プロフィールPROFILE

かいせ@わかりやすい薬の解説さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
わかりやすい薬の解説
ブログURL
https://kusuri-info.work
ブログ紹介文
薬の詳しい情報をわかりやすく解説します。
更新頻度(1年)

88回 / 158日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2018/11/15

かいせ@わかりやすい薬の解説さんのプロフィール
読者になる

かいせ@わかりやすい薬の解説さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 13,042位 14,633位 16,374位 17,402位 17,391位 18,620位 14,490位 977,609サイト
INポイント 10 20 0 50 20 10 30 140/週
OUTポイント 30 70 20 90 40 150 130 530/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 220位 258位 290位 288位 307位 343位 247位 21,628サイト
薬・薬剤師 3位 3位 3位 3位 3位 3位 2位 457サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 14,929位 14,815位 14,501位 13,942位 13,744位 13,062位 13,989位 977,609サイト
INポイント 10 20 0 50 20 10 30 140/週
OUTポイント 30 70 20 90 40 150 130 530/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 457位 456位 461位 439位 434位 408位 446位 21,628サイト
薬・薬剤師 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 457サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 22,133位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,609サイト
INポイント 10 20 0 50 20 10 30 140/週
OUTポイント 30 70 20 90 40 150 130 530/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 521位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,628サイト
薬・薬剤師 11位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 457サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かいせ@わかりやすい薬の解説さんの読者になりませんか?

ハンドル名
かいせ@わかりやすい薬の解説さん
ブログタイトル
わかりやすい薬の解説
更新頻度
88回 / 158日(平均3.9回/週)
読者になる
わかりやすい薬の解説

かいせ@わかりやすい薬の解説さんの新着記事

1件〜30件

  • おすすめの点鼻薬はフルナーゼやナザールAR【体への影響が少ない】

    アラミスト点鼻液やフルナーゼ点鼻液などのステロイド点鼻薬が積極的に使われるようになっています。実は、欧米では鼻炎に対して最初に使う薬です。その理由は、鼻炎症状の原因が鼻の奥で起きている炎症だからです。鼻炎の原因である炎症を抑えるので効果的な

  • コーヒーは血圧を上げる?【結論:ほぼ変わらない】

    コーヒーを飲むと血圧は上がるの?結論から言うと、コーヒーは血圧にほとんど影響しません。その理由は、コーヒーに含まれる成分のカフェインにあります。カフェインは一時的に血圧を上げます。でも、毎日飲んでいる人は慣れてくるので血圧は上がらなくなりま

  • まだ東京で調剤してるの?【薬剤師は簡単に移住できます】

    薬剤師は地方に移住しても給料が下がりません。地方の方が給料が高いこともあります。薬剤師は都会に縛られる必要はありません。都会にたくさんの人が住んでいるのは、都会に仕事があるからです。でも、薬剤師は地方にも仕事があるので移住のハードルが低いで

  • コーヒーは血糖値を下げる?【コーヒーの健康効果】

    コーヒーを毎日4杯以上飲むと2型糖尿病の予防になります。コーヒーと糖尿病の関係は世界中で注目されていて、多くの研究が行われています。とくに、コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸に糖尿病の予防効果があります。カフェイン抜きでも予防効果が

  • コーヒーが肝臓を守る?【コーヒーの健康効果】

    コーヒーが肝臓にいいことはほぼ間違いありません。コーヒーを毎日のでいる方が、肝機能の数値が良かったという研究結果が複数あります。肝がんを予防する幸かがあるのではないかと言われています。クロロゲン酸というポリフェノールの抗酸化作用によると考え

  • コーヒーは毎日4杯飲むと健康に良い?

    コーヒーを毎日飲むと色々な病気になりにくくなります。日本人を対象としたコホート研究から分かりました。しかも飲む量が増えるほど病気のリスクが下がり、3~4杯位がベストという研究結果です。インスタントコーヒーでもOKです。死亡リスクが下がる国立

  • フルコートとベトネベートの強さは?【市販のステロイド薬で最強】

    ステロイドの塗り薬は、強力に炎症を抑える作用があります。一番の注意点は、菌やウイルスなどの感染が原因の場合には使用できないことです。水虫やとびひなどには使えません。症状に合った強さのステロイドを使う必要があります。市販のステロイドで一番の強

  • トラネキサム酸の肌への効果とは【肝斑】

    トラネキサム酸は、肌のメラノサイトがシミをつくるのを邪魔する作用があります。トランシーノなどの医薬品に配合されています。この記事では、トラネキサム酸の作用を詳しく解説します。【第一類医薬品】トランシーノII ( 240錠 )/ トランシーノ

  • 乙字湯の効果はどれくらい?【いぼ痔】【切れ痔】

    乙字湯は痔の軽い症状に効果的です。痔の治療には、炎症を抑える薬、傷の治りを良くする薬、痛みを抑える薬などがあります。例えば、強力ポステリザン軟膏は炎症を抑える作用と傷の治りを良くする薬です。強力ポステリザン軟膏についてはこちらをご覧ください

  • 薬局待ち時間が長いのはなぜ??【ネット予約で解決します】

    なんで薬を受け取るのに時間がかかるの?なんで薬局に薬の在庫がないの?このように、薬がすぐにできなくていらいらしたことはありますか?具合が悪い時に長時間待たされるのは、だれでも辛いものです。薬剤師もその気持ちは理解しています。具合が悪くて..

  • 防風通聖散は効かない?【漢方のダイエット効果】

    結論から言うと防風通聖散はダイエット効果があります。脂肪燃焼効果、脂肪吸収抑制効果があります。でも、防風通聖散だけに頼ったダイエットはおすすめしません。なぜなら防風通聖散は医薬品だからです。まずは、食事や運動によるダイエットをメインにしまし

  • ピーリングの効果-使用頻度を守りましょう【やりすぎに注意】

    そもそもピーリングってなに?ピーリングは皮膚の表面をうすくはがすことですよ。お肌の新陳代謝を良くするする効果を期待できます。代謝がアップするのは良さそうだけど、お肌に合うかちょっと心配。...

  • 薬剤師の転職に大切なのは人との出会い【転職サイトを厳選】

    どの転職サイトを利用するとしても、大切なのは”人”です。親身になってくれる担当者に出会うことが大切です。それが、転職がスムーズにいくカギです。もっと大切なのは行動です。行動しなければ出会いもありません。行動して、担当者を見極めることが大切で

  • 葉酸を飲み始めるタイミングーいつからいつまで摂取するのか【妊婦】

    葉酸は妊婦さんが摂取するとよいサプリメントとして有名です。でも、こんな疑問がありませんか?「そもそも葉酸って何?」「なんで葉酸を摂るといいの?」「いつから飲めばいいの?」葉酸はビタミンの一種で、胎児の先天奇形のリスクを下げることが知られてい

  • おすすめの市販の目薬【目のかゆみ、充血、ものもらい】

    目の軽い症状には、市販の目薬で対応できます。様々な種類の目薬が市販薬になっているので、症状に合った目薬を選うことができます。この記事では、花粉症などのアレルギーによる目のかゆみ、充血やものもらいの症状に効くおすすめの目薬をご紹介します。目の

  • 女性ばかりでつらいー男性薬剤師の悩みと転職【実体験】

    男性薬剤師にとってつらいことの一つは、女性ばかりの職場になじめないことです。特に若い男性にとって、女性ばかりに囲まれた環境というのはつらいものがあります。薬剤師になりたての頃の自分がそうでした。それでも、「しばらくは耐えて、経験を積んでから

  • 妊娠検査薬はいつから陽性反応が出るか

    妊娠したかどうか早く知りたいと思うのは自然な気持ちです。市販の妊娠検査薬はいつから使えるのでしょうか。結論から言うと、生理予定日当日から検査できるものと、生理予定日から1週間後から検査できるものがあります。早くにわかる早期妊娠検査薬と、”ふ

  • ベピオゲルの効果と副作用-塗り方と使用期間は?

    ベピオゲルは、抗菌作用と角質剥離作用のあるニキビの治療薬です。初期の白ニキビから炎症を起こした赤ニキビにも効果を発揮します。ベピオゲルの成分は過酸化ベンゾイルという強力な酸化剤なので、いくつかの注意点があります。代表的な副作用には皮膚に粉が

  • 鼻水・鼻づまりに効く風邪薬-おすすめの市販薬は?

    どの風邪薬を選べばいいか悩んだことはありませんか。ドラッグストアに行くと、風邪薬だけでもたくさんの種類があります。風邪薬はたくさんのメーカーが販売していますから、種類も多くなってしまいます。この記事では、鼻水。鼻づまりに効く薬の選び方を解説

  • 咳やのどの痛みに効く風邪薬-おすすめの市販薬は?

    どの風邪薬を選べばいいか悩んだことはありませんか。ドラッグストアに行くと、風邪薬だけでもたくさんの種類があります。風邪薬はたくさんのメーカーが販売していますから、種類も多くなってしまいます。この記事では、咳やのどの痛みに効く風邪薬の選び方を

  • エピデュオゲルのニキビへの2つの効果とは

    エピデュオゲルはディフェリンゲルとベピオゲルという2種類の薬を合わせたニキビの薬です。毛穴のつまりを改善することは効果と、抗菌作用があります。この記事では、ニキビができる原因とエピデュオゲルの効果について解説します。ニキビとはニキビは毛穴に

  • ディフェリンゲルのニキビへの効果ー皮がむけるなどの副作用に注意

    ディフェリンゲルは初期のニキビから効果を発揮する薬です。さらに進行し炎症を起こしたニキビにも効果的です。副作用はほとんどに人に起こりますが、軽症のことが多く薬を続けることができます。この記事ではディフェリンゲルの効果と注意点についてまとめま

  • デュアック配合ゲルのニキビへの効果とはー乾燥など副作用に注意

    デュアック配合ゲルは、2種類の有効成分が配合されたニキビの塗り薬です。皮膚科で処方してもらう事が出来ます。2週間から12週間で効果が出る一方で、皮膚の乾燥などの副作用に注意が必要なニキビ治療薬です。この記事では、デュアック配合ゲルの効果と副

  • 【SAS】睡眠時無呼吸症候群の原因と治療法ーCPAP(シーパップ)や枕の効果は?

    男性の約3~7%、女性の約2~5%の人が睡眠時無呼吸症候群と言われています。睡眠時無呼吸症候群によって、居眠りをするなど日中の活動にも影響します。睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に無呼吸を繰り返すことで、様々な合併症を引き

  • 【おうちでドック】は腫瘍マーカーp53抗体の検査ができる

    がんの診断には、さまざまな検査が必要です。その一つが血液検査などで分かる腫瘍マーカーです。この記事では、腫瘍マーカーのp53抗体について解説します。自宅で検査できる【おうちでドック】もご紹介します。腫瘍マーカーとは体の中のどこかに腫瘍(がん

  • 【性感染症】梅毒の検査方法と治療~郵送検査のさくら研究所とは

    ここ数年、梅毒に感染する人が増えています。梅毒は、主に性的な接触などで感染する性感染症です。この記事では、梅毒の現状と予防や治療についてまとめます。検査は、あくまでも医療機関で受けることが基本ですが、「さくら衛生研究所」などを利用すれば誰に

  • 【インフルエンザ】予防のために抗インフルエンザ薬を使える?

    インフルエンザの予防にタミフルやイナビルなどの抗インフルエンザ薬を使うことができます。そうは言っても誰でも使えるわけではありません。この記事では、抗インフルエンザ薬の予防目的での使用方法についてまとめます。予防のために使える抗インフルエンザ

  • 【副作用】メトホルミンによる乳酸アシドーシス

    メトホルミンは糖尿病治療薬の一つですが、腎機能に注意が必要な薬です。メトホルミンを配合した薬には、メトグルコ、グリコランなどがあります。配合剤としては、イニシンク配合錠、エクメット配合錠などがあります。この記事では、メトホルミンの作用と乳酸

  • 【OTC薬】とびひに使える市販薬はある?ー原因と治療法は?

    夏場は、子供の皮膚のトラブルが起きやすい季節です。虫刺され程度なら慌てることがありませんが、湿疹などが広がったりすると慌ててしまうのではないでしょうか。虫刺されなどが原因で起こる皮膚炎の一つに「とびひ」があります。とびひとはとびひの正式病名

  • 【インフルエンザ】ゾフルーザが効かない耐性ウイルスとは

    ゾフルーザは2018年に承認されたインフルエンザの治療薬です。タミフルなどの以前からあるインフルエンザ治療薬とは、効き方が異なります。ゾフルーザの効き方についてはこちらのページにまとめています。1回の服用で完結するという利点もあります。一方

カテゴリー一覧
商用