searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

五十女こけさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こけさんの、なま煮えなま焼けなま齧り
ブログURL
https://ameblo.jp/koke-san/
ブログ紹介文
21世紀の片隅でひとりかそけき由無し言。 ( 昔の映画とそれにまつわる話など )
更新頻度(1年)

128回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2018/11/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、五十女こけさんの読者になりませんか?

ハンドル名
五十女こけさん
ブログタイトル
こけさんの、なま煮えなま焼けなま齧り
更新頻度
128回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
こけさんの、なま煮えなま焼けなま齧り

五十女こけさんの新着記事

1件〜30件

  • 映画ひとつ、ジョン・フォード監督『三悪人』

    映画ひとつ、ジョン・フォード監督『三悪人』  監督 : ジョン・フォード  製作 : アメリカ  作年 : 1926年  出演 : ジョージ・オブライエン /…

  • 指、指、指

    『さびしんぼう』(1985年)のヒロインは主人公への儚い恋心を紡ぎつつ(まあ大林宣彦の近親恋愛の主題もあって)実際は主人公と同じ年齢の(写真から抜け出した)母…

  • 映画ひとつ、ヴィクトル・シェストレム監督『殴られる彼奴』

    映画ひとつ、ヴィクトル・シェストレム監督『殴られる彼奴』  監督 : ヴィクトル・シェストレム  製作 : アメリカ  作年 : 1924年  出演 : ロン…

  • 役の系譜 : 好々爺 : 50年代

    [ お話は 前回 から引き続いて ] 温和な微笑を浮かべて主人公なりヒロインなりの傍らに立つと現実の、もはや運命と変わりない揺るぎなさにたじろぐ彼らをそのある…

  • 映画(20と)ひとつ、片山慎三監督『岬の兄妹』

    映画(20と)ひとつ、片山慎三監督『岬の兄妹』  監督 : 片山慎三  製作 : 日本  作年 : 2018年  出演 : 松浦祐也 / 和田光沙 / 北山雅…

  • 【お知らせ】

    日頃より多大な恩顧を賜りますことを心よりお礼申し上げます。さて雅経の歌にも草枕結び定めんかたしらずならはぬ夜半の夢の通ひ路とありながら常は鼻提灯をぶら提げて生…

  • 映画ひとつ、川島雄三監督『還って来た男』

    映画ひとつ、川島雄三監督『還って来た男』  監督 : 川島雄三  製作 : 松竹  作年 : 1944年  出演 : 佐野周二 / 田中絹代 / 三浦光子 /…

  • 落花に唇を寄せて : 藤木孝、薄笑う美貌

    藤木孝(というより当時のままの藤木敬士)の名前に絡み立つように私に浮かんでくるのはまず以て『夜明けの刑事』のオープニングで坂上二郎、石橋正次、鈴木ヒロミツ、石…

  • 映画(20と)ひとつ、ミゲル・ゴメス監督『熱波』

    映画(20と)ひとつ、ミゲル・ゴメス監督『熱波』  監督 : ミゲル・ゴメス  製作 : ポルトガル・ドイツ・ブラジル・フランス  作年 : 2012年  出…

  • 役の系譜 : 好々爺 : 40年代

    [ お話は 前回 から引き続いて ] 1940年代に一見好々爺と見まがうのがハリー・ダヴェンポートです。ウィリアム・A・ウェルマン監督『牛泥棒』(1943年)…

  • 映画ひとつ(づり)、澤田隆治『永田キング』

    映画ひとつ(づり)、澤田隆治『永田キング』  作者 : 澤田隆治  出版 : 鳥影社  作年 : 2020.6.17 よもや私が生きているうちに(いやいやいま…

  • 近頃なぜか尺のことが

    映画会社が製作に旺盛だったその昔映画の尺を決していた原理は複雑にして明瞭なものでしてまずはその映画が本編か添え物かでおよその長さに振り分けられ本編も正月や盆の…

  • 映画ひとつ、斎藤寅次郎監督『ハモニカ小僧』

    映画ひとつ、斎藤寅次郎監督『ハモニカ小僧』  監督 : 斎藤寅次郎  製作 : 東宝  作年 : 1940年  出演 : 川田義雄 / 山根壽子 / 芦乃家雁…

  • 落花に唇を寄せて : 内海桂子、奥歯で噛みしめる

     何くれと思い出すのは海原小浜でしてまだ彼女の令息と漫才を志していた頃を振り返って池乃めだかは師匠の小浜に言われたことを思い出します。よう見ときい... 楽屋…

  • 映画ひとつ、フリッツ・ラング監督『月世界の女』

    映画ひとつ、フリッツ・ラング監督『月世界の女』  監督 : フリッツ・ラング  製作 : ドイツ  作年 : 1929年  出演 : ヴィリー・フリッチ / …

  • 役の系譜 : 好々爺 : 30年代

    映画を彩るというよりも主人公の手傷のような心にそっと手を添える穏やかな風貌でその手の温かみがじわじわと画面へ広がっていくようなひとを世の中では好々爺と呼ぶので…

  • 映画ひとつ、石井輝男監督『女王蜂と大学の竜』

    映画ひとつ、石井輝男監督『女王蜂と大学の竜』  監督 : 石井輝男  製作 : 新東宝  作年 : 1960年  出演 : 吉田輝雄 / 三原葉子 / 嵐寛壽…

  • 落花に唇を寄せて : 渡哲也、なけなしの金

     確か裕次郎の一度目の大病が明けたときです。闘病したひとの、ごっそりと刳り貫かれたような(サイズの合わないパジャマのように骨と皮を着さされて)青白くむくんだ体…

  • 映画(20と)ひとつ、今泉力哉監督『愛がなんだ』

    映画(20と)ひとつ、今泉力哉監督『愛がなんだ』  監督 : 今泉力哉  製作 : 日本  作年 : 2019年  出演 : 岸井ゆきの / 成田 凌 / 深…

  • 監督、のち俳優

    俳優が映画の監督をやってみる延いては監督になるというのはいまも引きも切らず演者として関わるうちに何やら突き動かされてくるものがあるのでしょう。映画監督になる本…

  • 映画ひとつ(づり)、ピーター・フィーブルマン『リリアン・ヘルマンの思い出』

    映画ひとつ(づり)、ピーター・フィーブルマン『リリアン・ヘルマンの思い出』  作者 : ピーター・フィーブルマン  出版 : 筑摩書房  作年 : 1992.…

  • ドンレヴィの振幅

     ブライアン・ドンレヴィが演じたさまざまな役を気高い方から取っていくとなるとどうしても最上位にあるのはフリッツ・ラング監督『死刑執行人もまた死す』(アメリカ …

  • 映画ひとつ、大和屋竺監督『愛欲の罠』

    愛欲の罠  監督 : 大和屋 竺  製作 : 天象儀館  作年 : 1973年  出演 : 荒戸源次郎 / 絵沢萠子 / 安田のぞみ / 大和屋 竺 / 山谷…

  • 落花に唇を寄せて : オリヴィア・デ・ハヴィランド : 思えば一世紀の花

     天の配剤とは申せ同じ一日にオリヴィア・デ・ハヴィランドと山本寛斎と弘田三枝子の訃音を受け取るなどこれまでの人生で一度たり浮かんだことのない最期です。(まあ圓…

  • 映画ひとつ、ヴィットリオ・デ・シーカ監督『ミラノの奇蹟』

    ミラノの奇蹟  監督 : ヴィットリオ・デ・シーカ  製作 : イタリア  作年 : 1951年  出演 : フランチェスコ・ゴリザーノ / パオロ・ストッパ…

  • 落花に唇を寄せて : 森崎東 : 生きてこそ花

     森崎東という名前が私の視野に最初に谺したのは『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』(キノシタ映画 1985年)でしてそれがまさに谺なのは世評は高…

  • 映画(20と)ひとつ、イ・チャンドン監督『バーニング 劇場版』

    バーニング 劇場版  監督 : イ・チャンドン  製作 : 韓国  作年 : 2018年  出演 : ユ・アイン / スティーヴン・ユァン / チョン・ジョン…

  • 場所の誘惑 : 屋上

    矢崎仁司監督『三月のライオン』(矢崎仁司グループ 1992年)には奇妙なビルが出てきます。長いコンクリートの脚で線路を跨ぐとその上に何階建てだかの集合住宅が乗…

  • 映画ひとつ(づり)、伊丹万作『静臥雑記』

    映画ひとつ(づり)、伊丹万作『静臥雑記』  作者 : 伊丹万作  出版 : 国際情報社出版部  作年 : 1943年で明かされる通り『影画雑記』に続く伊丹万作…

  • 役者の山脈 : 永遠の二枚目 : 鴈治郎

     映画界をも巻き込みながら戦後の関西歌舞伎をあれほどに揺さぶったのは偏に二代目を継いだ中村鴈治郎の収まりのつかなさにあったように思います。うかうかしていたら東…

カテゴリー一覧
商用