searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
萩ドットライフ -- 山口県萩市でセミリタイア生活
ブログURL
https://www.hagi.life
ブログ紹介文
「拠点を萩に移すかな」と思い立ち、少しずつ計画は進行中。生まれた街「萩」の小さなひとつに還ろう。
更新頻度(1年)

372回 / 365日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2018/07/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、萩ドットライフさんの読者になりませんか?

ハンドル名
萩ドットライフさん
ブログタイトル
萩ドットライフ -- 山口県萩市でセミリタイア生活
更新頻度
372回 / 365日(平均7.1回/週)
読者になる
萩ドットライフ --  山口県萩市でセミリタイア生活

萩ドットライフさんの新着記事

1件〜30件

  • 意思決定者は、ひとりにかぎる

    もし自分が経営している会社に従業員や共同経営者がいたら「無職になって、山口県萩市に移住」なんて決断ができただろうか? などと考えることがあるのです。「たぶん無理だったろうな」と思います。意思決定者が僕ひとりだからそうできたのです。

  • 人と会わないことには慣れたけど、マスクはダメだ

    いつまで経ってもマスクを忘れて出かけてしまうのですよ。だいたいエレベーターで1階に降りて、マスクをしている人を見かけて「ヤベっ。忘れた」と気づくのです。新しい生活に慣れたものはいっぱいあるんですけどね、マスクだけはダメなのです。

  • まず最初に「うん、いいよ」って言ってみる

    他人から何かを頼まれたとき、とりあえず「うん、いいよ」と応じたほうが、いろんなことが上手く回るなあ、と感じています。安請け合いみたいな感じになっちゃうこともあるけれど、人は「いいよ」って言ってくれる人に話しかけたいものなのです。

  • 「○○はどうですか」って質問、いったい何?

    「〇〇はどうですか?」という問いをしてくる人がいます。これがなかなか処理に困るのですよ。端的に言えばうっとうしいのです。悪気がないのは分かっています。おそらく天気の話の延長で、僕が関心のありそうな話題を振ってくれているのでしょうね。

  • 萩に移ったら、こまめに模様替えをしながら暮らそう

    もっと模様替えをしてみて、いろんなレイアウトを試せばよかったなと思っています。あと1週間後には僕のものではなくなる東京のマンションのことです。これを踏まえて、新しく移り住む萩市ではこまめに模様替えを楽しみつつ暮らそうと思うのです。

  • 同じものを見てるけど、同じように見えてない人

    他人に共感できないことって、わりと日常的に出くわすことだし、それ自体は善悪や敵味方を作るものではなくて、むしろ「豊か」なものだと思うのですよ。無理やり共感しようとせずに「わかり合えない」のままで放っておいたほうが快適だと思うのです。

  • この1年、何もできなかったのか? できなかったことができたのか?

    そろそろ無職になって1年間が経過しようとしています。何もはかどっていないし、ゆっくりと休まった気もしていません。とらえどころがないままに月日だけが過ぎていったような感覚です。それでも環境が変わりつつあることだけは感じられますけどね。

  • 10日後には山口県萩市へ移住。その先の目標は…

    萩市に移住したら、しばらくは放心するかもな、などと感じています。この1年くらいずっと、移住そのものが目的化しちゃってましたからね。萩での生活が始まったら、また「その先の目標」を再構築することになるんだろうな、などと思っています。

  • 一度も会ったことない人から言われた「寂しくなりますね」

    「僕の会社、盆明けに山口県萩市に移転するんです」と告げた取引先の担当者から「寂しくなりますね」とのお返事をいただきました。でも、一度もお目にかかったことがない、メールのみでやり取りしてる方なのです。「印象の距離」ってやつですよね。

  • ひとりの時間を持ちたい、と思える幸せ

    定期的に「ひとりの時間を過ごすことが好き」ということについて考えるのです。それって周囲に他人の存在を感じるからこそ「ひとりの時間を持ちたい」と考えるわけで、とても幸せなことなんですよね。たぶん、これからもずっと考え続けるでしょう。

  • 140文字で語れることを、2,000字に膨らませることの意味

    「神は細部に宿る」という有名な言葉がありますが、その細部を認識することがやっかいなのですよ。自分でも気づかないほど「どうでもいい」ことだからこそ「細部」なのです。文章を冗長化させる行為には、細部を見つけ出す効果があると思うのです。

  • 扇風機がある生活の快適さ

    加齢とともに、心地いいと感じることが、だんだんと変わりつつあることを認識しています。これまで快適だと感じていたエアコンの冷風が痛く感じるようになったのですよ。なので30年以上ぶりに扇風機を導入しました、これがなかなか快適なのです。

  • 2020年07月末現在の金融資産の保有状況

    定形コンテンツ「金融資産の保有状況」の報告です。わりと株価の戻りが好調ですね。とはいえ、これから新型コロナ禍の影響がいろんな数字として現れてきますから、なんともいえませんけどね。予定通り今月(8月)は東京を離れ、山口県萩市に移住します。

  • 運用報告[2020年07月度/公開後25ヶ月目]

    25回目の運用報告です。相変わらず2020年5月5日に実施されたGoogleのコアアルゴリズムアップデートによる影響から回復できていません。それどころがジリジリと下がり続けているのです。そんな中このブログは開設して2年が経過しました。

  • 他人を羨む気持ちがなくなってる。老いだな

    老いなのかな? と思うのですが、気づくと他人を羨むことがなくなっているのですよ。かつては常に他人と比較しながら、勝った負けたを気にする性格でしたし、常にコンプレックスを抱えていたものなのですが、そういうのがスルッと抜けているのです。

  • がっつりと、ひとりごと

    大きめの声で、しっかりと長時間ひとりごとをいうクセがあるのですよ。フリーランスになって、自分ひとりの作業場を確保してからはじまったクセだと思います。ここ数年は、外を歩きながらもやっています。アタマが整理されて、なかなかいいのです。

  • 「どうして萩に帰ってきたの?」と訊ねられたときのはなし

    東京を離れて山口県萩市に移住する理由なんて、ずっと考え続けてきたはずなのですが、いざ面と向かって訊ねられると、思いもよらない返事をしてしまうものなのですね。そしてそれが自分の気持ちをピタっと言い表していたりして、胸を衝かれるのです。

  • 時間をかけるべきものにはちゃんと時間をかけたいが、お金もかかる

    楽しいことをしながらを過ごそうと思えば、時間もお金もかかります。豊かな人生をのためにお金の果たす役割は、とても大きいのです。とくに創作活動において、資金不足は成果物に不潔感をもたらしますので、それには抗い続けたいと考えるのです。

  • ひと呼吸おいて、そこに至ったプロセスを想像してみよう

    「この専門家は無能だ、自分のほうが上手くやれる」って思うことってありますよね。そういうときは、ひと呼吸おいて、その人がその結果に至ったプロセスを想像してみるといいと思うのです。そのひと呼吸が専門家に対するリスペクトに繋がるのです。

  • 決断するスピード感の大切さ

    振り返ってみて「我ながらここで即決できたのは良かったな」と感じる決断って、そのときは浅慮かつ短絡的だったりするんですよね。あとから行動しつつエネルギーを注いで「結果、間違ってなかったよね」という折り合いがつけば、それでいいのです。

  • ものごとを記憶したり、整理したり

    記憶することの価値を少々ないがしろにしていたな、と感じています。「ネットがあるじゃん、ググればいいじゃん」が占める割合が大きくなり過ぎてたようです。記憶していないことは自分の頭の中で整理されないのですよ、発想の成分にならないのです。

  • 金を払ってるから、関心を持つのです

    お金を払うと、どうしても元を取りたくなるものなのですよ。その対価として商品やサービスを受け取るのは当たり前として、知識やら体験も得ようとしてしまう質(たち)なのです。もしタダでやってもらうと、そういう気にはならないように思います。

  • 萩市に移住する日が近づいてる。誰にどう伝えよう?

    どうでもいいことをグチグチと気にする質(たち)なのですよ。いま考えてるのが「萩市に移住したあと、誰にどうやって伝えよう?」ということなのです。知っておいてほしい人にはちゃんと伝えたいし、メンド臭そうな人には干渉されたくありませんしね。

  • 無職になったら、チカラが抜けて楽になった

    家の売買やら引越しの準備などに追われ、無職になったとはいえ、思ったほどゆっくりと休めてはいないのです。しかし、以前の職業人時代と異なり他人と比べられることがなくなりましたから、とても快適です。チカラが抜けて、楽になっているのです。

  • 栄転とか左遷とか、そういう体験してみたかった

    加齢のせいなのかなんなのか謎なのですが、最近「体験していないこと」を強く意識するようになっているのですよ。たとえば、サラリーマンに付きものの栄転とか左遷みたいなやつ。僕は長らくフリーで働いていましたから、そういう感覚がないのです。

  • 新型コロナのおかげで、決断できたこと

    無職の僕にとって新型コロナウイルスの影響ってさほどないように考えていたのですよ。以前から「自粛」に近い生活をしていましたからね。でも今になって振り返ってみると「これって新型コロナの影響じゃん」と思わざるを得ない行動をしているのです。

  • 移住すると、買い物のスタイルも変わるんだろうな

    地方移住すると買い物のスタイルが変わって、今よりもAmazon等のECサイトに頼る生活になるような気がしています。これまで何かのついでに買っていたようなものを、まとめ買いしたり、これまで見向きもしなかったようなものを試してみたり…。

  • 西京銀行アクト支店の口座開設依頼をして、直後に撤回した

    公共料金の引き落としができないのですよ。西京銀行アクト支店(ネット専用支店)ならば、東京にいながら口座開設できてよかったんですけどね、印鑑も不要だし…。山口県萩市の水道料金の引き落としは、県内の金融機関の口座からに限られるのです。

  • サラリーマンとフリーランス

    サラリーマンとフリーランスの違いについてなのですが、個人事業にせよ法人にせよ、事業体を所有していると引越しのときの手続きがやっかいですね。とはいえ、この先「サラリーマンでもあり、事業オーナーでもある」みたいな人も増えていくのかな?

  • Apple StoreのGenius Barへ行くの、これで最後かな

    MacBookのバッテリーが膨らんでしまいました。メインの作業機をMacBookにして以来、3代連続でこの現象が起こっています。今日Apple Storeに持ち込みますが、僕にとってはこれが最後のGenius Barだろうと思います。

カテゴリー一覧
商用