searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

filmbyblackjackさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
社会人出身の大学教員(社会科学系) 萬日記
ブログURL
https://filmbyblackjack.hatenablog.com/
ブログ紹介文
社会人経験10年後に大学教員(関東中堅私大・社会科学系の助教になった36歳おっさんの日常の雑感です。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2018/12/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、filmbyblackjackさんの読者になりませんか?

ハンドル名
filmbyblackjackさん
ブログタイトル
社会人出身の大学教員(社会科学系) 萬日記
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
社会人出身の大学教員(社会科学系) 萬日記

filmbyblackjackさんの新着記事

1件〜30件

  • 隣のお人は何する人ぞ。

    こんなマニアックなブログに訪問いただきありがとうございます。 タイトルは、大学の研究室のお話です。どこの大学もそうだと思いますが、実質個人事業主の集まりである大学教員はお互いのことをびっくりするくらい知りません。 もちろん他の先生の単独授業なんてFD研修であるかないかくらいのレベルですし、そもそも興味がない方々がほとんどだと思います。 お互い干渉せずが、大学における不文律ですね😃 それでも、小窓から見える他人の研究室は気になるものでございます。 先生によって、雰囲気が全然違うので、たまに打ち合わせ等でお邪魔すると気になって仕方がありません。

  • ご無沙汰してしまいました。(助教と講師の格差について)

    どうも長らくご無沙汰してしまっておりました。約半年振りの更新です。 今後は出来る限り、ペースを保ちながら色々と書いていければいいかなと思っております。 実はわたくしごとで恐縮なのですが、4月から任期なしのアカデミックポストに就くことが出来ました〜。そのドタバタもあり、ようやく落ち着いてきたので、ブログ再開と相成りました。 採用面接の流れや大学間の異動のあれこれなども書いて行けたらと思います。なお、職階もこれまでの助教から専任講師にレベルアップすることが出来ました! 4月の着任から2ヶ月しか経っていないのですが、助教(任期あり)と講師(任期なし)の間にはこれほどまでに格差があるのかと感じる今日こ…

  • 大学教員のデメリットについて その②

    おはようございます。前回の日記を書いた後に、入試やセンター試験の監督業務でドタバタしておりました。 ちょうど1月中旬から2月中旬は、後期試験と本務校の入試業務、センター試験の監督業務と続き、中々忙しい時期でございます。 さて、前回大学教員のデメリットについて その①の続きです。ここでは、デメリットBEST4を書きたいと思います。 ずばり、BEST4「論文(研究)を書き続けなければ明日はない」です。 これは、デメリットというより、大学教員(研究者)の宿命ですし、研究が好きな人にとってはデメリットと感じない先生方も多くいると思います。もちろん、私自身も研究や文章で何かを表現することがとても好きなの…

  • 大学教員のデメリットについて その①

    おはようございます。本日は、昨日中に後期の担当授業がすべて終了しましたので、久方ぶりにゆっくりと研究室で仕事をしようと思っております。 パーティションを挟んだお隣の同僚(勤務大学は、助教は共同研究室なのです)は、忙しいそうに引継ぎ準備をしていらっしゃいます。(来年度から任期なしの転職が決まったとのこと、うらやましい限りです。) さて、本日は先日の大学教員のメリットに続き、大学教員のデメリットについても書いていきたいと思います。 大学教員のイメージは、メリットの印象の方が強いので、あまりデメリットがないのでは?と思われがちですが、そんなことは絶対にありません。冷静に考えるとデメリットの方が圧倒的…

  • 大学教員のメリットについて

    こんにちは。本日は、成人の日(祝日)ということもあり、大学内にはほとんど学生の姿が見られません。さすがに普通の祝日の月曜日は授業があるのですが、成人の日は該当学生が多すぎるためか、全休になる大学がほとんどだと思います。 一般的な大学では、年が明けると後期授業の後半に差し掛かり、期末テストの準備や入試業務(センター試験もそうですね)等で忙しくなる時期です。社会科学系の学部では、1月~2月で国家試験(卒業見込みで4年生が受験)も多く実施されるので、てんやわんやです。 さて、本日は大学教員のメリットについて書いていきたいと思います。私は、社会人から大学教員に転身した身なのですが、大学教員になる前に「…

  • 助教が単独授業を持つことについて

    おはようございます。大学では、後期も終盤に差し掛かり、1月末から2月初旬に期末試験というスケジュールを組んでいる大学が多いと思います。 社会科学系に限ったことではないと思いますが、教員の末端構成員である助教が単独で授業を持つことは、なかなかないというのが現状ではないでしょうか。 責任教員の補佐的な位置付けで、複数教員で授業を持つというのがスタンダードだと思います。 まぁ大学によっては、実際はほぼ助教が授業を回しているということもしばしばあるのですが。 そんな中で、私は社会人出身ということもあり、いくつかの授業を単独で持たせてもらっているので幸運な方だと思います。 単独授業が持てない助教が、なか…

  • (恐怖の)授業アンケートについて

    おはようございます。後期の冬休みが終わり、本日から校内に学生が増えてきましたね。髪の色や髪型がドラスティックに変わっている学生さんを目の前にした時のリアクションを考えてないといけない時期です。 さて、本日は、ぺーぺーかつ任期あり末端構成員である私にとっては恐怖の授業アンケートについてです。 授業アンケートはその名の通り、各科目の受講生に対して実施されるアンケートであり、学生からの率直な教員評価です。 大体の大学は、無記名でアンケートを取っているので、極端に少人数しか受講生がいない場合や個人が特定できる内容でない限り、どの学生の意見かは分からないシステムです。 特に自由記述欄にわざわざ書き込みを…

  • 新年の書き始め

    遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。今回の年末年始は、なかなかパソコンに向かう時間が取れず、本日ようやく自宅のデスクにて週明けからの仕事の準備を始めているところです。 独身なので、実家に帰ってパラサイトをしておりましたが、30代も後半になるといつまでも実家に長居できませんね。(甥っ子、姪っ子にお年玉という恐喝を食らいました) さて、昨年末に始めたこのブログですが、今年もゆるりと大学のことや大学教員の傍らでやっている副業(もうライフワークみたいな趣味ですね)のことを書いていければと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。 大学教員の中には、非常勤講師を含めた副業を一切し…

  • 大学職員さんについて

    おはようございます。ようやく昨日(正確には本日未明)中に、来年度のシラバスを作成することが出来ました。 若手教員&私のような任期付き助教というアカデミー界の末端構成員は、大学の各種提出書類はマッハで対応しないといけません。 グリーンカード(永住権)をお持ちの諸先輩方々のように、ゆったり締切過ぎてから対応するなんてことは絶対に出来ません。 さて、本日は大学教員のお話ではなく、大学職員さんたちについて書いていきたいと思います。 大学職員とは、その名称の通り大学に勤務されている職員さんのことで、一般のサラリーマンさんと同じように事務仕事を中心として大学の様々な仕事をされています。 大学教員は、不思議…

  • シラバス作成の時期がやって来ました

    こんばんは。今日は一日自宅とネットカフェで、来年度に向けた授業シラバスの作成にあたっておりました。 例年、年末年末のお休み期間を利用して作成しておりますが、毎年多少なりともカスタマイズが必要なので一苦労です。 もう少しで本務校分がおわりそうなので、続けて非常勤講師先の分まで一気に行きたいと思います。 このシラバスは学生にあまり重要視されないのですが(重要ですよ❗)、教員にとっては内外に担当する授業について情報公開できる唯一にちかいツールです。 また、落ち着いたらシラバスについても詳しく書いていければと思います。 本日は、短文で失礼します。

  • 社会人から大学教員になるためには(詳細編ケース1️⃣社会人経験5年未満の場合)その二

    おはようございます。本日はクリスマスですが、キャンパスに学生の姿は見当たりません。(昨夜から遊び続けている学生も多いと思います) さて、昨日に引き続き、社会人から大学教員になるための詳細編ケース1️⃣その二を書いていきたいと思います。 無事に、大学院の修士課程に進学出来たら、まずは確実に余裕があるうちに単位(授業)を取得していくことをお勧めします。日中仕事がある社会人が研究(授業)に費やせる時間は非常に限られています。 ですので、やはり現在の仕事と関連した研究をすることが1番良いと思います。仕事をしながらも研究の役に立つと両方のモチベーションも上がりますしね。 ちなみに私は、大学院(修士課程、…

  • 社会人から大学教員になるためには(詳細編 ケース1️⃣ 社会人経験5年未満の場合)その一

    おはようございます。本日も誰もいない共同研究室を謳歌しております。 さて、今回は前回ざっくり概要編を書いた、社会人から大学教員になるためにはを詳細編で書きたいと思います。なお、前提条件として、分野は社会科学系でのお話となりますのであらかじめご了承ください。 まず、どの程度社会人経験をされているかで、行程が全然違いますので、何ケースかに分けて考えて行きたいと思います。 ケース1️⃣ 社会人経験5年未満(概ね30歳未満)の場合 まず、大学院の修士課程に進学する必要があります。大学教員の公募は修士課程以上の学位が求められるので、働きながら通学できる大学院に進学しましょう。社会科学系の分野では社会人入…

  • 大学から配分される個人研究費について

    おはようございます。本日は、日曜日ですが大学に出校して残務処理をしております。年内の仕事は年内に終わらせたいです。 大学教員は、学生と同じで休日や祝日の感覚(ありがたみも含め)が欠落してしまいがちです。 私は絶賛独身農民を邁進中ということもあり、授業がない日は大学外で過ごすことが多いのですが、雑用が降ってこない日曜日はよく出校しております。(共同研究室なので、一人の時にしか音楽の音量上げられません。) さて、本日は大学教員が大学から配分される個人研究費についてです。本校では12月に入ると来年度予算の作成のために、各教員にも個人研究費の予算執行案を作れと指示が来ます。 この個人研究費は、専任教員…

  • 研究室について

    おはようございます。今年の担当授業が冬休みに入り、つかの間の平穏を自室(研究室)で味わっております。 年末年始は、大学に出校する先生方も少ないので音楽を流しながら大掃除に勤しんでいます。 私のような大学教員における末端構成員(しかも任期付き)には、当然、個室研究室ではなく、助教4人の共同研究室が与えられています。(パーテーションで区切られており、半個室状態ですが狭くはないので快適です) 本学は、助教もゼミ(卒論を担当する学生が5〜6人)を持つので、学生にとっては少し可哀想な気はしますが、イメージとしては、合同就職説明会の企業ブース(全体で6畳くらい)に似ていると思います。 私のような共同研究室…

  • 教員の任期について

    おはようございます。本日は、1日他大学での非常勤講師の日でございます。 だいたい授業開始の1時間前には、到着するようにしておりますので、非常勤講師室からこのブログを書いております。 今日のお話は、大学教員の任期についてです。このブログを読んでいただいている方の中には、私が経験したように社会人から大学教員への道を模索されていらっしゃっる方もいると思います。 そんな社会人出身の教員志願者の道の最初の関所と言いますか、踏み絵的なものに「教員の任期」があります。 社会科学系だけではないのですが、最近の教員公募情勢を見ると若手教員(いわゆる助手、助教クラス)の任期ありは、ほぼ当然で分野によっては講師、准…

  • 大学教員の職位の違いについて

    こんにちは。年末に差し掛かり、私の担当する授業もようやく一時休戦(短い冬休み)になりました。 世の大学生さんたちにとっては、青春真っ只中の数週間になると思います。今朝もゼミ生が、朝からクリスマスデートの計画を楽しそうに立てているのみて、なぜかしみじみ年を取ったなぁと感慨深い気持ちになりました。 そんな青春のお話ではなく、本日は大学教員の職位の違いについて書いていきたいと思います。私自身の実体験でもよくあることなのですが、様々な場面で自己紹介をする際に、「大学教員=教授」というイメージがあるのか、その他の職位(私の場合は助教と)であることを伝えても、なかなかピンと来ない方が多くいらっしゃると思い…

  • 非常勤講師のお話

    こんにちは。一日、一記事を目標に、無理せず頑張っていきたいと思います。 さて、本日は私もやっている非常勤講師のお話をしたいと思います。 大学教員の代表的な副業の一つに非常勤講師があります。要するに、本務校(勤務大学)以外の大学・専門学校等で授業をするアルバイトです。 私の場合は、研究日に非常勤講師をしており、1日4コマ分を担当させていただいてます。ですので、非常勤講師の日は一日、授業をする大学で過ごすことになるのですが、やはり本務校との雰囲気の違い(校舎、学生、先生、事務職員の方々)は面白いなぁと感じます。 大学が違えば、授業のルールも違いますし、学生の雰囲気もそれぞれです。同じ科目の授業をし…

  • プロ助教という傭兵の方々

    おはようございます。わたしは、現在任期付きの助教として大学教員をしておりますが、いずれは任期なしの助教→講師→准教授→教授になりたいなぁと漠然と考えております。 もちろん、教員としてのキャリアパスを考えると、今まで以上に研究業績と教歴を積むことに加えて、業界のメジャーリーガーの先生方とのよきお付き合いが必要になってきます。 とりわけ、わたしの研究領域は社会科学系では新しい分野に入りますので、人と人とのつながりが重要です。 教員を採用する側にとっても、どこの馬の骨か分からない人より顔が見えるメジャーリーガーの息のかかった人の方が安心だと思います。 大学教員(になりたい院生等も含む)が、このような…

  • 社会人から大学教員になるためには(ざっくり概要)

    こんにちは。本日は、担当授業がないため、以前に書き溜めていたブログネタを一気に放出してしまいましたが、すべて副業(派遣バイト)ネタであったことに気づきました。 それでは、いかんと自省を込めて、私自身も経験した「社会人から大学教員になるために」について少し書きたいと思います。 このブログをお読みいただいている読者の方の中には、まさに「今は社会人として企業に勤めているけど、いずれかは大学教員への道を考えている」という方がいらっしゃるかも知れません。 私は、学部(大学生)の4年次に採用試験に落ちたため、就職はせず、他大学の大学院(修士課程)に入学しました。 大学院(修士課程)の修了の後は、そのまま博…

  • 副業(派遣バイト体験)part4 治験バイト③参加当日から退院まで

    さて、待ちに待った治験バイト当日です。 当日は指定された時間(参加する治験によって違います)に病院に向かうのですが、入院中はまじで暇ですので、時間を潰せるアイテムをたくさん持参しましょう。 スマホは当然で、出来ればノートパソコン、携帯ゲーム機、小説や参考書はたまた学生さんであれば勉学道具も良いと思います。 ちなみに、入院先のバイト中に滞在するフロアには男性向けの少年・青年マンガ(1000冊くらい)と2台程度のTVとゲーム機(プレステ的な)は、ありますが、漫画は旧作が中心で、TVは共有なんであまり使えません。 そんな夢一杯のバックを担いで、病院に到着すると受付を行います。受付が終わったら、私物を…

  • 副業(派遣バイト体験)part4 治験バイト②参加申込みから健康診断まで

    治験バイトに参加していた頃の私は、大学卒業後に「まだ就職したくない&とりあえず東京に行きたい」というスーパーありがちな若造でした。 無理やり大学院に入学して上京したものの、いかんせんお金がない。 奨学金の申請はしましたが、振り込みまで2ヶ月ほどの空白期間があり、大学時代に貯めたバイト代は新生活の準備で一瞬で消滅しておりました。 そんな、「若くて健康だけど遊ぶ金がない。でも時間はありあまる」という状態には、神のような治験バイト。 さっそく、ネカフエで見つけた○病院の治験サイトをチェックし、ネット上で治験バイトに参加するための個人情報の登録を行い、IDとパスワードをゲット。 さっそく、三泊四日×二…

  • 副業(派遣バイト体験)part4 治験バイト①

    楽して高額なバイト代がもらえる代表格が治験バイトです。正式名称は、創薬ボランティアというボランティアで、厳密にはバイトではありません。よって治験バイトは、バイト代(給与)という項目ではなく弁償費という項目で支払われます。 日本国内の病院や企業で、いろいろな薬の治験が行われていますが、今回私が紹介するのは、治験会場が東京、福岡、熊本と3ヶ所にある某医療法人の治験バイトです。 まず治験バイトの流れは、 ①ホームページor電話で治験スケジュールを確認。 →②希望する治験に申し込み(サイトもしくは電話) →③事前の健康診断 →④合格すると後に本番の治験に参加 →⑤最終日(退院日)もしくは後日の検診後に…

  • 副業(派遣バイト体験)part3 車のタイヤ交換バイト

    11月後半から12月にかけて募集が多くなるのが、カー用品店などのピット(整備場)でのタイヤ交換バイトがあります。 この時期は、平日でも普通タイヤからスタッドレスタイヤに交換するお客様が増えるので、結構ハードなバイトですね。 バイトだいたいアシスタント的な雑用がメインになりますが、ひたすらタイヤとの闘いになります。 具体的には、車がピットに入ったらまずは、社員さん(もしくはベテランバイト)が今車がはいているタイヤを外し、バイトがタイヤを受け取り45リットルごみ袋みたいな専用のビニール袋に入れる作業です。これが一台につき4回(タイヤ4本分) 作業自体は、タイヤを転がす要領で袋に入れて軽く結ぶだけな…

  • 副業(派遣バイト体験)part2 サンプリングバイト

    前回に引き続き、大学での勤務の合間に体験した副業(派遣バイト体験)について、お話したいと思います。(私の本務校は、授業以外は意外と自由な時間があります。) よく駅前でチラシが入ったティッシュペーパーを配ってる人たちを見かけますが、あれがいわゆるサンプリングバイト(配布バイト)です。 だいたいが広告チラシ入りのティッシュペーパーを配るバイトですが、中にはチラシオンリーであったり商品のサンプルだったりもします。 単発や派遣のサンプリングバイトは、ほぼ駅前が仕事になります。(たまに何かの試験会場になってる学校もあります) 仕事の流れはまず、指定された派遣先事務所で当日にサンプリングする物を大量にもら…

  • 副業(派遣バイト体験)part1 プラカード持ちバイト

    ここでは、大学での勤務の合間に体験した副業(派遣バイト体験)について、お話したいと思います。(私の本務校は、授業以外は意外と自由な時間があります。) 今回は、単発系の派遣バイトの王道の一つで、プラカード持ちのバイトについてです。 仕事の内容は、その名の通り、約5キロくらいのプラカードを地面と両手で支え、ひたすら立っているという正真正銘の修行です。そして、バイト時の服装はスーツが多いです。 だいたい新築マンションなどの不動産関係のプラカードで、チラシのサンプリング業務とセットになることが多いです。 バイト(単発系の派遣元)先によっては、プラカード持ちとサンプリングを時間で交代しながら1日を過ごす…

  • 助教(社会科学系)の年収について

    おはようございます。大学教員の収入に興味がある方は多いのではないでしょうか。 そんなご要望に答えるべく、参照資料の一つとして私自身の年収について整理したいと思います。 まずは、前提条件となる私自身のスペックからです。 (前提条件) 36歳男性→社会科学系の大学教員では、若手から中堅の間くらいです。 学位は博士(課程)→最近では、最低基準になりつつあります。。 有資格→社会科学系国家資格1つ (現場経験10年超) 所属大学→関東中堅私大、総学生数1万人前後、財政基盤は超優良 職位:助教(4年の任期あり) 本務校以外の非常勤講師→週2回で計6コマ それでは、今年の私の収入です。(全て、税金を引かれ…

  • 研究日について

    どうもこんにちは。本日はさすがに休日をいただき、自宅で仕事に励んでいます。 仕事と言っても、大学教員の仕事はほぼほぼ自分の研究と関連するものなので、企業勤めの時とはテンションに大きな違いがありますね。 さて、日記なので出来れば一日1記事を投稿することを目標にしていきたいと思います、本日のテーマは、「研究日」についてです。 この研究日というシステムは、大学教員くらいだと思うので、ご存知無い方もいらっしゃっるかも知れません。簡単に言うと、週1日もしくは2日は、出勤していることにしますが、授業もなく大学に出校する必要もなく自身の研究する時間にあてて良いですよ。と言うシステムです。 読者の方が大学に通…

  • 大学における助教の立場について

    大学における助教の立場については、総合大学か単科大学か、自然科学系学部か社会科学系学部か、任期のある・なし、はたまた個々の大学によっても違うと思いますが、ここでは私の条件(関東中堅私大、社会科学系単科大学、任期あり)で話を進めたいと思います。 私の所属する大学では、助教の公募の際は、下記の条件が示されていたと記憶しています。 1.実習関係(実習指導・実習)の授業のみを担当する教員として採用される 2.担当する授業も基本は各学科の責任教員がおり、その補助要員であること 3.直属の上司(教授など)はおらず、実習センター所属の助教となること 4.任期は4年で、任期後は1年のみ更新可能(最大で5年間の…

  • ブログ始めました。。

    どうも初めまして。関東中堅私大で文系教員(助教・任期4年の3年目)をやっているものです。 日々の仕事の合間に、大学教員の皆様のブログを散策することが好きなのですが、自分も少しずつでもやってみよう思いました。 日々の雑感を中心に、大学のことや趣味のことを書いていければ良いなと思っています。 勤務大学は社会科学系の単科大学なので、総合大学とは違いバラエティーに富んだ学生・先生は少ない方なのですが、やはり一般社会では生きていけない浮世離れした方々(自省を込めて、自分も含め)を多くいらっしゃいます。 私は、一般企業で14年ほど働いてからの現場枠での教員なので、日々、先生方や学生さんらの行動に面白みを感…

カテゴリー一覧
商用