searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

一八わんさんのプロフィール

住所
羽咋市
出身
羽咋市

移ろいゆく日々を運命開運鑑定士としての思いを綴っていきます。石川県は能登羽咋市で四柱推命・風水・奇門遁甲・梅花心易・金口訣の各占術を駆使して人生相談や恋愛・婚活・妊活・不妊症に至るまで、ただ占うだけではなく、対策を含めて助言・支援させて頂いております。

フォロー

ブログリーダー」を活用して、一八わんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
一八わんさん
ブログタイトル
四柱推命・風水・奇門遁甲〜そよかぜの如く凛凛と〜
フォロー
四柱推命・風水・奇門遁甲〜そよかぜの如く凛凛と〜

一八わんさんの新着記事

1件〜30件

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)澤風大過 四爻変この卦は、「往くところに利あり、亨(とお)る」とあるとおり、良い卦ではあるのですが、しかし、「大過は棟木撓む(むなぎたわむ)」とあり、重すぎてつぶれる、転倒するといったイメージがあります。大過ですから、ここは、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」のとおり、自己過信で足元をすくわれないように注意しなければなりません。かと言って、消極的になる必要はありませ...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)風地観 二爻変「観」とは、凝視すること。観察すること。よくよく物事を見つめよ。詳しく観察し、奥底まで見抜くこと。と教示しています。ここで見るというのは、繰り返しになるかもしれませんが、「心の目で広く、正しく知恵を働かせて観察しなさい」と言うことです。この卦は、衰運、変動を暗示しています。物事がうまくいかない時ほど、考え方や見方が近視眼的になりがちで、思いつきや直...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。もう猛暑・酷暑の連続でバテバテでお休みしてましたが、しばらく不定期ですが再開します。明日の易占(指針・心構え)雷風恒 二爻変易経には、「恒は亨(とお)る。咎無し。ただしきに利あり。往くところに利あり」と書かれています。恒は、恒久不変の恒です。自分がとる考え、行動、感情、感性を正しいと信じ、どんな状況下に変わろうとも、ほとんど不可能に思われるような最悪の状態にあろうとも、諦めずに、これまで...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)風沢中孚 上爻変「中孚」とは、心の中に誠あり。心に誠実さが満ち溢れていることを言います。易経には、「中孚は、豚魚にして吉なり」とあるように、「豚や魚にまで その誠実さが及んでこそ吉」という意味なのです。この卦においては、「誠実さ」、「忠実さ」は、他人に対してはもちろん、自分に対してのそれらも 他人と同様、いや それ以上に大切だと示唆しています。しかし、ここでもう...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)火風鼎 五爻変鼎とは、三本足の金属製の鍋のことで、これは安定を示し、卦は大いに伸び栄えることを示しているので、悪い卦ではありません。すべての機運が良い方向に向かっているので、自信をもって堂々と物事に臨んでください。但し、条件があります。鼎の安定性の根拠は、三本足です。この三本の足があって初めて安定性を表し、保っているのです。つまり、他人の協力関係なしには、成功や...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)火山旅 二爻変この卦は、「旅」とするところから、流転・変転を示す、つまり、居場所が定まらず、不安定で、様々な変化に直面することを示唆しています。こういった様々な変化に、悩み、苦しみ、不安や迷いなどの問題に直面することは避けられません。しかし、ここで、大切なことは、何にも負けない確固とした【信念】を持つことです。【信念】を持ち、その【信念】を《確信》に変えていくの...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)雷山小過 初爻変易経には、「小過は亨(とお)る。貞に利(よろ)し。小事には可なり」とあります。この卦は、運が良いようにみえて、ついつい積極的に関わりを持つことが、結果的に失敗してしまう、そんな状態を示唆しています。つまり、それなりの良い状態ではあるのですが、大事(おおごと)に強気で進むことは良しとせず、小さいことなら、うまくいくと言うことです。日常における家事や...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)火地晋 初爻変卦では、「晋は、康候をもって馬を錫わること藩庶。晝日三接(ちゅうじつみたびせっす)」とあります。これは吉の卦です。「晋」とは、「進」、進むことを意味します。この卦の形は、上が離火の太陽で、下が大地を表しており、地上に太陽が昇り光り輝いている情景が浮かんできます。これはまさに上昇運であり、進歩です。全てにおいて自信と確信をもって突き進むべきです。ここ...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)澤地翠 上爻変「萃」には、「集まる」という意味があります。人が集まる、寄って来ることは、決して悪いことではありません。何か理由があるから集まって来るわけですね。評判がいいとか、知名度があるとか、何かしらの評価や魅力を感じるから集まり、寄って来るでしょうね。この卦は、運気が良い、繁栄していることを示唆しています。しかし、ここで注意しなければならないことがあります。...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)澤雷随 上爻変易経には、「随はおおいに亨(とお)る、ただしきに利あり。咎なし。」と書かれています。「随」とは、「つき従う」の意味があり、この従うと言うことには、二通りの捉え方があります。一つは「人に従う」…これは、人と協調して物事を進めていく。もう一つは「状況に従う」…刻々と変化していくことに対して柔軟な姿勢を保つ。この卦は、とても良い卦ですが、しかし、だからと言...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)乾為天 四爻変易経には、「乾は、元いに亨りて貞(ただし)きに利ろし」と書かれています。この卦は、最も純粋な「陽」であり、正しい心で積極的に取り組めば、物事は順調に運び、うまくいくことを示しています。易経に書かれている、元、亨、貞、利は、四季に対応しているのです。元は春、芽生え、門出。亨は夏、スクスク伸びる様。利は秋の実り、収穫。貞は冬、種、種子で新たな芽吹きの準...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)山火賁 初爻変易経には、「賁は亨る。少しく往くところあるに利ろし」とあります。「賁」には「飾る」という意味があり、外面ばかりを飾っても、内面は見かけほどでもない、と言う意味に捉えます。しかし、反面、逆の意味として、内面から意図的に自分のココロを安定させ、積極的に、そして意図的に自分を導くために飾ることが本当は必要なのです。「良いことを思えば良いことが起こり、悪い...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)澤風大過 三爻変この卦は、「往くところに利あり、亨(とお)る」とあるとおり、良い卦ではあるのですが、しかし、「大過は棟木撓む(むなぎたわむ)」とあり、重すぎてつぶれる、転倒するといったイメージがあります。大過ですから、ここは、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」のとおり、自己過信で足元をすくわれないように注意しなければなりません。かと言って、消極的になる必要はありませ...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)水風井 五爻変易経には、「井は、邑を改めて井を改めず。喪うなく得るなし。往来井を井とする。」とあります。「井」とは、井戸のことで、町や村、家自体は変わったり、無くなったりすることはあっても、井戸は動かないもの、変わらないもの、です。井戸があれば、水を飲みに、又は、汲みに人が集まってきます。これ程役立つものは、ありません。この井戸の効用、つまり、溢れ出ることもなく...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)地風升 三爻変升は、「昇」で字のごとく “ 昇り進む ”ことを言います。地中(坤)に芽生えた木の芽(巽)がスクスクと天に向かって伸びていくように、人生の盛運に向かっていることを表しています。しかし、盛運に向かっていると言っても、その過程には必ず、思い悩むなどの障害・困難なことが生じてきます。でも、ここで焦ってはいけません。山を登るように一歩一歩地に足を付けて、前進...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)風天小畜 初爻変畜は、「とどむ」の意味で、障害・困難を表します。 しかし、小畜と言うことなので、その障害・困難は大きなものではありません。目の前にある障害・困難は取り除かねばなりませんが、この障害は何か?その障害・困難とは、眼に見えるものではありません。それは、自分の心の中に潜んでいる悪い習慣です。その習慣を見直し、克服することが出来れば、他のいかなる障害・困難...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)雷澤帰妹 初爻変この卦、帰妹とは、“ うら若い娘が嫁ぐ ”ことを表していますが、しかし、まだ嫁ぐのはよくないとするのがこの卦の意味するところです。男女間の恋愛で、未熟な者が一人前の社会的行動、肉体的経験をすることには危険を伴うとしています。ともあれこの卦は、恋愛に限らず、自分に罪はないのに、どうも災難が降りかかってくる、まさかと思うような出来事に遭遇することですか...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)火澤睽 二爻変易経には「小事には吉なり」とあります。小事とあるように、小さい事柄ならば吉だとする解釈も成り立ちますが、逆もまた真なり。ここは大事は、避けるべきである、と示唆しています。運気は、あまり良しとしません。この卦は、事の安泰の行き詰まりを表し、矛盾に悩むことを示しています。険悪な空気を感じることも多く、このような状況下で、大きな賭けに出るようなことはご法...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)山天大畜 上爻変この卦は、運勢としてはこれまでパッとしない状態が続いていたとしても、その後に続く上昇を含んでいる卦であります。ここは、まず耐え忍ぶところは耐え忍び、失望することなく、コツコツと積極的に目の前のことを処理していくことです。そして、目標に向かって準備するのです。チャンスに恵まれずにいたとしても、それまで蓄えられてきた運気がありますので、多少のリスクは...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)水澤節 三爻変この卦の形は、沼の澤が水をたたえている姿を示しており、その水が氾濫もせず、枯渇することもなくバランスが保たれている状態を現しています。この卦は、それなりに平穏が保たれている状態だから、限界を超えず、節度を守り、手堅く、着実に前進して行くことが必要だと示唆しています。しかし、この卦の一般的な解釈から離れて、人間が直面する限界を考えた場合、二元論として...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)震為雷 上爻変震は、雷、地震、奮起、活発などを示します。これらの卦が2つ重なっています。この卦は、大変な盛運を表します。驚天動地(きょうてんどうち)という言葉がありますが、例え、雷に驚かされようとも、害を及ぼすようなことはなく、むしろ、奮起して、発奮して、活発に動き、事に当たるのを良しとします。ここは、集中力つまり、一点集中のエネルギーを持って、力を発揮すること...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)乾為天 初爻変易経には、「乾は、元いに亨りて貞(ただし)きに利ろし」と書かれています。この卦は、最も純粋な「陽」であり、正しい心で積極的に取り組めば、物事は順調に運び、うまくいくことを示しています。易経に書かれている、元、亨、貞、利は、四季に対応しているのです。元は春、芽生え、門出。亨は夏、スクスク伸びる様。利は秋の実り、収穫。貞は冬、種、種子で新たな芽吹きの準...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)水山蹇 五爻変易経には、「西南に利あり、東北に利あらず、大人を見るに利あり、ただしくして吉」と書かれています。方角を表しているのはもちろん、西南は平地であり、東北(北東)は山地を表しているという考え方もあるようです。この「蹇」は、困難を表し、卦は、山に遮られ、さらに水に行く手を阻まれ、進退窮まりない状態を現しています。しかし、この卦は「絶望」「乗り越えられないこ...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)火風鼎 四爻変鼎とは、三本足の金属製の鍋のことで、これは安定を示し、卦は大いに伸び栄えることを示しているので、悪い卦ではありません。すべての機運が良い方向に向かっているので、自信をもって堂々と物事に臨んでください。但し、条件があります。鼎の安定性の根拠は、三本足です。この三本の足があって初めて安定性を表し、保っているのです。つまり、他人の協力関係なしには、成功や...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)澤山咸 上爻変この卦は、男女間の恋愛感情を示していると言われています。澤山咸の「咸」は、感じると言った感情交流の意味があります。男女間の恋愛感情における状況だからこそ、意味合いも深くなるのです。つまり、男女間の恋愛感情の交流は、感情中心の、精神感応としか捉えようのない部分が大勢を占めています。だからこそ、難しく、思い悩み、苦しむ部分もあれば、大いに喜びもひとしお...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)風山漸 五爻変現在、どんなに恵まれていても、未来永劫という保証はどこにもありません。同じく現在、絶望的な境遇に置かれていても、そこから抜け出せないということもありません。要するに、その立場、境遇を自分んでどう捉えるのか、どう考えるかによって違ってきます。風山漸、この卦は、“ 緩やかな発展 ”を表しています。吉の卦です。急激な発展は望めませんが、着実に順を追って成長...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)水地比 二爻変「比は吉なり。・・・咎なし。」と易経にあるように、この卦は、幸運を表しています。この卦のポイントは、人とのコミュニケーション、人との接し方にあります。人間関係で悩む場合、他人との折り合いの悪さで悩んでいるのではなく、実は自分自身との折り合いの悪さが原因である」と言うことに気づき、自分に折り合いをつけることで自然と他人との付き合い方も変わってきます。...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)水雷屯 三爻変易経には、「屯は大いにとおる。貞しきに利あり。もって往くところあるなかれ。」とあります。卦としては、決して悪くはなく、「吉」なのですが、この卦の意味するところは、物事の初めには困難が付きまとう、ことを教示しているのです。つまり、草創期には色々な試練、困難が付きまとうものです。そこで、挫折や苦労から逃げてしまっては惨めな結果を招くだけ。それを乗り越え...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)雷地豫 上爻変「楽しむ」「喜ぶ」「あらかじめ」と言う意味があり、雷が地上に鳴り響くイメージです。これは、非常に積極的、行動的になることで良い状態になることを示唆しています。 この卦は、これから先のために、「あらかじめ」用意しておくことの必要性を意味しています。「備えあれば、憂い無し」と言う言葉がありますが、まさに、このことが、心にゆとりを生むことになるのです。長...

  • 明日の易占(指針・心構え)/奇門遁甲(吉方位)

    昂明です。明日の易占(指針・心構え)乾為天 二爻変易経には、「乾は、元いに亨りて貞(ただし)きに利ろし」と書かれています。この卦は、最も純粋な「陽」であり、正しい心で積極的に取り組めば、物事は順調に運び、うまくいくことを示しています。易経に書かれている、元、亨、貞、利は、四季に対応しているのです。元は春、芽生え、門出。亨は夏、スクスク伸びる様。利は秋の実り、収穫。貞は冬、種、種子で新たな芽吹きの準...

カテゴリー一覧
商用