インド滞在 1500days!!
住所
出身
ハンドル名
ルビー・イヴェールさん
ブログタイトル
インド滞在 1500days!!
ブログURL
http://rubyhiver.hateblo.jp/
ブログ紹介文
主人のインド転勤で来ました。とにかく全てがコケティッシュなインドの魅力をお伝えしたいと思います。
自由文
-
更新頻度(1年)

103回 / 351日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2018/05/10

ルビー・イヴェールさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(IN) 14,148位 13,804位 15,787位 16,837位 18,021位 19,254位 22,573位 972,027サイト
INポイント 0 20 20 10 30 20 20 120/週
OUTポイント 20 140 350 180 420 240 490 1,840/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,244位 1,252位 1,333位 1,395位 1,445位 1,561位 1,699位 42,782サイト
インド旅行 5位 4位 5位 5位 6位 6位 7位 206サイト
主婦日記ブログ 451位 443位 479位 517位 532位 591位 645位 26,785サイト
アラフォー主婦 17位 17位 20位 19位 23位 29位 35位 1,863サイト
海外生活ブログ 843位 818位 904位 993位 1,028位 1,094位 1,207位 34,983サイト
インド情報 18位 18位 18位 19位 20位 21位 21位 414サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 6,152位 6,184位 5,899位 6,616位 7,092位 8,424位 9,166位 972,027サイト
INポイント 0 20 20 10 30 20 20 120/週
OUTポイント 20 140 350 180 420 240 490 1,840/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 520位 521位 498位 559位 598位 699位 753位 42,782サイト
インド旅行 1位 1位 1位 2位 2位 3位 3位 206サイト
主婦日記ブログ 295位 300位 284位 315位 330位 380位 413位 26,785サイト
アラフォー主婦 6位 6位 6位 6位 7位 8位 9位 1,863サイト
海外生活ブログ 473位 470位 456位 503位 537位 644位 710位 34,983サイト
インド情報 15位 15位 14位 15位 16位 17位 19位 414サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,027サイト
INポイント 0 20 20 10 30 20 20 120/週
OUTポイント 20 140 350 180 420 240 490 1,840/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,782サイト
インド旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 206サイト
主婦日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 26,785サイト
アラフォー主婦 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,863サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34,983サイト
インド情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 414サイト

ルビー・イヴェールさんのブログ記事

1件〜30件

  • 私の好きな場所 Jantar Mantar ジャンタルマンタル@デリー

    こんにちは、ジャンタルマンタル大好き、ジャンタルマンタリストのルビーです。 ジャンタルマンタルとは、18世紀前半に北インドを治めていた天文マニアの王様サワール・ジャイ・スィン2世が造った天文観測所のこと。 観測施設としての歴史的価値はもちろん、その巨大なサイズとアーティスティックな造形に魅了される人も後を絶たない。かのイサムノグチもその一人。 かつては北インドに5か所あったのだが、現在残っているのはジャイプール、デリー、バラナシ、ウッジャインの4か所のみ。うちジャイプールのものは世界遺産にもなっている。 私がジャンタルマンタリストになったきっかけがこちら↓ rubyhiver.hateblo.…

  • デリーの隠れ名所 Agrasen ki baoli アグラセン キ バオリ

    階段井戸というものを私はインドに来てから初めて知った。 文字通り、何段もの階段を下りて底に溜まっている水を汲みに行くタイプの井戸で、インド北部やパキスタンの乾燥した地域にみられる。 古くは紀元前からあり、昔は給水所としての役割の他、住民たちの憩いの場や旅人の休憩所、権力者の避暑地として、また宗教儀式などにも使われていたそう。 そのせいもあり、階段井戸は日本のイメージの井戸とは異なり、神殿のように美しく造られていることが多い。 今回は、デリーに現存する階段井戸の中で、最も有名なアグラセン キ バオリに行ってみた。 コンノートプレイスからほど近い、閑静な場所にあるこちらが入口。 14世紀頃に今の形…

  • これぞ本場のバターチキン KAKE DA Hotel カケダホテル 

    インドカレーで何が一番好き?と聞かれて100人中99人が選ぶであろうバターチキン。 そのバターチキンが最高に美味しいと言われるこちらのお店に行ってきた。 コンノートプレイスの老舗、カケダホテル。 赤と白のシマシマが目印。 外から窓越しに見えるたくさんのカレーの鍋に期待が高まる。 写真撮影禁止と言われたので店内の様子は撮っていないのだが、あまり広くない1階には、カレーの入った大鍋多数と、奥にナンやチキンを焼くタンドール(窯)、そして客席がいくつか。私は1階に座ったのだが、恐らく上の階にも客席があり、厨房もある様子。 時々巨大な鍋を肩に載せた従業員が階段を下りてきて、下の大鍋に継ぎ足していく。その…

  • Atelier Mon アトリエ モン グルガオン店が閉店

    天然石を使ったオシャレで斬新なジュエリーが、インド在住者の間でも大人気のアトリエ モン。 www.ateliermon.com 行こう行こうと思いつつなかなか行けずにいたが、先日ついにグルガオンにあるお店を訪れた。 が、門にはClosedの看板が。 中に入ってみると商品はなくがらーんとしている。 嫌な予感… 事務所にいるスタッフさんに聞いてみると なんとグルガオン店は閉店したそう! 現在デリーのスンダルナガルに出店の準備をしているけど、いつオープンするかは未定なのでHPをチェックしてね♡ また、デリー空港のターミナル3のお店とオンラインショップは引き続きやっているのでよろしくね♡ とのことでし…

  • インドは誘惑だらけ 負けるな自分

    先月、誕生日を迎え1つの目標を立てた。 「1年間服を買わない」ということ。 私はそれほど買い物好きではないので、服を買うためだけに出かけることは少なく、何かのついでにぷらっと立ち寄った店で良いものがあれば買うというスタンス。 しかしインドではついつい買ってしまう。 その理由を考えると 1.もともとインドの布ものが好き。 2.インドにはこれ!と思えるものが少ないので、あると思わず買ってしまう。しかもたいてい日本で買うより安いので、色や柄違いで気になれば躊躇なく両方買ってしまう。 3.お友達と買い物に行く機会が増えたため、つられて買ってしまう。 インドでの買い物はまさに一期一会。 インド在住マダム…

  • 箱入りレタスを買ってみた

    今週のお題「残暑を乗り切る」 私がインドに来たばかりの頃、フレッシュな葉物野菜のサラダを家で食べるなんて夢のまた夢であった。 冬はまだしも、3月以降暑くなるにつれてどんどん葉物野菜が姿を消していく。暑すぎて育たないのだという。 それに40度を超える暑さの中を普通のトラックで運んできたら、どんな朝採れの野菜だって夕方にはしぼんでしまう。 野菜売り場を見渡しても生では食べる気にならないものばかり。夏場のサラダと言えばきゅうりと酸っぱいトマトばかりの日々だった… それがどうだろう、たったの1年で野菜の状況はみるみる改善された。 スーパーに行けばいつでもそれなりに良い状態の野菜を買うことができる。まさ…

  • 服を作ってみたい!ネループレイスで生地選び

    インド在住奥様たちの楽しみの一つと言えば、生地から服を仕立てることではないかと思う。 ファブリック天国のインドでは様々な生地が売られており、それを安く縫ってくれるお針子さんも山ほどいる。 デリー近郊で布屋街として有名なネループレイスに行ってきた。 ネループレイスはIT関連のものも充実していて、別名「デリーの秋葉原」なんて呼ばれているが、私はぜひともデリーの「日暮里繊維街」と名付けたい。 生地屋に行く前から何を作ろうかとわくわく。 初心者なので、まずは気に入っているワンピースのコピーを作ることした。生地がどれくらい必要なのかわからないので、それを着て行って、これを作るのに必要な分をくださいという…

  • ボートに乗って宮殿へ タージレイクパレス

    今週のお題「わたしと乗り物」 ホワイトシティの愛称を持つウダイプル。そこに大理石で白く輝く宮殿ホテルがある。 その名もタージ・レイク・パレス www.tajhotels.com 映画「007 オクトパシー」ではボンド・ガールの住みかとして使われたこともあり、世界的にも有名なこのホテル。 何が良いかというと、そのロケーション。 広いピチョーラー湖の真ん中に浮かぶように建っているのだ。360度見渡しても周りは湖、湖、湖。 一体どうやってそこに行くのか。 そう、ボートに乗って行くのです! 専用乗り場からボートに乗り込むと… わずか5分ほど、あっという間にホテルが近づいてくる。 入口では日傘を持ったス…

  • 【インドのいいもの】HILLCART TALES ヒルカートテイルズ 紅茶

    スーパーで買える高品質の紅茶と言えばこちら。 HILLCART TALES ヒルカートテイルズ www.thehillcarttales.com 直営店はなく、ネットショップやスーパーのみで販売されているようだが、その歴史は古く創業120年以上の伝統を持つ。 茶葉(ルーズリーフ)とティーバッグのタイプが売られているが、お勧めは断然ティーバッグ。パッケージがとてもかわいいのだ。 六角形の外箱を開けると、中から星形の包みがずらり。 個装の袋(左)をあけると、さらに小箱が。 開くとモスリンコットンのティーバッグが登場、という仕掛け。 小箱は厚手の紙なのでカップで蒸す時の蓋にしたり、ティーバッグを取り…

  • まるでドラマ!サラバナバワン オーナーの波乱万丈人生

    南インド料理のレストランとして世界的にも有名なSaravana Bhavan サラバナバワン。 私もデリー近郊にある南インド料理レストランの中ではナンバー1だと思っている。 そんなサラバナバワンの創業者 P.ラジャゴパル氏が先月亡くなった。 そして驚いたことに彼は殺人事件を起こし、服役中だったのだ。 彼はタミルナード州で貧しい農家の家に生まれ、まともな教育を受けることなく育った。 知識も経験もないまま、1981年当時インドでは珍しかった下層中流階級でも利用できるレストランを開く。 でき立てのおいしい料理が安価で食べられるとあり、このレストランは大繁盛。インド国内で順調に店舗を増やし、海外にも進…

  • インドのシャンドン スパーリングワインをお土産に

    お酒があまり飲めない人でも、梅酒とシャンパンだけはいけるいう人も多いのではないかと思う。まさに私がそうなのだが。 そして中でもシャンドンと言えば、こんな私でも知っているし、出てくるとなんだかテンションが上がる。 そんなモエ・エ・シャンドン社が世界で6番目のワイナリーとして選んだ地が このインド。 www.lvmh.co.jp ムンバイから車で2時間程離れた場所にあるナーシクと言うエリアにある。 こちらは同社が進出する前からインド随一のワイナリーエリアとして知られており、インドワインとして有名なSULAやGOROBERもここにワイナリーを構える。 シャンドンのワイナリーの様子。 CHANDON …

  • 朝から水漏れ騒動

    つい先日朝起きてキッチンに行くと、晴れているのにバルコニーだけが水浸し。 どうやら配管が緩んで水が漏れているようだ。 それほど酷い漏れではないので、あとで管理会社に連絡しようと主人と話していたら、鳩がやってきて水浴びを始めた。 うちは噴水広場じゃないんですけど…と思いつつ大目に見ていたら、鳩が更にはしゃぎはじめる。 水漏れしている管にトンっ、水溜りにトンっ、と飛んだり跳ねたりを繰り返してるうちに… パーンっと管が外れ、シャーっと勢いよく水が噴き出し始めた! なんてことしてくれんねん!! 鳩は驚いて飛び去ってしまった。 大変だ大変だ!主人が慌てて管理会社に連絡をしようとしたところ、玄関のチャイム…

  • インド人はキノコを食べない?

    お題「ちょっとした贅沢」 以前インド人がキノコを食べない理由がメルヘンすぎると、日本の一部の人たちで話題になったようだ。 絵本 世界の食事シリーズ「インドのごはん」という本にあるこの一説。 「キノコはカエルの傘だから食べない」なんてかわいすぎるーー! インド人優しい、大好きー!!と盛りあがっていたようではあるが… はて、インド人てそんなにメルヘンだっけ? 信心深いインド人たちは神様の乗り物として牛やねずみを大切にしているが、カエルも何かの神様の乗り物なんだろうか。調べてみたが特にそれらしいものは見つからない。 どちらかというと、キノコはじめじめとした薄暗い場所に生えており、不衛生なものとして昔…

  • ようやく200記事にたどり着きました

    ブログをスタートして1年半。前回の記事でようやく200記事にたどり着いた。 ゆっくりペースであってもブログを続けるというのは思っていた以上に大変で、毎日のように書いている人は本当にすごいと思う。 200記事書いたのに、私はいまだに定まらない。 自分がブロガーだなんておこがましくて言えない… 日本の友達や家族に近況を伝えたいと思って始めたが、結局みんな見ていないんだろうなぁとしょげてみたり、この内容で良いんだろうか、どうせならインド在住者向けにもっとお買い物や飲食店の情報を載せた方が役に立つんじゃないかとか悩んでみたり… しかし結局最後は、ブログで収益を得ているわけじゃないし、自分の書きたいよう…

  • クリケットワールドカップ2019

    恐らく日本では全くニュースになっていないと思うが、14日(日)フェデラーとジョコビッチの死闘の裏で、クリケットワールドカップの決勝戦が行われており、開催国イングランドの優勝で幕を閉じた。 クリケットといえばインドでは国民的人気のスポーツ。 世界的に見てもかなり強く、ワールドカップでも常勝国の一つであるため、それはそれはインド人たちの心を掻き立てるのだろうと思う。 ワールドカップはド素人の私でも入りやすく、何度か見ているうちになんとなくわかってきて、準決勝でインドが敗退したときなどはかなり落胆した。まわりのインド人曰く、今回は予選を首位で通過したため油断してしまったのではないかとのこと… それに…

  • インドのアイス Mother Dairy を食べ比べ!

    お題「今日のおやつ」 ご無沙汰しており恐縮です。ルビーです。 さて、季節も変わりデリー近郊もモンスーンシーズンに突入した。 連日40度超えの熱波からは解放されたが、今度は湿気。まだまだ暑いので冷たいものが欠かせない。 ということで、今日はアイスのお話を。 私はアイスに目がない。お酒を飲まないせいか、日本でも毎日のように食べていた。 もちろんインドでもアイスは売られていて、路上屋台もよく見かける。 ただ、非常に暑いうえに停電も多く、管理もあまいので一度溶けてまた固まったものにあたってしまうこともある… 道端のアイス売り もちろん「ハーゲンダッツ」や「マグナム」も買うことができる。それはご褒美アイ…

  • 夫が出張中の楽しみ Boondi ブーンディ

    今週のお題「家で飲む」 インドに来てから、意外と主人の出張が多い。 出張先はインド国内だけなのだが、インドは広いので日帰りではなく泊まり掛けになることがほとんどだ。 そんなとき、多くの奥様もそうかと思うが、ここぞとばかりに自分が食べたいものを食べる。ご飯の代わりにお菓子食べちゃうぜぃ?スナックだって一袋空けちゃうぜぃ?というワイルドな食生活になってしまう。 そして私が毎回楽しみにしているのが、お好み焼きを作ること。 私の実家でも、父がいない日の夜ご飯としてよくお好み焼きが出てきた。その思い出が強いのかもしれない。関西人ではない私にとってお好み焼きをメインの夕食として出すには何となく気が引けるの…

  • インド人も腰痛になるのだろうか。

    インド人に腰痛のイメージはない。 恐らく多くの方がインド人=ヨガ、身体が恐ろしく柔らかいイメージをいただいているのではないか。 こんな感じで。 しかし実際はインドでも同じように腰痛に悩む人は多い。 新聞では特集が組まれ、街中にも看板が出ているのをしばしば見かける。ヨガのクラスやアーユルヴェーダでも腰痛のコースがあったりする。 私がお世話になっているインド人女性も先日ぎっくり腰になってしまい、家にドクターを呼んで電気治療を受けたそうだ。 実は私も腰痛持ち。 最初にぎっくりを発症してから20年近くの間、腰痛と戦っている。 そして先日はついにぎっくり背中というものをやってしまった。 昼寝をして目を覚…

  • デリーお買い物スポット Dilli Haat ディッリーハート 

    多くのガイドブックで、デリーでお土産を買うならここ!として載っている Dilli Haat ディッリーハート デリー観光局が運営する、観光客が安心してお買い物できるマーケットだ。 とくにこんな方にお勧め ✔ 観光に来たけど最後にまとめてお土産を見たい ✔ 出張等でゆっくり買い物する時間がない ✔ インド各地の工芸品を一気に見たい ✔ ごみごみした場所が苦手 小さなブースが150店以上集まっており、ショール、アクセサリー、服、靴、バッグはもちろん、家具や絨毯、リネン、化粧品まで何でもそろう。 しかもインド各地のものが集まっているので、例えば「ジャイプールに行って迷って買わなかったけどやっぱり買っ…

  • インドの奇祭クンブメーラ 宿は?食事は?持ち物は?

    すっかり間が空いてしまい恐縮です…。↓こちらの続き。 さて今回クンブメーラに行くにあたり、情報収集が課題だった。 公式HPを見てもいまいちよくわからないし、 会場はどうなっているのか、何を持っていったらいいのかも見当がつかない。 そこで私が事前に知りたかった情報をここにまとめてみたいと思う。 といってもクンブメーラの超ド素人である私の意見なので、参考程度に見ていただけると幸いだ。 【目次】 会場について キャンプサイトについて 会場内トイレについて 食事について 移動について 持ち物について 服装について まとめ 会場について 今回一番不便だったのが会場マップがないこと。 そもそも正式な入口が…

  • ヒンドゥーの奇祭クンブメーラ2019 に行ってみた!けど…②

    前回の続き。 サドゥたちの出現を待ち続けるも一向にその時は訪れなかった。 近くにいたおばさまの集団に、あの…プージャはないのでしょうか? と尋ねてみたが、そんなものはないわよ!と笑われた。 そして沈んでいく夕日… 不完全燃焼でキャンプに戻る。 そこでキャンプにいた人たちに、サドゥはどこ行けば見られるのか聞いたところ驚愕の回答が返ってきた。 もうサドゥはいないよ!だってこの祭りはほぼ終わってるからね。 2月19日の重要な日にクライマックスを迎えると、みんな移動しちゃうんだよ。 しかも、明日はモディ首相が沐浴に来るから、サンガムは閉鎖されるよ。 あぁ、なんという事だ…。 祭というものは最終日に向け…

  • ヒンドゥーの奇祭クンブメーラ2019 に行ってみた!けど…①

    世界最大級の宗教行事クンブメーラ Kumbh Melaをご存じだろうか。 「水がめの祭」という意味で、インド国内4か所の聖地を3年おきに巡回していき、参加者数は毎回数千万人を超すという超巨大祭だ。 古くは三蔵法師もその様子を記述に残しているし、ビートルズも訪れたと言われている。 この祭りのハイライトは何と言っても何千人という数のサドゥと呼ばれる聖者が集まるシーン。 写真はどちらもAir India機内誌より拝借 なにこれ、かっこいい!! インドにいる間に1度は絶対に見たいと思っていたら、なんと今年2019年がまさに開催の年だったのだ。 しかも今回は聖地中の聖地、ガンジス川とヤムナー川と神話上の…

  • インドで靴を修理に出してみた

    私の主人は思い入れのある靴を履き続けている。 キアヌ・リーブスが親友のリヴァー・フェニックスにもらった靴を履き続けていたようなものだ。(かっこつけて書くと) しかし、本体と甲の縫い目の部分が裂けてきて、さすがにこれは何とかしなくてはと修理に出すことにした。 インド人に教えてもらったローカルマーケットに行ってみる。 食品から雑貨、携帯電話まで色々な店が入っており、確かにここなら靴の修理屋もありそうだと歩き回るがどこにも見当たらない。 その辺の人に聞くとあっちだと言われ、そっちの方向に行くと更にあっちだと言われ、とうとうマーケットの外れまで来てしまった。 そしてそこでもあっちだと言われ、言われた方…

  • どうしたPAUL 先行きに不安を感じる件

    先日久しぶりに朝食を食べにPAULを訪れた。 開店から半年が過ぎ、早くも今後の先行きに不安を感じることがあったのでちょっと書かせていただきたい。 私がオーダーしたのはカプチーノとクロワッサンのセット。 しかし運ばれてきたクロワッサンを見て我が目を疑う。 小っさ!! カプチーノに付いてくるひと口クッキーと変わらないではないか。 店員に、え?このサイズ??と聞いてみたが、そうですけど何か?といった感じで全く悪びれる様子がないため、セットで頼んだことがないし、もともとこんなものなのかな…?とそのまま引き下がってしまった。 そして食べてみると、今度はクロワッサンではなくバターロールのような味がする。 …

  • インドのトイレ博物館に行ってみた

    こんなことを言うと変態と思われるかもしれないが、私は便器が好きだ。 というのは、便器は陶器として非常に美しいと思うのだ。 柔らかな曲線美のフォルムに、光沢があり滑らかな表面、そして色むらのない純白もしくは単色のカラー。 どんなに頑張ってもトレイはトイレなのに、一切の妥協なく美しく仕上げられているところに気高さを感じる… そんな私がトリップアドバイザーを見て気になっていたのが Sulabh International Museum of Toilets スラブ国際トイレ博物館 ただ私が好きなのはあくまで陶器としての便器であり、トイレが好きとかトイレの歴史に興味があるとかではない。 ましてやインド…

  • シュガーケーンジュースが美味しすぎる件

    デリー近郊もいよいよ夏本番といったところで、連日40度を超えている。 この時期いたる処で目にするのが、シュガーケーンジューススタンド。 サトウキビのジュースのことだ。 長くて立派なサトウキビをローラーに挟んでジュースを絞り出していく。 サトウキビそのままなんて、さぞかし甘ったるいだろうと想像するが、実はスッキリした程よい甘さでとても飲みやすい。フルーツジュースのジャンルに入れてもいいくらいだと思う。 しかもミネラル豊富で太りにくく、汗をかいて失われた水分を補うのにぴったりということで、朝からひっきりなしにお客さんが買いに来ている。 シュガーケーンジューススタンドは、なぜかド派手な看板が多い。 …

  • 料理だけじゃない!The Bangala バンガラ周辺街歩き

    前回の続き。 とにかくThe Bangalaで美味しいインド料理が食べたいという一点だけでやってきたカーライックディーという町。 それ以外のことは特に調べていなかったので、ホテルが提案する半日観光ツアーを利用することにした。 まずは、The Bangalaの大女将(?)が今も住んでいるというM.S.M.M Houseへ。 貿易で財を成し、この町に電気や水を引いたり、女学校を設立したという名家だ。 イタリアの大理石にミャンマーの木材、日本のタイル等世界から集めた美しいものが、主張し合うことなく見事に調和して、上品で重厚な空間を作り上げていた。大理石のひんやりとした床や、背筋がしゃんとするようなき…

  • チェティナード料理に舌鼓 @バンガラ The Bangala

    お題「思い出の味」 インド人はもちろん、世界のグルメたちが注目するインド料理がある。 それが南インド・タミルナード州にあるチェティナード地方の料理。 私にとってのカレーの王子様 東京カリー番長 水野仁輔さんも「カレー界の新ヒーロー」として紹介している。 ontrip.jal.co.jp チェティナード料理は、何か特定のカレーを指して言うのではなく、その地方に伝わる料理全般を指す。 新鮮な野菜や果物はもちろん、チキンやマトン(といってもヤギ)、インドでは珍しい蟹、さらには他国のスパイスも用い、大変豊かな食文化であることがわかる。 中でもチェティナード料理の人気を牽引しているのがこちらのホテル。 …

  • 100均グッズが300円。だけど意外と便利なKUMI來美に行ってみた。

    今週のお題「新生活おすすめグッズ」 ここインドでも3月末で一端年度が終わり、4月から新年度を迎える。 何かと物入りのこの時期に、便利なお店を教えてもらった。 KUMI 來美 kumijapanstore.com なんと、日本の100円ショップのものが売られているお店である。 ただし値段は一律169ルピー。 169ルピーということは約300円。 初めは高すぎる!と思ったのが、実はものによってはかなり使える気がしている。 例えば、大きくてかさばるバケツや桶。私はローカルショップで値切って200ルピーで買ったのだが、明らかにここで売られているものの方が質が良い。 その他、ステンレスのザルなんかもしっ…

  • これは凄い!北海道を思い出すロールケーキ@BreadTalkブレッドトーク

    お題「今日のおやつ」 先日ご紹介した、サケットのセレクトシティモールにあるブレッドトーク。 rubyhiver.hateblo.jp 友人にいただいたチーズケーキにすっかりはまってしまったので、自分でも買うべく店舗に足を運んでみた。 明るくて清潔そうな店内には、おいしそうなパンやスイーツがずらり。 トレーとトングを持ち、自分で好きなものを載せていくまさに日本のパン屋スタイル。 ソーセージやツナが入ったおかずパンに、日本でも流行った塩パン(ヒマラヤンソルト)、もちろん菓子パンも種類が豊富で、目移りしてしまう。 そんななか、運命のロールケーキに出会ってしまった。 ほ、ほっかいどうスノーホワイトロー…