searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

jinbee-panさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
untokanato
ブログURL
https://jinbee-pan.net/
ブログ紹介文
インフルエンザ脳症での障がいを負ったunaと、二人の子育てをしながらのワーキングマザーの愉快な日常。
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2018/06/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、jinbee-panさんの読者になりませんか?

ハンドル名
jinbee-panさん
ブログタイトル
untokanato
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
untokanato

jinbee-panさんの新着記事

1件〜30件

  • 放課後等デイサービスの利用を断られた友人

    [speech_bubble type="drop" subtype="L1" icon="jinbee_f.jpg" name="ジンベエ"] ああ、コモエスタね! [/speech_bubble]  

  • 2020プログラミング教育必修化!おススメプログラミング教室:入試対策にも!

    2020年に、小学校でプログラミング教育が必修化となります。「プログラミング的思考」が重要視され、政府発表では大学入試にも取り入れられることが決まりました。私立中学でも、入試にプログラミング的思考を求めたものがどんどん増えてきている今、今回

  • 小学校プログラミング教育必修化!入試に影響⁉親として何ができる?

    2020年、小学校の授業でもプログラミング教育が必修化されます。「ニュースでは聞いたことあるけど。」「プログラミング教育ってなに?」そんな疑問をお持ちの親御さんも多いのでは・・・。今回はそんな親御さんむけ「小学校のプログラミング教育って何?

  • おすすめ絵本2!休校中にぜひ。学校教材として使っていた本を紹介

    皆さん、こんにちは。まだまだunaが住んでいる地域では学校の休校が続いています。幸い、週何日か放課後ディに行けていますが、それでも体調の変化がないようにと、日にちはかなり少なくなっています。そんな時、お家で少しでも一人で本を読む時間があれば

  • 新型コロナ対策と放課後等児童ディサービス

    こんにちは。世間が新型コロナに翻弄され、子どもたちの生活もいろんな制限を余儀なくされていますね。我が家のuna、kanaも例外ではなく、休校措置により、家にいる日が続いています。学校が休校!?unaはどうなるのだ。unaの通う養護学校からも

  • 情緒不安定な理由は、ワンコがきたから?

    先日、unaが号泣しており、思い当たる節があると書きました。放ディも欠席にして、結局、unaが号泣した日は、家に帰ってきてからも甘えがハンパありませんでした。姿が見えないと、ママーと号泣。そばにいれば「ママ・・・ジュ」(ぎゅってして)とずっ

  • 熱があるわけでもないのに、泣いています

    その日は朝からunaの様子がいつもと違いました。目が覚めてから泣き出すuna。unaの体調が悪く、熱が出る前などは決まって朝から泣きます。当日も、体調が悪いのかと思い、すぐにパパさんに体温を測ってもらいました。「36.6度だよ。」へ?熱がな

  • 犬をむかえることになったので

    突然ですが、我が家にワンコが来ることになりました🐶unaは生き物に関してはとても怖がりです。親戚の犬と会う時も、最初は遠くから。犬が近寄ってこようものなら「いや」と一言の真っ向拒否。でも、しばらくするとおどおどしながらも撫で

  • 子育てに少しマインドフルネスを取り入れてみる

    最近、小さい子どもたちへの虐待のニュースを聞くことがあります。そんなニュースを見ながら、「幼い子に、なんてことを」と家族で話したりするのですが、時々自分もあれ?と思うこともあります。unaは知的障がいがあるので、理解できないことも多いです。

  • 放課後等ディサービス・福祉サービスの更新をしてきました。

    毎年1月に入ると、市役所の「こども発達支援室」よりお手紙が来ます。福祉サービスの更新申請の手続きについてというお手紙です。unaが現在利用している福祉サービスは2つ 放課後等ディサービス 日中一時支援です。言葉さえ違うものの、内容はほぼ

  • IKEAのKROKIG(洋服スタンド)をやめた理由

    unaは自分の持ち物、というカテゴリが大好きです。 自分のものは自分で持っていく、という大変親孝行なスタンスをお持ちなので、 それはそれでありがたいし、かわいいのです。 でかけるぞ! となると、自分のバッグに、持ち物をちゃんと用意します。 ハンカチ エプロン 絵本(!?) など。 エプロンは外で食事をするときに使います。 小さい子が、食事で汚れた服をきていても、なんとなくあどけさがあっていいのです

  • 受け止めているのか、気をつかっているのか・・・。

    unaは毎朝、スクールバスに乗って学校にいきますが、その時に何人かのお友達もいっしょです。 同じような知的障がいをもったお友達、ダウン症のお友達もいます。 その、ダウン症のお友達のお母さんと時々お話をすることがあるのですが、最近困ったことは「座り込み」をしてしまうことなのだそう。 どこでも座り込んでしまうと、動かなくなってしまって困るのよ。 お母さんは本当に困った、という顔をして私に話してくれまし

  • 子どもに作る(少し)低糖質な食事 鶏むね肉のポン酢炒め

    年越しの宴、正月の宴により、体重が顕著に増えたunaに対して、また私ができる限りのことを決意した先日ですが、 ともかく、放ディと学校が始まったことにより、日中のおやつの量はかなり減ることになります。 実家にいたときには、なにせ大工さんかっていうくらいに10時のお茶と3時のおやつはかかせない両親なので、そのたびに「お茶菓子」がでるもんだたから、それはunaにとってパラダイスにもなるわけです。 放ディ

  • 年越しの宴の後は・・・

    新年も無事に明けました。 皆さんは、どんなお正月を過ごされましたでしょうか? 我が家では、私の実家で毎年年越し、正月と実家で過ごします。 父親の実家の風習で、年越しから盛大にごちそうが並び、料理を食べ、お酒を飲みながらわいわいと紅白を見つつ、新年を迎えるのです。 これは、大人にとってはとても楽しいひと時なのですが、子どもにとってもこの日だけは遅くまで起きて、ごちそうを食べるのが許される日なので、と

  • unaにきたサンタからのプレゼント

    昨日まで、あんなにクリスマス色濃い日々だったのがまるで嘘のように町が静まりかえっております。 皆さんのお家にはサンタさん、来ましたでしょうか。 我が家にもなんとか来てくれたようです。 弟のkanaは、もう欲しいものを具体的に言ってくれるので、サンタは比較的楽なのですが、unaにほしいものを聞いてもいつも 「ぱ~ん♪」 と答えるので、毎年サンタは苦労します。 おもちゃを与えても遊ぶわけでもないし、ま

  • unaさんの、パンツ失敗論

    みなさん、こんにちは。 寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 今日はunaさんの、お漏らし事情についてお話していきます。 unaは今、学校に行っている間だとパンツ8割、おむつ2割と高確率でパンツで過ごせるようになってきました。 朝はスクールバスに乗っている間、逃げること(?)ができないのでオムツにしています。 機嫌が悪いと家でトイレに行ってくれないからです。 学校に着くと、着替えの練

  • 姉弟けんか どう対処したらいいか悩んでいます

    最近、unaとkanaとの間で姉弟げんかが絶えません。 ケンカの原因はたいていがunaです。 unaはkanaが持っているもの、見ているもの、触っているもの、すべてが気になり同時に同じことをしたくなってしまうのです。 例えば、みんなで朝食をとっているとき、kanaがふとジャムの瓶を手に取りました。 ラベルに書かれている材料などを読みたかったのです。 瓶をくるっと回し、ラベルをさあ読もう、という時に

  • 今ここにある、という感覚

    時々unaが学校から持ち帰る学校通信には、私の知らないunaの様子、障がいを持っている子どもたちの様子について、なるほど、と思えるお話がたびたび掲載されています。 特に、私のような他の人と交わるのが苦手な場合、特に他のお子様の様子はどんなものかなかなかうかがう機会もなく、 こんな時はどうしたらいいんだ? と一人で悶々としてしまうことが多いのです。 そんな時、その学校通信にはさらりと こんなこと、し

  • unaが恥ずかしがるというスキルを覚えた

    100均の店って、ある意味魔法がかかっています。 普段だったら絶対買わないようなものでも「100円」という値段に引き込まれ、ついつい買ってしまうのです。 だから、100均に行っても、必要のないものは買わないゾ!と決めているのですが、そんな決心は、店に入ったとたんに羽が生えてどこかへ飛んで行ってしまいます。 それでも、 いやーこの値段で買えたのなら、かなりお得だわー。 といつもかなりの満足感を得られ

  • 上室性期外収縮と洞性不整脈とで・・・

    昨年の7月に、unaは学校の心電図検査にひっかかり、精密検査を受けることになってしまいました。 その後、検査をうけましたが、昨日2回目の心電図をまたとってきました。 学校からまたお手紙が 結局、昨年の精密検査では、異常なしというか「洞性不整脈」で心配ないということで安心していたんですよね。 しかーしっ! 学校ではそうは行きませんでした。 "学校医の見解では「頻発性上室性期外収縮」という診

  • 今日もまた心から愛そう

    先日、福祉サービスの更新の時期が近づいてきたということで、相談員さんとモニタリングしてきた、というお話をしました。 そこで、もう思春期だから、というびっくりなお話をきいたのですが、その中でもう一つ胸にちくっとする言葉があったのです。 最近、なんでも自分でしたがるが、上手にできないのでイライラしているという話をしたときです。 イライラしているから、手助けしようとすると余計に起ります。 今私がやってる

  • いつまでも子どもではない

    放課後等児童ディサービスの更新の時期 先日、市役所から福祉サービス更新の案内がきました。 私の住んでいる市では、放課後等児童ディサービスを利用するサービスは毎年更新する形になっています。 そこで、相談支援を開設している施設で、面談をし「今まで利用してきたことについて、今後の要望」などを話したり、来年度の福祉サービスを利用するために「サービス利用計画」を提出して更新をしなければいけないのです。 要は

  • 主婦は週末に風邪をひくともっと疲れるという話。

    2週間ほど前から、パパさんが風邪をひいておりました。 そのあと、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまりと風邪の症状オンパレードになり、家族に移さないようにマスクなどしていたのですが やっぱり、私がいただきました。 いつも、家族の風邪をもらってしまい、風邪をうつした本人よりも重症になってしまうことがおおいこのお年頃。 今回も、もらって苦しいのは自分なので、細心の注意はしていたんですけどね。 始めの1週間ぐらい

  • 日本脳炎のスケジュール、しってますか?予防接種ダブル打ちの巻

    インフルエンザが流行ってくるよ~といわれるようになると、我が家でも家族全員で予防接種を受けるようにしています。 予防接種についての是非はいろいろあります。 以前に知り合いから「インフルエンザの予防接種は、世界征服を狙う組織がおこなっているものだ。」などといわれたこともありましたが、難しいことはよくわからないことと、unaが障害を持つようになったのはインフルエンザからだったので、やはり少し神経質にな

  • 否定ではなくて、説明することも大事なんですね

    最近、unaが朝スクールバスに乗るときの集合場所に新しいお友達が増えました。 ここの集合場所はある施設の一角にあるちいさな公園です。 ここに来るまでにお家が遠いお友達は車に乗ってここまできます。 その新しいお友達は、前まで違う場所から乗っていたのですが、お母さんのお仕事の都合で乗る場所が変わったようです。 世界の人々はみんなあたしの友達♪ と思っているunaさんは大歓迎。 新しいお友達にも、仲良く

  • 土鍋で火傷。虐待をうたがわれた⁉

    急に朝晩が冷え込むようになったので、我が家でも鍋をする機会が増えてくるようになりました。 卓上ガスコンロを使って、テーブルに土鍋をだすので、子どもたちが危なくないように、注意を怠ってはいけない。 ジンベエはいつも目を光らせて、ちょっと近づこうものなら あぶなぁぁぁいっ!! と声を荒げていたのです。 その日は、土曜日だったこともあったのでテーブルではなく、リビングのローテーブルで鍋をしようということ

  • 療育とは?una、保育園で療育をすすめられる~知的障害児との生活~

    さて、保育園も無事に次が見つかり、送り迎えもだんだん調子よくなってきて心配事が一つ減ったなぁと感じる毎日が続いておりました。 障害児という目立つキャラなので、案外皆さんに覚えていただけるようになったり、誰とでもフレンドリーなunaさんの性格のおかげで、知らないお母さんたちに 「あ!unaちゃん!」 と声をかけていただけるようにもなりました。 クラスも年齢より一つ下のクラスのおかげで先生の人数もあり

  • 知的障害の中の発達障害~知的障害児との生活~

    機嫌が悪いと、何が良くて何が嫌かもわからなくなってしまうunaさん。 朝起きて、「まぁま、じ・・・。」 ぎゅってうまく言えないから、「じ」って言ってる。 まま、ぎゅってして って言ってる。 朝ごはんの支度をしている最中に言われると、つい まってて 後でね って言ってしまう。 でも、いつもあの時、なんで手をとめてぎゅっとしてあげられなかったんだろうと落ち込む。 トイレに行っても、「まぁま、お・・・い

  • 障害児と病院。斜視の疑いが出たので眼科へ行った。~知的障害児との生活~

    unaは知的障害と一緒に身体障害(体幹障害)を持っています。 今でこそ、歩くことはできるようになりましたが、まだまだ走るのには不安があります。 走れない、ということは必然的に運動不足なのです。 運動不足=肥満へ一直線へ向かい、小さいころはそれこそ「かわいいもんよ」などと慰めを言われて、私も鵜呑みにしてしまっていましたが、成長してくるとそうはいかないことが多くなってきます。 以前、肥満から腎臓に負担

  • ベビーカーでの登園で洗礼をうけ素直になる~知定期障害児と弟との生活~

    前の保育園で、さよならをして、新しい保育園に入ることになりました。 前回の記事はこちら↓ unaは入園児には一つ年下のクラスに入りました。 子どもの人数に対して、先生の数も多いからです。 子どもたちの成長は早いので、一つ上のクラスになると、遊び方がだいぶかわってきます。 動きも違います。 unaと同じ歳の子たちに入っても、きっとunaは足手まといになることが多かったんじゃないかな。 だから、一つ下

カテゴリー一覧
商用