プロフィールPROFILE

ブログタイトル
御成門プログラマーの日記
ブログURL
https://onarimonstudio.hatenablog.com
ブログ紹介文
Microsoft Azureを中心とした技術情報などを紹介してます。
更新頻度(1年)

18回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2018/11/28

読者になる

御成門プログラマーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 53,943位 980,514サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 263位 7,926サイト
IT技術情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12位 564サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 105,911位 980,514サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 401位 7,926サイト
IT技術情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 26位 564サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,514サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,926サイト
IT技術情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 564サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、御成門プログラマーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
御成門プログラマーさん
ブログタイトル
御成門プログラマーの日記
更新頻度
18回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
御成門プログラマーの日記

御成門プログラマーさんの新着記事

1件〜30件

  • 【AZ-203試験】「Developing Solutions for Microsoft Azure」とりあえず出題範囲のAzureリソースを並べてみる

    そろそろ次のAzureの認定資格の勉強を始めようと思います。 Azure開発系の資格であるAZ-203「Developing Solutions for Microsoft Azure」を受験します。 これからいろいろ勉強がてらAZ-203試験の情報をブログで紹介できたらと思います。 基本的には自己勉強用にまとめているだけなのでメモ書きみたいなものです。 出題範囲 Azure のサービスとしてのインフラのコンピューティングソリューション開発(10-15%) Azure VM Azure Batch Service Azure Kubernetes Service(AKS) Container …

  • 第20回 Tokyo Jazug Night 参加メモを共有します。

    第20回 Tokyo Jazug Night 参加メモを共有します。 connpass.com Azure-OCI クラウド間接続~おいしいとこどりチャレンジ~ スピーカー OCI(Oracle Cloud Infrastructure) いいところを考える Azure-OCI接続 サーバーレスWebアプリをつくろう〜AWSとくらべながら〜 スピーカー このハンズオンの話を紹介 Functions = サーバーレスというわけではないという意見 AWSに当てはめると 認証の仕組みをつける場合 AzureとAWSサービスの比較 AzureFunctionsの入出力バインディング AzureFunc…

  • ディープラーニングの検定試験「JDLA Deep Learning for GENERAL - G検定」の勉強方法を紹介します

    JDLA Deep Learning for GENERAL(G検定)に合格しました。 まだまだ新しい試験で情報も少ないので勉強方法を共有したいと思います。 G検定について 勉強方法 ディープラーニング G検定 公式テキスト AI白書 2019 徹底攻略 ディープラーニングG検定 ジェネラリスト 問題集 徹底攻略シリーズ Deep Learning ディープラーニング G検定 対策: 2019#1合格者が教える2日間で合格する秘法 G検定対策 (神草出版) Study-AIの無料の模擬テスト 試験の受け方 試験形式は自宅受検で試験時間が120分。選択問題が226問。圧倒的に時間が足らない。 ス…

  • AWS初心者のAzure技術者がAWS 認定クラウドプラクティショナーを取得した話

    AWS 認定クラウドプラクティショナーの試験に合格しました!! AWS初心者だった私が合格するまでの勉強方法などを紹介しようと思います。 AWS 認定クラウドプラクティショナーとは なぜ突然AWSの資格を取ろうとしたのか 私の勉強前の状態 勉強方法 実際の試験を受けてみて AWS 認定クラウドプラクティショナーを取得して得たもの 最後に AWS 認定クラウドプラクティショナーとは aws.amazon.com 「クラウドプラクティショナー」とは、AWSの基礎を身に付けたへの称号です。サービスやユースケースだけでなく、セキュリティや料金モデル等、幅広く概要を網羅したトレーニング、および認定資格と…

  • AzureでWordPressの環境を作成する際、既存のAzure MySQLを選択する方法

    前回記事でAzure WebApps上でWordPressの環境を構築する方法を紹介しましたが、 その際、WebApps作成時に既存のMy SQL データベースサーバーが選択できず、新規作成しかできませんでした。 onarimonstudio.hatenablog.com 既存のデータベースが選択できないということは、 データベースサーバー単位で課金が発生する以上、WebAppsの環境の数分だけDBサーバーの課金が発生してしまします。 理想は複数のWebAppsが共有でMySQLのデータベースサーバー1つを使用する構成じゃないでしょうか。 現状の作り方だとデータベースサーバー分だけ課金が発生し…

  • 第18回 Tokyo Jazug Night @ Microsoft Build Update 参加メモ

    今回はMicrosoft Build 2019の内容をテーマに Microsoft公式のローカルイベント https://www.microsoft.com/en-us/build/local 次回は6/26開催予定 Managed Identity(MI)について 俺的 Build Update まとめ Security VM App Service Azure Application Gateway AKS SQL Database Storage CognitiveService Azure Moniter AzurePotalとARMテンプレート Tool Build ってどんなところ…

  • Azure WebAppsでWordPressの環境を構築する

    WordPress環境をAzureのWebAppsに構築します。 Azure Marcketplaceからテンプレートを選択できるので比較的簡単に構築できます。 リソースの作成を選択し、「WordPress」と検索 「WordPress In Linux」とかもあるが、今回は「WordPress」を選択する。 WebAppsを作成するために必要な情報を入力します 項目名 値 アプリ名 アプリケーション名を入力します。この値がURLになります。 サブスクリプション リソースを作成するサブスクリプションを選択します。 リソースグループ リソースを作成するリソースグループを選択します。 データベース…

  • 【Microsoft Azure Administrator Associate最新情報をまとめ】AZ-100とAZ-101が廃止、AZ-102移行試験が日本語化。AZ-103が新たに登場。

    AZ-102試験が気づいたら日本語配信していました。 気づいたらAzureのAZ-102が日本語対応していた。とうとう来たか!!期限6/30までなので急いで受けよう。#Azure #AZ-102 pic.twitter.com/qGUoDhkMWf— 御成門プログラマー (@onarimonprogram) 2019年5月20日 Azure Administrator Associateの取得方法も変わっていたので更新情報をまとめておきます。 最新のAzure Administrator Associate 取得方法 AZ-103(新)の取得 MCP70-533(終了)と移行試験AZ-102の…

  • Global Azure Bootcamp 2019@Tokyo 参加メモ

    Global Azure Bootcamp 2019@Tokyoに参加してきました。 備忘録としてメモを公開します。 Azure CosmosDB Deep Dive Smart Store リファレンスアーキテクチャ Deep Dive! ARMテンプレートを使い倒せ!ソシャゲを支えるInfra as Codeの極地 サーバーレスは次のステージへ〜 Durable FunctionsによるステートレスなFunctionの実現 〜 Azureのサーバーレスで限界を超えよう~スマートスピーカースキル開発を題材に~ Azure CosmosDB Deep Dive Cosmos DB データベース…

  • AWS .NET Developer User Group 勉強会 #1 参加メモ

    AWSのセミナーに参加してきたので備忘録がてらメモを公開します!! AWS .NET - UG について ハッシュタグ #AWSDOTNET AWS .NET - UG AWSの.NET開発者のコミュニティ Explore .NET on AWS https://aws.amazon.com/developer/language/net/?nc1=h_ls code sumples C#とPowershellのコードサンプル https://aws.amazon.com/jp/developer/language/net/code-samples/ AWS developer's ブログ ht…

  • Windows Sモードを解除する方法【Surface Go】

    セミナーや勉強会への参加、ブログ用にSurface Goを購入しました。 欲しかったSurface Goついに購入してしまった!!#Surface pic.twitter.com/yT7xXscE4i— 御成門プログラマー (@onarimonprogram) 2019年4月16日 これから持ち歩きPCとして愛用していきたいと思っております。 この記事はSurface Go 購入記念投稿です。 Sモードの解除はSurface Goを購入した人なら、ほとんどの人が通る道だと思うので紹介します。 Surface Goは初期状態で「Widows10 Sモード」になっている Sモード解除方法 参考ペー…

  • セミナー参加メモ「目指そう!クラウドネイティブ ~ その全体像と技術事例」

    マイクロソフトの開催する「目指そう!クラウドネイティブ ~ その全体像と技術事例」セミナーに参加してきました。 microsoft-events.connpass.com 参加時にメモった内容を共有します。 「本格化するクラウド ネイティブ時代に向けて 押さえておきたい技術要素とアーキテクチャの変化 「オイシックス・ラ・大地におけるマイクロサービス高速開発に向けた取り組み」 「[導入事例] 小さく始めるクラウドネイティブ」 「本格化するクラウド ネイティブ時代に向けて 押さえておきたい技術要素とアーキテクチャの変化 Cloud NativeとはCNCFが定義している サーバーレス・・・PaaS…

  • Azure Functionsのタイマートリガーをデバッグ実行する方法

    Azure Functionsのタイマートリガーをデバッグ実行したい Azure Functionsのタイマートリガーを使用するとスケジュールした時間に関数を起動できるようになりますが、開発中はいちいちスケジュールしたタイミングまで待ちたくないですよね。 docs.microsoft.com デバッグ実行時に関数が実行されるようにする 変更する箇所は一か所です。 スケジュールを設定しているTimerTriggerAttributeにプロパティを追加するだけです。 変更前 TimerTrigger("0 0 * * * *") 変更後 TimerTrigger("0 0 * * * *",Run…

  • Developers Summit 2019に参加してきました

    Developers Summit 2019に参加してきたので、参加セッションを紹介したいと思います。 event.shoeisha.jp Developers Summit とは 印象に残ったセッション一覧と感想 Amazonの文化をハックせよ。AWSをフル活用して無人レジの仕組みを作ってみた~横田deGoプロジェクト Alexaスキルで収益化を目指そう サポートを、上手く使って迅速解決!‐現場が泣いて喜ぶ問い合わせ方法- デベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック 〜 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューション サーバーレスで最高に楽しめるアプリ開発 ア…

  • Azure SQL DatabaseでAzureActiveDirectory認証を設定する

    AzureのSQL DatabaseをAzureActiveDirectory(以下、AAD)のユーザーで認証する方法を紹介します。 Azure SQL Databaseとは Azure SQL DatabaseはMicrosoft Azureの提供するPaaSのサービスです。 SQL Serverと名前が似ているので、勘違いされますが別のサービスですのでご注意ください。 azure.microsoft.com 今回の例はSQL Database エラスティックプールを使用しています。 そのため、画面の表示がシングルデータベースの場合と差異がある場合がございますが、 ご了承ください。 SQL …

  • AzureWebAppsとAzureActiveDirectoryに独自ドメインを追加する

    WebAppsやAzureActiveDirectoryのURLは初期状態下記のドメインで固定です。 〇〇.onmicrosoft.com https://△△.azurewebsites.net/ ただ、自分で独自のドメインを使用したいときもありますよね。 そういうときはドメイン名の設定を行いましょう。 今回行うこと ドメインを購入する AzureActiveDirectoryにカスタムドメインを追加する 「ドメイン レジストラーに DNS 情報を追加する」の部分はAzure DNSを使用する。 AzureActiveDirectoryのドメイン追加が完了 WebAppsに独自ドメインを設定…

  • IPA 応用情報技術者試験に合格したので、勉強方法を紹介します【書籍、一問一答アプリ】

    平成30年度秋季試験で無事、応用情報技術者試験に合格しました。 応用情報合格しました!春は高度試験目指します!!#応用情報技術者試験 pic.twitter.com/1G4PJuZzWf— 御成門プログラマー (@onarimonprogram) 2018年12月23日 勉強方法と勉強に使用した教材を紹介します。 応用情報技術者試験について 勉強方法(午前対策) まずはわかりやすい参考書で理解(キタミ式) 内容が充実している参考書を使用し深い知識を得る(情報処理教科書) アプリを用いて知識の穴を埋める(応用情報午前対策アプリ) 午後対策について 一般的な午後対策「得意なジャンルに絞って勉強する…

  • Azure DNSがサポートするDNSレコードについてまとめました【MCP 70-533試験対策】

    2018年12月31日に終了する「MCP 70-533試験」に駆け込み合格を狙っているため、 猛勉強を勉強を行っています。 MCP 70-533試験終了についての情報はこちらの記事でまとめております。 onarimonstudio.hatenablog.com その中でもDNSの分野がとても苦手だったのでDNSレコードについての基礎知識をまとめます。 DNSレコードとは AzureDNSでサポートしているDNSレコードの種類 各DNSレコードについてのまとめ Aレコード AAAAレコード MXレコード PTRレコード Time-To-Live ワイルドカード レコード CAA レコード CNA…

  • Azure Functionsの拡張機能「Durable Functions」で複数関数の並列実行を行う(ファンアウト/ファンイン)

    前回記事で紹介した通り、 「Durable Functions」にはいくつか機能がありましたが、 今回は、複数関数の並列実行を行う方法(ファンアウト/ファンイン)を試してみます。 前回記事 どういう機能を実装するのか 実際に作ってみる まずは準備 並列処理を記述する デバッグ実行してみる まとめ 参考ページ 前回記事 今回の記事はDurable Functionsの基礎的な作り方の部分は省きます。 基礎的な作り方に関しては下記ページで紹介してますのでご参照ください。 onarimonstudio.hatenablog.com どういう機能を実装するのか 今回はメッセージを出力する関数を並列で実…

  • Azure Functionsの拡張機能「Durable Functions」の基礎を知るためにとりあえずデプロイしてみた

    最近「Azure Functions」がらみでよく話に出る「Durable Function」のクイックスタートをやってみました。 備忘録的に作った際のメモを残そうと思います。 Durable Functions の概要 さらっと作ってみた Azure Functionsのプロジェクトを作る プロジェクトに新しい関数を追加する デバッグ実行で試す 出力結果 Azureに発行する 参考ページ Durable Functions の概要 概要については公式ページ参照 docs.microsoft.com Durable Functions の主な用途は、サーバーレス アプリケーションにおける複雑で…

  • 【Azure Functions 2.0】NUnitを使用して、自動テストを行う

    今回はAzure Functionsの関数に対してNUnitを使って、自動テストを行います。 前準備 前回の記事でVisualStudioから作ったソースコードをそのまま使用します。 ソースコードの元の内容については下記を参照。 onarimonstudio.hatenablog.com テストプロジェクトを作成します テスト用のプロジェクトを新規で追加します。 NUnitを使用するためにパッケージをインストールします。 「プロジェクト」→「Nugetパッケージの管理」 下記5点のパッケージをインストールします。 NUnit NUnit3TestAdapter Microsoft.NET.Te…

  • 【Azure Functions 2.0】Visual Studioを使って関数を作成し、デバッグ実行後、Azure上へ発行する

    今回は以前AzurePortalから作成したAzure FunctionsのHelloWorld関数をVisual Studioから ローカル実行を行い、その後、Azure上に発行する方法を紹介します。 Azureポータルから作成する方法 VisualStudioからプロジェクトを作成する 自動作成されたコード デバッグ実行してみたら、エラーが発生 Visual Studioのアップデートを最近していないことが原因だった いざ再デバッグ実行 Azure上に発行する Azure上の関数を動かす 最後に 参照ページ Azureポータルから作成する方法 onarimonstudio.hatenabl…

  • Microsoft Tech Summit 2018 セッション要約「今、0からセキュリティ対策を考えると、どうしますか」

    登壇者情報 日本マイクロソフト株式会社 クラウド & ソリューション事業本部 インテリジェントクラウド統括本部 Azureインフラストラクチャ技術営業部 テクノロジー ソリューション プロフェッショナル 三浦さん 日本マイクロソフト株式会社 クラウド & ソリューション事業本部 モダンワークプレイス統括本部 グローバルアカウント技術営業部 テクノロジー ソリューション プロフェッショナル 成田さん セッション内容まとめ サイバー犯罪について サイバー犯罪の規模 サイバー犯罪の年間市場規模は150兆円 サイバー攻撃のサイクルはどんどん短くなっている 攻撃のライフサイクルと対策のポイント 進化する…

  • Microsoft AzureのMCP資格が2018年12月31日で廃止!!、MCPサポートに詳細を問い合わせてみた【MCP 70-533試験など】

    「MCP 70-533」試験が廃止されるようなので、 MCPサポートに問い合わせてみました。 その際の内容について共有を行ないます。 MCPサポートとの会話内容 廃止される試験について 試験の廃止日程 Retakeポリシーについて 次に開始されるAzure認定試験について 結論 前回記事(Azure新試験について) MCPサポートとの会話内容 廃止される試験について 廃止される試験については下記ページに記載されている。 Retired Certifications Azureでは、下記3点のMCSE、MCSA認定試験に関連するMCP試験が廃止されるとのこと MCSE: Cloud Platfo…

  • 【Azure Functions 2.0】AzureBlobストレージへのファイルアップロードを捕捉し、ファイル情報をログ出力する

    前回のAzure Functions 2.0基礎編に引き続き、 今回も基礎的な内容を試してみようと思います。 初めに 今回やりたいこと 作成手順 監視するBlobストレージを作成します 作成したBlobストレージにコンテナーを追加します。 Azure Blob Storage Triggerを使用した関数を作成します 関数の設定画面を入力します ログ監視ウィンドウを開く Blobストレージにファイルをアップロードする functions2.0「Blob Storage Trigger」の使い道 参考ページ 初めに 前回作成したFunctions Appをそのまま使い回しています。 Functi…

  • Microsoft Tech Summit 2018 セッション要約「今日から始める Azure Functions 2.0」

    登壇者情報 セッション内容要約 まずは今までのAzure Functionsの基礎的な話から Azure Functions入門 サーバーレスアーキテクチャ Functionsのコンセプト Functionsのシナリオ その他のFunctions1.0のお話 Azure Functions 1.0における課題点 ここから2.0のお話 Function2.0 GAのアナウンス Azure Functionsのホスティングプランについて プランに関してはコンサンプションプランで使える仕組みにするのがいい 2.0から「Functions プレミアム プラン(プライベートプレビュー)」が登場 コールド…

  • 【基礎】Azure Functions 2.0でhttp要求をトリガーにして"Hello World"を出力する

    最近"サーバーレスアーキテクチャ"として話題のAzure Functionsを学んでいこうと思うので、 情報を共有していこうと思います。 Azure Functionsについてはほとんど触ったことがなかったので、 お恥ずかしながら、基礎の基礎的な内容から始めていきます。 Azure Functionsの概要 サーバーレスアーキテクチャとは 実装 ポータルからAzure Functionsを作成する 開発環境の選択で「ポータル内」を選択 「webhook + API」を選択 コードが生成されるので、変更して保存する。 関数のURLをコピーする URLをブラウザで叩いて実行する Chorme拡張の…

  • はてなブログでtwitterフォローボタンを表示する

    twitterボタンを表示しようと思ったいきさつ 最近技術情報収集用のtwitterを始めたのですが、 はてなブログに「フォローするボタン」がなかったので、 実装してみました。 実は後で気づいてのですが、はてなブログの機能で追加する方法がありました。 まあ、せっかくなので情報共有したいと思います。 完成すると下記のようなボタンが実装できます。 フォロワー募集中です(笑) Follow @onarimonprogram 作成手順 ボタンを作成する まずは下記ページにアクセスして自分専用のフォローボタンを作成しましょう。 https://publish.twitter.com/ 「Twitter …

  • Microsoft Tech Summit 2018 セッション要約「.NET 開発者のためのマイクロサービス入門」

    登壇者情報 セッション内容まとめ マイクロサービスとは 7つのルール マイクロサービスの構成要素 マイクロサービスの進化 マイクロサービスに向かない組織、システム コンテナ(Docker) なぜコンテナを使うのか コンテナオーケストレーション(Kubernetes) サービスメッシュ(Istio) .NET開発者について .NET開発者の今はこんな感じ 一方世の中では .NET Coreでマイクロサービスを開発するメリット まとめ 以上です。他のセッションもまとめています 登壇者情報 株式会社アークウェイ 森屋さん 原さん セッション内容まとめ マイクロサービスとは マイクロサービスとは、目的…

  • エリヤフ・ゴールドラット著「ザ・チョイス」大事なところを一言要約⑧

    一言要約 人がどのような行動を取るかは「コンフォートゾーン」に依存している。 人は「コンフォートゾーン」にいる限り、オープンな考え方や行動をすることができる。 しかし、一歩でも「コンフォートゾーン」の外に出ると、 二の足を踏んだり、抵抗を示すようになる。 ではそもそも「コンフォートゾーン」とは何なのか 「コンフォートゾーン」とは 人が、原因と結果に関して十分な知識を有している領域、また、ある行動に対してどのような結果が予測されるのか十分な知識を有している領域である。 人を「コンフォートゾーン」の外に追いやるためのシナリオ ある望ましい結果に達するために、特定の行動を起こすことが促される(あるい…

カテゴリー一覧
商用