searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

髭眼鏡鶏さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

皆さん初めまして。 「Create myself(クリエイトマイセルフ)」にお越しくださいまして、ありがとうございます。 このサイト、「Create myself(クリエイトマイセルフ)」は全ての新米アナリストのためのサイトです。 『Google Analytics』と『Excel』を用いて、データの統計や解析を行なうために必要な情報をお届けできればと思います。

ブログタイトル
CreateMyself ー文系社会人による「数字」のキホンー
ブログURL
https://createmyself.site/
ブログ紹介文
数字に強いかっこいいビジネスマンを目指して役に立つような立たないような記事をお届けします。
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2018/11/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、髭眼鏡鶏さんの読者になりませんか?

ハンドル名
髭眼鏡鶏さん
ブログタイトル
CreateMyself ー文系社会人による「数字」のキホンー
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
CreateMyself ー文系社会人による「数字」のキホンー

髭眼鏡鶏さんの新着記事

1件〜30件

  • ブラックスワンはそこにいる

    いきなりですが、皆さんに質問です。 白鳥は何色でしょうか? 白鳥、というくらいですから『白』だと答えるのが普通ですよね。 しかし、白鳥には黒い白鳥もいるものです。 今回は、そんな黒い白鳥、「ブラックスワン」についてのお話です。

  • ファーストチェス理論とは・・・?

    最近、某SNSで『ファーストチェス理論』というものを拝見しました。 中学時代に野球部でファーストを守っていた管理人。 さらには趣味が将棋!! 何これ!!まさか管理人のために作られた理論!?

  • 今さら聞けない・・・『なおざり』と『おざなり』の違いって何??

    最近ふと思ったのがタイトルの『なおざり』と『おざなり』の件。 話してるときは何となく使い分けていたものの、厳密にはどういう違いがあるんでしょうね?? 何となく同じようなニュアンスな気もしますが・・・ ぼちぼちいい年齢なので、変に使って恥をかいたりする前に調べてみました!

  • トランザクティブ・メモリー:組織の記憶力を紡げ!

    今回のテーマは「トランザクティブ・メモリー」です。 冒頭にも示したように、人間とは「集団」つまり「組織」で行動することの方が多い生き物ですがそこには個人レベルでの活動と違うコツのようなものが存在しています。 「トランザクティブ・メモリー」はこの『集合知』についての研究分野です。 一般的に「組織学習」という分野のお話になりますが、これが我々の集団生活(主に仕事)に大いに役立つ考え方です。

  • 粉飾残業~もぐら叩き的な改革は無意味~

    ITmedia様に興味深い記事が記載されていました。 『少なすぎる残業に要注意! 組織を崩壊させる「粉飾残業」のあきれた言い訳と手口』 要約すれば、残業時間の過少申告を組織ぐるみで行っていたケースの紹介です。 働き方改革の目玉とも言えるのが【強調】残業時間の総量規制【強調】なのですが、組織的に隠ぺいされていた場合トップマネジメントとしてどう対応するのが正解なのでしょうか?

  • ブラック企業大賞2019決定!

    先日ノミネートされた企業を紹介しました。 その後Webでの投票などを経て、今年のブラック企業大賞企業が決定しました。

  • 少し早いけど2019年を振り返ってみる

    気がつけばあっという間に年の瀬。 何だか実感がわかない管理人です。 思い返せば今年も色々ありましたね。 元号が「平成」から「令和」に変わりました。

  • ブラック企業大賞2019ノミネート企業が発表!大賞は誰の手に!?

    毎年恒例となったブラック企業大賞ですが、2019年のノミネート企業が発表されました! 今年で8回目となるこの賞ですが、例年に増して「大物企業」がノミネートされている印象です。 全くもって『不名誉』な受賞歴にしかならないこの大賞。今年はどの企業が受賞してしまうのでしょうか!?

  • ブラック社則を考える

    最近、インターネットを中心に「ブラック社則」という問題が取りざたされています。 マスコミにも取り上げられつつある中で、この問題について少し考えてみようかなと思います。

  • 人口知能(AI)と人間はどう付き合うべきか?~韓国囲碁界の巨人イ・セドル九段の引退~

    2016年に行われた囲碁AI「AlphaGo」と韓国囲碁界のスーパースターであるイ・セドル九段との5番勝負は、「AlphaGo」の4勝1敗という結果に終わった。 既にコンピュータソフトに対して負けてしまっていた「チェス」や「将棋」に比べ、囲碁は本格的なコンピュータソフト開発は後発組。 しかも19×19という囲碁の局面の広さも手伝って『人間に勝てるはずはない』とまで考えられていた中での対局だった。

  • 『失敗まんだら』に学ぶ失敗の活用

    突然ですが、あなたは最近「失敗」しましたか? ついうっかり・・・なんてことで失敗することは誰しも経験があることです。 失敗というのは一般的にはダメなこととされますが、次への教科書としては非常に有意義なもの。 こういった失敗の事例を細かく集めて、データベースとして共有できれば今後同様の事例は減っていくのではないか? 製造業の現場などでは、ヒヤリハット事例などを共有し「次への教科書」として活かそうという行動は古くから取られています。

  • パワーハラスメント防止へ~典型的な6類型とその対応~

    2019年11月20日に行われた労働政策審議会(厚労省の諮問機関です)において、職場におけるパワーハラスメント(以下パワハラ)の防止・対策に向け、ガイドライン案がまとめられました。 セクシャルハラスメント(以下セクハラ)と異なり、パワハラに関しては言葉そのものは普及していたもののなかなか具体的な対策の指針がなかっただけに、今後の企業の対策も含めて大きく期待したいところです。

  • 就活にまつわる暗黙の了解~令和の就活を考える~

    個人的な話になりますが、「就活生」という立場と「採用」という立場を経験していますが、未だに「いい就活」とは何だろうかと思い悩むものです。 特に、採用という立場で考えると、一人ひとりの人生を背負って「採用活動」ができているか、自問自答するものです。 この「いい就活」について考える上で外せないのが、何が「いい就活」を阻害しているのかという点です。 その要因をつらつら考えてみると、『就活にまつわる暗黙の了解』に行き着きました。 という訳で、今回は『就活にまつわる暗黙の了解』についてです。

  • なぜ官僚主導の「働き方改革」が成功しないのかを考える

    本年4月から「有給休暇取得」に関する規定が変わっています。 詳細は、別コラムに譲るとして、今回の話の主題は、「なぜ官僚主導の『働き方改革』が成功しないのか」です。 『働き方改革』という号令は勇ましいですが、なかなか実態が伴っていない現状。 どうすればいいのか、を考えてみましょう。

  • 【就活生に】質問の先にある答えを意識しよう【伝えたい】

    就活生の皆さんは、合説や面接で「何か質問がありますか?」と聞かれたらどんな質問をしていますか? 管理人は、就活生の時は「特にありません」と言っていました。 何となく気恥ずかしかったというのと、どこまで質問していいのかよくわからなかったので「下手なこと聞いたら落とされるかも・・・」という不安があったためです。 今となっては何とももったいないことをしたなあと思います。 なぜなら、きちんと質問をすればその会社の詳細やブラック企業か否かなどをもう少し見極めることができたからです。 という訳で、今回は実際に新卒採用をしていた者としての目線から就活時の「質問事項」について掘り下げてみたいと思います。

  • 派遣社員3年勤務なら3割賃金増へ。厚労省が指針まとめる

    タイトルの通り、厚生労働省は勤務年数や職務能力に合わせた賃金を支払うように指針をまとめました。 具体的には、派遣社員が同じ業務で3年経験を積み、業務内容が変われば初年度よりも3割賃金を上昇させることなどが指針として定められています。 「働き方改革」が叫ばれて、段階的な運用が始まった昨今ではありますが本当の意味での「働き方改革」は賃金の問題なのでしょうか?

  • レペゼン地球炎上とハラスメント問題

    「レペゼン地球」というグループをご存知でしょうか? 管理人は残念ながら知りませんでした。 しかし、今回大変不本意な形で彼らの存在を知ることになりました。

  • 決算書を読み解く~キャッシュフロー計算書(CS)を読んでみよう!~

    今回紹介するのは【強調】キャッシュフロー計算書【強調】についてです。 前々回、前回で損益計算書(PL)と貸借対照表(BS)について紹介しました。 大まかに、ということであればこの2つを見れば財務分析も可能です。 しかし、損益計算書(PL)は「売上とコストの関係」、貸借対照表(BS)は「資産とその調達方法」がわかるものです。 この2つだけだと、肝心なことがわかりません。 そう、「現金の状況」です。

  • 決算書を読み解く~貸借対照表(BS)を読んでみよう!~

    企業は、お金を集めて商品やサービスを提供することで利益を創出します。 しかし、お金を集めると言っても様々な方法がありますし、商品やサービスを提供するにあたってのコストも様々です。 どのようにお金を集めて、何に使ったか? この部分が見えないと、企業の実態を掴むことができません。 という訳で必要になってくるのが貸借対照表(BS)と呼ばれるものです。

  • 羽生善治九段通算最多勝記録更新!!

    通算1434勝! 将棋界における大きな大きな金字塔が達成されました!!

  • 肩書きあれこれ~CEOと社長って何が違うの??~

    会社を作ってみると、色々と決め事が出てきます。 もちろん、事務的な手続き(税務署やら社会保険事務所やら・・・)も大変ですが、決め事も大変です。 その中で軽く頭を悩ませたのが「肩書き」です。 名刺作るにも肩書きをどうしよう・・・というのがつきまとってくるのです。 一応自分で設立した会社なので、肩書きもないというのは変だし・・・

  • 起業を検討中の方必見!合同会社を設立するまで~第3回:設立までの流れ②~

    シリーズも長くなってきましたが、いよいよ定款の作成と認証についてです。

  • 『ほうれんそう』は「おひたし」にする時代~上司と部下で美味しくクッキング!~

    さて、今回は珍しく料理について。 ほうれん草のおひたしを作ってみましょう! などと言ってレシピを書いたところで、このブログの読者の方がそんなものを読むとは思えませんね笑 何せ管理人は料理らしい料理は特に作れません(自慢) 管理人の興味は常に組織と人材の開発です。 という訳で、今回の記事は「報連相」と「おひたし」についてです。 この言葉、昨年あたりからTwitter発で出回っているみたいですが、大変素敵な言葉だと思います。 管理人の見解も踏まえながら、紐解いてみましょう! あ、「ほうれん草のおひたし」の美味しいレシピを知りたい方は別のサイトで探してくださいね・・・

  • 保護中: うにと鶏の美味しい(!?)将棋の話!~鶏インタビュー編~

    さて、今更ですが管理人Twitterに勤しんでおります。Twitterはおもしろいもので、色々な方々とつながることができます。元々はこのサイトの告知用にアカウントを開設したものの、もはや雑談用となっているのが玉に瑕ではありますが・・・笑 さて、そんなTwitterで親しくなった「うにさん」こと@SasuraiUさんと対談してみました! テーマは互いに愛してやまない「将棋」について!インタビュー形式での対談となっており、今回は管理人こと「髭眼鏡鶏(@createmyelf18)」がインタビューを受けております。

  • 起業を検討中の方必見!合同会社を設立するまで~第2回:設立までの流れ①~

    何だかんだでシリーズもいよいよ佳境に入っていきます。 今回は、実際に起業するにあたっての簡単な流れを説明していきます。 (なお、管理人の実務経験上合同会社の設立の流れです。とは言え、他の法人でも大まかには同じかと思いますが・・・)

  • 起業を検討中の方必見!合同会社を設立するまで~第1回:個人事業主と法人~

    前回の記事では、起業を考えたきっかけ等について書きました。 今回は、「なぜ起業」なのかという部分にもう少し焦点を当てて書いていきます。 さて、現在「会社を辞めて独立したい!」と検討中のあなた。 「独立」にも種類があることをご存知でしょうか? 大別すると、 ●「個人事業主(フリーランス)」として活躍する ●「起業」して法人を立ち上げる この2つに分かれます。 まずは、それぞれの特徴と違いを明らかにしたいと思います。

  • 起業を検討中の方必見!合同会社を設立するまで~第0回:起業に至った経緯~

    約10年前の春。まだ肌寒さを感じる時期だったように記憶しています。 管理人は、「社会人」としての第一歩を踏み出しました。 これからどんな生活が待っているのだろう。 自分はどんな社会人になるのだろう。 普通の人が持つであろうこういった感情も特になく。 ウキウキもワクワクもなく、ただ淡々としていたことは覚えています。

  • 【基礎編】Excelの代表的なエラーを解説

    Excelで関数を使っていると、変なエラーが出てしまう・・・ そんな悩みを抱えている初心者ユーザーの皆さん、こんにちは! ちゃんと関数を入力したはずなのに・・・ 何でエラーが出るのかわからない・・・ そんなこともあるかと思います。 今回は、Excelにまつわる代表的なエラーを解説! エラーの原因がわかれば対処法も分かるというもの! しっかり学んでいきましょう!

  • 【必見!?】「働き方改革」の時代は「DIPS」で差をつけろ!~業務効率化のヒント~

    皆さんこんにちは! 4月です。 今日からピカピカの新社会人!!という方も多いのではないでしょうか? おめでとうございます。 管理人、「会社」は嫌いですが「仕事」は割と好きです。 自分で考えて段取り決めて、取り組んで・・・まあ、結構嫌いではない。 さて、新社会人となると「仕事」は基本的に上司や先輩の方からの「指示」で動くことになると思います。 最初はそうかと思いますが、慣れてくれば少しずつ自分でやる余地が増えてきます。 そうなるまで少しの辛抱でしょうか。 今回は、仕事や業務を効率化するためのヒント、「DIPS」について解説していきます。 知っていればそれだけでライバル(?)達に差をつけることができるかもですよ~! 「DIPS」とは?? そもそも「DIPS」って何・・・?? 恐らく大半の人がそうでしょう。 「DIPS」とは、1991年に小林忠嗣さんが書いた「知的生産性向上システム―DIPS」という著書で紹介された概念です。 読んで字のごとく、「知的生産性」つまりいわゆる「ホワイトカラー層」の生産性向上に的を絞った考え方となっています。 結構いいこと書いてる本なのですが、一般的な認知度はあまり高くありません。 管理人は、初めて勤めた職場の上司から教えられました。 で、このDIPSの大きな特徴がホワイトカラー層向けのテクニックであるという点です。 時代背景をひも解くと、昔は業務の効率化や改善と言うと、多くの場合「ブルーカラー層」のテクニックを応用した形で使っていました。 トヨタの「カンバン」や「カイゼン」なんかは世界的にも有名なテクニックです。 しかし、それをホワイトカラー層に直接応用するとなると少し無理が生じます。 そういう意味では、この「DIPS」はホワイトカラー層にターゲットを絞っているため十分現代でも応用ができます。 という訳で、DIPSの骨子を説明していきます。 「DIPS」の骨子 「DIPS」について、著者は「正しい仕事の学び方」だとしています。 具体的には、こう述べています。 ~以下引用~ 一、 知的作業は、限定された時間(二時間以内)に精神力を集中することによって生産性を飛躍的に向上させることができるものである。それ故、精神の集中できる職場環境をどう作るかを学ぶ必要がある。

カテゴリー一覧
商用