searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

白ごりらさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
癒しの白文鳥さん ぴーちゃん大好き!
ブログURL
http://shiroshiroshiro738.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
白文鳥のぴーちゃんとの出会いから最近の様子まで、成長ぶりを少しずつ綴っていきたいと思います。
ブログ村参加
2018/11/05
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、白ごりらさんをフォローしませんか?

ハンドル名
白ごりらさん
ブログタイトル
癒しの白文鳥さん ぴーちゃん大好き!
フォロー
癒しの白文鳥さん ぴーちゃん大好き!

白ごりらさんの新着記事

1件〜30件

  • ずっと元気で仲良く

    11月の上旬、7ヶ月ぶりのぴーちゃんの健康診断に行ってきました。かなり落ち着いた状況で、以前とは違った気持ちで行くことが出来ました。前回の健康診断が4月の上旬だった為、10月中に行くつもりだったのですが、10月1日に予約の電話を入れたところ、既に10月中の健康診断枠はいっぱい。11月に入ってからとなってしまい、ぴーちゃんにはただただ平謝りでした。病院へは、いつもの通り、キャリーが大嫌いなぴーちゃん...

  • 文鳥色のダイアリー

    8月の中旬頃から、ぴーちゃんの換羽が始まりました。今は殆ど完了といったところで、私もちょっとだけ安心しながら、ぴーちゃんを見守り続ける毎日です。ぴーちゃんの貴重なお羽が何枚も抜けていく様子を見るのは、いつも心苦しくて、何度経験しても全く慣れることが出来ません。それでも、換羽期独特の、ぴーちゃんの無防備なところや(疲労感からだと思います)、普段のシュッとした様子からは想像も出来ない、だらしない感じの...

  • もっと近づきたい!

    夏の暑い日、ブランコに乗って優雅に揺れているぴーちゃんを見つめながら、少しモヤモヤとした気持ちになります。うずら卵のような頭に、何でもこなしてしまう万能のくちばし、真っ直ぐな瞳に華奢な脚、そして自由に飛ぶことが出来る白くてモフモフの翼。何一つ私に似たところは無く、一緒に仲良く暮らしているのにこんなことでいいのかと、少し焦ってきます。そして、何とかしてぴーちゃんに近づくことが出来ないかと、色々と考え...

  • 寄り添ってくれるところ

    何となく元気になれない時は、ぴーちゃんに甘えることにしています。とても小さくて4寸6分(!)程のぴーちゃんですが、こう見えて、とても包容力があります。私がぴーちゃんのお羽に頬を寄せて、干し草のようなスイカのような匂いに包まれていると、そっとそのまま寄り添って一緒に幸せであたたかな時間を過ごしてくれます。多分、間違いなく、私の心に起こっている波のようなものを読み取ってくれていて、今はこのままでいた方...

  • 健康診断への道

    4月1日、ぴーちゃんの健康診断に行ってきました。(もう一カ月以上前になります。時折文章と噛み合わない写真と今頃(!?)の内容です。(笑))慢性腎不全で人工透析に通う家族とぜん息持ちの私。1年3カ月程前から、少し厳しめの自粛生活を続けています。そんな中で、毎年春と秋に行くぴーちゃんの健康診断を延期することは、本当に苦渋の選択でした。それでも、なんとかタイミングを見つけて必ず行こうと決めていた為、3月...

  • ⑯愛しい気持ち

    新しい一日の始まりとともに、ぴーちゃんとの新しい時間が始まります。「今日もお互い仲良く支え合うことが出来たら。」ぴーちゃんと暮らし始めてから毎日変わらない私の大きな願いです。繊細で優しいぴーちゃんに何かのきっかけで嫌われてしまわないかとビクビクしてしまうことも。「今、ちょっと大きな音立てちゃったかな。」「いい写真を撮りたくて、必死にスマホを向けすぎてしまったかな。」反省とともに愛しい気持ちが大きく...

  • 春の運動会

    凍えそうなほどの寒い日があったり、身体がほぐれるほどの暖かい日があったりするなか、ぴーちゃんにも少しずつ春が近づいて来ています。もう少しして本格的な春がやって来ると、換羽を迎えて、再び一緒に遊んでもらえない日が来るのかなと思うと、いつものように気持ちが焦ってきます。毎日元気に飛んでいるぴーちゃん。時間にするとそれ程長くはないのですが、飛んでいる時のぴーちゃんは少し誇らしげで、私は憧れのまなざしで見...

  • 最高の過ごし方

    ぴーちゃんには色々な能力があります。そのどれもが、私を幸せにしてくれる素敵なものばかりなのですが、以前からとても不思議に思っていたことがありました。何故かぴーちゃんといると、無性に眠くなってしまうのです。これはただ単に、私の睡眠の問題かなとも思っていたのですが、どうやらそうではないことに気づきました。満腹の後の眠気や、寒い外から暖かい家に帰って来た時の眠気、なんだか安心して大きなものに包まれて幸せ...

  • 新年のぴーちゃん(2021. 1. 7.)

    新年のぴーちゃんは、相変わらず色白です。(笑)私の方は、風邪をひかないこともあり、持病の咳ぜん息の症状も出ず、穏やかな体調で過ごしています。寒いこの季節、かなりの頻度で辛い症状と闘うこととなるのですが、この状況の中で症状が落ち着いていることは私にとって大きな救いとなっています。今年は初詣にも行けず、怖くて外出も全く出来ず、落ち込んで過ごすのではと思いきや、偉大なるぴーちゃんがそうはさせてはくれませ...

  • 6歳のお誕生日

    ぴーちゃんが6歳のお誕生日を迎えました!本当は11月下旬生まれのぴーちゃんですが、我が家に初めてやって来た12月1日に、毎年お誕生日のお祝いをしています。恒例になった、お家の回りにキラキラとした飾りを付けて、ぴーちゃんのことをいつもの何倍も思う日を過ごしました。私の心の太陽ぴーちゃんが6歳!感激屋の私は、想定通り、感極まって号泣。あらかじめ用意しておいたお祝いの言葉も、涙でしどろもどろになり、半分...

  • 手のひらの観察日記

    一カ月半ほど前から、ぴーちゃんの観察日記を書き始めました。ある朝、新しく変えてあげたお水を、いつもの何倍も飲んでいるなと、心配になった事がきっかけでした。結局、以前は洗ってすぐの水浴び器のお水をよく飲んでいたのを、全く飲まなくなった代わりに、お水入れのお水をその分飲んでいたのですが、何日かはそれに気づかず不安に過ごしました。体調について心配な時によく見る、スタジオムックの「アニファブックス文鳥」を...

  • 文鳥の秋

    少し前になりますが、10月24日は文鳥の日でした。当日の深夜、うつらうつらしながら他の方のブログを拝見していると、とても大切なことを忘れている自分に気づきました。一年の中で二番目に大切な日(一番目はぴーちゃんのお誕生日です)を、もう少しで何の感慨も持たずに過ごしてしまうところでした!冷蔵庫の横に貼ってあるカレンダーを慌てて確認したところ、”24”の文字は黒字で、”文鳥”の”ぶ”の字も書かれていません。何てこと...

  • ぬくもりと優しさと

    台風が過ぎ去って、夏に逆戻りしたような日々が続いた後、再びの秋がおとずれました。朝・昼・夜、そして日によって違う寒暖差に、体力の消耗が心配な毎日ですが、ぴーちゃんの換羽はまだ続いています。(あともう少しという状況でもあります!)くちばしで触り過ぎてしまい赤く痛々しくなってしまったお羽や、昨年と同様にヤマアラシの様な風貌になったりのぴーちゃん。それでも、お家から出て来て、私の肩や手のひらに乗ってくれ...

  • ぴーちゃんまんじゅう

    9月の上旬、ぴーちゃんの白くて可愛いお羽が3本抜けました。換羽の予感です。今年の春には換羽が来なかった為、秋にはきちんとお羽が抜け替えないと心配だなと思っていたのですが、無事に換羽を迎えてホッとひと安心しています。小鳥の飼育を初めて経験する私は、未だに換羽に慣れることが出来ません。いつも心配ばかりの日々を過ごしてしまいます。昨年の春の場合は2カ月弱続き、ぴーちゃんは日増しに疲労感でぐったりとした感...

  • 純粋なところ

    私の大好きな混じりけの無い真っ直ぐな心。いつものようにお家を覗いてみると、身体全体で嬉しさを表現してくれるように私に近づいて来てくれます。視界から私が消えてしまうと大鳴きをして呼び戻して、ぴーちゃん家に行くといつも滞在時間が大幅に延長してしまいます。(笑)毎日一生懸命にごはんを食べて、一生懸命に生きている。心に不純物の無いピュアさが、とても眩しくて尊いです。繊細で傷つきやすく、その為に振り回される...

  • 君といる夏

    「どうか一目でいいから、ぴーちゃんにその姿を。。」八月に入って猛暑続きの毎日の中、家中に響き渡るように聞こえる蝉の声に私は少し焦っています。”ぴーちゃんにこの声の持ち主を見せてあげたい。”という私の願いは、昨年の夏から成就出来ぬまま、今年の夏もしっかりと引き継いだままとなっています。(笑)冬から春そして夏へと、余りにも長い時間を家の中で過ごしている私に、夏の到来を教えてくれている蝉の声。こんなにたく...

  • ⑮カミカミの跡

    私の腕に残るたくさんのカミカミの跡。今年も気温が高くなるにつれて、洋服の袖が短くなってきて顔を出してきました。ぴーちゃんが幼い頃には毎日のように悩んで、「どうしたらカミカミを止めてくれるのだろう。」と、本やインターネットで調べたりしました。それでも、ぴーちゃんにとって効果的な方法は見つからず、少しずつ時間が流れていきました。真夏の日の放鳥にも長袖の服を着ていたのが、いつのまにか半袖の服も平気で着ら...

  • 最近のぴーちゃん(2020. 7.11.)

    最近のぴーちゃんは、相変わらずモフモフです。(笑)そして、朗報なのですが、ぴーちゃんがかねてからの最大の念願であったダイエットに成功しました。(7/11現在)昨年の春、動物病院での健康診断で、「体重は30gを切るように!」と目標を定められてダイエット生活が始まりました。食いしん坊のぴーちゃんに対して、私は時として鬼となり、(へなちょこな鬼ですが!)管理をすることとなりました。病院で指導された方法よりかな...

  • 雨に唄えば

    6月に入ると少しずつ雨の匂いがしてきて、ぴーちゃんと迎える梅雨の時期を今年も楽しく過ごしたいなと考え始めます。多すぎることのない雨の音は、好きな音楽と一緒に聴いていると二重奏のような優しい響きに。ふとぴーちゃんの表情を見てみると、うっとりと目を細めて美しい音色に聴き入っている様子。その表情を見ているだけで私は心がとても落ち着いてきます。私がぴーちゃんのテーマ曲と思っている曲が何曲かあります。(自分...

  • おはよう!

    365日の早起きにも少しだけ慣れて、それでも睡魔との闘いの日も多い毎日ですが、ぴーちゃんと過ごす朝は一日の中でも特別な時間です。「ぴーちゃん、おはよう!」寒い朝に寝んねのカバーを取る瞬間はいつも喜びと不安が隣り合わせ。”ぴーちゃん、元気にしてるかな。”顔を見るまでの一瞬、ほんの少し、息を止めるような思いで。最近は朝も充分暖かなので、私の立てる物音にいち早く気づき、「カバー取って、早く、早く~!」と鳴...

  • 夏の準備

    昨日、ぴーちゃんの恐怖の体重測定を行ったら30.5gでした。これでも以前と比べて痩せたのですが、3月に行った動物病院でも、「相変わらずぽっちゃりさんですね。」と言われる始末!ごはんを少しずつ減らしながらのダイエット生活はまだまだ続いています。これから暑くなるにつれてスタミナが必要になってくるので、人間ならば沢山食べて身体を作ってとなるのですが、ぴーちゃんには出来ないので少し運動量を増やすようにしてもら...

  • ぴーちゃんの親戚

    ベランダの欄干に、ぴーちゃんの親戚が来ることがあります。グレーの少しぷっくりとした大きめの鳥さん(シロハラかな?)や、ぴーちゃんと同じスズメ目のスズメさんなどです。私はその度に、「ぴーちゃんの親戚が来たよ!」と騒ぎ立てるのですが、ぴーちゃんがどんな顔をして親戚たちを見るのかがとても気になって、ひっそりと様子をうかがいます。気付かれないように、横目でチラチラとです。そんな時、私の心の中では、メラメラ...

  • ⑭桜の記憶

    家から歩いて5分ほどの場所に大好きな桜の木があります。今年はとても近くてそしてとても遠い桜の木です。ふと、私には桜の記憶がたくさんあるのに、ぴーちゃんには桜の記憶が無いことに気づきました。外の世界で過ごしていたのなら、毎年美しく儚く咲き誇る桜を見ながら翼をいっぱいに広げて飛び回っていたのかもしれません。スーパーに行った帰り道、大好きな桜の木の下に行きました。少しの間立ち止まり、風に乗って花びらが私...

  • 一緒に治そう②

    思えば一カ月半以上の間、自分なりに自粛生活を行って、たくさんの時間をぴーちゃんのそばで過ごしていたのですが、心は上の空でした。それは、どうしたら命を守る事が出来るかを考えている大切な時間だったのですが、ぴーちゃんにとっては余りにもいつもと違う私だったのかもしれません。私はぴーちゃんに淋しい思いをさせてしまったのではと反省をして、いつも以上にぴーちゃんを見てぴーちゃんに声を掛けることを心がけることに...

  • 一緒に治そう①

    3月上旬から下旬にかけて、計4回、ぴーちゃんは動物病院に通っていました。正直言うと、この状況下で恐怖心と戦いながら通っていましたが(大袈裟な表現かもしれませんが)、元気になってきたので記録とともにブログに残しておこうと思います。(写真については、最初の頃はとても痛々しいので、少し良くなってきてからのものをアップします。)ある日の夕方、いつものように水浴びをした後、ぴーちゃんが発作のような動きを繰り...

  • 温かいところ

    時間が過ぎるのがとても早くて、ぴーちゃんを育てているつもりがいつのまにかコントロールされていて、そして守ってもらっています。ぴーちゃんがいるから明日も一生懸命生きていこうと思えます。ぴーちゃんの温かさに触れていたいから健康でいようと自分を省みることが出来ます。ぴーちゃんは身体も心も温かい。頼り過ぎている私を受けとめて、それ以上の思いを返してくれる。”ぴーちゃん無しでは生きていけない。”そんな情けない...

  • 最近のぴーちゃん(2020. 3.15.)

    最近のぴーちゃんは、相変わらずベタベタです。私の方は、新型肺炎の影響もあり、ゴミ出しとネットスーパーで買えなかった物の買い出し以外殆ど家の中から出ない為、ぴーちゃんと一緒の時間が増えて以前にも増して仲良く暮らしています。いつもと違う私のピリピリ感がぴーちゃんにも伝わるのか、普段よりも慈しみというか、私を守ってくれている感じが多くて、文鳥さんの偉大さを感じます。私の住んでいる愛知県名古屋市は感染者の...

  • 春を待つ日

    ガラス窓からたくさんの陽が差し込み、寒い季節もとうとう終わりに近いかなと思いながらカレンダーを見ます。いつもの年なら、クローゼットの扉を開けて、”今年の春は何を着よう。これはちょっと無理かな。”と思いながら、春服を着るタイミングを計る頃。突然、大きな嵐がやって来て、空が真っ黒で大きな雲に覆われてしまったように、道の先に何があるのか見えなくなってしまって。毎日脅えながら、愛する者達を心配し思う気持ちで...

  • ぴーちゃんファイル②

    以前、私が病気などでぴーちゃんのお世話が出来ない場合、誰が見ても分かってお世話してもらえるようにとファイルを作成しました。今回、改めてチェックをして、足りない部分などを補ってみました。家族や友人・知人にお願い出来ないという場合も想定して、慌てず対処出来るようにと準備してみました。ファイルは両開きで、右ポケット・左ポケットがあります。<右ポケット>①かかりつけの動物病院についての資料 パンフレット・...

  • 其の十二

    文鳥短歌を書きたいと思います。元気ハツラツなぴーちゃん、春が近づいてきているね。 冬の華 指に滴る 水となり 文鳥の羽 纏(まと)いたき朝  鈍感さ 思い知りたる 我れのあご 鏡に映る 文鳥土産よ 文鳥に 触れられぬ夜 舐めてみて 似てると耐える メープルシロップ 人知れず 泣く夜の側で 揺らすカゴ 文鳥知れり 我れの波動を 好きすぎて 切なくなるよ 文鳥が 奪いし我れの 朝昼夜に 手のひらで 眠...

カテゴリー一覧
商用