chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
じく
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/12/16

arrow_drop_down
  • リアルサウンド テックにて「eスポーツのパブリックビューイングに行こう! 『PUBG』のイベントで感じた熱量とコミュニティの姿」を執筆させていただきました。

    株式会社 blueprint様のテクノロジー×エンタメの情報とレビュー「リアルサウンド テック」にて、コラムeスポーツのパブリックビューイングに行こう! 『PUBG』のイベントで感じた熱量とコミュニティの姿を執筆させていただきました。よろし

  • パチ7にて「スマスロ導入から1ヶ月! 稼働推移やスマスロ導入率を調べてみた! 『スマスロ鏡』はやはり本命だった?」を執筆させていただきました。

    ゲンダイエージェンシー株式会社様のパチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト「パチ7」にて、情報記事スマスロ導入から1ヶ月! 稼働推移やスマスロ導入率を調べてみた! 『スマスロ鏡』はやはり本命だった?を執筆させていただきました。よろしければ

  • ダイナム×パチ7 コラボにて「ダイナムなら、メダル機→スマスロの台移動もラクチン! 離席や台移動のやり方を写真で解説!」を執筆させていただきました。

    株式会社ダイナム様とゲンダイエージェンシー株式会社様の「パチ7」のコラボレーション記事として「ダイナムなら、メダル機→スマスロの台移動もラクチン! 離席や台移動のやり方を写真で解説!」を執筆させていただきました。よろしければご一読ください。

  • パチ7にて「スマスロの離席・台移動・台確保のやり方はどうやるの? 19,000枚コンプリートも出現! ホール視察から見るスマスロ実態調査!」を執筆させていただきました。

    ゲンダイエージェンシー株式会社様のパチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト「パチ7」にて、情報記事【総G数20000G】裏天国ループも現実的! スマスロリノヘブンの全設定試打データまとめを執筆させていただきました。よろしければご一読くださ

  • ダイナム×パチ7 コラボにて「あの頃のパチスロが帰ってくる! ダイナムが『全力推し』 するスマスロ(スマートパチスロ)の魅力を簡単解説!」を執筆させていただきました。

    株式会社ダイナム様とゲンダイエージェンシー株式会社様の「パチ7」のコラボレーション記事として「あの頃のパチスロが帰ってくる! ダイナムが『全力推し』 するスマスロ(スマートパチスロ)の魅力を簡単解説!」を執筆させていただきました。よろしけれ

  • パチ7にて「【総G数20000G】裏天国ループも現実的! スマスロリノヘブンの全設定試打データまとめ」を執筆させていただきました。

    ゲンダイエージェンシー株式会社様のパチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト「パチ7」にて、情報記事「【総G数20000G】裏天国ループも現実的! スマスロリノヘブンの全設定試打データまとめ」を執筆させていただきました。よろしければご一読く

  • “UNITE AS ONE” 「Predator League 2022」オフライン会場の姿 ~その舞台裏&谷康司氏インタビュー~

    初の日本開催となるAcer主催のeスポーツ大会「The Asia Pacific Predator League 2022 Grand Finals(アジア・パシフィック プレデターリーグ 2022 グランドファイナル)」の舞台裏やPUBGシーンでは“ドレッド隊長”としてもお馴染みの谷康司氏のインタビューも合わせてお伝えする。

  • 3 年ぶりオフラインで初の日本開催! e スポーツ大会 「The Asia Pacific Predator League 2022 Grand Finals」記者発表会&オープニングセレモニー!

    ついに初の日本開催となるAcer主催のeスポーツ大会「The Asia Pacific Predator League 2022 Grand Finals」が2022年11月11 日(金)~13 日(日)の日程で開催を迎えました。

  • パチ7にて「【スマスロ情報決定版】遊び方からスペックまでこれでOK! 2022年新時代パチスロ「スマスロ」とは何か?」を執筆させていただきました。

    ゲンダイエージェンシー株式会社様のパチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト「パチ7」にて、情報記事「【スマスロ情報決定版】遊び方からスペックまでこれでOK! 2022年新時代パチスロ「スマスロ」とは何か?」を執筆させていただきました。よろ

  • 【後編】東京ゲームショウ2022開催! 3年ぶりのオフライン開催なので味見してきました。【TGS2022】

    前編では自分が好むジャンルをミーハー的に追いかけましたが、後編は「STEAM DECK」と「インディーゲーム&スクール」の2点に絞ってお送りします。個人的な№1ブースはSTEAM DECKSTEAM DECKはSteamが2022年後半にア

  • 【前編】東京ゲームショウ2022開催! 3年ぶりのオフライン開催なので味見してきました。【TGS2022】

    ひっさしぶりのオフライン開催だ! ってことで幸運にもビジネスデイに行けることになったので9/15~16の2日間、幕張メッセで開催の『東京ゲームショウ2022』に行ってきました。と言っても、メジャー系はいろんな媒体でレポートが上がるし、ゲーム

  • ゲームメーカーズにて【CEDEC2022】講演をレポート記事として執筆させていただきました。

    株式会社ヒストリア様のゲームづくりを行うすべての人に情報発信を行うメディア「ゲームメーカーズ」にて、CEDEC2022講演のレポート記事●RTAのプロモーション活用──伝説のRTA走者えぬわた氏が語るRTA配信の「瞬間風速」と「熱量の保温」

  • ゲームメーカーズにて「初開催にして大盛況!インディー ゲーム展示会「東京ゲームダンジョン」レポート&主催者インタビュー」を執筆させていただきました。

    株式会社ヒストリア様のゲームづくりを行うすべての人に情報発信を行うメディア「ゲームメーカーズ」にて、レポート記事「初開催にして大盛況!インディー ゲーム展示会「東京ゲームダンジョン」レポート&主催者インタビュー」を執筆させていただき

  • パチ7にて「夏休みは有楽町で呑んで喰ってパチ&スロを語ろう! 777TOWN×有楽町産直横丁コラボ体験会レポート」を執筆させていただきました。

    ゲンダイエージェンシー株式会社様のパチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト「パチ7」にて、レポート記事「夏休みは有楽町で呑んで喰ってパチ&スロを語ろう! 777TOWN×有楽町産直横丁コラボ体験会レポート」を執筆させていただきました。よろ

  • パチ7にて「導入日は? スペックは? スマパチ・スマスロ特徴を解説!「スマート遊技機フォーラム」取材レポート。」を執筆させていただきました。

    ゲンダイエージェンシー株式会社様のパチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト「パチ7」にて、レポート記事「導入日は? スペックは? スマパチ・スマスロ特徴を解説!「スマート遊技機フォーラム」取材レポート。」を執筆させていただきました。よろし

  • パチ7にて「2022年決定版! 初心者&ライトユーザーにおくるパチンコパチスロのハウスルール・マナー・禁止事項」を執筆させていただきました。

    ゲンダイエージェンシー株式会社様のパチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト「パチ7」にて、インタビュー記事「2022年決定版! 初心者&ライトユーザーにおくるパチンコパチスロのハウスルール・マナー・禁止事項」を執筆させていただきました。よ

  • VCTオフライン大会@6/26さいたまスーパーアリーナに行ってみた

    「2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan Stage2 – Playoff Finals」観戦記。 前半は実際にさいたまスーパーアリーナへ観客として参加した様子。 後半は今回のオフラインイベントを規模や歴史から考察。

  • PNC2022パブリックビューイング@秋葉原会場レポート

    PUBG NATIONS CUP、略して「PNC」。 PNCとは「PUBG: BATTLEGROUNDS」の国別対抗戦です。 2022年6月に約3年ぶりとなる開催で、日本ではパブリックビューイングが開催されました! 会場は東京都・秋葉原の「e-sports SQUARE」で、PNC2022の後半2日間6/18~19にかけてです。

  • パチ7にて「「6号機は考察で勝てる」パチ7 “ガチ勢” ライター・ツバサ氏インタビュー」を執筆させていただきました

    ゲンダイエージェンシー株式会社様のパチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト「パチ7」にて、インタビュー記事「「6号機は考察で勝てる」パチ7 “ガチ勢” ライター・ツバサ氏インタビュー」を執筆させていただきました。

  • スロメンター“じく”の「ゆる~く勝てれば、それでいい」第1回「無理すんな、お前は良くやったよ」

    初めまして、“じく”と言います。スロ好きのいい歳したおっさんです。16年間ほどゲーム会社でマニュアルとかシナリオとかコピーとかライターやってました。今フリーです。暇なんでスロニートっぽく暮らしてます。収支はたぶん月5~1 […]

  • Wordから電子書籍データ(EPUB・mobi)を自作してスマホ&PCで読む方法

    基本フロー ここでは主に自作した電子書籍データを他の方に読んでもらうことを想定し、以下のフローで説明しています。 WordからRomancerやKindle Previewerを利用して電子書籍データ(EPUB,mobi […]

  • Wordから電子書籍データを作成する

    文書の作成にはさまざまなテキストエディタがありますが、電子書籍データに変換するツール&サービスの元データとしてWordが多く採用されています。 ここではWordの見出し(→目次)・ルビ・ハイパーリンクなどを組み込める電子 […]

  • 電子書籍データをDropboxで共有する

    EPUBデータやmobiデータをwebで共有する場合、Dropboxが比較的便利です。会員登録をすることで2GBまで無料(Dropbox Basic)のクラウドストレージを利用できます。 データをアップロードしてURLリ […]

  • リーダーへの導入方法(環境別)

    読むのに使用したい端末と、お手持ちの環境で導入方法が変わります。以下から選んでリンク先を参照してください。 読む端末/所有環境/推奨リーダー androidで読む/androidのみ所有/Kindleを推奨android […]

  • CPTオンライン2020プレビュー 「基本レギュレーションと地図&距離で考察するオンライン大会の姿」

    COVID-19の影響でオンライン開催となったCPTオンライン2020(以降「CPT2020」)。従来の世界各国ツアー形式と異なり、各ブロックでのオンライン大会優勝者+αでCapcom Cup 2020(以降「CC2020」)の出場者を決定

  • 第9回TOPANGAチャリティーカップ ボランティアレポート

    午前6時、ゆりかもめ「台場」駅前。寒かった……。 22000字ほどの相当長いレポートなのでお覚悟を。 短くまとめて読みやすく、というのをあえて避けて詳細をできるだけ余さず記載する方針です。 どうしても全部は……という方は目次からジャンプしたり、見出しやまとめ等をかいつまんでください。 初めに 第9回TOPANGAチャリティーカップ(2019年12月28日開催)でボランティアを募集していたので、日頃

  • Capcom Cup 2019 LCQ&本戦振り返り/CC2019で起こった問題の数々/CPT2020情報

    2019/12/13-15(日本時間12/14午前深夜~12/16昼)に開催されたCapcom Cup 2019(CC2019)、ララ&ポイズンを使用するアメリカのiDom選手が大方の予想を裏切り初優勝を遂げました。 ここではCC2019本戦とLast Chance Qualifier(LCQ:当日最終予選)を振り返ります。 Last Chance Qualifier まさかの公式配信無しだったL

  • 「Capcom Cup 2019」参加選手31名+αのCPT2019成績振り返り&CC2019展望

    Capcom Cup 2019(CC2019)が2019/12/13-15(現地時間、日本では12/14午前深夜~12/16昼)にアメリカ・ロサンゼルスで開催されます。 ここではCPT2019の振り返りをしながら参加確定している31名と、Last Chance Qualifier(LCQ:当日最終予選)に出場する選手を紹介します。 CPT2019ツアー全体の振り返り CPT2019ランキング順に紹

  • パチスロ「マジカルハロウィン7」初打ち 打感報告&全履歴&設定差推測

    マジハロ7、こっそり初打ちしてきましたよ! マジハロ6が5.9号機ゆえの無理ゲー、マジハロ5は面白さや爆発力は魅力だけどボナ引けないと地獄、ということでマジハロ7には期待してたんですよね。 で、あくまで初打ち感想になるけど……「イイ! ここ最近で一番ヤレるかも!」と思ったりして。 まあ、たまたまプラったからの可能性も大ですがw ともあれ、リゼロ以降の6号機として勝ちを意識する北斗天昇とは別路線、設

  • CPT北米地域決勝「North America Regional Finals 2019」 ボーダーライン直前情報

    CapcomCup2019参加を争うCPT2019のボーダーライン争い。 その最後の争いとなる北米ファイナルの状況を、全体像とリージョン別、そして参加選手に絞ってお送りします。 各配信や格ゲーチェッカーさん等とボーダーラインの考え方が異なりますが、こういった見方もあるとお考えいただければ幸いです。 全体のボーダー近辺 ボーダー以下の選手たちが全て上位を占めるという可能性もありますが、ここでは以下の

  • 「SLOT 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」設定456確定台実戦/悪魔ほむらゾーン突入/2400枚完走/全履歴&データ

    今回は以前のようなくだけた感じで。 「じくさんアニヲタだからまど☆マギ好きでしょ? よく打つんでしょ?」とかよく聞かれるのですが、正直なところ「まあ、人並みに」としか答えようがない。まあ印象としては「割が高目だけど6で負けられる機種」、できれば朝から座りたくない機種。 それにさすがに「好きだから打つ」は卒業でしょ。そんな石油王でも億り人でも無いんだしさ。黙って諭吉サンドに突っ込むなんて、ブラクラと

  • CPT2019後半戦 ~Capcom Cup参加選手&ボーダーライン展望、残りCPT戦の “効率” を独自に試算~

    EVOが終わり、CPTの後半がオンライン戦やランキング戦からスタートしました。 本来は香港プレミアから本格スタートというところですが、 ご存知の通り政治事情を鑑みてCPT対象イベントからは外れました(代替イベントや別イベントへのポイント振り替えなど無し)。 次のプレミアは8/31~アイルランド/ダブリンの「Celtic Throwdown 2019」となります。 その次のプレミアが9/7~中国/上

  • PUBG Nations Cup 2019 パブリックビューイング@秋葉原会場レポート

    2019/8/9~11に韓国・ソウルで開催されたPUBG Nations Cup(以下PNC)、こちらの日本パブリックビューイング(以下、PV)に行ってきました。 ※本記事にあたり、「【公式】PUBG_DMM」「PUBG JAPAN 公式」さんのTweetを引用させていただきます。問題がありましたら削除させていただきます。 来場したのは8/10、11のファンミーティングもある2日間です。 (この2

  • 観戦勢が注目したいEVO2019 “エモいストーリー” 徹底研究 &CPTグローバルポイントランキング検証!(Excelデータ無料DL付き)

    「EVO」とは? ※EVOがどんなものかや歴史を知ってる格ゲー勢は、この章はスルーでOK 現地8/2~4、アメリカ ネバダ州ラスベガスのマンダレイベイで開催された「The Evolution Championship Series 2019」、通称 "EVO" が開催されました。 EVOは間違いなく世界最大の格闘ゲームの祭典で、今年のエントリー総数は14,000人以上、渡米した

  • リゼロ設定6の履歴&データから見る「モード/白鯨討伐率/体操当選率/ルーレット報酬/レアリティ」など挙動を大分析!

    はじめに 先日、前に打った設定6に関する記事をアップして、その勢いと雰囲気でホールに行ったら、何かまた6を打てちゃいました。信じる者は……って奴かなw まあ、多台数の中で特日リセットからの塊ゾーンローテと思ってめぼし付けてみたらたまたま上手くいっただけですが。 とにかくもうこんなことは無いかもしれないので、またデータをメモってきました。 まず最初に時系列的に並べるので、読み物みたいなものだと思って

  • パチスロ「RE:ゼロから始める異世界生活 」(リゼロ)設定6確定台の全履歴&挙動分析&リゼロ人気ってなぜ?

    リゼロ、人気ですね。もっともホールの使い方次第で、少数台入れて低設定しか使わないホールは閑古鳥。一方、中間~他台数で高設定が使われているのが分かるホールは終日盛況、というのがざっくりとした印象です。 リゼロは皆さんご存知の通り設定6が分かりやす過ぎる台なので、あまりにもホールの体力を測るバロメーターな存在かと。ま、朝一や2周目くらいで通常A/B叩く設定6もあったりして、専業さんに聞くと「実はそこま

  • 45歳の隻狼 ~おじゲーマーが発狂しながらフロムソフトウェア「隻狼」に挑戦し、気付けばクリア8周させていた~

    FROM SOFTWAREのPS4「隻狼」をおよそ1か月かけてクリアした。今の自分は時間があるので、日によっては丸一日プレイした日も。"クリア"というのは、4周かけてトロフィーをコンプリートしたという内容だ。 いわゆるフロムゲーは初めてだったので、当初は「初見を楽しんでwikiや動画は行き詰まるまで見ないようにしよう」、とワクワクしてた。 が……。 プレイ開始後数日で、ワクワク

  • PS4「キャサリン・フルボディ」新エンディング解放条件&クリア雑感、新キャラ・リン(Qatherin)ルートを見ずにフルボディを終わらせるな!

    2011年2月17日に発売されたPS3「キャサリン」から8年、ついに続編「キャサリン・フルボディ」が発売されました。 当時の制作会社アトラスは、今もセガサミーグループの一員として存続しペルソナなど人気シリーズをリリースし続けています。 そしてまさかのキャサリンの続編! 今までにない"壁を上り続ける"パズル、男主人公の浮気を描くというCSゲームでは見られなかった意外性など、当時は知る人ぞ知る名作として話題になりました。 果たして8年の月日の間にどれだけパワーアップしたキャサリンが見られるのか……期待と不安の中で実際にプレイしました。 そこで、その感想とプレイする以上は最低限見ておきたいエンディング&ルートを解説していきます。 なお、以下はストーリーやエンディングの詳細な内容以外はネタバレアリで書いていきます。 ただし、ゲームの楽しさを損なうレベルではありませんので、その点はご安心を。 むしろ初見の方が苦労や無駄をしないようにしてますのでご安心を。 なお、配信が許されているstage6終了までをプレイした動画をYoutubeにアップしています。 どんな感じか確かめたい人にはオススメなので是非ご覧ください! 何が変わったフルボディ? 8年経ってPS3からPS4になったなら、それはもう壮大かつ繊細な姿にパワーアップ……という訳には、実はいかなかったようです。 TGSでの事前発表や体験版で実はうっすら感じてはいました。 まがりなりにもゲーム会社に16年務めていれば分かります。 「これは長年温められていた企画が、少予算で実現されたものだ」と。 間違っていれば訂正しますが、結果的に新エンディングは3種類、新ルートが1つ。 パズルの完全新ステージは4つ。そして新ブロックやギミックの入った「アレンジ」がすべてのステージに含まれています。 簡単に言えば、続編ではなく「かなり手を加えたアレンジ版」です。 既存のエンジンやグラフィック、映像や音声素材を極限まで再利用するのが大前提。 その上で効率的に"新作感"を出すための策の数々。 何より新キャラクターQatherinの登場。 そしてマーケティングを意識させる浮気相手CatherinのCVをDLCで10人分追加可能。

  • パチスロ2月の個人稼働振り返り(2019/2/1~28)

    はじめに あらかじめ言っておきますと、自分は専業ではありません。 その実力もないし、体力やセンスもない。 そもそも僕は文章書きとして生きていきたいので、スロプロを極めたいわけではありません。 でも会社を辞めてフリーとなった今、どれだけパチスロが好きでも愛・情熱・娯楽で何となく打つわけにもいかない。 一方、パチスロから離れる気はありません。 時に辛くなって距離を置くことは今までもあって、これからもあるかもしれませんが、やめる気はありません。 そしてもう一つ。 文章書きとして、パチスロをある程度は語れる身になっておきたいし、何よりパチスロを題材にした小説を書きたい……というかすでに1本書いたのでもう1本書きたい、いや核というか書いてる途中。 あ、すでに書いたのはこちらで読めるのでよろしくねw 「スロキチ」 ・カクヨム掲載 ・小説家になろう掲載 と、宣伝もしつつ。 その上で、地元を中心にようやく皆さんにお見せできるくらいには立ち回れるようになったので、今月から月一くらいで稼働を紹介していこうと思います。 まあ……知り合いの専業や業界関係者、友人に見られれば恥ずかしい内容ではありますが、ようやく見せられるくらいにはなったかな、ということで。 2/1 地元・バジリスク絆・推定6 月初からマイナス、でも手応えはあったという日。 それは日々の店LINEをチェックしている中で、唐突で違和感のある内容に気付いたことから。 でも、特日でもなければ来店系もやってない。 少し自信は無いけど、今後の対策も含めて行っておこうと朝から抽選を受けに行きました。 すると……誰もいねえw 抽選も何も自分だけで必然の1番www やっちゃったろ? これ、やっちまったろ!? ますます自信なくなったけど、引き気味に初めだけでも推測かけていこう……。 そんな感じで絆のとある台にピンポイントで座ったわけです。 では、その履歴メモとデータを。長いのでサクサク行きたい人はスクロールしてね。 メモに関しては意味のないものもありますが、歳をとると物忘れが激しいのでそうしていると思って許してくださいw

  • 『FIGHTING GAME COMMUNITY NIGHT』レポート@2019/2/27 Red Bull Gaming Sphere Tokyo

    2019/2/1から開かれている大須晶写真展『FIGHTING GAME COMMUNITY』を記念して、大須晶氏・アール氏・ハメコ氏・石井プロ氏(途中参加)による展示写真や秘蔵写真を見ながら、格闘ゲームに関する様々な話を繰り広げるトークショーが開かれました。 場所は写真展が開かれている中野Red Bull Gaming Sphere Tokyo、平日の夜にもかかわらず訪れた多くの来場者の前で、まさに"チーム業者"のメンバーによって裏話やディープな話題が語られました。 e-sportsフォトグラファーのスタート これまで細かくは語られなかった写真家としての大須晶のスタート。 それは当時アルカディアから4Gamer.netに移ったハメコ氏が、ゲームレポートに大須氏の写真を使ってはと話に挙げたのがきっかけとのこと。 ↑大須氏が4Gamer.netの仕事として初めて撮った写真のうちの一枚 まさに共にライターとして仕事をしてきたハメコ氏だから語れる(同時に大須氏が自分から語ることは少ない)、4Gamer.netのカメラマンとして活動を始めた時代を説明してくれました。 "撮る人"が必要 ハメコ氏が海外大会を取材して記事も書き写真も撮るという状況の中で、幸運にもプロゲーマーのときど氏をよく撮れた写真があったといいます。 ↑ときど氏の本の帯にも使われたこの写真 その時、一枚の写真の影響力の大きさに気付き、撮る人間の必要性を痛感して大須氏を推薦。大会の配信や記事によるレポートだけでは伝わらない、現場のシーンを切り取り選手の活躍を伝える写真の大切さを感じたということでした。 こうして取材に行くとなればラスベガスなら経費で一人20万円近くかかる中で、4Gamer.netの理解もあり2014年EVOには大須氏も取材に行けたのです。 ↑EVO2014で撮影された写真、通称"乙ザン"写真をバックに さらにそこで、大須氏の写真にハメコ氏がテキストを付ける形のリアルタイムアップロードを行います。 今でこそ記事やTwitter、動画も見られますが、当時は通信事情も悪くサバイバル的な状況でした。 しかし、この取材が報われて情報も広がり、めざましTVにその写真がクレジット付きで紹介されるなど成果を得られたとのことでした。

  • 「EVO Japan 2019」SFV部門・決勝&予選2日目レポート! 注目すべき試合を大量にピックアップ!

    EVO JAPAN 2019(以降「EVOJ」)SFV部門、CPT対象大会では無いながらも今年初の国内最大規模大会に相応しく熱い試合が続出。 この記事では2/16予選2日目(Winners&Loosersベスト128→Top8)、2/17決勝(TOP8→GRAND FINAL)から注目したい試合や選手をピックアップします。 事前記事や予選1日目に関しては以下の記事をご覧ください。 E3%82%88%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%9D%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%8B%95%E7%94%BB%E5%8B%A2%EF%BC%81-%E3%80%8Cevo-japan-2019%E3%80%8D2019-2-15%EF%BD%9E17%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E5%9B%BD%E9%9A%9B/ E3%80%8Cevo-japan-2019%E3%80%8Dsfv%E9%83%A8%E9%96%80%E4%BA%88%E9%81%B8%EF%BC%91%E6%97%A5%E7%9B%AE%E3%83%BBwinners%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88128-loosers%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%8864%E9%80%9F/ では予選2日目から! 予選2日目 challongeを見る限り、2/16(土)スタートの予選2日目はWinners/Loosersともにベスト128から。 初日はほとんどの有力選手がWinners抜けした中で、いよいよ強豪同士の戦いが見られる2日目となりました。 ふ~ど(バーディー/R.ミカ)vsニシキン(ブランカ) まず序盤の注目試合がこちら。 事前の勝ちたがりTV配信等で猛威を振るうことが予想された、ふ~ど選手のバーディー、通称"ふ~でぃー"。 Vトリガー2「バーディータイム」から繰り出される上段チェーン「ブルスウィング」&下段チェーン「ブルキャプチャー」を絡めた強力コンボで、CAゲージを消費せずとも大量ダメージを奪えるのが特徴です。

  • 「EVO Japan 2019」SFV部門予選1日目・Winnersベスト128 & Loosersベスト64速報!

    2/15(金)13時よりスタートしたEVO JAPAN2019のSFV部門予選1日目。 実況&解説はササ/大和/なない/ハメコ氏でおよそ7時間にわたって配信も行われました。 大会を見るにあたっての事前情報は以下の記事もご覧ください! E3%82%88%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%9D%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%8B%95%E7%94%BB%E5%8B%A2%EF%BC%81-%E3%80%8Cevo-japan-2019%E3%80%8D2019-2-15%EF%BD%9E17%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E5%9B%BD%E9%9A%9B/ 初日はWinnersベスト128、Loosersベスト64まで。1024のエントリー枠から192名まで絞られた形です。 ここで主要選手の初日抜けメンバーをピックアップ。細かい情報はchallongeをご確認ください! Winners トップ128 151ブロック ときど/弟子犬/ナリ君/PGW レン/パウエル/WE-R1_Jimmy/iG_JIEWA/Gunfight/ジョン竹内/Gafro/Punk/よっさん/マゴ/プゲラ/ 152ブロック 板橋ザンギエフ/コサク/PGW はやお/あんまん/ストーム久保/WP ヴァナヲ/GamerBee/ジョビン/Oil King/キチパーム/ドグラ/クラッシャー/ 153ブロック ふ~ど/にしきん/もけ/ZJZ/犬千代/まちゃぼー/ゆずぽんず/Humanbomb/ももち/ 163ブロック ネモ/trashbox/伝説のオタク/MOV/ジョニー/水派/ケンピ/NL/デネシス/Xiaohai/Hifight/ Loosersトップ64 石井プロ/タクヤ/Kiss_shot/fubarduck/大谷 以上から分かる通り、ほとんどの有力選手がWinners抜け。Loosersで負けて敗退した有力選手ではナウマン選手あたりでしょうか。 では、予選1日目の見どころをHit確認! Loosersラウンド3「はちお(キャミィ)vs うたじゅん(ケン)」 「うたじゅん」とは、ご存知ゴールデンボンバーの歌広場淳さん。一方、はちおさんはキャミィ使いの女性プレイヤー。

  • ようこそルーキー動画勢! 「EVO Japan 2019」(2019/2/15~17福岡国際センター)で2019年のSFV配信シーンをガッツリ予習しよう!

    Capcom Cup 2018が終わると同時にseason 4が発表された「ストリートファイターV アーケードエディション(以下「SFV」)」のプロシーン。強キャラのVトリガーゲージ下方調整、バーディーやザンギエフの強化、新キャラ・カゲ参戦

  • Mリーグファイナルに向けて──これまでのMリーグの意義を振り返る&2/11パブリックビューイングレポート&2/12予選リーグ最終戦完走

    Mリーグに至るまでの"コンテンツ"としての麻雀 「THEわれめDEポン」「mondo21杯」「麻雀スリアロチャンネル」「RTD」。竹書房の「近代麻雀」と麻雀最強戦の映像展開。 これらは麻雀を"コンテンツ"として扱ってきた歴史といえます。 もちろん、さらに遡れば1968年~の「11PM」、「麻雀新選組」阿佐田哲也・小島武夫・古川凱章(敬称略)という第一次麻雀ブームがあります。 そしてメディアに取り上げられずとも、連盟・協会・最高位戦・RMU・麻将連合-μ-・101競技連盟など、各プロ団体が公開大会や動画などで発信してきたものもあります。 さらに、「MJ」「麻雀格闘倶楽部」「東風荘」「ロン2」「天鳳」などの対戦プラットフォームも一種のコンテンツと言えるでしょう。 ……と、前置きが長くなりましたが、2018年に「Mリーグ」が誕生しました。 これはひとえにCyberAgent(以降「CA」)の藤田晋社長の尽力の賜物で、その上で周囲のプロ団体・メディア・スポンサーの協力があってのこと。 極論すれば藤田氏という麻雀を好む起業家、一個人が生まれなければこの「Mリーグ」は生まれませんでした。 ならば、それは偶然か? と問うと必ずしもそうとも言い切れません。 一つには、藤田氏を育んだ土壌として上記の麻雀を巡る環境が存在した点。 もう一つには、「麻雀を見る」「麻雀で戦う」「麻雀を遊ぶ」文化が、なかなか上手く結び付かずに来た点(もちろん竹書房の存在はありましたが)。 そしてもう一つ、麻雀には"ギャンブル"としての側面がありますが、ここではあえて多くを語らず。 以上を、やや乱暴ですが簡単にまとめれば 「ゲームとしての面白さがあり戦後から根付き続けてきたが、アンダーグラウンドな性質を持つがゆえ広がり切れなかった麻雀。これが藤田氏の尽力で各団体との連携をもって開花しようとしているのが、"Mリーグ"という第二次麻雀ブームである」 と言えるのではないでしょうか。 もちろん、このMリーグがAbemaTVとテレビ朝日というまだ限定されたメディアである点。 キンマwebなどでの絡みは見られますが、これまでの麻雀業界での影響力と比べれば竹書房の存在感がほとんど無い点。

  • パチスロ「聖闘士星矢 海皇覚醒Special」推定設定4の挙動ってどうなの? 実戦のデータ&履歴を全公開!

    星矢SPの設定4(推定)……だからどうした、とw 6まる分かりの台で4のこと知ってどないするねん、と言われればごもっともですとしか言いようがありません。 ただ、挙動を知っとくのに損はなかろうということでお付き合いいただければ。 ホール状況&設定推測 打ってた状況としては、末尾系やってるホール。 一方、自分は朝一SPで、 火時計チェック→全て黄以下→即前兆チェック→1台あったのでまずはコレから という感じで末尾めくれたらワンチャン移動と思ってました。 そうしてホール内見て回ってたら、絆ベル6を目撃。 ……って待てよ。これ今俺が打ってる末尾じゃんw というオチで、当たり末尾を打ってる状況は間違いなくなりました。 ただし、当たり末尾は456なわけで全6ではない。 しかも呆気なくGB天井に到達する我が台。 そして程なくして我が台は 設定4以上アピールをしてきたわけです。 解析は出てませんが、どうやらSPは設定確定示唆が出やすいらしく、設定6の場合も確定示唆がバンバン出るらしい。 でも、我が台は……小宇宙ビジョンサメが3~4回。GBラウンド開始画面もイオ・バイアン・アイザック(順に設定1・2・3否定濃厚)まで。 これは設定4やろ、と。 もちろん設定5・6を完全には否定できませんが、どう考えても設定6の挙動ではない。 そして上記の設定5ではなく4以上アピール。 そういうわけで、今回の記事も設定4(推定)と謳っているわけです。 設定4(推定)データ お待たせしました。 では、この時のスランプグラフ&データをお見せします。 一応隠すところは隠しますが、分かる人は分かるでしょうということで。 安定の欠片もねえw 次に履歴のメモを載せておきます。 480 GB コスモ 70% 74 AT直撃 天国orSP 2セット 734 GB 天井 80% 84 GB 60% 274 GB コスモ 50% 36 GB 50% (これまでソレント多目、アイザック3否定) 536 GB 60% ←SPの可能性アリ 334 GB 60% バイアン2否定 134 GB 50% 85 GB 70% 天国? 0 AT 2セット シリュウ 184 GB 50%でも三又アリ 105 AT直撃 天国orSP? 2セット 734 GB 天井 70% 0 AT 女神覚醒→千日戦争

  • 大須晶 格闘ゲーマー写真展[FIGHTING GAMER COMMUNITY] 紹介& “e-sportsフォトグラファー” 大須晶氏インタビュー @Red Bull Gaming Sphere Tokyo

    中野駅南口を出て右手にOIOI。中野通りの右側を歩いていけば、やがてスギ薬局が見えてそのB1FにRed Bull Gaming Sphere Tokyoがある。 階段を下りていくとゲーム音、マイクアナウンス、ゲーマーたちのガヤ。その入り口にはウェルカムプレートが飾られていた。 大須晶 格闘ゲーマー写真展[FIGHTING GAMER COMMUNITY]Red Bull Gaming Sphere Tokyo2019.2.1(Fri) - 2.28(Thu)10:00 - 23:00 イベント等の受付は左手、そして右手の柱に今回の写真展のメインビジュアルが飾られている。 EVO2017優勝後、壇上のときど選手。今となっては大須晶氏の代表的作品と言ってもいい1枚。(この写真に関するエピソードは後ほど語ってもらったので、しばしお待ちを) これら大須晶氏の写真30枚が、Red Bull Gaming Sphere Tokyo(以下、Sphere)の柱や壁面に飾られている。 ただ、氏の写真がフロアの全てと思ってはいけない。Sphereではさまざまなゲームの大会や野試合が行われており、静寂とした個展会場といった雰囲気ではない。 むしろゲーセン、ビジョン、タコ部屋、氏の経歴で例えるなら「太鼓部屋」のような雑然とした空気。一言で言えば、盛りってる。それがSphereのスマートさでフィルタリングされ、そこに氏の写真が展示されているのが自然でもあり、特別でもある。 だから、飾らずに気軽に中野まで足を伸ばしてほしい。もちろん格ゲーマーなら、Sphereのイベントに合わせて行けばプレイを楽しみながら写真も拝める寸法。そうでない動画勢やライト層、純粋に写真を楽しみたい人も、カウンターでRed Bullを注文して片手で飲みながらゆっくりと写真を楽しめばいいだろう。 展示写真は、デジタル写真を銀塩方式でプリントした「ラムダプリント」で印刷したスチールと、金属製のプレート(氏曰く"デスプレート")で構成されている。デスプレートには、氏が海外格ゲーマーに依頼した英訳も掲載。中にはその英訳が秀逸なものもあるので要チェックだ。

  • 「一人旅で行く八丈島」東海汽船・温泉・島寿司・ダイビング・ANA……実体験でお届けする失敗しないための八丈島大作戦!(後編)

    八丈島2日目 徹底的に島内観光、まずは伝統芸能「服部屋敷」から ゆっくり眠れてやっと観光モードに突入。 この日は徹底して車を飛ばし島を巡りました。 まずは伝統芸能を見せてくれるという「服部屋敷」。 別に忍者系ではありません。 踊りや太鼓などを見させてもらいました。 これ、定期で朝10時からやってるらしいのですが、この日は自分以外に団体客がいたのでそこそこ盛況でした。 ただ団体客以外には間違いなく自分一人だった。 もし自分一人だったら、はたして演じてもらえたのだろうか。 いや、演じてもらえたとして俺はその状況に耐えられただろうか……。 それだけが心残りではあります。 これだけは逃せない、絶景「みはらしの湯」 次に島を南にぐるっと半周する感じで、名物の「みはらしの湯」へ。 ここの海岸を見渡せる露天風呂は有名です。 そしてポイントは、ここの見晴らしがいい方の露天風呂は、「偶数日:女性」「奇数日:男性」で振り分けられてるんです。 なので、行かれる方は自分の性別に合わせて調整してください。 そしていざ入ると…… 絶景! 絶景! 湯で体を温め、海風で体を冷ます、心地よい時間。 さすがに誰もが推すだけのことはありました。 ちなみに施設としては休憩所と飲み物の自動販売機以外は何も無いので、食べ物などは自分で用意しておきましょう。 島寿司ならココ!「すし処 銀八」 みはらしの湯の休憩所から、予約のTELを入れまして。 「ランチの営業してますか?」 「やってますが島寿司がもう残り少なくいですよ」 「一人ですが大丈夫でしょうか」 「ならばいいですよ」 的なやり取り。 ということで、パンフレット等でも推され予約必須とされていた寿司店にお邪魔しました。 いざお店を訪ねると、島の雰囲気というよりは本格的な店構え。 店内も小綺麗で、いかにも寿司店。 島寿司は特に予約制で、着席するとすぐに出してもらえました。 うわ、このヅケ感、てかり感! シャリとネタのバランスといい、やっぱ寿司屋は違うわ……。 参考までに、スーパー/宿飯/銀八の島寿司を比べてみてください。 (値段も違うし、質が違うのも当たり前なのであくまで参考として。他意はありません) ご主人に聞くと、ここ数日の時化で島魚を捕る漁船が出てなかったらしく、島寿司用のネタが尽きかけてるとのこと。

  • 「一人旅で行く八丈島」東海汽船・温泉・島寿司・ダイビング・ANA……実体験でお届けする失敗しないための八丈島大作戦!(前編)

    今回はブログ記事というよりは、旅行記として楽しんでもらえれば。 じくの八丈島一人旅を前後編に分けてお届けします! なぜ八丈島……? そう聞かれると「実は都内だからw」「手近に南国っぽいところがあったから」などと答えてましたが、本当のところは……何だろう? 一応、自分のアンテナに引っかかってた理由はあります。 それは、現在プロット製作中のパチスロ小説で「隔離された離島でパチスロを競ったらどうなるだろう?」って軽く調べたことがあったんですね。 そこでホールがある離島を調べたら、八丈島が挙がったわけです。 沖縄などはもはや有名だし、今さらという感じでね。 ただそれはそれ、仕事も辞めてどこかまだ行ったことのない場所でゆっくりしたい。 そんな思いでふと、島に行こうと。 ただ……まあそんな平穏無事に済むわけ無いってねw 往復と宿 まあ当然、webでいろいろと調べるわけです。 パターンとしては、宿と交通をまずは個別で調べる。 それから旅行会社のパックツアーも調べる。 すると、ビッグホリデーの3泊5日のツアーがかなりの割安と分かりまして。 行きが東海汽船の夜発朝着の船(10時間)、現地で3泊(リゾート・シーピロス)、帰りはANAで飛行機(1時間)。 「ふっこう割」と似た感じの離島助成金も出て、一人旅(宿代が割高)で往復&宿で\43,200-。船が片道\8,820-(2等)、飛行機が片道\13,790-、リゾートホテル朝夕食付きで3泊。 一人旅なら十分の安さです。 このパック辿り着けた時、「うーむ、俺様って旅上手!」と悦に入ってました……。 いや、実際お得に違いないんですよ。タイミング良く補助金付きで安かったしね。 ただ、自分の方がイカンかった。 まさか、出発前がトラブル続きで危うく「0回戦負け」を喰らうところでしたからw ※0回戦負け:格ゲー用語。遠方や海外の大会に参加にする際、トラブルなどで大会の1回戦に参加することすら叶わず不戦敗となること。 八丈島上陸まで キャサリン体験してたら魔女の一撃() 旅立つ1週間前くらい。 配信で「キャサリン・フルボディ体験版」をプレイしてたんですね。 EF%BC%88%E6%9C%88-%E7%A5%9D%EF%BC%8921%E6%99%82%EF%BD%9E

  • キレ気味に笑顔で斬る! 幸福な30分を送りたい紳士に送る2019冬アニメぶった斬り!(後編)

    それでは前編の続きとなります。 後編では残りの新作評、2クール目などの続編系、今後の注目などをお伝えしていきます! バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~:評価「〇」 一見、ヤバイです。5分で切りかねない雰囲気がここかしこから漂ってますw ブシロードだし、ヴァンガード「バミューダ△」のスピンオフだし。 なのだが、人魚(マーメイド)たちが海底で暮らすという世界観、しっかり泳いだり背景しっかりしてたり。 そして顔デッサンがアウト? と思ってたら、瞳孔の形は統一的に逆三角形にしてたり。 話の展開もホンワカ、キャラも過度に媚びず、少しずつ違いと一定のクォリティを維持している。 ここら辺がゲーム原作系のダメ作品に対し、ブシロードが差を付けてるところなのか。 ともあれ、意外にこれは……ということで「〇」にしておきます。 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛戦術~:評価「◎」 今期最大の推し作品。間違いなく◎、ワンチャン覇権。 特に3話は本編もEDも秀逸なので必見です。 学園物・生徒会ってことで目新しさを一見感じませんが、 主人公2人の思考と掛け合いによる面白さの広げ方が抜群です。 そして1話からその片鱗は見せていましたが、3話で完全に姿を現した「原作マンガがアニメ化されて起こる化学変化と昇華」。 これがある作品は間違いなく人の記憶に残る良アニメ作品になります。 必見、こういうのはアニメ好き以外にも勧めて、同好の士を増やすに限ります。 えんどろ~:評価「○」 今期のきらら枠……って、きららじゃなくてホビージャパンのコミックファイア原作でしたw まあ、内容や位置付けはきらら枠かと。 調べてみたら、今期は芳文社きらら作品が無い様子。 このジャンルも芳文社と一迅社の寡占状態とは限らない、ってことでしょうか。 セガゲームスがスポンサーに入ってたりとか、たしかに上記の2強とは違う雰囲気はあります。 まあ、きらら枠、というかホンワカ日常枠のニーズには応えているので見て大丈夫ですよ~。 荒野のコトブキ飛行隊:評価「○」 飛行機・パイロット物にハズレ無し……と昔は思ってたのですが、マクロスΔとか今期のガーリー・エアフォースとか、そうとも言い切れない昨今。 ただ、このコトブキは大丈夫そうです。

  • キレ気味に笑顔で斬る! 幸福な30分を送りたい紳士に送る2019冬アニメぶった斬り!(前編)

    公言してる方も深く静かに先行してる方も、アニメ好きなら「当たりを見たい」「好みの作品はどれか知りたい」「3話切り……いや、1話切りでも時間が惜しい!」とはクールごとに頭を悩ますもの。 膨大な数のアニメを楽しめる日本という国に生まれたことに感謝しつつ、より充実したアニメライフを送るために"提灯付きの紹介記事"ではない情報はつかみたくないものです。 サクサク短評、遠慮なく辛口批評! それと…… そこで全作品を……は無理ですが、淑女の方には失礼して同年代の紳士の皆様に役立つであろう1~2話を実際に見てチェックした上でのアニメ短評をお送りします。 もちろんネタバレは抑えつつ、カンタンにサクッと「ようはどんな感じ?」に答える感じ。 あと普段は無難に記事を書くのが信条ですが、アニメ評に関してはあくまで個人評として厳しくいこうと思います。 ただ、一つだけおことわり。どうしてもチェック自体が無理、見ること自体がツライ作品がいくつかありまして、それらは評外とさせていただきます。ざっくり、ジョジョ・バンドリ・レヴューなんとか・とある魔術、など。まあ、理由は察してくださいw 2019冬・新作アニメ まずは2クール連続を除いた新作アニメをチェック! 私に天使が舞い降りた!:評価「〇」 前期の『うちのメイドがウザすぎる!』など、「女性キャラが変態ならいろんな意味でOK」理論を受け継ぐ最近のスタンダード。 コミック百合姫産で今期の紳士向け筆頭枠。とりあえず押さえときましょう。 非常にシンプルで、 女の子しか見たくないと思うなら主人公も女だけにすればいい ↓ でも女の子が主人公だと男性視聴者が共感しにくい ↓ だったら女の子だけど男性的な思考や性癖を持たせればいい これを研究と熟成を重ねた結果、生まれたジャンルかと。 『ネトゲの嫁』『ネト充』も狙いは同じでしょうか。 ぱすてるメモリーズ:評価「×」 ソシャゲタイアップの粗悪品パターン。一応、念のため3話まで頑張りましたがw 作画の甘さ、胸揺らせとけばいいという安易さ、数分で醒める感じ。 「廃れてしまった未来のアキバ」が掴みなのに、それを活かさず安易なキャラ見せで1話を終わらせてしまう残念な構成。 見る価値無しです。強いて言えば、原作ゲーム&登場声優を追う方が楽しめればよいかと。 W'z《ウィズ》:評価「△」

  • 2019/1/18 21時~ J explore 第4回配信「パチスロ 学園黙示録 H.O.T.D」の実機配信します(予定)!

    2019/1/18の21時から「学園黙示録 HIGH SCHOOL OF THE DEAD」の実機配信(予定)!なぜ(予定)かは、ギックリ腰がまだ治ってないから……ギブしたらゴメンねw 配信プラットフォームは「Twitch」と「YouTube Live」です。同時配信なので内容に違いはありません。視聴は以下のリンクから、見せ場次第ですが休憩を挿みつつ25時くらいまでできればと思いますので、お時間ある時に覗いていってください。 ついでにフォローまたはチャンネル登録していってくださいね(^^♪Twitchチャンネル「J explore」YouTube Liveチャンネル「J explore」

  • パチスロ「聖闘士星矢 海皇覚醒Special」リセット挙動&試し打ち&情報まとめ。リセ恩恵の可能性、設定6挙動など考察!

    初めに、恥ずかしながら聖闘士星矢spの高設定はまともに打ててません。 しかし、最近の6号機戦線で気になる1台でもあり、打った上での知識と知りうる限りの情報をまとめておきます。 リセット挙動 朝一の台挙動パターンは、 1G目でステチェン、火時計プッシュあり。↓2G目で火時計ステージへ↓0G前兆入ってたら煽り開始 ※高確率煽りと混ざりがち、G数前兆ならば開始後34Gでガセ終了が基本 でした。これがリセット時と電源ON/OFF時で同じかまでは分かりません。 ただ、聖闘士星矢は前作もそうでしたが、ほぼ綺麗に前兆スタートや終わりがG数に現れるのでリセか据え置きかは分かりやすいと思います。 「100G前兆開始」「119G十二宮突入」「134Gガセ前兆終了」がリセット時の基本パターン。(小宇宙チャージやレア役演出等でブレたり省略されることはあるかと) あとは前日出目&ゲーム数との比較、筐体側液晶画面のG数とデータ表示機の比較、その上で各ホールのリセット傾向なども大切ですが、かなり特徴的な挙動なので分かりやすいかと思います。 リセット恩恵アリ? たまたま全リセかつ全台処女台の状況に巡り合えた日があったので、片っ端から数G回してみました。 その時の挙動として、ステチェン演出がすべて有り、火時計プッシュ示唆があった感じ。 ステチェン画像は数種類(さすがにその場で写真を撮りまくることはできなかった)。そして火時計プッシュで青4・黄1・赤1……赤!? その赤の時のステチェン画面は、写真は撮れなかったけど「槍を手に取り、何か邪悪な力を手にして物凄い形相をしている男」でした。 さすがにその台を打ち始めると、ゾーン外っぽいところから前兆が始まり 直撃示唆ステージを経て、無事にART直撃。推定でSPモードスタートだったのではと。その後の挙動で直撃は全く無く、設定示唆も無かったので、設定6ゆえの常時1/496.8でAT直撃抽選では無かったと思います。 ということで、「朝一の火時計・赤スタート→モードSP以上?」と思った次第で。ただ、ここでの示唆はGBレベル示唆で直撃はたまたま、モードは関係なしというのが自然かも。まあ、そうだとしても朝一チェックでGBレベルの高い台を選べるのはお得でしょう。

  • 2019/1/14(月/祝)21時~ PS4「キャサリン・フルボディ 体験版」ゲーム実況配信します!

    2011年2月17日に発売されたPS3「キャサリン」から8年。 ついにあの濃厚なラブコメディと悶絶鬼畜アクションパズルで多くのコアファンを獲得した、株式会社アトラスのキャサリンが「キャサリン・フルボディ」となって帰ってきた! ということで先日フルボディの体験版が早くもリリースされたので、待ちきれない自分としては早速味見していこうと思います。 体験版は沢城ボイスと能登ボイスが選べるとのこと、今から楽しみです! 配信先はコチラ! Twitchチャンネル「J explore」 YouTube Liveチャンネル「J explore」

  • STREET FIGHTER III 3rd STRIKE「第17回 Cooperation Cup」&「2019 Pre Cooperation Cup」レポート

    20年前、あなたは何をしていただろうか。 ジャイアント馬場が逝去し、宇多田ヒカルがデビューし、だんご3兄弟がヒットした頃。 ゲームセンターでは1999年5月12日にゲームセンターで稼働を始めた「STREET FIGHTER Ⅲ 3rd Strike」。 そのゲームの大会が、まさか2日間の5on5でのべ150チームも集まる規模で開催されるとは誰が予想できただろうか。 はじめに/クーペとは ……と、それらしい書き方をしたが、初めに白旗を上げておこう。 自分は初代ストリートファイターはもちろん、スト2でも昇竜拳すらまともに出せず格ゲーを早々に諦めた人間。 そこに「最近のスト5配信や動画を面白いと思うなら、『クーペ』も必ず見ておけ」と友人に言われ、今さら追いかけてみた次第だ。 これまでに歴史を培ってきたプレイヤーや追いかけてきた人たちに、知識も経験も叶うはずがない。 だが、それでもこうして筆を取ったのは、実際に配信を見て会場にも足を運んで感じた「熱」があまりに物凄かったから。「やべえ、ガー不だわコレ」って。 肝心の大会について紹介が遅れてしまった。 2019年1月5~6日、浅草橋ヒューリックホール。 STREET FIGHTER Ⅲ 3rd Strike 「2019 Pre Cooperation Cup」「The 17th Cooperation Cup」が開催された。 1日目はチーム内同キャラ推奨5on5の通称「プレクーペ」、 2日目がチーム内3キャラ以上使用5on5の本番、「クーペ」だ。 プレクーペ、3rdとの出会い 初日のプレクーペは自宅で配信を見た。 昨年からストVのCPTやTOPANGA関連の配信&動画を見ていたが、STREET FIGHTER Ⅲ 3rd Strike(以下「3rd」)をまともに見たのは初めてだった。 第一印象は「シンプルで展開が早い」、そしてすぐに「早すぎる」に変わる。 ストVと比べて、生身の人間が直接操作している感覚がより鮮明に伝わってきた。 そして、「ああ、こいつらスゲエわ……」という衝撃。 もちろんプレイ経験もなければシステムもろくに理解していない。 それでも伝わってきてしまう、熟練の駆け引きと正確なプレイの数々に心を揺さぶられずにはいられなかったのだ。 ただ、さすがに無知が過ぎても失礼だし楽しめるものも楽しめない。

  • 2019/1/11 21時~ J explore 第2回配信「パチスロ BLACK LAGOON2」の実機配信決定!

    夜が明けたら配信ソフトが起動しないなどハプニングもありましたが何とか復旧、本日21時~ブラクラ2実機配信します! Twitterでは準備中の様子なども呟いていましたが、2019年1月4日(金)23時よりついに配信を開始します! 配信プラットフォームは「Twitch」と「YouTube Live」です。同時配信なので内容に違いはありません。視聴は以下のリンクから、見せ場次第ですが休憩を挿みつつ25時くらいまでできればと思いますので、お時間ある時に覗いていってください。 ついでにフォローまたはチャンネル登録していってくださいね(^^♪Twitchチャンネル「J explore」YouTube Liveチャンネル「J explore」

  • 小説「スロキチ」-設定2-公開中!

    先週から公開を始めたスロキチの続き、-設定2-を公開中、リンク先は以下の通りです。 カクヨム内「スロキチ」作品ページ 小説家になろう内「スロキチ」作品ページ PCからでなくスマホでも簡単に読めますのでよろしくお願いします!

  • 【無料公開】同人誌「化物語 攻略ノ儀」をPDFで再頒布(無料)します!

    新たにJ exploreのポータルサイトを作成するにあたり、さまざまな過去データを整理していました。 すると、過去に発行していたパチスロ化物語の攻略同人誌のPDFが見つかりました! もちろん当時はコミケ等で有料で販売していましたが、さすがに時期も過ぎてますし攻略・解析としての価値は今さらありません。 ただ、読み物として楽しめるだろうし今でも化物語はホールで打てるので、このサイトを見てくれた方へ感謝の意を込めてPDFをUPします。もちろん無料(さすがにPDF再編集等は制限かけてます)。 以下をクリックorタップして直接見るもよし、右クリックor長押しでリンク先を別名で保存してもよしです。 化物語_攻略ノ儀 PDFなので最低限のビューワーは必要ですが、それもReaderなど無料で用意できるはずなのでよろしくお願いします。 ちなみに当時の紹介記事や、あの幻の〇枚の記事は以下をご覧いただければ! E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E6%9C%AC%E3%80%8C%E3%83%91%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%AD%E5%8C%96%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E6%94%BB%E7%95%A5%E3%83%8E%E5%84%80%E3%80%8D%E7%99%BA%E8%A1%8C%EF%BC%81%EF%BC%88%E4%BA%88/ E3%80%8C%E3%83%91%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%AD-%E5%8C%96%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%80%8D%E8%B6%85%E5%80%8D%E5%80%8D%E3%81%A7%EF%BC%88%E3%81%82%E3%82%8B%E6%84%8F%E5%91%B3%EF%BC%89%E4%B8%87%E6%9E%9A%E7%A2%BA/ 今後ともJ exploreとじくをよろしくお願いします!

  • アメブロからwordpress(ワードプレス)へ引っ越すには? アメブロ記事バックアップツール「アメブロゲット」で記事移行が成功した話(2019年版)

    アメブロからwordpressへ引っ越す方法。 「blog tool」「FC2経由」といった方法がwebで出回ってますが、情報更新もされず古い内容ばかりです。 そこで、2018年末に400件以上あったアメブロ記事を実際にwordpressに効率よく記事移行させた、実践済みの引っ越し方法をご紹介します。 「blog tool」「FC2経由」を調べたが…… webで「アメブロ wordpress 引っ越し」などで検索すれば、おそらく上記の方法がヒットするでしょう。 しかし、blog toolは有志の方がかつて作られたもので2015年以降は更新無し。 仕方のないことです。無償で提供されたものでアメブロも随時記事形式を更新している状況、それに対して常にアップデートを求めるなんて無理な話です。 FC2経由は、そもそもFC2を介すること自体が煩雑。 それに紹介記事などを見れば分かりますが、画像リンクをわざわざツールを使って変換するなど大変ですし、レイアウト崩れなどの報告も多々見られます。 自分もかなり調べた結果、下手な移行をして結局は手作業ばかりになるのを避けられないか……となかば失望していました。 が、検索を重ねていくうちにようやく一つの答えにたどり着きました。 アメブロ記事バックアップツール「アメブロゲット」……ほんとに大丈夫かな? 誰もがいろいろと検索ワードを変えてはベストな手法を見つけられないかと探すわけですが、そこで「アメブロゲット」にたどり着きました。 まあ、検索疲れに陥ると疑心暗鬼にもなり「どうせダメなんだろ……」とダメ元でサイトを見てみました。 まず、日本語だったので一安心。開いてみたら英語、なんてのは日常茶飯事ですから。 次にサイトの作りが企業的で、wordpress手作り時系列系(自分のようなサイト)ではなくこなれている感。 そしてよく読んでいくと……手法は隠さず紹介していて、無料お試しと有料プランがある。 「有料?」と聞いてすぐに手を引く人も多いですが、試用版があって有料版があるというのは信頼性が高いです。世の中の何事も無料であることに慣れてしまっている人が多いですが、「無料であることは提供物に責任は負わない」のが当然。 それに対して「有料であることは提供物に責任を負う」ということ。 自分はそう考えて試してみることにしました。

  • 小説「スロキチ」をカクヨム&小説家になろうで公開スタート!

    過去の作品「スロキチ」をweb小説投稿サイト"カクヨム"&"小説家になろう"で公開スタートしました。 パチスロを題材にした群像劇となります。 時代は5号機前の頃、少し懐かしい話となります。 公開は週1回金曜日で、2019/2/15まで7回にわたって順番に公開されます。 お時間あるときに是非お読みいただけると嬉しいです。 リンク先は以下の通りです。 カクヨム内「スロキチ」作品ページ 小説家になろう内「スロキチ」作品ページ PCからでなくスマホでも簡単に読めますのでよろしくお願いします!

  • 「パチスロ HEY! 鏡」推定設定6実戦データ公開!

    とある地元ホールでの特日。狙いは増台2日目の鏡、増台初日は15時開放で実質的に増台初日。増台初日に出ていない、というか「データ履歴に回数が付いていない」台で島レイアウト的に何台か絞ってました。 運よく抽選も良番で狙い台1番手が取れて周囲を観察。こういう日に、鏡より絆や番長が先に埋まっちゃうのが「このホール打ちやすいな~」と思うところです。 そうは言っても打てる時にしか打たないし狙わないので鏡は初打ち。あんま偉そうなこと言えないって感じでスマホで解析見ながらのノンビリ稼働でしたw※以下、ポイントポイントで解析を載せてはいきますが、事細かにすべては書きません。 もうwebでどこを見てもおおよそは載ってるからね、そちらを参照してください。 まあ、鏡に入れてくるのは間違いないだろうけど、機種1かベース高めか全系かまでは分からないので周囲を様子見です。すると、自分から1台置いた左角から清水寺(設定2以上確定)。狙いの第2候補だったので、まあ良しというところでした。 自分は規定HEYこそ深めが選ばれて立ち上がりは悪いものの、初当たり4回で特訓はすべて1回目当選、すでに「これアリやな~」という不安感に満たされていました。 ……ええ、不安感。今どきのパチスロ、高設定を確信して展開かみ合わずに全ツしてコロされるなんて当り前じゃないですかwそれよりもすぐに誤爆の2~3000枚出して「設定なさそう……」って推測ヤメ浮きできた方がどれだけ楽でシアワセなことか! まあ、そういう上ブレ下ブレ当たり前なのがパチスロですけどね。さて、そんなこと言ってたらさっそく来るわけなんですよ、ハマリが。 なぜここで写真を撮ったかというと、600HEY越えはチャンスモード確定なんですよね。で、これはまだ2周期目。ざっくり9%~36%の設定差ポイントです。 でも600HEYハマリはイテぇw番長3でART時に選ばれたモード移行(設定差なし)で深い対決カウンター天井が選ばれたり、チャンスモードだけど深い対決カウンター天井が選ばれたりとか、理不尽感が押し寄せることっていくらでもありますよね。 まあ……これはもう大都のお約束かな、と怒らないことにしました。(いや、パチスロに怒っちゃダメだろw)

  • 2019/1/4 23時~ J explore 第1回配信「パチスロ 鉄のラインバレル」の実機配信決定!

    お待たせいたしました! Twitterでは準備中の様子なども呟いていましたが、2019年1月4日(金)23時よりついに配信を開始します! 配信プラットフォームは「Twitch」と「YouTube Live」です。同時配信なので内容に違いはありません。以下で簡単に2つの配信プラットフォームをご紹介しますが「とにかくチェックしたい!」という方は、以下のリンクからどうぞ!じくのTwitchチャンネル「J explore」じくのYouTube Liveチャンネル「J explore」 Twitch 「Twitch」はゲーム配信で有名なサイトです。どちらかと言えば、日本よりも世界でメジャーな配信サイトとなっています。 Amazon系列のサイトで、Amazon primeに登録しているとTwitchに連携してTwitch primeにも無料で登録できます。Twitch primeに登録していると、自分のお気に入りのチャンネルを1個無料でサブスクライブ(配信者を応援する有料の購読登録)ができます。よろしければサブスクライブを是非! もちろんフォロー登録や見るだけは無料で自由にできますのでご安心ください。 YouTube Live 「YouTube Live」は、みんな知ってる動画配信サイトYouTubeのLive配信版です。「えっ、ニコ生みたいな生配信もやってるの?」って知らない人もいるかも。 それでも日本人にとってはTwitchよりはメジャーかな。 特徴としては通常のYouTube動画の感覚で見ることができるのと、Live配信なのでコメントも入力できること。あとLive配信された映像は、自動的に動画としてチャンネルにアーカイブされる点です。 追いかけ再生や後日に動画として見ることもできるので、気楽に見るならこちらがいいかも? それと「チャンネル登録」はもちろん無料なので、なにとぞよろしくお願いします! 両プラットフォームのコメントについて 入力していただいたコメントは、基本的にそれぞれのプラットフォーム内で表示されます。 ただし、配信者側は両方のコメントを確認していますのでご安心を。 また、J exploreでは映像内でもコメントを表示しており、両プラットフォームのコメントが表示されます。 以上、かんたんに配信の仕組みについてご紹介しました。

  • “カクヨム”&“小説家になろう”で小説「スロキチ」「FREE FREE FREE!」を公開!

    過去に自費出版や同人誌で発行した小説を、web投稿サイト「カクヨム」「小説家になろう」で公開します。もちろん無料で、PC・タブレット・スマホで読むことができます。(当初はEPUB化してamazon kindle等での個人有料販売も検討しましたが、より多くの人に読んでもらいたいと考えてweb投稿サイトにしました) 両サイト共に、ブラウザ&スマホアプリで閲覧でき、縦書き表示も可能です。以下にリンクを貼っておきます。 カクヨム カクヨム内のじくユーザーページ※2019/1/4より作品別のリンクを公開します。 カクヨム公式ホームページ カクヨムViewer(Google Play) カクヨムViewer(App Store) 小説家になろう 小説家になろう内「スロキチ」作品ページ※2019/1/4より公開 小説家になろう内「FREE FREE FREE!」作品ページ※2019/2/22より公開 小説家になろう公式ホームページ 小説を読もう!オフラインリーダー(Google Play) 巻丸3(App store) ※「小説家になろう」はスマホ用公式アプリはないので、検索すれば他にも無料アプリがあります。こちらでは代表的なアプリをご紹介しています。 リリース予定 2019年1月4日より、上記サイトで毎週金曜日に公開予定です。公開日には別途、記事UPとTwitterでの告知をしていきます。 無料で読んでいただけるので、上記サイト内でのコメントやレビューをいただけると大変嬉しいです。(もちろん以下にコメントいただけても喜びます)じくの作品を今後もよろしくお願いします。

  • じくのポータルサイト「J explore」正式公開スタート

    水面下でいろいろと準備していましたが、2019/1/1よりブログ記事・配信・作品などを公開していく「じく」のポータルサイト【J explore】を正式公開いたします。 すべてをじく一個人が作成・運営していますので至らぬ点が多々あると思いますが、なにとぞよろしくお願いします。 以下、かんたんにサイト内容についてご紹介します。 ブログ いわゆる一般的なブログ記事です。パチスロ・ゲーム・麻雀・旅行・コラムなど、さまざまなカテゴリで更新していきます。 なお、過去に更新していたアメブロ「市川パチスロ徒然@じく」の記事内容も、整理した上でこちらに再掲されています。トップページには「注目記事」として過去のトピックとなる記事もピックアップしていますので、是非ご覧ください。 作品 お仕事や同人などで今まで書いてきた作品をご紹介しています。 小説については、web投稿サイト「カクヨム」「小説家になろう」で2019/1/4より順次公開していきます。くわしくは別記事「"カクヨム"&"小説家になろう"で小説「スロキチ」「FREE FREE FREE!」を公開!」をご覧ください。 配信・動画 パチスロ実機・ゲーム・麻雀(天鳳)の配信を「Twitch」「YouTube Live」で行います。 こちらのサイトでは実際の配信プラットフォームへのリンクや告知を掲載します。くわしくは別記事「2019/1/4 23時~ J explore 第1回配信「パチスロ 鉄のラインバレル」の実機配信決定!」をご覧ください。 以上、サイトのご紹介でした。今後ともJ exploreを……っと、一つ大事なこと忘れてたw 「J explore」の読み方は「ジェイ エクスプロア」です。Jはじくの頭文字、exploreは冒険とか探検という意味になります。 個人としてはじく(軸原一彰)、そのポータルブランドとしてJ exploreを作成した感じです。 では、今後ともJ exploreをよろしくお願いします!

  • ベガスにて

    これは先日ラスベガスに行ったときのお話。 旅の最終日。 フライト時間は朝早く、 モノレールやバスは動いてないので ホテルからタクシーで マッキャラン空港に向かいました。 (以下、英語だったと想定してください) 「マッキャラン空港までお願いします」 「航空会社は?」 「ユナイテッド」 「OK」 朝早く、夜の帳が白み始めたくらい。 遊園地のように看板やモニュメントで彩られた 数々のリゾートホテルの間を、 イエローキャブは進む。 まるでこの娯楽と欲望の街を 独り占めしたかのように ただっ広いハイウェイを颯爽と駆け抜けて。 「どこから来たんだい?」 「日本からです」 ドライバーは初老の、いや老人と言っていい がたいのいい白人。 「あまり英語喋れないから、ゆっくりお願いします」 「そんなことないだろ、お前は十分に話せてる」 「ハハ…光栄です」 少し間が空いて静寂が続いた。 空いた窓からは ベガス特有の乾燥した空気が差し込んでくる。 日中なら熱風となるが、 寒暖の激しいこの土地の朝は 意外なほど冷え込む。 このまま黙ったまま 空港までの時間を過ごしてしまうのは 惜しいように思えて 勇気を出して拙い英語を続けた。 「日本から来るのは疲れました。12時間かかります」 「そうだろうな、俺の友達が日本に行ったときもそんなことを言っていた」 「日本は遠いです」 「そう言えば、その友達が日本は物価が高いって嘆いてた」 「うーん、僕もそう思います」 「成田空港から東京まで、タクシーで90ドルかかったって!」 「それは気の毒に…成田エクスプレスとか、電車を使うべきでしたね」 「そうだな、アメリカと日本ではタクシーは違う」 「ホテルも高いですよ」 「だろうな」 会話が成り立つこと自体が楽しい。 しょせん片言で 相手が合わせてくれているのは分かっているが、 それでも意思を通わすことができるというのは 異国の地では本当に心が沸き立つ。 この国に自分は拠り所が無い、 という漠然として強烈な不安感を 心が触れ合うことで和らげてくれる。 「実はな、俺はあと2週間で定年なんだ」 「定年!?」 「ああ、もうすぐ65歳になる」

  • ポートフォリオ

    WORLDCHAIN(ワールドチェイン) プラットフォーム:i-OS/android 列伝(キャラシナリオ) キャラ毎に5000字×前後編(8人)ゴダイヴァ夫人/ナポレオン・ボナパルト/カラミティ・ジェーン 三国志大戦ぽけっと(さんぽけ) プラットフォーム:i-OS/android メインシナリオ9~12章 1章毎に1500字×6話×魏呉蜀 武将列伝(キャラシナリオ) 各キャラ毎に8000~10000字(31人)甘夫人/糜夫人/王異/賈詡/周泰/周瑜/徐盛/関銀屏/趙雲/張角/呂布/張遼/郭嘉/丁氏/小喬/魯粛/夏侯月姫/司馬懿/小虎(孫魯育)/黄月英/鄒氏/張春華/虞氏/大虎(孫魯班)/孫尚香/楊氏/甄氏/孫氏/尚香/何皇后/唐姫 Fate/EXTELLAコラボシナリオ 4000字×11話(ノーツ監修) 三国志大戦TCGコラボシナリオ 各キャラ毎に3000字(6人)貂蝉/馬岱/孫尚香/曹丕/董白/皇甫嵩 真三国無双7コラボシナリオ 各4000字×10話虎牢関/下邳/西塞山/官渡/赤壁/司馬/合肥/夏口/許都/樊城(コーエーテクモゲームス監修) PHANTASY STAR ONLINE 2 プラットフォーム:PC/PSvita/PS4 パッケージコピー&マニュアル / webマニュアル 他パッケージコピー&マニュアル 龍が如くシリーズ(PS2、PS3)初音ミク Project miraiシリーズ(3DS)初音ミク Project DIVAシリーズ(PSP、PS3、PS VITA、PS4)ファンタシースターポータブルシリーズ(PSP)マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック(NDS)涼宮ハルヒの直列・並列(NDS、Wii)ファンタシースターZERO(NDS)スーパーモンキーボールアスレチック(Wii)サカつくDS タッチandダイレクト(NDS)バーチャルコンソールソフト多数(Wii)ファンタシースターユニバースシリーズ(PS2、PC、Xbox、Xbox360) 自主制作漫画誌展示即売会「COMITIA」 イベントカタログ「ティアズマガジン」編集長COMITIA 50th プレミアムブック(美術出版社)担当編集 仕事のご依頼やシナリオ内容を確認されたい方は、お問い合わせページよりお願いします。

  • はじめに:ポートフォリオ

    こちらのカテゴリは、お仕事的なページです。 自分の職歴や仕事としての作品紹介をしていきます。 作品紹介に関してはこちらでお見せできるのに限りがありますので、ダイジェスト的な内容です。お仕事の依頼などでくわしくご覧になりたい方は、お問い合わせページよりご連絡ください。

  • はじめに:作品

    恥ずかしながら、自費出版や同人誌でこれまでに書いてきた小説があります。 それを埋もれさせるのも勿体ないし、自分のポートフォリオとしても役立てたい。 そして今は電子書籍として個人でもamazon kindleなどで手に取ってもらえる時代です。

  • はじめに:天鳳(麻雀)配信

    パチスロ実機配信、ゲーム配信……あと何かないかな? と考えてた時に思い当たったのが、オンライン麻雀「天鳳」のライブ配信です。 天鳳では、特上卓までならば配信が正式に許可されています。 そして実際に天鳳で配信している麻雀プロの方もいます。 自分は四段のペーペーですが、天鳳でより上を目指しながら 単純に打つだけでなく牌譜機能を使って 今打ってた内容をすぐに振り返るなどもしていけたらな、と。 大目標は鳳凰卓として、気長にやっていきたいところです。 Mリーグの放送終了後とかの時間に流れで始められればとも考えています。 配信サイトはyoutube LIVEとtwitchで同時配信します。 そのアーカイブをyoutubeチャンネルに動画としてUPしていく予定です。 ということで、実際の配信や動画は上記でリリースしますが ここではその案内とリンクを掲載していきます。

  • はじめに:ゲーム配信

    今や配信と言えばゲーム実況。 以前のゲームメーカーによる暗黙の了解で配信されてきた状態から、今や「メーカー公認」「クリエイターズプログラム」「PS4 share」とむしろ舞台が整えられてきた感じです。 せっかくパチスロ実機で配信をするなら、 その環境を他に活かさないのはもったいない! という訳で自分もゲーム実況配信します。 ただ、流行に乗って最新ゲームをやっても埋もれるし 第一そんなにゲーム上手い訳でもないw そこで考えてるのはレトロゲーム系です。 配信をメーカー側が公認しているのも結構ありますので、そこら辺から攻めてみようと思います。 今はPS4しか主力ゲーム機は無いけど、SWITCHも考えた方がいいかも? ただ……ふと思ったのは、これって有野係長じゃね?という。 まあ、それでもいいかw 配信サイトはyoutube LIVEとtwitchで同時配信します。 そのアーカイブをyoutubeチャンネルに動画としてUPしていく予定です。 ということで、実際の配信や動画は上記でリリースしますが ここではその案内とリンクを掲載していきます。

  • はじめに:パチスロ実機配信

    自宅にある中古のパチスロ実機を使って、実機配信をします! 今ある実機は ・BLACK LAGOON2 ・学園黙示録 HIGH SCHOOL OF THE DEAD ・鉄のラインバレル ……そう、全部「旧スパイキー」ですw 大好きなんですよ、ピーキーで独創性あふれるスパイキー台が! さすがに個人で実機を抱える数には限界がありますので ここら辺をローテーションしていこうと思います。 配信サイトはyoutube LIVEとtwitchで同時配信します。 そのアーカイブをyoutubeチャンネルに動画としてUPしていく予定です。 ということで、実際の配信や動画は上記でリリースしますが ここではその案内とリンクを掲載していきます。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、じくさんをフォローしませんか?

ハンドル名
じくさん
ブログタイトル
J explore
フォロー
J explore

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用