searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

黒田明彦さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
黒田明彦のカウンセリング研究所
ブログURL
https://ameblo.jp/kanzyoutanntei/
ブログ紹介文
来談者中心療法を本気で極めます!!
更新頻度(1年)

147回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2019/01/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、黒田明彦さんの読者になりませんか?

ハンドル名
黒田明彦さん
ブログタイトル
黒田明彦のカウンセリング研究所
更新頻度
147回 / 365日(平均2.8回/週)
読者になる
黒田明彦のカウンセリング研究所

黒田明彦さんの新着記事

1件〜30件

  • 今夜も祈る

        たった独りの人間 かけがえのない人間 私がたった独りのかけがえのない人間になるには、どうしても、もう一人のたった独りのかけがえのない人間が必要なんです…

  • 10兆アンペア愛しているよ。

         たった独りの人間 かけがえのない人間  数字の呪縛を超えられないかなぁ。 かけがえがないは、そのための言葉のような気もするけど。 愛しているよ、愛し…

  • 夢に向かっている気がする。

        たった独りの人間 かけがえのない人間 ずっとずっと取り組んでいることが、毎日毎日取り組んでいることが、なかなか成果があがらない。 あまりに成功しないも…

  • 愛で少し強くなる

          たった独りの人間 かけがえのない人間  たった独りの人間を祈っている。 かけがえのない人間を祈っている。 愛を祈っている。 毎日、毎日、毎日。 飽…

  • 今日も美しい夜。

         たった独りの人間。 かけがえのない人間。 暑い夏。 かけがえのない暑さ。 二度とない暑さ。 今日もたった1つの今日が終わっていく。 お別れだ。 たっ…

  • かけがえのない父の言葉

        たった独りの人間 かけがえのない人間 今日の夕飯の時。 父が言う。 「これ、もう作らなくていいからな。」 嫌な感じで母に言う。 久々に出てきたチャーハ…

  • 夜は美しい。

       たった独りの人間 かけがえのない人間 たった一つの今日がまた終わっていく。 今日私は頑張れただろうか。 今日私は機能できていただろうか。 たった一つの今…

  • 人生には尊い日しかない

        たった独りの人間 かけがえのない人間 1つだけ。 世界は1つだけ。 全てのものも1つだけ。 同じものはない。 同じものはないんだから、それが終わったと…

  • もう一人の人間が必要なんだ。

         たった独りの人間。かけがけのない人間。 愛しているよ、愛しているよ、愛しているよ。 かけがえのない今日。二度とない今日。全て終わった。全て片付いた。…

  • たった一度の今日

       たった独りの人間、かけがえのない人間。 代わりがいない、代わってもらえない。 すべてのことはたった1度きり。 すべてはかけがえがない。 そのたった一度を…

  • すべては私のためにある

        たった独りの人間。 かけがえのない人間。 愛しているよ、愛しているよ、愛しているよ。 代わってあげられない、代わってもらえない、かけがえのない人間。 …

  • また、初めての夏が始まる。

         たった独りの人間観。 それは、かけがえがないという言葉が言えて、初めて肯定される。 かけがえがない私。 かけがえがない言葉。 かけがえがない今日。 …

  • かけがえのない人間という祈り

        たった独りの人間 先生に昔、教えてもらった言葉。 でも、そういえば、この言葉はこれでは半分なんだ。 この言葉にはいつも、かけがえがない、という言葉がく…

  • 丈夫な人間にはなれそうもないな。

        たった独りの人間。 たった独りの人間観が極まれば、他人がどうきても動揺せず、まったくもって他人事として反応できるようになるのだろうか。 対人関係におけ…

  • 愛しているよ、人間。

       疲れているときは、疲れているなりの言葉が来る。 お腹が痛いときは、お腹が痛いなりの言葉がくる。 世界は概念とはたらきでできている。 私は概念を否定したが…

  • 認識に抗えぬ人間を愛すもの。

       たった独りの人間観。 それを極めていけば、私の刺激に対する敏感さがどうにかなってくれると期待していた。 人間観が深まれば、認識が変わり、認識が変われば反…

  • たった独りの人間と、はたらき。

        たった独りの人間。 黒田明彦はいない。 黒田明彦という実体はない。 黒田明彦という概念はある。 そして、黒田明彦というはたらきもある。 この世界は脳み…

  • 存在とは、はたらきそのものなのかもね。

        すべては概念であって、思考である。 脳のはたらきであって、幻想である。それで十分苦しめるし、十分身体も痛む。 脳は概念の世界を生きている。全てを概念化…

  • 自己概念は実体じゃないのに、身体と気分に与える影響が大きすぎる

        たった独りの人間。 脳にとっては、概念的世界は現実なんだよな。 そして、その現実からダメージを受ける。 イメージの貼り付き、胸の痛さ、重さ、睡眠、気分…

  • 概念を否定する言葉遊び。

       たった独りの人間 私は概念にまみれている。 この世のほとんどのものを概念でとらえ、概念的に理解している。 だから、個と個を概念的に比べることができてしま…

  • 自分を概念化するのをやめるのってどうしたらいんでしょうね。

        たった独りの人間 概念で物事を理解していると、概念同士比べることができる。 たった独りの人間は、概念的に自分をとらえないという人間観。 徹底した個。 …

  • 自分を何かに当てはめたとき、自分と他人を比較できるようになる

        たった独りの人間。 どうしても、自分と他人を比べる癖が治らなかった。 気が付いたら、比べているんだもの。 比べた痛み、自分を卑下した痛みで、比べたこと…

  • 私という幻想の塊がなかなか、なくならない。

         たった独りの人間 他人を指させなくなりたい。 自分を指させなくなりたい。 そう祈りながら、ふと気づいたときには、ガッツリ、自分と他人を比べて苦しんで…

  • 言葉はつねに動きまわっている、私には実体がない。

       たった独りの人間。 止まった言葉と、はたらきの言葉。 言葉はつねに動いている。 身体もつねに動いている。 私だけ止まっていると思っているのは不自然だ。 …

  • はたらきの言葉の世界を生きる。それはとても楽しい世界。

       たった独りの人間。 言葉には、止まった言葉と、はたらきの言葉がある。 止まった言葉は、共通認識として他人と共有できる。 そして、止まった言葉で、止まった…

  • はたらきの言葉。

        たった独りの人間。 ずっと、言葉について考えている。 言葉には2種類ある。 止まった言葉と、はたらきの言葉。 止まった言葉は、人と交流するための言葉。…

  • 言葉のはたらき、言葉は膨張する

        たった独りの人間。 私は名前と身体と音でできている。 言葉は、はたらき。 すべての言葉は私に向かってやってくる。 言葉のはたらきに溺れてしまわないよう…

  • 文字は残骸。そこには他人の宇宙はもういない。

        たった独りの人間観。 私は名前と身体と音でできている。 言葉の事をずっと考えている。 言葉がはたらいてしまう前の、音を聞けるようになりたい。 言葉は言…

  • 私と言葉の間に音がある。それを忘れないこと。

        たった独りの人間。 言葉を聞く、言葉を聞く。 言葉に聞く。言葉に聞く。 言葉に聞こえた瞬間。 もう身体は影響を受けている。 もう感情は生まれている。 …

  • 心は言葉を貯めるために生まれたのかもしれない

           たった独りの人間。 私は名前と身体と音で出来ている。 その私の名前と身体と音にむかって、言葉が無限にやってくる。 言葉は私にむかってやってくる。…

カテゴリー一覧
商用