chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
フォトポエム始めました!上海より https://jianyuanshouhe.themedia.jp/

生き方を模索する人のためのメルマガ配信です。写真と言葉を組み合わせ「フォトポエム」形式で発信を行います。上海在住の私が日常生活の中で撮った写真と五感を通じて感じたことを言葉で表現していきます。独特の表現をお楽しむください。

上海で私と一緒に写真を撮りたいという方は、ご連絡ください。

菅原寿和
フォロー
住所
中国
出身
大和町
ブログ村参加

2019/01/08

1件〜100件

  • 一生の間に一人の人間でも

    一生の間に一人の人間でも、幸福にすることが出来れば自分は幸福なのだ。

  • 自分自身へのこだわり

    自分自身へのこだわりがなくなった時に初めて本当の自分になれるのだ

  • 幸せも不幸も、自分の感じ方次第

    Published by Ameba Ownd

  • この運命だなんて,自分の努力で変えてやる

    Published by Ameba Ownd

  • 生きていれば大変なこと

    生きていれば大変なこと傷つくこと悲しいことはたくさんあるでも、そこで「私の人生って失敗」と思うことはないことその都度、自分に大丈夫と声をかけて必要ならば誰かの力を借りながらまた立ち上がればいいよ

  • 眠る前に今日一日の感謝を捧げよう

    Published by Ameba Ownd

  • 人生には辛いことが起こる

    人生には辛いことが起こる。悲劇も起こる。しかし、辛いからといって自分が運が悪いだのとは思わないで欲しい。むしろ、苦しみを与えてくれた人生を尊敬するようになって欲しいのだ。苦しみによって、この精神が、こ

  • 人の苦しみを和らげてあげられる人は

    人の苦しみを和らげてあげられる人は。生きている存在意義を見出している。

  • いのちの夢 いのちには夢がある 小さな夢でも いのちの夢でも いのちの夢は美しい 海 空 台地 無限に広がるいのちの世界 世界は夢に満ちている

    いのちの夢いのちには夢がある小さな夢でもいのちの夢でもいのちの夢は美しい海 空 台地無限に広がるいのちの世界世界は夢に満ちている

  • 夢見ることができれば

    夢見ることができれば。それは実現できる。

  • 生きていることに本当の価値がある

    Published by Ameba Ownd

  • もし迷ったら自分の心に聞く

    もし迷ったら自分の心に聞く。自分の心が嫌だと言うなら、無理をすることは決してない。

  • 苦しみから抜け出す方法はただ一つ

    苦しみから抜け出す方法はただ一つ、他者を喜ばさせることです。自分に何ができるかを考え、それを実行すればいい。

  • 人の世の道は一つということはない

    人の世の道は一つということはない。道は百も千もある。

  • 私は 自分の障害に感謝しています

    私は自分の障害に感謝しています。私の障害が自分を見出し生涯の仕事,そして,障害を通して知ることができました。

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7741156

    未来は誰にも分らない。だから皆、平等なんだよ。

  • 今までよりも これから

    Published by Ameba Ownd

  • 苦しむこともまた才能の一つである

    Published by Ameba Ownd

  • 過去の自分はもはや他人

    Published by Ameba Ownd

  • 苦痛は短く 喜びは永遠

    Published by Ameba Ownd

  • 生きることは変わること

    Published by Ameba Ownd

  • 1%でいい昨日の自分を超えてみよう

    Published by Ameba Ownd

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7566749

    最初に自分を尊敬することから始めよう。まだ 何もしていない自分を、まだ実績のない自分を、 人間として尊敬するのだ。 喜ぼう、この人生、もっと喜ぼう。喜ぼび、 嬉しがって生きよう。 楽しまないという

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7534816

    自分の中に潜む「それ」に勝つ。 「怒らないこと」を武器にして、自分の中に 潜む「怒り」に勝つ。 「ポジティブな心」を武器にして、自分の中に 潜む「ネガティブな心」に勝つ。 「分け与えること」を武

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7484447

    Published by Ameba Ownd

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7452435

    自由のしるし。 わかってるよ、自由になりたいんだろ。 自由になりさえすれば、自由の能力が 最大に発揮できると思っているんだろ。 で、自由になっているかい。 自分が自由になっている証拠は何だか 知っ

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7383335

    僕は日々勉強している。 我々は普段、自分の考えや感情を心に思っ たり、誰かに喋ったりしているとき、自分が 持ち合わせている言葉で考え、表現してい ると思われる。持ち合わせの言葉が貧しけ れば、表現も

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7353472

    群れの中では自分がいなくなる。 人はみな、自分で理解し、自分で判断して いると思っている。自分には自分なりの考え があり、他人にも他人の考えと判断があると 思っている。ところが、多くの人々の中に混じ

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7314501

    自分が求めているものとは。 いま自分が置かれている立場を深く掘り下げて 考察してみよう。その考えの源は意外にも、その 足下にあるかもしれません。 本来自分が求めるものは、ここではない何処か 遠くの

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7283952

    疑いを持つ 宗教は人々に平和をもたらすもの、と思って いませんか? しかし決してそうではないことは、日々世界 のどこかで置きている戦争のニュースなど見 れば明らかです。あなたが教えられてきたこ と

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7252192

    賢明に考える習慣を持つと、そのうちに顔が 賢そうに満ちてくる。表情ばかりか、体の見 た目も賢そうになってくるのだ。たとえば、 他人から見て動作や姿勢のあり方にシャープ な感じが出てくる。元気な人が活発

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7211923

    死を受け入れる。 生は死に向かって進んでいます。 誰しも必死に生きようと考えます。 命あるもの死んでいくにもかかわらず、 必死に生きることを考えます。 死を意識するとき、愛が力を持って湧き 起

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7178467

    苦しみからの解放。 苦しさがあなたを追いかけてきたのではあり ません。それはあなた自身が招いたものです。 苦しみから解放されたければ、努力や信仰では なく、まず自分の心を静かに見つめることです。

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7134160

    希望の光。 希望は自分で感じて、考えて取り入れる。 そこに希望があるとしたら、一筋の希望 でもあったとしたら辿り寄せ、裏付けし、 体験してみよう。 自分の中に希望の光が見えたのならば、 その希望

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7105023

    求めても得られない。 求めても今日は手に入れなかった。 だとしても、諦めてはいけない。 もっと求めよう。 獲得できるまでしつこく求めよう。 それでも尚、得られなかったとしたら。 だったら、もう求め

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7040721

    あなたはまだ自分の力量のすべてを知らない。 あなたは理想を抱き、そこへと向かっているが、 その理想のある場所が、あなたの限界地点では ない。あなたの持つ力は、あなたが想像する以上 に大きく、あなたはま

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/7016551

    最高に美しい人生 最高の美しい人生とは、自分自身を超えて いくことにあります。 他人と比較して、他人を超えようとしても、 決して美しくはありません。 いくつになっても自分を高め、成長を怠ら ない人は

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6964000

    どうせ人間は死ぬのは決まっているのだから、 ほらかにやっていこうぜ。 生命あるもの、いつしかは終わるのだから、 全力で向かっていこう。 人生には時間が限られているのだか ら、チャンスはいつも今だ。

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6923095

    俺は喜び方がまだ足りない気がする。 従って、もっともっと喜ぼうと思う。 ちょっとイイことがあっただけでも、 うんと喜ぼう! 喜ぶことは気持ちがいいし、体の免疫力 だって上がる。 恥ずかしがらず、我慢

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6881879

    価値のないもの 人間の一番の誤ちは、価値がない否定的な ものだけを覚えていて、本当に価値あるも のを忘れてしまう、ということです。 いつも悪いことばかり思い出していれば、 また不幸を招くだけ。幸せ

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6842980

    共に生きる道を選ぶ。 人生をひとりで歩んではいけません。 人生をひとりで生きようとすることは、 人生の意味を失うことです。 誰かと共に生きる道を選ぶとき、人は 幸運を得ます。 共に生きることを

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6815717

    今のこの人生を、もう一度そっくりそのまま 繰り返してもかまわないという生き方をして みようよ。 ※写真と文は直接的には関係はありません ・撮影地:上海の黄浦区 ・使用機材:NIKON D810

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6815716

    今のこの人生を、もう一度そっくりそのまま 繰り返してもかまわないという生き方をして みようよ。 ※写真と文は直接的には関係はありません ・撮影地:上海の黄浦区 ・使用機材:NIKON D810

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6755316

    いつ、何を語るべきか。 人はいつ語るべきなのだろうか。 もはや沈黙のままでは赦されない。 そんな時だ。 人はそのとき、何を語るべきなのだろうか。 みずからの手でなしたことを、自分がすでに 克服し終

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6723215

    4つの財産を持つ 1)自分と友人には、いつも誠実さを持つ 2)敵対する相手には勇気を持つ 3)敗北する相手には寛容さを持つ 4)あらゆる場面で、常に礼儀さを持つ *写真と本文は直接的には関係はあ

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6690654

    恐怖に耳を傾けなさい。 臆病な人は恐怖に耳を傾け、従います。 勇気のある人は、恐怖を脇に置いて、 誰でも未知の世界に足を踏み入れるのは でもそこで挑戦していくことで人生の力は その力こそあなた

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6651991

    強くなるための悪や毒 人が強くなるための“必要悪”や“必要毒”は 必要だろうか!? ちょっとイメージしてみてください。 天高く聳えようとする樹木を。 そいいう木々が成長するために、ひどい嵐や 荒

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6612470

    その考えは態度に現れてくる。 ことさらながら極端な行為、おおげさな態度を する人には虚栄心が現れてくるものだ。 自分で大きく見せること、自分に力があること、 自分が何か特別な存在であることを人に印象

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6578292

    見栄を張る醜さについて。 人間が持っている見栄を張る気持ちには 複雑なものがある。 たとえば、自分の悪い性質やクセ、悪い素行 を素直に相手に打ち明けた場合でさえも、そ のことによってもっと悪い部分

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6546877

    危険な目というのは、安心仕切ったとき、 まさに気が緩む次の危険が迫っている 可能性が高い。 交通事故においても、最も危ないのは、 車に轢かれそうになって一台目の車を うまくよけた直後だそうだ。 同

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6470859

    悔いなく生きる 夢をあきらめてはいけません。何歳になろうとも、 遅すぎるということはないのです。避けてしまっ た生き方。伝えるべきときに伝えられなかった思い。 行き場のないまま葬り去ってしまった夢。

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6470802

    価値のないもの。 人間の一番の過ちは、価値がない否定的なもの だけを覚えていて、本当に価値のあるものを 忘れてしまう、ということです。 いつも悪いことばかり思い出していれば、 また不幸を招くだけ。

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6371537

    どうせ人間そんなに強くはない。 しかし、この嫌な出来事から逃げてはいけない。 自分を取り巻いている環境が嫌だからといって、 この現世のあらゆることを勝手に夢想することに 逃避しない方がいいよね。

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6344136

    夫婦の時間。 夫婦共に一緒に生きていく。 たとえ互い黙っていたとしても、それは素敵な 時間に思えて仕方がない。しかし、もっと 素敵なのは一緒に笑っていることだ。 でも、もっと素敵なことは、ふたりで

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6307938

    小規模な事業団体や小さなコミニティサーク ルなどは安定志向が人と組織を形骸化させる。 “類は友を呼ぶ”という言葉があるが、同じ 考えの者ばかりが集まり、そして互いを認め 合って満足していると、そ

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6254069

    愛する者と愛されたい者。 愛する者は、自分をそっくり相手にくれて やろうとしている。愛されたいと願う者は、 相手の手によって自分自身を今ひとたび包装 して恭しく贈ってもらおうと思っている。 *写

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6206142

    歯がゆいから青春だと思う。 いつの時代でも、青春というのはなんだかすごく 居心地の悪いものに感じてならない。 なぜなら、体は若くて溌溂としているのに、 大人のような確固とした生産性ももっていない

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6175492

    暴言の悲しみ。 誰しも誤って暴言や失言を吐くことがある。 あなたが暴言を吐くと、その人は悲しむ。 暴言を吐かれたことで何か悲しみを受けたら、 その人は悲しんでいるのではない。 その人がもうあなたを

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6137021

    しがらみを断ち切る。 慣れきった生活の中で、もうやめよう、これは間違っている、 そうわかっているのに断ち切れないでいる人は多いと思います。 でも自分の人生を大切にしようと思うだけで、 十分に過去のし

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6097564

    こだわらず偏らず怒らず。 ものを見るとき、常にこだわらず、偏らず、怒らず。 そうすればすべて理解できるようになります。 *写真と本文は直接的には関係はありません ・撮影地:上海の黄浦区 ・使

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6048252

    いつも機嫌よく生きる為には、ちょっとした コツがある。 それは人から「ありがとう」と、 言って貰えることをすることです。 従って、いつも機嫌よく生きていくコツは、 人の助けになるか、誰かの役に立つ

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/6005842

    カメラの恐ろしさ。 いい写真が撮りたいから、いいカメラを買う。 いいカメラを持っているから、いい写真が撮れる。 いい写真を撮りたいなら、更にいいカメラを買う。 しかし、それは妥当だろうか? もし

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5972094

    原因と結果の間にあるもの。 この原因があったからこういう結果になった、 と考えられることが多い。しかし、その原因と 結果は僕が勝手に解釈したものにすぎないと、 この道端に突如ある蛇口を見て気づくべき

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5927491

    感覚を愛そう。 路上スナップの際、自分の「視覚」「聴覚」 「触覚」「味覚」「嗅覚」「圧覚」「痛覚」「冷覚」 「温覚」「運動感覚」「平衡感覚」「内部感覚」 の直感的感覚を信じて撮ってみたい。 感覚は

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5842427

    引きこもりは良くない、街へ出かけよう。 孤独でいるのはよくない。孤独は自分らしさを 失っていくばかりだ。孤独は人間を腐らせて 駄目にしてしまう。さあ、部屋を出て、街へ 出かけよう。 そして都会の雑

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5794589

    近年、「上から目線」という言葉が幅を 利かせて久しい。 「上から目線」=「偉そう!」というのが、 もはや同義語にも思えてくる(個人的な見解) しかし、俺も今年で45歳のオジサンである。 それなりの経

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5750661

    あれだけ燃え上がるように欲しがっていたのに、 一旦、手に入れ自分のものになってしまうと、 情熱も興味も消えてしまう、ということがある。 そして、また、似たようなものを欲しくなってくる。 そこにモノを

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5718814

    中国語は楽しんで学ぶ。 たとえば、中国語を学んでまだ少ししか話せない 人は、自分の知っている単語をのみを使って、 中国人さんとコミュニケーションが取れただけでも 嬉しいものだ。 こういうふうに学ぶ

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5697320

    フォトセラピーとは、写真を見て受け止め られる印象の力を用いて、癒され、活力を得て、 その人の人生を豊かにしていくことを言います。 写真を見て、その時に感じた感動が心に定着し、 そして「感動の定着

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5645276

    立ち止まれば“階段”となされる会社の仕組み。 会社の中で仲のよかった友人を気にして、 いつまでも慣れ親しんだことを繰り返している。 もし、その友人と共にそこそこ立ちとどまって いるならば、誰かがき

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5645233

    数学教師が僕にこう教えてくれた。 「最短の道は現実が教えてくれる」と、 最短の道とは始点と終点を直線で結んだ道だ。 しかし、人生の現実における最短の道は そうはいかない。 人生の現実での道は、頭で

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5639064

    人が人を愛することを忘れると、 自分すら愛せなくなってしまう。 そうすると次に、自分の中に“愛”という 言葉すら忘れてしまい、次第には人で あることを終えてしまう。 人が人を愛することを忘れな

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5625317

    僕は芸術的な写真を撮れるようになりたい。 その為、カメラの仕組み学び、構図を学び、 そして自分の芸術的感性を磨き、写真を撮る。 しかし、どうしても芸術的な写真を撮れるように はならなかった。それは

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5611309

    人間いつかは死ぬのはわかっている。 我々は与えられた生命を生きている。ほがらかにやっていこう。 いつかは終わる命のだから、全力で向かっていこう。 限られた時間のなかでチャンスを掴むのも今だ。

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5602007

    お喋りで人間性や嘘を隠すことができる。自分についてしきりとお喋りをしてやまない人は、そのトーク力で己の持つ本性、本心、生体について隠し事をしている場合がある。特に、嘘をついている人などは、普段よりもお

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5595796

    そう感じたらのだから、もっともっと自分自身を成長させたい。長い人生、自分自身を成長させたほうがいい。そして、学び高くどこまでも高く、途中で満足などせずに、もっともっと成長させるのです。飽くなき探究は人

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5576067

    こちらの写真を見て、皆さんはどう想像するでしょうか?僕がパソコン上でハメ込み合成写真を作りあげたと思う方もいますでしょうか。僕が作成したものではありません。一寸疑うことも、理解は出来ます。電線にわざわ

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5565557

    こちらブティック店!?僕は眼で物を見て分類することが得意なものだから、すぐに外見で判断して物の見方で考えてしまう。同時に、あらゆるものから形式に囚われもする。しかし人工物ではなく、自然を虚心坦懐に見て

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5555417

    僕の独自の理論だが、芸術作品においては自分の力を四分の三ほどの力くらいで、完成させるくらいがちょうどいいものが出来上がると思っている。それはまさに適当な加減であり、力を入れすぎないというものだ。全力量

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5541016

    人の心に土足で入る人間。親しくなれば、なるほどに個人の私生活上に干渉してくるような種の人間とは、決してつきあわないことが賢明だと僕は思う。そのような人は、家族のようなつきあいと称しながら、結局は自分の

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5536072

    ユートピアを求めて。本当のユートピアは存在するのだろうか。満足できるようなユートピアを手にいれていない人は、さらにユートピアを夢みて度が増し、喉が絶えず渇くようにあてもなく続いていくことになる。自分が

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5524574

    営業の2タイプと人間の2タイプ営業には「狩猟型」と「農耕型」の2種類がある。・狩猟型営業は、まさに獲物を狩るように、顧客を仕留めにいく営業方法。・農耕型営業は、農作物を育てるように、顧客との関係性を育

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5509502

    たくさん本を読む。しかし、たくさん本を読むだけでは本当は賢くはなれない。そしてそれは、さまざまな体験をすることによって人は賢くなれる。もちろん、すべての体験が万全だというわけではない。体験することは、

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5501491

    趣味を長く続ける為のコツとは。何か新しく趣味を始めたとする。たとえそれが短く終わってしまってもいいとは思う。しかし、どうせならば、せっかく始めた趣味なのだから、長く続けたいものです。趣味を長く続ける為

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5484875

     人生はそれほど長いものではない。明日にでも死が訪れても何の不思議もない。だから、僕は何かをなすチャンスは、いつも今のこの瞬間にしかないと思い生きている。 そして、その限られた時間の中で大事なものが自

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5476230

    嘗て、1991年(平成3年)5月15日から1994年(平成6年)8月31日までウォーターフロントと呼ばれ、東京都港区芝浦に「ジュリアナ東京」ブームを築いた伝説的なディスコがある。正式名称は「JULIA

  • https://jianyuanshouhe.theblog.me/posts/5476205

    上半身裸になりガッツポーズの練習をしている訳ではないです。こちらは中国武術の一派で、太極拳と呼ばれる練習をしているところだと思われます。自分で撮影しておいて“だと思われます” とは妙な言いかただが、仮

ブログリーダー」を活用して、菅原寿和さんをフォローしませんか?

ハンドル名
菅原寿和さん
ブログタイトル
フォトポエム始めました!上海より
フォロー
フォトポエム始めました!上海より

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用