住所
-
出身
-
ハンドル名
tutti ゆきひでさん
ブログタイトル
やさしいピアノでやさしい気持ちに
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yasashiipiano
ブログ紹介文
56歳の男性です。初めてのピアノです。やさしい曲から丁寧に始めたいとおもいます。
自由文
更新頻度(1年)

33回 / 74日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2018/12/06

tutti ゆきひでさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(IN) 27403 26882 26709 22972 26685 22966 22996 949120サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 40 50/週
OUTポイント 20 280 210 120 280 360 320 1590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
クラシックブログ 122 118 121 95 121 96 96 4611サイト
ピアノ初心者 3 2 2 2 2 2 2 164サイト
ピアノ 63 65 67 65 67 67 66 883サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 6873 6916 7236 7180 6771 7146 7878 949120サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 40 50/週
OUTポイント 20 280 210 120 280 360 320 1590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
クラシックブログ 13 13 14 12 12 13 14 4611サイト
ピアノ初心者 1 1 1 1 1 1 1 164サイト
ピアノ 38 37 35 38 36 43 46 883サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949120サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 40 50/週
OUTポイント 20 280 210 120 280 360 320 1590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
クラシックブログ 0 0 0 0 0 0 0 4611サイト
ピアノ初心者 0 0 0 0 0 0 0 164サイト
ピアノ 0 0 0 0 0 0 0 883サイト

tutti ゆきひでさんのブログ記事

?
  • 【演奏動画】今日のワンフレーズ作曲中の様子です。

    明日は休みなので、今夜は夜更かしです。先ほど、曲を作るための「今日のワンフレーズ」を作りました。このワンフレーズを少しずつ作って、曲に仕上げようと思っています。1曲できたら、最後に採譜しようと思います。最初は適当に音を出して、それを手がかりに、だんだんと修正しながら先に進みます。どんな曲調になるかは、最初の音次第です。でも、複雑なコードは分からないので、私の今持っている、わずかな音楽知識を総動員しています。まだ鍵盤に慣れていないので、何の音を出しているのか見失って、ちょくちょく迷子になります。こんな感じで、適当と偶然の繰り返しですが、C→Am→F→Gの基本コードの循環になりました。やはり何かの曲に似ているような、いないような…?いつかは即興で演奏できるようになることを夢見ています。【演奏動画】今日のワンフレーズ作曲中の様子です。

  • 楽譜の牢獄から自由になりたいです。

    演奏者にとって楽譜とは、舞台俳優にとっての台本です。ですから、その台本の代わりに楽譜から作品をイメージして演じるのです。なので、楽譜はとても大切なものです。ですが、自分で作ったのなら、必ずしも楽譜は必要ではありません。なのに、楽譜がなければ私は何も出来ませ~ん!楽譜がなくても、イメージを自由に音にして演じてみたいです。この、牢獄のような閉塞感から自由になりたいです。この大空に翼を広げて、飛んでゆきたいです。それで悲しんではいませんが、自由な空へ、翼はばたかせ、音を奏でたいのです。きっと、それが自分のやりたいことなのだな…と思いました。楽譜の牢獄から自由になりたいです。

  • このピアノ基礎トレ本 欲しくても買えません。

    大型書店で、あるピアノトレーニングブックを見ました。「ピアノ基礎トレ365日」という本です。内容はとても素晴らしく、たぶん自分がやってみたいと思っている方向性にピッタリな本です。普通の音階やリズムだけではなく、ジャズやブルースなどのコードやリズムパターンが全て2小節に収められています。ああ、これ、欲しいな…と思ったのですが、表紙がこれです。レジに持って行く勇気がありませんでした。お客さんが少なくなってから、サッと買ってしまおうとも考えたのですが、無理でした。でも、内容はとても良いのです。欲しいなあ。でも買えないなあ。どうしてこんな表紙にしてしまったのかなあ。それとも、今どきの男性(56歳)は、このくらいヘッチャラなのかな?とか、暫く考えましたが、ネットで注文することにしました。このピアノ基礎トレ本欲しくても買えません。

  • びこさんの「ブルグ25 素直な心」アレンジ企画にエントリーしました。

    びこさんのブログ、【アレンジ企画】ブルグ25『素直な心』を5人でそれぞれアレンジしました!にエントリーさせていただきました。びこさんのお陰で、楽しい一ヶ月間を過ごすことが出来ました。ありがとうございます。今まで、ピアノの練習曲を聞く機会があまりなかったので、ブルグミュラーの曲もあまり良く知らず、これを機会にとブルグミュラーを沢山聞きました。楽譜は娘が使っていたものがあったので、買いに走る必要がなく助かりました。素敵な曲が沢山あるので、私も、いつかはブルグミュラーにトライしたいと思っています。やがては「ブログ村ピアノ初心者のブログムラ―」の二つ名を欲しいままにしているかも知れません。(それはないかな…)皆さんのアレンジも聞かせていただきましたが、凄く面白かったです。演奏を聴く度に、「そう来たか!?」でした。以下、...びこさんの「ブルグ25素直な心」アレンジ企画にエントリーしました。

  • 病気?楽譜の衝動買いが止まりません。

    昨日、一昨日は厳しい冷え込みでした。こちらでは最低気温が-14℃だったそうです。今日は寒気も緩み、とても良い天気です。散歩しに外へ出たら少し暖かく感じましたが、外気温は-3℃でした。日光が雪に反射して眩しく、しかめっ面になります。帰宅後はこれです。「譜めくりいらずの初心者ピアノスタジオジブリ」楽譜が見開きになっているので、コピーを撮る必要がありません。この頃、「初心者」とか「簡単」とかのタイトルの楽譜があると、ついつい手に取ってしまいます。その時は弾けそうに思うのですが、いざ弾いてみると、あれ?やっぱり気のせいだったんだ…となります。そろそろ、この衝動買いを止めないと、楽譜もたまる一方ですし、無駄な出費になってしまいます。しかし、書店で見かけると、つい…。これは一種の病気か何かでしょうか?そう言えば、英語を勉強...病気?楽譜の衝動買いが止まりません。

  • やはりメトロノームは振り子式がいいのです。

    メトロノームは楽器をやる人にとっては必需品です。ピアノを始めてから、たまたま持っていた電子メトロノームを使って練習していたのですが、どうもしっくりこないのです。電子ピアノにもメトロノーム機能が付いていて、なかなか良い音なのですが、やはり何だか物足りません。それで、若い頃からずっと使い続けていた振り子式を、押入れの中から出してきました。ところが、振り子を振ってもカチカチと音が出ません。あれ?どうしたろうか?と思い、分解してみたら、ゼンマイの回転を伝える2本目のギアの軸の根元が錆びて固着していました。これはたぶん35年以上前に、後輩から譲り受けたものです。最後に使ったのは15年位前になると思います。基礎練習するときは、ずっとこのメトロノームが一緒でした。今は…もう…動かない…、となってしまったら可哀想なので、分解清...やはりメトロノームは振り子式がいいのです。

  • 力まかせにならない奏法を研究する必要がありそうです。

    先週からバーナム1で2オクターブ両手の音階を練習しています。ゆっくり始めてホンの少しずつ速度を上げていきました。初めは混乱していた指使いも覚えられました。ゆっくりと弾いていたとき分からなかったのですが、速度を上げていったら、指だけで鍵盤を打鍵している感じで結構無理な動きをしていることに気が付きました。まだ指の筋力で誤魔化せそうな速度ではありますが、このまま変な癖を付けてしまったら大変です。今の弾き方だと、ちょっとでも速度を上げたら恐らく粒が揃わないでしょう。最悪、このままだと、もう上達は諦めた方が良いということになるかも?と直感しました。管楽器場合も、初めに悪い奏法が身に付くと修正が困難で、その時点で将来が決定してしまいます。かなり多くの人が、そこで躓いてしまいます。楽器は専門の人に習った方が良いと言うのは、そ...力まかせにならない奏法を研究する必要がありそうです。

  • 【演奏動画】西村由紀江「いつまでも」

    西村由紀江さんの「新・やさしく弾きたい人のために」の中から、「いつまでも」を選んで練習してみました。西村さんの原曲をやさしくアレンジしたものですが、どれも綺麗な曲で、選ぶのに迷いました。動画を撮ってみましたが、録画の時は、やはり変に意識してミスってしまいます。何度か撮り直ししました。今後も、月に一度ペースで動画をアップロード出来ればいいなと思っています。楽譜はこれです。模範演奏のCDが付いているので、練習しやすいです。この頃、楽譜ばかり、たまってきたような気がします。【演奏動画】西村由紀江「いつまでも」

  • ”ハムットプリキュア”ではなかったのです。

    この前、孫に何弾いて欲しい?と聞いてみたら、「ハムットプリキュア」と、リクエストありました。「それ何?」「テレビでやってるんだよ」娘が「ああ、それ、今、アニメでやってるやつだよ」と、教えてくれたので、付箋にメモって、机に貼り付けておきました。ところが、YouTubeで検索しても「ハムットプリキュア」が出てこないのです。”HUGっとプリキュア”と言うのが沢山出てきていましたが、暫くこれだと気付きませんでした。タイトルの出だしがアルファベットだったので、視界に入らなかったのです。ああ、”ハムット”じゃなくて”HUGっと”か…。公式サイトがあったので、見てみましたが、昔テレビで放送していた「セーラームーン」みたいなアニメでした。ちょっと違うかな?ところが…どうやら「放送終了」したらしいのです。どうも、シリーズ物らしく...”ハムットプリキュア”ではなかったのです。

  • お声がけしてみたら、偶然昔の恩師でした。

    今の家に越してきて5年になります。借家ではありますが、一軒家で、娘と孫の三人暮らしでした。その娘も昨年再婚し、今、私は一人暮らしです。そんなに長くはありませんが、沢山の思い出が残る家となりました。昨年の冬は記録的な大雪で、毎朝毎晩の雪かきで、体がおかしくなりそうでした。今年は昨年に比べると、随分とましです。うちの前の道路は通学路ですが、除雪車が入らないので、皆さん自分の家の前の道路は自分で雪かきをしているのですが、出勤前だと時間がないのであまり丁寧にはできません。せいぜい道の両脇に雪をどけておく程度です。ところが最近、帰宅すると両脇にどけてあった雪が、綺麗に除雪されているのです。これは除雪車ではなく、除雪機の跡だなと思っていたのですが、どなたが除雪しているのか分りませんでした。つい先ほど、うちの前の道路で除雪機...お声がけしてみたら、偶然昔の恩師でした。

  • オリジナル曲、半分できたと思ったのですが…。

    初夏の草原に揺れる小さな花々をイメージして、曲を作ってみようと思いました。それで、作り始めて、半分くらい出来たのですが…。どうも、何か引っかかるのです。どこかで聞いたことのある曲のような気がするのです。ピアノの録音機能で、制作過程を録音していましたので、それを暫く聞いていましたが、分かりました。辻井伸行さんの「神様のカルテ」にそっくりなのです。寧ろパクって微妙にアレンジしたと言う感じなのです。折角、いい曲が出来そうだと思ったのですが、少し残念です。でも、折角なので最後まで作ってしまいましょう。オリジナル曲、半分できたと思ったのですが…。

  • うちのピアノには魔力が宿っているのです。

    ピアノを始めてから、ほぼ2ヶ月が過ぎようとしています。あっと言う間だったような気がしますし、随分と長かったような気もします。指番号から始めたピアノも、今は何とか自力で曲の練習が出来るようになりました。何と言いますか…。兎に角、ガムシャラだったような気がします。読みかけの小説や漫画の続き気になるように、弾きかけの曲が気になって、帰宅後は直ぐにピアノに向かいました。新しいピアノが届いたら、益々加速してしまったようで、深夜、トイレに起きた時に、5分位ならいいよね…で、夜が明けてしまったりと、自制心が効かなくなってきた頃に、右ひじに微かではあるのですが、痛みを感じるようになってきました。これは、たぶん危険信号だと思い、それからは時間を決めて練習をしていますが、出勤前に、ちょっとでも時間があると、やはりピアノに向かってし...うちのピアノには魔力が宿っているのです。

  • ペダルは強敵なのです。

    ペダルは具体的にどうやって使うものか、あまり良く分ってはいませんでしたが、スカラー先生の動画が説明も解かりやすく、一目瞭然でした。(大人初心者向け)ピアノのペダルを踏むタイミングは?https://www.youtube.com/watch?v=sXJxcNq28s0ピアノのペダルの踏み方~良い例です。https://www.youtube.com/watch?v=sVNVhDGmkXMピアノのペダルの踏み方~悪い例です。https://www.youtube.com/watch?v=Eg0RZzmzUVcピアノのペダルの踏み方~イマイチな例です。https://www.youtube.com/watch?v=O-h65qT7cUgこの中の、「イマイチな例」になりやすいのです。譜面や手の動きに気を取られ過ぎると...ペダルは強敵なのです。

  • ずっと「ラ・カンパネルラ」だと思っていました。

    つい先ほど、職場で「ピアノを始めたんですって?」と言う話になりました。「そう言えば、なんかイタリア語で鐘を意味する曲があるってテレビでやっていましたよ。知ってます?」と、聞かれましたが、私は知らなかったので、「何という作曲家だったか覚えてます?」と尋ねてみましたが、覚えていないとのことでした。「確か、親指と小指がすごい速さで行ったりきたりするとか言っていましたよ。あ、これですこれ」と、スマホでその曲をかけてくれました。「ああ、それ、リストって作曲が書いたラ・カンパネルラって曲ですよ」「ん?ラ・カンパネラって書いてますよ」「え、それ間違ってるんじゃないですか?」二人で調べてみたら…。"ラ・カンパネラ"今の今まで、何の疑いもなく「ラ・カンパネルラ」だと、思っていました。これで、また一つ、おりこうさんになりました。ずっと「ラ・カンパネルラ」だと思っていました。

  • 弾き過ぎたかも。ひじに微かな痛みがあるのです。

    私の場合は、ピアノの練習時間は一日平均2時間位だと思います。練習と言っても、ほとんど遊びのような感じです。バーナム1だけは、ゆっくりと丁寧にやっています。後は簡単な曲を一つ位練習してから、その後は適当に和音を出してみて、それに適当にメロディーを付けてみたりとか、とても「練習」とは言えないような、お遊びがほとんどです。昨夜はバーナムをやってから、休みなくピアノを弾きっぱなしでした。たぶん4時間位ピアノで遊んでいたと思います。他にやることもないせいか、ピアノが面白くて仕方がないのです。今朝、起きて歯を磨いている時に、右ひじに微かな痛みがありました。ああ、ちょっとやり過ぎだったかな…。今夜もご飯を食べた後に、直ぐにピアノでお遊び。やはり、微かではありますが、右ひじに痛みがあります。これは危ないかも…と思ったので、今夜...弾き過ぎたかも。ひじに微かな痛みがあるのです。

  • 電子ピアノ演奏録画機材

    電子ピアノの演奏を録画するため、手持ちのハンディカメラCanoniVISHFR52で試してみましたが、ピアノの音声出力端子からマイク端子に繋いで録画する、いわゆるライン録りをすると、所々音声にザザッとノイズが入ってしまいます。何か良いものがないかとネットで探していたら、スマホで綺麗に録画出来るミキサーがあったので、年明けに買ってみました。RolandのGOMIXERという品で、アンドロイドスマホやiPhoneに直接繋いでライン録りが出来るので、簡単に演奏動画が録れて便利です。スマホに専用のアプリを入れてから、これを三脚に取り付けて、スマホに接続。電子ピアノのAUXOUT端子とGOMIXERを繋ぎ、後は、スマホ画面の録画ボタン押すだけの簡単操作です。音質も良く、高音質にこだわらなければ、これで十分です。電子ピアノ演奏録画機材

  • 白い譜面は難しいと思うのです。

    今週から「大人のためのピアノ悠々塾基礎編:レパートリー集」の中から、アメージング・グレースを選んで練習を始めています。ただ弾くだけなら、1週間くらい練習すれば弾けそうです。でも、今、ちょっと頭を悩ませています。「白い楽譜を、強弱を考えて、綺麗に表現するのって思ったよりも、結構難しいんだよなあ」と、思うのです。んん~、どうやって弾こうかな…。まずはアメージング・グレースの歌や弦楽、その他の楽器の演奏を沢山聴いてみようと思います。やがて自分の中から、「こう弾きたい」と思うようなものが生まれてくるでしょう。白い譜面は難しいと思うのです。

  • 「物語」は不思議なものなのです。

    昨夜、ジブリの映画「耳をすませば」が放送されたのだそうです。私はテレビは娘にあげてしまったので見ていませんが、「耳をすませば」はDVDで何度も見ました。しずく…(でしたか)が、照れくさそうにカントリーロードを歌ったときに、お爺さんたちがそれに合わせて楽器を演奏していました。あのシーンは、酸いも甘いも知り尽くしたお爺さんたちが、若者のこれからを応援しているような、とても暖かな感じがして好きです。私も、あんなお爺さんになりたいなと思います。そんなことを思い出しながら、同時にちょっとおかしなことを考えていました。「物語って、いつも変わらず、そこにあったんだな…」若い頃、ル・グウィンゲン原作の「ゲド戦記」を夢中になって読んでいました。昨年、かなり久しぶりにまた読んでみましたが、もっと深刻で長い話だと思っていました。自分...「物語」は不思議なものなのです。

  • 新しい電子ピアノ 「ヤマハ クラビノーバ CLP-675」が届きました。

    楽しみに待っていた「ヤマハクラビノーバCLP-675」が午前中に届きました。今まで使っていたスタイリッリュピアノとは違って、随分と存在感があります。家の中で部材を組立て、最後にヤマハさんの店員さんが音のチェックをしていました。一番下から一番上まで半音階で「ポロロローン」とあっと言う間に弾いてしまい、内心感心していました。組み立てている間、ついつい童心に返ってしまい、昨日アップした演奏動画を紹介したり、昔話にお付き合いさせてしまいました。譜面台の爪を起こすと、楽譜を支えることができ、洗濯バサミでとめる必要もありません。まるで角が生えたようです。肝心の音と弾き心地ですが、音は素晴らしく文句なしです。ヘッドホンで聴いた時は、本体からも同時に音が鳴っているのでは?と勘違いしてしまいました。ヘッドホンを外してみたら、本体...新しい電子ピアノ「ヤマハクラビノーバCLP-675」が届きました。

  • ピアノに感謝を込めて 初めての動画投稿です。

    明日、新しいピアノヤマハクラビノーバCLP-675が届くことになりました。今、私が使っているヤマハP-105Bは今日で最後となります。たった一ヶ月ではありましたが、このピアノを通じて、沢山のことを教わりました。私の恩師とも言えるこのピアノに感謝の気持ちを込めて、私の演奏をYouTubeに投稿しました曲は「仰げば尊し」です。ウェルナーの「野ばら」に似た曲調で、どちらも大好きな曲です。棒弾きにならないように、自分なりに表現してみましたが、思ったよりも大人しい演奏になっていました。演奏の録画や編集、YouTubeへの投稿など、初めてのことばかりで大変でしたが、何とか出来て安心です。自分の演奏を録画しようとすると、変に意識してしまいミスを繰り返すので、何度も撮りなおししました。何度か自分の演奏をチェックしてみたら、ペダ...ピアノに感謝を込めて初めての動画投稿です。

  • 娘、孫、私の3人でピアノを楽しみました。

    年末年始は働き詰めでした。今日はたった一日だけですがお休みです。夕方から娘夫婦が遊びにきました。私がピアノを始めたので、早速ピアノの話題になりました。「じゃあ、1曲聞かせてかげよう」と第九をご披露。自信満々だったのですが、躓いてしまいました。「あれ~?毎日練習してんじゃないの?」と、からかわれてしまいました。次に娘に弾かせてみました。数年ぶりにピアノに向かった筈ですが、昔とった杵柄。ちょっと練習すれば、直ぐに復帰出来そうです。更に孫の参加です。「何か弾けるの?」と聞いたら、「これ」と言って、「とけいのうた」を弾き始めました。片手でしたが、ちゃんと5本の指です。「保育園でやったんだよ」だ、そうですが、将来有望です。今日も、ピアノで楽しい時間を過ごすことが出来ました。やはり、楽器はいいものです。娘、孫、私の3人でピアノを楽しみました。

  • 仲間になりたいのです。

    若かった頃は、吹奏楽やアマチュアオーケストラで音楽を楽しんでいました。40歳位の時、体調を崩してしまったのと、娘を育てるのに余裕がなくなり(実は父子家庭だったのです)、遂に唯一の趣味であった音楽の幕を下ろしてしまいました。それ以来、楽器に触れることはありませんでした。たまにギターでコードを押さえて、ポロンと鳴らしてみるくらいです。昔の楽しかった頃の思い出は、もう、ほとんどセピア色です。それでも、学生さんがたのいい演奏を聞けたときは、切ないくらいの懐かしさを覚えます。今、ピアノを始めたことをきっかけに、少しづつ奏でる楽しみを思い出しつつあるのです。この頃、YouTubeなどの動画共有サイトに投稿された、アマチュアピアニストの演奏を聴くのが、とても楽しみです。沢山の人たちが、それぞれ好きな曲を弾いて聴かせてくれます...仲間になりたいのです。

  • 人生の体温が上がってきました。

    ピアノをやってみようと思い立ってから一ヶ月になりました。初めは本当に右も左も分らず、何から練習を始めたら良いのも解かりませんでした。毎日、海野真理先生のDVDを見ながら一緒に練習していましたが、だんだんと自分の練習パターンが出来てきました。今は、毎日、海野真理先生の「指をスラスラ動かす練習曲集」から始めて、「バーナムピアノテクニック1」のグループ1、それと「30日でマスターするピアノ教本第1弾」の「歓びの歌」と「ジュピター」を弾いています。これでたっぷり1時間以上かかりますが、充実した心地よい疲れを感じながら眠りに着きます。レッスン曲はシンプルな編曲で、ノーミスで弾ける確率がかなり高くなりました。これらの曲は、指の運びが自然に身に付くように工夫されているのだと思います。隣の鍵盤でも、必ずしも隣の指で弾く訳ではな...人生の体温が上がってきました。

  • パトラッシュと一緒に345指の準備運動です。

    両手とも「345」の動きが良くないので、練習のの前に、こんな準備運動をしていました。ランランラーン、ランランラーン…でお馴染みの、「フランダースの犬」の主題歌です。これを、「345」の指ばかりで、毎回練習前に弾いていましたが、なかなか動きが良くなってきました。特に右手は見違えるようです。片手ずつゆっくりと始めて、少しずつスピードアップです。初めはレガートで、次にスタッカートで練習しています。あまり自分の技術レベルを超えた速さで弾いてしまうと「ターララタッタッターラッターラ」のところが曖昧になり、「ターラふにゃっタッターラッターラ」と、ふにゃってしまいます。ここは、特に意識して、ちゃんと音が分離するように気を配っています。遊び心を刺激してくれるので、何回でもリピートできて楽しいです。パトラッシュと一緒に345指の準備運動です。

  • 親指のアクセントにビックリです。

    電子ピアノでは、今までスピーカーから音を鳴らして練習していましたが、かなり音量を絞っていました。なので、全て等しく小さい音でした。ある意味、音量は揃っていたのです。ところが、普通に音量を上げて練習してみたら、あらビックリです。揃っていると思っていた音の大きさがまちまちです。特に左手親指で弾いた音には、全てアクセントが付いてしまっています。”ドレミファソファミレドレミファソファミレドー”と弾くと、ドとソにおかしなアクセントが付いて、遠くから眺めるような感じで聞いていると、「ド・・・ソ・・・ド・・・ソ・・・ド」のように聞こえてしまいます。これはいけません…。全然気が付きませんでした。練習するときは、ヘッドホンでも良いので、ちゃんと音量を出して練習するようにしないと危険です。変なアクセントばかりではなく、鍵盤を押し損...親指のアクセントにビックリです。

  • ピアノの音は学校の音なのです。

    ラジオからピアノの音が聞こえてきたときに、何かとても懐かしい気分になることがあります。古き良き時代のトワ・エ・モアの歌を聞いたときと同じような、懐かしさです。不思議と、他の楽器の音で、そうした感情が湧いてくることはないのです。ピアノの音だけに感じるようです。以前より、不思議な感覚だな…と思っていたのですが、何故なのか解かりました。今日、「仰げば尊し」の合唱を聞いていたのですが、前奏のピアノが聞こえてきた瞬間、それを理解しました。ピアノの音は、私の学生時代の思い出に繋がっていたのです。小学校、中学校の9年間、聞き続けていた懐かしい音なのです。高校では音楽の授業がなかったので、音楽の先生もおらず、ピアノも置いていなかったと思います。私が卒業した小、中学校の校歌はとても美しい歌で、必ず音楽の先生のピアノ伴奏で歌いまし...ピアノの音は学校の音なのです。

  • 電子ピアノを選んできました。

    私が使っている電子ピアノには、壊れて出ない音があります。今のところ、その音は練習曲には出てこないので支障はありませんが、たぶん間もなく登場ことでしょう。どうしようと考えましたが、思い切って新しいピアノを買うことに決めました。地元のヤマハさんに行って、展示されている電子ピアノを触らせていただきました。似たような姿をしたピアノでも、音も鍵盤を叩いた感触も全て違います。その中で「この感触は好きだな」と感じたモデル2台に絞りました。クラビノーバCLP-645とCLP-675です。CLP685は感触も音も一番良かったのですが、大きく予算オーバーです。CLP-645は素直な感触で、音は明るくハキハキ喋る若者のようです。鍵盤の反応が良く、機敏な感じです。それに対し、CLP-675は重厚な大人の音でした。鍵盤を叩いてみると、弱...電子ピアノを選んできました。

  • だんだん解かってきました。

    私は今日、明日、仕事がお休みです。朝からYouTubeの動画を見て、「脱力」の研究をしていました。私はピアノを弾くとき、特に曲を弾いているとき、ミスタッチを恐れるあまり、指や手首に力が入ってガチガチになっていました。そうすると逆に指が固まって動かなくなります。YouTubeでは、沢山の先生方が「脱力」を教えてくれていました。子どもさんにやさしく教えている先生の動画があり、食い入るように見ていました。ロシア奏法というらしいのですが、教わっている生徒さんと一緒に動作を真似をしていると、力の抜き方がよく解かりました。今、練習している「ジュピター」を片手ずつ脱力を意識して、ゆっくりと弾いて何度も試していましたが、だんだんとコツが解かってきました。鍵盤を見ないで、楽譜や窓の外を見ながら指の動きを意識しながら弾いている方が...だんだん解かってきました。

  • 鍵盤から指を離すのが怖いのです。

    ピアニストの演奏を見ていると、飛んだり跳ねたり転げまわったりと、本当に自由で華麗です。自分の演奏を客観的に眺めながら弾いていると、まるで鍵盤の上を這いつくばるタコの足です。手首に力が入って、長時間弾いていると手に疲労感を覚えます。弾きながら、自分の心を観察してみたら、その原因が解かりました。鍵盤から指を離してしまうと、二度と元の位置に戻せないのではないかと怖がって、常に鍵盤に指を接触させようとしています。和音の場合も、指の開きをガッチリと固定してしまうので手が疲れます。目を瞑って、適当にデタラメにジャジャーンと弾いてみると、力が抜けているのが解かります。ミスタッチを恐れて、「正しい位置」に手を固定しようとすると、手首も指も力んでしまい「タコの足」のようにウネウネになってしまうので、もっと自由な気持ちで弾いてみる...鍵盤から指を離すのが怖いのです。

  • 素晴らしい教本です「バーナムピアノテクニック」

    娘が使っていたピアノ教則本があります。保育士の資格を取るときにピアノが必要で、2年間ほど近所のピアノ教室に通っていました。毎晩、黙々と練習していて、上達も早かったように記憶しています。中学では吹奏楽部を熱心にやっていましたので、譜読みに困らなかったのと、音感やリズム感もしっかりしていたようなので、先生もどんどん先に進ませていたようです。たしかバーナムから始めていたかと思います。娘も「これ、面白いよ」と言っていました。今は子育てが大変で、ピアノどころではなさそうです。基礎は学んでいるので、いつでも再開出来るでしょう。私もバーナムピアノテクニックをやってみようと思いましたが、1巻が見当たりません。ひょっとして2巻から始めたのかも知れません。書店で1巻を買ってきましたが、「バーナムレッスンDVD」というものがあるらし...素晴らしい教本です「バーナムピアノテクニック」