searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
Paris Diary
ブログURL
https://ameblo.jp/gypsycats/
ブログ紹介文
☆Life is beautiful in Paris☆
更新頻度(1年)

5回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2017/07/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、gypsycatsさんの読者になりませんか?

ハンドル名
gypsycatsさん
ブログタイトル
Paris Diary
更新頻度
5回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
Paris Diary

gypsycatsさんの新着記事

1件〜30件

  • スティーブはどこ?【警察の残虐行為とマクロニズム】

    すでにバカンスシーズン半ばを超えて先月の記録的な猛暑が嘘のように冷え込むパリから...。  毎年6月21日にフランス中で行われるフェット・ド・ラ・ミュジック【…

  • 悲しすぎるパリ・ノートルダム寺院の火災

    火災から一夜明けたパリのノートルダム寺院へ。正面から見ると、あまり変わらないようにも見えます。  繊細な作りのバラ窓も、大きい方は綺麗に残っています。美術品や…

  • ヨーロッパの難局を切り抜ける

          来月5月23日から26日にかけて、2019年欧州議会議員選挙が欧州連合加盟27か国で行われ、706人の欧州議会議員を選出します。今日は、現在のEU…

  • 略奪、破壊、放火…第18回、黄色いベスト運動

    1997  -  98年の冬に、ピエール・ブルデューがフランスの失業者運動を「社会的奇跡」と呼び、この運動の最初の成果はその真の存在であると主張しました。「そ…

  • 政治的・社会的再編成 【フランスの階級闘争】黄色いベスト

    黄色いベストが政府と政治家を相手取ったフランスの階級闘争では、本来なら活発な政治活動から切り離されていたはずの労働者階級に、この冬、フランスのエリートたちが譲…

  • フランスの暴動、 黄色いベストとインチキ薬

    2月も半ばを過ぎて、パリの街には暖かな日差しが降り注いでいます。そんな中、黄色いベスト運動が先週で丸3ヶ月目を迎えました。フランスの暴動、黄色いベストとインチ…

  • フランスの暴動・黄色いベスト、物議を醸す武器

    先週で13週目を迎えた黄色いベスト運動は、ますます激しさを増していた様子ですが、今日は抗議運動や暴動を鎮圧するためにフランス警察が使用している「非致死性兵器」…

  • フランスの暴動 黄色いベスト運動、すべてが表面化する時

    今年に入り既に雪が2、3回降り冷たい雨が続きましたが、去年の11月から始まった大規模な抗議デモ「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)」、12週目を迎える今日は « …

  • 税金に対する怒りの源、フランス庶民と不公平な税制

    昨日、土曜日のパリでは引き続き、ジレジョーヌによる抗議運動"Act 5"が続投されましたが、先週のような大きな混乱は見られなかった模様です。 (Act3 破壊…

  • フェミニストのシンボル 魔女の再来に震撼せよ !?

    シャンゼリゼにはこの冬、赤いイルミネーションが灯り、駅やデパート、街中のブティックやショーウインドウにもクリスマスツリーがお目見えする季節になりました。今日は…

  • アドルフ・ヒトラーへのインタビュー

    8月25日は、パリの人達にとって忘れられない日。今から73年前のこの日、パリの街中に喜びが溢れました。  1944年8月25日は、パリがナチス・ドイツによる占…

  • 地球の猛攻撃にエアコン

    昨日は久しぶりに (たぶん8月に入ってから初めて) 扇風機をつけて過ごしました。そんな涼しい (むしろ寒い) パリから気温とエアコンのお話。ルモンド・ディプロ…

  • 遠くからやってきた例外、ロシアのインターネット

    パリはすっかりバカンスシーズンです。最近のパリは静かで、暑すぎず、涼しすぎず、ちょうどいい感じです。以前は、バカンス中のパリに苛立つことが多かった私ですが、今…

  • 湾岸のいかさま戦争

    7月14日の革命記念日をすぎて、バカンスシーズンに突入したパリは、ここのところ熱くなったり寒くなったりを繰り返しています。ちなみに、今現在のパリの気温は18度…

  • ケチャップが語る資本主義

    前回ブログを更新した時と打って変わってパリはすっかり涼しくなりました。夏はどこかへ行ってしまったのでしょうか... 。今日はルモンド・ディプロ6月号一面に掲載…

  • 狂乱の時代 

    今日もパリは夏日でした。今年は暑くなるのが例年よりも早い気がしますが、暑い夏は好きです。本日もル・モンド・ディプロマティック6月号一面記事から。  1946年…

  • マクロン時代の労働組合、CFDT

    久しぶりの更新です。だいぶ間が空いてしまいました、今日は、le monde diplomqatique 6月号一面記事の冒頭から。  画像はブリュッセルを拠点…

  • 論争【ブルキニ騒動と社会的なカラダ】滑りやすい坂道の上で【Charlie Hebdo】

    10月に入り、パリはぐっと寒くなりました。昨日今日と、秋を通り越して冬がきてしまったと感じるくらい寒い朝を迎えています。 少し季節をさかのぼりますが、今年の夏…

  • ツーリストみたいにしなさい、フランスへ来てはいけません【Charlie Hebdo】

    フランスが好きな人にとって、少しドキッとするようなタイトルの記事が、シャㇽリ-・エブド紙に掲載されていました。もちろん、シャㇽリ-・エブドはオフィシャルな情報…

カテゴリー一覧
商用