プロフィールPROFILE

den3さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
電験三種 本気で合格したい人へ
ブログURL
https://denken3net.hateblo.jp/
ブログ紹介文
電験三種に本気で合格したいと思っている人へ向けて、独自の視点で電験に関する事柄を綴る
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2018/04/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、den3さんの読者になりませんか?

ハンドル名
den3さん
ブログタイトル
電験三種 本気で合格したい人へ
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
電験三種 本気で合格したい人へ

den3さんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年  おすすめの電験三種 参考書 -初心者、独学者用テキスト-

    電験参考書業界も最近では移り変わりが激しい。 新たに登場するテキストも増えてきているし、昔からあるテキストは改訂をして売り上げ維持のため努力をしている。 受験者にとって多くの参考書があるのは良いことだが、逆に言うと、「どれを選べば良いのかわからない」という悩みの種も生まれる。 そこで私が実際に読み込んで、初心者 や 独学者に おすすめと思える参考書、また皆が気になる参考書を紹介してみようと思う。

  • 電験三種合格率の推移から試験の難易度を予想できるか?

    電験三種合格を目指して勉強する者は、過去10年分の過去問題集を使って勉強していると思うが、過去10年分を解いてみると、年によって難易度に差があることに気が付くだろう。 たしかに、電験は年によって難易度の差が大きい。 電気書院の過去問題集には、過去10年分の合格率と合格者数の推移が載っているが、

  • 電験三種は一発合格を目指すか、科目合格か?

    最近は立て続けにエネルギー管理士についての記事を書いたが、また電験三種の記事に戻ろうと思う。 さて、電験三種を初めて受験する人は一発合格か、科目合格か・・・ まずこの選択で悩むと思う。 しかし、電験参考書や過去問題集を購入して一通り眺めてみれば、そのどちらがいいかは自然とわかることだろう。 一発合格 or 2~3年かけて科目合格を目指すか? これはその人のレベルと勉強開始時期、やる気、勉強に使える時間などで決まってくると思う。

  • エネルギー管理士試験 勉強法

    エネルギー管理士試験は熱分野と電気分野、どちらかを選択して受験することができるが、電験三種に合格した者はもちろん電気分野を選ぶと思う。

  • エネ管試験とはどんなものか?

    課目免除制度 エネ管には課目免除制度というものがある。 課目ごとの合格が認められていて、3年間で4科目全てに合格すれば合格になる。 この制度も電験によく似ている。

  • 電験二種の前にエネルギー管理士を目指す

    めでたく電験三種に合格した人の中には、電験二種の取得を目指している人もいるだろう。 しかし、二種は三種に比べるとかなり難しい。さらに二次試験もある。 そこでステップアップという意味も兼ねて、 電験二種を目指す前に、エネルギー管理士試験を受験してみてはどうだろうか?

  • 電験三種の過去問題集は・・・購入すべきか?

    受験勉強のために必要な物の1つに、電験三種の過去問題集が挙げられ、 問題集はオーム社、電気書院、TACなど、その他色々なところから発売されている。 電験三種を受験しようとする者は、たぶんこのうちのどれかを買うだろう。

  • 2019年 電験三種、合格基準点(合格ライン)を勝手に予想してみる

    今年、電験三種を受験した人が、いま一番気になることと言えば・・・ やはり、各科目の合格基準点ではないだろうか?

  • 電験三種で「最後の追い込み」は必要か?

    電験三種の試験本番まであとわずか。 今更ジタバタしたところで無駄、 なので、いつも通りに過ごす・・・・ こう考える人も多いのではないだろうか?

  • 電験三種の模試はどうだろうか?

    高校受験や大学受験では当たり前になっている模試(模擬試験)だが、電験三種でも模試を実施しているところはあるのだろうか? 調べてみた。 最近、電験教育に力を入れているTACでは電験三種の模試を実施しているようだ。

  • 電験参考書 と 過去問題集は、どちらが重要か? 1

    今回は、参考書と過去問題集のどちらが重要か? について考えてみることにする。

  • 法規で合格点を取るには 2

    近年の法規は難しくなってきているが、 その理由の1つとしては、過去に出題例のない法令(条文)が頻繁に出題されるようになってきたところにある。 そしてもう1つには、計算問題の増加および難易度の上昇にあると思う。

  • 電験三種の法規で合格点を取るには

    以前の法規科目は勉強のボリュームも少なく、計算問題もそれほど多くなかったので、取りやすい科目だと思われていたが・・・・ 近年の法規は難しい。 私の周りでも、意外と法規を落としてしまい不合格になる者が多い。

  • 電験三種の受験申込み最終期限

    今年の電験三種の受験申し込みはもう終えているだろうか? 2019年の受験申込受付期間は 6月12日 (水) が最終日になっている。

  • この時期に電験受験を迷っている人は

    5/27(月)から電験三種の受験申し込みが始まるが、この時期になっても、受験申し込みをしようかどうか迷っている人もいると思う。 勉強を始めたものの難しくてまだ自信がない、また、勉強を始めた時期が遅かったので勉強が間に合わない、今年はやめておこうか、それとも受験すべきか・・・・・ もしこのように迷っている人がいたとしたら、基本的に私は受験することをすすめる。

  • 公式の成り立ちを理解しておくことは必要か?

    電験三種の参考書、特に理論や機械科目の参考書には、たくさんの公式が出てくる。 そして、公式の成り立ちについて説明されていることがある。 しかし、試験で「公式の成り立ち」については、ほとんど出題されない。

  • 2019年度 電験三種受験案内の配布 & 電験三種突破研究会

    ゴールデンウィークが明けて、2019年度の電験三種の受験案内・申込書が配布が始まり、それと同時に電気技術者試験センターのホームページにおいても受験案内の掲載が始まった。 いよいよ、電験三種が盛り上がってくる時期だ。

  • 2019年 5月27日から電験三種の受験申し込みが始まる。

    5月27日から電験三種の受験申し込みが始まるのに先駆けて、 5月上旬から、受験案内・申込書が書店等で配布される。 しかし、これを入手する必要はない。

  • 電験の壁 2 | 不合格スパイラルの壁

    前回、「電気初心者がぶつかる電験の壁」という題で記事を書いたが。 電験には、その他にもいくつか壁がある。

  • 電気の初心者がぶつかる電験の壁

    人にもよるが、電験取得を目指す電気の初心者は、いくつかの壁を乗り越えなければならない 第1の壁・・・受験決意の壁 第2の壁・・・数学の壁 第3の壁・・・電験参考書の壁 第4の壁・・・過去問の壁

  • おすすめの電験三種過去問題集

    「オーム社」と「電気書院」 電験教材の大手と言えば、「オーム社」と「電気書院」が思い浮かぶだろう。

  • 電験に合格するための参考書の選び方

    一冊だけで合格できる電験参考書は? これから独学で電験を受験しようとする人は、まず電験参考書を買うだろう。

  • 電験過去問題集(新年度用)が発売される

    この時期は、オーム社 や 電気書院、TACなど各出版社から新年度の電験過去問題集が発売される。 どの過去問題集が優れているかは、ここで論じるつもりはないが。

  • 電験三種の受験資格

    電験の受験資格は? 電験三種について興味を持った人が最初に気になることは、 その 受験資格 ではないだろうか 。

  • 平成30年の合格発表も終わり、結果は出た。 今年、電験三種に合格した人はどうするべきか?

    平成30年の電験三種の合格発表も終わり、結果は出た。 合否は、電気技術者試験センターのHPから確認できる。

  • 電験三種の合格発表日は平成30年10月19日(金) だが、合格未定者は来年に向けて勉強を始めているか?

    電験三種合格発表日の10月19日(金)まで、どう過ごしていくか 電験の試験も終わったので、ほっと一息ついて、のんびり過ごしている人もいるだろう。

  • 電験の試験には応用力が必要か ?

    「電験の試験には応用力が必要だから、応用力を身につける必要がある」 このようなことを聞いたことはないだろうか?

  • 「なんとなく電験を受験する」という人は?

    私の知り合いで、2人の子供を持つ父親がいる。その子供2人とも大学に進学したが、2人とも大学を中退してしまった。 なぜやめてしまったのか? 話を聞くと、たいした目的もなく、ほとんど受験勉強もせずに自分のレベルで入学できる無名校に なんとなく入学したのが原因のようだ。 何が言いたいのか、というと・・・

  • 役に立つ電験ブログとは?

    電験の申し込みも終了した。 申し込んだからには、絶対に合格もしくは科目合格を目指して勉強することだろう。 さて、電験ブログも色々とあるが、 人気のあるブログはどのようなものが多いのだろうか?

カテゴリー一覧
商用