プロフィールPROFILE

kuraccimさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
読み聞かせ日記
ブログURL
https://kuraccim.hatenablog.com/
ブログ紹介文
小学校で読み聞かせをやっています。絵本の紹介をしつつ、シンプルライフもゆるゆる進行中。
更新頻度(1年)

26回 / 346日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2018/12/02

kuraccimさんのプロフィール
読者になる

kuraccimさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,959サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,039サイト
子供への読み聞かせ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 281サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,413サイト
シンプルライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,707サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,959サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,039サイト
子供への読み聞かせ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 281サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,413サイト
シンプルライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,707サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,959サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,039サイト
子供への読み聞かせ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 281サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,413サイト
シンプルライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,707サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kuraccimさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kuraccimさん
ブログタイトル
読み聞かせ日記
更新頻度
26回 / 346日(平均0.5回/週)
読者になる
読み聞かせ日記

kuraccimさんの新着記事

1件〜30件

  • 『ガブリエリザちゃん』

    ガブリエリザちゃん (世界の傑作絵本B) 作者: H.A.レイ,今江祥智 出版社/メーカー: 文化出版局 発売日: 1982/11/28 メディア: 大型本 この商品を含むブログ (3件) を見る 食虫植物のガブリエリザちゃん。 植物学者のホワイト博士につかまり、 研究室へ連れて行かれます。 研究室で犬や人のおしりをガブリ。 囲いを作ってもだめで、外の犬小屋に つながれたら、忍び込んだ泥棒をガブリ。 とうとう動物園の檻に入りましたが、 子どもたちには大人気に。 めでたしめでたし。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 無邪気に誰にでもかぶりつくガブリエリザちゃん。 無法者ですが憎めな…

  • 『わたしのいえ』

    わたしのいえ 作者: カーソンエリス,木坂涼 出版社/メーカー: 偕成社 発売日: 2016/01/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 田舎の家、街の家、船や宮殿など、 色々な家が紹介されています。 中には童話のような家や、月にすむ人の家も。 最後は「わたし」の家。 「あなたのいえはどこ? どんなふうなおうちかな…」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ シンプルに色々な家を見ていくことで、 そこに住む人の暮らしを想像させます。 色味を抑えた素朴な印象の絵で、 大人にも好まれそうな絵本です。

  • 『わたしのいちばん あのこの1ばん」

    わたしのいちばん あのこの1ばん (ポプラせかいの絵本) 作者: 薫くみこ 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2012/09/11 メディア: ハードカバー この商品を含むブログ (2件) を見る (↑薫くみこさんは訳者です。 アリソン・ウォルチ作 パトリス・バートン絵) バイオレットは勉強も運動もなんでも1番。 それをいつも自慢しています。 一方ロージーは自分の「すき」を大事にする女の子。 ある日先生が、みんなに植木鉢と種を配ります。 1番に芽を出したのはバイオレットとロージーの鉢。 でもバイオレットは「わたしが1ばん」とまた自慢。 ロージーはくやしくて、バイオレットの鉢の芽に 土をか…

  • 『密林一きれいなひょうの話』

    密林一きれいなひょうの話 作者: 工藤直子,和田誠 出版社/メーカー: 瑞雲舎 発売日: 2018/01/31 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る ひょうが目を覚ますと、自慢の斑点が無くなっていました。 探すと落ちていた斑点は3枚。 他の斑点を探す途中、ワニ、カエル、マントヒヒに ねだられて斑点をあげてしまいます。 マントヒヒは斑点がちょうちょになって飛んでいったと 教えてくれました。 「はんてんが、ちょうちょになりたかったのだから、 ちょうちょは、はんてんになりたいのかもしれないね」 ひょうは、ちょうちょに頼みます。 「ぼくのはんてんになってくれない?」 ちょうちょを背中に乗せた…

  • 『したじきくんとなかまたち』

    こちらも新1年生にいいかな、という本です。 したじきくんとなかまたち 作者: 二宮由紀子,山村浩二 出版社/メーカー: アリス館 発売日: 2017/03/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る したじきくんは、小学校に行くのがこわいと言います。 一人では不安なので、鉛筆くんたちと一緒に筆箱に 入ろうとするも、大きすぎて無理。 クレヨンや色鉛筆の箱にも入れません。 そこへやってきたのはノートたち。 「ぼくたち きみがたよりなんだ」 と言われ前向きになれたしたじきくん。 でも… 「ぼく、ノートにはさんでもらってるだけで なんでたよりにされてるのか、よくわかんないや…」 ~~~~~~…

  • 『がっこうだってどきどきしてる』

    卒業、入学シーズンですね。 新年度の読み聞かせに良さそうな本を探しています。 がっこうだって どきどきしてる 作者: アダム・レックス,クリスチャン・ロビンソン,なかがわちひろ 出版社/メーカー: WAVE出版 発売日: 2017/02/21 メディア: 大型本 この商品を含むブログ (1件) を見る 新しくできた建物は、学校。 生まれたばかりの学校は、自分がどんな建物か 知りません。 新学期になって子どもたちがたくさんやってきました。 中には「がっこうなんてきらい」と言う子も。 でも、学校で給食を食べたり勉強したりするうちに、 少しずつ学校が好きになってきたようです。 用務員さんが 「みんな…

  • 『おなじそらのしたで』

    おなじそらのしたで作者: ブリッタテッケントラップ,木坂涼出版社/メーカー: ひさかたチャイルド発売日: 2017/12/13メディア: 単行本この商品を含むブログを見る「ぼくたちは みんな おなじ そらの したで いきているここでも とおくでも」詩を綴った絵本です。 色々な動物が同じ空の下で 生きている様子を描いています。また、画面な一部が切り抜いてあり 次のページとつながるようになっています。 世界がつながっているという主旨を 表しているのでしょうか。言葉がシンプルで、声に出して読むと 良い味わいが出そうな絵本です。 子どもより大人が好きな本かもしれません。

  • 『にちようびのぼうけん!』

    にちようびのぼうけん! (ほるぷ創作絵本)作者: はたこうしろう出版社/メーカー: ほるぷ出版発売日: 2018/04/20メディア: 単行本この商品を含むブログを見る日曜日の朝、「ぼく」に手紙が届きました。 「きみにとくしゅにんむをあたえよう。 ミスターXより」 ぼくはお兄ちゃんと特殊任務に取りかかります。たくさんの謎解きをしてたどり着いたのは 大きなスダジイの木の下。 掘って出てきたのはドングリの標本。 ぼくへの誕生日プレゼントでした。 はたこうしろうさんの絵本は、 自然の中で子どもたちがのびのび遊ぶ姿が描かれていて、 読むとわくわくします。男の子兄弟のご家庭に、特にオススメです。

  • 『おたんじょうびの2つのたまご』

    おたんじょうびの2つのたまご 作者: ジェニファー・K.マン,Jennifer K. Mann,石井睦美 出版社/メーカー: 光村教育図書 発売日: 2018/10/01 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る ジンジャーは誕生日パーティーに クラスの女の子全員を呼びました。 ちょっと苦手なライラも。 ライラは虫が好きであまり喋らない ちょっと変わった子。 でもパーティーで、一番ジンジャーに 寄り添ってくれたのはライラでした。 しかもライラのプレゼントは、 ジンジャーが好きなキャラメルチョコのたまご。 しかも、手作りの鳥の巣つきで。 おかげで誕生日パーティーは完璧になりました。 ~~~…

  • 『くらやみのぞう』

    くらやみのゾウ―ペルシャのふるい詩から― (児童図書館・絵本の部屋) 作者: ミナジャバアービン,ユージンイェルチン,Mina Javaherbin,Eugene Yelchin,山口文生 出版社/メーカー: 評論社 発売日: 2018/01/20 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 大金持ちの商人アフマドが、とてつもなく 大きな動物をつれ帰りました。 村人は暗い蔵の中の動物を見てみることに。 ある人は「ヘビみたい」 またある人は「木のみきみたい」 別の人は「でっかいうちわだよ」 村人たちは互いに意見を譲らず言い争います。 アフマドが翌朝大きなゾウを連れ出しても けんかに忙しい村人…

  • 一寸法師の真実(後編)

    一寸法師の出典は、室町時代に書かれた 『御伽草子』です。 御伽草子 下 (岩波文庫 黄 126-2) 作者: 市古貞次 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1986/03/17 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (2件) を見る (私は本ではなく、ネットで探しました…) 御伽草子では、 ・摂津国難波の里の老夫婦が住吉神社に詣で、 一寸法師が生まれた。 ・12,3歳になっても一寸法師は大きくならず、 両親が「情けない、追い出してしまいたい」と 話しているのを一寸法師が聞き、家を出ることにする。 ・屋敷で働き、16歳になった一寸法師。 13歳になる姫を見初…

  • 一寸法師の真実(前編)

    雪で外出を控え、時間ができたので 絵本の読み比べをしていました。 今日の題材は「一寸法師」 昔話の絵本は、微妙に話が違っていたり するので興味深いですよ。 いっすんぼうし (日本傑作絵本シリーズ) 作者: いしいももこ 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1965/12/01 メディア: ハードカバー 購入: 1人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (24件) を見る おじいさんとおばあさんがお天道様に祈って 授かった一寸法師。二人は大切に一寸法師を 育てましたが、いつまで経っても小さいまま。 一寸法師は自ら都に出て働くことを決めます。 おじいさんおばあさんは泣く泣く見送ります。 …

  • 『つららがぽーっとん』

    今年一番の寒気が来ているようですね。 寒い季節に、でも少し春の気配を感じたい時に こんな一冊。 つららが ぽーっとん (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ) 作者: 小野寺悦子,藤枝つう 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2009/02/10 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 女の子が窓の外のつららに話しかけます。 「はるは ちかいかどうか おしえてよ」 時間が経つにつれ、小さくなっていくつらら。 つららから垂れる水音も 「ぽーっとん」「ぽっとんぽっとん」「ぽっととと…」 と変化していきます。 最後は春が来て外で遊ぶ女の子。 冬の風物詩つららが、季節の移り変わ…

  • 『ぼく、ふゆのきらきらをみつけたよ』

    ぼく、ふゆのきらきらをみつけたよ 作者: ジョナサンエメット,ヴァネッサキャバン,Jonathan Emmett,Vanessa Cabban,おびかゆうこ 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2006/10 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る モグラは雪の森で、キラキラ光る 魔法の宝物を見つけました。 宝物を大事に持ち帰りましたが、 それはどんどん形を変え小さくなり 消えてしまいました。 ともだちに「これはつららって いうのよ」と教えてもらい、 魔法じゃなかったのかとがっかりする モグラくん。 と、振り返ると木の枝についたつららが 夕日に照らされてキラキラ輝いていました。 「…

  • 1月☆4年生の読み聞かせ

    高学年で冬の読み聞かせをするとき、 よく使うのがこれです。 ゆきおんな (むかしむかし絵本 22) 作者: 松谷みよ子,朝倉摂 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 1969/04 メディア: 単行本 クリック: 8回 この商品を含むブログ (2件) を見る 皆さんご存知の雪女ですが、子どもは 意外にストーリーを知りません。 妖怪◯ォッチの知識しかないので、 「怖いといいな〜」なんて強がりますが 読み終わるとみんな凍りついています(笑) 怖いけれど切ない、まさに冬の昔話だと 思います。 同題材で何冊か絵本は出ていますが、 この本が遠目が聞くこと、昔話の雰囲気が 出ることから気に入っています。…

  • マツコの知らない世界で

    今放送していた 「マツコの知らない世界」で 自宅に1500冊の絵本を所有する 主婦・内田早苗さんが 読み聞かせ絵本を紹介されていました。かなり声枯れされていたので ご本人は不本意だったでしょうが、 内容はとても共感でき、楽しく 拝見しました。「絵本は子どもと楽しむもの」 「絵本は子どもと仲良くなるツール」本当にその通りですね。紹介された絵本を書き留めておきます。 図書館に予約が殺到しそうです(^^;ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)作者: 駒形克己出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1999/04/15メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (36件)…

  • 1月☆1年生の読み聞かせ

    久しぶりの1年生の読み聞かせです。 冬なのでこちら さむがりやのねこ 作者: わたなべゆういち 出版社/メーカー: フレーベル館 発売日: 1984/01/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る さむがりやのねこは、南の国へ行こうと あるき出しました。 途中で休んだ家で、間違って洗濯されて カチコチに凍ってしまいました。 逃げて走っているうちに体が温まり、 ねこは南の国へ行くのをやめました。 ねこが洗濯されるところでクスクス笑いでした。 ゆきむすめ (こどものとも絵本) 作者: 内田莉莎子,佐藤忠良 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1966/12/15 メデ…

  • 1月☆5年生の読み聞かせ

    今年の読み聞かせ始めは1/11、 5年生でした。が、 前夜までなぜか2年生だと 思い込んでいた私(^^;焦って自宅にある絵本を 引っ張り出しました。せかいいち おいしいスープ (大型絵本)作者: マーシャ・ブラウン,こみやゆう出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2010/04/22メディア: 大型本購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (11件) を見る戦争から帰る途中の3人の兵隊。 お腹をすかせて、ある村に 立ち寄りました。しかし村人は食べ物をくれません。 そこで兵隊は宣言します。 「我々は石のスープを作ります」兵隊たちは石を煮たった鍋に入れ つぶやきます。 「しおこしょうが…

  • あけましておめでとうございます

    新年といえば初詣。 ということで、こちらの絵本を 選んでみました。 落語絵本 三 はつてんじん (落語絵本 (3)) 作者: 川端誠 出版社/メーカー: クレヨンハウス 発売日: 1996/12/01 メディア: 大型本 クリック: 6回 この商品を含むブログ (16件) を見る 新年明けてはじめての天神さま。 お父さんは「屋台でねだられるから」と いやいやながら金坊を連れて出かけます。 案の定金坊はあれこれねだりますが、 上手くごまかして行き着いたのが凧の店。 金坊がねだったはずが、お父さんの方が 夢中になってしまい、金坊が一言。 「お父さんなんか連れて来なければよかった」 いつの間にか親子…

  • 『ぐりとぐらのいちねんかん』

    今日が仕事納めという方、 多いのではないでしょうか?私も仕事を終え、その足でバタバタと 帰省の途についております。気持ちが急く年末、こんな一冊で 一年を締め括ってはいかがでしょう?ぐりとぐらの1ねんかん (ぐりとぐらの絵本)作者: 中川李枝子,山脇百合子出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1997/10/31メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 5回この商品を含むブログ (42件) を見る1月、2月、と一月ずつ一年の 出来事を振り返ります。 最後は友達とさよならパーティー。 今年一番嬉しかったことを話し合います。そんなパーティーをしたら、 またよい年が 迎えられそうですね(*´∀`)…

  • 『あいつもともだち』

    年賀状を書いていて、こんな絵本を 思い出しました。 あいつもともだち (おれたち、ともだち!) 作者: 内田麟太郎,降矢なな 出版社/メーカー: 偕成社 発売日: 2004/10/01 メディア: 大型本 購入: 2人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (12件) を見る オオカミとキツネは冬眠する友達に あいさつをしています。 キツネには一つ気がかりなことが。 ヘビさんにきちんと挨拶できなかったのです。 年賀状を書いていても、オオカミさんと 遊んでいても、そのことが気になっています。 春になりました。 キツネとオオカミは冬眠から覚めたばかりの ヘビさんのところへ。 「やあ、ともだち!」…

  • 年末年始に読みたい絵本

    お正月を感じさせる絵本を探してみました。 びんぼうがみとふくのかみ (子どもがはじめてであう民話 9) 作者: 大川悦生,長谷川知子 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 1980/03 メディア: 単行本 クリック: 10回 この商品を含むブログ (1件) を見る ある家に貧乏神が住み着いていましたが、 家の者がよく働いて裕福になってきたので 「ここさ いられなくなった。 かわりに ふくのかみが くるべえ」 と、肩をすぼめていうのです。 家の者は貧乏神をなんだか気の毒に思って ごちそうでもてなします。 そこへ福の神がやってきて、貧乏神に 「とっとと でてけえ!」と。 もみ合っているうちに大…

  • 『そらからぼふ〜ん』

    そらから ぼふ~ん 作者: 高畠那生 出版社/メーカー: くもん出版 発売日: 2018/03/20 メディア: 大型本 この商品を含むブログ (4件) を見る こちらは季節感ありませんが、 5分かからず読めるナンセンス絵本です。 ある日空から、巨大なホットケーキが 降ってきます。 ご丁寧にバターと蜂蜜まで。 二枚のホットケーキの間にすべりこんで 巨大ホットケーキを堪能したらすっかり夜。 家に帰ってホットケーキを食べました。 ありえなーい!!話ですが、頭をやわらかくして 楽しめます。 そしてホットケーキ食べたくなります(^^)

  • 『わたしたちのたねまき』

    わたしたちのたねまき: たねをめぐるいのちたちのおはなし 作者: キャスリン・O.ガルブレイス,ウェンディ・アンダスンハルパリン,Kathryn O. Galbraith,Wendy Anderson Halperin,梨木香歩 出版社/メーカー: のら書店 発売日: 2017/10/05 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 少し季節外れかもしれませんが、 植物がどのように種を飛ばし、 広げていったかが描かれています。 水彩色鉛筆でしょうか、絵が繊細で 美しいです。 作家の梨木香歩が和訳しています。 巻末に後書きがありましたので、 一部引用します。 「一人ぼっちで孤独だな、と感じる…

  • 『みみかきめいじん』

    みみかきめいじん (講談社の創作絵本) 作者: かがくいひろし 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/09/16 メディア: ハードカバー クリック: 7回 この商品を含むブログ (8件) を見る こちらも実はクリスマス関連絵本です。 耳かき名人のひょ・うーたん先生の元に、 次々とお客さんがやってきます。 最後にやってきたのは透明人間。 手探りで耳かきしますが、 「そこは はなのあな……ふぁっふぁっ…」 ぶぁっくしょん!と、くしゃみをしたら 一瞬見えた姿は、あれ?サンタさん!? 「しっ、だれにもないしょだぞ」 お客の秘密も守る先生なのでした。 絵の雰囲気は秋を感じさせるほのぼのした …

  • 『ビロードのうさぎ』

    ビロードのうさぎ 作者: マージェリィ・W.ビアンコ,酒井駒子 出版社/メーカー: ブロンズ新社 発売日: 2007/04/01 メディア: ハードカバー 購入: 6人 クリック: 89回 この商品を含むブログ (90件) を見る クリスマスに関連した絵本です。 男の子はクリスマスプレゼントにうさぎの ぬいぐるみをもらいます。 いつも一緒に寝るようになり、男の子は このうさぎを大好きになりました。 大人に「汚いおもちゃ」と言われても 男の子は「これはほんもののうさぎなの」と。 うさぎは幸せでしたが、男の子の病気がきっかけで 捨てられてしまいます。 しかし妖精が魔法をかけ、うさぎは「本物」のうさ…

  • 『サンタクロースっているんでしょうか?』

    サンタクロースっているんでしょうか?作者: 東逸子,中村妙子出版社/メーカー: 偕成社発売日: 2000/11/27メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 120回この商品を含むブログ (93件) を見るアメリカの新聞社ニューヨーク・サンに、 8歳の女の子からこんな投書が届きました。「サンタクロースっているのですか?」この絵本は、その回答をもとに作られました。内容は少し難しいかもしれませんが、 子どもたちへの愛情に溢れる回答は、 大人が読んでも心が暖かくなります。私はサンタクロースを疑い始めた小5の 息子にこれを手渡しました。「うーん、よくわかんない」 と言ってましたけど(^^;読み聞かせ…

  • はじめまして

    他ブログで書いておりましたが、 こちらに引っ越してきました。 絵本の読み聞かせや、 日々の暮らしのことを書いております。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 肌断食、継続中

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、 シンプルスキンケアは継続しています。 (9か月くらい?) 以前の記事は↓ kuraccim.hatenablog.com 夜は、石けん洗顔&ワセリン 朝は、水洗顔&ワセリン でしたが、 あまりの暑さに顔の油分が多く、 朝はカウブランドの洗顔フォームを使っています。 私は純石けんだと脱脂力が強くて ピリピリしてしまうので、アミノ酸系の カウブランド製品はほどよく潤い、 調子がいいです。 前回使い始めたバイオイルは 顔がかゆくなるのでやめました。 ヘアオイルとして使っています。 やはり実際使ってみないとわからないなー と実感しています。 おでこのニキビ様のブツブ…

  • 6~7月☆2年生の読み聞かせ

    今年は梅雨が早く明けて しまいましたので、途中で 読む本を入れ替えました。 『じてんしゃにのるアヒルくん』 (デイビッド シャノン:作, 小川 仁央:訳 評論社) じてんしゃにのるアヒルくん (児童図書館・絵本の部屋) 作者: デイビッドシャノン,David Shannon,小川仁央 出版社/メーカー: 評論社 発売日: 2006/06/01 メディア: 大型本 この商品を含むブログ (6件) を見る 初めて自転車に乗ってみた アヒルくん。 周りの動物たちはバカにしたり うらやましがったり。 でもたくさんの自転車を見つけると みんなで乗りました。 特に季節感は無いのですが、 明るい絵が暑い季節…

カテゴリー一覧
商用