ハンドル名
LuckyOceanさん
ブログタイトル
新米技術士の成長ブログ
ブログURL
http://hiroshi-kizaki.hatenablog.com/
ブログ紹介文
バルト三国の旅行ブログ、社会的な問題、技術的な問題を中心に課題解説と対策提案にトライします。
自由文
今年の1月から開始しました。また、エストニアなどバルト三国への旅行した時の様子を詳しくアップしました。帰国後は、いじめ問題、睡眠問題、リニア問題などについて解説しました。 今後は、技術的な問題と社会的な問題、さらに海外の動向の3つを柱としてその内容を充実させる予定です。
更新頻度(1年)

61回 / 153日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2017/09/10

LuckyOceanさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 949557サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 0 0 0 0 0 0 0 41498サイト
北欧旅行 0 0 0 0 0 0 0 69サイト
ネットブログ 0 0 0 0 0 0 0 7171サイト
ネット民・ネット中毒 0 0 0 0 0 0 0 33サイト
環境ブログ 0 0 0 0 0 0 0 3339サイト
循環型社会 0 0 0 0 0 0 0 64サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 108411 0 0 0 0 0 0 949557サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 5562 0 0 0 0 0 0 41498サイト
北欧旅行 9 0 0 0 0 0 0 69サイト
ネットブログ 267 0 0 0 0 0 0 7171サイト
ネット民・ネット中毒 2 0 0 0 0 0 0 33サイト
環境ブログ 259 0 0 0 0 0 0 3339サイト
循環型社会 3 0 0 0 0 0 0 64サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949557サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 0 0 0 0 0 0 0 41498サイト
北欧旅行 0 0 0 0 0 0 0 69サイト
ネットブログ 0 0 0 0 0 0 0 7171サイト
ネット民・ネット中毒 0 0 0 0 0 0 0 33サイト
環境ブログ 0 0 0 0 0 0 0 3339サイト
循環型社会 0 0 0 0 0 0 0 64サイト

LuckyOceanさんのブログ記事

?
  • いじめの司令塔と韓国の司令塔

    はじめに 年に200回ほど全国の学校を訪問してモラル教室の講演を行なってきた。ほとんどの子供は素直だし、ほとんどの学校は平和だ。しかし、やはり問題はないことはない。いじめの問題もその一つだ。いじめの構図で厄介なのは、1対1ではない。司令塔がいて、パシリ(実行犯)がいて、被害者がいると言う構図の時が問題だ。いじめの構造 下の図は大阪市が考えるいじめの構造だ。一般に、いじめの問題というと、加害者と被害者という二者で論じられることが多い。もしくは、傍観者を含めた三者だ。しかし、実際には、その裏に司令塔がいることがある。これが厄介だ。 出典:http://www.city.osaka.lg.jp/sh…

  • 「指名され続ける力」を読んで

    はじめに 今日は久しぶりのオフ。Kindle Unlimitedで何か面白そうな本はないかなあと思って、とりあえずめぼしい10冊をダウンロードして、順番に読んでいった。その中で、読ませる本があった。それが表題の本だ。エンリケ 著者は源氏名「小川えり」さん、本名服部理恵さん。名古屋栄の錦で6年連続のNo.1を誇るキャバ嬢だ。Wikiでエンリケと調べると、ポルトガル等での男性名だという。Wikiは水商売ものは得意ではないようだ。容姿は、図書の表紙の写真でもわかるようにキュートな女性だ。 ブレークしたキッカケ 友達から頼まれて急遽対応したのがキッカケだというが、最初は慣れないし、指名も取れなかったと…

  • メタボ診断を考える。

    はじめに 会社で定期健康診断を受けると、どうもメタボと判定されることが多い。自分よりも太っている人もいるけど、そうではなく、基準値付近の人をターゲットにしているような気がする。何故なのだろう。メタボとは 正確には、メタボリックシンドローム(Metabolic syndrome)という。腹囲と中性脂肪と血圧の検査のうち、2つ以上が基準を超えるとメタボ と診断される。今回も引っかかった。これで何回目だろう。最初の時は真面目に対応して効果を上げたが、二回目と三回目は無視した。四回目は少しトライしたが挫折した。今回は五回目かなあ。メタボの基準 日本の基準は、日本肥満学会が定めている。つまり、男性だと腹…

  • 初めての海外出張=ポルトガル

    はじめに 「4月から多分あまり来なくなるよ」。いつも愛用しているスタバで馴染みのKさんにいうと、「え!」と驚いてくれた。なぜですかと聞くので、夜の学校に通いますと返す。ただ、どうも夜の学校というとイメージが変かもしれない。大学に通いますと言い換えると、何か資格取るのですかと聞くので、MBAを取ろうかと思っていると話をするが、MBAがよく分からないようだった(笑)。Kさんは大学生なので、専攻は何かを聞くとポルトガル語専攻だという。へえ!すごい!初めての海外旅行 会社に入ってから海外に旅行した。当時の上司がミヤンマーへの海外出張から帰ってきて、「君も若いうちに海外を旅行して見聞を広めないとダメだよ…

  • 建国記念の日と神道指令

    はじめに 昨日は「建国記念の日」だった。表面的な解説はニュースでもやったかもしれないけど、あまり深く掘り下げた報道はなかったように思う。新聞を見ても特に記事もない。戦前は紀元節という日本国の起源を祝う祭日だったのに、なぜこれほどマスメディアは黙殺するのだろう。つまらないゴシップネタや事件の報道ではなく、失われた日本人の心を振り返るような特集をしてくれないかなあと思う。神道指令 Wikiで少し調べると「神道指令」という言葉が出てきた。なんだこれは。恥ずかしながら全く知らなかった。調べてみると、神道指令(Shinto Directive)とは、1945年にGHQが発した覚書の通称だった。この覚書は…

  • 「すごいチーム」を読んで感じたこと

    はじめに 営業やSIの部門でチームリーダやグループリーダをしてきた。出向先のグループ会社では取締役も経験させてもらった。個人的には、直接部下と一緒に仕事をするという実感を得られるチームリーダの時代が一番充実していたように感じる。2枚のピザ理論 これはすでに書いたが、アマゾンでは創業者のジェフリー・プレストン・ベゾスが提唱する理論だ。つまり、チームメンバーの数は、2枚のピザで満足する程度の人数にすべきというもの。一人のリーダがミッションを遂行する上で、メンバーの一人一人に目を配り、能力を最大限に発揮してもらう人数を説いたものだ。最適メンバー数は七人 アマゾンKindle Unlimitedでたま…

  • amazon echo spotへのワイフの要望

    はじめに Amazon Echo Spotを購入して1週間ほど経過した。最近、ワイフもこのEchoに興味を持ち始めた。女性ならではの新鮮な意見を出してくれる。いろんなことを言っていたけど整理すると次のような感じだろうか。1. 良いところ 1) 話しかけると応えてくれるところ Alexaに話しかけるだけで応えてくれることには興味を持ったようだ。女性にとっては話をすることは重要な本能の一つだ。米メリーランド大学で、男女が発する言葉の数を調査したところ、男性は平均7千単語に対して、女性は平均2万語だったという。これはアメリカでの調査だが、日本でも同じような傾向なのだろう。井戸端会議を英語では、idl…

  • amazon echo spotの利便性と課題と今後の可能性

    はじめに 注文していたAmazon Echo Spotがきました!第一印象としては可愛いという感じです。形も丸くて、それほど大きくなく、操作もシンプル。色々と話しかけても、それなりに応答してくれる。残念な点もあるけど、逆に言えば、これからの伸び代が大きい。スマホが今後どれだけ飛躍するかは微妙だけど、Amazon Echo Spotのようなスマートデバイスは今後さらに革新していくと思った。ワクワク感が満載だ。1. スマートスピーカーの市場予測 2018年のスマートスピーカの出荷台数は1億台を超えるという。これは、2017年の2.5倍だ。2020年には2億台、2022年には3億台を超える見通しだ。…

  • GAFAとスマートスピーカーを考える

    はじめに 一昨日アマゾン社の講演を聞いて、昨日アマゾンエコーをアマゾンで発注した。今日の午前中には納品される予定だ。なので、多分、午後はアマゾンエコーで遊ぶ予定だ。それまで時間があるので、いわゆるGAFAとかスマートスピーカーについて少し調べたので軽くまとめる。1. GAFAの多面的なレビュー (1) GAFAの功罪 GAFAを知らなくても、GAFAを使ったことのない人は少ないだろう。自分は全部使っている。そして、下の指摘はどれも胸に突き刺さる。自らの果てしない煩悩に驚くばかりだ。今日は、そんなGAFAについて少し調べてみた。 出典:GAFA ガーファ|the four GAFA 四騎士が創り…

  • amazon社が考える「IoTで創る未来」

    はじめに 昨日は、日本技術士会認定グループであるIT21の会の2月度例会だった。今回は、アマゾンウェブサービスジャパン(以下「アマゾン社」)の門田進一郎さんに「IoTで創る未来」というテーマで90分の講演をお願いした。そのなかで特に興味深った内容を順不同でまとめてみた。門田進一郎さん 今回の講師をお願いしたのは、アマゾン社のエバンジェリストとして国内外で活躍されている門田さんだ。IoTソリューション・スペシャリストで、NTTで15年勤務された後、アマゾン社に転職された方だ。非常にエネルギッシュで、オープンマインドで、前向きな方という印象を受けた。90分という講演時間参加者を惹きつける話術も秀逸…

  • 日本の適正人口を考える

    はじめに 東京に戻ってから可処分時間が減った。このため、じっくりと調べてまとめることが減っている気がする。自分にはちょっと難物だけど、少子高齢化が叫ばれている日本の人口がどのように推移してきたのか、なぜ減少傾向が止まらないのか、どこかで反転するのか。そんなことに思いを馳せてみたい。1. 日本人の人口の推移 1.1 かつては増え続けた日本の人口 少子高齢化は耳タコだ。しかし、日本人の人口が減少するのが実は初めてではないのをご存知ですか?石器時代から縄文時代に入って人口は右肩上がりに増加したが、紀元前5300年頃に現在の鹿児島沖で起きた「鬼界カルデラの噴火」の影響から西日本を中心に人口が激減した。…

  • マドラーとアドラー

    はじめに 最近は、会社に出勤する前にスタバでコーヒーを飲んで一服する。技術士の受験勉強しているときは、2時間ほど頑張ったけど、最近は30分ほどだ。なので、全部飲めない。会社まで徒歩7分ほどだけど、途中の信号が赤になりそうだとつい走ってしまい、溢れる。このために、今日はマドラーをつけてもらった。スタバのマドラー よく見るとスタバのトレードマークの人魚がモチーフだ。スタバの人魚も年代によって表現が少しずつ変わっている。1970年代や1980年代のモチーフは、現在の目線ではちょっとまずいかもしれない(笑)。 出典:趣味嗜好:あなたはスタバ派?コメダ派? - LuckyOceanのブログ大学院大学のM…

  • 入学試験を受けてきました♬

    はじめに 61歳にもなってから入学試験を受けることになるとは思わなかったが、今日受けてきた。聞かれたことなどを含めて少し整理しておきたいと思う。受験内容 今回、受験した大学院大学を卒業すると経営管理修士(MBA:Master of Business Administration)を名乗ることができる。今回受験した学校では1年制のコースと2年制のコースがある。受験は4回あり、今回は3回目だ。募集人員が60名なのに、今日だけでも26名の受験者がいた。単純に受験生が今回の4倍と想定すると合格率は57%となる。半分は落ちるのだろうか。結構厳しい。なお、1年制は全日制で、2年制は夜間だ。つまり、1年制を…

  • 久しぶりの美登利寿司

    はじめに今日は久しぶりに渋谷にある美登利寿司で自分へのご褒美だ。美味しい寿司などを頂きながら少し、今進めていることを振り返ってみようと思う。 1. 労働安全コンサルタント個人的には労働安全衛生法もかなり頑張って勉強したつもりだったけど、ちょっと届かなかった。あと2問だった。ただ、ここで勉強したことは役立っているので、無駄ではなかった。もう一度リベンジするかどうかはもう少しゆっくり考えようよ思う。 2. 情報工学部門技術士の四部門連続制覇を目論んだが、見事に玉砕した。選択問題は合格ラインをクリアしていたし、記述問題もそれなりに書き上げたつもりだった。出題も「ISDN」とか「銀行の基幹系」とか年寄…

  • 西野カナの無期限活動休止

    はじめに 西野カナさんが無期限の活動休止を自身のブログで発表した。西野七瀬の卒業に続いて、好きなミュージシャンの活動休止は正直ショックだけど、そんな雰囲気は正直感じられた。レコード大賞発表時の西野カナの表情 乃木坂46がレコード大賞を受賞した時には、西野七瀬と白石麻衣が隣同士に座っていて、喜びから抱き合っていた。そして、その隣が西野カナだった。西野カナも2016年に「あなたの好きなところ」で受賞している。乃木坂46の連覇の前だ。その時に西野カナは、乃木坂46の受賞を拍手で祝いながらも、少し寂しそうな表情だった。受賞を逃した悔しさというよりは、自分勝手な想像だけど、「10年頑張ってきた。ちょっと…

  • 昭和天皇とマッカーサーの会談

    はじめに 昨年末に飲み会があった。自分より年長の人と隣になり、「個人的な意見だが、天皇制に対して疑問を持っている。」という挑発的な発言があった。大人しい感じの人なのでびっくりした。なぜですか?と聞くが回答は要領をえない。このため、日本の「シラス統治」という考え方を知っていますか?と聞いてみた。当然知らない。「古代より、日本国では国民は国の大御宝(おおみたから)と呼ばれていた」というと、「え!私は宝なのですか?」という。「はい、そうですよ」と答えた。「海外諸国では支配者と被支配者の関係が一般的だが、日本では天皇の名を受けた統治者が大御宝を統治する。現在でも、天皇が首相や最高裁判所の長官を任命する…

  • リトル・マエストラを観て感じたこと

    はじめに アマゾンのプライムビデオで「リトル・マエストラ」を観た。舞台は石川県志賀町福浦の漁村を舞台にした映画だ。1時間46分の長編だ。恥ずかしながら涙腺が緩んでしまった。能登半島には学生時代に何度か旅した。最近も富山や高山、金沢には行ったが、福浦まではいかなかったのが残念だけど、冬の日本海は厳しいところだ。そんな寒村でオーケストラに想いを寄せる人々の熱い物語だ。 マエストラとは 指揮者をマエストロ(Maestro)という。女性の場合には、マエストラ(Maestra)となる。今回はリトル・マエストラなので、少女の指揮者という意味合いになるのだろう。うまい命名だと思う。有村架純さんが主役 しかも…

  • PoodleとDROWNの脅威

    はじめに プードル(Poodle)と言えば、日本で最も人気のある犬種で2008年時点で8.6万頭でそのうちの98.5%は小型のトイプードルだ。泳ぎが得意で賢い。人気のトイプードルは18世紀後半のルイ16世の時代に作出されたという。しかし、ここで伝えたいのは別のPoodleだ。また、DROWNというと、??と言う方も多いだろう。空を飛ぶドローンはDRONEでスペルが違う。後半で説明する。 出典:WikiIoTはどこまで普及するのだろう 下の図は、シスコによるIoTの将来予想だ。世界の人口は2008年に67億人、2015年に73億人、2020年には78億人に増大すると予想されている。それに対してイ…

  • 伝えたいことが8割

    はじめに 2019年はどんな年になるのだろうこのブログは2019年も少しずつマイペースで更新していければと思う。年末年始で読んだ本のうちで特に印象的だったのは野口悠紀雄氏が書いた「超」文章法だ。 「超」文章法 個人的には、「超」何ちゃらと書くと、ちょっと時流に乗って軽い感じがする。でも、さすがに野口悠紀雄氏の最新作だ。普段なら読み飛ばしたくなるところだけど、やはり内容がしっかりしているので、じっくり読みたいという気持ちになる。伝えたいことが8割 文章法というと、文章の書き方がメインかと思ったら違っていた。「相手に何を伝えたいか」が最も大事だという。これはストンと腹落ちした。何かを書く時は、何か…

  • 乃木坂46のレコード大賞二連覇おめでとう!

    はじめに 2018年も今日まで。明日からは2019年だ。年末の恒例行事の一つは12月30日のレコード大賞だ。以前は12月31日の紅白歌合戦の前に行われていたレコード大賞だが、今は12月30日に行われる。しかも長い。ビール飲んで、お酒飲んでいたら、発表前にうとうとしてしまった(涙)。レコード大賞 第一回は1959年だ。その前年の1958年に米国でグラミー賞が始まったことに刺激を受けて、日本を代表する古賀政男や服部良一が推進役となって始まったものだ。しかし、当時はビクター以外のレコード会社から断られ、古賀政男の自費でどうにか始まったという。そんなレコード大賞も今回で第60回だ。そんな栄えある栄誉を…

  • (その6:まとめ)ベーシックインカムを政府発行の仮想通貨として国民に支給したらどうなるのだろう?

    はじめに そもそもこのシリーズを書こうとしたのは日本人の幸福度が、GNPとの相関関係から外れて低いことだ。日本では経済成長重視で頑張ってきたが、それが日本人の幸福感に繋がっていない。なぜなのだろう。UNICEFの調査では、世界の国に比較して、日本人の子供は頭が良い。お行儀も良い。健康な環境で生活している。しかし、寂しいと感じる子供が多く、向上心がない。なぜそんな風になってしまったのだろう。日本人は誠実だし、真面目だし、約束を守り、信頼に足る民族だ。しかし、日本人自身は、自信を失っているように感じる。特に、リーマンショック以降の低成長時代に生まれた子供たちは、バブル時代を経験した人間と異なり、大…

  • (その5:留意事項)ベーシックインカムを政府発行の仮想通貨として国民に支給したらどうなるのだろう?

    はじめに 今回のシリーズも終盤だ。ベーシックインカムを政府発行の仮想通貨として国民に支給すると、いろいろ良いことが期待できそうなことは前回記載した。しかし、世の中良いことばかりではない。良いことがあれば、必ずその反対のことがある。もしくは問題が生じないように善後策を講じる必要がある。ここでは、特に技術問題と財政問題と個人情報の保護の問題の3点から切り込んで見たい。 1. 技術問題 1.1 実現スキーム (1) マイナンバーとの連携 確認すると、このブログで昨年の8月に似たようなことを掲載していた。下の図はその時にイメージしたものだ。国民総番号制ということでマイナンバー(正確には個人番号制)が2…

  • (その4:提案)ベーシックインカムを政府発行の仮想通貨として国民に支給したらどうなるのだろう?

    はじめに 今回のシリーズも4回目になった。この提案が本丸だ。しかし、実際は提案というよりは仮説だ。日本政府発行の仮想通貨としてベーシックインカムを提供するなんてことは自分が決められるわけがない。まだまだ日本社会の中で議論を尽くして理解を求めていく必要がある。そもそももっと良い方法もあるかもしれない。ベーシックインカムのトライアルを進めているフィンランドでも、そのトライアルを年内で終了させて、今後は支給対象を限定した福祉制度に向かうのではないかという報道もある。その意味ではまだまだ何が本命かは見えない。ここでは、このような提案がもし実現したら、どんな効果があるのを評価していきたい。つまり、設定し…

  • ベーシックインカムを政府発行の仮想通貨として国民に支給したらどうなるのだろう?(その3)

    はじめに その1ではGDPと幸福度の関係について概観した。その2では最近の技術動向や社会動向としてベーシックインカムや仮想通貨、政府紙幣等について述べた。ここでは、現在の日本の課題を3つの視点から整理してみたい。具体的には、国民の視点、企業の視点、国家の視点の3つにする。今の日本社会の課題を炙り出すことはできるだろうか。 1. 国民の課題 国民の課題といっても千差万別だ。一言にまとめるのは難しい。大きく言えば、経済格差の問題、技術革新の問題、そして心の問題を取り上げたい。(1) 経済格差の問題 かつて高度成長期には、1億人総中流と呼ばれていた。しかし、下のグラフで見ると、当初所得では、1972…

  • ベーシックインカムを政府発行の仮想通貨として国民に支給したらどうなるのだろう?(その2)

    はじめに 前回は、GNPと幸福度の関係を中心になぜ日本人の幸福度が相対的に高くないのかについて問題提起した。ではどうするかを考える前に、現在日本及び世界で起きている新しい潮流についての理解を深めておきたい。具体的には、下の図に示すような3点だ。 1. ベーシックインカムの可能性 (1) フィンランドの動向 ベーシックインカムについては、世界でも賛否が分かれている。ある大学の学生に質問したところ、意外と否定的な意見や慎重な意見が多くてびっくりした。ベーシックインカムに前向きな国の代表は北欧のフィンランドだ。そう国民の幸福度がNo.1の国だ。しかし残念ながら現在やく2000人の失業者を対象に実施し…

  • ベーシックインカムを政府発行の仮想通貨として国民に支給したらどうなるのだろう?(その1)

    はじめに 来年4月から大学院大学のMBAコースに通うことを考えている。しかし、入学には、入学試験もあるが、それ以上にプロジェクト企画書のようなものを提出する必要がある。これは、MBAの2年目の研究論文のテーマの基礎となるものだ。もちろん、提出するプロジェクトと実際に研究するプロジェクトは異なっても良いし、異なる人の方が多いそうだ。どちらかというと学生の興味を理解し、本当に当校で学ぶのが良いのか、他校の方が良いのかを確認するためらしい。でも、断れれるとショックだ。テーマも大切だけど、論理性や文章力を見るようだ。今、考えていることをちょっと披露したい。提出する前までには、もう一つの代案を考えて、比…

  • 2020年のスマートデバイスの予想(笑)

    はじめに モバイルデバイスの進化は小型、軽量化、薄型、大画面化だ。下の図からは第一世代から第二世代、第三世代、そして第四世代と端末がどのように進化したかは一目瞭然だ。第五世代のデバイスは一体どうなるのだろう。 出典:シーテック2016想定される方向性 1.大画面化 モバイルデバイスの進化の一つは高解像度化と大画面化だ。しかし、同時に小型軽量薄型化も求められる。下の表は、iPhone 7からiPhone Xまでのサイズや重量、解像度などを一覧にしている。今後も解像度化は進むだろう。4Kや8K対応になるのも時間の問題だろう。しかし、画面サイズを単純に拡大すると、端末のサイズが大きくなり、操作性が悪…

  • パチンコの景品と英検二級

    はじめに 英語は好きだった。小学校の頃に町内で英語教室のポスターが貼ってあった。通いたいと親に言ったけど、当時はそんな余裕はなかったので、無理だった。中学を卒業して希望の奈良高専に入学した。通学に1時間ほどかかる。今から考えると十分に通学圏だったのだけど、小学校まで徒歩1分、中学も徒歩10分だったので、とても無理だと思い、寮に入った。そして、夏休みに京都に戻った時に大手の本屋の丸善によると、リンガフォンのコーナーがあった。とても、気になった。当時は奨学金も貰っていたし、アルバイトもしていたので、当時のお金で1万円ぐらいした気がするけど、思い切って購入した。旅行者が空港に行って、出国手続きをする…

  • VFMと水道ビジネスを考える。

    はじめに 本年12月5日に、水道法改正案が可決された。12月には出入国管理法や漁業法を相次ぎ改正したが、重要な法案は本当に国会で審議が尽くされたのだろうか。テレビで放映される可決のシーンを見ると心配になる。VFMとか、PFI/PPPとか、コンセッション方式とか聞きなれない用語が錯綜していて素人には難解だ。自分には少し手強いかもしれないが、少し紐解いてみたい。VFMとは VFMとは、「Value for Money」の略だ。つまり、下の図で言えば、従来50億円かかっていた公共サービスがPFIを活用することで、40億円で実施できるようになった場合には、20%のVFMが得られたということになる。浜松…

  • 情報工学部会の参加報告:AIロボットを考える。

    1. はじめに 日本技術士会の情報工学部会が12月15日(土)の午後に機械振興会館で開催された。今回のテーマは、「ロボットへのAI適用について」だった。興味深いテーマなので参加した。本年4月に東京に戻ってはや9ヶ月。36名の技術士が参加したが、そのうち6名ほどは知人だった。前半のパートは山口教授の講演だが、後半はチュートリアルで、慶応大学で開発したソフトを用いて実際にロボットのアプリ開発にトライした。2. 山口教授 慶應義塾大学の教授だが、1957年生まれで大阪大学出身。大阪の四條畷(しじょうなわて)育ちのようで、これこての関西弁だった(笑)。博士課程まで大阪大学だったので、多分、奥様も関西の…