住所
-
出身
-
ハンドル名
チンギスハンさん
ブログタイトル
チンギスハンの安心の資産運用
ブログURL
https://www.kabukihon.com
ブログ紹介文
リタイアに向けて安全に資産を最大化したい40代50代60代の方に。初めから投資を学びたい方に最適。
自由文
更新頻度(1年)

58回 / 63日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2018/12/29

チンギスハンさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(IN) 2061 2239 2341 2157 2072 1996 1919 949668サイト
INポイント 210 220 120 150 140 140 200 1180/週
OUTポイント 310 440 370 360 460 530 530 3000/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
投資ブログ 4 4 5 5 5 5 4 4061サイト
資産運用 1 1 1 1 1 1 1 1210サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 4417 4468 4662 4537 4363 4256 4187 949668サイト
INポイント 210 220 120 150 140 140 200 1180/週
OUTポイント 310 440 370 360 460 530 530 3000/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
投資ブログ 4 5 5 6 3 4 5 4061サイト
資産運用 2 2 2 3 1 1 1 1210サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949668サイト
INポイント 210 220 120 150 140 140 200 1180/週
OUTポイント 310 440 370 360 460 530 530 3000/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
投資ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4061サイト
資産運用 0 0 0 0 0 0 0 1210サイト

チンギスハンさんのブログ記事

?
  • 【個別株の準備】「安く買って高く売る」は正しいか?日本人の癖だと思う。

    こんにちは。 ここまで来て皆様の中には「インデックスとかいいのはわかるけどもっとぱーとしたのないですか?」「グーと上がるとか、配当をどっさりもらえるとか、心ウキウキするようなやつ」 とお思いの方も多いと思います。 わかります。インデックスとか地味で退屈ですからね。 // スポンサーリンク // ベースの部分をきちんとされたあとは自由に投資してリテラシーを高めるのは大いにやるべきと思います。 インデックス、ETFときましたから今度は「個別株」の番です。 具体的な銘柄の話題に入る前に確認しておきたいことが3つあるのです。 すみません、くどくて。しかしこれは私が長年誤解していたことなので皆さんには短…

  • 【フリー投資編】高配当株ETFのVYMはどうか?日本円版もある。

    こんにちは、どうもです。 ベースを確保した後の余裕の部分の「フリー投資編」です。今まで (1)インデックスで行う。全世界、米国など (2)分野別ETFを使う。候補はハイテクETFのVGT、ヘルスケアETFのVHT までを記事にしました。 今回は米高配当株ETFのVYMです。 // スポンサーリンク // 高配当株投資はとても人気があります。 しかし銘柄選びなどの難しい問題もあります。これは他の銘柄でも同じですが。 そこで高配当株ETFのVYMの出番です。 過去5年のパフォーマンスを比べると 下からVYM、S&P=VOO、VHT(ヘルスケア)、VGT(ハイテク)の順です。 VYMとVOOでは配当…

  • 【リタイア後の資産づくり】フリー部分の投資。ハイテクのVGTとヘルスケアのVHTは有力だ。

    こんにちは、どうもです。 前回「ベース部分」の投資について書きました。 今回はそれを超えた部分の投資です。 ボーナスとかです。 フィギュアスケートでいうフリー演技ですね。 // スポンサーリンク // 相当に自由が効きます。 その目的と意義は 1 資産を最大化する。 2 投資リテラシーを高める 3 自分のやりたい投資を試す。 1 資産の最大化について ベースを世界対象インデックスですると、それ以上ならOKになります。 Aベースに近いインデックスでは (1)先進国対象インデックス・・・スリム先進国など。 (2)米国対象インデックス・・・スリム米国(S&P500)楽天全米(米国全部) (3)新興国…

  • 【リタイア後の資産】必要最小限の資産をまず確保しよう。ベースづくり。

    ーす こんにちは、どうもです。新しく書き直しているシリーズです。 投資にはいろんなスタイルがあります。 それぞれ長所、短所がありこれがいいという絶対的なものはありません。 また当ブログがあなたの投資スタイルに干渉することもありません。 しかし、目的を限定すれば必然的に決まるものもあります。 それが「リタイアへの最低限の資産の確保」です。ベースの部分です。 // スポンサーリンク // これからリタイアを迎えられる方の85%がリタイア後のお金に不安を持っています。 この解消がまず第一です。 リタイア時の必要な資産については個人差が大きく難しいですがこの表を参考にしてください。 上段が年に100万…

  • リタイアについては不確定なことが多すぎる→とりあえず資産の最大化を目指そう。

    こんにちは、どうもです。 このブログはリタイアに向けての資産づくりを応援するブログです。 // スポンサーリンク // しかしリタイア後のことについてわからないこと、不確定なことがたくさんあります。 とりあえずは (1)リタイアの時期 (2)リタイア後の暮らし、どこに住むか、どんな生活をするか が決まっていない方がほとんどではないでしょうか。 ちょうど過渡期に当たっているのでしょう。 国の政策もリタイアの時期をできるだけ後ろに延ばすようです。 またアンケートでも70くらいまでは働きたいという人が多いようです。 さらに人の気持は変わるかも知れません。 不確定なことは考えないようにしよう。 リタイ…

  • 【リタイア資金】半分はインデックスで必要分を確保する。

    こんにちは、どうもです。 投資って本で読んだりしても結局は自分の好きなスタイルがありますよね。 // スポンサーリンク // 株式投資で魅力を感じるのは①何倍にもなる成長株を見つけること②売買して資金をうまく増やしていく③高配当をもらって雪だるま式に増やす、などです。 その中でインデックスは地味過ぎて魅力を感じない人が多いと思います。 今回はどうしたら自分の投資を大事にしつつ将来の資金も確保するかです。 結局は自分で経験するしかない。 だから特に若いときには自分の目指す投資をされたらいいと思います。 ただし、一つだけ条件があります。 半分はインデックスにするのです。 半分インデックス、半分高成…

  • リタイア後に必要なお金はいくら?

    こんにちは、どうもです。 老後に不安を抱えている人の割合は85.7%ととても高いです。 (生命保険文化センター調べ平成28年度) その中で年金だけでは不安という答えが80.9%と最も高くなっています。 その他のお金の不安を合計するとほとんどの人が不安を抱えています。 // スポンサーリンク // 月々の収支はの現状はどうなっている? 1 公的年金の平均支給額は男18万円女9万円です。 女性が少ないのは加入の期間が短いことや制度変更によるものでしょう。 以前はパートは厚生年金ではなかったですから。 2 支出の平均は27万円。 夫婦2人の世帯の2016年の支出の平均は26.7万です。 ♡たいていの…

  • 【歴史に学ぶ】負ける人の特徴は投資にも当てはまる。

    こんにちは、どうもです。 昔のテレビの録画見ていたら「林先生の授業」がありました。 ヤンキー相手に授業しているものです。 ごらんになった方も多いでしょう。 投資にも当てはまると思ったので記事にしました。 // スポンサーリンク // 歴史上の人物で「負ける人間の特徴は3つに集約される」というものです。 1 情報が足りなかった 2 慢心していた 3 思い込みがあった 確かに当たっているように思います。 日本で言えば平清盛は慢心があったし、石田三成には情報の不足と西軍は自分に味方してくれるという思い込みがありました。 世界でもどれかに当てはまる気がします。 資産運用・株式投資で当てはめてみると。 …

  • 相続税対策需要で日本の不動産投資は競争が激しく著しく不利。

    こんにちは、どうもです。 前回まででリタイア後の収入については「こだわらない派」の方がシンプルで誰にでもできて、効率もいいのでオススメとしました。 しかし収入があるのは精神的安定と優越感を得られるので、能力的に高い方は実行する価値があります。また「配当収入」は投資をするモチベーションになります。 さて、収入としては「不動産投資」と「高配当株」があります。 「高配当株」の方が有利で適していると思ったので記事にしました。

  • 【リタイア後の収入】「収入確保派」と「こだわらない派」でまとめてみた。

    こんにちは、どうもです。 リタイア後の収入確保について 「収入確保派」と「こだわらない派」の言い分について2回の記事を書きました。 それぞれの項目で比べました。 // スポンサーリンク // 1 投資のやりやすさは制約がない「こだわらない派」が優位。 収入を得ようとすると家賃収入とか配当収入とかの制約を受けます。 一方、収入の制約がなければ選択肢は広がります。純粋に効率のいい投資をすればいいです。 2 投資効率がいいのは「こだわらない派」 配当には20%の課税がされます。米国株なら30%。家賃収入にも税金がかかります。その分資金流出にあたります。 一方投資元本が増えていくタイプは売るまでは流出…

  • 【リタイア後の収入】多いほうがいい派の言い分

    こんにちは、どうもです。 今回はリタイア後の収入を確保したい派の言い分です。 // スポンサーリンク こちらは気持ちはわかりやすいです。 リタイアで収入が減っても「別収入」があるので平気でいられます。 お金の余裕は精神的な余裕を生み「幸せ感」があります。 一番余裕のある状態で考えてみます。 住居を確保していると年金の範囲で通常の生活費はまかなえます。 すると別収入はそのまま「ゆとり」になります。 海外旅行や趣味に使えます。 ゴルフ代の安い私の地方では週2で行っても月に5万でお釣りが来ます。 なんと素敵なリタイア生活なんでしょう! 家賃収入か配当収入か? 昔から言われているのは3分法です。 不動…

  • 【リタイア後の収入】「余分な収入は必要ない」派の言い分

    こんにちは、どうもです。 こんにちは、どうもです。 リタイア後の収入に対する考え方は投資を左右します。 大きく分けて 1 できるだけたくさんの収入を確保したい派 2 必要最小限でいい派 に分かれます。 自分は必要最小限でいいと考えて実践しています。そこで今回はそう考える人達(自分も)の考えと理由を書きます。 // スポンサーリンク // 収入も支出もさまざまで個人事情が大きい 1 年金はもらう時期が調節できる 75歳までのいつでも年金をもらい始める時期が決められるようになります。 特に必要でなければ先延ばしが有利だと考えます。その理由は リタイア時は退職金やイデコの受け取りなどまとまった収入が…

  • その投資はうまくいかない時に撤退できるか?

    【レオパレス事件】賃貸住宅大手のレオパレスの建てたアパートに欠陥があり入居者は引っ越しすることになりました。 今回の修理その他でレオパレスは苦境に陥っており倒産の可能性もあります。 レオパレスの一括借上システムで30年の家賃保証を当てにアパートを建てた大家さんは大きな打撃を受けます。 このようなことが起きると決まって「そんな怪しげな業者にかかるほうが悪い」との論調になります。 しかしその線引はどこにあるのでしょう? 財閥系以外は信用してはいけないのでしょうか? 財閥系でも傾いたマンションもありました。 // スポンサーリンク // 契約で不利を見抜くのは難しい 一括借上げ契約については大東建託…

  • なぜ人は失敗を経験しないとインデックスの良さに気づかないのか?

    こんにちは、どうもです。 人は=自分のシリーズです。自分の経験・失敗からベストを探るシリーズです。 今回は「なぜインデックスの長所に気づくのは経験者が多いか」です。 // スポンサーリンク // プロでインデックス利用は多い 経験が長いと暴落に度々あっている。 失敗を多く経験した人ほどインデックスの長所を知っている。 長期の上昇相場で強気派が多かった インデックスの防御力はどのくらい? プロでインデックス利用は多い 現在の株式投資はパッシブ運用=インデックス投資全盛と言われます。 運用のプロも好んで使います。 手数料が安く、リスクが少なく、成績がインデックスを下回らないからです。(当たり前です…

  • 【リタイア後の生活】濡れ落ち葉にならないためには?意外とアウトドア派は注意!

    こんにちは、どうもです。 ところでアウトドアとかスポーツとか好きですか? YESの方はご注意です。 何のこと? はい「濡れ落ち葉症候群」になる可能性が高いそうです。 // スポンサーリンク // 奥さんにずっとついて行動するのが「濡れ落ち葉」 仕事をやめて環境ががらりと変化するのが原因 リタイアしたら一年生で一番下。 奥さんは独自の世界を持っている。 邪魔者にならないためには実力をつけるしかない。 スポーツ・アウトドア派はできなくなると家にこもる ちゃんと準備ができてからリタイアするのがベスト 奥さんにずっとついて行動するのが「濡れ落ち葉」 仕事でバリバリ働いていた人もリタイアすればただのおじ…

  • 日本の未来に絶望を感じたらコツコツ投資をしよう

    こんにちは、どうもです。 統計資料偽造とか中国じゃああるまいしまさか日本で・・・と思った人は多いですね。 将来の年金も大丈夫とかはもう全く信じられません。 将来の日本に希望が持てない人は嘆いている暇があったら投資を始めるべきと思ったので記事にしました。 // スポンサーリンク // 【投資】は将来のピンチを救ってくれる。 少子高齢化で行き詰まるのは見えている。 現預金で資産を持っているのは危険だ ドルへの交換が制限される可能性がある。 コツコツと時間をかけて海外資産を増やす もうすでに国(GPIF)もそうしている。 投資はお金を増やすことも目的ですが、ピンチを救うのです。 敗戦で焼け野原になっ…

  • 人はなぜ配当・現金・収入を必要以上に欲しがるのだろうか?

    こんにちは、どうもです。 人=自分の失敗経験のシリーズです。自分の経験から投資のありがちなミスとその対策を探るコーナーです。 配当や分配金が多い投資はずっと人気を集めてきた。 // スポンサーリンク // 配当や分配金が多い投資はずっと人気を集めてきた。 毎月分配型投信は効率が悪い 高配当株投資も運用が難しい 自分は両方共経験あり リタイア前には誰でも不安から収入が欲しいと思う。 収入を欲しがるのはリタイア後が実感できないから。 投資効率が悪くなるなら考えたほうがいい 毎月分配型投信は効率が悪い 少し前は「毎月分配」型の投信の販売が盛んでしたが、過剰な分配金競争から足食い(自分の元本を食うこと…

  • 人はなぜ安値で買わずに高値で買うのか?

    人はなぜ安値で買わずに高値で買うのか? こんにちは、どうもです。 タイトルの「人」には自分が入っています。 今までの長い株式投資の経験で多くのミスや失敗をしてきました。 しかしその原因がわかり対処ができれば考えようでは財産です。お読みの皆さんと共有できれば皆さんはミスを避けることができます。そこで恥をさらしてシリーズとして書きます。上から目線の表現があればお許しください。 1 安値では買えない理由。 投資家ならだれでも安く買いたいと切望しています。 実際投げ売りのバーゲン状態もあります。 本で読んだら「自分はこんな時は買うぞ」と絶対思いますよね。 しかし、そんな時は誰も買わないのです。 理由を…

  • 過去に株でうまく行かなかった人でも全く大丈夫です。

    【資産運用】過去の株式投資の失敗は全く気にしないでいい。 【資産運用】過去の株式投資の失敗は全く気にしないでいい。 短期間の売買では損をするのが普通。 短期売買では人間はAIに勝てない時代になっている。今が過渡期。 インデックスの優位性はAIや空売りに強いことにもある。 これからの資産運用は本気だ! おたよりをいただきました。 リタイアに向けて資産運用をしたいけど、過去の株式投資の失敗があり積極的になれない。という内容です。 過去に株式投資でうまく行かなかった方は実に多いです。しかし気にしないでいいです。その理由は 短期間の売買では損をするのが普通。 (1)目的が違っていた。 リタイア後を見据…

  • 【資産運用の目標】資産の最大化or収入の最大化どちらを選ぶ?

    【リタイア時の準備】 資産の最大化か収入の最大化か? 結論 ◯基本は資産の最大化を目指すべき。 ◯収入確保は幸せ感が大きいので、資金に余裕があり能力がある方は選択肢になる 当ブログは資産の最大化を目標にしています。 しかし配当などを目的とした投資も人気があります。魅力を感じておられる方も多いでしょう。 どうとらえればいいのか考えました。 1 リタイア後も収入を確保したいという気持ちは強い 現役時よりも給料分の収入がなくなります。年金はありますが、その差額を何かで埋めたいというのはだれもが思う自然な気持ちでしょう。 収入としてはアパートなどの家賃や株式の配当が考えられます。 これらの収入のいいと…

  • チンギスハンの安心の資産運用TOPページ

    毎日の投資の出来事について書いた別ブログ チンギスハンのブログ があります。どうぞご覧ください。読者登録もお願いします。 チンギスハンの安心の資産運用コンテンツ 大きく分けて【資産運用】と【リタイア生活と節約】があります。 文字が青色になっているところの記事があります。クリックしてください。 黒字のところは未掲載です。順次掲載予定です。項目は変更する場合があります。 【初めに】 【初めに】ブログを書いている目的・結論・連絡先 【書いているのはこんな人です】自分のこと - チンギスハンの安心の資産運用 【リタイア準備】あなたがリタイアするときの状況は予測できない。変化に対応する準備 【資産運用編…

  • 【資産運用】資産運用するのとしないのはどのくらいの差がでるか考えてみた。

    こんにちは、どうもです 今回はこれから資産運用をきちんとした人としなかった人の差を検討してみます。 今から◯年後の日本です。 年金では足りなくなる 年金が減らされると同時にインフレでものの値段が上がると年金では暮らせなくなる人が増えます。 まず今でもギリギリで暮らしている国民年金の方は真っ先に脱落します。 現在でも「生活保護」の方が有利と言われている方が多いです。 生活保護は聞こえが悪いのでメンツもあって受給していない人も「背に腹は変えられない」とどっと生活保護に移行するでしょう。 医療費が無料なのが何とも魅力です。 周りが生活保護なら恥ずかしいこともありませんから大きな層をつくるでしょう。 …

  • 【資産づくりの目的】年金制度が少子高齢化に弱い賦課方式なので自分で備える必要あり。

    なぜリタイア後の資産づくりが必要なのか? なぜ今までの世代は年金が多かったのか? 賦課方式では老人が増えると行き詰まる。 デメリットは世代間格差が生まれること。 世界で一番少子高齢化が進む日本が一番早く行き詰まる。 年金の受給以外にインフレのリスクがある。 早くからの準備が有利 なぜリタイア後の資産づくりが必要なのか? 現在年金はものすごい格差があります。一番少ない国民年金では年間60万ほどで生活保護以下の生活しかできません。 一方大企業や公務員の方は3階建ての手厚い年金が支給されていて生活に困ることはありません。 なぜ今までの世代は年金が多かったのか? これは日本の年金制度に原因があります。…

  • 【初めに】ブログを書いている目的・結論・連絡先

    こんにちは、どうもです。 ブログを読んでいただくあなたに本当に役に立つためにミスマッチがあってはいけないので目的や結論、使い方をはっきりしておきます 【対象】40代50代60代でリタイアの準備をする方。 【目的】 1 リタイアに向けて資産を最大化する 2 リタイアに向けての準備や節約術 【結論】 1 資産の最大化。 株式投資を地道に行い長期投資で実現する。 具体的手段は安全度、確実度の面からインデックス投信を推奨するが 高配当株など他の投資法も研究する。 ◆とりあえず筆者推奨の投資法を知りたい方へ A 毎月の積立 ①イデコ②積立ニーサ③ニーサの枠で(優先順位はこの順) eMAXIS Slimシ…

  • 【株式投資】株価変動を克服する3つの方法。長期投資を実行するために。

    こんにちは、どうもです。 長期では有利であることは確かだが相当な期間が必要だ 心理的なハードルをどう克服するか? 暴落時に投げ出さずに済む投資。 長期では有利であることは確かだが相当な期間が必要だ 株式投資が有利というのは事実ですが長い間の平均です。 激しく上昇することもあれば何年も低迷することもあります。下はダウの長期チャートです。グーグルファイナンスより 40年前の1979年2月に834ドルですから約30倍、 30年前の1989年2月が2322ドルで約11倍です。 もっとも昔は1ドル200円以上しましたからその分を割り引きます。 さらに配当が入っていませんからこちらは足します。 結局40年…

  • 【株式投資基本】株価が割安かどうかはどうやって判断する?

    こんにちは、どうもです。 変動があるものは判断が難しい。 株式投資を始める時にわからないのは今の株価が安いのか高いのかわからないことです。 だから買っていいのか待つべきなのかもわかりません。 今回は基本にかえって株価がどうやってつけられているかを研究します。 // スポンサーリンク // これによって株価の変化にも戸惑わなくて済むようになると思います。 1 株価の利回りはどうやって決まる? 預金すれば金利がつきます。今の日本ではほとんどゼロですけど5%以上ついていた時代もありました。 国債を買えば金利が付きます。個人向け国債では現在年0.05%です。これも信じられないほど安いです。 アパートや…

  • 【長期投資】今さら驚く長期投資の破壊力、100年ではなんと320倍!

    こんにちは、どうもです。 長期投資の大事さは言われていることですが改めて確認しました。 毎年100万ずつ積み立てると50年では何と3億ほどになる。 // 70歳位まで働くことが標準になりつつあります。学校を出てから50年積み立てることも現実的になりましたので計算してみたのが下の表です 利率 6% 5% 4% 3% 2% 1 100 100 100 100 100 5 126.25 121.55 116.99 112.55 108.24 10 168.95 155.14 142.33 130.48 119.5 1318 1257 1200 1146 1094 15 226.1 198.01 17…

  • これからはカード支払いが有利になる。シンプルにして安全度を高める。

    こんにちは、どうもです。 この10月の消費税の10%への値上げが予定されています。 カード支払いは2%、5%の還元になるというのでカードへの関心が高いです。 有利にもなるし、これからは自分のようなシニアもカード支払いが一般的になります しかし注意面もあると思うので記事にしました。この記事には筆者の広告を含みます カードにすると何重にも得になる。 注意も必要 カードもスキッとシンプルにしたい。 iDカードを追加した。 三井住友VISAカードのいいところは シニアが使用する時に気をつけることは カードにすると何重にも得になる。 2%とか5%とかは大きいです。これだけの値引きになりますからね。 カー…

  • 【資産運用】債券は何%いれればいいか?入れなくても構わない。

    こんにちはどうもです。 投資信託の本なんか見ていると「株と債券のバランスを取りましょう」とか書いてあります。 リタイアに向けて資金を準備するとしたら「債券は何%いれればいいのか考えます」 スポンサーリンク // // 結論からいうと何%でもいい、入れなくてもいいと思います。 その理由は債券は 「減らない預金のようなもの」 です。現金は少しずつ目減りします。貨幣価値がインフレの分だけ下がるからです。 預金も金利がつかない日本では目減りします。 その点、債券はだいたいインフレ分より少し多いくらいの金利が付きます。 だから大きく増やすには向いていません。 しかし株価と逆の動きをすることが多いので、株…

  • 【波乱相場】見通しが悪い時こそインデックス投信ドルコスト法の出番だ。

    こんにちはどうもです。 昨年も波乱でしたが今年も先行きがさっぱりわかりません。 どうも順調でないことだけはわかります。 意気込んで始めたイデコや積立NISAも続けるのがおっくうになりますね。 「やめてしばらく様子を見ようかな?」と思う方が多いと思い記事にしました。 見通しが悪い時こそインデックスのドルコスト法が威力を発揮します。 // 最近の米国株の状況を見てみます。S&P500の2年チャートです。 順調に上昇してきましたが2018年の2月に下落しその後もとの上昇軌道に戻りましたが10月の下落からは上昇トレンドが崩れてしまいました。 2018年のクリスマスにかけて急落しましたがその後「米国景気…