searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

とも白髪夫婦さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ともに白髪の生えるまで
ブログURL
https://tomosiraga.com
ブログ紹介文
シニア夫婦が定年退職を機に人生のゴールインを迎えるその日まで思う存分楽しもうを合言葉にブログで発信
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2018/06/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、とも白髪夫婦さんをフォローしませんか?

ハンドル名
とも白髪夫婦さん
ブログタイトル
ともに白髪の生えるまで
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
ともに白髪の生えるまで

とも白髪夫婦さんの新着記事

1件〜30件

  • 「クマ」に「シカ」、ときどき「キツネ」?

    東京オリンピックの「マラソン」と「競歩」がここ札幌で行われるのですが、新型コロナ感染防止対策の他に「ヒグマ対策」があるそうですよ。北海道ならではの話題でしょうかね。昔の話ですが・・・現役時代に仕事関係でお付き合いのあった本州の人に、「札幌ではクマが普通に道路を歩いているんでしょ?」と真顔で聞かれたことがありました。まさかーーー!(笑)

  • 住宅ローンの『事前審査』は通ったというが・・・

    我が家はホントに売れるんだろうか?いち早く購入の申し込みをしてくれたご家族は住宅ローンを申請しているというが、審査が通るかどうか、さぞかし、やきもきしているのでは?ところが・・・やきもきしているのは、私の妻アン・・・(^^;)

  • 見積りだけのはずなのに『引っ越し日』を決めてしまった!

    マンションの内装工事の工程も決まりました。そうなると「引っ越しの予定」を組まなければなりません。 テレビCMなどでよく見かける「アート引越センター」「引っ越しのサカイ」「日通」など大手の他、地元の新聞広告などで見かける中小まで千差万別。引っ越し費用もピンからキリ!

  • コロナのご時世、マンションの『引き渡し日』に全員集合?

    マンションの「売買契約」からひと月ほどたったころに、「決済」と「引き渡し」日が設定されています。 さきに「売買契約」を交わした日に「手付金」を渡してから、概ね1カ月後のこの日に「決済」の手続きをするということになります。この段階で「売り主」「買い主」「仲介不動産業者」に「司法書士」が加わり、 「所有権移転手続」「最終金の支払」があります。

  • ベッド落下防止策は『柵』にあり~!(笑)

    買い物やウォーキング、はたまたゴミ捨てに外に出るときなど、毎回、妻アンから「車」に気を付けるよう促されます。テレビのニュースでもお年寄りが車にはねられたという事故をよく耳にします。確かに家を出るとどんな事故に巻き込まれるかわからない世の中。事故に遭わないようにと気をつけながら外出する日々です(^^;)

  • 引っ越し前だけど『転居届』?

    私たち夫婦にとって引越の経験は数少なく、新婚当時の函館から札幌に転勤で引っ越してきたのが初めて・・・それ以降、社宅を出て、郊外に念願のマイホームを建てた33年前だけしかしていません。

  • 『ローンの審査』ずいぶん時間がかかっているけど大丈夫か?

    我が家の売却について、一番先に手をあげて頂いたご家族から「購入希望の意思表示」を受けてから3週間以上が経過。購入申し込みの証として『不動産媒介依頼書』を預かった仲介の不動産業者からの話では、買い主が「住宅ローン」の事前申請をしているのですが、個人事業主であるため、昨今のコロナ禍の影響で売り上げが落ちていることがネックで審査に時間がかかっているとのこと・・・(-_-;)

  • 『特定保健指導』を受ける羽目に・・・

    年に一回の「とくとく健診(特定健診)」でまさか(いえ当然だったかも)の高血圧値!その日は、高血圧者の特典?で、「心電図検査」と「眼底検査」のおまけつきのフルコースを堪能!?その際「生活習慣に関するアンケート」に答えるように言われました。そんなこと言われている人はあまりいないような・・・?

  • 『健康診断結果』にあ然、ぼう然、そして・・・

    私は肥満体質ですが、高齢者の域に入ってから一段と健康に気を付けるようになりました。しかし、そのくせ病院嫌い。なんともわがままな健康志向なんでしょうか(^^;) もっとストイックに取り組まなければならないところでしょうけど、そこは弱い人間。それでも「年に一回の健康診断」は行くようにしています。

  • 我が家の内覧について来たお母さんの目的は?

    浅い眠りのまま、夜が明けました。どうやら妻アンは寝不足のよう・・・前日の不動産業者からの電話が気になっています。購入希望者の奥様のお母さんが「間取りを見たい」という希望で、急ですが伺いたいという内容でした。いいですよ~とは言ったものの、ますます「砂の上のロビンソン」みたいになってきました(^_^;)

  • 『わが家を買いたい!』購入申し込み者はその後?

    転居先のマンションの方は「契約」から「引き渡し」へと順調にコトが進んでいます。一方、我が家の売却の方は?SUUMOやathomeに登録するや、翌日には手を挙げる人がいて、さらに我が家を内覧したいとの申し出。そして「購入の申し込み」とトントントンとコトが進み、幸先イイな~と思っていましたが、ここにきてなかなか次の段階に進展しません。足踏み状態です。

  • 『不動産の所有権移転登記』は司法書士まかせ?

    我が家はこの度「中古のマンション」を購入しました。売り主との間で売買契約を済ませ、最終的に「所有権の移転」をもって晴れて自分のものとなります(^^)/ 今回、「不動産の所有者」が変わることになるのですから、買ったマンションが自分のものだと「他者に所有権を主張」するためには、これまでの所有者から「名義」を書き換えなければなりません。

  • 『お小遣い』から『お駄賃』へ!

    マンション移住計画が進行する裏で、はからずもそれまでもらっていた「お小遣い」を自ら放棄する羽目になってしまった私。なぜか?というとマンションの固定資産税が、築33年の今の戸建てより4倍近く増えるから、家長として「苦肉の策」であります。

  • やっぱり『ありがとう』だよねー!

    マンション移住計画も着々と進行していて、不動産業者や内装業者、はたまた廃品回収業者などいろいろな方が出入りして妻は大忙し。加えて、このところは家の中の片づけがピークに達していて、これまた妻は大忙し そのせいか、昼食の準備も慌ただしくなりがち。

  • 『マンション』の火災保険の掛け金、『戸建て』より安い?

    マンション移住計画を進めていてつくづく思います。家を買うというのは、高い買い物をすることだと・・・(^_^;) マンション購入費用の他、仲介手数料やら所有権の移転登記費用など、いわゆる「諸費用」がやたらとあります。そのひとつに火災保険への加入が!

  • 決断!『嫁入りタンス』も『鏡台』も捨てることに!

    マンション移住計画が本決まりになったとたんに始まったのが断捨離。マンションの「収納力」が、今の家よりも格段に少ないことに端を発し、真っ先に取り組んだのがタンスの肥やし?の整理・・・(^^;) これもすでに、リサイクル回収するものと、ゴミとして捨てるものに分類し、おおかた処分しました。

  • まさか!子供がマイホームを持つ計画を進めていたとは・・・

    妻アンは、遠くで暮らす子供に安否確認のLINEを朝晩欠かさず送っては、返事が来ないだの遅いだのと無事を確認するまでヤキモキ・・・心配性の母さんであります(^^)/ さて・・・子供の勤務する会社も、昨年からすっかりテレワークが定着。週の後半は自宅で仕事をしている様子です。

  • 『母親の年金通知書』が届かない?

    先日、マンション移住計画の一環で妻から「断捨離」をさせられているときのこと。妻「義父さん義母さんの病院の領収書や老人ホームの領収書も整理してね」今まで通知のあった封書を衣装ケースを利用して、無造作に放り込んでいましたが、さすがに2年半前の物まであり、この機会に整理しなければならなくなりました。

  • ようやく1回目のワクチン接種ができた!

    札幌では、新型コロナの新規感染者数も減りつつあるようですが、今度は「デルタ変異型」が猛威を振るいそうな気配。そんな中、もうすぐ東京オリンピック・パラリンピックです。ワクチン接種が切り札だとされて、後期高齢者の75歳以上の接種から始まったものの、それからサッパリ進まず!

  • 妻に『断捨離』を迫られる!

    妻アンの「せっかち」が止まりません。片づけだしたら一気にやらないと気が済まない性格です(^^;) 引越までまだまだ時間があるんだけど・・・そんなことお構いなく片づけは進みます。ゴミの日、燃えないゴミの日のために、40リットルのゴミ袋をたくさん買って来ました。

  • えー!気が早い?まだ契約前なのに『改装の打ち合わせ』に来た!

    我が家を売りに出して、最初に内覧に来られたご家族が購入申し込みをした・・という連絡を不動産業者からいただきました。妻アンは、内覧の際、そのご家族をすっかり気に入り、帰った後も「どうかあのご家族が決めてくれると嬉しいな~」などと話していました。

  • 『母親の介護費用』どうなる?

    私の母親は、実家のある田舎の特別養護老人ホーム(特養)のお世話になっています。父親が一昨年の12月に亡くなり、以来、特養での一人暮らし。その特養は「介護保険施設」のひとつなので、食費・居住費(部屋代)については自己負担が原則です。ですが・・・所得の多寡によって自己負担する限度額が決まっています。

  • 第1回目の『売却活動報告書』が届いた!

    わが家を売却するために、とある不動産業者と「専任媒介契約」という契約を結びました。自分が所有する不動産を売るためには買い主を探さなければなりません。買い主を探して最終的に売買契約から引き渡しまでの仕事をするのが不動産業者の仕事で「3つの契約方法」があります。

  • 『空き家のマンション』維持が大変?

    我が家にとっては、トントン拍子で?進んだマンション移住計画ではあります。そのマンションというのは、昨年の暮れごろから売りに出されていたようで、これまで何度も引き合いがあったようでした。しかし、どれも縁がなく成約に至らず今日に至っていたようです。そんな折・・・たまたまネットで検索して「間取り」がすっかり気に入った妻アン。

  • 『売買契約』気の抜けない7日間!そして3カ月!

    このたび、ついにマンションの「売買契約が成立」しました。これで移住先が確保できたことになります(^^)/ 契約書への署名と押印に先立って、不動産業者の責任者さんが「宅地建物取引主任者証」を提示して、「重要事項の説明」を始めます。

  • 『仲介手数料』が痛いー!

    不動産の取引では大きなお金が動きます。マンションを買うお金。自宅を売却するお金。どれも平凡な個人が小銭をコツコツと貯めてきた財産です。その平凡な個人がマンションや自宅を売買する際には、「不動産業者」にお願いするしかありません(^^;)

  • これはまずい!肥満の私は「大腸がんリスク」が高いらしい

    毎日、健康管理のためだといってちゃんと血圧は測っているのに、どういうわけか体重計にのるのが怖い私・・・だから、体重計にのって再確認せよというのは残酷物語・・・

  • マンション売買契約の進め方はこうなってるのか・・・

    夫婦共に高齢の域に入って、郊外の一軒家で暮らす生活も厳しくなってきたなぁ。そんなことを自覚するようになって、いずれは「都心回帰」を考えなくては・・・と。そうなんです。マンション移住計画も差し迫ったというか、切羽詰まった考えではなく「いずれは」という程度の軽いノリでした。しかし!思いがけず気に入った間取りの部屋が見つかりました。

  • 『居住中の物件内覧』の注意事項とは?

    ネットで紹介された我が家の売却情報。早速、購入検討者さんの訪問を受けることになりました。なにせ急なことでしたので右往左往するばかりです(^_^;) とりあえず、1階は生活感を薄くしようと片付けたり、水回りを点検!

  • 『我が家の売却』公開2日後、内覧者が来た!

    自宅を売却することを決心してから、複数の不動産業者から「我が家の適正価格」を出してもらいました。そしてマンションを購入した同じ不動産業者と「専任媒介契約」を結び、今度は「自宅の売却交渉」を進めてもらうことになりました。「本当に買ってくれる人が現れるのかな~」という妻アンの不安もありましたが

カテゴリー一覧
商用