searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

marumarumaru100さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
まるまるまるの勝手日記3#
ブログURL
http://marumarumaru100.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
漫画の好き勝手なレビューです・
更新頻度(1年)

17回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2018/11/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、marumarumaru100さんの読者になりませんか?

ハンドル名
marumarumaru100さん
ブログタイトル
まるまるまるの勝手日記3#
更新頻度
17回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
まるまるまるの勝手日記3#

marumarumaru100さんの新着記事

1件〜30件

  • 昨日買ったのは

    「極道とオメガ 1巻」(青井千寿 小島きいち 笠倉出版社刊)です。オメガバースTLにも侵攻?な1冊。売れない作家の若菜さんは高額の原稿料に釣られ、ヤクザの若頭国光君の取材をすることに。実はオメガな彼女にとっては苦手なアルファの国光君。潜入したクラブでまさに会おうと言うときヒート(発情期)に見まわれる。実はオメガに対する対処を知っていた国光君に助けられるが、それをきっかけに急接近する2人という長編が掲載されていま...

  • 今日買ったのは

    「鷹田くんはハジメテがお好き 1巻」(冴月ゆと メディアソフト刊)です。チョコレート会社の美羽さんの部下になった鷹田君。デキるイケメンの上、美羽さんの作品に惚れ込んだという彼とは社内でベストカップルと噂される。お互いを意識していることに気づいた二人だが遂に結ばれようとする時、なぜが鷹田君は彼女が処女だとわかると直前で寸止めしてしまう。実は彼は非処女にしてしまうと処女じゃないことで愛情が冷めるという'こじれ...

  • 昨日買ったのは

    「アンドロジナス」(葦原旭 祥伝社刊)です。不思議な体を持つ少年の恋を描いた1冊。あるジャングルの奥地。植物学者のジャックは採取に訪れた村で近づくなと言われていた泉で不思議な少年と出会う。引き寄せられるように抱いてしまうが、翌朝いなくなってしまった彼の存在を村人達は隠そうとする。再び出会ったジャックとその少年アウラ。引かれ合う二人は彼の体の秘密(えっとタイトルから予想できるかな)とそれにまつわる村の伝承が...

  • 今日買ったのは

    「あなたが甘くねだるまで 1」(ディビ 白泉社刊)です。愛おしい彼氏を可愛い可愛いだからめちゃくちゃにしたくなるそんな雪さんの1冊。(他に言いようがありません。)雪さんと春君は恋人同士。でも雪さんは大好きが向いていたのが、隙あらば彼をめちゃくちゃにしたいと言う方向。そしてデートの帰りに寄ったラブホがSMルームしか空いてなかったという偶然(笑)から、春君を焦らし拘束放置プレイに持ち込んでしまう。しかも春君には「も...

  • 今日買ったのは

    「ほんの出来心です」(宮下キツネ 一水社刊)です。高瀬君は合コンで女子に混じっていた翠君と友達になる。友達以上の感情を持ち始めたころ、町で男の娘カフェの男の娘藍君に誘われた店内には男の娘な翠君が。しかも翠君と藍君は兄弟で、高瀬君が藍君に手を出しそうと感じた翠君が「弟にすることを」とその欲望に答えるようになる。勘違いから動き出す恋の行方はという長編のみ掲載されています。なんか帯は危ない話の雰囲気ですが、そ...

  • 昨日買ったのは

    「好きだったゲイが他の女性と結婚してました 1」(さいとう林子 overlap刊)です。複雑な優しさに包まれた世界をそれぞれが優しく包もうと奮闘?してる優しい1冊。都会のブラック企業で生きる華さんは、かつて実はゲイだった仁くんに想いをつげないままお別れしていた。ところがある日仁くんと再会するとその傍らにはエリカさんという結婚相手が。その事情をしることになるが、仕事が上手くいかなくなった彼女は仁くんたちと暮らし始...

  • 昨日買ったのは

    「まんが 萌え古事記」(荒川祐二 千種ひよこ 光文社刊)です。古事記の世界への扉をあけるといいなの1冊。'国産み'からヤマタノオロチ征伐までのお話を紹介しています。古事記に関する知識は学校で学んだ程度(まあ大抵の皆さんそうです)でも楽しく読めます。神様の日本作りの話よりも(よりもは言いすぎかな)、神々の人間?らしさや神と人間の交流が出てきます。少々ファザコンでシスコンなスサノオノミコトが英雄になるまでの紆余曲折...

  • 昨日買ったのは

    「はめドル! 3」(東雲龍 少年画報社刊)です。3人のアイドルに少しずつ色んなものを感じる1冊。ネネ、ミミ、モモの3人組通称「はめドル」。web番組に呼ばれたり、ファンとイベントで海に行ったりと着実に名を売っていく3人。しかし、それぞれが内緒にしていることが3人に影を落としていく。枕営業、マネージャーやファンとのラブラブ。それが時に彼女達の空気を良くなくしたりもする(もちろんそれはそれで良かったりもするのですが)。...

  • 昨日買ったのは

    「百合Act ~王子様なお姫様、お姫様な王子様~」(上田ながの 天音るり KTC刊)です。お互いを好きから体を触れあう女の子同士の愛の1冊。高校生の渚さんが思いがけず再会したのは幼なじみで突然彼女の前から消えてしまった風花さん。ある事件から友達以上の感情を芽生させていた2人は再会を機にそれを爆発させる。そして渚さんが離れている間に芽生えていたコンプレックスを癒す文化祭が始まるという長編のみ掲載されています。とい...

  • 昨日買ったのは

    「アカイリンゴ 1巻」(ムラタコウジ 講談社刊)です。一人の少年の青い目覚めが全く来ない(明らかに最後は来る)1冊。将来の日本(かな)。そこは男性器が女性器に挿入するいわゆる性行為が法律で禁止されていた。そのことは人々の認識として広まり、それを匂わすことすら、忌避される社会になっていた。そんな社会に生きる高校生光君もそんな認識に囚われ、隣に住む水瀬さんとも勉強を教える友達関係を築いていた。そんな彼が友人番太君...

  • 昨日買ったのは

    「アンタ、ヨーコに惚れてるわね!」(でん蔵 竹書房刊)です。パスものはありません。純な男の感情が岩をも通すBL。子供の頃に連れられいったゲイバーのままヨーコさんに初恋してしまった渚君。大きくなり、自力でイケるようになったゲイバーは潰れてしまっていた。諦め決めず元あった場所にいくと、ヨーコさん(男名 洋君)が働いていた。諦めきれない気持ちで洋君の店でアルバイトすることにした渚君は、少しずつ距離を近づけていくと...

  • 昨日買ったのは

    「いじわるパパは今日も庭師を溺愛中!!」(きよずみ々 メディアックス刊)です。情熱も切なさもショタが鍵を握るBL(そんな真面目にとらないで)。庭師の千景君は竜二君の家で住み込み中。その家の彗一郎君にも竜二君にも好かれている。実は竜二君と千景君は恋人同士だったことがあり、千景君から彼を捨てていたのだ。でも彼なりに考えたことだったのに、こうして再会したことで燃え上がってしまう二人はという表題作の連作。他5作の短編...

  • 今日買ったのは

    「新・花嫁は十七歳 2巻」(ながさわさとる 若月京子 オークラ出版刊)です。人妻男子高校生サクラさんの楽しい?夫婦生活な1冊。(なおBLの棚にありました。)若き小説家和彦君と人妻男子高校生のサクラさんの夫婦。ラブラブな2人だが、和彦君が転んで頭を打ったことから、記憶が高校生に退行してしまう。何とか周囲の助けも借り、普通の夫婦生活に立て直したが、記憶が戻らないまま状況次第の生活に不安もな展開です。真面目な筈の和彦...

  • それから

    「田舎」(山本直樹 太田出版刊)です。ある夏のある男子と女の子のある日常の1冊。勉強に集中するため、田舎にきた'ふーちゃん'。その家の女の子'キーちゃん'と性器を弄び合うようになり、当たり前のようにそれを結びつける行為の快感を覚えてしまう。保護者の目を盗んでの行為は、彼が帰る時まで淫らに続いていくという長編のみ掲載されています。何というか確かに「エロ漫画」だし、しっかり描写もマークなしとは思えないほどされてい...

  • 昨日買ったのは

    「ヤンキー娘になつかれて今年も受験に失敗しそうです 3巻」(ジェームスほたて 少年画報社刊)です。こいつ落ちろ落ちろと呪いかけたくなる充実の浪人生ライフ(笑)な1冊。あいわからず賑やかな受験生シバ君の廻り。窓からが当たり前になったハチさんにお祭りに連れ出され、口ではいろいろ言いながらますます離れたくない存在になるは、気になる蓮城先生のことをますます知ってますます近しくなるは羨ましい(間違い)、受験生が頭から吹...

  • 今日買ったのは

    「柴田もえぎの放課後男子活動 1巻」(草野紅壱 双葉社刊)です。入れ替わりと健全な高校生活を楽しむ双子のお話。もえぎさんと双子の弟スオウ君はちょっとした悪戯から入れ替わり高校生活をすることに。明るくいつも友達といるもえぎさんとゲームオタクでいつもゲーム部でつるんでるスオウ君の入れ替わり生活はという長編の第一巻です。それぞれに健全な生活を夢見て頑張ってますが、当人達の問題(引き継ぎミス)や疑われての事件や美...

  • 昨日買ったのは

    「巨人族の花嫁 2巻」(ITKZ 彗星社刊)です。事件を通じて体だけでなく真に心もつながっていくコーイチ君とカイウス君。無事王国に戻った二人を惑わすもの。それは異世界から召喚されたコーイチ君の人間界への思いだった。それはカイウス君もまたそんなコーイチ君に答える愛情を募らせていく反面、何とかしてやりたいという気持ちを芽生えさせていった。その意味を隠しつつと言う展開です。半ば強引だった二人の愛し合いが、心からの...

カテゴリー一覧
商用