searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kazuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

英会話の勉強と散歩が趣味です。

ブログタイトル
日々新たに
ブログURL
https://starlightland.com
ブログ紹介文
節約、子育て、ミニマリスト等を投稿していきたいと思います。
更新頻度(1年)

235回 / 365日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2018/08/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kazuさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kazuさん
ブログタイトル
日々新たに
更新頻度
235回 / 365日(平均4.5回/週)
フォロー
日々新たに

kazuさんの新着記事

1件〜30件

  • ブログの休止について

    しばらくの間(半年?)当ブログを休止することにしました。 わたしの別ブログ 楽しく実りある人生を共に歩もう は続けていきますので良ければ見てください。

  • 単身赴任中の夫の部屋で浮気相手と会ってしまいました

    単身赴任中の夫はとても優しくて、可愛い子供もいて幸せでした。 最初は夫が離れて暮らすことが寂しいと感じていましたが、2~3日に1度は電話で楽しく話をしますし、毎日メールのやり取りをしていたので、寂しさを感じなくなってきたんです。

  • 生活を圧迫している住宅ローンに後悔

    戸建てを改築した際に発生した住宅ローンと現住マンションの家賃を払っている為、貯金が出来ずに困っています。 昨年息子が生まれたことを機に、築50年の夫の実家を改築して義母との同居をスタートさせました。 しかし同居がうまくいかず、私たち夫婦と息子は家を出て、マンションを借りることになったのです。

  • 離婚後の一波乱

    私の学生時代からの友人は、結婚8年目で離婚しました。 離婚の原因は度重なる夫の浮気。 二人の子供がいて、3度の浮気が発覚したのですが、これまで「もうしない」という夫の言葉を信じていたものの、4回目でようやく離婚の決意をしたのです。

  • 親友が教えてくれた人間関係の断捨離

    以前の私はずっと使用していない小物や家電そしてずっと着ていない洋服などを、「いつか使うことがあるかもしれない」と思って処分出来ませんでした。 そのために家の中には物があふれて、大掃除などの際にいくら綺麗に整理整頓をしようと思っても、なかなか片付かなくて困っていました。

  • 結婚を考えていた彼の借金発覚で修羅場に

    私の修羅場は、当時結婚したいと思っていた彼の借金を、彼の姉から告げられたことです。 当時私は20代半ば。一方の彼は2歳年上で、不動産会社に勤務するスポーツマンで、自慢の彼でした。

  • ドケチぶりにびっくり

    私がドケチな人にあったのは、5年ぐらい前です。 その人は、留学をしていてこちらにかえって来て仕事がないということで困っていました。 仕事がないことは全くないのですが、選んでしまうのでないと言う事になるんですね。

  • 嘘から始まった夫との出会い

    私は現在45歳になりますが、27歳の時にお見合いサイトに登録して、6歳年上の夫と出会い結婚しました。 その夫との出会いが、実は嘘からの始まりで衝撃的な出来事だったので、もしも似た様な経験をしている方が居ましたら、参考にして頂ければ幸いです。

  • 首都圏と地方の生活や子育て習慣の違いで味わったトラブル

    私は子供が小学校時代に、地区役員当番の順番と謎のクジ引きでPTA役員と言うものを2年間やることになり、その時に味わった地元民たちとの子育てトラブル経験をご紹介したいと思います。

  • スーパーで見かけたずるい人

    スーパーに買い物に行くと、たまにずるい人を見かけることがあります。 私が普段買い物をしているスーパーでは、夕方ごろになるとお刺身や肉などに値引きシールが貼られます。

  • 義理の妹の節約ぶり

    私の義理の妹(弟の奥さん)は正看護師として大きな病院で働いていました。 でも弟と結婚して子供が出来るたびに、産休と育休を取得しながら子育てをしているうちに、看護師として働くことに限界を感じて働くことを辞めてしまいました。

  • 高級老人ホームでの介護はきつい

    私は、福祉系の大学を卒業しまして、介護業界へ入社する形となりました。 私はそこで、高級老人ホームに配属されることとなりました。 そこの高級老人ホームでの配属先で安心した点としましては、やはり、スタッフの充足に力を入れていることもありまして、スタッフの人数が足りていると思っていました。

  • 外出する時バッグは持たないミニマリスト

    ミニマリストということを知ってからは、ますますそのことに夢中になっています。 それは、なんといっても便利だからです。 今までの生活は、ものがありすぎてしまい困りました。

  • 常にローンの返済に追われる毎日です

    結婚してからすぐに、結婚相手に車のローンがあると知らなかった自分の愚かさに気づき、それが結構金額が大きくて新生活をかなり圧迫していたことから始まり、現在では新築した住宅のローンに追われる毎日です。

  • 彼に連れられて行った先でのこと

    30歳になったばかりの夏でのこと。当時私は東京でOLをしていました。 群馬県出身の彼とは職場は違いましたが、仕事の定時は同じで仕事終わりにはそのまま駅で待ち合わせしてデートすることが多くありました。 ですから仕事終わりに彼から連絡が入ることはよくあることでしたが、その日はちょっと車でドライブしようというので驚きました。

  • 家族が詐欺の被害に遭った時の体験

    我が家ではかなり珍しい詐欺被害に遭った事がありました。 当時我が家では亡き父が自営業をしており、その時に訪問セールスでやってきたある男の言葉に負けて詐欺商品を購入してしまうという事がありました。 それはある機械を取り付ければ電気代が安くなるという物でそれを100万円くらい出して購入してしまったとのことでした。

  • 職場のドケチな男性社員

    1部上場企業で出世しようがしまいがそれなりに給料がある我が社です。 そんな中私の職場ではどうしても許せないようなドケチな社員がいますので紹介します。 年齢は50歳で子供もそれなりに大きくなっているのでそれほどお金がかからない社員です。 まず、見た目から全く身なりに気をつかっていません。

  • 情けなくて惨めだった小学校時代

    私が子供の頃に経験し、一生忘れることのできない情けない話をしたいと思います。それは、私が小学校の頃のお話しです。 私は東海地区の市営団地で両親と同居していました。 私の父親は、主に工場向けのお弁当や給食を作る工場に勤務していて、近隣の工場に合わせて3交代で夜勤もあったり、非常に不規則な勤務体系で働いていました。

  • 住宅ローンの返済が苦しいです。

    夫が病気を患い、休職をすることになりました。その時すごく不安になったのが住宅ローンです。 というのも、私は専業主婦でまだ生後間もない赤ちゃんがいたからです。両方の実家は頼れる状況になく、私がなんとかするより他ありませんでした。

  • 3人と同時に付き合っていた元彼は最低人間

    私が最低な人間と思うのは、学生のときに付き合っていた彼です。 その彼は、なんと私の友人の2人とも付き合っていたのです。 そのことについて、本当に今思い出しても腹が立って仕方がありません。 そんな彼と付き合っていた自分も、許すことができないと思っていました。

  • 我が家のシンプルライフ

    我が家は夫婦、子供2人の4人家族です。 収入が幸いなことにダブルインカムで相応の金額もあり、あくせくしないですむという大前提ですが、まさしくシンプルライフを実践しています。具体的にそのライフスタイルをご紹介していきます。

  • PTAの入退会を繰り返し役員を回避する保護者

    小学生の子供のPTAついて、びっくりするような話がありました。 Aさんは小学校2年生のとき退会し1度も役員になったことはないのに、小6になりその年度の途中からまた入会していたのです。

  • 亡くなってしまうと思った入院体験

    私は病気になり入院をすることになった時死んでしまうと思いました。 自分が亡くなってしまうかもしれないという経験は、その時が初めてです。 その時に感じ苦労した体験について、お話します。

  • 専門学校で出会って仲良くしてきた友達の貧乏生活

    私は同じクラスで仲良くなった友達の中に私と同じく遠い県外からその専門学校に来て、初めての一人暮らしをしているNちゃんがいたお陰で一人暮らしを楽しめるようになりました。私たちはお互いのアパートの部屋に泊まり合って、一緒にご飯を作って食べたり、色んな悩み事をシェアーしました。

  • 優しい彼に振られたしくじり

    私がしくじったと思ったのは、優しい彼に振られたことです。 その彼には、振られることはないと思っていました。 優しいので、ついそんなふうに安心しきっていたのです。 ところが、数ヵ月後あっさりと振られてしまいました。

  • 仲良くしていた同僚の浮気

    Yさんと一緒にジムに通ったり、その後にカフェでお茶をしながら色んな話をすることが多かったのですが、ある日、突然、彼女の口から出た言葉には驚かされました。 それは「浮気をしている」という言葉だったのです。 私はすごくビックリして、その彼女の言葉の意味となぜそうなったのかを聞きました。

  • 友達が不倫相手の奥さんと話し合う修羅場に一緒に参加しました

    友達の話なのですが、「今不倫していてるの話してたよね、。実は奥さんにバレてしまって今度私と彼と奥さんで話し合うことになったんだけど一人では怖いから一緒に来てほしい」と言われたんです。 正直行くの嫌だったのですが幼馴染でずっと不倫していることも知っていて相談にものっていたので行っていあげることにしました。

  • うつ病で事故を起こしてしまいました。

    今、思い返すと死んでいても不思議ではなかったと思える大きな自動車事故を起こしてしまったことがあります。 職場での人間関係に悩み、眠れない日々が続いていました。 小さい時から自分に自信がなく、人の目が気になり、やがて突如理由もなく不安に襲われるようになり、自分でそれをコントロールすることが困難でした。

  • 姑との果てしなき戦い

    私は現在32歳。今の夫と結婚する前に一度結婚していたことがあり子供もいました。 子供がまだ小さかったころ精神的に参ってしまい離婚することになりました。 子供と一緒にいたかった気持ちがとても強かったのですが自分が精神病になり子供が生きていくには収入も安定している夫にお願いする方が良いと思い親権は元夫にお願いしました。

  • 流産を繰り返したことがとても辛い体験となりました

    不妊症で流産を繰り返し「なんで私ばかり…」と悩み苦しんだことがあります。 その後子どもを1人授かり、その子どもも1月に成人式を迎えました。 あの頃のことを思い出すと、子どもが無事に生まれて成人になる日を迎えられたことが本当に嬉しく「人生を諦めなくてよかった」と痛感させられます。

カテゴリー一覧
商用