searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

きいさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
L+life
ブログURL
http://lpluslife.com/
ブログ紹介文
付き合って22年目。30代の2人+猫とのLifeをお送りします。
更新頻度(1年)

17回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2017/07/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、きいさんをフォローしませんか?

ハンドル名
きいさん
ブログタイトル
L+life
更新頻度
17回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
L+life

きいさんの新着記事

1件〜30件

  • ベッドを別にしている話。

    こんばんは、きいです。 お久しぶりのブログになってしまいました。 というのも、父親が倒れたと思ったら母親も倒れるという事がありまして。 2人とも退院できたし、もう日常生活に戻ってるんですけどバタバタしていてブログから離れておりました。 そんなこんなで、命の大事さを嚙みしめているんです。 (コロナもあるし、健康の偉大さを実感しますよね。) 両親はもちろんですが、ももの大事さも改めて痛感するわけです。 そんな中、ももと寝るベッドを別にしています。 まぁ、これが快適だこと!!! 別に寝るって寂しいんじゃないか、と思っていた昔の私はもういません。 睡眠、大事。 というのも、ケンカしたとか険悪ムードとかじゃありません。 猫にゃんと一緒に寝ることにしたら、結果こーなった。 うちの猫にゃんは寝る時だけケージだったんですが、「一緒に人間と寝るようにしよう」とももと話し合って。 おばあちゃんになってきたので、老後のことを考えたら一緒に寝る訓練をしていた方がいいのかなー、とか。 そもそも一緒に寝たいなー、とか。 そんな理由で一緒に寝ることにしたんです。 私達のイメージでは、猫にゃんは人間の足元とか、2人の間とかに寝るだろうと思っていました。 ももは「川の字で寝ようね」と嬉しそうに言ってたし。 (今までも時々、リビングに布団を敷いて一緒に寝ていたんですけど。その時はそんな感じで寝てたんです。) でも、実際にベッドで寝ると。 猫にゃん、端っこに寝る。 猫にゃん、もも、きいの川の字。 想像してたのと違う。 ももが真ん中だと狭い。 しかも猫にゃん、縦じゃなくて横に寝るから余計に狭い。(ももに対して90度の直角) 私とももの位置を変えたりしましたが、猫にゃんは端っこを譲らない。 私の横なら、ちゃんと縦で寝てくれるから広くはなったんだけど。(ももが嫌だったんだね、きっと。) それでも、セミダブルには狭い。 ということで、ベッドの下に布団を敷いて私は一人で寝ています。

  • 神社に行ってきた話

    こんばんは、きいです! ゴールデンウイークは近所ぐらいしか出掛けない予定です。 でも、それじゃ少し寂しい…。 ということで、少し前の平日に神社へ行ってきました! 平日だから人も少ないし、自然が気持ち良いし最高でした! でも、翌日から筋肉痛がひどい! 階段や坂道が多かったんですよね。 (私だけですけどね。) 運動不足なので、ケーブルカーを使わずに歩く!………のは無理ですが、一区間だけ歩きました。 自然が本当に気持ち良い! 休憩中のもも▼ 升ティラミスという、オシャレな抹茶ティラミス目当てに行ったんですが…目の前でラスト1つが売り切れました(笑) あー…、無駄にウロウロ見て回っていたのが仇となった…。さっさと直行すれば良かった…。 カフェオレやホットチョコは美味しかったので良いんですけど。 おでん、湯豆腐、豆腐アイスなんかも食べました。 (私はおでんの具でこんにゃくが一番好き) 豆腐専門店で、絹豆腐を買ったんですが美味しい! (スーパーの豆腐と味が違いすぎて驚く。) とっても楽しかったです! 夜、寝る前に「今日、楽しかった!ありがとう」と伝えました。 ももは「良かった」と笑顔でギュッとしてくれました。 こうやって、楽しいことを一緒に体験できるのって幸せだなーと改めて思います。 コロナに気を引き締めつつ、健康でいよう!と思います。

  • 22年目に突入!!

    こんばんは、きいです! 先日、記念日を迎えました。 私達のお付き合いも、22年目へ突入です。 また気を引き締めて、お互いを大事にできるように心がけようと思います!! 私がももを大事にしている、ということを証明するエピソードをご紹介しますね。 もも、たまに寝ている時にうなされるんです。 寝てても私が起きてしまうぐらいの音量でうなされます。 少し前の夜中、ハッと気づいたら隣から恐ろしい音が。 もうね、このうなり声がかなり怖い。 え、呪われてる??? エ/ク/ソ/シ/ス/ト?? (エ/ク/ソ/シ/ス/トを知らない人は調べてね) って聞いてるこっちが鳥肌立つような、世にも恐ろしい声でうなってる。 ももは、唸り声をあげながら眉間にしわを寄せていました。 かなり苦しそうだったので、私はすぐに両手でももの頬を包んで起こすことにしました。 「大丈夫だよ」「夢だよ」と声を掛けて、頭をヨシヨシ撫でてから、おでこにチュッとして、安心させます。 ももは夢だと気づいたのか、目を開けて大きく息を吐きました。 もも「ごめんね、ありがとう」 そう言うと、そのまま寝てしまうもも。 もう大丈夫かな、と私も目を閉じて眠ることにしました。 それから3分経ったぐらい後。 急にももが話はじめました。 まだ寝ぼけているのか、呟くようにムニャムニャと不明瞭な話し方。 私は何も言わず、ももの話を聞いていました。 何も言わなかったけど、心の中で突っ込みまくり。 もも「モロに股を噛まれて、血がたくさん出て…すごく痛くて」 え? モロって、「も/の/の/け/姫」に出てくる山犬よね? モロに噛まれてる夢を見て、唸ってたの?? そりゃ痛いわ、あんなデカい山犬。 しかも股間?? 痛いじゃ済まないよね、普通は。 もも「モロを引き離そうとしたけど離れなくて…」 そうか、それは大変だったな。 噛む力、強そうだしな、モロ。 まずもって、引き離すの無理だろ、あんな獣。 それは悪夢だったね。 もも「でも、モロと話したくて近付き過ぎたのが悪かったんだ……Zzzz…」 え、モロを庇ったよ! しかも寝たよ。

  • 桜を見て想うこと。

    こんばんは、きいです。 先週、近所の公園で桜を見てきました。 レジャーシートを敷いて。 前日に作っておいたマフィンと、自分で淹れたカフェオレの水筒を片手に。 ゴロゴロしたり本を読んだり。 いつになったら、以前みたいなお花見を楽しめるのかな…と寂しく思ったりもしますが。 こうして、ももと2人きりの花見も悪くない。 私達の地元では、お花見という習慣があまりなくて。 レジャーシート敷いて宴会、とかって形がなかったんですよね。 桜祭りみたいなものもなかったし。 でも、いろんな地域で暮らすうちに私達もすっかりお花見をするようになりました。 高校の時は、落ちてくる花びらを2人で走り回って両手で取って。 どっちが多くが取れるか競ったりしてました。 大学の時も…同じようなことしてたかな(笑) 20代になってから、お花見とか紅葉をちゃんとレジャーとして楽しむようになった気がする。 名所までドライブして、屋台を楽しむまでがセット。 (その帰りに寄った温泉地で私が指輪をなくした事件もあった。プレゼントされて日が浅かったのでショックが大きかった…) 当時のデジカメのデータを見返すと、画像は粗いけど楽しそう。 (その時までは、指輪がちゃんと写っていて…切ない。) 30代の前半は、2人で地元に戻ってたので花見はしてません。 地元に帰った1年目、公園に2人で行ったら知り合いの家族連ればかりで…とても気まずかったんですよね。 子連れしか行かない場所…って雰囲気を感じました。 とんでもない田舎だと、そこら中、知り合いばかりなので…2人でゆっくり公園にも行けなかった。 堂々とできれば良かったんだろうけど、2人で店をしていたので…人の噂とかが商売に響くのが怖かったんですよね。 (まぁ、店をしていなくても堂々と出来なかったとは思うけど。) 2人でゆっくり花見をしたりピクニックすることも出来ないのかー…って悲しかったのを覚えています。 (自分たちが育った場所だけど、大人になって戻ると…ここまで閉鎖的なのかって実際に暮らすまでは分からなかった。) で、結局、田舎は捨てて(笑)

  • 振り返えればヤツがいる。と思ったら越されてた

    こんばんは、きいです。 姪っ子が小学校を卒業しました。 もう中学生になるんです。 早い。 子供の成長、早すぎる。 ももと2人、赤ちゃんだった姪を交代で抱っこしてたのが最近のように思い出せるのに。 ここ一年はコロナのため、子供達に会える機会が少なかったんですよね。 前々回(夏)会った時、靴のサイズが22cmを超えてきたって聞いたんですよ。 なので前回(正月)、私が履いてないブーツを持って行ったんです。 そしたら、既に23cm超えてた! 足のサイズは越されましたが、まだ身長は私の方が高いもんね、と余裕をぶちかましていました。 で、最近。 ももが履いてない靴を持って行ったんです。 ももには窮屈だけど、姪には少し大きいかな?的なサイズ感。 そしたら。 えぇ、そうです。 姪「キツイ…」 足、どんだけ短時間で大きくなる?? んでもって、身長も私とほぼ同じになってるし。 (前回会ったのって、正月ですよ。たった2か月前ですよ!) 悲しい。 おばさん達、悲しい。 健やかに成長しているのは嬉しいんだけど。 なんだろ、この「振り向いたらむしろ越されてた感」 ももの姉は、ももより身長が高いので…姪もそうなるのかな。 私達を見下ろすようになるのかな、きっと。 (最近の子だから、と言うには足が長すぎるんですよ。計測してないけど、すでに私より足は長い。でも、それはもう最近のことじゃない。) 思春期まっしぐらで、私達にもよそよそしいし。 尖った感じも「あら、うふふ」って可愛く思えるんですけどね。 その一方で、弟はまだ甘えん坊。 最近は、会うたびに3人で公園に行ってサッカー練習したり鉄棒して遊んでます。 この子も、思春期になったら「おばさんと公園なんて恥ずかしくて行けるか!へっ!」みたいになるのかしら… そう思うと、今が花だと思って。 体にムチ打って一緒に遊んでます。 (体を動かして遊ぶのは、ももの役目。私は監督してる。)

  • 「キレッキレだね!」

    こんにちは、きいです。 最近よく、ももに「キレッキレだね!」と褒められます。 先日も、ももが言いたい言葉が思い出せずモヤモヤしている時に私がズバリ言い当てたことがあって。 もも「そう、それ!なんで分かるの!」 きい「なんでか分かるんだよね」 2人「・・・・・・・」 きい「○○だよね」 もも「そう、それ今考えてた!口に出す前に言われるなんて!」 2人「・・・・・・・」 きい「もものお父さんもさ、こうやって話す前にお母さんに先をいかれてきたんじゃない?だから今、ほとんど話さないんじゃ?」 もも「それ!それも今、まったく同じこと考えた!こわー!!」 まぁ、熟年夫婦によくありがちですが。 言葉をかけなくても考えが通じるってやつ。 ももの両親がまさにそんな感じで。 息つく暇もなく喋る母と、ほとんど「あぁ(返事)」と「おい(お母さんへの呼び掛け)」しか口にしてないんじゃない??って心配になるような父。 ずっと、口数の少ないお父さんが年を重ねてより無口になったと思ってました。 でも、たぶん違う。 お父さんが話す前に、10倍ぐらいお母さんが先回りして話すんだわ。 だからお父さん、話す必要性がなくなってきたんだわ!! 絶対に! もも両親の真実が垣間見えた瞬間でした。 もも「ももも、親父みたいになるのかな…」 少し悲しそうでした。 そして今日のお昼。 2人でチャンポンを作ったんです。(麺とスープが付いてる市販のやつ) 私が具材を炒めたりしていて、ももは作り方を読みながら指示役。 普段は私が指示役、ももが実行役なので珍しい役回り。 もも「えっと、水が600」 きい「はい、入れていいよ」 もも「沸騰したら麺を入れる、と。」 きい「もう入れて良いんじゃない?」 もも「まだダメ。沸騰してないよ、これ。融点と沸点は全然違うの!」 きい「細かいな…」 もも「えっと、麺をほぐす」 麺を必死に揉んでいるもも。 ちぎれた麺が飛び散ってるけど…。 きい「ねぇ、麺ってお湯に入れながらほぐすんじゃない?そのまま揉んだら、麺が切れちゃう気がする」 もも「・・・え? あら…??ホントだ、そう書いてる。読んでなかった…」

  • 地震のことを考えたら2人で入浴は危険か?と思いました

    こんにちは、きいです。 数日前、地震がありましたね。 関東でも結構揺れたので驚きました。 ちょうど2人で湯舟に浸かっている時だったんですよね。 それぞれが持ち込んだスマホを見ていて。 なんか水面が揺れるな、と思って顔を上げたら。 ももがわざと水面を揺らした直後だったようで、いたずら顔して私を見てました。 私「ちょっと、やめてよ」 私が注意すると、ももは笑った後に「…ん?」みたいな表情で一時停止。 2人して停止していると…「地震じゃん!!」と地震であることが発覚。 すぐ収まるか?と思っていましたが揺れが続くので、2人して慌てて外に出ました。 ちょうど、ももが水面を揺らした時と地震が重なったらしい。 そんな偶然ある?? もものせいで判断するのが遅くなった(笑) ももは「とりあえず服!服着ないと~」とバタバタ。 私はバスタオル姿でリビングに行き、「ねこにゃーん!」と猫を探しました。 我が家の猫ちゃん、地震が来ても全然気づいてないんです。 緊急地震速報がうるさくても、地震で揺れても寝たままだったりする。 (ペットが地震を教えてくれる、とか聞くと少し羨ましい。) 今回も、私の呼びかけに応じる形でコタツから出てきました。 案の定、寝てたみたいで寝ぼけ顔。 キャリーバッグを猫にゃんの前に置くと、「私のお出掛け用バッグですけど。なんで触るの?」って感じで勝手に入ってくれるので。 私「猫にゃん確保したよー」 その頃には、地震の揺れを感じられなくなっていました。 もも「テレビ付けてみて」 ももの言葉に後ろを振り返ってみると。 まだ裸じゃん! 「着替えるって言いながら、何してたんだよ!」 そう心の中で突っ込みつつ、テレビを付けました。 色々と落ち着いてから。 「地震があったら、まず猫にゃんを確保するようにしてるんだ。いざ外に出る時になってから探したりしてたら間に合わなくなるから」 と説明しました。 するとももは、「はぁー、偉いねー。さすが」と感心してました。 (たまに起きる地震の時は、平日の昼間だったりしてももがいない場合が多い)

  • 睡眠との闘いは続く

    こんにちは、きいです。 みなさんは、睡眠時間は短い方ですか?長い方? 私達、2人とも睡眠時間を長く取りたいタイプです。 若い頃からずっとそうなんですが。 「若い頃はよく寝たけど、年を重ねると自然に長時間は寝れなくなるよ」と、母親をはじめ多くの大人に言われてきました。 なので、「私達もオバサンになったら早起きできるんだろう。今は若いから仕方がない」と思っていたんです。 そして実際。 35歳オーバーになると、周囲の知人・兄妹の睡眠時間は減ってきている様子。 子供がいる家庭なんかは、いつまでも寝てられないから生活リズムが変わってくるんだろうなー…と予想。 十分すぎるほど大人になった私達、なぜ未だに睡眠時間が長いんだ??? もう不思議で仕方がない。 「仕事の時に起きれるなら、休日も起きればいいだけ」 そんなツッコミが聞こえてきそうです。 そう、もちろん起きようと思えば起きれる。大人だから。 でも、土日の休みのうち、1日は長めに寝ないとキツイ。 下手したら、13時過ぎとかまで寝ちゃう。 (大学時代は、起きたら夕方…とかもあった。) 13時過ぎに起きると、既に半日が無駄になっているわけです。 カフェのモーニングどころか、ランチタイムにさえ間に合わない。(起きてからすぐ準備したくない) 「よし、これからは休日でも早めに起きよう!」「有意義な休日を過ごそう!」 何度、2人で誓い合ったことか…。 ショートスリーパーに憧れていたんです。 憧れながらも近づけない。 睡眠時間以外では、確実に年取ってきてる実感あるのに!! (白髪は増えるし、肌はボロボロだし、胃は脂を受け付けない) 「私達、どうして睡眠時間が自然と短くならないんだろう???」 ここ数年、2人の疑問でした。 (頑張って早起きする、ではなく、自然と目が覚めるのが望ましい) そんな私達ですが。 答えが見つかりました!! 世の中にはショートスリーパーだけじゃなく、「ロングスリーパー」も存在するらしい!! ロングスリーパー!!

  • サラダは飲めない。

    こんばんは、きいです。 最近、豆乳を飲み始めました。 PMS対策として。 骨粗鬆症にも良いらしいし。 (以前、病院で骨粗鬆症ぽいって言われた。) 今まで豆乳にあまり興味がなかったんですが。 甘い調整豆乳は色々な味があって飲みやすいんですね。 どれも美味しい。 甘さがない無調整豆乳は、余分な物が入ってないので体に良い。 しかし。 開封した後、賞味期限が短いので…買うのが面倒になってきた。 そこで、豆乳パウダーを買っています。 水に豆乳パウダーを入れて、自分で好きな時に作れるので便利なんです。 牛乳の代わりに豆乳でコーヒーを作ったり。 ココアにしたり。 まだ作ってないけど、シチューに入れたりしても良いし。 私はなるべく毎日飲むようにしています。 もも「よく続くね、偉い」 きい「体に良いから、ももも飲んで」 ももに豆乳を飲ませたいんですが… もも「まずっ!もうこれ、サラダじゃん。豆腐じゃん」 ももは無調整が飲めません。 甘い調整豆乳なら大丈夫なんですけどね。 ある在宅勤務の朝。 きい「バナナジュース作ろうか?」 もも「うん!」 きい「牛乳じゃなくて豆乳にしてみる?バナナジュースにしたら飲めるんじゃない?」 もも「…うん、そうだね、挑戦してみる」 もも「・・・・・」 どうやら、ももに無調整豆乳は無理みたいです。 もも「サラダが液体になってるから無理」 きい「サラダならイケるでしょ?」 もも「そーいう問題じゃない」 もも「もう二度と無調整は飲まないって決めた!」 1人で大豆イソフラボンを摂取して、健康になろうと思います。 (いつまで続くかは分からないけど。)

  • 相手へ不満を伝える方法。

    こんにちは、きいです。 一緒に生活していると、相手にムカッと来ることあるじゃないですか? 家事の方法とか、生活スタイルのことで。 注意したい、言っておきたい!みたいなこと。 今日、そんな場面に遭遇しました。 朝、洗濯しようとしていると。 背中にホッカイロ貼り付けたままの洋服が1枚。 タイツ+靴下の重ね履きのまま、きれいな状態で出されたセットが1組。 まぁ、これぐらいで腹を立てたりはしません。 むしろ、靴下を一寸も動かさずにタイツごと脱ぐ…という神業に笑ってしまう。 しかし、これは注意しておかないと。 毎朝、「フフッ、可愛い人ね」なんて微笑むほど心が広いわけでもありませんので。 でも。 問題は、「普段から口うるさい私 VS 説教慣れしているもも」という構図。 口うるさいのは自分でも分かっていますが、相手に「うるさいヤツ」と思われたいわけではないんですよね。 キレてるわけでもないので険悪ムードにはなりたくないし。 ので。 今回は、サラッと伝えてみました。 洗濯を終えてリビングに戻ると、猫にゃんが私を見つけて鳴いてきたので。 (ももはテレワークのためリビングで仕事中。ちょうど猫にゃんに目を向けていた。) 猫にゃん「にゃー!!!」 きい「どうしたの、そんなに怒って。…うんうん、確かに、ホッカイロ付けたままの洋服を洗濯に出されたら怒るよねー、分かる分かる」 猫にゃん「にゃー」 きい「靴下とタイツ一緒にそのまま出されるのも困るもんねー、ホント」 猫にゃんとの会話で伝えてみました。 ももは自分のことだとすぐ気づいたようで、とても申し訳なさそうな苦笑い。 これで、しばらくの間は注意してくれるでしょう。きっと。 (時間が経つと元に戻るけど、それはそれで良い。) これでも同じことを繰り返すなら、また猫にゃんと愚痴大会します。 「ねぇねぇ、この前注意したはずなのに、またやられたんでしょー? もうそれって、わざと? 嫌がらせなのかしら?

  • 年末年始の過ごし方。

    こんにちは、きいです。 遅くなりましたが…あけましておめでとうございます! のんびり更新ですが、今年もよろしくお願いします。 今年はコロナの影響もあり、家にこもった年末年始でした! 特に変わったこともないので、話のネタがありません。 ということで、年末年始の我が家の過ごし方を紹介しますね。 (とても退屈な内容なので、読まなくてもいいかも。) クリスマスは、ももとガトーショコラケーキを作りました。 デコレーションは、ももが集中して頑張ってくれましたよ。 生クリームでデコレーションするの難しいのかな?と思ってたのに…ももが意外にも器用でビックリ。 クリスマスご飯+ケーキ、美味しかったです。 2人で大掃除して。 と言っても、普段の掃除とそう変わらない程度しかしなかったんですけどね。 (賃貸だと、そんなに掃除に力が入らないのは私だけですか‥?) 唯一、普段はしない窓ふき・ベランダ磨きは力を入れて頑張りました! (特にももは、やることが細かい!良い意味で。私の担当した場所より3倍はキレイになってます。) 大掃除を頑張ったので、家でビビンバ作ってみました。 めちゃ美味い! 年末の買い出しも、2人でスーパーやら商店街に行きました。 休憩に入ったコメダ珈琲。 私が注文した「アイスミルクコーヒー」が、本当にミルク強すぎて「コーヒーの粉が全然足りなかった、溶かして飲むやつ」みたいで面白かったです。 おせちは作らないけど、ちらし寿司・お吸い物だけは作っておくタイプです。 大晦日から3日ぐらいまで、ちらし寿司・お吸い物を食べ続ける…という我が家の習慣。 お吸い物は、ちょっとアレンジしたら大晦日のそば汁にもなるし、餅を入れたらお雑煮にも。 (お吸い物のダシに使った「どんこ」は、刻んでちらし寿司にも入る) ちらし寿司は、料理作りたくない時にすぐ食べられる非常食みたいな位置づけになってます。 甘い味付けの具、塩気のきいた鮭、酢飯、イクラで構成されていて、とにかく好き。

  • 自尊心が高まる時

    こんにちは、きいです。 先日、姪っ子達と遊んできました! なるべく外で…ってことで公園多め。 ももは、小三の甥っ子とサッカー練習したり。 (私は見学) 甥っ子の体力が無尽蔵すぎて、とにかく公園を全力疾走してるのを応援したりもしました。 前世が犬…じゃなく、現世が犬って言葉がピッタリすぎる。 (私・もも・甥っ子で短距離走したら、小三の甥っ子がダントツ早かった…) そんな犬のような甥っ子が「逆上がりが出来ない…」と言うので、2人で熱血指導して。 無事に逆上がりができるようになりました! (子供の吸収力の高さに驚くばかり&出来るようになって2人とも大興奮した) 興奮したおばさん2人も逆上がりにチャレンジしたら、私だけできた! 自分でもビックリだけど、小学生の時に自主練して出来るようになった感覚が残ってたみたい。 一方、ももは全くできず。 話を聞くと、どうやら今までの人生で出来たことがないらしい。 「え、一度も?? 練習しなかったの?」と少し驚いたけど、「練習しても出来なかった」とのこと。 どうりで、甥っ子への逆上がり指導中に「頑張れ」「あと少し」といった曖昧な言葉しか出てなかった訳ね(笑) いつも鈍くさい、と思われている私からすると、ももが出来ないことがあると嬉しい…少しムズムズした気持ちになってしまうのです。 「跳び箱も飛べなかった…」と告白してきたもも。 年末、私の自尊心は無事に高まりました。 これで今年も気持ちよく終われる。

  • 地味な生活。

    おひさしぶりです、きいです! もう12月ですね。 コロナのせいで時間が経つのが早いやら遅いやら…。 相変わらず私達は、地味な生活をしております。 ブログのネタがないので、地味な生活をご紹介。 運動不足すぎて、ちょっと散歩しただけで筋肉痛の日々です。 最近、スマホの万歩計を使っているんですが…限界まで歩いても1万歩もいかないんですけど…。 体がおかしくなってきたので、ストレッチをしてから寝るようにしてます。 (ももが、よく肩とか首がつる) ウォーキングしたい…と思ってるけど、寒くて実行できずにいます。 たぶん、このまま春になるまでしないでしょう。 2人の不具合は、体だけじゃなくなってきました。 先日は、ももが「ポスト」のことを「ポテト」と言うし。 私は「肩こり」のことを「かたくり」って言うし。 相手のことをバカにした次の瞬間には自分も笑われる、というアホみたいな空間が出来上がってます。 海外ドラマばかり観ている生活も相変わらずです。 悪徳警官としか言えない警察官なんだけど、事件解決しまくる人情派のドラマ(シカゴP.D)とか。 バレーボールの人気漫画(ハイキュー!!)とか。 あとは、人に借りた動物の漫画(BEASTARS)にハマったり。 家では、色々な料理を作って楽しんでいます。 サムギョプサルは美味しいけど、脂はねが酷い。 スンドゥブチゲは2人して大好物。 家で食べた2日後、外食先でも食べるほど。 IKEAで買った泡立て器を使って、カフェっぽくしたり。 ももは今のところ、きちんとコーヒー豆をゴリゴリしているので偉いです。 家の片づけにも着手しました。 冬服がボリューミーすぎて収納に入らず、毎年放置してたんですが。 ついに今年、無印でPPケースを追加購入して問題解決。 フワフワすぎて冬に1・2回しか着ないパジャマを収納することができました。 (最近は、ふわもこ素材よりシンプルな綿が良い…と思うようになりました)

  • 「コーヒー豆ゴリゴリしたい」ってさ。

    こんにちは、きいです。 ももが「コーヒー豆をゴリゴリしたい」と申しております。 そう、コーヒー豆を挽きたいらしい。 我が家はバリスタを使っているので、基本インスタントなんですよね。 インスタントを美味しく簡単に機械が淹れてくれる的なやつ▼ たまにドリップ淹れるぐらい。 先日のマス釣り&バーベキューの時、友人カップルが持って来てくれて。 豆を挽いてコーヒーを淹れてくれたんですよ。 それが美味しくて! そして、ももは、ゴリゴリしたのが楽しかったらしく。 「コーヒー豆ゴリゴリしたい」病にかかってしまったようなんです。 そりゃ私も挽き立ての方が美味しいとは思うし、いつかはチャレンジしようと思ってたけど。 まだバリスタ用の詰め替えがたくさんあるんだよねー。 もも「バリスタは平日に飲めばいいだけじゃん」 確かにそうなんですけど。 平日の朝からゴリゴリしてコーヒー淹れるのは面倒なので、インスタントがある方が良いとは思うんですけど。 コーヒー豆を挽くようになったら、コーヒー関連で揃える物が増えるじゃないですか。 バリスタ用のインスタント コーヒー豆 たまに飲む1杯ずつのドリップ 夏は水出しコーヒー用のコーヒー粉(豆を挽いたやつ) お湯で溶ける甘めのインスタント(一人分ずつのカフェオレ等) これを全てストックしていくのが面倒だなー…と思ってしまう。 何か止めればいいんですけど、一度買うのやめても結局は必要になって買いそうだし。 ももが言うには、「きいは、少しミニマリストっぽい所があるんだよね」でした。 自分では全然思っていなかったので驚きましたが…確かに、物は増やしたくない。 でも、ミニマリストほど頑張ってないし、細かい性格ではない…。 冷蔵庫や冷凍庫は、空にしてから買い物したいし。 一度使うと決めた商品は、良し悪しに関係なくリピートし続けるし。 (妹に教えてもらった洗顔フォームを10年ぐらい続けていたら、「この洗顔、昔に流行ったよね。まだ使ってる人いたんだ」と言われた) 欲しい物があっても、必要な物か検討して結局買わないことも多いし。

  • はじめてのマス釣り!

    こんにちは、きいです。 週末は、はじめてマス釣りを体験してきました! レズファミリーが集まり、川でマスを釣ったりバーベキューしたり楽しんできたのです。 釣り自体、小学生以来ぶり(二人とも)でした。 どう釣るのか分からない私達に周囲がコーチングしてくれたり、釣った魚から針を外してくれたり至れり尽くせりの釣り体験。 針が木に引っ掛かったりするハプニングもありました。 どうにか2人とも奇跡的に釣れて! ピチピチ跳ねる魚の勢いに驚きつつ、テンション上がりました! 釣れると楽しい! (釣りに適した服装が分からず、とりあえずスポーツスタイルにした私達。 みんなカジュアルだった…。私達、こーいう所ある。) 釣りたてのマスの美味しさ! 最高すぎましたね。 それぞれが持ち寄った食材でバーベキューして、みんなで美味しく頂きました。 (私達はウインナーとサツマイモを持って行ったんだけど、もう少しオシャレな物とか考えれば良かったなぁ…と反省。 絶品スープ作ってくれたり、魚介類を持ってきてくれたり、みんな凄かったのに…うちのショボさ…こーいう所もある。) ももは、うちわで火起こしを手伝ったようで…翌日、筋肉痛になってました(笑) 初めての川釣り、とっても自然が気持ちが良かったです! 魚が見えてるのに食べてくれないもどかしさ、エサだけ食べられるむなしさ…と戦うのも素晴らしかったし。 コロナで夏の思い出が全然なかったので、こうして楽しいことをみんなと一緒に体験できて大満足でした! (もちろん、マスクはしてたよ)

  • 10年前のレズ観を思い出す。

    こんにちは、きいです。 気付くと前記事から一ヶ月…。 時間が経つの早すぎです。 何をしていたのか… 多分、たいしたことはしてない。 ちょっとランチしたり。 ちょっとドライブしたり。 ちょっと公園行ったり。 久しぶりに、ちょっと駅ビルなんかで買い物もしたり。(今年、本当に洋服買ってない) 逆に。 ちょっとどころではなく、頻繁に「Lの世界」は見てました。 10年前に観ていた時は、「カップルが子育てってスゴイ」とか「堂々と生きるって日本じゃ無理」なんて感想を抱いていたわけですが。 10年経過すると、LGBTの法整備が遅れている日本でさえ、多少は変化している気がします。 実際に、パートナーシップは結んだし。 オープンに生きてる人も多くなってるし。 カップルで子育てしてる人もいるし。 私とももの考えも、昔は「人に迷惑をかけず、ひっそり…」なんて思っていましたが。 今は「レズでも何でも生きたいように生きて当然!」に変化してます。 いくら個人単位の考え方・生き方が変化しても法整備が追い付いていないので、結局は「日本でも同性婚を!!」「早く!!」って思うわけですが。 そんなことを感じつつ。 「女同士の恋愛ドラマ、めちゃ楽しいじゃん」を再認識しながら観ております。 そして、10年経過しても女優たちの美しいこと!! 一方で、劣化し続ける自分達!! 次の10年は、せめて緩やかな劣化でありたい…と努力したい所存。

  • 2020のお盆は…

    こんにちは、きいです! お盆期間が終わりましたね。 こんなに家にいるお盆も珍しいな!というぐらいの自粛でしたー。 自粛というより…出掛けたいけど、どこ行けばいいのか分からん状態。 こんなに暑すぎる夏、三密を避けてずっと外にいたらヤバいし。 かと言って、熱中症対策のために屋内を選んだら密になるかもだし。 まぁ、何がしたいか?って目的もないから計画を立てられない…が一番の原因かもです。 でも、さすがに毎日室内は嫌なので車で近場をドライブしたりしてました。 ジェラート食べたり。 ラーメン食べたり。 ラーメンは、緊急事態宣言の前からずっと食べてなかったので…「うまいー」と2人して味わいながら。 やっぱり袋ラーメンやカップラーメンとは別物だと再認識。 あとはパン屋さんへ行って、 明太子フランスに塗られている明太子がたっぷりで感動したり。 夕方、近所を汗だくになりながらウォーキングしたり。 そんな、小さなことを楽しんだ外出でした。 あとは、家で「Lの世界」やら海外ドラマを観て過ごしてました。 1日、私がちょっと体調不良で寝ていた間に。 ももは3年ぶりぐらいにゲームを引っ張り出してゲームにハマりまして。 私はゲームに一切興味がないので、基本的に我が家ではゲームする人はももだけ。 しかし、ももは1人でゲームをすることに対して、昔から私に「申し訳ない感」がある様子。 (基本、家にいる間は同じことを一緒にして過ごすタイプの2人) ゲームするのかな?と思っていても始めないので「ゲームしないの?」と私が聞くと。 もも「ゲームしていいの?きいは暇じゃない?」 罪悪感たっぷりの表情。 きい「ももがゲームしてる空間が好きだから気にしないでいいよ。好きに過ごすから」 心の底からそう思っています。 もものプレイにイチャモンつけたり、ボス戦を応援したり、ストーリーのことを聞いたりするのが楽しいんですよね。 宝箱とかアイテム探す姿に「他人の家に勝手に入ってるー」と突っ込んだり マップ見てても迷ってる姿を見て笑ったり HPなくなるのに気づいてハラハラしたり ゲーム画面を一緒に見てるの好き。

  • 我が家は「焼き鳥屋さん」

    こんばんは、きいです。 先日、家で焼き鳥屋さんしました! 焼き鳥にしたのは。 豚バラ もも肉 皮 つくね 豚バラトマト巻き アスパラベーコン巻き しいたけ ししとう アスパラ つくねは、冷凍品。 他は、2人で作りました! (ももは、特にアスパラベーコン巻きに力を注いでいました) 我が家には、焼き鳥用の調理器具はないのでオーブンレンジとトースターで。 豚バラは、カリッとさせたら美味しい! 何より美味しかったのは、しいたけ! アスパラも外せないし、トマトも美味しい。 年齢ですかね、胃が弱くなったんですかね。 野菜が一番美味しい! タレはもう少し改善すべきかなーって感じでしたが、概ね成功!! もも「また焼き鳥やろー!」 きい「楽しかったし、美味しいし最高だったー」 もも「焼き鳥を焼くやつ、買おうよー!!!!」 ももが前から欲しがっている、焼き鳥を焼く調理器具を買う時が来たようです。 きい「ガスコンロが増えるのは嫌だから、これからもオーブン&トースターで焼けばいいんじゃない??」 もも「目の前で焼きたいの!それがあったら、ももが焼くから!」 どうしても、焼き鳥屋さんになりたい様子。 もも「これなら、ガスコンロにセットできるらしい!」 ももが見つけてきました、ガスコンロにセットできるプレート。 イワタニ 網焼きプレート プレート CB-P-AM3 キャンプ BBQ 網 アウトドア セットこんろ posted with カエレバ 楽天市場 Yahooショッピング …買うしかないかな。 ももの熱量もスゴイし。 これあったら、ももが焼いてくれるって言うし。 って豪語してるけど、ももは熱い物が苦手なんですよね。 オーブンから天板取るのも、熱くて怖くて無理だし。 (パン焼いた時も、私がオーブンから取り出してあげた) 焼肉とかしてても、パチッって油が少し跳ねただけで「あつっ!!!!」って大騒ぎするし。

  • 我が家は「うなぎ屋さん」

    こんばんは、きいです。 土用の丑の日は、うなぎ屋さんごっこをしました! うなぎを安く購入できたんです。 うなぎって国産はもちろん、中国産も年々高くなってる印象。 ですが、今回は史上初の安い値段でゲットできた! (価格を書いたら、「それ本当にうなぎ?」と心配になるだろうから書きません) 出身地が西日本なもんで、うなぎの蒸したやつが嫌いです。 焼くオンリーで香ばしく!が、食べ慣れてきた美味しさなんですよね。 なので、最後にトースターで炙ったりしてみました。 外食した気持ちになれるように、お重にうなぎを詰めて。 (量が多くなるので白米は薄く敷いた) はじめて、う巻きを作ってみましたが…まだ改善の余地がありそう。 食べた後、母親にポイントを教えてもらったので、次はもっと美味しく作りたい。 (地元にいた時は、母親がうなぎ・う巻きを毎年作ってくれて。私達も一緒に食べる日でした。) 翌日のお昼は、余った切れ端で「ひつまぶし風お茶漬け」にしました! うなぎ・錦糸卵・ネギ・塩昆布(海苔の代わり) お出汁を取るのは面倒なので、ご飯の上に「昆布だしの素」をパラパラかけて熱湯をかけました(笑) 錦糸卵も、細切りじゃなくデカかった…。 手抜きですが美味しかった。 かなり昔、私の父親が川で天然のうなぎを捕まえた!って、調理して冷凍で送ってくれたことがあるんです。 父「こんなデカいうなぎは初めてだ! そっちに送るから2人で食べろ」 テンションの高い父から送られてきた大うなぎ。 …とにかく、まずかった。 父にそのことを伝えると、実は父もそう感じたらしい。 父「なんでも、大きすぎると美味しくないんだな…」 美味しくないって分かってたのに、大うなぎを獲ったことが誇らしくて自慢したかったらしい。 川で、主みたいな大うなぎを捕まえたら食べないことを推奨したいです。 美味しくないです。 でも、獲る方はテンション上がるらしいです。 そんな思い出を振り返りつつ…うなぎの日でした。

  • 我が家は「パン屋さん」

    こんばんは、きいです! 先日、ももがパンを作ってくれました! すごい! 我が家にはホームベーカリーなんてないので、ももが捏ねて捏ねて。 ずっと捏ねて。 オーブンが発酵して。 成形して。 発酵して。 焼き上げて完成! 私は、「バター〇g必要でーす」「生地がツヤツヤになるまで捏ねてください」と指示役。 昔、私もパン作りにチャレンジしたことあるんですけど。 あまり美味しくなかった記憶。 捏ねるのに飽きちゃって、途中で「もういいだろう」と諦めたせいなのか…パンがフワフワしなかった。 むっちり・みっちり。 だけど、ももの作ったパンはふわふわ! ガサツだと思われているももですが、実は細かい所もあるんです。 (何気に失礼だけど、本当にガサツな部分と細かい部分が面倒臭く絡み合っている) お菓子・料理作りになると、グラムまでキッチリ測って料理するし、 パンを30分捏ねろ、と書かれていたら真面目に35分は捏ねる。 そーいう性格の人は、お菓子・パン作りには最適ですね! (それなのに、脱いだズボンが脱皮したままの状態になってたりもする) (自分が食べたお菓子のゴミを、無意識に私に渡して自分のテーブル部分はキレイに保ってたりもする) ももは、パンが大好きです。 しかし、私はご飯党。 そのため、ももは自分で美味しいパンを作ることにした! (あまり美味しいパンを買ってあげてないのは、日頃の報復ではありません) 成功したし、私も焼き立てのパンが美味しかったので。 きい「ももは、我が家の専属パン職人だね」 これからもパンを作るように誘導。 もも「美味しいけど、疲れたからもうしない」 どうやら作戦は失敗。 確かに、結構な時間がかかったのに出来たパンの量は多くない。 もも「ホームベーカリー買えばいいじゃん」 きい「そんなにパン作らないから無駄になるし。ももがパン作ってくれたら一番良いのに」 もも「えぇー」 なんだかんだ文句は言っていましたが、またいつか忘れた頃に作ってくれることでしょう。 最近は一緒にご飯・お菓子を作るのが楽しいようで、2人で何か作ったりするんですよね。

  • 「推し」っている??

    こんばんは、きいです。 最近の我々は、NiziUやTWICEにハマっております。 自粛に入ったあたりからハマってしまい、すっかり生活が激変しました。 興味のなかったK-POPを聞くようになり。 ダンスしている姿を見れば、どうにか踊ろうとしてみたり。 YOUTUBEを見る習慣がなかったのに、アイドル動画を見て。 そうなると、どの子が好きか?みたいな流れになります。 ところが、いくら考えても…私には推しがいない。 ももは順調に、推し選抜をしているのに。 私は「芸能人で誰が好き?」とか「この中で誰が良い?」という質問にうまく答えられません。 昔は、ノンケ友達には「妻夫木」とか当時の人気俳優を答えていたけど。 かと言って、レズ全開で考えても「この人が大好き!!」っていう特定の人はいないんですよね。 あえて名前を挙げるなら「松雪泰子」とか? (と言っても、名前がすぐに浮かばずに代表ドラマである「白鳥麗子でございます」を検索した) 「Lの世界」ではベットと答えてます。 (これも、ベットなのかベッドなのか自信なくて調べた) そういうキレイな年上女性がタイプなのか?と聞かれたら「そうかもしれないし、違う気もするし…」という具合。 なので、アイドルグループになると「推しは…全員…かな」みたいな状態になります。 ももに「誰かを自然に応援したり、目で追ったりしない??」と言われるんですが。 「…うーん、全員が可愛いからなー」としか答えられない。 一時期だけ特定の人ばかり目がいったりもするけど、順番で他の人にも回ったりする。 (ただの女好きなだけの気もする) ここで言いたいのは、「恋人がいるのに推しなんて答えられない!」とかではない。 誓ってない。 私の人生に推しはいない…と悲しみに暮れていましたが。 思い返すと…学生時代にはいたんですよね。 同級生の女子とジャニーズにハマってたし、「ロミオとジュリエット」のレオナルドディカプリオも好きだった。 ノンケ時代だったから?? そう考えると、ももと付き合ってからの現象。 「ももと付き合ってからは、もも一筋!!」 …文字にすると、痛さがよく分かりますね(笑) でも、大げさでもなく事実な気がする。

  • 20周年のサプライズパーティー!

    こんばんは、きいです。 コロナで自粛していたので「何も書くことないなー」なんて思っていたら、最後の記事から2か月が経っていました! みなさま、お元気でしょうか? 私とももは、元気です! 「20周年だから指輪買ったよー」と前記事で報告していた通り、コロナ中に記念日を迎えた私達。 コロナのため、お祝いらしいことは何1つとしてナシ。 今、振り返っても…記念日に何を食べたのかさえ覚えていません(笑) きっと普通のご飯。 というのも、記念月の4月は…コロナのヤバさがピークだったんですよね。 スーパーへの買い物も2週間に1回ぐらいだし。 ちょっと落ち着いてから「近所のケーキ屋さんで、ケーキだけでも買おう」と…勇気を出した時は…ケーキ屋さん、定休日! (それに心が折れて、ケーキは諦めた) 最初は「記念日だったのにねー」とか「いつか落ち着いたら、外食したいねー」と言っていたんですが。 そのうち忘れちゃって。 もも「夏休みの希望を出さなくちゃなんだけど、どうする?」 と、夏休みに関心が行ってしまって。 (結局、コロナがどうなってるのか分からないので長期休暇にはせず、飛び飛びで休むことに。) そんな先日、お友達カップルと久しぶりに会えたんです。 3月に会ったのが最後だったので、テンション上がりまくりでお家にお邪魔したら… 実は、20周年記念を祝うパーティーだった!!! 急に何かが「パン!パン!」と破裂した音がして驚いたら、クラッカー鳴らしてる2人がいて。 (何か言ってたかもしれないけど、ビックリしてる最中だったから思考停止) 私にもクラッカーくれたから、取り合えず鳴らしてみて。 「コロナ開けに会えた時は、自粛頑張った!ってお祝いしようね」とオンライン飲みで話したなー…なんて思っていたら。 実は、私達の20周年を祝うパーティー開始の合図だった(笑) 本当に驚きました! プレゼントくれて、Tシャツまでオリジナルで作ってくれて。 (しかも、どっちのプレゼントも最高にセンスが良い) …なんて良い人達なんだ!! 当人である我らでさえ20周年のこと忘れていたのに、ちゃんと覚えていてくれてお祝いまでしてくれるなんて。

  • 20周年目に買う結婚指輪

    こんばんは、きいです。 こんな大変な時期に、なんとも能天気な記事を書いてしまい申し訳ありません。 だって、今月でももと一緒になって20周年なんですもん。 もちろん、お出かけは自粛。 ですがね、世間が大変になる前に指輪を買っていたんです! 元々は「イエーイ!」って感じのテンションではなかったんですけど、またもや!ももが乗せ上手で。 「今までペアって買ったことないから指輪でも買う?」と言ってくれて。 (ペアのピアス買おうと思ってた…のをブログを読んで思い出しました。結局、買ってない(笑) >> ももピアスを開ける) 実は、ペアのアクセサリーって持ってないんですよね。 ペアリングって敷居が高いなーと私達は感じていて。 私とももは、学生時代からの付き合い&地元が同じなので友人や周囲の人がカブっているんですよね。 なので、ペアリングしているとカミングアウトしてることと同じになってしまう可能性があって。 誰か知り合いに会わない日だけアクセサリーを付け替える…なんて面倒だし、もし偶然バッタリ誰かに会ったら焦るし…。 それに、ジュエリーショップで一緒に選んで買うっていうハードル!! そのハードルも、かなり高かった。 どんな目で見られるんだろうーって恐怖でしかなかった。 (今は、偏見なく接してくれるショップも多くなったようですね) そういうわけで、長年付き合っていてもペアのアクセサリーを1つも所持していない我ら。 お会いする同性カップルさん達の指に光るモノがあると憧れちゃうわけですよ。 でも、わざわざ買いたいか?と言われるとそこまでじゃないし…。 まず、ももはお揃いデザインは装着しないんじゃないか?と思ったりもしていて。 「ペアって恥ずかしい」と、イキっていた時代のももが昔いた気がするんです。 それに、双方が似合うデザインを探すのも難しそうだし…。 職場でカミングアウトしていないのに結婚指輪してたら質問攻めに合ったりするかな?と思ったりも。 そんなこんなで、心のどこかで憧れつつも我らには関係のない結婚指輪だったんですが…ついに、ついに買ったんです! そうなると、嬉しくなっちゃう私! ももってスゴイよね。 昔はイキってたくせに ←これ見たら文句言いそう(笑)

  • パートナシップ宣誓してきた話!

    こんばんは、きいです。 実は先日、パートナーシップ宣誓してきました! という報告です。 パートナーシップ制度は市区町村による差があるので…「私達の場合はこうでした」という、ゆるい報告をしますね。 まず、ご存知の通りパートナーシップは同性婚ではありません。 国が認めている制度ではなく、地方自治体が独自に施行しているもの。 そのため、法的な拘束力などはないに等しいです。 海外のパートナーシップ制度は、法律上の地位を与えて相続・社会保障・税制・養子縁組などで保護されていることが多いです。(EU全体だったり、国だったり、州だったりはある) 「パートナーシップ」と聞くと「男女間の婚姻みたいなもの」とイメージする人も多いですが…日本のパートナーシップはそこまでのレベルに達していません。 今回、私達がパートナーシップを宣誓したことで受けることができるのは… 住んでいる市区町村がカップルだと認定してくれる 今後、市区町村のサービスをカップルとして受けることが可能になる(公営住宅への入居が可能になる等) 病院や不動産、その他の事業者へ配慮をお願いできる 3番目の「病院・不動産」というのは、市区町村から発行された証明書(カードもある)を提示することで「パートナーとして扱ってくださいね」という意思表示(発行した市区町村から事業者へのお願い)という形です。 パートナーが病院に運ばれた場合、家族と認められていない私達には連絡が来ない可能性がありますよね。 そんな時、救急隊員や病院関係者が「パートナシップ証明カード」を見て連絡してくれるかもしれない!ということ。 家族しか面会できない場面で、会えるようになるかもしれない!ということ。 (法的な決まりではないので、絶対とは言えないそうです。) また、家を借りたい・買いたい場合などに提示して「パートナーなんですよ」と示せる、ということです。 パートナシップは市区町村が発行しているものなので、2人が同じ市区町村内に住んでいることが前提条件になります。 また、婚姻関係がないことを戸籍抄本を提出するなどして証明する必要もあります。 (市区町村によって条件・提出書類は異なるので、自分の自治体で調べてみてくださいね。)

  • 平日の熱海ドライブ

    こんばんは、きいです。 先日、熱海ドライブへ行ってきました! 平日だったからなのか、こんな時期だからなのか…混雑していなかったので快適に観光してきました。 お蕎麦食べて。 桜エビのかき揚げ、美味しかった。 来宮神社が、なんだか厳か&オシャレスポットでした。 こんな神社が近所にあったら、散歩で来たいだろうなーって思える癒し感。 カフェスペースが充実していて居心地良さそう。 自撮り用の台座なんかも用意されていたので、我らもパシャリ。 あとは、熱海駅前の商店街をブラリ。 温泉まんじゅうを食べたり。 いちごを売りにしてるカフェに行き。 若者が多い中、いちごを楽しんで参りました! (何を隠そう、私はいちごが大好きなのです!) すぐ近くにある熱海プリンは行列が凄かったので…諦め。 熱海に行く前は、色々買えたらいいなーと思っていたのに。 行くと…散々迷った挙句、干物しか買ってない(笑) しかも熱海じゃなくて小田原で買ったし。 観光地での買い物って難しい…。 今回は、珍しく私が運転する時間が長かったんですが。 モナコ…と称される港の風景をももは爆睡していて見ていません。 残念。 でも、天気も良かったので海沿いを走るドライブは気持ちが良かった!! 今回は温泉に行かなかったので…またいつか温泉&モナコのリベンジができたら良いな。

  • 陰謀論者、現る!

    こんばんは、きいです。 最近はコロナの影響で家にいることが多くなったので… というのは言い訳です。 元から出不精なので。 要は、家で海外ドラマや映画をみる時間が多いんです。 海外ドラマも見てますが、ももが昼寝した時なんかに一人で見る番組も欲しくなり。 とうとうドキュメンタリー番組の中から自分に合うやつを見つけてしまって。 「ヒトラーを追跡せよ!~浮かび上がった亡命説~」ってやつ。 「アンネフランクの日記」を読んだのは、ちょうどアンネと年が近い頃でした。 そのため、私の中でヒトラーやナチスへの衝撃は結構大きくて。 私も日記を書いていたので、「日記さんへ」と日記宛てに文章を書いているアンネを真似したりもしました。 (ちょっと暗いですが小ネタ) ナチスは、ユダヤ人だけでなく同性愛者も迫害しました。 5万人の男の同性愛者が有罪になり、その中には強制収容所に送られた人もいます。 彼らはピンクのトライアングルを付けさせられました。(ユダヤ人は黄色の星) 今や、LGBTのロゴとして使われているピンクトライアングルは、こういった迫害に立ち向かうシンボルとなっているんだそうです。 「ヒトラーを追跡せよ!」は、連合軍に包囲されて地下壕で自殺されたとされているヒトラーが実は生きて逃亡していた…と思われるFBIの極秘文書を辿っていきます。 しかも、その手掛かりを追うのが元CIAとかの精鋭集団。 たぶん4~5年前の番組なんですけど、2020年に見ても古くない。 最先端の技術が出てくるし、犯罪者を追うプロの考えとか根性ってスゴイ…って感じなんです。 もはや昼寝とは言えないぐらい眠り続けているももの横で、ずっと見てました。 まだシーズン2の途中だから終わってないんですけど。 途中でももが起きてきて、「なに見てるの?」と聞くので説明して。 ももも引き込まれる驚愕の事実の連続!! と思っていたら、後ろでももがまた寝てる…の繰り返し。 途中、夜に食べるピザ生地を捏ねたりトマトソースを作ったり。 いなり寿司を作って食べたり。 ももはすぐ横にいるけど、一人で休日を楽しみました。 陰謀論者じゃないつもりだけど、これは…ヒトラー逃亡したに違いない…と思っている私です。

  • カップルよりママ友に見えるかも in 青空ピクニック

    こんばんは、きいです! 毎日、コロナはどうなるんだろうー?と思っております。 そのため、3連休に予定していたお出かけ計画はキャンセル。 人混み必至のイベント系はリスクあるのかなー…と思いまして。 電車に乗るのは怖いので、車でパン屋へ行ってきました! 美味しそうなパンを買って、近くの公園でピクニック。 天気も良かったので気持ち良い! のは私だけで、花粉症のももは「目がかゆいー」と言いながらクシャミ連発。 「今年は、花粉症の症状があんまり出ないね」と喜んでいた矢先だったので…ご愁傷様です。 平日、もものランチとして持たせているスープジャーにスープを入れて。 ホットコーヒーでパンランチ。 至福の時間。 周囲を見渡せば、家族連ればっかり。 レジャーシートに座り、ももと人間観察しながらモグモグ。 自分が下手であるにも関わらず、小さな息子へのサッカー指導が過激すぎる父親。 家族3人でテニスのボレー練習している微笑ましい人達。 双子女子の可愛らしいケンカ。 自転車で爆走する男の子を追いかけ続ける母親。 凧あげに夢中になる大人。 きい「年重ねてくると、若い頃より周囲に馴染みやすくなったよね?」 もも「どーいうこと?」 きい「若い頃は、周囲からの視線を感じやすかった気がするの。家族連れの中に、若い女性2人がいると目立ってたって言うか…。まぁ、若いから自意識過剰だった面もあるとは思うんだけど。この年齢になると、誰もうちらに注目してない気がする」 もも「もしかしたら目立ってるかもよ? 子供連れだろうって思われる年齢なのに子供がいないから不思議に思う人がいるかも」 きい「なるほど…。子供が遊んでるの放置して、おしゃべりに夢中になってるママ友みたいに見えるかもね」 人間観察してる気になってたけど、私達も観察される対象なのかも。 ママ友に見えるぐらいなら、「カップルなのね」と認識してもらいたいけど…外でイチャつく勇気はない日本人です。 コロナが落ち着くまでは、こーいうデートが多くなるかもしれません。 ももの花粉症と相談しながら。 皆様も、お気を付けください。

  • ももママがやって来た!

    こんばんは、きいです。 先日、ももママが我が家に1泊しました! もも姉の家に2泊、我が家に1泊というスケジュール。 ももママが田舎から出てきたので、もも家族が勢ぞろいの毎日でした。 我が家にも、ママを含めた全員が遊びに来ました。 実は、「猫に会いたい」と言われながらも機会がなくて…もも兄妹が来ることって今までなかったんですよね。 (子供のいるお姉ちゃん家に集まるのが習慣になっている) 狭いリビングでギュウギュウ詰めになりながら、もも家族の昔の写真をみんなで見て笑ったり。 (みんなが教えてくれる、ももの小さい頃の話を聞くのが楽しい!) 子供達は猫と遊んだりして。(男の子はシャー言われてたけど) 短い時間だったけど「ももがどんな風に暮らしているのか?」を家族に見てもらえました。 (ももママは地元にいる時に行き来があったので暮らしぶりも知っていますが、兄妹はほとんど知らなかったはず。) ごく普通に暮らしている様子が分かって、みんなが安心してくれたら良いなぁ…と思います。 自分でもよく分からないけど、もも家族に「きいちゃんを選んで、ももは幸せなんだな」って思って欲しいというか…「女同士なんて可哀相な人生を選んでるな」とは思われたくないというか。 ももをこの道に引きずり込んだ!という自覚がある私としては「もも家族が私との暮らしぶりをどう感じるか?」って無意識ながらに緊張していた気がする。 幸いにも、もも家族は私を立ててくれる優しさがある人達なので…ありがたい。 しかし、反省点はあるのです…。 今回、もも兄妹が揃っているにも関わらず、私がももママを独占していたなぁ…と。 それに、お姉ちゃん・お兄ちゃんが優しいので…好きなようにみんなの会話に割り込んだり突っ込んでたなぁー…とも思ったりして。(これは毎回、後で思う) 家族団らんを邪魔したんじゃないかしら…?と不安になる。 普段は会わない家族が揃ったなら、普通は他人の私が入りにくいテンションとか雰囲気になってもおかしくないのに…それが全くないんですよね。 むしろ私が真ん中に座ってますけど…って思う場面も多かった。 …そんな歓迎ムードに調子乗ってしまった感。

  • 毎日の帰宅電話。

    こんばんは、きいです。 毎日、電話がかかってきます。 きい「もしもーし」 もも「今から帰るよー」 帰宅中の電話が恒例の我が家。 ハンズフリーでももと話していると、コタツから猫にゃんが飛び出してくる。 猫にゃん「なるなるにゃー!!」 めちゃ大声。 きい「ももの声で、猫にゃん起きてきたー」 もも「猫にゃー!!!」 きい「もうすぐ、ももが帰ってくるってー。良かったねぇー」 毎日、ももの声が聞こえてくると爆睡から起きてくる猫にゃん。 とてつもなく大声で怒鳴り散らす。 猫にゃん「にゃーーーー!!にゃー!」 もも「にゃー、にゃー!!」 猫にゃん「なるにゃー!」 もも「なるにゃー!!」 お互いに猫語でずっと話してる(笑) きい「うるさいー」 もも「お腹すいたよー」 きい「今日は○○だよー」 もも「わ! やったー!」 猫にゃん「にゃにゃー!」 きい「猫にゃんもお腹減ったってさ。ももから、ごはん欲しいって」 もも「もうすぐ帰るからにゃー」 毎日毎日、アホみたいな会話を2人+1匹で繰り返す。 途中、ももが運転に集中すると言って切ったり。 昨日は、きくらげを炒めてたらバチバチ弾ける音がうるさくて会話にならなくなったり。 もも「もう着いたよ」 到着したから、と電話を切った後は、猫にゃんを抱っこして玄関へ。 ももが扉を開けるのを猫にゃんと待つ。 もも「ただいまー」 扉を開けて猫にゃんがいると、ももはご機嫌。 ちょっとだけ猫にゃんを触らせてあげるけど、「これ以上は手洗いうがいしてからー」と猫にゃん没収。 もも「はーい…」 それから、ももは猫にゃんと遊んで。 2人でご飯を食べる。 そーしてると、自分のごはんを食べた猫にゃんがどちらかの膝に乗ってくる。 そんな毎日。 2人きりも楽しかったけど、猫にゃんがいると更に楽しい。

  • 2020 新年のご挨拶(アルシンド付き)

    あけましておめでとうございます! きいです。 のんびり気ままな更新となっていますが…今年もよろしくお願いします。 年末年始のお休みモードがなかなか抜けず、今も眠たい…。 お休みは、ももとダラダラ過ごせて幸せでした。 大掃除は、2人で手分けして頑張りました! ももが一番寒くてツライ窓ふき・ベランダ掃除をしてくれるので助かった! 元々、荒れていた指先がひどい状態になったもも…ありがとうね。 料理も、もも大活躍! 具材をひたすら切っては、エビの殻をむいたり、皿を洗ったり…雑用してくれる人がいるとホントに助かる。 今年は、ただの作り置き副菜であるハムのマリネ、鶏ハムを作りました。 ももが、どうしても「チャンジャのクリームチーズ和え」が食べたかったらしく、そこらへんも用意したり。 あとは、きい家の恒例であるお吸い物、ちらし寿司、年越しそば、エビの天ぷら。 どんなダラダラ正月だったかと言うと… 海外ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」を見たり。 (高校時代に見てたので懐かしい。大人になってから見ると、社会問題なども含んでいて考えさせられる内容であることに気づく) レンタルコミックを読んだり。 (「約束のネバーランド」が面白い) 変な時間に昼寝しては、起きてお菓子を食べる。 (特大パックのカラムーチョが美味い) 家でゆっくり過ごしながらも、珍しくショッピングに出掛けたりもしました! (初売りではない上に、夕方4時過ぎから準備して出掛けた) もものお姉さん家族へ新年の挨拶にも行きました。 子供たちの希望でマクドナルドだったけど(笑) 無計画にパッとお年玉を使い切ろうとする子供たちに、ももがお金の大事さを説いていたが体よくスルーされてた…。 初詣でおみくじ引いたり、お守り買ったり。 (毎年恒例、猫にゃんのお守りも買ったのでハウスに1年間吊り下げます) 今年一年も、2人+1匹が健康で幸せに暮らせたらいいなあ、と思います。 皆様も、幸せな一年になりますように! 甥っ子からの年賀状▼ 私とももの似顔絵がアルシンドで爆笑した。(アルシンド知らない世代はごめん)

カテゴリー一覧
商用