searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

レバレッジ太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
レバレッジ太郎の米国株投資日記
ブログURL
http://amerikabu.jp/
ブログ紹介文
レバレッジ太郎です。主に外国株に関して、皆さんのためになる情報をアップしていきますのでよろしくお願いします!
更新頻度(1年)

31回 / 20日(平均10.9回/週)

ブログ村参加:2017/08/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、レバレッジ太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
レバレッジ太郎さん
ブログタイトル
レバレッジ太郎の米国株投資日記
更新頻度
31回 / 20日(平均10.9回/週)
読者になる
レバレッジ太郎の米国株投資日記

レバレッジ太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • おススメ書籍 「ダウの犬投資法」

    ダウの犬投資法は、金融危機以後に日本でもポピュラーな投資法となっていますが、考案者は本書の著者、マイケル・B・オヒキンズ氏です。ダウの犬投資法自体は、既に広く知られていますが、この本ではここから派生したいくつかの投資法が紹介されており、中でも1銘柄投資法、P

  • 2020年版米長者番付け「フォーブス400」 上位ほぼIT企業創業者で独占

    9月8日、アメリカの大手出版社フォーブス社による毎年恒例の長者番付「フォーブス400」の発表がありました。相続や財産分与を除くと、上位10人の大部分がIT企業の創業者らで占められています。首位は昨年と同様、アマゾン創業者で大株主のジェフ・ベゾスCEOで、資産総額は前

  • GAFA随一の成長企業アマゾン 全米都市・郊外に1000カ所の配送拠点を設立へ

    ブルームバーグによると、アマゾンは、全米の都市や郊外1,000カ所に配送拠点を設立する計画をしているとのことです。そして、将来的には1,500カ所に拡大する予定で、最終顧客への距離、いわゆるラストワンマイルを縮めることを目指しています。アマゾンの広報担当者は、「当

  • アマゾン 高級ブランド通販サイト立ち上げ コロナ渦が転機に?

    アマゾンは、高級ブランドを取り扱うファッションサイト「Luxury Stores」を公開しました。現在はアメリカで招待されたプライムメンバーのみアプリ経由で利用可能となっています。「Luxury Stores」は参加ブランドが直接販売できるプラットフォームで、価格や商品ラインナッ

  • フェイスブックが独禁法で提訴の可能性

    ウォールストリートジャーナルによると、米連邦取引委員会(FTC)は年内にも、フェイスブックのソーシャルメディア業界における支配的地位を問題として。同社を相反トラスト法訴訟で提訴する準備をしているとのことです。フェイスブックの他、有力ハイテク企業の行動がFTCによ

  • 2020年9月の配当

    9月の配当です。今月はVISAのみです。今年はどれくらいの増配があるのでしょうか?この業績だと例年どおりの15%以上の増配は期待薄ですが、最低2桁の増配は期待したいところ。にほんブログ村

  • ビル・ゲイツが予想する、2020年10月中にコロナ治療薬承認申請を出す可能性のある企業とは?

    CNBCによると、ビル・ゲイツは、アメリカ国内では10月までにコロナ・ウィルス予防ワクチンが承認される可能性はないとの見方をしています。これは、トランプ大統領の予想とは正反対ですが、「10月末までに予防ワクチンが米国内で承認を受ける可能性は低いとみている」と明言

  • ゴールドマン・サックス 直近の大規模なアメリカ株売りは概ね終了

    ゴールドマン・サックスは、直近のアメリカ株の調整が概ね終了したとして、年内中にS&P500が3,600ポイントに達すると予想しています。先々週からの下落によって、S&P500は現在3,401ポイントとなっており、史上最高値の3,500ポイント台からは約5%低い水準となっています。また

  • アマゾンの広告事業 2025年には5兆円超え? 時価総額200兆円も視野に

    ご存知のように、新型コロナウィルスによるパンデミックの影響で、アマゾンでは食料品や日用品の売り上げが爆発的に伸びているのに比例して、同社の広告事業の価値もどんどん高まっているようです。アマゾンの場合、プライム会員の解約率は非常に低いことが知られています。

  • TikTokアメリカ事業譲渡 オラクルに

    ロイターによると、TikTokの米事業の再編先に、オラクル主導のコンソーシアムを選定したとのことです。今回の取引は売却ではなく、再編となるようですが、その意味するところの詳細は分かりません。本件については、マイクロソフト・ウォールマート連合も協議を行って

  • グロースからバリュー!? ジェレミー・シーゲル

    シーゲル教授は、最近のテクノロジー株の株価下落は、一時的な調整というもので、悪い兆しとの認識は示されず、むしろ良い動きと捉えているようです。シーゲル教授や多くの市場関係者の興味は別のところにあり、グロース株からバリュー株への転換が今度こそ起こるのかという

  • 次の時価総額100兆円企業はどこか

    次の時価総額100兆円企業はどこでしょう?最近よく耳にする話題です。ビザ、テスラ、セールスフォースあたりでしょうか?勢いではテスラが優勢かもしれませんが、業績では、ビザかもしれません。売上も伸びていますが、利益も着実に伸ばし、毎年増配してくれます。いずれにせ

  • 精神安定剤としての高配当株

    モトリーフールに【米国株動向】かつて確実に成功していた「配当株投資」は死んだのか?」と題する興味深い記事が出ています。この中では、低水準が継続する可能性が高いことを理由として、今後もグロース株が高配当株をアウトパフォームする可能性が高いと結論付けています

  • 現在の米株市場はバブルではない-その理由とは

    アメリカの株式市場が史上最高値を更新しており、先週は下落したものの、特にハイテク株の急上昇が目につきます。このような現状から、現在の米ハイテク市場は2000年前後と同じようなバブルではないかとの声も出てきています。たしかに、ロビンフッドの登場などによって、値

  • ウォーレン・バフェットのウェルズ・ファーゴ株追加売却に思うこと

    ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャーが、大手米銀ウェルズ・ファーゴ株を追加で売却し、保有比率が3.3%に低下したようです。ウェルズ・ファーゴは、かつてはコカ・コーラと並んでバフェット銘柄の代表でしたが、ここ数年でバークシャーの持分は大幅に下がりました。

  • テスラが時間外で下落 S&P500への採用見送りで

    先週から下落が続いているテスラ株ですが、来週も続落になるかもしれません。4日の米国株市場の時間外取引でも6.4%の大幅安となっています。今年、テスラの株価が急騰した要因の一つに、S&P500種指数銘柄採用への期待がありました。実際に、7月に発表した4-6月期決算が4四

  • 現在の相場環境とITバブル期に関するシーゲル教授のご託宣

    シーゲル教授は、現状が1999年~2000年のインターネット・バブルと似ているとする一部の見方に対して反対しています。当時と現在では、金利やバリュエーションがかけ離れているためです。また、アメリカの株式市場が当面好調を維持すると予想しつつも、外国市場へも目を向け

  • アマゾンには分割して安物の株になってほしくない

    株式分割が何かと話題です。先月もアップル、テスラと人気株の分割が立て続けにありました。次の分割の候補の筆頭はアマゾンではないかとみる向きもありますが、個人的には分割してほしくないです。アメリカは1株から買えますので、分割すれば買いやすくはなりますが、小口の

  • 【割安株】ESG投資の逆張り~バフェットの商社株投資から感じること

    ESG投資が影響を増しています。アップルやテスラの上昇も、ロビンフッターとともにESG投資による影響も大きいと言われています。その反対に、石油、タバコ、ギャンブルなどの業種の株は人気が離散し低迷しているため、以前にも増して高配当となっている銘柄が多くなっていま

  • GAFAの中で独禁法リスクが最も高いのは

    モトリーフールの記事投資家はアップルの将来に対する真のリスクを無視している?でGAFA4社の独禁法リスクが検討されています。筆者はその中で、アップルが最も独禁法適用のリスクが高いという持論を述べており、アップルに不利な事実として以下の3つがあると論じています。

  • ベトナムの優良株に見るシーゲル黄金銘柄との類似性

    ベトナム株にも投資しています。ビナミルクとFPT情報通信の2社です。両社とも、日経新聞にも時折取り上げられており、記事を目にされた方もいらっしゃるかもしれません。ベトナム株の全般的な特徴としては、配当利回りが高いということが挙げられます。上記2社についても配当

  • 【割安株】アルトリアグループの売り時を考える

    ハイテク株の上昇に隠れていますが、我がポートフォリオの一角、アルトリアグループの株価も着実に上昇しています。高配当故の悩みですが、いつ頃売るべきかが悩みどころではあります。なぜなら、私がアルトリアを購入した際の配当利回りは8%を超えており、今後に重大な事象

  • ジェフ・ベゾスの資産21兆円突破に思う

    ブルームバーグによると、アマゾンのジェフ・ベゾスの資産が21兆5000億円になったようです。アマゾン株高騰により今年1月から約9超円増加したとのことです。そういえば、テスラのイーロン・マスクの資産も10兆円の大台に迫っているようです。日本の上場企業は1兆円ク

  • ETF投資がいいと思う3の理由-銘柄に惚れない大切さ

    長らく個別株中心に投資してきましたが、やはり継続的に株価指数を上回ることは非常に難しいことを痛感しています。特に昨年や今年のように力強い上昇が続くとなおさらです。しかし、個人投資家の陥りがちな罠としては、銘柄に惚れてしまうことだと思います。すなわち、ある

  • AT&TがDirecTVの持分50%を売却か?

    AT&TがDirecTVの持分半分売却に向け水面下で交渉をしていると、ウォールストリートジャーナルが伝えています。AT&Tは2015年にDirecTVを約671億ドルで買収しましたが、その後、Netflixなどの急速な台頭によって、加入者数減少に悩まされていることが今回の売却の理由であると

  • アマゾン株の株式分割の可能性が低い理由とは

    今年はアマゾンの株価が好調だが、株価がうなぎ上りになるにつれ、株式分割待望論が噴出しています。なにしろ、1株が日本円で30万円以上するのだから無理もありません。とてもサラリーマンの小遣いで買える範囲ではありません。今年は、テスラ、アップルの分割があるのでなお

  • 株の売却のハードルを上げることの大切さ

    高配当株の誘惑とともに、頻繁に売買をしたくなる誘惑があります。よくいわれることですが、株は頻繁に売買すると運用成績が悪化することが多いようです。私はアメリカ株はネット証券を使っていますが、ベトナム株は対面の証券会社を使っています。自分的には、対面の場合、

  • 高配当株の誘惑

    レバレッジ太郎というタイトルに似つかわしくないのですが、一部、高配当株にも投資しています。アルトリアグループ(MO)と、AT&T(T)です。たしかに、シーゲル本の時代にはアルトリアのリターンは目に目を見張るものがあったのかもしれませんが、タバコの出荷本数がこれだけ減

  • ダウ平均銘柄とS&P500に関するシーゲル教授の興味深いコメント

    先週ダウ平均の銘柄入れ替えがあり、新たにCRM等が加わりました。これに関連して、ジェレミー・シーゲル教授のコメントが非常に印象に残っています。「米経済の変化、デジタル化が伺われる。しかし、1つ興味深いのは、私がデータをチェックしたところ、ダウ平均は過去20、30

  • 2020年8月のポートフォリオ

    現在、アメリカ株(98%)とベトナム株(2%)で運用しています。米国個別株AMZN アマゾン・ドットコムV ビザMA マスターカードMO アルトリア・グループT AT&TCRON クロノスグループADPT アダプティブ・バイオテクノロジーズ米国ETFSPXL Direxion デイリー S&P 500 ブル3倍 ETF

カテゴリー一覧
商用