searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

hideさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
仮面ライダー the next 〜 ザ・続編
ブログURL
https://kamen-rider-next2.com/
ブログ紹介文
仮面ライダー the nextの続きをいちファンが書き下ろしました。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/11/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hideさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hideさん
ブログタイトル
仮面ライダー the next 〜 ザ・続編
更新頻度
集計中
読者になる
仮面ライダー the next 〜 ザ・続編

hideさんの新着記事

1件〜30件

  • エピローグ3(完結)

    ホテル最上階の広間の奥。壁に掲げられたネオショッカーのエンブレムの前に男が立っている。男はネオショッカー総統の結城丈二。「首領」結城の呼びかけに答えるように、壁のエンブレムのランプがゆっくり目な点滅を始め、そしてスピーカーから声が発せられた

  • エピローグ2

    本郷と一文字がサイクロンで走っている。しばらく並んで走っていたが、とあるバイク屋の前で停止し駐輪した。バイク屋の看板には「立花レーシングクラブ」とあった。2人はサイクロンを降り、ヘルメットを取って建物に入って行った。「おやっさん。ご無沙汰し

  • エピローグ1

    1ヶ月後。結城がショッカーへ忠誠を誓ったホテルの最上階。本郷猛、風見志郎、結城丈二、神敬介、筑波洋、沖一也、村雨良、神博士、志度博士、武田梨奈、滝和也そして、ゾルの脳波制御の呪縛から解き放たれたショッカー構成員。今回のゾルの反乱に抗した主だ

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第106話

    ライダーダブルキックゾルが地面に倒れたことを確認した結城が叫んだ。「本郷ーーーっ、隼人ーーーっ、風見ーーーっ」その声が届いたのか、狼男の第2変身後の攻撃にやられて倒れていた1号、2号、V3の目が光った。そしてベルトの風車が高速で回転を始め、

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第105話

    追い詰められるゾル狼男からゾルの姿に戻った。ゾルの顔は頭部が出血しているせいか、左の頬が血で染まっていた。「結城ーーーっ。やってくれたな色々と。」「ゾル、諦めろ。お前の負けだ。」「私はやらなければならない事がまだある。こんな所で終わるわけに

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第104話

    最後のあがき「結城、そこにいたかー。お前にはまだ働いてもらわなければならなくなった。」と小さな声で呟いた。結城は既に目が覚めていたが、ゾルに負わされた負傷のため動ける状態ではなかった。その状態で仮面ライダー達の戦いを眺めていた。そして頼もし

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第103話

    異変狼男は、電気ショックのせいで両膝を地面について、症状が治まるのを耐えていた。そして症状が収まった途端、別の異変が起きた。再び唸っている。息が荒くなってきた。肩を上下に揺らしている。そして両手をそれぞれの胸前20cm程の所にもってきて、手

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第102話

    ZXの能力「そうか、お前が望むなら俺も相手をしよう。」狼男の後方から声がした。狼男が振り返る。そこにはZXが立っていた。「いつのまに・・・。しかも俺に全く気配を感じさせずに・・・。」「俺がお前を倒す。」狼男の左方向から声がした。狼男が声の方

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第101話

    更なる変身ゾルこと狼男が吠えた。狼の遠吠えだ。1回、2回、3回。3回の遠吠えを終えた時。狼男の頭部の毛が伸びた。そして目が赤くなった。更に爪と牙が伸びた。更なる変身を終えた狼男。そしてエックスを見た。次にV3を見た。そしてまたエックスを見た

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第100話

    一進一退エックスが左に体捌きをした。同時にライドルを刀から一旦離れた。ゾルはライドルの支えを無くした。ライドルに対して力を込めていた分、前につんのめる形になったが、ある程度予測したいたのか、そんなに大きく体勢を崩すことなく、右手だけで刀を持

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第99話

    タイマン「残りはお前だけになったようだな」ゾルと対峙していたエックスが問いかける。「それがどうした。俺は最強だ。お前達5人が相手でも何も問題はない。それに見てみろ、まともに動けるのは貴様とZXだけだ。」確かに全力で動けるのはゾルの言うとおり

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第98話

    復讐タイガーロイドは攻撃しようにもZXを捕らえることが出来なかった。心は焦りから恐怖に変わろうとしていた。その時、偶然にも目の前にZXを捕らえる事が出来た。(とタイガーロイドは思った。が、これはZXがあえて目の前に移動したのだった。)“今だ

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第97話

    ゾルの焦りタイガーロイドはZXを凝視しながら左右の腰に備えられている砲身をZXに向けた。「お前がZXか?どれほどの者か試させてもらおう。」そういって発砲した。弾がZXの胸に着弾したが、何事もなかったかのようにZXは立っている。そして着弾した

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第96話

    ZX「あれは・・・。」V3が呟いた。同時にそこにいた全員が同じように黒煙の方を向いた。風で煙が晴れるのを待った。約1分。影の正体が見えた。「あれは・・・。」再びV3が呟いた。「ZX」今度はゾルが呟いた。「ZX...

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第95話

    ショッカー基地2台のサイクロンに突き飛ばされたバッファローとタイガーロイド。何とか立ち上がりはしたが、さすがのこの2人もかなりのダメージを負ったようだ。だがこの2人にとって、ゾルの前で無様な姿を見せることは出来ない。何としてでもホッパー達を

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第94話

    隠されていた秘密「何を笑っている。」ゾルは背を向けたまま首だけ総統の方に向けた。「お前は・・・これで全てを手に入れた。あとは邪魔な者を葬るだけと思っているのかもしれん。だがお前は間もなく、手に入れたもの全てを失う。私の勝ちだ。」「何だと。ど

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第93話

    総統散る総統は動かない。一方のゾルは様子を伺いながら少しずつ間合いを詰めていった。ゾル心の中では、総統は“何かを狙っている。”そのことは推測出来たが、その何かは予測出来なかった。斬ってくるのか、それとも突いてくるのか、この心理状態が、ゾルの

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第92話

    カタナVSトンファー今度はゾルが反撃を開始する。トンファーの長い方の辺を前腕部に添えて持ち、時々回転させながら総統に歩を進めていく。左足前の状態から右足を一歩前に出す。そして今度は左足を一歩出す。機械的に出すのではなく、総統の脚の動きに合わ

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第91話

    総統VSゾル「神敬介君。手を出さないでいただきたい。」「あなた1人でゾルと戦うというんですか?」「こういう事態を招いてしまったのは私の責任だ。私自ら幕引きを行う。ゾル貴様も異存はなかろう。」「勿論だ。もう少し生かして役に立ってもらおうかと思

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第90話

    対峙エックスとゾルが対峙している。そしてどちらかと言えばエックスが慎重になっている。その理由は、ゾルはエックスの手の内をある程度知っている。しかしエックスはゾルの人間体の時のことは知っていても、狼男への変身後は初めてだったからだ。加えて身の

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第89話

    総統の決意改造人間同士の戦闘を見守る天本教授ことショッカー総統と梨奈。「この戦いの幕引きは私がやらなければならない。」「幕引きって?」「ゾルを倒し、人工知能を停止させる。」「でもゾルって物凄く強いじゃないですか。ここから見てても、別格って感

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第88話

    二重攻撃タイガーロイドとバッファローは直ぐにバイクで突っ込んでくるものだと思い身構えた。しかし2人はバイクを反転させ逆の方向に走り出した。「何!!逃げるのか?」唖然としていたところ、タイガーロイドが後方からキック攻撃を受けた。その攻撃の主は

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第87話

    ダブルライダー一方、2号はバッファローの角の攻撃に耐えていた。そして耐えながら、こちらも次の展開を考えていた。「このまま力勝負を続けても先がない。どうする・・・・・力任せに押し込んできているだけなんだがな・・・。」と考えている間に1つ案が浮

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第86話

    X対ゾル変身したゾルが動いた。しかも恐ろしく速い動きだった。あっという間にV3との距離を詰め、右の拳で鳩尾にパンチを見舞った。刹那の時間でV3も対応出来ず、まともにゾルのパンチを喰らった。「ウッ」と、一言発してV3が崩れ落ちた。そして崩れ落

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第85話

    ゾルの変身エックスの元に1号、2号そしてV3が駆け寄る。「敬介、遅かったじゃないか。」「すみません。親父の調整が長引いてしまいました。」「お前、本当に良いタイミングで現れたな。美味しいところを持っていきやがって。」「しかしこれで形勢逆転。4

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第84話

    海からの助っ人3対3の戦いは膠着状態になっていた。そしてゾルはイライラし始めていた。当初は旧式が相手と高をくくっていたゾルも、相手側の力量を認めざるを得ないと感じていた。だが勝たなければ意味がない。言い方を変えるなら“勝ち”さえすればいい。

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第83話

    猛攻タイガーロイドV3とタイガーロイドの戦いは一進一退だった。タイガーロイドも背中にバズーカ砲を装備していたが、接近戦では無用の長物として取り外し、この場では一度も使っていなかった。ゾルのバッファローに対するグレネード砲についての助言を横で

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第82話

    1号VSバッファロー2号とゾルの戦闘の間、バッファローが体勢を立て直した。それを確認したゾルは、1号を見つめたまま、「バッファロー、何をしている。早く裏切り者を始末しろ。」と口にした。穏やかな声だが、ゾルを知っている者にすれば冷たさと恐怖を

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第81話

    2号VSゾル肘打ちを喰らった2号は体勢を崩し、そしてそのまま倒れそうになったが、そこにスコーピオンの相手をしていた1号が丁度現れ、倒れかけた2号を受け止めた。1号の支えで体勢を立て直した2号は首を左右に振りながら、「おい、今のは効いたぜ。」

  • 仮面ライダー the next ~ ザ・続編・第80話

    ゾル参戦バッファローは爆風のせいで目にダメージを負った。そのバッファローに対して1号と2号が交互にパンチを浴びせていく。2発、3発、そして4発目で、バッファローが大きく後ろに体勢を崩した。劣勢のバッファローにスコーピオンが助勢しようと走って

カテゴリー一覧
商用