住所
-
出身
-
ハンドル名
龜寝子さん
ブログタイトル
どうせ此の世は偽りばかり
ブログURL
https://kameneko.hateblo.jp/
ブログ紹介文
発病して四半世紀越えの双極性II型+対人恐怖症で引きこもりの日々、精神疾患や治療について
自由文
更新頻度(1年)

59回 / 56日(平均7.4回/週)

ブログ村参加:2018/12/24

龜寝子さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(IN) 10082 10015 10906 10923 10896 11967 11405 949120サイト
INポイント 0 40 20 20 60 20 20 180/週
OUTポイント 0 110 100 90 120 110 120 650/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 114 113 131 134 134 145 135 28243サイト
精神科・心療内科 6 5 5 5 5 7 5 1035サイト
躁うつ病(双極性障害) 14 14 17 17 17 18 17 1265サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 13528 13953 13555 12395 11850 12052 11793 949120サイト
INポイント 0 40 20 20 60 20 20 180/週
OUTポイント 0 110 100 90 120 110 120 650/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 183 191 188 172 160 164 159 28243サイト
精神科・心療内科 5 5 5 6 4 6 5 1035サイト
躁うつ病(双極性障害) 20 20 21 19 18 17 17 1265サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949120サイト
INポイント 0 40 20 20 60 20 20 180/週
OUTポイント 0 110 100 90 120 110 120 650/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 0 0 0 0 0 0 0 28243サイト
精神科・心療内科 0 0 0 0 0 0 0 1035サイト
躁うつ病(双極性障害) 0 0 0 0 0 0 0 1265サイト

龜寝子さんのブログ記事

?
  • 心理検査

    確定申告書類作成、いよいよ大詰め。馬鹿な自分は源泉徴収票を紛失。探していたら、何年か前の入院中に受けた「心理検査」について記載された紙が出て来た。 心理検査で自己認識を深める 心理検査 4年前入院していた病院では、心理検査が必須であった。 個別に心理士の指示のもと行われる。1回あたり30分から1時間かけて、3、4回で15種類位の心理検査を受ける。 この心理検査、めちゃくちゃ疲れる。 自分だけでなく、他の患者も皆そうだった。「〇〇さん、今心理検査だって。そっと寝かせてあげよう」と気遣われる程疲れる。心理士もそこは弁えており、きつそうだったら1種類の検査だけでその日は終わることもある。ただし回数が…

  • カーテンは心の窓 鬱からの脱却3日目

    カーテンは心の窓 太陽の光 抑うつ症状や、睡眠障害にとって「太陽の光」を浴びる事は重要だ。 体内時計をリセットするし、脳内物質セロトニンの適切な分泌を促す。 自室のカーテンは一応目覚めたら、ぞんざいに開けてはいた。 窓に近づきもしないし、覗いたりもしない。ただ機械的に開けるだけで、そのまままたベッドに潜り込むのが鬱期の定番パターンだ。 カーテンを開ける その日は、リビングに座る前に、ふとカーテンを開けてみる気になった。 理由は分からない。 なんとなく。意味もなく。 片側のカーテンを大きく開ける。 射し込んでくる眩い光。暗い部屋に白色のラインが切り込んでくる。 黒から色のある世界へ。 夜から昼へ…

  • 猫は怒られない

    猫には怒っても意味がない 昨日記事アップ後、見出しを弄っていたら、ミケがキーボードを押して……orz 所謂「猫あるある」 ちょっと再起不能っすよ、ミケさん…… 犯人はこの方↓↓↓ 復旧作業 ブログ開設以来50日程。実は地味に1日一つづつカスタマイズしていた。 自分が使っている「はてなブログ」は、「ブログテーマ」というブログの基本枠組み?を変えてしまうと、今までのカスタマイズが無効になる。 新たにブログテーマを選ぶと「今までのカスタマイズが無効になります」という警告が出るのだが、当然猫は我知らず…… カスタマイズをコピーする暇などない。完全無視。 ミケの1踏みで、今までの努力が無駄になったどころ…

  • ただ座る 鬱からの脱却2日目

    ただリビングに座る その重大さ ただ座るだけ ヒゲ抜き達成後、受診再開出来た自分は、「リビングに行ってソファに凭れて座る」ようになった。遮光の分厚いカーテンは閉めたまま、薄暗いリビングにただ座るだけ。 TVもつけない、本を読むでもない。お茶を飲んだり、食べたりもしない。文字通りただ座るだけ。 何も考えない。 家族に会うかもとか、鬱のこととか、今後の事とかも何も。 まるで心の無いロボットの様に、身じろぎもせず座る。 自分にとっては画期的な事 自室から出て、リビングで時間を過ごすというのは、引きこもりな自分には画期的な事だ。加えて、横に寝ているだけの体を起こしているという事が凄い。 普通の一般人に…

  • 睡眠について シリーズ一覧

    連続して書けなかったので、纒めてみた。 7回シリーズ。 今後の参考の為。 kameneko.hateblo.jp kameneko.hateblo.jp kameneko.hateblo.jp kameneko.hateblo.jp kameneko.hateblo.jp kameneko.hateblo.jp kameneko.hateblo.jp

  • 思い立ったが吉日 鬱からの脱却1日目

    小さくも 思い立つ時 動くなら 未来(さき)へ大きな歩みなるべし まだ鬱だが、完全引きこもりから多少快復。忘れぬうちに、どういう感覚で快復の道を辿ったか、今後の参考の為に記録しておく。 思い立った時を逃さず、行動する 「気になる」感覚 10月に入って2ヶ月余り、冬眠症併発の大鬱で引きこもり。 24時間×50日程、ただベッドに横になっているだけ。 脳は最低限の生命活動以外全く機能しないし、頭も働かない。 風呂に入っていない汚い身体も気にならない。臭いも分からない。起き上がるどころか、寝返りを打とうという気すら湧かない。 そんな毎日。 ふと顔を触ったら、指がヒゲに当たる。 何だか気になって、2日か…

  • 自律訓練法 睡眠について7

    『睡眠について』シリーズ、続けて書いて直ぐに終わるはずだったが、鬱なりに色々とアクシデントがあって、そちらを書いて寄り道ばかり。今日で漸く最終回。『睡眠の為の11箇条』の最後の項目、「自律訓練法」について書く。 自律訓練法は効果あり 効果について 以下の睡眠グラフが示す通り、めちゃくちゃ効果ある。 自分は「双極性障害に自律訓練法は全く効果ない」と主治医に言われてがっくりしたが、「睡眠前のリラックス効果はある。第2段階までで充分」との言葉を得て、第2段階までを行なっている。 毎晩ベッドに入ると、すぐに自律訓練法を行なう。上のグラフでは速攻で「深い睡眠」に入っているのが分かる。 呼吸・心拍共にゆっ…

  • 全身筋肉痛

    社会復帰の道は遠い みしみしと 軋む身体に 嘆息す 人並みの道 遥か遠くに 何もせずとも筋肉痛 一昨日、昨日と一般の人々の様に7時間睡眠位で、午前中から起きて、16時間程の活動時間があった。と言ってもバリバリ動いた訳ではなく、1時間程片付けたり、人と交流しただけ。昨日なんて、殆ど1日ただ座っていただけだ。 それなのに、昨日の昼頃から身体中が重く張って筋肉痛だ。 「コリを解すには風呂だ」と昼日中に入浴した。入浴剤でも入れるべきだったか? 髪も体も洗ってさっぱりはしたが、身体中が今だにミシミシと重く痛い。 原因 登山したとか、筋トレしたとかなら納得する。日頃と違うことは「朝、真っ当に起きた」だけだ…

  • 破れたパンツが捨てられない

    「ぼろぼろの物」へ執着する意味 破れたパンツが捨てられない。 お尻部分も縦に破れてるし、股上だって破れてる。 お腹シェイプな機能があるわけでも、ヒップアップ機能があるわけでもない。好きな絵柄というわけでもない。 トイレに行くたび、下ろしたり上げたりすると、掴んだ指の所から、さらに裂けそうな程ぼろぼろの、破れたパンツが捨てられない。 捨てられない 捨てようと、最後の洗濯をして、結局捨てずに棚に仕舞う。そして、次の日取出してまた履く。 見つからなかったら、探す時すらある。 履きやすいどころか、上げ下げの度に、ストレスを感じるようパンツ。同じタイプの物が他にあるのに、わざわざ破れたパンツを選んで履く…

  • インターネットカフェに行きたい

    鬱が怖くて、本が読めない 借りていたDVDを返しに行った。横にある、ネットカフェが気になって仕方ない。 ネットがしたいのでは無い。漫画を読みたいのだ。 読みたい欲求 「漫画喫茶」の時代から、一度は行きたい憧れの場所だ。 昔読んでいた、漫画も読みたいし、連載途中で読めなかった続きも読みたい。話題作も読んでみたい。あれを読みたい、それも読みたいのだ。 昔の暗くて、何だが扉を開けるのに勇気がいるような店構えではない。明るく、少しオシャレな感じの外観に、開かれた扉。 「ほら、ワンダーランが待っているよ」と誘うかのようだ。 読書は、楽しい。あっという間に時間は過ぎる。 新しい世界、未知の体験、ワクワクド…

  • 主治医との信頼関係2

    ばかし合うのも信頼あってこそ 昨日の診察では、抗うつ薬と睡眠薬を変更した。 薬に対しての自分の不安や、要望をしっかり聞いてから、力強く?処方してくれるので助かるし、頼りになる。 (先にご覧頂くと、ありがたい)kameneko.hateblo.jp 頼りない医者は信頼できない 最初の主治医は、優しく穏やかで、話をよく聴いてくれた。その反面、頼りなかった。自分の性格を理解してくれたが「頼りない」感じの所為で、信頼感は持てなかった。 「信頼」とは「信じる」と「頼る」だから、頼りない医者は信頼出来ない。 せいぜい「悪くない」医者・「話を聞いてくれるだけ」の医者。 鬱が酷ければ、判断力は低下しているから…

  • 児童虐待する親とは

    虐待される子供は何処に救いを求めればよいのか 病院待合室で新聞を広げると、社会面に3件も児童虐待関連の記事が掲載されていた。 多過ぎないか! 今の日本社会はおかしく無いか? 『千葉児童虐待死 無責任の連鎖が命奪った|【西日本新聞】』 『2歳娘に性的虐待疑いで再逮捕 大阪、傷害致死罪で起訴の父親(共同通信) - Yahoo!ニュース』 『親戚の乳児殺害疑い 子守頼まれた28歳男逮捕 沼津署|静岡新聞アットエス』 しつけでなく犯罪である 「お父さんにぼう力を受けています」と小学校のアンケートに答えた小学4年生の女児。亡くなってから、報道されても女児は生き返らない。 そんな直筆の訴えは、女児が生きて…

  • 睡眠薬の問題点 睡眠について6

    効き目をば 普段は感じず いるものを ないと思えば 眠れぬ薬 睡眠薬の調整は慎重に 先日、睡眠薬について投稿したが、薬効についてはあまり触れなかったので、今回はそれらについて書く。 kameneko.hateblo.jp 依存性 今服薬しているルネスタは苦い。だから、味のしないロヒプノールやブロチゾラムについて、主治医に訊いた。 ロヒプノールは強度?の不眠症患者への処方薬ゆえ、無味無臭だ。だが、アメリカで使用禁止になったとかで(主治医談)、処方されない。それと依存性が高い。 薬の自己調整が出来る自分には「短期的に効果を狙って処方してもよい」と主治医に言われたが、冬眠症で綺麗さっぱりお別れした経…

  • 「ヨガの呼吸法」効果

    呼吸法は健康の基本 昨日、TBS『名医のTHE太鼓判 冬の高血圧』を終盤だけ観た。 (BS時代劇で『鬼平犯科帳』を観た後偶々) 安静時心拍数を測って、リスクを警鐘し、改善策として取り入れ易いものを紹介するという、健康番組にありがちなパターン展開。 脳出血などのリスクを軽減する呼吸法が最後に紹介された。 ヨガの呼吸法 4秒吸って、止めて、8秒吐くだったか(うろ覚え(・_・; これはヨガの呼吸法と同じだ。TV番組では前傾姿勢で吸っていたが、前傾するのは肋骨周辺への緊張を緩和し、肺を大きく膨らませる為だろう。 ヨガは呼吸が大事(スポーツも呼吸が大事)で、色々な呼吸法があるが、基本は吸った後、息を止め…

  • 睡眠薬 睡眠について 5

    寝るための 薬の味で 覚醒す 長き夜に ため息ばかり 猫は「寝子」と言う当て字もある程、一日中寝ている。これは「いざ!」という時に備える野生の本能の名残なんだが、見ていて羨ましい。 眠剤の苦さで眠れない皮肉 今服用している、ルネスタは苦い。 初めて処方される際は「苦いけど……」と確認された。今でも時々、主治医に訊かれる「苦くないですか?」。「苦いです」端的に答える。苦い、めちゃくちゃ苦い。これから服用する人に会ったら、自分は言うだろう。「苦くて、目が冴えます」 服用時に油断して、舌や粘膜に触れてしまうと、苦さが残って眠れない。どうかすると、その苦味で中途覚醒するし、起床時にまだ苦さを舌に、喉に…

  • 掃除と精神疾患

    掃除できないのは「病(やまい)」だから 父は、うつ病(双極性障害)40年歴の母に、統合失調症・双極性障害・人格障害の子供達に囲まれているが、だからといって、精神疾患への理解があるわけでもない。「精神疾患は脳の機能障害だ」と言えば、「じゃあ、脳手術しないといけない」と言うくらいだ。ある意味、正しいのかもしれないが、言われた当人は困惑するしかない。 そんな父は、精神疾患の病状を「掃除が出来ているか」で判断する。「掃除できてるから状態はよい」とか「前より散らかっているから、悪化しているな」とか。これは、長年精神疾患者と暮らした経験の賜物だろう。 精神疾患者は掃除ができない うつ病が「掃除・片づけが出…

  • 猫にマッサージ、猫からマッサージ

    マッサージ効果は侮れない ミケを2ヶ月毎の注射に連れて行ったら、マッサージを獣医が教えてくれた。 (ミケ通院について、過去記事はこちら) kameneko.hateblo.jp 今回はミケに我慢してもらって、口腔奥までカメラを入れて、爛れた粘膜の状態も見せてもらった。何処も彼処も赤く腫れたミケの内部。胸が痛くなる。言葉を話さないが、相当痛いだろう。その痛みの緩和ケアとして、少しでも状態を良く保つ為に、獣医自ら丁寧にマッサージ方法を教えてくれた。 猫へのマッサージ効果 昔、「猫のツボを押す」雑誌記事を読んだことがあり、日頃から猫たちのツボ押しマッサージは行ってきた。確か消化機能を良好にとか、下部…

  • 双極性障害だから、双極性障害者が理解出来ない

    支離滅裂に愚痴、毒吐き 自覚としても客観的にも、鬱が悪化中。 主治医と「冬眠症」も念頭に置き、薬の処方を色々変えて、鋭意努力中。「入院」の選択肢もあがる中、親へも連絡を入れておいた方がよいのではと、電話をした。 それが大失敗。 先ず、兄弟が精神障害者手帳の認定?が降りたのだが、3級。「龜寝子は何級?」と訊かれた時点でヤバいとは思った。「2級」と答えれば、不機嫌さを隠しもせず、「何級まであるのか?」と訊いてくる。「JR無料で乗れるって書いてあった」と誤った情報を信じている(公共交通機関の割引情報は大事)ので、「JRは割引ないよ」と訂正したら無言。自分の状態の事を話すのやめようかと思った。でも「人…

  • 「報酬改定で障害者事業所6割減収」のニュース 精神疾患者の感想

    国の欺瞞 騙されてはいけない 先27日「今年度の報酬改定で、障害者事業所が大幅な収入源」のTVニュースを見た。 www3.nhk.or.jp 何というか、「国の汚さ」を感じる。 「報酬が減額になった事」へでなく、最近「精神障害者に配慮していますよ」ポーズがやたらと多かった裏側で、実は阿漕な真似を行い、国民を騙している実態にだ。 昨年12月25日には、新聞で「就労支援パスポート」が一面に掲載されていた。 yomidr.yomiuri.co.jp (新聞記事は見つけれなかったので、讀賣新聞関連のHP) この前にも、昨年10月末には国家公務員試験を精神障害者が受検出来ると、大々的に報道された。 ww…

  • 猫に看病されるしあわせ

    猫がいるから、生きている ベッドに横になって、ボーっとしていると、猫達が看病してくれる。 キジシロは足元で丸まり、ハチワレは布団に潜り、龜寝子の冷たい足先を包む様に丸まる。ミケは脇あたりの布団に入って、頭をちょこんと龜寝子の腕に乗せて、ゴロゴロと喉を鳴らしている。 喉を鳴らすのは、訴えている 猫が喉を鳴らすのは、甘えているというよりも、母猫に何か訴えているのだそうだ。声をあげて鳴くと、敵に見つかってしまうから、目立たない様に喉を鳴らし、要求する。 猫の声は耳障りではないが、「音を立てない様に」気遣ってくれていると思うと嬉しい。 ミケは我が家の三猫の中で1番小さいが、ゴロゴロ音は驚く程の大音量だ…

  • 鬱が酷くて

    怠い。眠たいのかも判らないが、起きてはいられない。 何故夜に寝なくてはいけないのか? 食欲もないのに、何で食べなければならないのか? そんな基本欲求すら、麻痺しているから、相当悪い。 主治医が「入院」の話をしたからか? 寒波で寒いからか? データ採りを止めて、加味逍遥散料と白虎加人参湯を飲んだ。 「何かせめて脳に栄養を」と思い、鯛焼きを食べた。 回転饅頭より、鯛焼きが好きだ。形だけの違いなのに。 音声入力は慣れないから捗らない。 キジシロが、心配して何度も様子を見にきてくれる。 ごめん。明日は起きれるから。きっと…… ◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ 白虎加人参湯と加味逍遥散料を12時に服用。 半…

  • TV東京系「あさま山荘事件とは何だったのか?」 精神疾患者の感想

    狂気とは何か?精神疾患の「狂い」との違いは? 昨日、TV東京系列で池上彰の『あさま山荘事件とは何だったのか?』を観た。 時々とんでも解説する池上が「へんな御説」を挟む事はなく、スムーズに視聴出来、色々考えさせられた。 40代以降の人には馴染みがないかもしれないが、身近にそういう人間が居る自分には、何かと感慨深いものがある。 www.asmik-ace.co.jp 自分は「学生運動は、国が知的に発展途上(表現が悪いが)のある段階で起こるもの」と認識している。 有名なチャーチルの言葉もある。 若くして共産主義に傾倒しない者は情熱が足りない。 年を取って共産主義に傾倒しているものは知能が足りない。 …

  • 中国でサルのクローン五匹誕生 に精神疾患者が思うこと

    言葉にできない 昨夜は寝れずにルネスタ追加したら、その後2時間半も覚醒してしまった。 何の為の眠剤追加なのか。また眠剤追加するには夜が更けすぎているので、先日訊いてきた「色々考えすぎて、頭が一杯で眠れない時に効くヨガ」をやったら、すぐ寝た。凄いな!ヨガ! 10時半に起きたが、どうも鬱が酷い感じだ。怠く、重い。加味逍遥散料だけ飲んで、また寝た。 結局15時間睡眠。主治医が「入院」切り出すのも頷ける。一応家族に話すか? 自分の様に、睡眠障害に苦しむ精神疾患者がいるから、不眠サルをクローンで造るというニーズがあると考えると、遣り切れない。 病院の待合室で、その記事を見た。 www.nikkei.co…

  • 入院の効果

    入院の効果は暫定的 昨日診察で、主治医が「入院」について話した。 今の鬱状態はそれぐらい悪いという事なのだなと認識を新たにした。 「大鬱より快復途中の鬱」という感じの中にいる自分には、一般的?な鬱のレベルとして診たらどうだ?という比較は出来ないので、主治医の意見は有難く、尊重する。 じゃあ、すぐ入院するのか?といったら、多分しない。家族の考えは別かもしれないが。 入院の効果 自分の場合 「短期間での鬱からの脱却」を狙うのであれば、入院は効果的だ。2ヶ月もすれば、家族が喜び、看護士も安定・寛解に近いと判断するし、「何故まだ入院しているのか?」と入院患者達から言われるほど回復する。 だが直近2回の…

  • 性行動と双極性障害

    暖かさが欲しいから ふたりでいる だけど言葉にすら傷を負う 傷つくのが嫌なら ひとり膝を抱えて 孤独に耐えるしかない 双極性障害疾患者は、性衝動に逃げる BSTVで、祝言を挙げた日に、夫に抱かれる事が出来なかった新妻の、哀しく複雑な表情を、小林綾子が名演するのを観た。小林綾子、演技派女優になったんだなぁ 『剣客商売/まゆ墨の金ちゃん』 渡部篤郎・大路恵美版が自分は好き 自分のSEX感 人間は20代後半から40代前半が1番SEXするのではないか?特に30代。そう考えると、自分は枯れている。何故なら殆んどSEXしてない。 そう言ったらツレに笑われたことがある。あれは、30代前半だったか? 性欲はテ…

  • 夢現の狭間で 睡眠について 4

    睡眠の悩みは深い 今朝起きたら、空は暗く激しい雨が降っていた。 風も強く、窓を叩く様な風切音がする。 今日は大鬱に突入した際、不調法やらかした職場への手紙の投函と、分別した資源ごみを出しにスーパーに行くつもりだったのに。こんな激しい雨風で寒い中では、外出出来ない。恨めしい。せっかく少しづつ行動が広がって、鬱から上り調子なのに。なんて呟きながら一応窓を開けて確認する。寒い。こんな寒さで雨風の中出かけたら、鬱悪化させかねない。それにしても、今日も昨日の様に、起きたのだが眠い。なんだかまたベッドに横になり、激しい風の音を聞く。「風の音に寒さを感じるなあ」と考えながら、瞼を閉じた。 これ、全部夢。 実…

  • 自分で身体を触る重要性

    ふれてみて はじめてわかる 己のからだ 発熱すらも 触れられないと 自分ではわからない(昔読んだ漫画の台詞。また読みたいが、タイトルも著者も覚えていない……) 「手を当てる」ことは治療の基本 昨日、1週間振りに入浴し、4ヶ月振りに体を洗った。 大鬱突入して、入浴する迄2ヶ月。更に体を洗う迄2ヶ月。いやよくやったというか、よく出来たとか、ようやくここまで回復したかとか、色々感無量だ。 シャワーは嫌いだし、タオルで体を拭く事もない。入浴というのは、文字通り「湯船に入るだけ」で、脂ぎって異臭を放つ髪だけを湯船に浸かったまま洗っていた。 昨日は「ドラッドヘアの人って洗髪どうしてるんだろう?」などと考え…

  • 過眠・冬眠の問題点 睡眠について 3

    過眠は怠け心からではない 今朝、11時間半寝て「排泄欲求」を期に、文字通り「気合い」で起床し、朝食を摂った。だが「眠たい」という意識とは別に瞼がどうにも閉じてくる。体もずぶずぶとその場に崩れ落ちてくる。「今日はアレと、コレとこれもしなくては」と思いはするが、体が重くどうにもならない。フラフラと自室へ戻り、即刻寝た。気合いでは過眠はどうにもならない。 結局その後2時間半寝て、合計14時間睡眠だ。これでは社会復帰など、遥か彼方の霧の中だ。この嘆きは、精神疾患者以外にはなかなか理解されない。 冬眠症と睡眠サイクルの概要 ▷▷▷『動物としての本能と冬眠症 』 『 鬱期の睡眠サイクル 』 過去記事を参照…

  • 軽躁期の不安

    双極性二型患者にとって「軽躁状態」は恐怖 昨日の記事で、「自分は冬眠症を如何に避けるかが、治療目標」と書いたが、 (→『鬱期の睡眠サイクル』) 冬眠症を併発する大鬱を1番恐れているのではなく、軽躁状態が自分にとっては1番の恐怖である。そこを補足する為、『睡眠について』シリーズから外れて、今日は「軽躁期」に触れておきたい。 軽躁状態(期)はテーマも多く、書くと長くなるので、詳細は後日少しずつ書きたい。また、双極性一型と二型は個人的にかなり違う印象を持っており、書物によっては「双極性二型の方が治療等困難」とする物も散見される。「双極性障害そのもの」についても先々書きたいし、「うつ病」との比較もした…

  • 鬱期の睡眠サイクル 睡眠について 2

    不眠レベルは循環する 大鬱から復調しつつある今、記憶の新しい内に「鬱期の睡眠サイクル」について記録しておく。過去の大鬱を思い出してみても、基本的なパターンは同じ様なものなので、自分のこの先に活かせればと思う。 自分の定義する「大鬱」は精神医学会のものでなく、「冬眠症(期)」併発した鬱を「大鬱」としている。主治医との間では、「大鬱」で通っている。 「冬眠症」は自分の鬱期では重要なキーだが、ここで改めて概要は書かないので、詳細は過去ブログを参照頂ければと思う。 kameneko.hateblo.jp 不眠サイクル ①不眠(焦有 ⑦不眠(焦り有無) ↓ ↑ ↓ ↓ ⑥不過眠(焦り有無) ↓ ↑ ↓ …