searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

とも白髪夫婦さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ともに白髪の生えるまで
ブログURL
https://tomosiraga.com
ブログ紹介文
シニア夫婦が定年退職を機に人生のゴールインを迎えるその日まで思う存分楽しもうを合言葉にブログで発信
更新頻度(1年)

371回 / 365日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2018/06/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、とも白髪夫婦さんの読者になりませんか?

ハンドル名
とも白髪夫婦さん
ブログタイトル
ともに白髪の生えるまで
更新頻度
371回 / 365日(平均7.1回/週)
読者になる
ともに白髪の生えるまで

とも白髪夫婦さんの新着記事

1件〜30件

  • あ~あ、預金の金利がもっと高かったらな~

    先日「ドコモ口座事件」を知り、早速、夫に「通帳の記帳」をしに行ってもらいましたが、我が家は被害はなくホッ!(´▽`) 帰宅した夫と一緒にペラペラと通帳のページをめくり再確認しました。目に入るのは「引き落としばかり」でございます!

  • いつしか姑のクセ?を真似ていた妻

    人は他の人から影響を受けやすいものです。ことわざの「人のふり見て我がふり直せ」とは、他の人の行いを見て、良いところは見習い、悪いところは改めなさいということをいいますね。自分が成長するうえで、他人を観察するということでは積極性が感じられます。

  • 夫が先立ち、ひとりになってしまったら?

    私たち夫婦は来春、結婚40年を迎えます。その間、私は体調を崩して入院したことがありますが、夫は健康そのもの!病気ひとつしたことがありませんでした。ところが昨年11月、雪の積もる初冬のこと・・・「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」という病気で緊急入院。

  • 早くも冬の準備!排雪業者選びが悩ましい!

    この週末から一気に秋めいて来た札幌です。今朝は肌寒さに震えましたよ(^_^;) 本州並みの「蒸し暑さに悩んだ夏」も終わり、もうじき冬がやって来ます。私の住む地区の「雪対策」というと、あるお宅は玄関先だけ除雪して、あとは敷地に積もるままに任せたり、敷地に余裕のあるお宅は、小型の除雪機で庭にためたりしています。

  • えーっ!その段取り早すぎないか?

    よく仕事で「事前準備が大事」だということを表すのに、「段取り八分、仕上げ二分」という言葉があります(^^) 仕事がうまくいくには、準備が大事ってことは現役時代から聞いてきました。会社員であれば、上司から何も指示されなくても段取り良く仕事ができる社員は、実に頼もしい社員として映ります。それが、家庭生活であればどうでしょうか?

  • まだあった!整理しなきゃいけないクレジットカード

    そろそろ人生の先が見えてくる歳になると「断捨離」などして身の回りの整理を始める人が多いようです。確かにリタイア後は、現役時代に比べ世間との関りが少なくなりますので、これまでの「しがらみ」などをひとつひとつ片付けていくことは必要なことでしょう。私の場合も、少しづつではありますが「身軽にしよう」と意識はしています(^^)/

  • ご近所さんに起きた『他人ごとではない話』

    この歳になると「救急車のサイレン音」を聞くとビクッとなります。妻アンと「近くじゃないか?」とサイレンの聞こえる方向を探ります。つい最近など、我が家の2階から救急車が呼び出し先を探しながら近くを通って行ったのを目撃しました。

  • 気になると眠られないこだわりの性格?

    最近、記憶力が衰えたのか、いつも会うご近所の方、テレビでよく見る有名人の名前など、一瞬、忘れてしまってなかなか思い出せないことがあります。それが気になって眠りにつけないこともあるんですから大変!(^^;)

  • この夏、初めて熱中症の危険を感じた!

    今年は年初から、世界の人口の3分の1が感染したといわれた「スペイン風邪」以来100年ぶりのパンデミック「新型コロナウイルス禍」が世界を席巻!先日は「伊勢湾台風」以来60年ぶりともいわれる「台風10号」が猛威をふるい、と、めったにないことが起こっていますが、ここ北海道も10年ぶりに9月に入っても「最高気温が30℃を超える日」が続いています。

  • 父親の私、家族グループラインから外された!

    わが家は家族間の連絡には「LINE」を利用しています(^^) 妻も「LINE」を始めた当初は「メール」のやり取りだけでしたがそのうち子供と楽しそうに「無料通話」今やお互いの顏を見ながら「ビデオ通話」もしています。最近では、子供から私と妻にそれぞれ可愛い「スタンプ」をプレゼントしてもらいメールに添えて「笑い」も送るようにしています。

  • 硬貨を入金しようと銀行へ!そこで驚きの事が!

    昨年の消費税増税以来、電子マネーやプリペードカードの「利用促進策」にまんまとハマって「現金」を使う機会がめっきり減りました。スーパーに行くときも、現金を持たずにもっぱら「カード利用」です。とはいえ、現金で支払うこともままあり、その際は、早く会計を済まそうと「お札」を出して「小銭のお釣り」をもらうことが多いのです。そして、小銭がいつの間にか、たまってしまいます。

  • 妻に『献血に行け!』と言われたけれど・・・

    新聞の「折り込みチラシ」は「景気のバロメーター」のようだと思うのですが、ここ数カ月はコロナ禍のため、チラシもめっきり少なくなってしまいました。私も妻も、毎朝、必ず折り込みチラシをチェックします。まずスーパーの特売品の品定めをして、買い物係のワタシにメモが渡されます(^^)/

  • 断然、楽しい! 定年後の日々

    夫が会社勤めを終え「定年後の生活」も早3年・・・現役時代とは「ひと味違う生活」にもすっかり慣れ、自分たちのペースが出来上がりました。まずなんといっても、日曜の夜になると、夫は「明日からまた仕事だな~」のボヤキ?がなくなり、私もお弁当作りを卒業!お互いに緊張感?から「解放」されとってもいい気分です!(笑)

  • 笑ってごまかせ自分の失敗!しつこくののしれ他人の失敗?

    日常生活では「最善の行動」ばかりはとれず「ミス」などはよくあることですね(^^)/ 私は「ズボラ亭主」ですが、どちらかというと「完ぺき主婦??」の妻アンは、私のやることが気に入らないときや、チョンボ(失敗)をしたときなど、おおいに怒ります

  • 『お悔やみ欄』に知ってる人の名前を見つけると・・・

    私は毎朝、現役時代からの習慣で、食卓上に朝刊を広げて流し読みするクセがあります。そのため、せっかく並べた朝食の肩身?が狭くなり、妻アンの表情には、ヤレヤレといった様子が伺えますが、朝一番の情報収集のためだからと、昔から言い聞かせていますので?一応は従っています(ここは亭主関白)(笑)

  • 年下女房なのに、態度はなぜか年上?

    ある朝、朝食をとりながらテレビのワイドショーを見ていたら、大相撲の「大関・貴景勝」と「元大関・北天佑(故人)の次女」が婚約発表ことが話題になっていました。私たち夫婦は、大の」とまではいきませんが「そこそこの」相撲好き!

  • コロナの弊害?どんどん認知症が進行する

    ある習い事の教室で知り合った友人の「80代後半のご両親」は、長年、住み慣れた家を処分して昨年から札幌市内の「介護施設に入所」しています。「夫婦二人部屋」を希望していたようですが、その施設には二人部屋はなく、それぞれ「個室」・・・「夫婦一緒だと会話もできるのに・・・」と残念がる友人でした。

  • われら、譲り合い?押し付け合い?夫婦です(笑)

    夫婦二人だけの生活も長い時間を経てくると、互いに「自己主張」が過ぎて、相手に遠慮する「謙虚さ」も、時として脇に追いやられるようです(^_^;) そうなると夫婦関係が「ぎくしゃく」する場面も出てきます。我が家も、できるだけ自己主張してもいいときと、謙虚さをだすときを相手の顔色を伺いながら?使い分けてるんですがどうでしょうか?

  • 映画を観て、オカンは子供の思い出にふけり、さてオトンは?

    「家族のありよう」というのは百人百様じゃないですが「百家百様」ともいえるくらい、世の中にはいろんな家族の営みがあり、いろんな事情や悩みを抱え、それを乗り越えて「今」があります(^^)/

  • 『消費支出』コロナ禍で減った世の中!さて我が家は?

    先日の報道で、2020年の4-6月期の日本の「GDP(国内総生産)」が年率換算で「▲27.8%」になったことが大きな話題になっていました。リーマン・ショックを上回る「戦後最悪のマイナス成長」だったということです。

  • 悲劇!家飲み会がなくなるかも?

    ある朝、目が覚めると、のどの奥が乾いた感じがしました(>_<) そういえば、ツバも飲み込めないような痛さと、息のしずらさを感じて、夜中に何度も目が覚めました。どうやらイビキをかいていたためだと思われます。これはヤバイ!!超ヤバイ!!

  • 朝のよもやま話@コロナ禍

    ここ数日、道産子にとっては厳しい残暑が続いています。夜も寝苦しいのですが、何とか旺盛な食欲に助けられ、夫婦共に元気に過ごしています(笑) 今、望む事は「一日も早いコロナの収束」ですね。

  • 『安物買いの銭失い』は私の体質か?

    現役時代、会社が札幌の街中にあったので、休憩時間や、帰宅までの時間を利用して「家電量販店」を覘くことがよくありました(^^)/ リタイア後は街中に行く用事もそんなにありませんから、家電量販店への足は遠のき、もっぱら利用するのが「ネット通販!」 いつでも利用できて、手軽ではあるのですが、「現物」を手に取って品定めができないという「欠点」があります。

  • 入場無料につられて?テレビ塔初体験!

    例年8月は、夏休みやビヤガーデンなどで札幌は観光シーズン真っ盛り!・・・なはずでした。今年は新型コロナ禍で旅行もなかなか憚られるところですが、いろんな自治体が地元の観光施設の「利用促進」を図っています。

  • 私の生い立ち(5)死期を悟った父親の言葉とは?

    父親の主治医から「膵臓に無数の腫瘍がある」と聞かされたのが、昨年の5月でした。治る見込みはありません。いよいよ死期が迫ってきました。夫からは「後悔しないようにお父さんとの時間を大切にね」と言われていました。その言葉通り、毎日、グループホームへ会いに行きました。「二人だけの特別な時間」です(^^)

  • もうひとつの『納骨問題』

    コロナ禍という異常な状況下での今年のお盆も終わりました。昨年暮れに亡くなった私の父親の初盆も、家族で無事迎えることができました。といっても、とりたてて宗教行事を執り行うという訳ではありません。祭壇の遺影に手を合わせて、こころの中で偲ぶ程度ではありますが・・・(^^)/

  • 『新しい日常』が見えてきた?

    いまだに新型コロナ感染拡大の勢いが止まらず、これから秋冬に向けて、さらに拡大することも懸念されています。早く「日常」を取り戻そうと、政府も「GoToトラベル」の大号令をかけましたが、感染拡大の恐怖が勝り、笛吹けど踊らずの状況です。早く「日常」を取り戻したいのは、政府ばかりではありません。コロナ禍でストレスをためた私たち庶民も同じ!

  • 『孤独なおひとり様生活』は楽しめるの?

    今年は私の父親の初盆でした。享年94歳の父親は、若いときからタバコを吸い、深酒もしていたのに長寿をまっとう!そんな姿を見て、ふと「自分の将来」に思いを馳せます。若い頃は「死」というものを現実感を持って考えたことなんてありませんでした(^_^;) 意識するようになったのはいつ頃だったでしょう。

  • 特養で暮らす母親の『買い物レシート』

    今年の夏は、お盆が過ぎても暑さのピークがいつなのか、一向に見通せません。例年、お盆時期は北海道内の北に位置する私の田舎もさすがに暑くて、夜も寝苦しいため、母親からは「お盆には帰って来なくていいからね!」と念を押されます。電話越しの口調は、むしろ迷惑だと言わんばかりでした。

  • 私の生い立ち(4)いつもひとりぼっちだった・・・

    私の前では四六時中、目が吊り上がって「鬼の形相」をしていた継母でしたが、(おかあさん、ひどい言い方ごめんね)毎日、見ていると慣れてくるものですね(笑)徐々に私なりの「対処法」?が身につき、静かに「本」を読んでいることが多くなっていました。

カテゴリー一覧
商用