プロフィールPROFILE

tutti ゆきひでさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
<ピアノ> やさしいことから一歩ずつ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yasashiipiano
ブログ紹介文
56歳でピアノを始めた男性です。少しずつ進んで行こうと思います。
更新頻度(1年)

66回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2018/12/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tutti ゆきひでさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tutti ゆきひでさん
ブログタイトル
<ピアノ> やさしいことから一歩ずつ
更新頻度
66回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
<ピアノ> やさしいことから一歩ずつ

tutti ゆきひでさんの新着記事

1件〜30件

  • ブログを一旦終了いたします。

    ご無沙汰しておりました。4月末に痛めてしまった左手ですが、実はまだ治っていません。ピキーン!といった痛みはなくなったのですが、左手首周りが腫れぼったく、ジワジワとした痛みが感じられます。こんなに長くなるとは思っていませんでした。これはひょっとして、2,3年かかってしまうのかな?勿論ピアノも弾けないので、毎日読書に費やしています。正直言って、ものすごくピアノ弾きたいのですが、我慢するしかありませんね。時間がたっぷりと出来てしまったので、また何か新しいことを始めてみようと思っています。今、韓国語に興味が湧いてきたので、少し勉強してみようかな?と考えています。手が治ったら、またピアノやりたいので、その時にこのブログも再開したいと思っています。その時はまた宜しくお願いいたします。ブログを一旦終了いたします。

  • パソコンでお絵描きしてみました【CLIP STUDIO PAINT】

    パソコンでお絵描きが出来るソフトがいくつかあるようです。面白そうなので、私もちょっと描いてみました。使用したソフトは「CILPSTUDIOPAINT体験版」です。パソコンで絵を描くときは、「タブレット」という道具が必要なのだそうですが、私は持っていませんので、マウスを使いました。こちらのページを見ながら描いてみました。CLIPSTUDIOPAINTはじめてのイラストまず始めに「下描き」をしてみましたが、こんな素敵すぎる下描きになってしまいました。アート…ですね。次は「下描き」に上に線を重ねて「線画」を描きます。下描きがあまりに凄いので、なるべく丁寧に描きました。これ、「下描き」の意味がなかったのでは…。「下描き」を消して、「線画」の上に色を重ねてみると、イラストっぽくなりました。この「CLIPSTUDIOPAI...パソコンでお絵描きしてみました【CLIPSTUDIOPAINT】

  • 右手のためのアレンジ「いつも何度でも」

    左手の腱鞘炎は、治るまでまだ結構かかりそうなのです。それでも無理しなければ右手は使えそうです。暫くピアノを弾かないでいると、たぶんほとんど弾けなくなるでしょう。なので、右手のみで弾けるようなアレンジをしてみました。曲は「千と千尋の神隠し」に使われていた「いつも何度でも」です。コードを考えながら、メロディーに伴奏を付けて、右手のみで弾けるようにしてみました。自分で弾けそうなアレンジなので、あまりたいした物ではありませんが、たぶん、それっぽくは聞こえるのではないかと思います。まだ確認していませんが、音がぶつかるところはないと思います。右手にも少し痛みがあるので、あまり練習は出来ませんが、少しずつ弾いてみようと思っています。右手のためのアレンジ「いつも何度でも」

  • 腱鞘炎の経過です。

    左手の腱鞘炎発症から、もう一月を過ぎました。痛みは多少和らいできましたが、まだ親指の付け根と手首に痛みが残っています。洗濯物を干す時など、手に負担をかけてしまうと「ピッキーン」と痛みが走り、思わず「イテッ」と悲鳴をあげてしまいます。左手をかばって、右手ばかり使っていたら、右手にまで痛みが出てきました。病院の先生は、「そんなに酷い訳ではないので、安静にしていればそのうち治るでしょう」と言っていました。もし痛みが酷くなるようなら手に注射を打ってみるそうです。まだ、暫くはピアノはご法度です。腱鞘炎の原因はピアノだけではありませんが、ピアノが引き金になったのは明らかです。手に疲労が蓄積していたのでしょう。手首にサポーターを巻いていますが、これだけでもたいぶ楽になります。ピアノを弾けないので、今はコードの勉強や、簡単なア...腱鞘炎の経過です。

  • ピアノ練習&ブログは暫くお休みです。

    令和最初の記事が、こんなのになってしまいました。先月痛めた左手は、仕事で更に悪化させてしまい、結局通院する羽目に。暫くピアノの練習はお休みとなってしまいました。ピアノを弾けないでいたら、書く事もなくなってしまったので、その間ブログもお休みいたします。今現在は、苦手な音域の譜読み強化と、やはり苦手なシンコペーションのリズム練習、各調音階とアルペジオのイメトレをやっていますが、これはこれで充実した練習が出来そうです。特に、イメトレに慣れてきて、鍵盤上を右手人差し指一本+左手人差し指一本のみではありますが、イメージだけで弾けるようになりつつあります。手の痛みが完治したときに、最初からゆっくりとスタートしたいと思いますので、その時はまた宜しくお願いいたします。ピアノ練習&ブログは暫くお休みです。

  • 心が落ち着いてきました。

    平成最後の夜になりました。ブログのタイトルは変更できるそうなので、今夜からタイトルを変えてみました。ちょっと無茶をしてしまい、手を痛めてしまったので、暫くピアノはお休み中です。もう一週間以上もピアノを弾いていません。昨年12月からピアノを始めましたが、簡単な曲でもいいので綺麗に弾いてみたいと思って始めました。しかし、色々な動画やブログを読ませていただいているうちに、だんだんとヒートアップしてしまい、「基本のき」も身に付かないうちから、あれもやりたい、これもやりたい…で、休みの日になると一日中弾いて楽しんでいました。ピアノを弾くのは本当に楽しいのです。しかし、気が付くと手を痛めてしまい、弾けなくなってしまいました。本当に調子にのり過ぎていたと思います。普段の私は、寧ろ落ち着いた方だと思いますが、何故か好きなことに...心が落ち着いてきました。

  • 全調音階のイメトレ

    例えピアノが弾けなくても、弾く一歩手前までの練習はいくらでも出来そうです。今日は会社のお昼休みに、各調の音階をイメトレしていました。具体的には、鍵盤を思い浮かべて、C-dur、G-dur、D-dur、A-dur、E-dur、H-durと#系の音階トレーニングです。鍵盤をイメージ出来なくても、言葉でもイメトレが出来ます。例えば、A-durなら、ラシドレミファソラと心の中で呟いてみて、青のところは#になることを意識してみたりしていると、各調に慣れてきて♭#に困ることはなくなります。私も高校時代に、寝る前に布団の中で全調音階のイメトレをやっていました。管楽器の場合は全調の指使いを覚えてしまって、Asだなと思ったら自動的に指使いがAsになるようにしていました。しかし、ピアノの場合はポジションが移動したり、和音があったり...全調音階のイメトレ

  • 【これは笑える】アップライトに挟まって睡眠中の猫。

    今日はお休み。手が痛くてピアノが弾けないので、軽く音楽理論のお勉強。その後はYouTubeでピアノ演奏を見て楽しんでいました。そうしたら、こんな動画が…。気持ち良さそうにお眠む中ですが、マッサージ効果でもあるんでしょうか。一瞬、野性の本能が目覚めますが、またウトウト。うちの実家でも代々猫を飼ってましたけど、何故か猫って、お邪魔なところで寝るんですよね。【これは笑える】アップライトに挟まって睡眠中の猫。

  • 「手が痛い」と言ったら「幸せな人だね〜」と…。

    今日は、お掃除のお姉さんに、左腕に貼った湿布薬4枚を見せながら、「手が痛い〜!」と言ったら、「まだ治んないの?随分幸せな人だね〜」と言われてしまいました。「え!?なんで幸せ??」と思ったら、「だって手が痛くなるくらい面白いことやってるんでしょう?いい歳して、そんな人いないよ」褒めれたのか、からかわれたのかどっちだろう?と、思ったものの、確かに、身体痛めるほど熱中出来ることがあると言うのは幸せなことには違いありません。それの会話を聞いていた職場の同僚から、「ダブレットにピアノのアプリ入れて、タッチペンで突けば、それなりに遊べると思いますよ」と、アドバイスいただきました。おお!それなら出来そう!明日、ピアノアプリをインストールして試してみようと思います。大事を取って、1ヶ月間はピアノに触らないでおきます。その間は、...「手が痛い」と言ったら「幸せな人だね〜」と…。

  • ピアノを弾くということは身体にとって自然な行為だろうか、それとも不自然な行為だろうか。

    先週やらかした無茶な練習で、左手を痛めてしまいました。最初は、何か痛みがあるな…程度でしたが、段々と酷くなり、今は手のひらの奥、親指のつけ根、手首、肘にまで痛みが広がってきました。ペットボトルのキャップも開けられない様です。痛みが完全に消えるまで、ピアノはお休みですが、ちょっと長引きそうな感じがします。たった一日の無茶で何日も弾けなくなるとは…。これを機会に、無駄に力んだり力を使ったりしないような奏法を模索していこうと思っています。手の痛みを抱えたピアニストやギタリストの話は昔からよく聞きます。省エネ奏法を身に付けてから痛みが消えたロックギタリストの話を読んだことがあります。そんなことを考えていたら、こんな話を思い出しました。「フルートを吹くのに力は全く必要ない。腕にも指にも唇にも力は一切必要とせず、常にリラッ...ピアノを弾くということは身体にとって自然な行為だろうか、それとも不自然な行為だろうか。

  • あれもこれも…一旦整理なのです。

    一昨日、左手に微かな痛みを感じたので、ピアノの練習は右手のみでやっていたのですが、痛みが少し進行しているようです。左手を動かすと、常時手のひらの奥と手首に鈍い痛みを感じるようになりました。これは調子に乗りすぎた警告ですね。一昨日、オクターブの練習を一日中やっていたのですが、たぶん奏法も何もすっ飛ばして力ずくでやっていたのでしょう。楽譜は普通に読めるので、そうした基礎的なことを飛ばしてどんどんと先に進もうとしていたからだと思います。何年か前に、エレキギターを練習していて、同じようなことがありました。その時は痛みが消えるまで3週間程かかったと記憶しています。その後、ちゃんと姿勢や奏法を考えるきっかけとなったのですが、ピアノでまた同じことを繰り返してしまっているようです。ちょっとやり過ぎだと自覚はあったので、「どうせ...あれもこれも…一旦整理なのです。

  • 初心を忘れるところでした。

    今朝、顔を洗っているとき、左手に微かな痛みを感じました。「痛い」と言うほどではなく「何か痛みがあるかも?」程度でした。昨日はオクターブの練習をしていました。ちょっと調子にのってやり過ぎてしまったようです。万一悪化するといけないので、今夜はおもちゃのような小さなキーボードで、右手のみの練習をしようかと考えていたのですが…。「いやいや、ちょっと待て」と独り言。何だかこの頃、ホンの少しだけ本気モードになりつつあるようなのです。「簡単な曲をちょっと2、3曲弾ければいいや」で始めたピアノです。ポンポンと音を鳴らしてみて、一音一音楽しめればそれで良かったのです。危ない危ない。本気になるとロクなことになりません。私は、もっと自由に適当にデタラメなピアノを楽しまなくてはいけません。「初心忘れるべからず」です。男はワイルドさに憧...初心を忘れるところでした。

  • バイエルで初見練習です。

    この頃、だんだんと楽譜を見ながらピアノを弾くことが出来るようになってきました。ならば、鉄は熱いうちに打て!で、昨夜からバイエルを使って初見練習をしていました。最初からノンストップでひたすら弾き続け、32番までやりました。途中で止まったところは、そこからまた続けていましたが、深夜0時を超えてしまったためそこで中断。今日のお昼休みに更に続けて59番まで。晩ご飯後には67番までやりました。バイエルは初めて弾きましたが、なかなか素敵な曲があります。特に6/8で強弱記号が付いている曲は、「ピアノ弾いている感」が味わえるので、楽しいです。今のところ、全てハ長調の曲ばかりです。でも、頭に#付いてないけど、これってト長調だよね…という曲もありました。なるべく覚えないようにして通過すれば、初見練習用としてバイエルを2、3周出来そ...バイエルで初見練習です。

  • 前のピアノ、新たなご主人のもとへ。

    前に使っていた電子ピアノは、遂に新たなご主人様のもとへと旅立って行きました。新ご主人様に、スタンドに設置したままの姿を見ていただき、電源を入れて動作を確認してもらいました。その後、スタンドから下ろして、ソフトバッグに入れる前に、暫しの別れを惜しんでいました。長い間(私は一ヶ月だけだったけど)お世話になりました。有難う!ソードードドーミーレードレーミードードーミーソーラー♪最後に、お礼にとお菓子をいただきました。テーブルの丸は孫が3歳の頃にやらかした落書きです。あまりに綺麗な丸だったので、勿体なくて、そのまま残していました。その孫も、もう小学一年生です。散々遊んでもらったくせに、私の顔を見ると、ちょっと照れくさそうにしています。前のピアノ、新たなご主人のもとへ。

  • 今日のピアノの音は何か癇に障ると思ったら、チューニングが…。

    今朝、ピアノを弾き始めたとき、何か違和感があったのですが、弾いているうちにその「違和感」は消えました。お昼過ぎに、ピアノを弾き始めたら、何か癇に障るような、催眠術にかけられているような、車酔いに似たイライラ感があったので、これはやはり何か変。ひょっとして…と思い、チューニングを調べてみたら、440Hzになっていました。ああ、やっぱり!でも、このピアノが届いてから、一番最初に442Hzに設定したはずなのに、何で元に戻ったのかな?知らないうちに、何かおかしな操作でもしたんだろうか?初期設定を442Hzにしちゃえばいいのに。今時、440Hzの需要ってあるんだろうか?と思いますが、それがあるから440Hzになっているのでしょうね。まあ、442Hzに設定し直したので、問題解決です。今日のピアノの音は何か癇に障ると思ったら、チューニングが…。

  • 「ピアノやりたいです」嬉しい申し出がありました。

    前に娘から引き継いで弾いていた電子ピアノは、一部音が鳴らなくなってしまったため、1月に現在のピアノCLP-675を新しく購入しました。故障したと思っていたピアノのキーの感触がムニョっとしているので、中に何かあるのかな?と思い、カバーを外してみたら、細く折りたたんだ折り紙が挟まっていました。原因が見つかったので、それを取り除き、また音が鳴るようになりました。それにしても、この折り紙…孫の悪戯だと思いますが、どうやって入れたんでしょう??鍵盤の隙間に差し込んでも、入るようなものではないのですが。それで、まだ使えるので職場のメンバーに、「ピアノいらんかね~、あげるよ~」と聞いて回っていました。あれから一月。欲しいと言う人は誰もいなかったので、そのことをすっかり忘れていたのですが、今日、「ピアノやってみたいので譲ってい...「ピアノやりたいです」嬉しい申し出がありました。

  • これってピアノあるある?

    今夜もピアノを練習しようと思い、音だし一発目。あれ?ペダルが効かない!?自分の足元を見てみたら、真ん中のペダルを踏んでいました。これってみんなやっていそうな気がします。「ピアノあるある」でしょうか?これってピアノあるある?

  • ツェルニー 素敵じゃないですか!

    ツェルニーは娘がやっていましたが、常時ヘッドホンをしていたので、私はほとんど聴いたことがありません。ネットの評判では「つまらない」「時代遅れ」「ただの指の練習」「進度を見るためのモノサシ」など、ちょっと可哀相な評価です。私も、知らないクセに、それを鵜呑みにしていました。しかし…。YouTubeでツェルニー100番の模範演奏を聴いたら、なんと優雅な!シンプルな曲調で、音楽性を学べる良い教本のように思いました。私も、もう少ししたらツェルニーをやってみようと思います。ツェルニー素敵じゃないですか!

  • 楽譜を見たら指がピクッと反応。良い兆候です。

    晩ご飯を食べながら、月刊ピアノを読んでいました。お行儀が悪いですが、男の一人暮らしなので、いつもこんな感じです。今月号の中にあった、初級アレンジ★一つの楽譜を見ていました。このこの位なら、ちょっと練習すれば出来そうだなあ…と思い、最初の音符を見た瞬間に、右手薬指が「ピクッ」と反応しました。おや?と思ったものの、そのまま譜面を読んでいたら、おぼろげながら自分がピアノを弾いているイメージと感覚を伴っていることに気が付きました。音符を読む度に鍵盤の位置感覚のようなものを引きずります。これ、ひょっとして、初見で弾けるんじゃないだろうか?と思い、ご飯を中断、即ピアノに向かいました。(お行儀悪くてゴメンナサイ)ゆっくり弾き始めたら、そのまま続きそうです。途中何度か止まったものの、3ページの楽譜を初見で最後まで弾き切ってしま...楽譜を見たら指がピクッと反応。良い兆候です。

  • ピアノWeb発表会の曲、アレンジ完了しました。

    かつさん主催の、第1回『ピアノWeb発表会』開催してみる。。に出そうと思っている曲のアレンジを少しずつやっていましたが、遂に完了しました。楽譜には書きませんが、全て頭に入っています。それって、出来てないってことなんじゃないのって?いえいえ、一音も漏らさず、ちゃんと暗譜しました。後はひたすら弾くだけです。これが一番大変なのですが、自分で弾けるようなアレンジにしました。それでも、練習することでレベルアップに繋がるように工夫しています。まあ、私が弾ける程度なので、そんなに大したものではありません。アレンジの手順はこうです。①ひたすら曲を聴く。②細部まで脳内で再現出来るようになったら、音を脳内でピアノ置き換える。③実際にピアノで音を出してみて、弾ける形にどんどんと簡略化する。④覚える。(楽譜に書くのは面倒なので)こうし...ピアノWeb発表会の曲、アレンジ完了しました。

  • 指が動かないのではなくて、動かしていませんでした。

    基礎練習をしているとき、「たいして難しいところじゃないと思うんだけど、ここ、いつも躓くなあ」と思う部分があります。その部分に差し掛かると、指どころか、頭まで曖昧になってしまう感じがするので、超ゆっくりと弾いてみました。そうしたら、あ、解かった!ここ、何となく指が動いているけど、自分の意思で弾こうとしていない!一つ一つ、ゆっくりと丁寧に弾いてみたら、ちゃんと動きました。こうして、何となく弾いてしまっている部分は他にもあるので、ここはゆっくりと丁寧にいきましょう。指が動かないのではなくて、動かしていませんでした。

  • 素敵なピアノを紹介させてください。

    昨日、YouTubeで知り合った方の演奏動画です。BostonPさんとおっしゃる方で、YouTubeには260以上の動画をアップされておられます。私と同じくらいの年齢からピアノを始められたそうです。今日のお昼休みにBostonPさんのピアノを聴いていました。そうしましたら、何か心に響くのです。いくつか続けて聴かせていただいたのですが、「王将」を聴いていた時に、不覚にも、ジワ~っと涙が出来てきました。この曲は、私が幼い頃、父がよく歌っていた歌なのです。お昼休みが終わってミーティングが始まる直前まで聴かせていただいたのですが、「ゆきひでさん、目赤くないですか?」と指摘されてしまいました。「今年も花粉症の時期ですねぇ。嫌ですねぇ」と誤魔化していました。(私は花粉症は発症したことはないのですが)BostonPさんのピア...素敵なピアノを紹介させてください。

  • 私の楽器遍歴です。

    今はピアノに夢中ですが。これまで結構様々な楽器をやってきました。特に、管楽器はオーボエとファゴットを除く、ほぼ全てではないでしょうか。昔の自慢をし始めるとナントカの始まりと申しますが、自慢出来るものは全て過去形になってしまいました。【クラリネット】初めての楽器で、高校の部活で約2年間(2年生で部活に入りました)勿論楽譜の読み方も解からず、授業中にポケットサイズの楽典を読んだり、楽譜を書き写したりしていました。大量の曲を練習するので、半年もしないうちに楽譜は読めるようになっていました。【ホルン】一番熱中してやっていました。20年以上続いたと思います。学生時代は本当は金管楽器をやりたかったのですが、空きがなかったのでクラリネットをやっていました。卒業してからホルンに転向。よその吹奏楽団のホルン吹きに基礎を教わりまし...私の楽器遍歴です。

  • コード弾き楽しいです。ピアノがより身近になります。

    三日前から、コード弾きの勉強をしていました。急に異動が決まった、一人の青年のために、自分の演奏で応援メッセージを作ろうと思っています。これは例のあの曲です。たった6つの基本コードのみで伴奏できるようにしました。やってみると、コード演奏って結構楽しいです。自分で好きなリズムパターンで弾けるので、自由に演奏出来ます。コード弾きは誰でも手軽に出来ます。言わば庶民の楽しみ方ですね。音楽には様々な楽しみ方があるものだなと思いました。クラシックも好きなので、しっかり基礎を積んで、いつか機会があったら弾いてみたいです。コード弾き楽しいです。ピアノがより身近になります。

  • 演奏中の奏者のお顔に蝶が!だが奏者は…。

    今日はお休み。YouTubeでフルート演奏を聴いていたら、こんな動画が!この蝶はクジャクチョウの雄でしょうか?子供の頃、砂利道の水溜りでよく見かけました。…にしても、この方。キャー!!とかないんですかね。音も一糸乱れず美しいままです。呼吸の乱れもないんですね。プロ奏者魂でしょうか。いや、それは関係ないでしょうね。この方が物事に動じない、強い心の持ち主なのでしょう。それとも、演奏という最優先事項を咄嗟に選択したのでしょう。だけど、本当に珍しい出来事です。演奏中の奏者のお顔に蝶が!だが奏者は…。

  • どうやら私は「面白い技」を身に付けてしまったようなのです。

    毎日、練習を終えてから、ピアノで「遊び」ます。この頃はほとんど黒鍵で遊んでいます。色々なメロディーや適当なメロディーを黒鍵を使って弾いていました。そうしたら、いつの間にか、各黒鍵たちのことを、このように認識していることに気が付いたのです。これは♯6つの嬰ヘ長調です。それでは、ハ長調の楽譜を見ながら、嬰ヘ長調で弾けるのではないかと思って試してみたところ、普通に弾けてしまいました。おお~、これは面白い!黒鍵が私の第二のホームポジションになったのです。もしも、各調でこんな認識を持ったら、ハ長調の楽譜を見ながら全調で弾けることになる訳です…。白鍵は水面。黒鍵は、その水面に浮いた島のよう。「白鍵の湖」に浮いた島々を、バレリーナのように華麗に演舞できたらショパンのあの曲が弾けるのだろうな。でも、寿命が方が先に来ちゃうのだろ...どうやら私は「面白い技」を身に付けてしまったようなのです。

  • かつさんの企画【第1回『ピアノWeb発表会』開催してみる。。】に参加表明しました。

    一昨日、もう寝ようと思っていた頃、かつさんのブログ企画【第1回『ピアノWeb発表会』開催してみる。。】を読ませていただきました。そうしたらそれが気になってソワソワし始めたので、私も参加表明させていただきました。テーマは「こどもの曲」です。あれこれと考えた結果、二つに絞りました。一つはカッコイイ「パワフル系」の曲、もう一つは静かでやさしい「サイレント系」です。二曲とも…は流石に無理なので、どちらにしようかとまた迷いましたが、今まで練習してきた曲は「サイレント系」ばかりだったので、今回は「パワフル系」に決めました。その曲のピアノアレンジも販売されてはいるようなのですが、折角なので自分のアレンジでいきます。締め切りは「5月5日こどもの日」なので、4月末までには仕上げたいと思っています。その頃は、私がピアノを始めてから...かつさんの企画【第1回『ピアノWeb発表会』開催してみる。。】に参加表明しました。

  • 月刊ピアノ4月号 お目当ての記事は「ずっしーの即わかり音楽理論教室」

    「魔法の伴奏」でお馴染み(らしい)の、ずっしーさんの動画を何度か見ていました。コードを中心をした短い動画が沢山あり、どれも面白いので、後で勉強してみようと思っていましたが、月刊ピアノにずっしーさんの記事が連載されるとのこと。長年使っていたメトロノームがついに故障してダメになってしまったので、それを買うついでに、地元のヤマハさんで「月刊ピアノ4月号」を買ってきました。この記事です。今月から始まった、ずっしーさんの連載の第一回目は「カノン進行」でした。オーソドックスなコード進行ですが、これを理解してしまえば、簡単なアレンジや作曲も直ぐに出来てしまいます。記事を読んだ後、私もカノン進行に合わせて、適当なメロディーを付けてみました。これがまたとても綺麗で、一瞬、ゾワっと鳥肌が立ちました。そう言えば、ヤマハさんに行ったら...月刊ピアノ4月号お目当ての記事は「ずっしーの即わかり音楽理論教室」

  • ピアノってホントにホントに素敵な楽器だとつくづく思いました。

    今日、明日は休みなので、今夜は夜更かしです。今日も朝からピアノを弾いては休み、散歩から帰ってきてはピアノ。YouTubeで素敵な演奏を見ているうちに、またピアノを弾きたくなり…と、ピアノ三昧でした。今、練習中のアンドレ・ギャニオンの「めぐり逢い」は、本当に素敵な曲で、和音が美しくてうっとりします。和音が出せる楽器をやったのは、フォークギターを除けば初めてです。今まで単音楽器だったので、アンサンブルが主体でしたが、ピアノは一台で沢山の音が出せるので、一人で演奏しても綺麗な音楽を十分楽しめます。単音楽器ばかりやってきた私にとって、これは本当に凄いことなのです。ピアノは、和音一つ、アルペジオ一つでこんなに綺麗に響く楽器なんですね。友人にギターと歌がとても上手で、昔ヤマハ主催のポプコンで何とか賞(グランプリだっかな?)...ピアノってホントにホントに素敵な楽器だとつくづく思いました。

  • 「そんな練習ばかりしてると、つまずき癖がついちゃうよ!」

    若い頃、管楽器クリニックに参加していた時、難しいパッセージがあったので、休憩時間にそれを繰り返し練習していました。その時、当時売れっ子だった先生に指摘された言葉です。「難しいところは、もっともっとゆっくりと練習した方がいいよ。速い曲だからってそんなに慌てて吹いても、そうして躓いてブチブチと途切れてしまうでしょう?そんな練習ばかりしていると、そこで思考停止してしまって躓き癖がついちゃうよ」そして、ゆっくりと止まらないで吹けるようにしてからテンポアップしないと、アンサンブル出来なくなると言っておられました。それ以来、難しいところは、かなりゆっくりと練習して、止まらず流れるように吹けるようにしていました。ピアノの場合でも、最初はかなりゆっくりと弾いて、途切れることなく流れるように弾けるようにしています。今、練習中の「...「そんな練習ばかりしてると、つまずき癖がついちゃうよ!」

カテゴリー一覧
商用