searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

クッキングホイルさんのプロフィール

住所
京都市
出身
京都市

私はかつて伝統的教派のキリスト教会で洗礼を受け入信し25年間在籍しましたがやめました。聖書を熟読すればするほど唯一の真理などでは無いことに気づくようになったからです。 キリスト教による説明も、他の宗教と変わりない詭弁に過ぎないと感じます。 キリスト教が世界に広まったのは、キリスト教がローマ帝国の国教に採用されたからに過ぎないと考えています。 ご意見をお聞かせください。

ブログタイトル
キリスト教の問題点について考える
ブログURL
https://christian-unabridged-dict.hatenablog.com/about
ブログ紹介文
伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです
更新頻度(1年)

62回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2017/07/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、クッキングホイルさんの読者になりませんか?

ハンドル名
クッキングホイルさん
ブログタイトル
キリスト教の問題点について考える
更新頻度
62回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
キリスト教の問題点について考える

クッキングホイルさんの新着記事

1件〜30件

  • 聖書と人形浄瑠璃と落語

    www.ntj.jac.go.jp 前回に続いてまた漱石の話題で恐縮なのですが、どうぞご辛抱の上お付き合い下さい。 今回も「吾輩は猫である」から引用してみましょう。 細君が御歳暮の代りに摂津大掾せっつだいじょうを聞かしてくれろと云うから、連れて行ってやらん事もないが今日の語り物は何だと聞いたら、細君が新聞を参考して鰻谷うなぎだにだと云うのさ。鰻谷は嫌いだから今日はよそうとその日はやめにした。翌日になると細君がまた新聞を持って来て今日は堀川ほりかわだからいいでしょうと云う。堀川は三味線もので賑やかなばかりで実みがないからよそうと云うと、細君は不平な顔をして引き下がった。その翌日になると細君が云う…

  • 夏目漱石に見る福音の真髄

    loohcs.jp 夏目漱石の「吾輩は猫である」から引用してみましょう。 西洋人のやり方は積極的積極的と云って近頃大分(だいぶ)流行(はや)るが、あれは大(だい)なる欠点を持っているよ。第一積極的と云ったって際限がない話しだ。いつまで積極的にやり通したって、満足と云う域とか完全と云う境さかいにいけるものじゃない。向(むこう)に檜(ひのき)があるだろう。あれが目障(めざわり)になるから取り払う。とその向うの下宿屋がまた邪魔になる。下宿屋を退去させると、その次の家が癪(しゃく)に触る。どこまで行っても際限のない話しさ。 苦沙弥先生と、同級で、ヤギヒゲが哲学者然とした人物、八木独仙氏との会話で、哲学…

  • アダムは本当に930年生きたのか

    www.icr.org 創世記には、アダムが930年生きた、と書かれています。みてみましょう。 創世記 5:3-5 アダムは百三十歳になって、自分にかたどり、自分のかたちのような男の子を生み、その名をセツと名づけた。アダムがセツを生んで後、生きた年は八百年であって、ほかに男子と女子を生んだ。アダムの生きた年は合わせて九百三十歳であった。そして彼は死んだ。 アダムの他には、セツが912年、エノスが905年、カイナンが910年、ヤレドが962年などと記されています。 上に貼った「Did Adam Really Live 930 Years?」という記事では、ノアからモーゼまでの寿命データの変化が「…

  • キリスト教とくじびき

    www.jewelsofjudaism.com 「くじ引き」はキリスト教からみて合法か違法か、といいますと、少なくとも違法ではない、と言えるのではないかと思います。なぜなら、聖書にくじ引きについての言及があって、否定的ではないことが読み取れるからです。 まず「ウリムとトンミム」についてみてみましょう。 出エジプト記 28:29-30 に、 アロンが聖所にはいる時は、さばきの胸当にあるイスラエルの子たちの名をその胸に置き、主の前に常に覚えとしなければならない。あなたはさばきの胸当にウリムとトンミムを入れて、アロンが主の前にいたる時、その胸の上にあるようにしなければならない。こうしてアロンは主の前…

  • 最後の審判はいつ行われるのか

    zatsugaku-circle.com キリスト教の基本的な考え方の一つに「最後の審判」があります。Wikiには、 キリスト教では、世界の終わりにイエス・キリストが再臨し、あらゆる死者をよみがえらせて裁きを行い、永遠の生命を与えられる者と地獄に墜ちる者とに分けるという。 という説明がありますが、それはだいたいいつ頃おこなわれるのでしょうか。気になるところです。 創世記を読んでみましょう。 はじめに神は天と地とを創造された。地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。神は「光あれ」と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみ…

  • 日本人がキリスト教にハマらない理由

    baptizedforlife.org 日本におけるキリスト教の歴史は、早ければ飛鳥時代に景教(ネストリウス派教義)として中国からもたらされたと推察できる痕跡があり、もっと確かなものであれば、戦国時代にスペインからカトリックが伝えられています。つまり、歴史としては結構長くて、少なくとも500年以上我が国はキリスト教との関わりを持っていることになります。 ところが、現状のキリスト教徒の人数は、国民全体のわずか0.04%程度に過ぎない、と言われているのです。なぜでしょうか。 その理由について、当サイト流に推測し、次のようにまとめてみました。 理由1:うまく記号化できなかった 宗教というのは、人生を…

  • 福音派原理主義者の聖書理解

    dot.asahi.com 今回も、前回記事と同じ、ノアの箱舟に関する同じ記事の話題から、前回と同じ箇所を引用してみましょう。 世界は神が6千年前に6日間で創造したと信じるハムらのグループは、建設費約1億ドルを信者の寄付で賄った。同紙によると、建設に関わった従業員には「信仰の声明」にサインをさせ、教義に同意しない人や同性愛者は雇用しなかった。さらに、人工中絶賛成派、無神論者、同性愛者などの「悪」が「蔓延」する現代については、 「世俗化が進む今日は、まさにノアの時代に似通ってきている」(ハム) と同紙に語っている。 世界が6000年前に創造された、という箇所については、ちょっとあまりにもどうかと…

  • 福音派原理主義者の価値観

    dot.asahi.com 創世記に登場する「ノアの箱舟」のお話はみなさんもよくご存知だと思います。上に貼った記事は、アメリカの原理主義者たちが、その「ノアの箱舟」を、聖書に記された寸法通りに再現した、ということを伝える記事です。 記事から引用してみましょう。 箱舟博物館建設を計画したキリスト教原理主義者のグループ「答えは創世記に」の創始者ケン・ハム(64)は、米紙ニューヨーク・タイムズにこう語っている。「ノアの箱舟は、ディズニーのようなテーマパークではない。これを造ったのは、宗教的な理由だ。キリスト教信者としてメッセージを伝えるために造った」 「宗教的な理由」によってこの箱舟を作ったのだ、と…

  • 教会はブラック企業と同じ構造

    www.kirishin.com キリスト教新聞電子版に、 「私が教会を離れた理由 ブラック企業のパワハラと同じ構造 特集「改めて〝和解〟を問う」番外編 Ministry 2018年夏・第38号」 という記事があります。匿名で寄せられた手記を記事にしたもの、と紹介されています。 記事をみますと、手記の筆者は、幼少期にいろいろな問題を抱えながら生長し、両親にも問題があって、大学時代にも、就職先の企業にも、その後の信仰生活にもいろいろな問題があり、それらをくぐり抜けてきた有様を赤裸々に綴っておられます。まあ、これだけひっきりなしに問題が発生すれば、退屈とは無縁の刺激的な毎日だったのではないかと拝察…

  • 福音とパラドクス

    9to5mac.com 前回の記事、 christian-unabridged-dict.hatenablog.com に次のようなコメントを頂きました。 信者が資産をすべて売らなければならないのなら、誰かが買わなければなりません。この教えをまじめに実践しようとすると、社会が成り立たなくなるというか、まじめでない人に冨が集中しますね。理解が浅いのかもしれませんが、変な教義だと思います。 確かにその通りですよね。 僕は、教会が付けた手垢で真っ黒になった聖書解釈から、なるべく純潔に近くなるよう、余計なものを取り除いてご紹介しようと努めていたつもりだったのですが、悪臭を嗅ぎ分ける力を完全に回復できて…

  • 門はどれぐらい狭いのか

    www.catholic365.com 某つぶやき系SNSに、次のような書き込みがあいました。 イエスと友になれるなら地上の富など何の価値もない。この価値観がキリスト教の本質の一つ。誤解されがちだけれどお金を持っていることが罪ではない。だとしたら資産家はだれもクリスチャンになれない。問題なのはお金を愛する(お金に固執する)こと。つまり拝金主義 おっしゃっていることの辻褄が合っていないような気がしますね。「地上の富などには何の価値もない」ということはつまり罪だ、ということになるだろうと思うのですが、その直後に「お金を持っていることは罪ではない」とも言っています。メチャクチャなことを言っている、と…

  • モレク、バアル、アフラ・マズダーとユダヤ・キリスト教の関係

    sekaisi-syoyou.blogspot.com Wiki「ユダヤの神話 - Wikipedia」から引用しましょう。 イスラエル人たちが神と結んだ契約については繰り返し語られているが、申命記のそれはアッシリアが属国に結ばせた宗主権条約文と類似の構造を持つことが指摘されている。つまり、大国と属国との契約関係を、イスラエル人は神と自分達との契約に置き換えたのである。 「律法」の一部は、宗主国であるアッシリアから課された、属国イスラエルに対する宗主権条約とよく似たものであった、と指摘されています。 これは、神のモデルが宗主国アッシリアという国家であった、ということなのか、そうとまでは言わなく…

  • なぜいちじくは枯れたのか

    parstoday.com 聖書には、ぶどう、オリーブ、麦、いちじくなどの農産物の話題があらわれます。それらは「神の恵み」を象徴する場合がほとんどですが、ことに「いちじくの木」はイスラエルを、「いちじくの実」はイスラエルの民の信仰を表していると考えられています。聖書を読んでみましょう。 エレミヤ書 24:1-6 見よ、主の宮の前に置かれているいちじくを盛った二つのかごがあった。その一つのかごには、はじめて熟したような非常に良いいちじくがあり、ほかのかごには非常に悪くて食べられないほどの悪いいちじくが入れてあった。主はわたしに、「エレミヤよ、何を見るか」と言われた。わたしは、「いちじくです。その…

  • キリスト教が偶像を崇拝していること

    news.biglobe.ne.jp キリスト教は(ユダヤ教もですが)偶像を崇拝することを禁じています。 出エジプト記 20:4-6 あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三四代に及ぼし、わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。 しかし、聖書は、神の容姿を説明しています。 創世記 1:27 神は自分のかたちに…

  • 「演出ミサ」って何?

    www.menofthewest.net 『「演出ミサ」に見る危険性と青年の教会離れ』という記事がありました。内容は、カトリック教会における現代的なミサの有り様を批判するものです。一部引用してみましょう。 フォークミサがいけないと主張するほど私は狭量ではない。なかには素晴らしいものもある。しかし、「若者にはフォークミサ」というワンパターンの発想に嫌気がさしている。ちなみに若者向けのミサではカトリックとは無関係な楽曲をとりいれるケースも見られる。たとえば、ひと昔前にヒットした映画の主題歌、「翼をください」が閉祭の歌として用いられる。同様にマイケル・ジャクソンらが歌った"We are the wo…

  • ユダヤが優先される理由

    www.history.com イエス様は福音書で マタイによる福音書 15:24 「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない」 と発言しておられます。しかし他の箇所では異邦人の女性の発言を褒めているし、百卒長の信仰を評価したり、ニネベを例にあげたりして、異邦人が救われることを説明しているのです。なぜでしょうか。 このことを理解するためには、まず、イエス様がイスラエルの神を「父」と呼ぶことの理由を正しく知る必要があります。イエス様が神様を「父」と呼ぶ理由は、「神の存在が親しい親子関係であるように理解させるため」のように考える場合がほとんどではないかと思うのですが、違…

  • イエス様自身が三位一体を否定している

    www.crisismagazine.com 福音書で、イエス様ご自身が三位一体を否定する発言をしておられます。早速読んでみましょう マタイによる福音書24:35-36 天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。 イエス様は福音書で、ご自身のことを「人の子」と表現しておられます。これは、「人となった神の子」という意味ではないのか、と思われる場合がありますが、全く違います。あまりにも見当違いな妄想だと言えるでしょう。「人の子」が何を意味する言葉であるのかは、エゼキエル書から知ることが…

  • カトリック司祭が三億円横領

    bunshun.jp 上に貼った、2020年6月26日付の文春オンラインに掲載された記事を御覧ください。カトリック司祭が教会に集まった献金から三億円あまりを不正に流用した、という記事です。 この件に関し、一人の神父が信徒の女性に対して 「わがの思い通りになると思うなよ」 と、やくざまがいの恫喝を浴びせかけたというのですから、実に惨憺たる状況が展開されている、ということのようです。 内容については、ここで再度説明する必要は無いと思いますので、上記記事をお読みください。

  • キリスト教と伝染病

    natgeo.nikkeibp.co.jp キリスト教にとって「病」とはどのようなものなのでしょうか。神の罰か、神が人に与える「天国への入り口(死)」というプレゼントのどちらかなのでしょうか。 ヨブ記を読んでみましょう。 ヨブ記 2:7-8 主はサタンに言われた、「見よ、彼はあなたの手にある。ただ彼の命を助けよ」。サタンは主の前から出て行って、ヨブを撃ち、その足の裏から頭の頂まで、いやな腫物をもって彼を悩ました。 この記述を見る限り、世の中に有る「病」は、ことごとく神の知るところであり、また、神が希望しないのであればそれは発生しないのだ、と言うことができるでしょう。キリスト教的に正しく理解しよ…

  • 聖書に登場する異教の神々

    Rabisu 実は聖書には、異教の神々が随所に登場しています。読んでみましょう。 フランシスコ会訳 出エジプト記 28:31-35 おまえはエフォドの下に着る衣を青糸だけでつくる。そのまん中に頭を出 すための穴をもうけ、それが裂けないように穴のまわりをみみ織り細工とし、皮よろいの穴のようにする。衣のすそのまわりには、青糸、深紅の糸、まっかな糸でよったざくろをつくり、金の鈴もそのまわりにつけて、ざくろと交互になるようにする。すなわち衣のすそのまわりは、金の鈴、ざくろ、金の鈴、ざくろ、というようにする。アロンは務めをするとき、これを着なければならない。これは、かれが聖所にはいってヤーウェのみまえに…

  • なぜ「火と雲の柱」が神を象徴するのか

    St-Takla.org Coptic Orthodox Church Heritage より 出エジプト記には、火と雲の柱があらわれて、イスラエルの民を先導した、と記されています。読んでみましょう フランシスコ会聖書研究所、出エジプト記 13:21-22 ヤーウェはかれらの前を行き、彼らが昼も夜も進むことができるように、昼は雲の柱をもってかれらを導き、夜は火の柱をもってかれらに光りを与えられた。昼は雲の柱、夜は火の柱が、民の前から離れなかった。 フランシスコ会聖書研究所の出エジプト記には、同箇所の注釈として次のように記されています。 「雲の柱」と「火の柱」をつくるために神が用いた天然の要素は…

  • 「フリー聖餐」とは

    www.whitehorseinn.org 最近「フリー聖餐」という言葉を耳にします。Wikiの「フリー聖餐」を見てみましょう。 フリー聖餐(ふりーせいさん)とは、キリスト教の聖餐論で、洗礼を受けているか受けていないか、またキリスト教信仰の有無に関わらずに、礼拝参加者に聖餐に与からせること。公開聖餐、未受洗者配餐とも言う。オープン聖餐(オープン・コミュニオン)とは、必ずしも同義ではない。 と説明されているようです。 肯定論の根拠としては 芳賀力によれば、フリー聖餐肯定論の主張は概ね以下のようなものである。 「せっかく教会に来てくれたのに、洗礼をうけていないから聖餐は受けられませんというのでは、…

  • 米軍のライフル照準器に聖書示す刻印

    www.afpbb.com 2010年1月21日のAFPニュースの「米軍のライフル照準器に聖書示す刻印、イスラム団体らが激怒」という記事から引用します。 【1月21日 AFP】(一部更新)イラクとアフガニスタンに駐留する米軍が、ケースにキリスト教の聖書の箇所を示す刻印が入ったライフル照準器を使用していることが分かり、米国内のイスラム教徒団体などが20日、強い怒りを表明した。 この照準器の製造会社トリジコン(Trijicon)と、米陸軍および海兵隊が、80万個を超える同照準器の納入契約を結んでいることが明らかになった。 (中略) AFPが写真で確認したところでは、問題の刻印はヨハネの福音書8章1…

  • キリスト教徒は何を信じているのか

    www.dreamstime.com キリスト教徒はなにを信じているのでしょうか。神でしょうか。では、神を信じるとは一体どのようなことなのでしょうか。「神を信じる」とはつまり何でしょうか。神が実在する、と思い込むことでしょうか。しかし、確認せずになぜそう思い込めるのでしょうか。そして、仮に実在したとして、信じるとは何のことなのでしょうか。 「信仰」というあやふやな事柄について、それは何かとか、何故かと深入りしても仕方がないことはなんとなくわかるのですが、この際少し考えてみましょう。 「私は神を信仰している」と考えているキリスト教徒の方は、一度よく考えを整理してみてください。あなたが信じているも…

  • キリスト教と奴隷

    mainichi.jp 上に貼った毎日新聞の記事「イギリスでも奴隷商人の銅像倒される 米黒人男性暴行死 抗議デモ拡大」から引用してみましょう。 英南西部の港町、ブリストルでは7日、地元で活動した17世紀の奴隷商人、エドワード・コルストンの銅像が抗議デモに参加した市民によって台座から引きずり下ろされた。 銅像は人々に踏みつけられた後、街中を転がされ、歓声の中、港に投げ入れられた。デモに参加した黒人女性は英国公共放送BBCに対して「破壊行為と言われるだろうが、この銅像の存在は、すべての黒人にとって顔を蹴られるようなものだ」と訴えた。 しかし、 そうはいいますが、そもそもアフリカなど植民地化した国々…

  • 「天国で一番偉いもの」とは

    www.restorationroadchurch.com 福音書には、弟子たちが「我々のうちで一番偉いものは誰か」ということに関心を持っていたことが記録されています。見てみましょう。 マタイの福音書 18:1-3 そのとき、弟子たちがイエスのもとにきて言った、「いったい、天国ではだれがいちばん偉いのですか」。すると、イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた、「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。 マタイ、マルコ、ルカの共観福音書全てに記されているエピソードなのですが、「天国では」という条件が示されているのはマタイだけの…

  • アナニヤとサッピラ

    www.walkingtogetherministries.com 新約聖書には「使徒行伝」と呼ばれる一巻があります。「使徒の働き」などと訳されている場合もあるようですが、これはルカ福音書と同じ作者によって著された、同福音書の続編というべき書物です。福音書にはイエス様の誕生から死と復活までに行われた宣教活動が記されていて、使徒行伝にはイエス様の復活直後から昇天についてと、その後の弟子たちの活動、パウロによる宣教活動が始まったことが記されています。 しかし、使徒行伝を注意深く読み進めますと、イエス様がいなくなった後、残された弟子たちが、イエス様の思想を正しく理解できていなかったこと、意思に反した…

  • トマスの疑い

    www.osvnews.com ヨハネの福音書に「トマスの疑い」と呼ばれる話題があります。読んでみましょう。 ヨハネの福音書 20:24-29 十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれているトマスは、イエスがこられたとき、彼らと一緒にいなかった。ほかの弟子たちが、彼に「わたしたちは主にお目にかかった」と言うと、トマスは彼らに言った、「わたしは、その手に釘あとを見、わたしの指をその釘あとにさし入れ、また、わたしの手をそのわきにさし入れてみなければ、決して信じない」。八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」…

  • 畑に隠された宝の譬え

    allenbrowne.blog 残念なことですが、今回のような話題を記事にするとアクセス数が伸びません。つまらないからでしょう。福音書には、キリスト教徒であることのメリットと非キリスト教徒であることのデメリット、どうすれば簡単に天国行きの切符を手に入れることができるか、それから、今所属している教派が正しくて、敵対する教派が間違いであることの証拠が記述されている、そういうものだ、と考えている人がほとんどのように感じますが、そうではありません。福音書には、ただ、ものとこだわりを捨てなさい、というつまらない勧めが繰り返し述べられているばかりです。 アクセス数が、などと言っている、これが「こだわり」…

  • 「ヨナのしるし」とは何か

    ja.wikipedia.org 旧約聖書のひとつに「ヨナ書」があります。預言者ヨナと神の間にあったニネベに関するやり取りについて書かれたもので、神は、正しいものであれば、イスラエルの民のみではなく、異教徒であってもその義に対する報いを与えられるのだ、ということが記されています。上記のWikiから引用しましょう。 主題ヨナ書の主題は3つある。宣教者として神の指示に従わなかったことと、ニネヴェの人々が悔い改めたことに対して不平不満を言ったことに対するヨナの悔い改め (=神に仕える者としての生き方を正す) と、神は異邦人でさえも救おうとしておられる (=間違った選民思想を正し、異邦人に対する偏見を…

カテゴリー一覧
商用