭りの日は晴れましたね。 雨上りの朝、強めの雨に耐えた黄水仙です。 開物発事(ものづくりとことだまの国) さん、説明不足でごめんなさい。白水仙はまだこれくらいです。 でもね、二月の中旬に植え替えたときにはこのくらいだったのですから、これからの急成長に大いに期待しましょうね。 新入りの黄水仙と、白水仙(植え替えた日に) 近くにもう一つ蕾がのびてきました。こ・れ・は??、昨年はなかったような…。 咲いたら、また報告いたしましょう。 いつもよく通る場所の河津…

  • 二月はおしまい、芽吹きはいっぱい

    昨日の満月は朧月、うっすらですが暈もかぶっていました。 夜中の風はまだまだちょっと冷たかったのですけれど、なんだかもう春のような夜でした。 今週はじめに、これくらいだったクリスマスローズの芽は、 昨日には花芽を確認することが出来ました。 日ごとに伸びています。 ハナニラたちは、まだまだこれからたくさん蕾が出てくることでしょう。 新入りの大きめ黄水仙は一週間以上日にちをかけてひらいて行きました。 なぜでしょう。遅れていた右奥の蕾が追いついてきました。 雨が降った次の日です。 そうして、今朝にはずいぶんひらいていました。 なんだか、右奥さんが追い抜いた気がいたします。 こちらの黄水仙と原種系のクリ…

カテゴリー一覧
商用