プロフィールPROFILE

なずなさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
日々是憂日
ブログURL
https://hibikore1933.hatenablog.com
ブログ紹介文
日々に思うあれこれ。また別に読書会日記ーー読書会であげた本の解説など。
更新頻度(1年)

10回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2019/01/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、なずなさんの読者になりませんか?

ハンドル名
なずなさん
ブログタイトル
日々是憂日
更新頻度
10回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
日々是憂日

なずなさんの新着記事

1件〜30件

  • 他人の目

    日本は清潔で 街にはゴミが落ちていないと C国人が驚いて 自国に帰って報告しているらしい そんな中に 日本人は 他人の目が怖いから ポイ捨てしないのだと そんな批評をする人もいるようだ これを日本の集団主義といい また 日本は共産主義国家と同じだと 極言する外人もいるらしい。 たしかにそれは 半分当たっている。 が ポイ捨てしないのは たしかに「他人の目が怖い」と いう面が強かった時期もあったろうけれど 今では それが無意識の自己規制となって 習慣のなかに取り込まれたのではないだろうか と思う。 今それはよき習慣として根付いているのだ。 そのように 礼儀正しき日本人は 他人の目が怖くて礼儀正し…

  • 庭という哲学

    庭ありて 楽しきかな 庭ありて 季節となじみ 庭ありて 時のはかなさを想い 庭ありて 土という 宇宙の深みを怖れ 庭ありて 花の盛りの短さを惜しみ 庭ありて おのれの命をも感じ 庭ありて その終焉の風景を思う げに庭は 哲学の師

  • HAIKU

    よく見れば なずな花咲く 垣根かな yoku mireba nazuna hanasaku kakinekana Look carefully blooms there a benbangsa at fence Anschaue gut da bluet ein Hirtentaeschel am Zaun

  • HAIKU

    古池や蛙とぴこむ水の音 furuikeya kawazu tobikomu mizuno oto the old pond a flog jumps watersound der alte Teich ein Frosch springt Wasserton

  • 鬱陶しい隣人

    私の隣人は 毎日のように 「おまえなんか大嫌い」と 叫び続けています。 実は隣人に以前 数千万もの援助をして 返却どころか そんなことあったっけ ? と平然として ずっと嫌い、嫌いと 三日にあげず叫んでて しかも 私のところにきて 何を勘違いしているのか 「謝れ、謝れ」と連呼します。 恩を受けたことが口惜しいのか 町内を回っては 私の悪口を言いふらします。 私が黙っていることに いい気になってーー でもねぇ 隣人の生活の大方が 私への悪口で占められてて 町内の人たちだれも そんな悪口を信じていないのですよ。 え ? この隣人の名前ですか? もちろん、 K家で そこの当主はM氏です・・・

  • ある日本論

    落合信彦氏の日本論を 読みました、 教育、官僚腐敗、日本人の劣化 すべて仰せの通り。 反対すべきものはなにもない・・・ わたしたち、こんな国に暮らしているのね。 そうして読んでるうちに なんだか いやーになって 文庫本を次々買っては読む私 二度読むかなと考えて もう読まないであろう本は どんどん処分するのですが この本も ついに「処分」に回されてしまいました。 これって 何なんでしょうね。

  • 革命はーー

    ロシア文学を専攻していた ある知人が言いました ーー革命は最初の四日、五日は美しい。 なるほど。 日本に巣食うある外国人団体の 巣窟は スパイのそれと言われ 今や公然と日本滅亡を待望工作している と言われている けれど その一番初期の 黎明期には 優秀な東大生 (だったからかな) などが 情熱を注いでいた運動体だった ようです・・・ が 彼らの行く先に待っていたものは 何だったのでしょう。 それを思うと あの知人の言葉が思い出されます。 革命は最初の四日、五日は美しい・・・

  • い・じ・め

    「いじめ」を受けた子供が 親にも何も言わずに 自殺してしまうーー どうすればいいんだろう。 子供たちはこんなとき 基本的に「親には何も言わない」・・・ 親としてはどうすればいいのだろう。 学校生活の時間は 人生の時間から見れば 一瞬みたいなものなのに その短い時間のなかで 命を自ら散らしてしまう・・・ 学校はだいたい隠蔽体質。 子供の逃げ場はどこにあるのだろう。 クラスという社会が 固定的なものだから 逃げ場がないとしたら 学校は「クラス」を解体しちゃえば? 子供たちは大学なみに 各授業を選んで どこへでも自由に受講できるようにすればどう ? クラスとして固定しちゃうから いびつなグループ、 …

  • アジア的文明・・・

    谷崎潤一郎が「陰翳礼讃」のなかで もしも日本が その文明を世界的なものとして 発展させていたならば いまの西洋文明とは まったく違ったものとなったであろう と 書いていますが それは 「陰翳なき」西洋文明への 批評でありました。 トイレひとつ取っても 建築ひとつ取っても もう少し「陰翳」に満ちた何かに 発展したであろうと 言うのです。 陰翳なき西洋文明ーー 今やその西洋の人たちが 日本に押し寄せてくるのは もしかすると 自分たちには欠落している 「陰翳」を求めてのことでしようか。 な、わけない? そ、そうでしたか、 アニメ、ゲーム、 それだけのために来る ? それだけとは思いませんが・・・ 例…

  • 日本もーー

    隣国は日本の統治のおかげで 「幸福な時代」を送ったのだと アメリカの学者が 韓国の研究者に説いて 彼女は愕然としたらしい。 日本では 「我々のおかげでお前たちはそれほどの 近代化を遂げたのだ !」と 相手に威張る人もいるでしょうね。 この理屈は 西洋の人が日本に 「われわれのおかげでお前は それほど近代化できたんだぞ」と 言うのと同じ。 そして・・・ いくら (日本のおかげで)隣国が 近代化したといってもなお、 完全な「近代化・近代国家」に なりえていないのは 最近の言動からも明らかです。 そしてーー日本だって 西洋のおかげで近代化した といってもなお 「アジア」特有の「前近代」を 色濃く残し…

  • 単語のみ

    お寿司屋さんの バイト二人が写した動画 魚をゴミ箱に捨てて また拾って調理したというーー それはそれで悪質なんですが・・・ これについてのインタビューで 気がついたのは 若い人の答え方ーー 「不衛生」と ぽつんと単語ひとつ・・・ 文章になっていない ただ 単語が発せられている のでした・・・ 言葉は 単語と動詞で語られるものだった はずだけれど 今時は 単語だけなんですねーー なんだかなーー

  • なりふりかまわず

    細野氏入党を「歓迎」=釈明も不要-自民党の二階幹事長 こんなニュース・・・ なんで「歓迎」できるんですかね。 人数が多けりゃ だれでもいいのですかね。 こんな節操のない人でも 「歓迎」なんて・・・ これだけ見ても 二階氏の精神のありようが 透けて見えます。 政治家ってこんなもの ? な・さ・け・な・い・・・・

  • 国会中継だれが見る?

    国会中継の不快 どうしても起こる不快感 質問に対して メモを見ながら 読み上げるだけの 大臣の回答 どうしようもない 野党の質問 政治家の顔って どうしてこんなに 汚れているのでしょう。 ノーベル賞に輝いた日本の科学者たちの 顔を見ましたか。 真摯で美しい。 政治家は汚れまくっていて そして官僚は能面のように 冷たい。 間違いました、 能面のほうがずっと 豊かな表情を持っていました・・・

  • 日本国籍は・・・

    母国中国に 絶対忠誠を誓う「日本人」 ビザが簡単に取れるから と言うだけの理由で 日本人になった「日本人」 こんな「日本人」が一億人ほど 送られてきたら 日本は あっというまに 選挙であちらの人達に牛耳られて 日本は消えます。 というより 日本人は「日本人」によって 被差別民族となって 貧困階級で喘ぐでしょう。 そんなときにも 「日本人」にへつらう日本人が いっぱい現れるのです。 あのソビエトの日本兵不法収容所 においてさえ ソビエトに媚びていい目をした日本人が いたのですから。 問題は こんなに簡単に日本国籍が 取れてしまって えせ「日本人」があふれたときの恐怖。 彼らは堂々と 祖国の独裁者…

  • 人目を気にして

    日本人が礼儀正しいのは 民度が高いというより 「世間の目」を はばかるという 習慣のせい と チャイナの新聞かなんかが 報じているらしい けれど これは ほんとだと思いますね。 彼らは決して 「人目をはばからない」から 飛行機だろうと 地下鉄だろうと あたりかまわず 喧嘩したり 大声だしたりするんですね。 これが「大陸型人間」のタイプで 「島型人間」が日本とします すると「半島型人間」は どうなんでしょう? 「人目をはばからず」 「嘘をつく」 ? となると イギリスは「島型」で ドイツなどヨーロッパは「大陸型」 そしてスカンジナビアは「半島型」 となると まったくあてはまりません。 これらの型…

  • ロシア 極超音速ミサイル開発へ というニュースがありました。 アメリカがロシアとのあの協定から 脱退宣言を出したと いうことで 広島の平和団体とか 市長とかが 残念発言をしていらっしゃいます がーー 上のニュースを見ても 残念発言をなさらないのですか? こんなニュースこそ 私らを不安に陥れるし チャイナはこんな協定は 完全無視して突っ走っている のですが それでも「残念」発言は ほとんど聞かれません。 これはちょっと変だなあと 思う日本の一市民でした。

  • 独裁者が・・・

    敗戦後の日本・・・ あの過酷な食糧難の時代が終わって バブルが来て 学生運動の時代も終わって みんながみんな スマホに夢中になって われを忘れて 当然 日本の現状がどうかなんて こともほっぽらかして スマホ、スマホの今の時代に いずれーー 独裁者が現れるような気がするのは 幻想かな。 時代が人物を生むと言いますが この時代に要求される人物は いい意味でも悪い意味でも 独裁者ではないかと思うのですね。 安倍総理を独裁なんて とぼけたことを言ってる人達が 意外にも ほんものの独裁があらわれたら ころりと参ってしまうような 気がします・・・

  • 整形とは

    父母からもらった顔を 変えてしまって だれかとそっくりの いわば 今だけの時代に 「きれい」とされている 一般的な 顔に作り変えて しまうのは あなた 口惜しくはないですか? 韓国の整形した「美人」は どれも「同じ」顔みたい。 メニューを見て どれにしますか なんてことがあるとしたら もはや「自分」ではない。 「自分」を捨てて「だれか」に なっちゃって 満足なんですかねぇ。 どんなに鼻ぺちゃでも 「いい顔」になれるのに。 ちゃんと生きてさえいれば いいだれだって 父母からもらった顔のまま 「いい顔」になれるのに・・・

  • 中学生 ?

    近所で数人の男の子たちの笑い声 にぎやかにおしゃべりしている その内容が少しは聞こえる こりゃあ 中学生が集まっているんだな。 と思ってた。 買い物にいくので 彼らのそばを通って 驚きましたねえ なんと 「大学生」だった。 幼稚 ! 中学生レベル ! 情けない! 昔の学生たちのことを 思いだしました。 彼らはほんとに大人でした。 尤も 「あんぽはんたい」と やみくもに叫んでいたのだから 同じか・・・ でもねぇ なんだか幼稚化しちゃって それが 政治家にも波及してるという 気がしてならないのです。

  • 戦争、ではない

    日本が滅びてもいい と 思っている 日本人が大勢いるみたい だけれど 本気ですか? まあまあ衣食住がほどほどあって生きていける 今の日本の かすかな平和が 壊されて 流浪の民になってしまいそうな予感ーー 核武装してミサイル持って!! と 日本国内で叫んだら たちまち「ネトウヨ」なんて 言葉で葬り去られる 危ない日本を 誰が建て直してくれるのかしら。 野党のみなさんですか? 野党が日本を牛耳ったら あっというまに 日本は乗っ取られると思う けれど それでいいんですね。 マスコミがもう日本ではなく ある二つの国に媚びているから どうしようもなく 悔しい・・・・

  • 歪んで行く歴史

    日本だって他人事ではない けれど 歴史の教科書が 悲惨なことになっている国。 事実を教えない どころか あったことを なかったことにする。 これをすべての国民が 納得して真実と思わされたまま 大人になっていって やがて彼ら以下の世代すべて 「本当にあったこと」は 消し去られて どんどん自国の歴史が歪められていく。 日本だって 戦前は「歴史」と「神代」を 一緒くたにしてましたね。 そして「近代日本の誕生」まで 授業が行き着かずに終わる。 しかも「歴史」とはただの「暗記もの」 に落ちてしまった。 某国の歴史教科書を嗤う前に 自分たちもそうだったと 気がつかなきゃ・・・・

  • 刺青哀歌

    日本ではあまり見かけないけれど 欧米系の「刺青文化」はすごいですねぇ。 真っ白な皮膚の横っ腹なんかに 色鮮やかな刺青・・・ でも、 そんなのをテレビなんかで見るたびに ひとつだけ 疑問がーー 彼らが老人になった時 たるんとした皮膚に あのいろ鮮やかな絵は どんな風になるのかな ということ。 シワシワの間に 色がシワシワになって挟まっているのでしょう? それって 不気味ではありませんかね? などと 考えてしまうのは 余計なお世話?

  • 児童相談所・・・

    かわいそうな女の子 父親に殺されてーー 担任に相談もしたという そして児童相談所に一時 預けられたこともある その児童相談所の役員の言葉 「この事案についてーー」 事案・・・ なんという言葉でしょうか・・・ 官僚体質そのもの。 もう少し優しい言葉はなかったのでしょうかねぇ。 役人言葉で子供の悲劇を述べる のではなく もう少し血の通った言葉でーー あ、無理かーー 「事案」ねーーー

  • これぞノーテンキ

    驚きましたねぇ なにかって 田嶋 Y子氏の発言には 卒倒せんばかりに 驚きました、 K国は民族的にいつも 日本に対して優越感をもっているのは よく知られた話。 そして今回の照射事件でも 絶対の「上から目線」で 詫びを入れろとかなんとか そして挙げ句の果てに 「日本はもっと謙虚になれ」と 仰天の教訓をたれる始末。 それに対して 田嶋氏がなんと言ったと思います? 「M大統領の言う通り日本はもっと謙虚であるべき」 と 間違いなく言いました。 仰天 !! あなたはあちらの外交官ですか ? と尋ねたい。 こんな日本人がうようよいるから 日本は舐められるし 頼みとするアメリカだって 知らぬ顔を決め込んでま…

  • 「いや」で始まる男

    遠い親戚の男に なんでもこちらが言うことに対して 必ず「いや」 で受ける中年の男がいる。 「NHKのこれこれはちょっと面白いと思う」 というと 「いや、あれはもうーー」 と 否定が始まる。 「どこそこの店はわりとおいしいよ」 「いや、あんなとこーー」 なんでもかんでも「いや」で始まり こちらの言うことを 全面否定。 それでもってある優越感を抱くのだろう。 年上の私に対して いつも上から目線でものを言う。 すべてのことを知っている という 幻想の上に立ってものを言う 人間はなかなか 厄介だ。 存外 世話好きなんだけれど 好きになれない人物である。

  • コンビニのあの雑誌

    コンビニに行くたび あの雑誌が堂々と道に向かって 表紙を見せている 異様な 恥ずかしい風景。 日本ってなんて国だ ?! と思っていたのは なにも外国人だけでは なかったはず。 あんなことが堂々とまかり通っていたなんて。 法律も成人雑誌の好きな 官僚役人政治家たちが作ったのかも。 と コンビニに行くたび 不快な思いをしていましたが やっと やっと 販売中止。 やれやれ 遅いよ。 それにしても 法律改正って 牛の歩みより遅いのですね。 だから今もどんどん 日本の土地が C国人に買われて 侵食が激しくなっていくのです。 この法律がある限り 日本は削られていくのですね。 コンビニにならって いまからで…

  • 湊かなえ「望郷」

    湊かなえ「望郷」を 読みました。 ご高齢の女性が この本はどうしても定着しません と 言われましたが、 土地勘がばっちりある私としては 興味のある短編ばかり。 そして なんだか作者が本当に 学校時代いじめに遭ってたのではないか と思えるほど テーマはいじめが占め そこからの解放。 暴力や窃盗が大人であれば犯罪なのに 子供同士だと 「いじめ」という 平板なひらがなに置き換えられてしまう という指摘は 鋭い。 因島という島のことだけれど ポルノグラフティが出ている。 短編には この島出身で人気歌手になった と仮託された主人公の悲しくも 静かな解放の物語が・・・ この短編集 リアリティにおいて面白い…

  • 濹東綺譚探索

    永井荷風ーー 文壇のアウトサイダー その小説「濹東綺譚」の 舞台に行ってきました。 ある小説を読んで その舞台になった場所に ともかく行ってみたいと 思わせるものには なかなか出会えないのですが 「濹東」は是非とも というわけで 作家同様 まるでさすらうように 行きました が もちろん 戦災にもあってますし あの法律も昭和33年にできたのですから 面影はほとんどないのですが それでも 「人」がいました! 文庫本を持って 交番の若いおまわりさんに 尋ねていると おじさんが寄ってきて おまわりさんを指して 「この人は何も知らんよ ついておいで」とーー それから その人が 途中であった友達のおじさん…

  • 地球市民

    所属する自治体の回覧板 ーーやれやれーー を覗いてみると 「地球市民ステージ云々」ってあるのでした。 なんのことですかね 地球市民って。 どこの国にそんな市民がいるのですか。 みんな どこかの「国家」に所属した どこかの市の市民です。 難民は別として。 ええ、 だから 難民は一種の地球市民とも言えるかも。 「地球市民」という言葉に酔ってる人 案外いるのですよね。 「言葉」に酔っている。 実態はなくてただの 信仰みたいなもので そんな言葉によっかかって 生きていられる人は なんてノーテンキ、いや なーんて幸せなんでしょう。 日本という国家の 周辺で何が起こっているか まったく関心がないのでしょう…

  • 堀辰雄のサナトリゥム

    堀辰雄「風立ちぬ」を読書会で・・・ やっぱり 元教師のご老女は 軽井沢だの 外人の別荘だのが 気に入らないのですね・・・ 困った。 こういう視点で読まれちゃうと 後が続きません。 それはともかくとして 恋人が入ったサナトリゥム むかーし読んだ時 なんとなく 風の吹く高原にぽつんと建つ 印象でしたが 実際は違うのでした。 県道みたいな通りに面していて 今は自動車が走り 近くに大きな商店も。 院内にサナトリュゥム時代の記念室があって ここに入院した文士などの 当時のままの「入院名簿」も。 竹久夢二、岸田衿子などの名も。 ーーにしても 読書会の司会は難しい・・・

カテゴリー一覧
商用