searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Lucyさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
リネンと風の日々
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/okarina20181124
ブログ紹介文
オカリナとか詩吟とか、日常の些細なこと
更新頻度(1年)

10回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2018/11/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Lucyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Lucyさん
ブログタイトル
リネンと風の日々
更新頻度
10回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
リネンと風の日々

Lucyさんの新着記事

1件〜30件

  • ラミネート生地

    初めてチャレンジのラミネート生地です。お客様から、防水のポーチの注文があったので、チャレンジしてみることにしました。上手く行くかどうかわからないけど、頑張ろう。可愛い柄ばっかりで、心が浮き立ちます♪ラミネート生地

  • ボルダリングチャレンジ

    半年ぶりくらいのログインで、大変手間取りました😅昨日、ずっと前からやりたかったボルダリングデビューしてきました。デビューとはいえ、石垣登るのが大好きだった幼少の頃の感覚、意外と覚えているものです。が、いかんせん、体力と筋力がついていかない。1時間のお試しでしたが、なかなかの運動量でした。今日は二の腕が痛い。去年の秋、夫の大腸癌が判明し、本当にバタバタした一年間で、ずっとブログを書く余裕もなかったのですが、おかげさまで、手術により快癒し、ちょっと前向きになっているところです。何にしても体が一番。食生活の見直しを強いられた一年でした。でも、いいこともたくさんありました。いるのが当たり前だった夫に、改めて存在に感謝しましたし、二人で過ごす時間を大切に思うようになりました。また、ぼちぼちやって行きたいと...ボルダリングチャレンジ

  • うっせぇわ

    唱歌も映画音楽も好きですが、実は私は、年甲斐もなく、パンクロックが好きです。それも、邦楽ロックが好きです。たくさん知ってるわけじゃないけど、セックスマシンガンズとか、GO!GO!7188とか、キュウソネコカミとか。ちょっとアニソンっぽい疾走感がいいんだな。最近、Adoの「うっせぇわ」という曲を聴いてお気に入りになりました。とにかく、歌詞の彼女は怒っています。聴いてると理不尽な怒りもありますが、模範生を求められ過ぎる現代の風潮の中で、やり場のない怒りがカオス。昔、私がセーラー服を着てた頃(どんだけ昔だ)、このくらい怒ってた。毎日毎日、親や、先生、大人たちの理不尽に常に怒り続けていた。しかし、今や還暦目前にして、ここまで怒ることって日常にないことに気づいた。きっと丸くなったんだろうと思いたいけど、言いたいことは言え...うっせぇわ

  • 積雪

    遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今日で積雪3日目。この地区でこんなに積雪が続くのは珍しいんですが、なかなか溶けない。夫が入院してるので、ひとりぼっちで、雪でどこにも出かけず、犬とケンカしたりして過ごしていました。コロナだし、不要不急の外出をする気持ちにもなれず、引きこもっております。愛犬のフクスケは、夫の不在が納得できないのか、しょっちゅう玄関で待っています。でも、フクスケのおかげでなんとかひとりぼっちを乗り切れています。父を亡くした時、母が「ケンカする相手もいない」と言っておりましたが、家に誰かいるのは心の平穏にもなるのですね。コロナでお見舞いにも行けない日々。早く元気になって帰って来てね。積雪

  • ハーブティー講座

    ハーブティーのブレンド講座に行ってきました。ハーブは詳しいつもりなんですが、ハーブティーのブレンドは難しく、苦手に思っていたので、とても勉強になりました。前に買ったツイード風の生地で、コースター作ったのでお土産にもらったブレンドハーブティーを淹れて使ってみました。体の芯から温まる感じ。来年はハーブティーの素材から、頑張って作ってみようと思います♪ハーブティー講座

  • 陶器市

    今日は角皿とマグカップを買いました。夫が今回、健康診断でいろいろ引っかかりまくって、減塩とか、糖質を少なめにとか、食生活の見直しを迫られたため、料理するテンション上げるためにちょっといい食器を、と思いまして。私は、別に健康なので( ̄∇ ̄)、がっつりランチ。言っておきますが、二枚目の画像のパンケーキは、友達とシェアして食べたんですよ💦💦やることありすぎて、なかなか楽器の練習ができておりませんが、コロナが落ち着いたらライブできるよう準備しておかないと。陶器市

  • 最後の一葉

    この季節になると、O.ヘンリの名作、「最後のひと葉」を思い出します。先日(児童書ですが)読み直してみたら、O.ヘンリの言葉の使い方に、嘆息しました。物語の筋だけでなく、場面描写まで繊細で美しい小説だと思います。でも、もう一つの名作、太田裕美さんの「最後の一葉」も、この季節になると、口ずさんでしまいます。プロットはO.ヘンリのものですが、「街中を秋のクレヨンが、足早に染め上げてます」という表現が、いかにも松本隆さんらしい。そして、あの、筒美京平さんの曲がこの歌を不変のものにしています。彼がこの世を去って一か月。まだ、思い出すと涙が出ます。ハローグッバイありがとう青春最後の一葉

  • 里の秋

    友達と3人で里の秋ドライブ。高校時代からの友達で、久しぶりの顔合わせなんだけど、近況報告などしながら、楽しくドライブしました。海の見えるカフェでランチして、、、お皿とか買ったりして。だんだん、歳と共に、話題が「健康」に集中し始めるけど、また、いつか、ここへ来ようねと話して解散しました。津和野の源氏巻。里の秋

  • OSAMU GOODS

    今日はお好み焼きで有名な隣の県に。何しに行ったか、というと、私の住む田舎にはloftがないので、loft限定のOSAMUGOODSとのコラボのほぼ日手帳が欲しくて行ってみたんですが、全然間に合ってませんでした😢10月1日発売でしたが、もう、11日ですものね。でも、OSAMUGOODSの商品は結構他にもあって、買いはしなかったけど、いろいろ見ました。しかし、驚いたのはOSAMUGOODSの商品に添えられた「レトロで可愛い」というPOPでした。レトロなんだ😓あの頃、流行に敏感なシティガールが「かわいい〜」って、買ってた、あのOSAMUGOODS。私にとって、OSAMUGOODSのイメージはオリーブ(雑誌)な感じです。しかし、考えてみれば、オリーブも休刊して、随分経ちますね。レトロって...OSAMUGOODS

  • あこがれの

    4年くらい前から欲しかったキャンバス。3カ月くらい待って、やっと先月届きました💕一ヶ月くらい乗りましたが、まだドキドキ感が止まりません。人気車なので、外出するとほぼ毎回同じ色の車に出くわしますが、うちの車が一番可愛い、と思うのは、愛犬とよく似ている(笑)買い物の時、駐車場で待ってるキャンバスに、つい「ふくちゃん」と呼びかけてしまいそうになる。キャンバスの名前は「ふくまる」にするかな。これは、イヌネコあるあるの、読もうと広げた新聞に横たわるフクスケ。あこがれの

  • 昭和な湖

    今日は、長女を迎えに空港へ。少し時間が早かったので、近くの湖を久しぶりに訪ねてみましたが、まるで時が止まったかのような昭和っぷり。こういうボートは、平成を経て、令和になろうとも、そんなに変わるものではないのでしょうが、餌に群がる鯉の太りっぷりも、三十数年前と変わりなく…。売店のFMラジオから流れる曲は、横浜銀蠅の「ツッパリハイスクールrock'n'roll」なんでも、最近「在宅自粛編」をリリースしたとかで、新曲なんだそうですが、この風景になんとマッチすることか。子ども連れのご家族が数組、鯉に餌をやっていました。長女を乗せた飛行機が到着して、明日は次女の結婚式です。昭和な湖

  • 漁港

    私の小学校の校区には漁港がありました。写生大会は必ず漁港。トロ箱を見て、ふと、車を降りてみたくなった。夏のムッとする暑さに、懐かしい漁港の臭い。決していい匂いとは言えない、けど、心のどこかを揺らすような、切ないにおい。幼い頃、このにおいは日常だった。いつのまにか、街からは「臭い」が消え、喧しい「音」も消えた。あの頃、港ではトロ箱に詰める氷を作る製氷工場の音が、ひっきりなしに聞こえてた。もちろん、今は、何も聞こえない。ただ、海鳥の鳴き声がするだけ。それが、いいとか、悪いとかじゃない。そんなこと覚えてる私もいつか、土に還り、今日の日常が、別の誰かの心に刻まれるのだろう。でも、どうか、海は青く、空も広く、海鳥はずっと同じように鳴いていて欲しい。漁港

  • 結局ウクレレを買う

    ついに買っちゃいました(笑)今、「第三の男」と「雨にぬれても」を練習中です。楽しい😊結局ウクレレを買う

  • 島根でクラスター

    島根県は高校が少ないので、県外からのスポーツ留学(?)が多いです。高校が少ない分、勝ち抜きやすいのが原因だそうですが、よいコーチや指導教諭を慕って島根の高校に通われる方も多くいます。そんな中、発生したクラスター。遠い島根での寮の生活で罹患した学生の親御さんは、どれだけ心配なことでしょう。無症状の生徒さんも多いようですが、皆さんが早く良くなられる(陰性になる)ことを心からお祈りします。島根でクラスター

  • 楽譜を買ってしまった

    オカリナの楽譜を買いに行って、ウクレレの楽譜を買ってしまう不思議。私、ウクレレは弾けません(笑)ただ、このラインナップに心惹かれました。バンドメンバーにウクレレ借りる予定ができたので、一人でポロポロ弾いてみようと思います。コロナでバンド活動もままならぬ中、ちょっと寄り道も悪くない。楽譜を買ってしまった

  • トリミング

    長い梅雨が明けそうな西日本。うちのフクスケは梅雨の間に、かなり湿疹が出ておりました。昨日トリミングに行って発覚したのです。道理でここのところ元気がなかったし、食欲もイマイチだった。注射打ってもらって、飲み薬もらって、今日はよく食べ、よく走っておりました。昔、子どもの頃飼ってた犬がジステンパーで、5歳で死んでしまったので、老犬になるまで飼うのが夢なんです。父母は悲しんで「もう二度と動物は飼わない」と言ってましたが、子ども心にジステンパーの予防接種受けなかったことに対して、不満を持っておりました。でも、実際飼ってみると、予防接種は受けるものの、トリミングに行くのも毛が伸びきってからになったり、調子が悪いことにも「雨が続くからかな」と勝手に判断してたり、反省しきりです。ものが言えないペットとの暮らしは、ちょっと神経質...トリミング

  • 収穫

    ナスは実は3本目です。ミニトマトとピーマンは簡単で、ナスは難しいと聞いてたけど、うちは逆で、いくらでもできると聞いてたミニトマトは、どうにも出来が悪い。赤くなるまで待つと割れてくるので、青いうちに収穫して、赤くなったあたりで夫のお弁当に入れます。今日はナスとピーマンの揚げ浸し。収穫

  • ビーツ

    前から気になっていたビーツに出会えたので、衝動買いしてしまった。初心者なので小さめのを買ったけど、なかなかの存在感である。ネット検索すると、どうやら下処理が必要らしい(買う前に調べようよ)根と茎と葉に分け、各々、下茹で。茎は今日使わないので、蒸し煮にして冷凍保存することに。ここでちょっとつまみ食い。ふむふむ。想像通りの味だ。根はオリーブオイルとガーリックと塩で炒めて。葉の方は八宝菜に混ぜ込みました(画像は割愛)ちょっと茹で方が足りなかったけど、まあ、食べれる。ただ、やっぱり小さくても二人暮らしには多いなぁ。ビーツ

  • カッパなにさまカッパさま

    今年はキュウリがよく採れるらしく、あちらからもこちらからもいただきました。こういう時って、ご近所に配ろうと思っても「ごめんねー、キュウリ、うちもたくさんもらったの」とか、「うちはキュウリ作ってて、今年はよくできるのよ」とかで、全然なくならず。キュウリと鶏肉のごま油炒めで、けっこう消費したけど、それでも二人暮らしでは焼け石に水。そういうわけで毎日キュウリ。今日は三品作りました。あー、誰かカッパ連れて来て〜。カッパなにさまカッパさま

  • 衣裳合わせ

    あー、日が経つのが早い‼️昨日は次女の結婚式の衣裳合わせに行ってきました。お昼にテレビで大阪の濃い〜おばちゃんの番組やってて「ねえ、この番組うるさくない?」と夫に言うと「これしか見るもんないもん」との答え。テレビを消すという選択肢はないのか、と心の中で呟きつつ、家を出ました。結婚式は隣の市で行うので、衣裳もこれまた隣の市でお借りします。一時間かけて、目的地へ。たくさんの衣裳の中から、似合いそうなドレスを選んで何着か、着させてもらいました。しかし、そこの美容院の先生の声のトーンと喋り方が、なんか、昼の番組をやってた大阪のおばちゃんにそっくり。。。大阪弁こそ喋らなかったものの、デジャヴに目眩がしつつ、いくつかのドレスを試着して、終わった時はクタクタでありました。いや、私、結構好きなんですけどね、上沼恵美子さん(笑)...衣裳合わせ

  • 読み聞かせの会

    距離を取りながら、読み聞かせの会に行きました。子ども相手を想定しつつ、大人だけの会なのですが、来月は夏休みの児童クラブでの読み聞かせボランティアもあります。まだ、訪問したことがないのですが、今後は私も参加したいと思っています。コロナ禍の間も、お仕事のある家庭では、小学校の児童クラブは必要ですし、子どもたちも少しでも健やかに過ごせますように、と思います。読み聞かせの会

  • ナス

    今日は、隣の都会、H市に用事があり、3人でランチしてきました。ランチを食べたのは、ふつーのイタリアンの店で、特にオシャレすぎることもないデパートの最上階でしたが、出てきたメニューは、なんと、全て英語😱3人とも目がテンになりながら、1人は「マルゲリータ(最初から決めてた)」もう1人は「ペペロンチーノ(字が小さい上に英語って!読む気がせんわ!こちとら老眼じゃ!)」そして、私は「ナスミートドリア」だったのですが(ショーウィンドウのディスプレイでメインだったから)英語では「Eggplantdoria」と書いてあり、恐る恐る店員さんに「エッグプラントドリア(発音はカタカナ)」と伝えたら、彼女、「えっ?えっ?エッグ…?何ですって⁉︎😳」と驚き、私がメニューを指さすと「やだ!私、英語のメニュ...ナス

  • 梅雨

    ビールが美味い季節になりました。春夏秋冬という四季の概念は中国由来かもしれないけど、日本は絶対「春、梅雨、夏、秋、冬」だと思ってる。梅雨って絶対夏じゃない。もちろん春でもない。「梅雨」以外の何ものでもない。そんな繊細な日本独自の季節の移り変わりを、二十四節気で表す方法もありますが。日本独自の二十四節気って情緒があって素敵と思います。でも、やっぱり日本はfourseasonsではなくてfiveseasonsと、私は主張したい。(と、私が主張しても、何がどう変わるものでもないが)ただ、梅雨くらいから、ビールが美味しくなるのは間違いない。やはりもう、夏、なのかな。梅雨

  • 部分日食

    夏至の新月の日食、と、何となく西洋のイベントっぽい今日でした。何の準備もしてなかったので、お宮の木漏れ日を探しました。わかりにくいかな😓お宮の神楽殿の屋根でイソヒヨドリがピィピィ鳴いていました。部分日食

  • ミニトマト

    去年のトマトは青くて硬かったわだけどいかがもう今年は赤いでしょうと、この文にメロディが浮かんだあなたはきっと、還暦間近( ̄▽ ̄)そろそろ初収穫できそうです。パックのミニトマトが、そろそろなくなりそうだけど、買わなくても大丈夫かな?ミニトマト

  • ペチュニア

    雨にあたると花びらが傷みやすいし、花殻を摘むと、手がベタベタするから、あんまり買わない花だったけど、咲いてくれるとやっぱりきれい。鉢から少しずつ垂れ下がるのも好きなところです。せっかくうちに来てくれた花だから、大切にしよう。できることを、しよう。ペチュニアの枝にハイビスカスを咲かせることはできないのだから。ペチュニア

  • 久しぶりのライブ

    コロナでイベントが次々中止になっていましたので、久しぶりのライブです。今回は、演歌3曲。フォークソングのバンドがほとんどの中、ナイロン弦のギター一本で、相方が頑張りました。香西かおりの「無言坂」のイントロはオカリナで吹きましたし、坂本冬美の「夜桜お七」の一節を詩吟の「事に感ず」の起句に変えて歌いました。出来はともあれ、楽しかったです。久しぶりのライブ

  • ゲームデザイナーの貴女へ

    小学校の時、長女が作った砂絵。https://www.buzzfeed.com/jp/reonahisamatsu/my-letter?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharecopy「絵を描く仕事の人になる」長女がよく言っていた言葉。昭和生まれの私には、画家か漫画家しか、絵を描く仕事なんか思いつかなかった。彼女は小学校の頃からずっと「絵を描く仕事」だけをまっすぐ見つめていた。大学卒業して、普通の企業に就職してくれなかったことも、私の中では「許し」というより「諦め」というものだったけど。結局、彼女は「絵を描く仕事」に就いた。呼吸をするように絵を描いていた。「幼少時代からの夢」が「現実」になることに、疑いも持っていなかった。これからもたくさんの超える山があるだろうけど、楽しく...ゲームデザイナーの貴女へ

  • My LIFE is dead

    まあ、つまり、中古のLIFEに乗ってたんですが、その車が御臨終なされた、ということでございます。この過疎地で車なしでは暮らせないので、新しい車を買うわけですが、ついに夢だった新車に乗ることにしました。歳を考えると、最後の新車になるだろうから、熟考に熟考を重ねまして。思った通りの車に乗れる喜びと、このコロナのせいで、不安定なご時世にローンが払い切れるのか、という不安で、ここ2週間くらい、この件が頭から離れないのでございます。それでも、やっぱり嬉しくて、シートカバーをどうしよう、とか、ちゃんと節約するために、献立表を作ろうとか、毎日そんなことを考えているのでありました。いつもなら、店頭の寄せ植えも出来てるものを買ってましたが、ポット苗を買って植えています。今まで、いい加減だった生活も見直せばコストダウンできるところ...MyLIFEisdead

  • 二代目のファンタンラトゥール

    バラを収集し始めたのは、十数年前でした。その頃はホームページビルダーでホームページを作るのが流行ってて、娘が学割で買ったソフトで、勢いでホームページを作ったはいいけど、発信する内容もないまま、何をどうしていいか悩んでるうちに、バラを育てるサイトがたくさんあることを知りました。ちょうど仕事も行き詰まり、体調も最悪で、八方塞がりの時でした。私が就職したての頃は、まだバブル前夜でした。キャリアウーマンという言葉が流行り、結婚した後も、その時代にはまだ珍しかったフルタイムのワーキングマザーの道を選んだのはよかったのですが、バブルが弾けてから、自分のいく末が全く見えなくなっていました。そんな時、出会ったバラ作りの人々はとても生き生きしていて、私はそれまでの仕事への情熱を、バラの収集に向けたのです。その時には、自分がバラを...二代目のファンタンラトゥール

カテゴリー一覧
商用