searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

satokoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Sparks inside of me
ブログURL
https://theatre-goer.hatenablog.com/
ブログ紹介文
海外ミュージカルの感想中心。ストプレ、バレエ、それ以外の舞台も。最近は韓国の大学路作品に夢中。
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2018/09/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、satokoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
satokoさん
ブログタイトル
Sparks inside of me
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
Sparks inside of me

satokoさんの新着記事

1件〜30件

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) @ Akasaka ACT Theatre, Tokyo《2020.9.22マチネ》

    毎日ミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) を観るために赤坂炭鉱、もとい赤坂ACTシアターへ通った9月の四連休。当初の予定では四連休最終日は観劇予定は入れていませんでした。プレイガイドのサイトを眺めていたらふと見つけた良席。チケットサイトを開いている時点で結果は見えているようなものですが、悩んでいたのは多分10秒ぐらいでした。そんな連休最後のビリー観劇回のキャストのみなさまは以下の方々でした。 ビリー:利田太一さん お父さん:益岡徹さん ウィルキンソン先生:柚希礼音さん おばあちゃん:根岸季衣さん トニー:中河内雅貴さん ジョージ:星智也さん オールダー・ビリー:永野亮…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) @ Akasaka ACT Theatre, Tokyo《2020.9.21マチネ》

    すっかり夢中になっている2020年再演版ミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) 。私にとっては5回目の再演ビリーのキャストは以下の方々でした。 ビリー:川口調さん お父さん:益岡徹さん ウィルキンソン先生:安蘭けいさん おばあちゃん:根岸季衣さん トニー:中河内雅貴さん ジョージ:星智也さん オールダー・ビリー:永野亮比己さん マイケル:佐野航太郎さん デビー:小林桜さん トールボーイ:石井瑠音さん スモールボーイ:豊本燦汰さん バレエガールズ: 下司ゆなさん1、咲名美佑さん2、新里藍那さん3、増田心春さん4、柳きよらさん5 お母さん:家塚敦子さん ブレイスウェイトさん…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) @ Akasaka ACT Theatre, Tokyo《2020.9.20マチネ》

    大好きなミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) を毎日観れる夢のような、一回観劇した後の体力消耗加減が半端ないのである意味修行のような連休の2日目。私にとっては4回目の再演ビリーのキャストは以下の方々でした。 ビリー:渡部出日寿さん お父さん:益岡徹さん ウィルキンソン先生:安蘭けいさん おばあちゃん:阿知波悟美さん トニー:中井智彦さん ジョージ:星智也さん オールダー・ビリー:大貫勇輔さん マイケル:日暮誠志朗さん デビー:森田恵さん トールボーイ:高橋琉晟さん スモールボーイ:大熊大貴さん バレエガールズ: 北村栞さん1、佐藤凛奈さん2、髙畠美野さん3、並木月渚さ…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) @ Akasaka ACT Theatre, Tokyo《2020.9.19マチネ》

    3年ぶりに再演されたミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) の素晴らしいオープニング公演を二日連続で観た後、うわ言のように「あーー早くビリーがまた観たい」と唱え続けた一週間。夢のようなビリー三昧の連休の初日、私にとっては3回目の再演ビリーのキャストは以下の方々でした。 ビリー:利田太一さん お父さん:益岡徹さん ウィルキンソン先生:安蘭けいさん おばあちゃん:阿知波悟美さん トニー:中井智彦さん ジョージ:星智也さん オールダー・ビリー:大貫勇輔さん マイケル:菊田歩夢さん デビー:小林桜さん トールボーイ:高橋琉晟さん スモールボーイ:豊本燦汰さん バレエガールズ: …

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) @ Akasaka ACT Theatre, Tokyo《2020.9.13マチネ》

    興奮覚めやまず、半分意識が朦朧とした状態で帰路についたマイ初日の翌日もミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) を観るために赤坂ACTシアターへ。この日のマチネは川口調くんのビリーの初日でした。トールボーイの高橋琉晟くん以外のキッズは全員入れ替わり、大人キャストとしてはお父さん、おばあちゃん、トニーが前日と入れ替わり。私にとっては2回目の再演ビリーのキャストは以下の方々でした。 ビリー:川口調さん お父さん:橋本さとしさん ウィルキンソン先生:柚希礼音さん おばあちゃん:阿知波悟美さん トニー:中井智彦さん ジョージ:星智也さん オールダー・ビリー:大貫勇輔さん マイケル…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) @ Akasaka ACT Theatre, Tokyo《2020.9.12ソワレ》

    どれほどこの日を待ちわびていたでしょう。とうとう私が愛してやまない日本のビリー、ミュージカル『ビリー・エリオット』(Billy Elliot) の再演が開幕しました。COVID-19の影響で公演中止を余儀されなくなった作品がたくさんある中、「どうかビリーだけは、なんとしてでもビリーだけは演れるようにしてください」と祈り続けた日々。声変わり前で身長が伸びる前の才能溢れる少年たちの一瞬を切り取るゆえに、今回の公演が中止されてしまうとしたらこの作品に出演を予定していた子たちに「次の機会」はないかもしれない。一年以上の期間を掛けて大切に大切にビリーたちを育て上げてやっと開幕を迎えられるのが『ビリー・エ…

  • 【観劇記録】2020年9月 K-Musical On Air『女神様が見ている』『赤壁』『ザ・フィクション』

    韓国観光公社とK-PERFORMACEの共同主催で2020年8月31日から9月3日までの4日間にかけて開催された「K-Musical On Air」のVLIVE、NAVER TVでのミュージカル公演配信。同じく韓国観光公社が主催している「ウェルカム大学路」の宣伝も兼ねていることもあり、「K-Musical On Air」のVLIVEでの配信はすべて英語字幕付き、すべて無料で視聴可能。COVID-19の影響で軽率に国境をまたぐことが不可能になったミュージカルオタクにとってはありがたすぎるこのイベントを逃す手はありません。幸運なことに全日程、全作品を視聴できたので先月8月のVLIVE公演の感想記事…

  • 【観劇記録】2020年8月 VLIVE配信『伝説のリトルバスケットボール団』『ルドウィク:ベートーヴェン・ザ・ピアノ』『マリー・キュリー』『ファンレター』

    COVID-19のパンデミックの影響により国内外で舞台作品の公演中止が相次ぎ、舞台オタクには試練の時になっている昨今。元々舞台作品の映像配信を積極的に行っていた韓国ミュージカル界ですが、この夏からNAVER TVおよびVLIVEでの公演生中継や録画配信が頻繁に提供されるようになってきました。生観劇とはまた違った魅力を持つ公演の映像作品を無料で視聴できるなんて、遠征できないオタクにはありがたすぎるお話。そんな韓国ミュージカル界のちょっとしたムーブメントを受け、8月にありがたく拝見することができた4作品の簡単な紹介と感想を書いてみたいと思います。 ミュージカル『伝説のリトルバスケットボール団』《2…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ファンレター』(팬레터, Fan Letter) @ Doosang Art Center, Seoul《2019.12.1-2020.1.26》

    香港映画界の重鎮ウォン・カーウァイ氏が映画にしたいと言って絶賛したことや東宝が上演権獲得を検討していることも話題になった韓国創作ミュージカルの『ファンレター』 (팬레터, Fan Letter)。そんなソウルでの3回目の公演を迎えた『ファンレター』を以下の日程、キャストで観てきました。 [2019.12.1 マチネ] キム・ヘジン:キム・ギョンスさん チョン・セフン:ユン・ソホさん ヒカル:キム・ヒオラさん イ・ユン:キム・ジフィさん イ・テジュン:ヤン・スンリさん キム・スナム:チャン・ミンスさん キム・ファンテ:アン・チャンヨンさん [2019.12.7 マチネ] キム・ヘジン:キム・ギョ…

  • 【観劇レポ】コンサート『ジーザス・クライスト・スーパースター』(지저스 크라이스트 수퍼스타 콘서트) @ LG Art Center, Seoul《2020.3.1マチネ》

    これまでに何度か書いていますが、私が韓国でミュージカルを観ることにハマるきっかけなったのが2015年のミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター』(지저스 크라이스트 수퍼스타, Jesus Christ Superstar, 以下JCS) の公演。シドニーやマンチェスターやアムステルダムに弾丸したりとこの作品に関しては謎のフットワークの軽さを発揮してきた私ですが、韓国でもいきなりドボンと沼にハマって、ズブズブ沈んで、地方公演も含めて合計16回も観たのは今や懐かしい思い出。我ながら16回という数字は相当ネジがぶっ飛んでいる数字ですよね。韓国でも人気作品であるのにも関わらずなかなか再演が…

  • 【観劇レポ】ナショナル・シアター・ライブ『リーマン・トリロジー』(The Lehman Trilogy)《2020.2.20》

    2018年以来ものすごく久しぶりにナショナル・シアター・ライブ(National Theatre Live, 以下NTライブ)を観てきました。観たのは渡英した時にソールドアウトで観れず、日本でのNTライブ上映が始まると大絶賛の嵐で気になっていたサム・メンデス (Sam Mendes) 氏演出の『リーマン・トリロジー』(The Lehman Trilogy)。この記事のサムネイルにも使っている上の写真は手持ちの『マクベス』のプログラムに掲載されていたナショナル・シアターの上演予定ラインナップの説明。サイモン・ラッセル・ビール (Simon Russel Beale)、アダム・ゴドリー (Adam…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『チェス』(Chess the Musical) @ Tokyo International Forum, Tokyo《2020.2.8ソワレ》

    海外からの招聘キャストと日本人キャストの豪華カンパニーで英語公演をするということで話題になったミュージカル『チェス』(Chess the Musical)。招聘キャストに私がウェストエンド沼にダイブするきっかけになったラミンさんや、ヒュー・ジャックマン主演の映画『レ・ミゼラブル』でエポニーヌを演じたことをきっかけに大ブレイクして活動の拠点がウェストエンドだけに留まらず広がり続けているサマンサが来日してくれる。そんなわけで東京公演千秋楽間際に観劇してきました。豪華出演陣のプリンシパル・キャストのみなさまは以下のみなさま。 アナトリー:ラミン・カリムルーさん フローレンス:サマンサ・バークスさん …

  • 【観劇記録】2019年上期観劇まとめ(5月)

    2019年の上期に観劇した作品についての個人的な記録を兼ねたまとめ記事その3、5月分です。個別のレポを書いた作品はそちらへのリンクを、個別レポを書いていないものは簡単に感想を書いています。

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』(스토리 오브 마이 라이프, The Story of My Life) @ , Seoul《2019.12.28ソワレ, 2020.1.25ソワレ》

    今年韓国で上演されて10周年を迎えたミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』(스토리 오브 마이 라이프, The Story of My Life, 以下SOML)。10周年ということもあり、二人劇のミュージカルに対して9名の俳優さんたちがキャスティングされたのですが、私が観劇できたの以下の日と組み合わせ。 [2019.12.28 ソワレ] トーマス・ウィーバー:コ・ヨンビンさん アルヴィン・ケルビー:イ・ソクジュンさん [2020.1.25 ソワレ] トーマス・ウィーバー:ソン・ウォングンさん アルヴィン・ケルビー:イ・チャンヨンさん 五十路手前のベテラン俳優さんペア、同じ二人ミュー…

  • 【観劇レポ】演劇『エレファント・ソング』(엘리펀트 송, The Elephant Song) @ Yes24 Stage 3, Seoul《2020.1.25マチネ》

    今年初渡韓で最初に観た作品は色んな方々に勧められて気になっていた『エレファント・ソング』(엘리펀트 송, The Elephant Song) でした。私が観た回の複数キャスティングされているキャストのみなさまは以下の方々。 マイケル:カン・スンホさん グリンバーグ:ヤン・スンリさん ピーターソン:コ・スフィさん シンプルな病院の事務室のセットの窓から見える深々と降る雪のように、静かな感情の雪片が積もっていくような作品でした。

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ウィー・ウィル・ロック・ユー』(We Will Rock You, 위윌락유) @ Jamsil Sports Complex, Seoul《2019.12.28マチネ》

    今回も少し長めに滞在した年末年始のソウル遠征。普段は枠がなくて観れない、観ない作品を中心に観ようということで選んだ作品の一つが『ウィー・ウィル・ロック・ユー』(We Will Rock You, 위윌락유, 以下WWRY)。『ルドウィク:ベートーヴェン・ザ・ピアノ』、『ブルーレイン』などで注目するようになったチョ・ファンジさんが主人公のガリレオ役で出演しているので、ファンジさんのロック歌唱を聞いてみたいというのが動機。私が観た回の複数キャスティングされているキャストのみなさまは以下の方々でした。 ガリレオ・フィガロ:チョ・ファンジさん スカラムーシュ:イム・ソラさん キラー・クイーン:ソ・ムン…

  • 【観劇レポ】演劇『プライド』(프라이드, The Pride) @ Art One Theatre, Seoul《2019.6.2-2019.8.24》

    50年の時を隔てて生きる同じ名前の3人の男女の物語という設定に興味を惹かれた『プライド』(프라이드, The Pride)。2幕物のランニングタイムが3時間以上のストレートプレイを韓国語で。2年前の私なら間違いなく絶対尻込みして見送っていただろう作品なのですが、好きな俳優さんが出演されていたこと、作品を観たことのある人達の好評にも後押しされてチャレンジしてみました。私が観た日程とキャストのみなさまの組み合わせは下記のとおり。 [2019.6.2マチネ] フィリップ:キム・ギョンスさん オリヴァー:イ・ヒョヌクさん シルヴィア:シン・ジョンウォンさん マン:ウ・チャンさん [2019.6.15マ…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』(키다리 아저씨, Daddy Long Legs) @ Dream Art Center, Seoul《2019.12.1-2019.12.31》

    急遽2019年の公演が決まった二人ミュージカルの『ダディ・ロング・レッグズ』(키다리 아저씨, Daddy Long Legs)。キャストがかなり入れ替わった今季の公演、3回で7人いるキャストのうち6人を観る計画を立てていたのですが、急遽1回追加して合計4回12月中に観てきました。観た今季キャストのみなさんと日程は以下のとおり。 [2019.12.1 ソワレ] ジルーシャ:カン・ジヘさん ジャーヴィス:キム・ジチョルさん [2019.12.7 ソワレ] ジルーシャ:ユ・ジュヘさん ジャーヴィス:カン・ピルソクさん [2019.12.27 ソワレ] ジルーシャ:イ・アジンさん ジャーヴィス:ソン…

  • 【観劇記録】2019年上期観劇まとめ(3月〜4月)

    2019年の上期に観劇した作品についての個人的な記録を兼ねたまとめ記事その2、3月~4月分です。個別のレポを書いた作品はそちらへのリンクを、個別レポを書いていないものは一部簡単に感想も書いています。3月後半以降に個別レポを書くのをサボっていたことがバレバレに...。

  • 【コラム】芋づる式観劇MAP:韓国ミュージカル編

    お題「芋づる式観劇MAP」 活字好きのみなさんの間で話題になった岩波新書さんの芋づる式読書MAPの企画。この芋づる式読書MAPを戯曲だけで作成されている方がいて、その方作成されたMAPが興味深く、さらにMAP作り自体がとても面白そうだったので便乗して「自分が観たことがある韓国創作ミュージカル」限定で作ってみたのが上の芋づる式観劇MAPの韓国ミュージカル版、名付けて芋づる式韓ミュ観劇MAPです。かなり強引に芋と芋のつるをつないだ部分があることは否めませんが、作っていて本当に楽しかったです。 MAPに芋として配置した作品は下記です。全部で39作品でリストでは50音順に並べています。このブログで記事…

  • 【観劇レポ】演劇『R&J』(알 앤 제이) @ Dongguk University Lee Hae-rang Art Company, Seoul《2019.7.28-2019.9.14》

    韓国初演の時に友達から強烈なプッシュを受けて初めて観た演劇『R&J』(알 앤 제이)。恐らくシェイクスピアの戯曲の中でも一番有名な『ロミオとジュリエット』の悲劇。誰もが知っている『ロミオとジュリエット』をベースにしながらも全く新しい作品に作り変えたこの作品の魅力に触れた頃にはすでに千秋楽まで期間がなく、再演されたら今度こそはもっと観ようと心に誓ったのは去年、2018年の秋。初演の好評を受けて早速翌年2019年に再演されたこの作品を、今季は4回観ることができました。私が観劇した公演と俳優さんたちは下記のとおり。 [2019.7.28 マチネ] 学生11:パク・ジョンボクさん 学生22:ホン・スン…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ブルーレイン』(블루레인, Blue Rain) @ Sejong Culture and Arts Center, Seoul《2019.8.24-2019.9.14》

    2018年、2019年の大邱国際ミュージカルフェスティバルでのトライアウト公演を経てソウル公演と相成った韓国創作ミュージカルの『ブルーレイン』(블루레인, Blue Rain)。『スモーク』、『インタビュー』、『ルドウィク:ベートーヴェン・ザ・ピアノ』などの作品と同じくチュ・ジョンファさん脚本、ホ・スンヒョンさん作曲の注目夫婦タッグが携わっていること、豪華な出演陣に惹かれて観ることを決定。初めての世宗文化会館のSシアターにもワクワクしながら観劇してきました。私が観た3回の公演とキャストのみなさんの組み合わせは以下の通り。 [2019.8.24 ソワレ] テオ:イ・チャンフィさん ルーク:パク・…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ザ・フィクション』(더 픽션, The Fiction) @ TOM Theatre, Seoul《2019.4.27-2019.6.30》

    土曜日は14時、17時、20時の3回に渡って上演された85分の一幕モノのミュージカルという手の出しやすさも手伝い、観劇回数がグンと伸びたHJ Cultureの韓国創作ミュージカル『ザ・フィクション』(더 픽션, The Fiction)。 物語のメインとなる登場人物のグレイとホワイトは俳優さんごとに衣装が全然違うことにも象徴されているように、俳優さんが違えば演技の方向性も大きく違い、さらにその組み合わせでまた全然違った雰囲気を味わえたこの作品。私が観劇した日時と俳優さんの組み合わせは下記の通りでした。 [2019.4.27 17時公演] グレイ・ハント:パク・ギュウォンさん ホワイト・ヒスマン…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『伝説のリトルバスケットボール団』(전설의 리틀 농구단) @ Seokyeong University Performing Arts Center, Seoul《2019.9.15ソワレ》

    個人的に作品選びに絶対の信用を寄せているアン・ジェヨンさんが出演ということで観るのをとても楽しみにしていた韓国創作ミュージカル『伝説のリトルバスケットボール団』(전설의 리틀 농구단)。今年に入ってから新しくきれいになってオープンした西京大学校公演芸術センターSKON2にて公演が行われている『伝説のリトルバスケットボール団』(以下、バスケ団)。2019年9月10日から9月15日までのプレビュー期間の最終公演を早速観てきました。私が観劇した回のキャストのみなさんは以下の通り、 ジョンウ:アン・ジェヨンさん スヒョン:ソン・ユテクさん サンテ:シン・チャンジュさん スンウ:ク・ジュンモさん ダイン…

  • 【観劇レポ】演劇『悪い磁石』(나쁜 자석, Our Bad Magnet) @ Daehakro Art One Theater, Seoul《2019.4.6マチネ, 2019.4.7マチネ》

    『悪い磁石』(나쁜 자석, Our Bad Magnet) はミュージカルではなく演劇ということで少し敬遠していたのですが、色んな方々から「絶対satokoさん好きなやつだよ!」と言われ続けていた作品。「それだけみんなが言うなら観てみようか」と重かった腰を上げて観劇したところ、はい、みなさまがおっしゃった通り実際私がすごく好きなタイプの作品でした。ちょうど全キャストを入れ替わりで観れる連日の日程で観劇したのですが、私が観劇したキャストのみなさまと組み合わせは下記の通り、 [2019.4.6 マチネ] フレイザー (Fraser):ホン・スンアンさん ゴードン (Gordon):シン・ジェボムさ…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ナンソル』(난설, Nanseol) @ KONTENZ GROUND, Seoul《2019.8.11-8.25》

    去る2019年8月25日にソウル大学路のコンテンツ・グラウンドにおける初演の千秋楽を迎えた李氏朝鮮時代の詩人、許蘭雪軒1を題材にした韓国創作ミュージカル『ナンソル』(난설, Nanseol) 。先月初めてこの作品を観て、すっかりその世界観に魅せられたことは前回の観劇レポ記事でも書いた通り。台詞や歌詞の内容があまり理解できていなくても心奪われた『ナンソル』ですが、とある方々の協力によってあらかたの台詞、歌詞の内容が理解できている状態で観劇した前楽と千秋楽はひとつひとつの台詞や歌詞、沈黙の演技も胸に刺さり。久しぶりにムクムクと「書きたい!」という要求が湧き上がってきており、今この記事を書いています…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『スモーク』(SMOKE) @ Asakusa Kyugeki, Tokyo《2019.8.2-8.9》

    去年(2018年)に韓国で初めて観て好きになり、同年の日本初演もとてもよかったミュージカル『スモーク』(SMOKE)。東京でその短い生を終えた韓国の詩人李箱(イサン)の詩と人生に着想を得たこの作品は、今年の6月にも池袋の東京芸術劇場でキャストを一新した公演が行われましたが、翌月7月末から日本初演が上演された浅草九劇で初演キャストに新たに2名を加えた公演が開始。さらに初演では《超》を演じた日野さん、《海》を演じた大山さんは初演でそれぞれが演じた役はもちろん、お互いの役を入れ替えた公演も行われるとのこと。「これは観なくては!」ということで再び浅草を訪れて観劇してきました。2019年の九劇版『スモー…

  • 【観劇記録】2019年上期観劇まとめ(1月〜2月)

    2019年の上期に観劇した作品についての個人的な記録を兼ねたまとめ記事その1、1月~2月分です。個別のレポを書いた作品はそちらへのリンクを、個別レポを書いていないものは簡単に感想も書いています。

  • 【観劇レポ】ミュージカル『ナンソル』(난설, Nanseol) @ KONTENZ GROUND, Seoul《2019.7.27ソワレ》

    韓国語でミュージカルを観ていると、言葉がわからなくても作品から感じ取れる空気とか情緒にどうしようもなく惹かれることがあります。2019年7月最後の週末に初めて観たミュージカル『ナンソル』(난설, Nanseol) はまさにそんな作品でした。初めて訪れたコンテンツ・グラウンド。この劇場から水墨画で描かれたような許蘭雪軒1の世界に誘ってくれた俳優のみなさまは以下の方々でした。 許楚姫(ホ・チョヒ):チョン・インジさん 李達(イ・ダル):アン・ジェヨンさん 許筠(ホ・ギュン):ユ・ヒョンソクさん 日本語読みはきょ・らんせつけん、韓国語読みはホ・ナンソロン(허난설헌)。許蘭雪(ホ・ナンソル)、蘭雪(ナ…

  • 【観劇レポ】ミュージカル『オリヴァー・ツイスト』@ Tokyo Metropolitan Theatre, Tokyo《2019.7.12ソワレ, 2019.7.14ソワレ》

    2017年の夏と秋を捧げたと言っても過言ではないミュージカル『ビリー・エリオット』の日本初演。そんなビリーでタイトルロールを務めた未来和樹さんと山城力さんがダブルキャストでまたしても主演を演じると聞き、ミュージカル『オリヴァー・ツイスト』(Oliver Twist) を観劇してきました。イギリスを代表する文豪チャールズ・ディケンズの同名の小説を元にしたミュージカルとしては1960年にロンドンで初演された『オリバー!』(Oliver!) が有名ですが、本作はアークインターナショナルさん主催の日本のクリエイティブ陣によって製作されたオリジナル・ミュージカル。今回の東京芸術劇場プレイハウスで行われた…

カテゴリー一覧
商用