プロフィールPROFILE

パブロさんのプロフィール

住所
福岡県
出身
神奈川県

7年間の会社員生活を経て2016年1月に出国。留学、ワーホリで英語猛特訓のあと、ニュージーランドから旅を開始。2017年6月1日にアラスカアンカレッジに入り、バスでアメリカ大陸縦断中。2018年2月にアフリカケープタウンに入り、アフリカ大陸縦断、ヨーロッパロンドンからユーラシア大陸を横断して日本へ2019年4月頃帰国予定。バスでどこまで行けるか挑戦!

ブログタイトル
明日ちがう屋根の下
ブログURL
https://ashitachigauyanenoshita.hatenablog.com/
ブログ紹介文
夫婦世界一周3年半の旅。留学、ワーホリを経て基本陸路で世界一周!
更新頻度(1年)

5回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2017/12/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、パブロさんの読者になりませんか?

ハンドル名
パブロさん
ブログタイトル
明日ちがう屋根の下
更新頻度
5回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
明日ちがう屋根の下

パブロさんの新着記事

1件〜30件

  • アムリトサルからダラムサラ(マクロートガンジ)移動情報~ローカルバス約9時間~※宿情報あり

    ※2019年2月5日の記事です。 アムリトサルからマクロートガンジまでの移動情報 朝9時49分にアムリトサルのバスターミナルを出発し、18時30分にマクロートガンジに着きました。(約9時間)しかし、パタンコットでお昼休憩を1時間ほどしたため、休み無しでいくと恐らく8時間が最短だと思います。 以下がルートです。 アムリトサル(Amritsal)→パタンコット(Pathankot)所要時間:3時間15分 運賃:135ルピー パタンコット(Pathankot)→ダラムサラ(Dharamshala)所要時間:3時間30分 運賃:男165/女125ルピー ダラムサラ(Dharamshala)→マクロート…

  • 絶対に外せない観光地アムリトサル~シク教の聖地、黄金寺院は超神聖~

    ※2019年2月4日の記事です。 ジャイプルからバスで約16時間(予定では約12時間半)でやってきたアムリトサル。人生初のスリーパーバス(ベッドタイプ)に乗り、激揺れで胃の中はぐちゃぐちゃに・・そのせいか発熱、下痢を発症。(発端はジャイプルでの屋台で当たったと思われる) 大変な思いをしてやってきた街、アムリトサルはインドで一番と言っていいほど、カルチャーショックを受けた素晴らしい観光地だったのでレポートしたい。 体調不良もあり、アムリトサルで観光したのは黄金寺院(ハリマンディル・サーヒブ)の一つだけ。時間や体力があればインド独立運動中に起こった悲劇「アムリトサルの大虐殺」の慰霊碑が立つ、「ジャ…

  • ピンクシティ?ジャイプル旧市街の歩き方~一日の最後は食中毒でインドの洗礼を受ける~【インド・ラジャスタン、病院情報】

    ※2019年2月1日の記事です。 ナマステー(ヒンドゥー語でこんにちわ)♬5日振りの投稿です。何をしていたかと言うと・・・奥さんの食中毒で1日入院、僕も2日夜から発熱、下痢でホテルで半日休養。これもインドの洗礼ですね。1月18日に南インドのチェンナイに降り立ち、早2週間でようやく洗礼を受けることになりました♬(笑)受けない方がいいですけどね。 ジャイプルの後はシク教の聖地「アムリトサル」、そして今夜(2月5日)、チベット難民居住区の「ダラムサラ」に着いた。今後、それらの記事も書いていくのでチェックしてくださいね。 では、洗礼を受ける前のピンピンの時に街歩きしたピンクシティ?ジャイプルのようすを…

  • 油断禁物!ここは北インド~ジョードプル駅で無礼な店員にブチ切れ~

    ※2019年1月30日の記事です。 昨夜記事を書いているときに、北インドは人がウザくて有名だけどジョードプルはそんなことは無い。的なことを書いたのだが、残念ながらジョードプルにも「けしからぬインド人」が存在した。 今日は移動日。朝9時30分のジャイプル行の電車に乗るべくトゥクトゥクで駅に向かった。ジョードプル滞在中は2日間とも晴れ間が続いていたのだが、今日は朝からどんよりした空模様で何か嫌なことが起きる前兆だったのかもしれない。 いつも通り朝寝坊をして、急いで宿をチェックアウトしてトゥクトゥクで駅に向かったため、お腹が空いていた状態で駅に着いた。 朝からビリヤニを食べるのも何だが、電車の出発時…

  • そこそこ青い街ジョードプル~迷路の城下町を散策してみた~

    ※2019年1月29日の記事です。 世界中には似通っているところが多すぎで飽きてしまった。そんな話しは旅人からよく聞く話だ。僕らもあながちその感情はないとも限らない。今回散策したジョードプルは「ブルーシティ」という呼ばれていると地球の歩き方を見て知ったが、ちょっと前に観光したモロッコのシェフシャウエンという街も「ブルーシティ」で有名だった。 なぜ青く塗るのか? メヘラーンガルの砦のオーディオガイドによると、ジョードプルの青い街は、虫除けに効果的ということで壁を青く塗り始めたとのことだ。昔はカースト制度の上の身分の人たちにしか許されなかったらしい。今では誰でも自由に青く塗れるようになっている。 …

  • ジョードプルの要塞メヘラーンガル砦 岩山にそびえる壮大な城は必見!

    ※2019年1月28日の記事です。 砂漠近くに位置するジョードプルの朝は寒い。つい最近まで滞在していた南インドでは暑くて上裸で部屋にいると、蚊に刺されて止むを得ず汗をにじませながらも、Tシャツを着なければならなかったのが鬱陶しかったのだが、今では部屋の中でもウルトラライトダウンを着ている。 でもここは砂漠の入り口の街ジョードプル。日陰は寒いけど、一旦外に出れば気持ちの良い晴れ間が広がっている。太陽を浴びに朝起きたら取り敢えずテラスに行くと、目前にどでかい要塞が現れた!!近いとは思っていたけど、めっちゃ近いやん!迫力がすごい。これがインドの誇る城塞の一つ、メヘラーンガルの砦だ。 1459年にラー…

  • 南から北へ約2500kmの旅~亜熱帯から砂漠の乾燥地帯へ~【列車+バス ジョードプル宿情報】

    ※1月25日夜~27日夜までの丸まる2日間かけてコチ(コーチンとも言う)→ジョードプルまでの移動の内容です。 パックパッカーの旅をしていると、とてつもなく長い距離を移動する時がある。2017年6月にはカナダで約6000キロを約85時間かけてバスで横断した時は本気で辛かった。世界最南端の街ウシュアイアから南アフリカのケープタウンまでの飛行機の移動も長かった・・・そして今回は南インドから北インドへ一気に約46時間(電車とバスの乗り継ぎの時間を含める)で2500キロ北上した。 【寝台列車】コチ(コーチンとも言う)→バドダラ 約26時間 【バス】バドダラ→ジョードプル 約12時間 世界一周ブログランキ…

  • インドの鉄道チケットの確保は一筋縄ではいかない【エルナクラム(コーチン)鉄道チケット購入情報】

    ※2019年1月25日の記事です。 昨日アレッピーの鉄道のチケット売り場のオバチャマから、エルナクラム(Ernakulam)※(コチ(コーチンとも言う)(Kochi)の隣の街)で外国人専用窓口があると聞いたため、今日のミッションはエルナクラムで鉄道のチケットを取ること!! アレッピーの宿で朝ご飯を食べて、早速エルナクラムにバスで向かうことにした。次に進む前に、ここの宿もアットホームな雰囲気でとても良いところだったので紹介したい。 Rajatheeram Beach Home Stay 宿賃:434ルピー(約695円)※価格はブッキングドットコムのジーニアス会員で割引後 ダブルルーム バスルーム…

  • 南インド バックウォーターボートの旅【コーラムからアレッピー】※鉄道購入情報あり

    ●2019年1月24日 ナマステ!南インドのチェンナイに1月18日に入国し、インド最南端の街カニャクマリを観光したあとコーラムで休養していました。次に向かうはアレッピー!(アラプーサとも言う) 実はコーラムとアレッピー間は運河や湖で繋がっていて、観光船や現地の人の足となるボート、漁師たちなどのボートが無数に行き交っている場所だ。 今回、「バックウォーター(水郷地帯)船の旅」と地球の歩き方に紹介されているコースを旅してみた! 下の写真が今回の旅のお供のジェッティ。(ローカルはボートのことをジェッティと呼ぶ。 一人400ルピー(約560円) コーラム10時30分発 アレッピー18時30分着(約8時…

  • 南インドのコーラムで休養中~南インドのホテルシステムは24時間制?~

    ※2019年1月23日の記事です。 僕たち夫婦は今までの3年間で62ヶ国色々な宿に泊まってきたけれど、南インドのルールは斬新だった。 それが「24時間制のホテル」である。 このルールがホステルなどにも当てはまるのかはまだ分からないが、カニャクマリでの宿、コーラムでも同じシステム。部屋が空いていれば何時にでも入室でき、入室時間から24時間滞在できるのだ!! これは良い!! と思いませんか?寝台列車、夜行バスなどで早朝宿についてしまったときに遠慮なく部屋に入れて爆睡できるし、夜着いたとしても次の日の夜に寝台列車、夜行バスに乗る前に部屋でゆっくりできるし、シャワーだって浴びられる。 もちろん逆もある…

  • カニャクマリからコーラム【バス移動まとめ】

    2019年1月22日のカニャクマリからコーラムまでのローカルバスの移動について。 カニャクマリに2泊して満喫した僕ら。今日こそはと朝日を見るために5時にセットしたアラームも虚しく、目覚めたのは9時。やっぱりパタゴニアで朝焼けのフィッツェロイを誘って断れたイタリアーノの哲学は正しいのか? 「日の出前に起きるのはパン屋で働いている人だけだ。睡眠時間を削ってまで見たい景色なんてないよ」 そんなことはさておき、慌ててチェックアウト。昨日に予め9時頃チェックアウトすると伝えていたから問題無かったが、管理人のオジサンが 「僕たち給料低いから、50ルピー(約80円)ちょうだい」 と少し遠慮しがちに笑顔で言わ…

  • 南インドのお祭り収穫祭に遭遇@カニャクマリ!!【ポンガル】

    ナマステ~(ヒンドゥー語でこんにちわ)。筆者のパブロです。インド最南端カニャクマリで床屋に行ってきました!店主がバリカンしてくれるかと思ったら、息子に「お前の番だ」的なことを言ったようで、息子さんにバリカンで一気に坊主にしてもらいました~。あぁスッキリした。旅中にはいろいろな国で床屋にお世話になっていますが、どこが一番うまかったかな?今度、世界の床屋体験記を記事にしようと思います。(笑) 因みに、坊主の過程はこちら。息子さんの練習台となった今回の散髪代は・・・・80ルピー(約128円)やっぱりインドは安い。 それでは、2019年1月21日の記事を書いていこうと思います。 今日の朝は5時に起きて…

  • 南インドのお祭り収穫祭に遭遇@カニャクマリ!!【ポンガル】

    ナマステ~(ヒンドゥー語でこんにちわ)。筆者のパブロです。インド最南端カニャクマリで床屋に行ってきました!店主がバリカンしてくれるかと思ったら、息子に「お前の番だ」的なことを言ったようで、息子さんにバリカンで一気に坊主にしてもらいました~。あぁスッキリした。旅中にはいろいろな国で床屋にお世話になっていますが、どこが一番うまかったかな?今度、世界の床屋体験記を記事にしようと思います。(笑) 因みに、坊主の過程はこちら。息子さんの練習台となった今回の散髪代は・・・・80ルピー(約128円)やっぱりインドは安い。 それでは、2019年1月21日の記事を書いていこうと思います。 今日の朝は5時に起きて…

  • 寝台列車で怪しい男?をかわし、インド最南端の街カニャクマリへ【SIM購入情報あり】

    2019年1月19日17時15分ぴったり、チェンナイのエグモア駅を発車した電車は朝6時20分、驚くことに終点カニャクマリ駅にぴったんこカンカンに着いた・・・インドは日本以上に正確なのか? チェンナイとカニャクマリはこんな位置です。 電車の中に怪しい男がいた。同い年くらいだと思うが(30前後)、どこからともなく現れてインド訛りの英語で色々質問してきた。インドが初めてか?インドの前はどこにいたのか?これからどこに行くのか?日本で何の仕事してるのか?などなど、矢継ぎ早に質問してくる。初めはただ純粋に外国人に興味があるのかと思っていて、こちらも現地の人との交流を楽しもうとしていたが、彼の質問内容が何か…

  • 寝台列車で怪しい男?をかわし、インド最南端の街カニャクマリへ【SIM購入情報あり】

    2019年1月19日17時15分ぴったり、チェンナイのエグモア駅を発車した電車は朝6時20分、驚くことに終点カニャクマリ駅にぴったんこカンカンに着いた・・・インドは日本以上に正確なのか? チェンナイとカニャクマリはこんな位置です。 電車の中に怪しい男がいた。同い年くらいだと思うが(30前後)、どこからともなく現れてインド訛りの英語で色々質問してきた。インドが初めてか?インドの前はどこにいたのか?これからどこに行くのか?日本で何の仕事してるのか?などなど、矢継ぎ早に質問してくる。初めはただ純粋に外国人に興味があるのかと思っていて、こちらも現地の人との交流を楽しもうとしていたが、彼の質問内容が何か…

  • チェンナイを観光、そして電車でインド最南端の街へ向かう

    ※本記事は2019年1月19日の記事なります。写真はチェンナイ市内のKapaleeswarar Temple(ヒンドゥー教の寺院)です。 インド2日目はチェンナイ市内を少しだけ観光。インドに来た限りはヒンドゥー教のお寺に行きたいと自然に思い、宿の目の前の通りでトゥクトゥクをひろってKapaleeswarar Templeへ。(80ルピー(約128円) インド初のお寺観光に行く前に、あさ飯兼ひる飯を摂ろうとお寺の近くの通りを歩いていると、良い感じのレストランを発見。 適当に南インドの料理をお願いしたら、9つの小皿とたっぷりの白ご飯!お皿の下にはバナナの葉っぱが敷いてある。現地の人たちはこれを手で…

  • チェンナイを観光、そして電車でインド最南端の街へ向かう

    ※本記事は2019年1月19日の記事なります。写真はチェンナイ市内のKapaleeswarar Temple(ヒンドゥー教の寺院)です。 インド2日目はチェンナイ市内を少しだけ観光。インドに来た限りはヒンドゥー教のお寺に行きたいと自然に思い、宿の目の前の通りでトゥクトゥクをひろってKapaleeswarar Templeへ。(80ルピー(約128円) インド初のお寺観光に行く前に、あさ飯兼ひる飯を摂ろうとお寺の近くの通りを歩いていると、良い感じのレストランを発見。 適当に南インドの料理をお願いしたら、9つの小皿とたっぷりの白ご飯!お皿の下にはバナナの葉っぱが敷いてある。現地の人たちはこれを手で…

  • 初日のインドどうでしょう@チェンナイ【宿情報・電車チケット情報あり】

    2019年1月18日とうとう僕たち夫婦はインドへやってきた!62ヶ国目!スリランカから約1時間のフライトであっと言う間に着陸。少し不安だったアライバルビザ取得もスムーズに終わり、腹もペコペコ。空港から出て早速トライ!空港から出てすぐそこのデリで食べたが高い!!インドも物価が上がってるのか?下の写真の二皿+チャイ+1リットルの水で450ルピー(約720円)後ほどすぐにインドの物価が安いことを知る。空港近くはどこの国でも高いよね。 ※インドアライバルビザ取得の内容については、こちらを参考にしてください。 世界一周ブログランキングに参加しました。宜しければクリックお願いします。 にほんブログ村 腹ご…

  • 初日のインドどうでしょう@チェンナイ【宿情報・電車チケット情報あり】

    2019年1月18日とうとう僕たち夫婦はインドへやってきた!62ヶ国目!スリランカから約1時間のフライトであっと言う間に着陸。少し不安だったアライバルビザ取得もスムーズに終わり、腹もペコペコ。空港から出て早速トライ!空港から出てすぐそこのデリで食べたが高い!!インドも物価が上がってるのか?下の写真の二皿+チャイ+1リットルの水で450ルピー(約720円)後ほどすぐにインドの物価が安いことを知る。空港近くはどこの国でも高いよね。 ※インドアライバルビザ取得の内容については、こちらを参考にしてください。 世界一周ブログランキングに参加しました。宜しければクリックお願いします。 にほんブログ村 腹ご…

  • 【2019年最新版】インドアライバルビザ取得方法@チェンナイ

    ※2019年1月18日にスリランカのコロンボからインドのチェンナイへ空路入国した内容です。 インドへの入国にはビザが必要で、3通りの取得方法がある。 1.空港でアライバルビザを取得 2.eツーリストビザをオンラインで取得 3.インド大使館にて取得 今回僕たちは一番簡単な1の空港でアライバルビザを取得したので、その時の注意事項を案内したい。 ※アライバルビザが取れる空港は6つと以下の記事に記載されている。 ・デリー(DEL)、ムンバイ(BOM)、チェンナイ(MAA)、コルカタ(CCU)、ベンガル―ル(BLR)、ハイデラバード(HYD) 僕たちはチェンナイから入国して問題なかったが、他の5つの空港…

  • 【2019年最新版】インドアライバルビザ取得方法@チェンナイ

    ※2019年1月18日にスリランカのコロンボからインドのチェンナイへ空路入国した内容です。 インドへの入国にはビザが必要で、3通りの取得方法がある。 1.空港でアライバルビザを取得 2.eツーリストビザをオンラインで取得 3.インド大使館にて取得 今回僕たちは一番簡単な1の空港でアライバルビザを取得したので、その時の注意事項を案内したい。 ※アライバルビザが取れる空港は6つと以下の記事に記載されている。 ・デリー(DEL)、ムンバイ(BOM)、チェンナイ(MAA)、コルカタ(CCU)、ベンガル―ル(BLR)、ハイデラバード(HYD) 僕たちはチェンナイから入国して問題なかったが、他の5つの空港…

  • この国にはいつか必ず戻ってくると思う【ヌワラエリヤ→キャンディ→国際空港までの移動情報あり】

    2日間のレンタルバイクも終わり、スリランカ最後の宿泊地となるキャンディへと向かう。 大通りから電車の駅があるナヌオヤ(Nanu Oya)までローカルバスで30分。(一人15ルピー(約9円) 少しでも青空が見えると景色が生える。長閑な風景だ。 自由席だが二等席を購入。(210ルピー(約126円)12時2分の電車だが、40分ほど遅れてきた。2時間半くらいでキャンディに着いた。 世界一周ブログランキングに参加しました。宜しければクリックお願いします。 にほんブログ村 キャンディの中心地でフルーツサラダ(お気に入りのスイーツ)120ルピー(約72円)を食べて帰宅。(キャンディの宿は家のように居心地が良…

  • この国にはいつか必ず戻ってくると思う【ヌワラエリヤ→キャンディ→国際空港までの移動情報あり】

    2日間のレンタルバイクも終わり、スリランカ最後の宿泊地となるキャンディへと向かう。 大通りから電車の駅があるナヌオヤ(Nanu Oya)までローカルバスで30分。(一人15ルピー(約9円) 少しでも青空が見えると景色が生える。長閑な風景だ。 自由席だが二等席を購入。(210ルピー(約126円)12時2分の電車だが、40分ほど遅れてきた。2時間半くらいでキャンディに着いた。 世界一周ブログランキングに参加しました。宜しければクリックお願いします。 にほんブログ村 キャンディの中心地でフルーツサラダ(お気に入りのスイーツ)120ルピー(約72円)を食べて帰宅。(キャンディの宿は家のように居心地が良…

  • 【レンタルバイク】モーターサイクルダイアリーズ~タイ人との珍道中~@ヌワラエリヤ

    ※2019年1月15日についての記事です。 レンタルバイクでフルに楽しんだエッラから、次はヌワラエリヤ(Nuwara Eliya)に向けて宿を出た。 写真真ん中下にトゥクトゥクがあるが、これは宿で出会ったスペイン人がレンタルしているものだ。その手があったか!彼と話すまでトゥクトゥクをレンタルしてスリランカ中を回るなんて考えてもいなかった。しかし、彼の話しを聞いているとトゥクトゥクはスリランカでこそ楽しさを発揮すると思った。

  • 【レンタルバイク】モーターサイクルダイアリーズ~タイ人との珍道中~@ヌワラエリヤ

    ※2019年1月15日についての記事です。 レンタルバイクでフルに楽しんだエッラから、次はヌワラエリヤ(Nuwara Eliya)に向けて宿を出た。 写真真ん中下にトゥクトゥクがあるが、これは宿で出会ったスペイン人がレンタルしているものだ。その手があったか!彼と話すまでトゥクトゥクをレンタルしてスリランカ中を回るなんて考えてもいなかった。しかし、彼の話しを聞いているとトゥクトゥクはスリランカでこそ楽しさを発揮すると思った。

  • 【レンタルバイク】モーターサイクルダイアリーズ@エッラ

    エッラでバイクをレンタルすることになった僕たちは、初めてのバイク旅行にワクワク胸を鳴らしていた。翌朝8時、宿のオーナー髭モジャ君が時間通りに僕らの部屋をノックした。 「バイク準備できてるよ」 おー!!時間通りや!!やっぱりスリランカ人も生真面目なのか。好感が持てる。バイクはHeroというメーカーの125cc、見た目はZX風、田舎のヤンキーが好むやつ。

  • 【レンタルバイク】モーターサイクルダイアリーズ@エッラ

    エッラでバイクをレンタルすることになった僕たちは、初めてのバイク旅行にワクワク胸を鳴らしていた。翌朝8時、宿のオーナー髭モジャ君が時間通りに僕らの部屋をノックした。 「バイク準備できてるよ」 おー!!時間通りや!!やっぱりスリランカ人も生真面目なのか。好感が持てる。バイクはHeroというメーカーの125cc、見た目はZX風、田舎のヤンキーが好むやつ。

  • 僕たちはやっぱり山派かな【エッラ(Ella)】

    フィリピン留学時代にフィリピン人の先生から言われたこと。韓国人は海に行き、日本人は山に行く。長年留学先の語学学校で働いていたおばちゃん先生がキッパリと言っていたが、やっぱり日本人は山派が多いのかな。僕たちも完全山派で、ビーチは滅多に行かない。スリランカでも自然と山岳地帯の観光地に惹かれて、もともと予定していなかったエッラ(Ella)という街に行くことにしたのだ。コロンボの宿で同じドミトリーだったイギリス人のジェームスと話していた時に、エッラがツーリスティックではなくてのんびりしていて良かった!と聞いたので、行ってみたくなったのだ。

  • 僕たちはやっぱり山派かな【エッラ(Ella)】

    フィリピン留学時代にフィリピン人の先生から言われたこと。韓国人は海に行き、日本人は山に行く。長年留学先の語学学校で働いていたおばちゃん先生がキッパリと言っていたが、やっぱり日本人は山派が多いのかな。僕たちも完全山派で、ビーチは滅多に行かない。スリランカでも自然と山岳地帯の観光地に惹かれて、もともと予定していなかったエッラ(Ella)という街に行くことにしたのだ。コロンボの宿で同じドミトリーだったイギリス人のジェームスと話していた時に、エッラがツーリスティックではなくてのんびりしていて良かった!と聞いたので、行ってみたくなったのだ。

  • ホームシック・・いやホステルシック【ダンブッラ→キャンディ】

    長期旅行中の宿はまさに家のようなもの。宿には当たり外れがあり、外れの場合は宿に帰るのも憂鬱となる。外れの宿の原因には狭い、汚い、うるさい、受付が嫌なやつ、他のゲストが絡みにくいなどいろいろなケースがあるが、最大要因は・・・「南京虫だ」 油断しているときこそ、やられる。それが南京虫。今回ダンブッラの宿で通算4回目の被害になってしまった。(1.バンコク(10年前)、2.スコピエ(マケドニア)(4ヵ月前)、3.クラコフ(ポーランド)(3カ月前)、4.ダンブッラ(スリランカ)(昨夜) 南京虫に刺された時の対処法は、3つ。 1.患部をかかない。 2.抗ヒスタミン剤を飲む。 3.ただちにベッドを代える。(…

カテゴリー一覧
商用