searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
『就活応援団』
ブログURL
https://www.brain-bank.co.jp/syusyoku-katsudou-blog/
ブログ紹介文
教育業界を志望している就活生のみなさんに役立つ情報をお届けします。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2017/08/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブレーンバンクさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブレーンバンクさん
ブログタイトル
『就活応援団』
更新頻度
集計中
読者になる
『就活応援団』

ブレーンバンクさんの新着記事

1件〜30件

  • 9月10月実施のインターンシップ【2020年3月卒業予定の大学生、大学院生対象】

    ブレーンバンク株式会社で9月10月に実施するインターンシップの情報です。 教育業界への就職を検討中の方はもちろん、それ以外の業界の方もご参加いただけます。 全力で就職活動に臨みたいあなたへ 満足できる<就職活動>のためには、事前準備が肝心です。 「本当にやりたいことは何か?」 「自分のこだわりを実現できるか?」 「なりたい自分になれるか?」 ブレーンバンクのインターンシップでは、あなたの「自分探しのお手伝い」をしたい、そのように考えています。 教育業界だけでなく、それ以外の業界への就職志望の方も、遠慮なくご参加ください。 きっと「成功のヒント」が手に入るはずです。 1dayインターンシップで体験しよう ブレーンバンク(四谷学院)のインターンシップは体験型セミナーです。 自分の視野が狭まっていないか? 「仕事の意義」とは何か? ネガティブ思考にとらわれていないか? 実際に体験することで、今の自分を見直すよい機会となります。 1dayインターンシップの開催スケジュールなど、ホームページでくわしくご確認いただけます。

  • 好評のため日程追加!2020年3月卒業予定者向けインターンシップ

    ブレーンバンク株式会社のインターンシップは、好評のため8月の日程を追加いたしました。 まだ、間に合います。 教育業界への就職を検討中の方はもちろん、それ以外の業界の方もご参加いただけます。 知っていると知らないとでは大違い!「失敗しない就活戦略とは?」 就職活動が終わったとき 「満足のいく活動ができた!」 と思っていただけるように、ぜひインターンシップをご活用ください。 私たちは、インターンシップであなたの「自分探しのお手伝い」をしたいと考えています。 全力で就職活動に臨みたいあなたへ、インターンシップへのご参加を心よりお待ちしています。 特典付き!1dayインターンシップです 四谷学院のインターンシップは体験型セミナーです。 参加者の声をご紹介しましょう。 [speech_bubble type=ln subtype=L1 icon=1.jpg name=A さん] まだ就職活動が始まっていない段階であるにも関わらず、既に自分の視野が狭まりつつあることに気付くことができた有意義な時間でした [/speech_bubble] [speech_bubble type=ln subtype=L1 icon=2.jpg name=B さん] 『仕事』をすることの意義を考えさせられる内容で、とても自分のためになった[/speech_bubble] [speech_bubble type=ln subtype=L1 icon=1.jpg name=C さん] ポジティブにこれからのことを考えられた[/speech_bubble]   開催日程は以下のページでご確認ください。

  • 【2020年3月卒業予定者向けインターンシップ】8月は残り3回!

    毎年好評をいただいているブレーンバンク株式会社のインターンシップ! 8月の開催は残り3回となりました。 失敗しない就活戦略 私たちは、このインターンシップを通じて、自分探しのお手伝いができればと考えています。 就職活動が終わったとき 「満足のいく活動ができた!」 と思っていただけるように、ぜひインターンシップをご活用ください。 自分の軸をもって就職活動に臨みたいあなたからの参加を、心よりお待ちしています。 1dayインターンシップとは 四谷学院がお贈りする体験型セミナーです。 実際にこのインターンシップに参加された方の声を、いくつかご紹介します。 [speech_bubble type=ln subtype=L1 icon=1.jpg name=A さん] 今日は就職活動だけでなく、これからの人生で必要なことを学べたと思います [/speech_bubble] [speech_bubble type=ln subtype=L1 icon=2.jpg name=B さん] 『仕事』をすることの意義を考えさせられる内容で、とても自分のためになった[/speech_bubble] [speech_bubble type=ln subtype=L1 icon=1.jpg name=C さん] 今後、就活をしていくうえでの考え方や、大切にすべき価値観などのお話を聞くことができ大変参考になった[/speech_bubble] 東京は四谷校で、大阪は梅田校で実施します。 残り日程は3回です。お急ぎください!

  • 全国で募集中!予備校の受付・事務で生き生きと働こう!

    こんにちは、四谷学院の原田です。 予備校四谷学院を運営するブレーンバンク株式会社では、新卒入社の場合「総合職」「一般職」の2つのコースで採用を行っています。 今年度からは、受付事務職である「一般職」の新卒採用枠を拡大! 全国の校舎で受付や事務を行ってくださる方を広く募集しています。 この記事では、実際に事務職で働いているスタッフの声をご紹介します。 【関東】校舎勤務 Yさん 私の目指していることは「接しやすい受付を提供すること」です。 受付では毎日様々な方が来校します。来校したときに 「あ、なんかいいかも。」 と思っていただくために、明るく笑顔であいさつをするように心がけています。 はじめは顔も名前も一致しない生徒たちと接するのは、多少不安に感じることもありました。 しかしが、次第に顔や名前が一致し、受付で見かけたときに話しかけることができるようになりました。 すると、生徒からも話しかけてくれたり、はじめは話しかけても反応が薄かった生徒も次第に反応してくれるようになりました。 生徒たちに「先生!」「こんにちは!」と声をかけもらえるようになった時は、 「日頃話しかけていた成果が実った!」と、とても嬉しく感じます。 私は、いわゆる担任の先生ではないので、生徒を持ってはいません。 しかし、受付の「顔」として来校された方々を春風を残すような雰囲気で迎えています。 そして、担任ではないからこそできるちょっとした相談や息抜きのお話をしています。 生徒にとって接しやすい雰囲気を提供できる それが受付の仕事としてのやりがいだと思います。 【関西】校舎勤務 Nさん 教室に行けば先生がチョークとテキスト持って現れ、授業をしてくれる。 模試の日には、座席が既に決まっていて、時間になれば問題冊子が配られる。 忘れ物や疑問点があったときは、受付に行けば笑顔で対応してくれる。 学生の時には「当たり前」と思っていました。 いざ運営側に回ってみると、そこにはたくさんの人がかかわり、たくさんの時間が使われていることがわかります。 我々の仕事は、生徒には「当たり前」と思われます。 しかし、そこに“生徒をサポートしたい”という我々の思いが加われば、生徒にとってはどこよりも過ごしやすく、どこよりも勉強しやすい環境に変化していくはずです。 生徒がそれに気が付くのは、合格が決まったときかもしれないし、大学在籍中かもしれない。はたまた私のように、社会に

  • 参加特典つき!1dayインターンシップのご紹介 【東京・四谷】【大阪・梅田】

    ブレーンバンク株式会社ではインターンシップ制度を採用しています。 この制度についてご紹介します。 失敗しない就活戦略 ある調査では、20代の4割以上もの人たちが新卒の会社選びを後悔しているという結果が出ています。 どうすれば後悔しない会社選びができるのでしょうか? そして、どうすれば入社して正解だったと思える会社を選べるのでしょうか? 四谷学院がお贈りする体験型セミナーで学んでください! こんな方にオススメです [su_note note_color=#fde784] ・教育業界に興味がある ・仕事を通じて成長したい ・仕事を通じて社会貢献したい    ・社会人として成長したい[/su_note] 教育業界への就職というと、 「教職を持っていなけれないけない?」 「塾講師や家庭教師のアルバイト経験が必要?」 と考えるかもしれません。 実は、一切不要です。 もちろん、学校教員をお考えの方の参加も歓迎ですし、 教育業界への志望が固まっていない方も、今後の就活の参考にしていただけると思います。 ぜひふるってご参加ください。

  • 面接も楽々通過!裏の道ってなんだろう?

    こんにちは。 四谷学院の奥野です。 就職活動をしていると何度も面接を経験することになりますよね。 大学の就職センターなどでも面接の心得を教えてくれますが、実は面接に関して「誰も教えてくれない方法」というものがあるんです。 今回は、その方法をお伝えします。 私たち人間は、目から得る情報(視覚)と耳から得る情報(聴覚)を基に、一瞬で好きか嫌いかを判断しています。 その一瞬の判断は、論理的なものではありません。感覚的なものと言う方が分かりやすいでしょうか。 ブレーンバンクの研修では、これを「裏の道」と呼んでいます。 論理的思考である「表の道」とちがって、裏の道はなかなか教えられるものではありません。 [su_note note_color=#F0FFFF radius=2]「理由はよく分からないけど、なんとなく嫌な感じ」 「特別な理由は無いけどなんとなく好き」[/su_note] というような判断だからです。 一気にスケールが大きくなりますが、大昔から人類が生存競争を勝ち残るためにその場その場で下してきたのが、この「裏の道」。 スケールが大きすぎて、突然何の話?と感じてしまうかもしれないので、もっと身近な話にしましょう。 たとえば、面接会場を想像してください。 自分の名前が呼ばれるまで、待機スペースのようなところで待つことになりますよね。 「まだ呼ばれないかな」「呼ばれたらどう返事しよう」「早く来すぎたかな」「前の人が出てきたから、次は自分かな」 色々な考えが頭をめぐります。 さて、いざ自分の名前を呼ばれ、ノックをして面接室の扉を開けた瞬間・・・ 本当に笑顔で挨拶できてますか? もっと言えば、あいさつ・表情は、裏の道による「瞬間の判断」に合格していますか? さらにもう1つ、電話対応についても考えてみましょう。 「○○です。お世話になっております!」 電話の相手にも笑顔が見えるような、ハリのある明るい声で挨拶できているでしょうか? 電話でも対面でも、相手に与える印象が重要なのは、同じことです。 ブレーンバンクで働く場合、生徒や保護者だけでなく、来校者が校舎に入ってきた時・電話が繋がった時に [su_note note_color=#F0FFFF radius=2]★「自分はとても歓迎されてる」と相手に思ってもらえたら合格 ★「ひょっとして自分は歓迎されていない?」と相手を不安にさせてしまったら不合格[/su_note]

  • ブレーンバンク内定者日記➆ ~全社員参加!全体会議へLet’s Go~

    こんにちは。四谷学院の奥野です。 前回までは、内定者が受けている「研修」をテーマに話をしてきました。 今回は今までとは一味違ったテーマで話をしていきます。 毎年恒例!全体会議 2018年2月4日(日)、東京の品川に、ブレーンバンクの全社員が集結しました。 もちろん、次年度新卒(内定者)も集まります。 四谷学院スタッフにとっては毎年恒例のイベント、その名も「全体会議」です。 1年に1度、2月の日曜日に、北海道~九州の全エリアの社員が集まり、研修と親睦会を行うのです。 (四谷学院の各校は通常通り開校しており、生徒は利用可能です) 全体会議は2部構成 全体会議は大きく分けて2部構成になっています。 全体研修 まずは全体研修です。 最初は次年度に向けた変更点や人事等の事務的な発表から始まり、すぐにブレーンバンクの企業理念を共有する研修に移ります。 ブレーンバンクの企業理念は「誰でも才能をもっている」です。 ブレーンバンクで働く社員の使命は3つあり、まず一つ目はその企業理念である「誰でも才能をもっている」を実現すること。 二つ目は、学ぶ楽しさを教える、自らを高めることの素晴らしさを教えること。 三つ目は、IQのみならずEQやSQを高めて、社会に貢献する人材を育成すること。 「企業理念」「社員の使命」というフレーズは、大学生にとっては耳慣れず、かなり重い響きがあるかもしれません。 ですが、その重い響きこそ重要なのです。 毎日目の前にある仕事をこなすことに集中していると、「企業理念」などについて深く考える機会は少なくなります。 だからこそ、こういう全体会議という場を設けて、全社員で共有を行うことに意味があります。 「企業のミッション」「企業の価値」「自分たちが誰に何を提供しているのか」・・・ 全体会議の研修を通して、社員は自らの今までの仕事を振り返り、内定者はこれから自分たちが取り組む仕事について今一度深く考えることになるのです。 最後はお楽しみ。立食パーティー! 研修で頭を使い、仕事について深く考えた後は、これまた毎年恒例の立食パーティーへ移ります。 食事はビュッフェ形式で、寿司やステーキも用意されています。(デザートやアルコールも!) テーブルは校舎・部署ごとに分かれますが、立食なので他校舎スタッフとのやり取りも頻繁です。 校舎同士で交流できる企画もあり、とても盛り上がるパーティー。 普段は会う機会の少ないスタッフと

  • ブレーンバンク内定者日記⑥ ~あいさつと身だしなみ~

    こんにちは。四谷学院の奥野です。 前回までにマナー・マニュアル・おもてなしに関する研修についてお話ししていきましたね。 [su_button url=https://www.brain-bank.co.jp/syusyoku-katsudou-blog/naitei-diary2/ target=blank background=#7cd151 size=8 icon=icon: hand-o-right]ブレーンバンクの内定者研修「マナー研修」とは?[/su_button] [su_button url=https://www.brain-bank.co.jp/syusyoku-katsudou-blog/naite-diary5/ target=blank background=#7cd151 size=8 icon=icon: hand-o-right]ブレーンバンクの考える「マニュアル」と「おもてなし」[/su_button] 2つの記事に分けてお話ししましたが、このマナー・マニュアル・おもてなしの研修は全てを1回にまとめて内定者に向けて実施しています。 ただ、実は、その研修の中で一番大切なことをまだ紹介していません。 今回は、その最重要項目についてお話ししていきます。 最重要なのは「挨拶」 「この研修の中で何が一番大事か一つだけあげるとしたら、それは挨拶です」 研修の担当者は毎年内定者たちにこう伝えています。 まず絶対に覚えて帰ってもらいたいこと、それが挨拶。 コミュニケーションの基本であり、挨拶にその人の人間性が表れます。 [su_note note_color=#F0FFFF radius=2]なんだ、挨拶なんて、誰でもできるじゃん。 アルバイトの時でも普通にしているよ。就活してるなら出来て当然。[/su_note] と思うかもしれませんが、この挨拶にはポイントが7つほどあります。(7つも!) [su_note note_color=#F0FFFF radius=2]①明るく元気にハキハキと・大きな声で・相手の目を見て ②笑顔は口角を上げて、歯を出す。最初は不自然でもつくり笑顔でも構わない ③背筋を伸ばして、姿勢よく ④忙しくても常に周囲に気を配り、手元だけに集中させることがないようにする ⑤同期・後輩であっても挨拶や感謝、お詫びの言葉はおろそかにしない ⑥(時と場合に応じて)きちんと立って挨拶・

  • ブレーンバンク内定者日記⑤ ~マニュアルとおもてなし~

    こんにちは。 四谷学院の奥野です。 以前の記事で、ブレーンバンクの内定者研修の一つ「マナー研修」についてご紹介しましたね。 [su_button url=https://www.brain-bank.co.jp/syusyoku-katsudou-blog/naitei-diary2/ target=blank background=#7cd151 size=8 icon=icon: hand-o-right]ブレーンバンクの内定者研修「マナー研修」とは?[/su_button] その際に「マナーはマニュアルとは違う」「マナーをマニュアルと考えた瞬間にそれはマナーではなくなる」という話をしました。 誤解を生まないよう先にお伝えしておくべきでしたが、これは決してマニュアル自体を否定しているわけではありません。 マナーもマニュアルもどちらも重要でありながら、以前はマナーについて重点的にお話ししただけにすぎません。 今回はそんなマニュアルの方についてお話ししていきます。 マニュアルってなんだろう マナーは「人間関係の潤滑油」でしたよね。 では、マニュアルは一体何でしょうか。 マニュアルとは「誰が携わっても一定の結果を実現させる上で不可欠なもの」です。 例えば、ブレーンバンク社員なら誰しもが経験する「生徒との面談」を例に考えてみましょう。 面談はもちろん一人で出来るものではありません。 生徒という相手がいてこそ、面談が実施できます。 つまり、面談というのは対人の業務ということです。 人間関係が重要ということで、マナーを大切にはしたいのですが、それだけでは足りません。 マナーだけを考えて面談をした場合を想像してみましょう。 担任は一体面談で何を話すのでしょうか? 生徒に心地よく感じてもらうだけでは、生徒の抱える問題は解決しませんよね。 面談の感想も「楽しかったな~」「話しやすかったな~」で終わり。 担任として面談を行うからには「役に立ったな~」と感じてもらって終わりたいですよね。 マニュアルの必要性 心地よさを感じてもらうだけでなく、それと同時に生徒のためになる話をしたり、生徒から話を聞きだすためには、「マナー」ではなく「マニュアル」が重要になってきます。 [su_note note_color=#F0FFFF radius=2]どういった流れで話を進めていくと生徒から話を聞きだしやすいか。 今後に向けて聞き取っておくべき

  • ブレーンバンク内定者日記④~教育業界必須!コーチングの3大スキルとは~

    こんにちは。四谷学院の奥野です。 前回に引き続き、コーチング研修の内容をご紹介します。 [su_button url=https://www.brain-bank.co.jp/syusyoku-katsudou-blog/naite-diary3/ target=blank background=#7cd151 size=8 icon=icon: hand-o-right]コーチング理論の原則とは?[/su_button] コーチングの3大スキル 前回の記事では、コーチングとはそもそも何なのかという話をしていきました。 コーチングとは、ティーチングやカウンセリング・コンサルティングとは違い、人のやる気や能力を自発的に引き出すためのコミュニケーション技術のことでしたね。 では、具体的にコーチング理論に則ったコミュニケーション技術とは、どのようなものでしょうか? 実は、コーチングには、3つのスキルが必要となるのです。 コーチングの3大スキル「傾聴」 一つ目が「傾聴」というスキルです。 一言でまとめるなら、「とにかく聴く!」ということ。 もともとカウンセリングで用いられる手法ですが、コーチングでは、最後まで相手の話をよく聴いて話の全体を把握し、気持ちの受容や共感によって自主的な問題解決や成長を促進することが目的です。 最終的に、生徒と心と心が通じ合い、互いを信頼して受け入れている状態になるのが理想です。 (心理学の用語でこれをラポールと表現します) このラポールの関係になって初めて、本音を語ってもらうことができ、コーチングができる状態になるのです。 さて、この「傾聴」のスキル。 「ただ聴く」だけではなく、ちょっとしたポイントがあります。 ミラーリング さりげなく相手のしぐさや姿勢を真似る ペーシング  話し方やスピード、リズム、声の大小やトーンなどを相手に合わせる バックトラッキング  相手の話を繰り返す(事実を返したり、相手の感情を返したり、話の内容を要約して返すなど) 3つのポイントですが、もちろんこれはあくまで一種のテクニックです。 小手先だけのテクニックではコーチングは通用しません。生徒が信頼するのは、担任のそういったテクニックではなく、担任の人間性です。 テクニックだけに頼らず、本質を見失わないように注意しましょう。 コーチングの3大スキル「質問」 二つ目のスキルは「質問」です。 なんだ、ただの質問か。とガッ

カテゴリー一覧
商用