searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

まさきもちさんのプロフィール

住所
武蔵野市
出身
昭和区

子育てブログは数あれど、子育てを歌うパパはなかなかいないでしょう。ごく普通のイクメン(自分で言うな笑)ですが、子育てに疲れたとき、ストレスが溜まったとき、そして辛くなったときにはぜひ『280days』を聞いて、お子さんの生まれた日を思い出してください。https://youtu.be/iNmSXs705e8

ブログタイトル
猫と息子と音楽と
ブログURL
https://ameblo.jp/masakimochi/
ブログ紹介文
2016年7月に40歳にして第一子を授かったパパの子育てブログ。
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2017/06/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まさきもちさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まさきもちさん
ブログタイトル
猫と息子と音楽と
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
猫と息子と音楽と

まさきもちさんの新着記事

1件〜30件

  • 有限

    誰もが知っている有限であるということは後悔なく生きたいそう願ってもいる歳を取らなければわからないこと今がずっと続く感覚がこの先も続くであろうこと健康と不健全の…

  • うつぶせ

    空を見ることが嫌いな時期があるさめざめとしたブルーがいたく内側を揺さぶるからだ横断歩道のかすれがやけに飛び込んでくることってあるでしょう?どうやって書いている…

  • 『Bravo!』を公開しました

       アメブロ久しぶりです。 息子さんも大きくなり、ハツラツ3歳になって、子育ては続くよどこまでも、です。  保育園ではそろそろオムツも外れている子も増えてき…

  • 12/20 渋谷で歌います

    僕の出番は19:45-20:05です。

  • ゆっくりゆっくりと

    君は3歳になったたった3年なのに僕の想像をどんどん超えていく君はまだ3歳なんだよね?ふと見せる顔がやけに大人っぽく僕はまるで大人に話すように話してしまう成長を…

  • もちさんのお母さん

    先日、息子さんが「もちさんのお母さんはきっと心配してるね〜」と言ったそうな。僕はその瞬間には立ち会ってなくて、Andyさんからその話を聞いたのです。Andyさ…

  • ネガティヴに生きる

    明るく元気に生きようこの手の押し売りがそこらじゅうに転がっている勧誘することが習慣になっている宗教と何が違うのだろう今日を楽しく生きるもそう自分の願望であるう…

  • 日本人が好きなところ

    先日、ハワイに行ってみました。ここはカイルアビーチ。20年ぶりくらいに海に入りましたよ。僕は潔癖症に片足突っ込んでますので、汚い場所は寒気がしてダメなんです。…

  • 一年に2曲はと思ってましてね

    今日、アレンジをお願いする方とお会いしてきました。   僕はミュージシャンという職業の方はどうも苦手なんですが、その方はとてもニュートラルな方でしてね、なんと…

  • あとがき

    私はそろそろ母の障害を許すときなのかもしれない。  透析だけだったらどれだけよかったか。目が見えないだけならどれだけよかったか。どちらもなければどんなに幸せだ…

  • 60 それは舞台だね

    平成28年版 障害者白書によると、精神障害を抱える人は日本に約392万人いる。これは身体障害を持つ方393万人とほぼ同じだが、実際には病院へ行っていない人もい…

  • 59 紀元前2000年

    紀元前2000年頃、ロメオという男の子がいた。  その日はロメオ5歳の誕生日で、魚の尾頭付きのごちそうだった。  父は椅子に座って気難しい顔で考え事をしており…

  • 58 夫婦漫才

    私にとって母は「元気」や「健康」というイメージは全くない。  辛そうで毎日必死に生きている、そしてストイックで自分に厳しい人というイメージだ。  ただ冗談はよ…

  • 57 クロロキン薬害事件

    数年前、母から失明直後の話で「テレビだったかラジオだったかで、薬で目が見えなくなったと裁判に訴えたニュースがあって、自分も同じかもしれない」と聞いた。  今は…

  • 56 言葉はうんちと同じ

    私は普段無口だ。  人とのコミュニケーションも必要最小限以外はしない。   若かりし頃、コンパに行っても女の子と喋らず、何しに来たんだと友達にツッコまれたこと…

  • 55 人生最高の日がなくても幸せ

    ある日、妻に「これまでの人生で最高だった思い出は何?」と聞いた。  私は小学6年生の頃、サッカーのワールドカップの決勝戦をスタジアムで見たいという夢を持ち、2…

  • 54 似た境遇の誰かがいること

    私はメンタルヘルスケアの仕事で、うつ病や適応障害などの精神疾患で休職した人たちと関わったことがある。  その仕事内容というのは、うつ病がだいぶ良くなってきて、…

  • 53 甘え方を教えてくれる人

    これも前項と似た話。妻と付き合い始めて間もない頃、インターネットカフェに行った。  妻も私も自分の好きな漫画を持って来て、それぞれ読んでいた。私は壁にもたれて…

  • 52 人に頼るという文化がない

    父は昭和15年生まれ、母は昭和23年生まれで、戦後の高度経済成長のど真ん中を生き抜いてきた。  両親ともとてもまじめで、自分のことは自分で全て責任を持ち、人に…

  • 51 やりたいことをやればいい

    父も母も、私がやることに対して反対は一度もしたことがない。  これには自立心が育ったと思うし、本当にありがたかったなと感謝している。   小学4年生の時、テレ…

  • 50 やっぱり大きかった父の背中

    父は勉強が嫌いだったので高校には行かず15歳から働き始めた。   頭よりとにかく体の動く人で、78歳になった今、働くことはしていないが、それでもあまり家にいる…

  • 49 38年目の手紙

    それは私が38歳も終わろうとする11月のことだった。   妻が仕事から帰って来て、「お母さんから手紙が来たよ」と、ポストに届いていた手紙を私に見せてくれた。 …

  • 48 母の居場所

    これも離婚問題の渦中の頃の話。   仕事が冬休みに入ったので実家へ帰省し、両親には離婚するかもしれないと伝えた。  ふと私は、母に彼女の気になった行動について…

  • 47 怪獣の泣いた日

    私が小さい頃に母は、「もしお母さんの目が見えていたらおしゃれをして、色んな所にお前を連れて行ってやりたかった」とよく言っていた。私はそれを「ふーん」と聞き流し…

  • 46 パーソナルスペース

    私が31歳の時に入学した武蔵野大学の通信教育過程では、主に夏休みの期間を使って学校で授業を受けるスクーリングがあった。  スクーリングは必修科目となっているの…

  • 45 ターニングポイント

    2009年春、私は営業職としてメンタルヘルスサービスを企業や自治体に販売していた。  メンタルヘルスサービスのイメージが湧きにくい方のために少し説明すると、例…

  • 44 母のおしゃれ

    私は母のおしゃれをする姿を見たことがなかった。もしかしたら七五三のときくらいはあったのかもしれないが覚えていない。  友達の家に遊びに行くと、お母さんがスカー…

  • 43 20歳の社長から学んだこと

    私が27歳のときに働いていた会社の社長は20歳だった。  ネットワークビジネスのような会社で、オフィスには朝から爆音でパンクが流れていた。レストランや美容室の…

  • 42 100万円の絵画

    これは親にも妻にも言っていないので、この記事を読まれたらバレてしまうが、思い切って恥を晒そうと思う。本当に高くついた勉強代だった。   それは意気揚々と上京を…

  • 41 母の人生を背負って

    私は一人っ子ということもあり、小さい頃から母を私が支え、守らなくてはと思っていた。  母の目の代わりにならなくてはならない、母の体の代わりにならなくてはならな…

カテゴリー一覧
商用